フォト

ラベル

  • 電波伝搬状況
  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

2016年12月 7日 (水)

今朝は10cmの積雪となったので、井戸水による自作の散水装置を作動させた。

Dsc07977Dsc07974【天気】
今朝は6時半に起床した。気温はマイナス4℃で、積雪が10cmほどあった。早速の周囲の雪かき作業を開始した。湿った思いゆきなのでスノーダンプで大まかに雪を片付け、残りはスコップで雪かきした。今年初めての井戸水による自作の散水装置を稼働させた。側溝の雪は散水によって正午には融けてしまった。また、環境放射線は参考値であるが、0.036μSv/hであった。

Dsc07976_2【アマチュア無線】
今朝の3.5MHzのコンディションはあまり良くなかったので、すぐにトランシーバーの電源を切って雪かき作業に移った。ここ3日程度はあまり良い所が聴こえてきていない。早起きしても空振りになることが多いので最近はゆっくりと起きている。

それに、雪が降ってくると帯電した雪でスノーノイズが発生するため、信号が聴こえなくなってしまうことも多々ある。相手が応答した途端にスノーノイズが発生することもある。その場合は、雪国のアマチュア無線家はお手上げとなってしまうのである。

雪国の局が順調に呼んでいて、急に応答しなくなった場合は、スノーノイズが発生していると思ったほうが良い。雪国のハンディキャップだと言えばそれまでだが、雪国でDXCCの#1オーナールールになるためや5バンドDXCCを完成させるためには、雪の降らない地域の何十倍もの忍耐と努力が必要なのである。スノーノイズ以外にはアンテナに着雪することによる高SWRのために送信できないトラブルも多々あるのだ。

夏場は早起きも楽なのだが、冬の厳冬期のころの早起きは真に辛いものがある。若いころは良いのだが、高齢になってくると寒さに弱くなる分、辛さも倍増するのである。おまけに、室内の暖房を使用するために燃料費もかさむのである。現在、5バンドDXCCを狙って、3.5MHz帯に良く出るようにしているが、100エンティティまで残り23エンティティとなっている。オセアニアをゲットできれば100も楽勝なのだが、なかなかオセアニアが出てこないのである。

Ep708a025Ep708a026DXCCのデジタルは残すところ100まで2エンティティとなっている。今後、80mバンドが100になれば、LoTW経由でDXCC/80mとデジタルを同時申請する事になるだろう。昨日は、航空便で2通のQSLカードが送られてきた。キューバのCO8LY/10MHz/RTTYと西サハラのS01WS/7MHz/CWでありました。ダイレクトで請求したのが、キューバでOQRSで請求したのが西サハラである。

2016年12月 6日 (火)

今朝は気温が4℃で冷たい雨が降り続いている。午後からは雪の予報となっている。

【天気】
今朝は冷たい雨が降っている。外気温は私の温度計で4℃である。天気予報によれば午後から雪になるだろうとのことであった。また、環境放射線は参考値であるが、0.043μSv/hであった。これから本格的に雪が降り出す事だろう。

【アマチュア無線】
昨日は3.5MHzのコンディションが悪く遠距離の局はほとんど聞こえなかった。FH/HB9AMOは予定通り運用を停止したらしく全く入感なしであった。次回を期待したいところである。今朝も同じ状態でBGとかHLが聴こえたくらいで他は入感なかった。明日も同じであろう。

【TPP】
相変わらず参院でTPPの審議がなされているが、いずれ憲法の規定で自動的に成立してTPP参加が決まってしまう。しかし、アメリカの次期大統領のトランプ氏はTPPからの離脱を宣言しているのである。したがって、アメリカの参加なしでは発効しないわけであるから、参院でのTPP審議はどう考えても筋が通らないのである。犬HK(日本放嘘狂会)の国会中継をラジオで聞いていると、まるで小学生の学芸会を見ているようで滑稽に感じるのである。

国会でのTPP審議を中止できなかった国会議員の群れは、自分で考えることができない能無しばかりである。アベ独裁政治が隅々まで行き渡っているためであろう。言論の統制、インターネットの政府批判記事の削除、アクセス制限などを専門のアルバイトを雇って管制しているのである。

また、ハワイの真珠湾を訪問して戦死者の慰霊をするようであるが、首相のご婦人の提案のようである。オバマ大統領がトランプとは会うなと叱られているのに、それを無視してトランプ氏と面談したことで、オバマ大統領の顔に泥塗ったことから、その落とし前をつける考えなのであろうが、その程度のことで回復するようなものでは無かろう。

有能な国会議員を不正選挙で排斥してしまった為に、国民の意思が国会に届かず、国民が望んでいないこと閣議決定、議員提案などで強行採決を繰り返している。国会を無視し、主権在民を軽んじている現れである。数の横暴をこれ以上続けるようであれば次期の衆院選挙では国民からの鉄槌を受けるのではないかと思っている。アメリカで起きたことは日本でも起きる可能性があるからである。

2016年12月 4日 (日)

FH/HB9AMOを傍受したが、今朝も交信できなかった。

【天気】
朝から晴れたり曇ったりの天気で、外気温は13℃となっている。環境放射線は参考値であるが0.036μSv/hであった。霊峰岩木山は麓まで真っ白になっている。12月に入ったばかりだが、いよいよ本格な冬が訪れる。

【アマチュア無線】
今日は5時半に起床いて、FH/HB9AMOを追いかけたがダメであった。4日まで滞在するとのことであったから、運が良ければ月曜日の朝にもチャンスがある。しかし、まだまだビッグガンが呼んでいるので、3.5MHzでの交信は極めて難しいと思っている。

【ロシア外交】
岸田外務大臣がロシアを訪問しているが、プーチン大統領は岸田外相を2時間も放置したということである。会談は30分で終了したが、挨拶などを含めれば本題は10分程度であっただろう。日本がアメリカべったりで敗戦後72年間占領されっぱなしで、アメリカの言う事しか聴いてこなかったから、そのしっぺ返しがきたのであろう。

昔から日本外交はなっていないと言われてきたが、現在も変わってはいない。北方領土はアメリカが絡んでいるため、日本の意思ではどうにもならないのが敗戦後からわかっていたことである。戦争に負けたのだから北方領土領有権はロシアにあると認めない限りどうにもならない事なのである。

それに、安倍政権は日本国民のための政治はやっていない。安保法による駆付け警護の実施、TPPへの参加、年金支給額の削減、カジノ法案の強行採決など国民いじめをやっていることをプーチン大統領は知っているのである。そんな国に北方領土を返す気は全く起こらないであろう。アメリカのポチでいる限りは仕方が無いのである。

日本を今月訪れるプーチン大統領は、北方領土の領有権を日本側に認めさせることが目的だと思う。したがって、北方領土の実効支配の確認と平和条約の締結する事、そして、日本から経済協力を得る事が内容となるであろう。北方領土問題は棚上げにして経済協力をして欲しいのがプーチン大統領の本音なのだ。お土産に「秋田犬のオス」を差し上げるようだが、そんなものは何の力にもならない。

札束でプーチン大統領の頬を叩くつもりが2時間の待ちぼうけ。その間、岸田外務大臣は随行員と「遅いな」と熟議したようだ
(ブログ のんきに介護より)

国民が望まない、賛成もしていない安保法の施行、PTT参加、年金支給額の減額、カジノ法案、医療・介護・社会福祉の削減、高齢者医療費の上限撤廃などを平気でやるような政府にプーチン大統領もあきれ返っているに違いないのである。言論の統制、不正選挙、秘密保護法の悪用、アベに敵対する国会議員を選挙の度に排斥し、今では安倍首相の周囲は日本会議などの不正選挙で当選したどうにもならない議員ばかりとなっている。

しかし、ロシアのプーチン大統領、アメリカのトランプ次期大統領、中国の習 近平主席、フィリピンのドゥテルテ大統領、フランス次期大統領候補マリーヌ・ルペン党首、ドイツも大統領が変わるだろうし、韓国も変わるのである。世界的に拝金主義、新自由主義の終焉が近づいているし、裏社会のユダ金(1%)による世界支配も終わりつつある。

日本は世界の流れに逆らって安倍首相のままで、行くことは避けなければならない。それこそ世界の笑い者になってしまうであろう。ロシアはそれを見ているし、トランプ氏は今よりも厳しい対日政策を取るだろう。中国は南シナ海での覇権が見られるし、いずれ、尖閣諸島も棚上げせよと言ってくるに違いない。

これまで、アメリカの言うとおりにしていれば問題が無かったのであるが、今後はそうはいかなくなると思うのである。現在、日本の国は在日韓国・朝鮮関係やカルト系の勢力に立法、行政、司法(検察、裁判、警察)を占拠されてしまっているが、トランプさんのように不正選挙に打ち勝つだけの圧倒的な投票率を持って占拠されている部分を徐々に解放していかなければならない。

2016.12.2東京高裁不正選挙裁判顛末記
(リチャード・コシミズ独立党)
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2016/12/03/%ef%bc%92%ef%bc%90%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bc%8e%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%8e%ef%bc%92%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%ab%98%e8%a3%81%e4%b8%8d%e6%ad%a3%e9%81%b8%e6%8c%99%e8%a3%81%e5%88%a4%e9%a1%9b%e6%9c%ab%e8%a8%98/

2016年12月 1日 (木)

CY9C(St. Paul Island)のQSLカードをコンファームした。アジア地域との交信局数は全体の3.9%であった。

Ep708a024 【アマチュア無線】
今年の8月の行われたCY9C(St. Paul Island)のQSLカードが航空便で到着した。このペディションのときは電離層の状態が悪く、日本の局は聴こえてこない事に悲鳴を上げていた。折角ドネーション(寄付)を奮発してトライしたのだが、結果的には14MHzのSSB/CWで交信出来ただけで、他のバンドでは全く交信出来なかった。

Cy9canal セントポール島と日本の伝搬経路は北極を経由しての伝搬路のためになかなか交信出来なかった。CY9Cのアジアとの交信は全体の局数の3.9%だけであった。64,231局と交信したそうであるが、アジアは2520局のみで日本の局だけを数えると微々たる数しか交信出来なかったことになる。寄付金を返せととは言わないが、日本と伝搬路が開けた時間帯は寝ているらしく、日本を避けていた様にみえたが、そのことが影響したのであろう。(画像は、Clublogによる大陸別とバンド別の解析データである)

言葉は悪いが「やらずボッタくり」であったと思っている。3,300円を寄付して14MHzのCW/SSBで2回交信できたので1モードあたり1650円となった。随分と高額な交信料となってしまったが、次回に期待して今回は許してあげよう。14MHzの信号強度は弱かったが交信できただけOKとし、SSBがモードでNEWとなり、DXCCのPHONEが1エンティティ減ったことに感謝しよう。PHONEでの#1オーナーロールまで後3個である。

日本海を進んでいる低気圧とその前線の影響で雨が降っている。この後、雷や暴風に注意する必要がある。

【天気】
今日から12月であるが、未明から冷たい雨が降り続いている。気温は6℃で風は弱い。師走となったわけだが私達高齢者の懐の将来は暗い。年金カット法の実施で14万円程度年金が減額されるし、高齢者の負担率の上限撤廃により医療費が高くなるし、様々な税金の増税がある。

少ない年金が医療費負担率のアップと増税で生活費に回せる金額が極めて少なくなってしまっている。介護保険料、国民健康保険料、市民税に固定資産税、自動車税などを支払うと自由に使える金は微々たるものである。それなのに年金支給額を減額されたら生活が成り立たなくなり、生活保護の申請をしなければならなくなるであろう。

Ep708a022 Ep708a023 【アマチュア無線】
この頃の3.5MHz帯はコンディションが良くない。今朝もF5INが3509kHzで聴こえていたが、信号が弱すぎてとても呼ぶような状態ではなかった。そこで、W1AW/xのQSLカードを整理してHAMLOGにデータを打ち込む作業をした。

【ロシア外交】
ロシア外交当局およびロシア軍部は占領地域を日本に返還する発想など存在しないことは周知の事実となっている。それにもかかわらず日本側で安倍・プーチン会談への期待が高まっているのが不思議である。ロシアは日本からの経済協力が欲しいだけであり、石油や天然ガス、水産物の輸入を日本に期待しているのである。

勿論、ロシア側は領土権を保持したまま、国後、択捉の共同開発も望んでいるのである。しかし、安倍・プーチン会談の直前に地対艦ミサイルが南千島に配備されたことにより、日本側は改めてロシアとの領土問題交渉の困難さを再認識させられることになった。北海道がロシアの地対艦ミサイルの標的となってしまったのである。

日本側が出した日露経済協力案件は8項目となっている。
1.医療・健康(ロシア極東に日本型の病院建設など)
2.都市づくり
3.中小企業育成(ロシアの中小企業の状況の把握)
4.エネルギー協力(石油やガスパイプラインの建設と輸入)
5.産業多角化
6.極東産業振興(ハバロフスク空港整備など)
7.先端技術(原子炉廃炉に向けた共同プロジェクト)
8.人的交流

これらの経済協力は、やはりロシアと日本の国境線が確定した後でなければ進まないと思うのである。日本側は北方領土の返還要求は放棄せず、経済協力はロシア側の出方をみながら進めて行けば良いと思う。その結果、経済協力の成果にもよるが、もしかすれば数十年先になるだろうが歯舞と色丹を返して領土交渉は全て終了とロシアが提案してくる確率が高くなるが期待しない方が良かろう。

したがって、北方領土の4島(歯舞・色丹・国後・択捉)全て日本側に返還されることは現在も将来とも有り得ないと思うのである。それよりも、経済協力をしながら付かず離れずの外交交渉をつづけ、中国とロシアが共同して日本を攻撃して来ることを避けなければならない。もちろん、トランプ次期大統領が日本へ無理難題を仕掛けてくることも計算に入れて置かなければならない。

また、従米一辺倒の外交は考え直さなければならない時がきている。ロシアがヨーロッパからアジアへ軸足を移してきている、今こそ外交と経済協力でうまく付き合わなければならない。ロシアの国土の3分2はアジアにあり、ロシアはヨーロッパの国ではなく、中国と同じアジアの隣国なのである。

2016年11月30日 (水)

W1AW/xシリーズのQSLカードが大量にJARLから送られてきた。

【天気】
今朝は5cm程度の積雪があった。玄関先に積もった雪を片付けた。気温はマイナスからプラス4℃になっているが寒い。毎日少し雪が降っているが昼頃までには融けてしまう。このごろは、朝起きてからの雪かきが定例作業となってきた。

Dsc07829 【アマチュア無線】
昨日、JARL(日本アマチュア無線連盟)から交信証が送られてきた。半分がW1AW/xのカードで、枚数が多いためレターパックライトで送られてきたのである。これまでは定型外封筒であったのだが、さすが枚数が多かったのでレターパックになったのであろう。W1AWが各州に移動してオンエアしたのだが、WAS(Worked ALL States)アワードの取得には至らなかった。

主にWASアワードのCW特記を狙っていたのだが、5州交信できなかったのである。インディアナ州、ノースダコタ、サウスカロライナ、カンザス、ニュージャージー州の5州であった。それでも、WAS/Mixedがあるので気長に追いかけたい。LoTWのWASコーナーにエントリーしているので、申請する場合はペーパーQSLではなく、デジタルでの申請となる。

【衆院解散総選挙】

年金カット法を強行採決、高齢者医療費の上限撤廃など年寄りは早く死ねというような政策を推し進めているアベ内閣の支持率が60%なのだそうだ。ANNニュース(ABE NEWS NETWORK)などもABE政権をほめたたえている。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が株式の投資で赤字となった分を年金支給額を減額することでカバーしようとしているのであろう。公務員の俸給を5万円以上もアップし、年金生活者の少ない年金を減額する暴挙を平気でやるのだから、さすが日本会議の議員達が揃っているアベ政権だけはある。

おまけに、12月にでも衆議院を解散する企みが進行中だと聞く。アメリカの大統領が1月20日に就任するのだが、何を押し付けられるか不安があるため、その前に解散して体制固めをしたいのが自公政権なのであろう。

トランプ氏が大統領に就任すると、在日米軍の経費負担増を要求、TPPからの撤退、TPPに代わる2カ国間において締結されている、自由貿易協定(FTA)地域リスト及び経済連携協定(EPA)の改定と強化を要求してくるであろう。対日強硬派のトランプ政権は日本にとって良いことは何もないのである。

また、ロシアのプーチン大統領は12月の訪日前に、北方領土の領有権を保持したまま、経済協力だけを要求してきている。アベ首相がプーチン大統領に8項目の経済協力を申し出ていると聞いているが、歯舞、色丹の2島返還を期待しての経済協力(支援)であったのだろうが、考えがあまかったと言うしかない。

色々な議案の強行採決、国民いじめの悪法の施行、オバマ氏を出し抜いて、トランプと面談したこをケネディー駐日大使に叱られた等々、これらを払しょくする為にも、解散総選挙が必要なのであろう。もちろん、ムサシと選管がグルになって不正選挙を実施するのであろうが、今度ばかりはそうはいかないのではないかと予想している。

2016年11月29日 (火)

AADXA40周年記念運用、グアム(KH2)のQSLカードが完成しました。

【天気】
今日は朝から雪が降ったり止んだりしております。気温は零℃で寒い一日になりそうです。今も小雪が降り続けたおりますが、根雪にはならないと思っております。環境放射線は参考値ですが、0.038μSv/hでありました。

車は冬タイヤに交換済みなので雪道走行には支障がありません。ただ、古いタイヤなのでスリップしやすくなったおりますから、運転には要注意であります。雪道運転に慣れてはいるのですが過信は禁物です。

Ep708a020 【アマチュア無線】
月曜日の朝までCQ WW CWコンテストに参加しましたが、3.5~28MHzまでで50局と交信することができました。モードやバンドニューは全くありませんが局数稼ぎにはなりました。黒点数が少なかったのでローバンドが良くなかった感じがありました。

Ep708a021 また、AADXA創立40周年を記念して実施されたグアム(KH2)へのペディションの記念QSLカードが完成しましたので、当局の分をJARLビューローへ送っておきました。他の4名のメンバーも各自が処理して発送中であります。

【政治とマスコミ】
PTT強行採決、年金カット法案強行採決、駆付け警護勝手に付与、年収370万円以上の高齢者の医療費負担を引き上げへと自公政権の暴走が続いております。これでも安倍内閣の支持率が60%だとマスコミが勝手にでっち上げておりますが、無茶苦茶な政策で国民を苦しめている政権が60%の支持率があるわけがありません。官邸から機密費、コマーシャル料(パチンコ、カルト集団)を貰って盲従し続けるマスコミが、変な報道しかできない事を哀れだと思っている所です。

安倍総理大臣閣下、支持率、60%!ソロスの機械で集計しましたか? (richardkoshimizu official website)
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2016/11/28/%e5%ae%89%e5%80%8d%e7%b7%8f%e7%90%86%e5%a4%a7%e8%87%a3%e9%96%a3%e4%b8%8b%e3%80%81%e6%94%af%e6%8c%81%e7%8e%87%e3%80%81%ef%bc%96%ef%bc%90%ef%bc%85%ef%bc%81%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%81%ae%e6%a9%9f/

次期大統領のトランプ氏がアメリカのマスコミ(ABC、CBS、NBC、FOXなど)達を集めて批判しましたが、日本ではありえない事なのでしょう。特に、CNN(クリントン ニュース ネットワーク)はトランプ氏を選挙期間中、意識的に集中攻撃しておりました。日本のマスコミは政権ベッタリの報道姿勢を崩しておりません。本当のニュースは外国から入ってきているのが現状であります。

ですから、テレビは見ない、新聞は読まないということでも、生活には支障がありません。本当の事を報道しないのですから、不必要であるということになります。インターネットからの情報を選別すれば良い情報を得ることができます。

日本のアベ政権は、アベノミクスの失敗、日銀の金融政策の失敗、アメリカがPTTからの離脱、ロシアが北方領土の返還をせず経済協力だけを要求、中国が尖閣諸島問題を追及中、チリでのAPEC会議では蚊帳の外等々、やる事なす事全て失敗ばかりしております。

でありますから、衆院の解散がささやかれ出しております。解散選挙で今よりも自公政権は絶対多数を狙うようですが、アメリカの選挙でも不正選挙が言われております。日本でも「ムサシ」の選挙機械が不正選挙に協力しているのではないかとの疑いがあります。

勿論、選管とムサシが協力すれば与党側が大勝利することが分かってきております。しかし、インターネットで不正選挙という情報が流れていることやアメリカの不正選挙情報もあり、これまでのように日本で不正選挙を簡単にできる状況にはありません。

2016年11月27日 (日)

四日前に降った雪はほとんど融けてしまった。

【天気】
朝から晴れたり曇ったりしている。外気温は私の温度計で10.7℃になっている。昨日よりは暖かい一日となると思う。四日前に降った雪はほとんど融けてしまった。日陰になっている所では少し残雪がある。まだ、11月下旬なので雪が積もるのが早かったようである。

【アマチュア無線】
昨日からCQ WW CWコンテストが行われているので局数稼ぎに参加しているがイマイチコンディションが良くない。SSNが13程度であるから仕方が無いのであろう。まずは3.5MHz帯を中心に珍しい所だけ狙って月曜日の朝まで参加の予定である。

2016年11月23日 (水)

初めて10cmの積雪がありました。いよいよ冬将軍の到来です。アンテナに着雪して電波を出せません。

Dsc07966 Dsc07968 【天気】
朝から雪であります。積雪は10cm程度で気温はマイナス1.2℃と冷え込んでおります。いよいよ本格的な雪の季節に突入と言ったところであります。さきほど、家の周囲の雪かきをしてきました。道路の雪も敷地内の雪も側溝に片付けました。車は雪対策を終わっていつでも雪道走行ができます。

Dsc07969 Dsc07971 まだ、融雪するような積雪量であはないため、融雪のための散水はしておりません。この後、降るようであれば雪を融かさなければなりませんが、いまのところ様子見であります。昨年よりは雪が多く寒さが厳しいと言う予報がでておりますが、また冬将軍との戦いが春まで続きます。

Dsc07972 【アマチュア無線】
今朝はアンテナに湿った雪が着雪した為に、SWRが高く電波を出す運用ができませんでした。それに、スノーノイズが発生しており、運用をあきらめました。ただ、8Q7SPが3.5MHzで強力に入感しておりましたが、ビッグガンが揃って呼んでいたの受信のみにしました。その内に順番がまわってくることを期待している所であります。

3.5MHzもパイルアップがなければ何とかなるのですが、ローバンドのコンディションが良くなってくるので、ちょっとしたエンティティでも凄いパイルになることが多くなっております。それでも何とか頑張ってエンティティを増やしたいと思っております。

2016年11月21日 (月)

ペルーでのAPEC会議に思う事とロシアの北方領土での共同経済活動に思う。

【天気】
今日は晴れたり、曇ったりの天気で、外気温は私の温度計で5.5℃である。寒いことには変わりがないが、風が穏やかな分だけ暖かく感じている。環境放射線は参考値であるが、0.040μSv/hであった。

ほとんどの車は冬用タイヤに交換しているようだ。いつ雪が降っても良いように雪道走行の準備が完了したと言う事である。それでも雪が降るのは遅いほど助かるのが雪国の住民である。明日は、青森市まで走行するが久しぶりの遠出となり、往復で90km以上の距離を走行するので、バッテリーへの充電は十分なものとなるだろう。

【アマチュア無線】
今朝は午前5時に起床したのだが、あまりコンディションが良くないようであったが、ドイツの2局(DK1NO,DL4MO)と80mバンドで交信できた。その後、10MHzで5H1WWと交信した。

それ以外に、80mバンドではVU2GSM、4O7DX、LY3CWなどが聴こえていた。VU2は良く聴こえていたが、カードがあるのでローカルが呼んでいることも有りワッチだけにした。黒点数は少ないがそこそこのコンディションであったと思う。

【ペルーでのAPEC会議】

南米ペルーでのAPEC会議に出席した安倍偽首相は、希望したオバマ大統領との会談が出来なかったと言う。当然の事であり、現職の大統領であるオバマ氏を無視して次期大統領のトランプ氏と面談したのだから、顔に泥を塗られたオバマさんが会う訳がない。この面談は害無(外務)省が止めるべきであったろう。日本人としては恥ずかしく思うのである。思わないのは純粋な日本人では無いからだろうか。

考えてみれば、東京都知事選の時に小池氏を蓮舫氏が批判し、様々な攻撃を続けたが、小池氏が都知事に当選した途端に手の平を返したように「恥も外聞」もなく、蓮舫氏が小池氏に会談を持ちかけている。蓮舫氏はもとより台湾との二重国籍であり、考え方も台湾風だと自分で言っている。日本人であれば「恥と外聞」を気にしてこんなことはしないであろう。

蓮舫氏とアベ首相も似たところがある。アメリカ大統領選挙では、選挙中にも関わらず、ヒラリー・クリントン氏に会いに行っている。しかし、トランプ氏が次期大統領に決まったとたん、「恥も外聞」もなくトランプ氏と面談したのである。蓮舫氏と同じことをやったと言う事は、純粋な日本人ではないのであろうか・・・。

 ※恥も外聞もなく:「恥ずかしいという感情もなければ、世間 の取り沙汰も気にしない。なりふりをかまわない。」とういう意味である。

また、アベ偽首相は19日午後(日本時間20日午前)に、ペルーの首都のリマでロシアのプーチン大統領と会談したそうである。12月15日に山口県長門(ながと)市で行う首脳会談に向けて、北方領土問題や経済協力について議論したのだが、会談ではプーチン氏が北方領土での「共同経済活動」に言及、日本側はロシアの領有権を前提とする提案には応じていないが、領土問題よりも経済協力を優先するロシア側の姿勢が鮮明になったという。

当然ながら、ロシア側は北方領土を返還する考えは毛頭ないのである。ロシアが領土権をもったままで日本からの経済協力が欲しいため、共同経済活動を提案してきたのである。至極当然な申し出である。もちろん、ロシアは歯舞・色丹も返す考えは無いのである。ロシアは敗戦後、大量の日本人をシベリアに抑留したのだが、それに対する保障や情報公開や謝罪がなされていない現状がある。

アメリカに文句を言えば、小笠原諸島や沖縄を返還してくれ、それなりのご褒美をくれるが、ロシアに文句を言うと叩かれた上に財産を奪われてしまうと言う例えがある。この例えは今でも通用するのである。ロシアが日本と平和条約を結ぶことは望み薄であろう。いや、結ぶ必要が無いのである。それよりも、北方領土での経済協力とサハリンの天然資源(原油やガス)の輸入や水産資源の輸入をして欲しいだけなのである。

ロシアのプーチン大統領は、日本側が考えているよりもしたたかであり、アメリカの次期大統領のトランプ氏は、対日強硬派として様々な無理難題を要求してくるであろう。いずれにしても、日本側に有利な情報はない。害無(外務)省は情報収集が昔から三流であり、いまでも変わりがない。アメリカが持っている情報の一部をいただいているだけなのである。国家的な情報収集手段がイマイチ劣っているのである。

であるから、対ロシア、対アメリカ、対国連などでの外交が後手後手となり、相手側に日本の出方を読まれてしまっているのである。最初から勝負にならないのである。南米のペルーで開催されているAPECではアベ偽首相が肩身の狭い思いをしているのは当然の帰結なのである。世界に通用するような首相を持たない日本国の悲哀でもある。もちろん、アベさんは世界の笑い者になっていることは感じていないであろう。

【南スーダンへの自衛隊派遣】
さて、国内問題に戻るが、アメリカの次期大統領であるトランプ氏の登場で、日銀の政策破綻が露呈し、アベノリスクが失敗に終わっていることが鮮明になってきた。その上、債務超過の原因である東京電力の福島原発事故の廃炉費用の国民負担案が公然と出されているし、立憲主義も国会もPKO5原則も無視したまま「戦闘地域」となっている南スーダンに自衛隊を派遣してしまった。全て原理原則が全くなく、安保法の下でなし崩しに派遣している。

PKOの国際貢献を問い直す時は、PKO5原則に寄らなければならないのだが、政府軍と反政府勢力との間で内戦状態になり、数万人が死亡し、270万人以上が家を追われている南スーダンでの駆けつけ警護をすることに疑問があるのだ。最終的には現場の自衛隊員が判断することになるとしても、発砲する場合は正当防衛以外はダメだとか、一般人を撃って殺した場合は殺人犯になるのではとか、自衛隊員が負傷した場合の救護活動も準備不足だとか、宿営地が攻撃されて死者がでたり、戦闘で戦死した自衛隊員の御棺の準備も成されていないだとかが聞こえてくる。

国会の承認も駆付け警護の問題点も議論されないまま、なし崩しに自衛隊を南スーダンに派遣したことは、日本の歴史に大きな汚点を残すことになるのではないかと思うのである。それも私が住んでいる青森県の自衛隊の普通科連隊等が派遣されたのである。先の戦争でも中国や満州の最前線には東北の兵隊が真っ先に派遣されたと言うが、今も昔も変わらないのだなと思っている。つまり、戦争屋はいつの時代もやることが同じだと言う事である。

«弘前アマチュア無線クラブが主催する無線の相談会が「弘前市まちなか情報センター」で開催される。

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31