フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

A Happy New Year for 2012.

昨年中はアクセスいただき、大変ありがとうございました。今年もよろしくおねがいもうしあげます。謹賀新年 辰年  平成24年 元旦

A Happy New Year for 2012.

2011年12月28日 (水)

御用納めだそうだ。

今日は官公庁(お役所)では御用納めをする日だそうだ。私も現職のころにやったことがあったなぁ。(遠いまなざし)。今じゃぁ、年金暮らしで納める御用も、納める仕事もないサンデー毎日だ。無理して仕事らしいものを上げれば、いずれお世話になる仏壇の掃除とお正月の松飾を取り付け、雪が降ったら雪片付けをする程度だ。そうそう、お寺さんに年末の挨拶と付け届けの仕事もあったなぁ。まぁ、前期高齢者となったいまではこんな程度が年末の仕事である。

新年になれば孫や姪甥達へのお年玉で出費がかさなる。お年玉も出せないとなるときっとブーイングの対象になってしまい、孫達は側に寄ってこなくなるのではないだろうか。私個人としてはその方が良いのだが周りが承知しないだろうなぁ。

さて、来年は辰年で良い年であることを期待したいのだが、どうもそうはならないようだ。今月のクリスマス寒波と豪雪がその兆しで今年の一月の豪雪をおもいださせるのに十分な西高東低の冬型の気圧配置であったし、青森地方気象台の一ヶ月予報でも寒暖の差が激しく、雪の日が多いという予報をだしている。
★「東北地方 一ヶ月予報」 http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/102_00.html
もし、今年の一月のような豪雪になると年末年始の交通期間に影響を与える事になる。

また、本日(28日)は北朝鮮の金正日氏の葬儀が挙行されている。後を引き継ぐキム・ジョンウン氏はこのまま無事に過ごせるとは到底おもわれない。完全に政権を掌握する前に父親の死と直面したため、取り巻き(兄弟、親類縁者)によるトラブルが来年の6月ころには起きて来るのではないかと思っている。

同時に、イランとイスラエル、アフガニスタンの国内情勢の不安定化、イラクの政情不安、
イランに圧力を掛けるとペルシャ湾の入口の海峡を封鎖する可能性が高い、封鎖されると日本国は原油の輸入ができなくなり大変な事になる。それにロシアの不正選挙でデモ隊が出ているようだが、この成り行きも心配である。

国内では、消費税値上げ問題で9名の民主党員が離党届を出したと言う。となれば政界再編も次第に加速されるであろう。この後の政局は、野田総理がアメリカの要求どおり、TPPへの参加と消費税値上げを決めることで野党や与党内部から追及にされ、ついには辞任する段取りとなっているのではないかと思われる。wobbly

そうなれば、日本国内の政局は安定せず、外交にも力が入らない事から、中国との問題や朝鮮半島問題、ロシアとの北方領土問題と世界的な経済不況などが複雑にからみあって、日本は大変な事態(テロ事件、領海や領空の侵犯、漁船の拿捕事件、観光客の拉致事件など)に陥る恐れが出てくる。それに、タイのアユタヤ工業地帯の大洪水のため、現地の日本企業が甚大な被害を受けたことで、日本の国内企業の広い分野にも相当な悪影響を及ぼしている。eye

従って、2012年は良い年になるとはどうしても思えないのである。昇り竜のように日本国をぐいぐい引っ張るような人物が登場すれば別だがその可能性は少ない。ただ、大阪都構想を提案している橋下市長の維新の会や共闘する政党の中から誰かが出るとしてもまだまだ先の話でしかない。sad

それまでは、外国どころか国内問題の処理に没頭されるだろう。東日本大震災の復興、東京電力福島第一原発事故の数十年に渡る事故処理、除染による廃棄物の処理問題、企業の海外移転による空洞化と失業率の増加、生活保護世帯の増加と新卒者の就職難、放射能汚染食品の処理問題、避難住民の警戒区域への帰宅の問題、原発の再稼動問題と再処理工場の試運転再開、原発事故被災者への補償問題、沖縄の米軍普天間基地の辺野古移転問題などを解決する必要がある。しかし、どれをとっても政治力の無さからか、遅々として進んでいないのが現状である。happy02

いずれにしても、思いつくままにこれまでの情報をまとめ、私なりの私見を述べてみたが「良い年にはならないだろう」が見事に外れてくれればと思う次第である。幸いな事にロンドンオリンピックが、2012年7月27日から8月12日までイギリスのロンドンで開催される予定になっている。これを起爆剤にして世界の政治や経済が好転してくれれば大変結構な事になるのだが、内外の情勢を見るとそんなに甘い物ではないようである。gawk

「御用納めだそうだ」から、話が大分それてしまったが、これで私の年金暮らしでの仕事納めとしたい。お読み頂きまことにありがとうございました。m(_*_)m

2011年12月26日 (月)

定番のアンパンマンのキーボードを修理しました。

昨日は、弘前おもちゃ病院の定期開院日でした。大雪にも関わらず沢山の親子連れにお出でいただきました。私が修理を担当した玩具は、ミニカーのトラクターとアンパンマンのキーボードでした。

Dsc02567 ミニカーのトラクターは、前輪が車体から脱落したものでした。原因は前輪を止めているネジが脱落して無くなっておりました。そこで、2ミリのビスナットを使って前輪を固定し、ナットが戻らない様に半田付けすることでネジ止めをして修理が完了しました。車体がダイカスト製だったので分解して2ミリのビスを車体の中心で押さえるように改造しておきました。ハンドルを回すと前輪が左右に動いて楽しく遊べる玩具だと思いました。

次は定番の「アンパンマンのキーボード」です。依頼者によると電源が入らないと言う事でした。そこで、乾電池をチェックしましたが正常でした。そのため、裏蓋を止めているビス14本ほどを取り去って内部を点検することにしました。すぐに基板と電源スイッチをつなぐ黒い線が切れているのを発見し、切れた配線を半田付けして動作させましたが電源がオンになりませんでした。

Dsc02569 次に電源スイッチの基板についている100オームの抵抗を測ったところ、アナログテスターの針が無限大を示したので、この抵抗は切れていると言うことがわかりました。そのため、新品の抵抗器と交換しました。その後で電源を入れたところ正常に動き出しました。しかし、ド・ソ・ミ(1オクターブ上)の三箇所の音が出ません。キースイッチの接触不良かと思い、キースイッチを分解清掃してみましたが復旧しませんでした。そこで、CPU基板がキーボード基板に垂直に差し込まれているところを再度半田付けしなおしてみました。そのことで5番ピンがおかしいことが分かりました。再半田付けをしていたら、5番ピンのパターンが剥がれてしまったのです。

Sh3600711 パターンを修正するために極細の銅線を半田付けしてCPUと剥がれたパターンを接続しなおしました。その結果、全ての音が出るようになり、完全に復旧させることができました。故障の原因は、抵抗の断線、電源のマイナスの配線の断線、CPU基板とキーボード基板のパターンの断線と言うことでした。やはり、故障の原因の一つに「この機種特有の欠陥であるCPU基板が差し込まれているところのパターン切れ」が含まれておりました。

2011年12月22日 (木)

FP/KV1E(St.pierre & Miquelon Is.)の交信証をコンファームしました。

Qsl400 FP/KV1E(St.pierre & Miquelon Is.)の交信証をコンファームしました。2011-10-27,14MHz/CWで交信したもので、CWモードでNewとなりました。他にSSBではFP8DF,FP8HLと過去に交信しております。今月に入ってからローバンド(1.9/3.5/7MHz帯)のコンディションが良いのですが、私の無線設備ではどうにも太刀打できないバンドであります。春のコンディションになるまでは、忍の一字でハイバンドのコンディションが良い時間帯に少しでも頑張るしかありません。

Qsl401 4K8M(Azerbaijan:旧UD6)のカードもゲットしました。2011-10-13,28MHz/CWで交信したものです。4K8のプリフェックスになってからは、初めての交信となりましたので、ダイレクトでカードを請求しておりました。東ヨーロッパのカードは昔と比べるとどれも綺麗に印刷されるようになりました。それだけ経済的な余裕がでてきたのでしょうかね。UD6のアゼルバイジャンとは、(UD6DLJ,UD6DJA,UD6CN,UD6DJH)などと交信したものでした。

Dxscape 今朝も午前9時24分頃まで14258kHzのSSBでFM4LVが出ておりましたが、相変らず団塊の世代によるパイルアップが起きておりました。スノーノイズで時々聞えなくなっておりましたが、ダンマリでワッチ(聴守)を続けておりました。しかし、相手局があれだけ長時間運用しているのに呼ぶ局が絶えないのはさすがだと思いました。団塊の世代のカムバック組みが如何に多いかということでしょうか。

気温がマイナス6.5度で放射線簡易モニタリングポストは0.035µSv/h

Dsc02565 今日の朝は降雪が無かったのだが、私のデジタル温度計で外気温がマイナス6.5度と極めて寒い朝となっている。昨夜から雪が降っていないので雪片付けをしなくても良いだけ楽なのだが、この冷え込みは身にしみる。誕生日が過ぎて67歳となったのだが、次第に寒さには弱くなってしまった。昨年まではどうにか寒さに耐えることができていたたのだが、今年はめっきり暖房器具にたよる事が多くなってしまった。また、放射線簡易モニタリングポストMark2の値は、参考値ではあるが0.035μSv/hを表示していた。

世の中は、いろいろと動いているようだが良い方向には向かわないだろうことは皆が感じているのではないだろうか。北朝鮮の金正日死亡(政局の流動化)、中国海軍の台頭、中近東諸国の改革の嵐、独裁政権の崩壊(リビア)、民主化進行中(チュニジア、エジプト)、内乱が続くシリアとイエメン、イランとイスラエル(アメリカ)の対立、ヨーロッパ各国(ギリシャ、イタリアなど)の赤字国家の増加等々、また、国内問題としてはTPP問題、消費税値上げ問題、原発事故の処理問題、橋下大阪市長の動向などを考えると来年が明るい年になるとはとても思われない。

どう考えても地球規模の何か大きな紛争(第三次世界大戦)でも起きないとアメリカの景気は良くならないだろうし、ヨーロッパの経済も立ち直れないのではなかろうか。だとすれば、最も紛争の種があり、戦争の可能性が高いのはイランとイスラエルの関係を含む中東地域、朝鮮半島を含む極東地域などがあげられる。私見ではあるが、辰年は大きな紛争が起きる可能性が高い年だと思っているがそうならないことをただ祈るだけである。我々庶民にとってその方向に行かないようにするには、世界に誇ることができる憲法の第12条、「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって保持しなければならない」の規定を常に意識している必要があるのではないだろうか。

2011年12月18日 (日)

今日は大雪です。除雪状態と太陽光発電と放射線測定器などについて書きました。

Dsc02551 朝6時半に起きてみたら20センチの積雪がありました。早速、雪かき(雪片付け)をしましたが大変つかれました。もう、完全にねゆきですね。昨日、あまり降っていないときに除雪車がきたのですが、今朝のような大雪の時は除雪車はきません。従って、道路の中心部は車のわだちが残ったままです。

Dsc02552 当日の午前2時に10センチ以上降らないと除雪しないようなので、それに従って融通がきかない事をしているのでしょう。さすが、お役所だけあります。午前二時以降に10センチ以上降っても除雪しないということになります。これが数日続くと大変なことになります。道路がソロバン状になり、ワダチが出来て人の通行にも、車の走行にも障害がでてきます。石頭の融通がきかない「市役所の担当職員」が多いのでしょうね。(苦笑)

まぁ、政府がありもしない定義で「冷温停止状態」と言って国民の目をあざむいたつもりなのですから、雪が20センチ降ったからって除雪なんかしなくてもどうって事はないと市役所の担当者は思っているのかも知りませんね。しかし、朝のワイドショーでは「冷温停止状態」関しての論調は否定的なものが多かったようです。おまけに、ドイツやアメリカからブーイングが起きており、「だましの手段」ではないかと批判されております。これで普天間基地の移転問題で信用をなくし、今回の「冷温停止状態」発言で更に国際的な信用が失われてしまいました。gawk

Dsc02559 政府や盗(東)電の言う事は全く信用できないことも判明しました。被告である盗電が裁判官みたいに「冷温停止状態」と判決を出していること自体異常な事ではないかと思う次第です。それを政府がバックアップして公言したのですから、呆れてものが言いません。こんな発言をしたら海外からどのような反応があるかぐらい予想できなかったのでしょうか。「どじょう内閣」だけあって「どうじょうにも」ならないのでしょうね。(爆笑)

Dsc02557 今日は天気が良いので太陽光発電は良好に充電を続けております。充電電流は約1.1アンペで電圧は14ボルト程度です。バッテリー2個はもう満充電となっております。そこで携帯の充電をさせることにしました。現在、放電電流が400ミリアンペアとなっているところです。携帯電話とデジカメの充電には大変役立っております。eye

Dsc02563 また、組み立てた放射線測定器(ガンマ線:放射線簡易モニタリングポストMark2)は0.022μSv/h~0.032μSv/hを示しておりました。雪が降ったので低めに出ております。昨日の午前4時頃に「ピッピッ」という検出音が鳴ったので起きて見て見ると0.057μSv/hを表示しておりましたが10分程度で下がりだしました。一応、校正はしておりますがあくまでも参考値であります。

2011年12月16日 (金)

朝から雪が深々と降り続いております。もう根雪になるのでしょうか?

Dsc02544 現在の外気温は私の温度計でマイナス3.7度、朝から雪が深々と降り続いております。もう、12センチ程度の積雪があり、2回も雪片付け(雪かき)をしました。もう少し経過したらも一度雪かきをしなければと思っております。いよいよ平野部でも降った雪が消えずに根雪となるのでしょうか。また長い雪との戦いを始めなければなりません。

Dsc02549 気温が低いためにサラサラした雪(粉雪)なので軽くて雪片付けも楽ですが、絶え間なく降り続く雪をみていると恨めしくなってしまいます。毎年のことですがこの季節になると雪かきに追われる毎日が続きます。現在、大雪注意報と着雪注意報が出されておりますので明日朝までには相当量の積雪となることでしょう。

Dsc02548 午前中は雪かきをしておりましたが、午後からは120枚の年賀状に印刷に取り掛かりました。先ほど印刷が終了して、後はコメントを書くだけとなりました。しかし、午後6時から弘前地区のアマチュア無線家が集まっての忘年会がありますので行ってきます。そのため、郵便局へ持っていくのは数日後になるでしょう。年賀状の印刷でプリンタのインクが3色なくなりました。ブラック、マゼンタ、イエローです。五千円以上する6色パックを買ってありましたので早速交換しました。1色をまともに買うと1080円もしますし、財布が軽い時はなかなか五千数百円の6色パックは買えません。sad

Qsl399 また、ダイレクトで出した分のQSLカード(交信証)が届いておりました。中東のOD5PY(Lebanon:2011-11-08,28MHz/SSB)からでした。早朝に、E44PM(パレスチナ)が7メガで聴こえておりましたので呼びましたが、混信が酷くQSOが成立したのかどうかは不明でした。でも、まだ1週間程度滞在するようなので何とかなると思います。SSBではまだ交信しておりません。

2011年12月13日 (火)

J79KT(Dominica)がSSBでニューとなりました。

Qsl398 昨日は、ダイレクトで出した分のQSLカードが5通届きました。ドミニカはSSBでNewとなりました。また、ARRL 10m Contestで電信では未交信のWV,ND,ALの3州を狙いましたができませんでした。日本の局を呼んでいたAL州を聴きましたが、ND,WVは聞くことがありませんでした。この分は昨日ダイレクト指定の分を除いてJARL Bureauへ発送しました。

J79KT(Dominica) 14MHz/SSB/CW/RTTY,21MHz/SSB:2011-11-16
5B4AJC(Cyprus) 24MHz/SSB:2011-10-27
Z31CZ(Macedonia) 28MHz/SSB:2011-10-13
TJ3AY(Cameroun) 28MHz/SSB:2011-05-07
P40W(Aruba) 14MHz/CW:2011-11-24

QSLカードがアメリカのマネジャーの場合は、来年の1月から郵便料金が98セントから、1ドル5セントに値上げされるので早めに送っておきました。なんだか5セントが半端ですよね。1月からはIRCを1枚かグリーンスタンプを2枚にしなければなりませんね。

2011年12月10日 (土)

今夜は11年ぶりの皆既月食だそうです。

Dscf91441 12月10日(土)夜、弘前でも皆既月食をみることができました。満月が地球の影にすべて隠れる現象「皆既月食」だそうですが寒くて途中(22時50分)で観測を止めました。

Dscf91551 外気温は、マイナス1.7度でありました。三脚にデジカメをセットして20枚ほどうつしましたが、イマイチの画像でした。(^^;

お月様は真上でしたので首が痛くなりました。

関連URL:全国各地で「皆既月食」(NHKニュース)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111210/t10014550881000.html

2011年12月 9日 (金)

さらば愛用のDXer's note!

Qsl397 今朝も外気温がマイナス4度程度で厳しい寒さとなっております。今週に入ってからは毎日マイナスの気温を記録しております。12月も9日となり、いよいよ冬も本格的になってきたようです。アマチュア無線の短波帯のDX通信も冬のコンディションなのでしょうか高い周波数が使える時間が短くなり、低い周波数帯(1.9MHz,3.5MHz,7MHz)が良く開けるようになってきました。その分、当局のアクティビティが下がっております。

Qsl395 しかし、受信機は常に動作させておりますから、珍しい所が聴こえれば呼ぶことはあります。アクティビティが下がった分だけ、これまでのQSLカードの整理をしております。CQ出版社が昭和57年7月に発行した「DXer's note」を大事に使ってきましたが、経年変化のためにページが剥がれ出したことやDXCCのエンティティに対応しなくなってきたこと、プリフェックスの変化などで使えなくなってきたので、自作のDXノートをA4版横で作って対処しました。内容はCQ誌の2011年6月号の付録「DX WORLD ATLAS」のデータを参考にし、データ記入欄は(DXer's note)のまねをして作りました。

Qsl396 完成した自作DXノートに取得したQSLカードにデータを記入してみると、同じエンティティを何回も呼んでいることがわかりました。現用と予備の2冊作製して使用しておりますが、今朝のカリブ海のV85TL,LU7DR,VP2ETN,HS0ZBS,J6/AA4OC,PJ2/PA0VDV等がDXクラスターにアップされておりましたので、DXノートを調べてみるといずれもカードが2枚以上あるエンティティだったので呼びませんでした。手書きの紙のデータはパソコンのログとは違いゆっくりと迅速に調べられますので大変便利だと思いました。

古いカードを見ながらデータをDXノートに転記していると、昔の事が走馬灯のように思い出され、DXCCアワードに熱中した時代が懐かしくなりました。また、28年以上も使って来た愛着のあるDXer's noteとお別れする事には一抹の寂しさがあります。汗と手垢で汚れてボロボロになってしまったのですが、大変お世話になりました。ご苦労さまといって本棚の隅に片付けたいと思います。

2011年12月 5日 (月)

VK0TH,HR5/W9GL,NP4A,A61Q,HC1HW,A73Aをコンファームした。

Qsl389 本日は、ダイレクトで送った6通のQSLカードが返ってきました。航空便が5通と国内便が1通でありました。

・AX/VK0TH(Macquarie Island):2011-11-29/28MHz/SSB
・HR5/W9GL(Honduras):2011-10-27/21MHz/SSB
・NP4A(Puerto Rico):2011-11-17/28MHz/SSB
Qsl390 ・A61Q(United Arab Emirates):2011-10-27/28MHz/CW
・HC1HW(Ecuador):2011-11-01/18MHz/CW
・A73A(Qatar):2011-10-27/28MHz/SSB

Qsl391 【連絡事項です】
HC1HW局のアンジェラさんからJARL Bureauで送ってくれと言って下記のアマチュア局のQSLカードを預かっておりますが、お急ぎの局長さんはSASEをお送りいQsl392 ただければ転送いたします。当局のJARL経由でのQSLカードの発送は毎月の下旬となっております。12月28日(水)まで待って各局からのSASEがこなければJARLに送ります。

Qsl393
・JF2LFC(18MHz/CW)
・JA6BJV(24MHz/CW)
・JA9FO(24MHz/CW)

Qsl394 以上の3局です。

2011年12月 4日 (日)

JARLからQSLカードが転送されてきました。

Qsl386 12月3日にJARLからQSLカードが転送されて来ました。珍しくSWL(Short Wave Listener)のカードが混じっておりました。(SWLとは電波を受信して、その無線局に受信電波のレポートを報告する者)。SWLカードとは言っても印刷がきれいで昔とは雲泥の差があります。LA6Q局と14MHzのRTTYで交信したデータを報告してきておりました。勿論、こちらからもBureau経由で送ります。

アマチュア局のカードは、
E73W(Bosnia and Herzegovina):2009-11-28/14MHz/CW
LX/PA6Z(Luxembourg):2009-10-08/14MHz/CW
ZL8X(Kermadec Island):2010-11-21/14/18/21/24/28MHz/CW/SSB/RTTY
LZ133GO(Bulgaria):2011-03-14/14MHz/CW
FW5F(Wallis & Futuna Island):2010-07-16/10MHz/CW
T88NA(Palau):2011-06-19/14MHz/CW
9M2/JE1SCJ(Malaysia):2011-06-12/18MHz/CW
T2XG(Tuaval):2011-05-17:18MHz/CW
SN7Q(Poland):2009-10-24/14MHz/SSB

等をコンファームしました。

Qsl387 この前のCQ WW CW DX ContestのQSLはほとんどをJARL経由にしました。当局にとってめぼしいエンティティだけはダイレクトで発送しました。2年程度我慢すればなんとかQSLをコンファームできるのであればBureau経由でもいいかなと思う今日この頃です。

2011年12月 3日 (土)

PJ7J(St.Maarten)のQSLカードをコンファームしました。

Pj7j JA1BK局が運用したPJ7J(St. Maarten)のQSLカードを受け取りました。これでPJシリーズは、PJ2,PJ4,PJ5,PJ7と全てそろいました。最近は、多くの局がべディションなどやCQ WW DXコンテスト等で多数の局が運用しておりますので、珍しくはなくなりましたがそれでもカリブ海方面のコンディションが良い時に当該エンティティが聞こえてくるとパイルアップになっております。

Pj7jdat 2010年10月10日からオランダ領アンティールが解体されて、自治連合州として出発することになりました。そのため、現在のPJ2(Curacao)とPJ7(St.Marrten)が消滅して、新しく4エンティティーがDXCC AWARDに追加されることになりました。それは、
(1)PJ2(Curacao)   (2)PJ4(Bonaire)  (3)PJ5&PJ6(Saba & St.Eustatius)  (4)PJ7(St.Maarten) の4Entitiesであります。

Pj2t 当局が交信したPJシリーズは、
(Curacao)PJ2T,PJ2/K2TQC,PJ2/K2NV
(Bonaire)PJ4B,PJ4G,PJ4I,PJ4/K5WE
(Saba & St.Eustatius)PJ5/AH6HY,PJ5/SP6IXF
(St.Maaretn)PJ7E,PJ7J,PJ7MF

Pj4i などで交信証も全てコンアームしております。それ以外に通常の交信でモードや周波数は異なりますが「PJ7X PJ4T PJ4J PJ7NK PJ7MF PJ2/W0NB PJ2/WA4PGM PJ4/K8UE PJ4/W1FJ」とWW TESTでは、「PJ4A PJ4LS PJ2T」と交信できました。カードは既に発送しておりますから、その内に相手局からのカードが届き始めるものと思っております。eye

PPj5sp6ixfJ5/SP6IXF局とは、2010-11-26/14MHz/SSBと2011-10-31/21MHz/SSBで2回交信しております。従って、カードは2枚持っていることになります。(^^;

しかし、どう言う訳か「PJ6」のプリフェックスとは交信したことがありません。PJ5と同じエリアですから、特に必要とはしておりませんが、今後聞こえたら是非交信しておきたいもです。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30