フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

今日も30℃をこえております。暑いです!

昨日に引続き、本日も猛暑であります。青森や北海道でこの時期に30℃を超す事は珍しいことです。明日まで天気がつづくとのことで熱中症にならないように頑張ります。環境放射線は参考値ですが、0.033μSv/hでした。

しかしながら、国政の方は寒いですねぇ。「造反」、「処分」、「離党」と罵声が飛び交い、心が凍るようなことばかりやっております。そして、本日はたんまりと夏のボーナスをいただいている訳ですが、議員さんは全員ボーナス返上しても良いのではありませんか。国民から見ると厚顔無礼にしか見えません。

ボーナスはボーナスで、貰う物は貰う。政治と金は別だという訳でしょうかねぇ。それでいて、東京地検特捜部によって作られた虚偽・捏造報告書のために起訴された小沢一郎さんをマスコミや野豚内閣の閣僚および官僚達がこぞって攻撃しております。まるで、小中学校の「イジメ」と同じことをだいの大人がやっているのです。

新聞もテレビやラジオや週刊誌などは、同じ論調で小沢さんを攻撃しておりますが、別な視点からの論調はないものでしょうか。体制側に組している電痛からの指示、官邸からの機密費がらみで、論調を加えずに同じ内容で垂れ流すようになっているのでしょうか。

新聞のアンケートは、誰が見てもオカシイ集計をして、小沢系の離党に賛成が71%などと報じたり、電話調査のアンケート結果も小沢系が不利になるような集計をしております。日中に電話したところで、在宅しているのは、年金暮らしで毎日が日曜日の高齢者ばかりでしょう。それをあたかも全ての人からの回答だと装うのだから笑止千万であります。

今日のラジオやテレビや新聞の造反したということで、小沢系の離党は確実だと思わせる報道や記事の内容であった。離党することが当然のように視聴者に対して洗脳活動をしているが、小沢系が離党せずに居座った場合のことは報道されていない。離党しない場合は、自民党や公明党が参議院での審議に応じないということだから、消費税率引揚げ法案は廃案になってしまう。

しかし、小沢系が離党すると、民主党が分裂して野党が内閣不信任案を出すと通ってしまう可能性が高くなり、解散総選挙となってしまう。野党の自民党や公明党はそれを狙っているのであろう。小沢系が離党してもしなくても消費税率引き上げ法案は廃案になってしまう。だが、衆議院で自民党と公明党の修正案を民主党が丸呑みしたのだから、丸呑みさせた野党がその法案の審議を参議院では応じないと言うのは全く理解できない。

小沢系の目的は、景気条項がついたものの、「消費税率引き上げ法案」を廃案にすることが目的であろうから、離党してもしなくても目的は達成できるだろうが、ここは旧友の輿石幹事長の顔を立てて国会内で2度にわたって会談をしている。案外、「あっ!」という結末が待っているのかも知れない。「政治は一寸先が闇」と言われる所以であります。

2012年6月27日 (水)

29.7℃まで気温があがりました。真夏日もいいところ、梅雨はどうなったのかな?

29_1 暑かったなぁ~、私の温度計で29.7℃まで行きました。でも、湿度が40%でしたから、さわやかな暑さで、じっとしていれば汗が出るような暑さではありませんでした。それにしても入梅はどうなってしまったのでしょうね。7月中旬の気候だといいますが、空梅雨でおわるのでしょうか。(アメダスでは最高気温が29.1℃)

朝と日中の温度差が15℃以上もあるなんて、体調の維持がむずかしいですね。朝は長袖と長ズボン、日中はTシャツと半ズボンですよ。さりとて、我が家でも節電に協力しておりますから、エアコンとは行きません。

午後8時現在外気温は20.3℃に下がっておりますが、室内はまだ28℃もあります。扇風機を2台フル稼働させております。それにしても、九州地方は豪雨被害がでているようで、北と南の気候がこんなにも違うのは珍しいことであります。被害にあわれた方々には心からお見舞い申し上げます。

今日は気温が28℃まで上昇するとの予報です。

Dsc03266 今日は28℃まで気温が上昇するとの予報です。もう少しでお昼になりますが、室内気温は27℃になっております。湿度が46%なので汗をかくようなことはありません。環境放射線の値は、参考値で0.038μSv/hでした。

Dsc03267 午前11時頃に弘前公園へ散歩に行ってきました。ついでに蓮池の蓮の状況を見てきましたが、まだまだでした。7月の中ごろになれば咲き始めるのではないかと予想しております。散歩中も気温が高いためだろうか、普段よりは汗をかいております。

2012年6月26日 (火)

HZ1AA(Kingdom of Saudi Arabia)からのQSLをゲットしました。

Qsl561 HZ1TT(サウジアラビア)からの交信証をゲットしました。2012年6月6日の20:56UTCに18MHz/SSBで交信した時のものです。QSLマネジャーはIZ8CLM局でした。イタリアの切手が2枚貼られておりました。

今日の天気ははれ、気温は24℃、環境放射線は参考値ですが、0.035μSv/hでした。例によって弘前公園の西濠まで散歩に行ってきました。私とおなじ境遇の方々(毎日日曜日)が多数桜のトンネルを散歩しており、中には路肩にあるベンチに腰を掛けて思いにふけっている人もおりました。すれ違う時に、チラッと見る人が多いのですが、自分と同じ人だと思っているのでしょうね。私も同じ考えて相手をみますから、お互い様ということでしょう。

他に、ジョギングしている人、濠の鯉に餌をやっている人、鴨やオシドリに餌を与えている人、グループで早歩きしている人、車椅子の主人を押しながら散歩している夫婦、太り過ぎなので痩せるためでしょうか、胸をゆさゆささせながら走る女性など様々な人たちが公園内にはおります。

2012年6月25日 (月)

A35TNの交信証を運用したJA7GAX局から手渡しで受け取ってきました。

Qsl559 秋田市で開催された「DXを肴にして語る会」に参加していた、仙台市のJA7GAX(長嶋さん)局から、A35TN/N(Niuatoputapu Is.)の交信証を受け取りました。運用した本人から手渡しで交信証を受け取ったのはこれが初めてでした。

A35TN(Tonga) 2006-12-30 09:15UTC 10MHz/CW 599

長嶋さんから、聴いたところによると海外運用したA35のカードは、当時(2006年)、JARLの転送を利用できなかったとのことでした。現在では、本人が海外で運用したカードでも無料の場合と有料の場合がありますが転送してくれております。
(引用開始)
「交信証および受信証の転送取扱規程」
 なお、JARL会員が外国のコールサイン(:注、以下同)で海外運用して、その外国のコールサインのQSLカードをJARLのQSLビューロー経由で転送したい場合は、次のような取り扱いになります。

JARL会員が外国のコールサインで海外運用して、その外国のコールサインのQSLカードをJARLのQSLビューロー経由で国内のJARL会員のみに送る場合(外国の局あてのQSLカードが1枚もない場合)は、転送手数料の申し込みの必要はありません。

JARL会員が外国のコールサインで海外運用した場合の交信相手からのQSLカードの受け取りについては、転送枠の欄に「Via」および「会員登録されている日本のコールサイン」が記載され、カードのTo Radio 欄に「外国コールサイン」が記載されていれば、日本国内で受け取ることができます。

JARL会員が外国人アマチュア局から預かって国内に持ち帰ったQSLカードの転送については、「海外預かり分」と封筒に明記し、預かってきた会員の(差し出し人の)コールサインを封筒に朱書きして、JARLのQSLビューローにお送りください。この場合は会員に転送いたします。

JARL会員が外国のコールサインで海外運用して、その外国のコールサインのQSLカードをJARLのQSLビューロー経由で外国の局に送る場合は、転送手数料のお申し込みが必要です。

JARL会員が外国局のQSLマネジャーとなって特定の外国局からの依頼で外国のコールサインのQSLカードをJARLのQSLビューロー経由で外国局に宛てて送る場合は、転送手数料のお申し込みが必要です。(引用終了)

海外で運用した御本人から交信証を直接、手渡して受け取ることは大変嬉しいことです。長嶋さん、ありがとうございました。

「DXを肴にして語る会 in 秋田」に参加してまいりました。

Dscf92181 2012年6月23日、今回で最終回(第25回目)となる「DXを肴にして語る会 in 秋田」に参加してまいりました。JA1エリアからは、JK1OPL,JA1HGY,JA1WPX,JR1BAS,JA1WSXなどオンエアで良く耳にするDXer達も参加され、58名の参加で盛大に開催されました。

各局の自己紹介のなかで、JA1WSX局(井出さん)の話に寄れば、マントアトス(SV/A)から近々電波が出されるかも知れないとのことでした。そうなれば、久しぶりのオンエアとなり、ドッグパイルが発生することになるでしょう。

宴会のセレモニーの中で、秋田温泉さとみの女将、手塚由美子さんの歓迎の挨拶がありましたが、東日本大震災のときに温泉がでなくなり、採掘しなおして漸く温泉がでるようになったこと、南相馬市の被災者達を大勢引き受けてお世話をしたこと、一時は風評による宿泊客の激減と利用者の減少で経営難となり、倒産寸前まで行った事等の話があり、震災の影響がこの温泉街まで押し寄せていることを実感させられました。

翌日(24日)は記念講演として「136kHzのアンテナとDX」についてJA7NI局の講演がありましたが、カナダやロシアとの交信の大変さを実感させられましたし、波長2200mでのDX通信は広い敷地があって、ビバレージアンテナが張れ、1Hz以内の高安定局部発振回路(TCO)を持った受信機を使用しなければ無理であることがわかりました。

それにしても、雑音のために耳では信号の判別が出来ないから、信号を取り出すために、パソコンと信号解析専用ソフト(微弱電波解析ソフトのARGOなど)を使用しいることやコールサインを送るのに1時間もかかる事を知り、なんだかJT65の方式に似ているなと思いました。短波通信みたいにモールス信号を耳で聞くのではないということや送信電力がERPで1Wであることが分かっただけでも大変勉強になりました。

そして、135kHzのスーパーラドアンテナ(ドラムアンテナ)を自作し、実験結果を示して理論的におかしく、ほとんど電波が飛ばないことを説明しておりました。現在、特許申請中だと言って販売している「スーパーラドアンテナ」は眉唾物であることがわかりました。JA7NI(冨樫さん)局が自作したスーパーラドアンテナと本人がDETECHから証拠品として購入した1.9MHz帯アンテナの比較実験の説明も聞きましたが、結局、宣伝しているような飛び方はしないというものでした。特許庁の審議官も拒否意見を付しているのですが、その度に反論意見を送って特許申請中を維持しているようです。

また、今回で「DXを肴にして語る会」は終了しますが、来年も「モグラをたたく会(ゴルフ)」は続行するとのことでしたので、併せて「飲む会」も開催してはどうかとの提案があり、引続き名称を含めて検討することになりました。その際には、案内を送る事や講演会、抽選会は無くし、観光と懇親を中心としたものとして存続させことになるようであります。結構なことでした。

Qsl560_2 「DXを肴にして語る会 最終回 in 秋田」は午前11時で終了して解散となりました。秋田市までは行きも帰りも同じルートで、弘前市、7号線、大館市(羽州街道)、二ツ井、琴丘能代道路(無料区間)、秋田自動車道、秋田北インターで降りて72号線から大仙方面に左折して秋田温泉までとなっておりました。高速料金は、ETC利用で土日割引だったこともあり、片道800円で済みました。 de JA7BAL 73!
画像上は、歓迎の挨拶のJA7ZP局です。左の画像は、参加者のネームプレート(缶バッチ)です。

2012年6月23日 (土)

「DXを肴にして語る会 最終回 in 秋田」に参加してきます。

私が実行委員長をした第24回DXを肴にして語る会が終わって、次は秋田で第25回をと言っていたときに、3・11の東日本大震災が起きてしまいました。そのために、昨年は自粛して25回目は開催されなかったのです。

第24回DXを肴にして語る会 in 青森(大鰐)
http://homepage1.nifty.com/ja7bal/DXsakana/

その間、秋田では、JA7AGO(富樫さん),JA7AO(松本さん)、JA7CQT(吉田さん)がお亡くなりになってしまいました。ことしは、御三方のご冥福を祈りながら、最終回となりますが秋田温泉で第25回目となるDXを肴にして語る会を開催することになりました。

DXを肴にして語る会 最終回 in 秋田(第25回)
http://adxa.web.fc2.com/list.html

今日は、午後からローカル局の車に便乗して秋田市まで移動し、DXを肴にして語る会に参加してきます。今晩の懇親会も楽しみですが、明朝の記念講演としての「136kHzのアンテナとDX」にも興味があります。講師はをJA7NI(冨樫国和さん)となっております。この回を最後に、東北のDX通信の愛好者の集いは無くなってしまいますが、また、別な方法で集まりを作って頂きたいものだと思っております。

今朝は、曇り空で気温は19℃です。環境放射線は参考値ですが、0.030µSv/hでした。明日も曇りでところによっては雨の予報となっております。天候が良くないので気をつけて弘前市から秋田市まで走行してきます。では!

「追伸」 本日(24日)の午後3時に秋田市から無事に帰還しました。昨夜は58名のDX通信の仲間が集まり、親睦を深めました。本日は135kHzについてJA7NI局の講演を聞きました。また、スーパーラドアンテナは眉唾もので実用にはならないと。http://pub.ne.jp/ja7ni/?entry_id=4192072 実際にJA7NI局が自作して実験した結果を具体的に説明しておりましたが、なるほどと思う実験結果でした。つまり、飛びません!wobbly

2012年6月22日 (金)

VR2XMT(Hong Kong)からの交信証をゲットしました。

Dsc03265 香港から良く出ているVR2XMTのCharlieさんの交信証を受領しました。犬がプリントされておりますが、亡くなった愛犬のPorsche君の画像だそうです。2002年9月から2012年2月2日まで生存したそうで、御夫婦が愛犬から沢山のいやしを頂いたと書いていました。亡くなった愛犬(Guardian Angel Porsche)を記念した交信証だそうです。

チャーリーさんとは、2012年6月3日 18MHz/SSB で交信しました。現在もアクティブに電波を出しております。当局にとっては18メガでバンドニューとなりました。残るは、P5(D.P.R.K)だけなのですが出てきませんね。新しい指導者を記念した運用でもやってくれませんかねぇ。sad

Dsc03263 昔、P5RS7と14メガで交信しましたが、ノークレジットでした。P5/4L4FNが出ていた2001年ころは事情があり、半年程度無線やめておりましたので、残念ながら交信しておりませんでした。今日は、曇り空です。外気温は私の温度計で20℃でした。また、環境放射線は私の簡易モニタリングポストの表示は、参考値ですが0.037μSv/hでした。

2012年6月21日 (木)

V44KAI(St. Kitts & Nevis)からの交信証を受け取りました。

Dsc03264 昼の時間が一番長い夏至の日の午後、V44KAI(セントキッツ)からのQSLカードを受領しました。このエンティティとは、VP2Kのプリフェックスのときに交信しただけで、V4になってからは最初の交信となりました。QSLマネジャーは、W5TFW局でした。

★V44KAI 2012-5-30 08:42UTC 14MHz/CW

封筒には、一ドル五セントの切手が一枚貼られておりました。このエンティティと過去にVP2KAA,JA3ODC/VP2K,VP2KACの三局と交信しております。

603A(Hargeisa Somaliland)から2枚目の交信証をゲットしました。

Qsl533 ソマリアの6O3Aとは2月に28MHzのCWで交信しておりましたが、5月にも24MHzで交信しました。その分の交信証がQSLマネジャーのK2PF局から送られてきました。しかし、前と同じディザインでありました。

その後、6O0CWが出てきましたので、ソマリアのWantedのランキングも相当下がったことでしょう。カードはまだコンファームしておりません。それとマルペロのHK0NAのカードもまだゲットしておりません。どちらも発行が大分遅くなっているようですね。

CQ誌の7月号の附録に「HF高級機ガイドブック」が付いてきましたが、年金生活者にはとても手が出るような値段ではありませんね。百万円クラスがずらっと並んでおりますが、モールスが音楽になり、電波に色がつくのでしょうかねぇ。(爆笑)
しかし、復調して聴いている分には特別音が良いという局はすくないですよね。私であればトランシーバーよりは、アンテナに金をかけます。

ガイドブックに載っている無線機の仕様を見ていると、無線機と言うよりは「スペクトラムアナライザー+パソコン+トランシーバー」と言ったところでしょうか。このシステムが普及してきたのでセパレートのときに、呼ばれた局の周波数にドンピシャで出てくる局が多くなってしまったのでしょうね。それに各社とも受信機のクリスタル・フィルターの個数と帯域の宣伝、ファイナル部分の同調システムと高出力の宣伝などと横並びが多いなと感じました。

今日の天気は、曇りのち晴れ、気温は22℃、環境放射線は参考値で0.038μSv/hでした。台風4号は日本縦断する予定が宮城県仙台市付近から太平洋側に曲げられてしまったし、その後の台風5号もその気で進んできたのですが、4号が曲げられたのを見てあきらめたのでしょう、早々に温帯低気圧へ変わってしまいました。typhoon

台風4号が最初の予報どおりの針路を取ったとしたら、甚大な被害が出たことでしょう。それを防いでくれた見えない力に感謝であります。ありがとうございました。happy01

2012年6月18日 (月)

D2EB(ANGOLA),P29FR(Papua New Guinea),5N7M(Nigeria)の交信証ゲット。第二回目の津軽三十三観音参り終了。

Dsc03255 昨日は2回目の津軽三十三観音参りをしてきました。24名の参加者があって5台の車に分乗して、11番札所から21番札所まで雨に当たることも無く、無事に終わる事ができました。走行距離は253kmでありました。

Dsc03256 色々とあったので、帰宅したのは午後8時頃になっておりました。そして、テレビでNHKの「宇宙の渚・流れ星」を見ましたが、十分に納得できる解説でありました。地球上の人間は、地球に住まわせていただいていることや生かさせていただいていることをもう少し考えて欲しいとおもいました。観音参りの後であった事もあり、感じ入る内容でありました。

Dsc03260 Dsc03259 本日は、航空便で交信証が3通届いておりました。D2EB(ANGOLA)とP29FR(Papua New Guinea)および5N7M(Nigeria)でした。観音参りのためにAA CWコンテストは土曜日だけ参加しましたが、これと言ったエンティティをゲットする事はありませんでした。

関連URL:6月17日第二回目の津軽三十三観音参り(11番~21番)
http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/33kan2012617.htm

2012年6月15日 (金)

9M0L(Spratly Islands:南沙諸島)からのQSLカードが到着しました。

Dsc03206 本日、4月に交信したスプラトリー諸島(Spratly Islands)からのQSLカードが到着しました。日本からは近いので、当局は10メガから28メガまで、いろいろなモードで交信することができました。

★9M0L(Spratly Is.) 2012-04-10~2012-04-15, 10MHz,14MHz,18MHz,21MHz,24MHz,28MHz, CW/SSB/RTTY

Dsc03207_2 今回は、DX-pedition 2012, Pulau Layang-Layang, Spratly Islandとして運用されましたが、過去に9M0S、9H4SDX、1S1DXと交信したことがあります。南沙諸島は領土問題で中国とフィリピンが艦船を出してにらみ合っておりますが、現在、島を実効支配しているのは、ベトナム、フィリピン、中華民国、マレーシア、中華人民共和国であります。島そのものよりも、その下に眠る資源(油田)が目的だそうです。

本日の昼の天気は晴れ、気温は23℃、放射線簡易モニタリングポストMark2の値は参考値ですが、0.031µSv/hでした。

2012年6月14日 (木)

天気が良いので弘前公園へ散歩に行ってきました。

Dsc03198 Dsc03199 今日は朝から良く晴れておりましたので、いつもの通り弘前公園まで散歩に行ってきました。気温は15℃、環境放射線は私の簡易モニタリングポストで参考値ですが、0.034µSv/hでした。自転車で西濠まで行って、ボート乗り場の所に自転車を置いてから、徒歩で西濠付近を一周することにしました。

Dsc03192 Dsc03202 歩いて、春陽橋まで行き、護国神社から一陽橋から紺屋町経由、西濠と廻って旧紺屋町消防屯所を見て帰ってきました。今回は、戦時中の遺物の鳥居を写してきました。これまでは写すことがありませんでしたが、軍都(第八師団)があった弘前市の過去の歴史を物語っておりました。

散歩で写した画像集:佐藤研究室「6月14日の弘前公園の状況」
http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/20120614.htm

2012年6月12日 (火)

VP2V/NY6X(Tortola,British Virgin Island),V26E(Antigua and Barbuda)の交信証をゲット。

Qsl557 弘前公園の散歩から帰ってきたら、航空便が1通、国内便が1通来ておりました。アンティグア・バーブーダと高橋さんが運用したVP2V/NY6Xの英領バージン諸島からのカードでした。

★VP2V/NY6X(Tortola,British Virgin Island)
  2012-04-29 0845UTC 10MHz/CW, 2012-05-02 09:39UTC 7MHz/CW
★V26E(Antigua and Barbuda)
  2012-05-30 07:13UTC 18MHz/CW

Qsl558 VP2V/NY6Xは、7メガと10メガでNewとなり、V25Eは18MHzでNewでした。どちらもカリブ海ですが、最近はパイルアップが酷くて、なかなかコンタクトができなくなってきました。さりとて年金暮らしの身分では、これ以上設備投資はできませんし、後、1エンティティ(P5)を残すだけですからパワーアップも考えておりません。現状維持が精一杯であります。(^^;
弘前公園の散歩http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/20120612.htm

A6/DL9WVM(UAE)と28MHzのCWで交信しました。

2012年6月11日の午後7時22分に、A6/DL9WVM と28メガの電信で交信しましたが、直ぐにQRTしてしまいました。QRZ.COMによれば、6月10日から6月30日までDubaiからオンエアするそうです。私は昨年の5月25日に21メガの電信で交信しましたが、28メガでは初めての交信となりました。
(引用開始)
Will be QRV from Dubai again between June 10th till June 30th, 2012. All direct request (that are arrived while this time) will be answered in July then. Please be patient. Thanks!(引用終了)

Qsl556 昨年、交信した時の交信証のデータによれば、設備はIC-707(100W)にアンテナがGP(10/15/20m)でした。今年も同じリグとアンテナだと思います。どうりで信号が弱かったわけです。これから、30日までDr.Fritzさんが運用するA6/DL9WVMが聴こえると思います。カードはBureauでもDirectでもOKだそうです。私は、一枚あるので今回はBureauで送ることにしました。

2012年6月11日 (月)

WPX CW Contest で交信したP49Y(Aruba)のカードを受け取りました。

Qsl553 2012年5月27日のWW WPX CW Contestで交信した「P49Y(Aruba)」のQSLカードが到着しました。WPXコンテストでの交信ではありますが、カリブ海と7MHzで交信することは、ロータリーダイポールを使用している当局としては数少ないことから、QSLカードはダイレクト(航空便)で請求しました。返送されてきた封筒には、切手ではなく、US POSTAGEのスタンプが押されておりました。

Qsl554 しかし、グリーンスタンプを2枚いれたのですが、1枚返送されてきました。1枚で結構だということでしょう。オペレーターのAE6Y局(Andrewさん)に感謝しなければなりません。それに比べると、QRZ.COMではIRCやグリーンスタンプを獲得するだけの目的でQSLマネジャーをやっている局がなんと多いことかと思います。
P49Yは当局にとって、7メガでNewになりました。

2012年6月10日 (日)

27MHz帯ラジコンカーを修理、五所川原おもちゃ病院へ応援に行ってきます。

Dsc03171 今日は、修理を依頼された「27MHzのラジコンカー:TAIYO JET BLASTER」を持って五所川原市まで移動します。丁度、五所川原おもちゃ病院の第三回の定期開院がありますので、ラジコンカーを届けがてら修理ドクターとして応援してきたいと思っております。

弘前おもちゃ病院の院長がFacebookに掲載した記事を引用させていただきました。
【引用開始】
お知らせです♪五所川原市、つがる市、近隣の方は是非♪

2012.06.10五所川原おもちゃ病院定期開院第3回目
2012年6月10日(日)13:30~15:30五所川原市地域福祉センターで
「五所川原おもちゃ病院」の定期開院第3回目を行います♪
... 壊れたおもちゃをお持ちの方は是非遊びにきてください。

費用は基本無料ですが、部品を交換した場合は部品代(50~300円)、
入院をした場合は1つのおもちゃにつき100円頂きます。
診察代など技術料的なお金は頂きません。

五所川原市地域福祉センター
〒037-0065 青森県五所川原市幾世森24-38
0173-33-0702
【引用終了】

Dsc03172 Dsc03173 27メガのラジコンカーは、「コントローラーが不安定、ラジコンカーの受信機が動作していない。」というものでした。まず、電源から点検すると、コントローラーの積層電池006P(9V)は約8Vあったのでまぁ良し、車側の乾電池(単三×6本)は正常でありました。次に周波数は、27.225MHzでアマチュア無線用の受信機で聞くと正常に変調がかかており、振幅変調(AM)で正常に復調できておりました。

Dsc03174 続いて、受信基板を点検したところ、3Vの電圧が掛っているところと、電圧が掛っていなところがありました。そこで、電源のスライドスイッチの接点の導通をテスターで調べてみると接触不良のために、抵抗が大きく出ておりました。スイッチを分解してみると接点が錆びて接触不良になっているのを発見しました。

スライドスイッチの接点の錆びを全て目の細かいヤスリで除去、研磨して復旧させました。電源スイッチが直ったので乾電池を入れ、コントローラーで動作させてみると正常に走行するようになりました。ラジコンカーの受信回路は全て正常に動作しているようなので、あえて点検しませんでした。ただし、リモコンの送信周波数は出来るだけ距離が遠くなっても制御できるように周波数を微調整しておきました。

なお、環境放射線の値は、私の簡易モニタリングポストMark2の表示で0.042µSv/hでした。天気は曇り、気温は21℃です。東北南部まで梅雨入りしましたが、弘前地方はまだです。

2012年6月 8日 (金)

VK9PN(Load Howe),ZA20QN(Albania)のQSLをゲットしました。

Qsl552 今朝は曇り空でしたが、アマチュア無線の方も曇り空みたいにコンディションが良くありませんでした。そのため、4時半に起きましたが二度寝をして7時半ごろになってから、おきだしました。

午前10時頃になって航空便が2通到着しました。ロードハウとアルバニアからの交信証です。
VK9PN(Lord Howe Island)
2012-05-23 09:53UTC 7MHz/CW, 2012-05-25 11:17UTC 10MHz/CW
ZA20QA(Albania)
2011-10-27 08:40UTC 28MHz/SSB

Qsl551 VK9PNは、7メガと10メガでバンドニューとなりました。ZAは28MHzのSSBでNewとなっております。お空の方は夏枯れに向っているのでしょうか、当局にとって触手の動くようなDX局は聴こえてきませんでした。ARRL DXCCは追加申請済みでクレジット・スリップ待ち、Diamond DXCC Challengeは106カントリーで申請済みです。これらが処理されて返送されるて来るのを待っているのも、また楽しいものです。

2012年6月 7日 (木)

ココログがご利用できない状況が発生しております。何をいまごろになって!

このページ・・・、NIFTY-Serveの@nifty ココログに作ったBlog(Polytechnic-sato)に午前5時ころから午前7時55分までの間、アクセス不能となっておりました。他のホームページにはアクセス可能(mixi、Twitter、佐藤研究室など)でした。接続可能になったあと、「ココログのお知らせ欄」を見てみましたが、なにもトラブルの件は書かれておりませんでした。
「午前9時頃になって」ココログがご利用できない状況が発生しております。となったのでアクセスしてみると「Internet Explorer ではこのページは表示できません。」と出ます。

思えば、インターネットを流れる情報も徹底的に当局により監視され、言論統制などが行われだしておりますから、その関係かも知りませんが、自分のBlogに突然アクセスできなくなる事は珍しい事です。以前にもありましたが、私の記事の内容が体制側が気にするようなものであったのだろうか。その関係で一時的にアクセスできなくしたのでしょうか。同じ時間帯に他のユーザーも同じようなトラブルを経験していたのでしょうか?

それに、このページの左下のTwitterのツイート数が1に固定されているのはなぜ? 先月まで2とか3が多かったのですが、このごろは全て「1」に固定されております。なにかあったのでしょうか?(^^;

言論統制、大本営発表、特高警察、なんだか戦前に戻っているような感じがしてなりません。オウム報道、消費税率引き上げ、野田政権、原発再稼動、電気料金値上げなどはマスコミ報道に差がなく、ほとんど同じ内容で情報垂れ流しを行っております。福島の第一原発事故の現状や放射能汚染などの報道は激減、関東直下型地震や千葉沖の地震、当南海地震などの発生をあおる報道が増えております。

何故いま、「オウムの菊地、高橋容疑者」報道なのか、報道することで体制側が消費税率の引揚げを国民から目隠しする事を狙ってはいないか。これまで国民に知られたくない政治的な事があると、芸能人の覚醒剤事件の報道が始るのはなぜか。意識的にマスコミが低俗番組(お笑い、クイズ、グルメなど)を放送し、出演者も御用学者、電波芸者、誤用(御用)評論家、お姉、ハーフ(混血)などを多用し、いつも同じ顔の芸能人を多用するのはなぜか。

まぁ、こんな事を書くとまたまたアクセス不能にさせられるでしょうから、この辺で止めておきます。あぁ~、住みにくい世の中になったものですねぇ~。本日の環境放射線の値は参考値ですが、0.031μSv/hでした。午前6時頃に0.051μSv/hを表示しておりましたが、今は下がっております。本日の弘前は、天気が晴れで気圧は1010ヘクトパスカル、気温は17℃、湿度60%でした。

2012年6月 6日 (水)

ARRL Diamond DXCC Challengeを106カントリーで申請した。

ARRLのDXCCの75周年を記念して発行するDiamond DXCC challenge(DDXCC)は、申請可能範囲の106カントリーに達した。6月1日現在で交信済みが86カントリーあった。そこで集中的に該当カントリーと交信するようにした結果、昨日、106カントリーとなったのである。この程度であれはミスがあっても100カントリーを切ることはないだろう。happy01

問題は、ソマリアの英領とイタリア領の区分であろう。私の場合は、Somaliland Italianは、6O0CW(Galkaio)、また、Somaliland Britishは、6O3A(Hargeisa)と記載したのだが、間違ってはいないと思うが確信は持てない。

朝食後でも航空便でDDXCCの申請書とリストおよび申請料13ドルをARRL本部あてに発送することにした。昨日は、4S7VG(21MHz/CW)、9V1YC(10MHz/CW)、P29FR(21MHz/SSB)と交信でき、P29は一局で2ポイントとなった。その中でも21メガのスリランカ(4S7)にはてこずった。いつもながら、復帰組みの多さと午後8時台という時間帯で交信ができるまで相当時間がかかった。なお、125カントリーからの追加申請はしないことにしている。本来のDXCCの方が大切だからである。sad

DDXCCにチャレンジしてから、ショートQSO(RS交換のみ、UR 59、UR599 TUなど)がすくなくなり、QTH(場所)、NAME、無線設備の紹介、QSL交換方法、天気、JCC番号などを交換するロングQSOが増えてしまった。電信では、「UR 599 TU」、電話では、「UR 59 Thank you」だったものが、久しぶりの電信交信と英会話を楽しんだ。欲しい局がコンテストなどで交信できなかったことが原因であろう。eye

Dsc03169 Dsc03170 本日の天候は、雨時々曇りで外気温は、私のデジタル温度計で17℃、環境放射線の値は、参考値ですが0.031μSv/hとなっている。昨日は真夏日で室内の温度が29℃まで上がった。無線機2台、パソコン2台、電気湯沸器などが動作しているためである。半袖シャツと短パンとなり、扇風機で暑さをしのいだ。gawk

2012年6月 3日 (日)

JARLからQSLカードが転送されてきた。

Qsl548 本日の午後にクロネコメール便でJARLからのQSLが届いた。昨年の10月頃のものがほとんどであった。時間が掛かる事は確かだが、同じエンティティの2枚目や3枚目のカードはBUREAU経由でも十分である。転送されてきた主なQSLカード(交信証または交信証明証)のデータは次の通りである。

V84SEA(BRUNEI) 2011-11-22 18MHz SSB
5B4AJC(CYPRUS) 2010-10-29 18MHz CW
AH0S/KH2(GUAM Is.) 2011-11-26 14MHz CW
5Z4/JA7SGV(KENYA) 2011-10-16 28MHz CW
PJ4/JH5GHM(BONAIRE) 2011-10-25 28MHz SSB
HB9SOLAR(SWIZERLAND) 2010-09-24 21MHz CW
EA1GIB/M(SPAIN) 2011-10-14 28MHz SSB
ES5QD(ESTONIA) 2011-10-24 28MHz SSB
SV2JAO(GREECE) 2011-10-08 28MHz SSB

Qsl549 Qsl550 また、DDXCCの方は95カントリーまで伸びた。今年になってから本日まで、ZL、KL、LX、OE、YL,5W、VO1、SM、ON、OYと交信していないので100カントリー完成までもう直ぐの状態になった。安全圏を見て105カントリー程度になってから申請したいと思っている。125カントリーからの追加申請はしないつもりでいる。

今日は、YV5JB(21MHz/RTTY),V85ZX(18MHz/SSB),VU2PAI(18MHz/SSB),VR2XMT(18MHz/SSB),A5A(18MHz/CW),KH2/JF2CRP(21MHz/CW)などと交信することが出来た。

Diamond DXCCにチャレンジしております。

CQ誌(6月号)の64ページに井原さん(JA1ADN局)が投稿なさった、Diamond DXCCカントリー・リストが掲載されている。ARRLのDXCCアワードが誕生してから、75周年たった事を記念してアワードを発行するとの内容であった。今年(2012年)の1月1日から12月31日まで間に100カントリーと交信すると申請できるアワードである。

詳しい事は、ARRLのホームページを参考にしていただきたい。
DXCC Diamond Challenge
http://www.arrl.org/diamond-challenge

私はDDXCCのスコアカードをダウンロードしてチェックに使用している。エクセルのファイルであるから大変便利である。
DDXCC Scorecard
http://www.arrl.org/files/file/Diamond%20DXCC/Diamond%20DXCC%20Scorecard_rev_4_16.xls

Ddxcc 現在のところ、92カントリーとなっている。後8カントリーで100となるが、まだ、半年の期間が残っているので慌てる事は無いと思っている。申請料は返送料を含めて13ドルで、エンドーズメント(追加申請)のステッカーの料金は2ドルである。

DDXCCの申請書は、同じホームページからダウンロードできるし、カントリー・リストも得られる。申請にはQSLカードの添付は不要で、所持証明もいらない。申請書のリストにコールサイン、交信年月日、カントリー名を書くだけで良い。勿論、申請の場合のカントリー・リストはARRLからダウンロードして、自分が記載したエクセルのスコアカードファイルを印刷して添付すれば手書きをする必要はない。

DXCCの方ではもう交信するところが残っていないか、P5(北朝鮮)待ちの方々、あるいは、残す所数エンティティで交信相手が何時出てくるか分からない等の局長さんは、それまでDDXCCにチャレンジして見るのも良いのではないかと思う所である。coldsweats01

今朝の弘前市は曇りで外気温が私の温度計で14℃、環境放射線は私の簡易モニタリングポストの測定値で参考値であるが、0.039µSv/hとなっている。津軽の平野は桜の花も菜の花も、りんごの花も全ておわり、田植えの真っ最中であります。

2012年6月 1日 (金)

今日は何の収穫もありませんでした。

おはようございます。今日は良い天気です。外気温は14℃でさわやかな朝であります。アマチュア無線の方はだんまりワッチで、収穫はありませんでした。

Qsl547 昨日はメタボ健診で五所川原市までいき、帰りはつがる市柏のイオンモールで買い物と食事(ざる蕎麦)をして帰ってきました。帰宅後、18メガの電信で3Z2012RKTという局がでておりましたが、当局と交信した後、いなくなってしまいました。何かの記念局だったようです。

環境放射線は、参考値ですが0.032µSv/hでした。これから、デジカメを持って散歩がてら弘前公園にでも行ってきます。happy01

公園に行ってきました。その画像です。http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/20120601.htm

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31