フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

JARL経由で、5R8ICと7Z1HBのQSLカードをゲットした。

Qsl611 今朝も、うだるような暑さだ(35.7℃)! エアコンはうなりを上げて冷たい空気を送ってきている。そんな中、JARL経由のQSLカードが入ったクロネコメール便が届いた。26枚入っていたが、それなりのエンティティも同封されていた。

5R8IC(Madagascar)2011-12-11 04:08UTC 14MHz/CW
7Z1HB(Saudi Arabia)2011-12-02 05:37UTC 28MHz/SSB

Qsl612 などがJARL経由で送られてきていました。それにしてもCY9Mは聞こえませんね。どうしちゃったのでしょうね! 今日明日で終わりなのですが、JAと多く交信しないとペイしなくなるんじゃぁないでしょうかねぇ。(^^;
でも、地磁気嵐が長く続いておりますから、聞こえてこないのは短波帯の伝搬に影響を与えていることもあるのでしょうね。

いや~、しかし、毎日暑いですねぇ~。どうしちゃったのでしょうね! 昨日も今日も猛暑続きであります。それにしても台風10号の針路が気になりますね。こちらに曲がってこなければ良いのだが・・・。環境放射線の値は、参考値ですが0.044μSv/hでした。

2012年7月30日 (月)

HK0NA(Malpelo)の交信証が到着しました。

Qsl608Qsl609  待望のマルペロ島(Malpelo Island)のQSLカードが到着しました。今年の1月に久しぶりに要求度が高いエンティティのHK0NA局が運用されましたが、私にとっても28メガ以外は全てバンドニューとなりました。happy01

HK0NA(Malpelo島)
2012-1-23 03:07UTC 17m/SSB, 10:02UTC 30m/CW
2012-1-24 00:11UTC 12m/SSB, 00:33UTC 10m/SSB
2012-1-27 02:52UTC 20m/CW
2012-1-28 03:09UTC 20m/SSB

Qsl610 以上は記録されておりましたが、記録されなかったデータもありました。
2012-1-31 01:56UTC 15m/SSB, 12:05UTC 40m/CW, 2012-2-4 00:51UTC 17m/CW
この三つのデータは、NOT IN THE LOGとなっておりました。何かの手違いか、パイレーツと交信したのかも知りません。sad

しかし、今出ているCY9Mは全く聞こえませんね。聞こえなければできません。どうしたのでしょうかねぇ? コンディションが悪いのでしょうか。DXクラスタのWWやUSにはポストされておりますが、当局が住む地域には全く入感がありません。wobbly

今日の気温は35℃となっており、大変な暑さであります。勿論、熱中症防止のため、エアコンはフル稼働させております。また、環境放射線の値は、参考値ですが、0.036μSv/hとなっておりました。

2012年7月28日 (土)

連日の暑さとオリンピック中継の視聴で寝不足気味であります。

今日もやたらと暑い。私の温度計で34℃になってしまった。さっきまで我慢していたがエアコンを動作させた。一年で今が一番暑い季節だと言うが、こう暑くては我慢できない。節電を考慮してエアコンの設定温度を28℃にはしているが、まだまだ暑さが続くらしいから、冷房の使用時間を短縮しようと思う。環境放射線は、参考値で0.030μSv/hである。

今日は朝4時半ごろに目が覚めた。丁度、5時からロンドンオリンピックの開会式の中継があるから、それを見て時間をつぶした。結構おもしろく、趣向を凝らした演出が続いたのだが、4時間もなると飽きてくる。それでも最後までテレビ中継を見てしまった

印象に残ったのは、開会式の最後に元ビートルズのポール・マッカートニー氏が、6万人の観衆を前に、「ヘイ・ジュート」を披露したことで、観客と一緒になって歌っていたことである。それと、やたらと花火を打ち上げていたことや聖火をサッカーのベッカム選手がジェットボートに乗ってスタジアムの手前まで運んだことが印象に残った。

今も寝不足気味だが、夜の寝苦しさによることと、オリンピック中継のテレビ観戦によって寝不足が倍加されている。毎日、寝不足になるであろうから、昼食後に少し横になって仮眠しなければと思っている。しかし、暑さには耐えられないため、エアコンを動作させての仮眠とならざるを得ない。

さて、米国を訪問してオスプレイに試乗し、安全性などを確認するようだが、森本防衛相が乗った所で何の役にも立たないと思う。日本独自で安全性を調査するというが、機密が多いオスプレイのどこを調べるのだろう。外観と乗り心地程度で確認するつもりなのだろうか。アメリカ軍が詳しい情報を日本に教えることは決してない。それでも、乗ってきたが安全だったと報告してお茶を濁すことで、国民に理解を求めるつもりなのであろう。

秘密事項の取扱や軍事機密に慣れていない日本人には特に教えない事は明らかである。次期戦闘機でステルス機能があるF22を日本に売らなかったことが良い前例である。イージス艦の機密事項も漏れてしまっている日本、企業の秘密まで外国の産業スパイにやすやすと持って行かれてしまう日本。「和を持って尊し」とする農耕民族である日本人には、秘密や機密は似合わないのである。また、派閥に属していない民間人から登用された森本防衛大臣は、官僚達も協力はしないだろうから、自衛隊のTOPとしては似合わないのである。

それにしても、オスプレイを山口県の岩国基地に強行陸揚げした裏には、中国の海洋進出と海軍力の強化、それを背景に尖閣諸島問題への干渉、ロシアとの北方領土問題などがあり、在日米軍としても抑止力を強化して置く必要がある事は理解できる。しかし、米軍部内でも「後家製造機」と言われているくらい、墜落事故の多い機種であるオスプレイを配備するのは時期尚早であると思う。

しばらくは、マスコミが官邸と電痛の指令で「ロンドンオリンピック関係の報道一色」にしてしまうだろうから、その間に、オスプレイ問題、原発再稼動、社会保障と消費税率引き上げ法案の可決をやってしまう事だろう。そして、衆議院の解散総選挙となっていくのであります。

2012年7月27日 (金)

7X3WPL(Algeria)からの交信証をゲットした。今日ぐらいウナギを食べないようにしよう。

Qsl607 今日はアルジェリア(ALGERIA)からのQSLカードを受け取りました。

7X3WPL(Algeria) 2012-06-13 09:52UTC 15m CW

過去に7X7ARA・7X2LS・7X2SX・7X2OR・7X2AJなどと交信しました。7X3WPLは電信でニューとなりました。

さて、今日は土用丑の日だそうで「ウナギ」を食べる日だそうです。江戸時代の平賀源内が頼まれて宣伝したんだそうですが、ウナギの稚魚が激減していてウナギ(鰻)の仕入れ価格も2倍程度になっているとのこと。

しかし、ウナギの資源が激減しているのに、無理して鰻の蒲焼を食べなくても良いとおもうのです。電気が足りないから節電しなさいといわれて節電に協力しているでしょう。秋田のハタハタ(鰰)も一時資源が激減して3年以上も漁をしなかったことで資源が回復しました。マグロだってそうです。ですから、鰻も食べない年があっても良いと思うのです。

鰻の数が激減しているのに、なぜ丑の日だと言って食べるのだろう。べつに鰻でなくても代用になるものを食べれば良いのではないのか。ヤツメウナギとかもありますし、台湾では代用ウナギを養殖していると言うではありませんか。ウナギの資源が回復するまで、食べるのを控えたらいかがなものでしょう。

私自身はウナギを食べなくてもどって事はありません。明日にでもウナギが食べられなくなっても何とも思いませんし、マグロが食べられなくなっても何の問題もありません。日本人と言うのは横並び意識が強すぎるのでしょうね。今日ぐらいウナギを食べない日にしませんか。(^^;
参考URL:
★土用餅!? 鰻だけじゃない、土用の食べ物と風習 http://allabout.co.jp/gm/gc/396148/

2012年7月26日 (木)

V31IZ(Belize)からの交信証を受けとりました。

Qsl606 中米のベリーズからV31IZ局のQSLカードが着いた。オペレーターは、JR1IZM局(高木さん)でQSLマネジャーは、JO1CRA局であった。

V31IZ(Belize) 2012-07-14 11:41UTC 10MHz CW 599

交信証の記載によると、RIGは、TS-830Sでアンテナが逆Vとダイポールとのことです。過去には、V31RR,V31XB,VP1KG,V31YK,等とも交信しております。今回は10メガでバンドニューとなりました。

7月26日、弘前公園の蓮池の蓮の花が見頃となっております。

Dsc03328 7月26日(木)、晴れた良い天気で朝から暑い。気温はすでに29℃を超えている。涼みがてら弘前公園の蓮池の蓮の花の状況を見てくることにし、愛用のデジカメを持って愛用の自転車に乗って公園の桜のトンネル入口に向った。日差しが強く帽子をかぶった頭からは汗が滴り落ちで来る。その汗を拭き拭き自転車を踏んだ。今後1週間は毎日暑い日が続くとの週間予報が出ている。また、東北地方が梅雨明けした模様だと報道されていた。環境放射線の値は参考値だが、0.032µSv/hである。

Dsc03338 今日の未明はロンドンオリンピックの前哨戦である「なでしこジャパンのサッカー中継」をNHKラジオ第一(846kHz)で聴いていたので寝不足気味である。幸い、2対1でカナダに勝ったから良いものの、負けていたら寝不足がもっと酷くなっていただろう。いまの日本では、スポーツも政治家も経営者も女性(大和なでしこ)の活躍が目覚しい。暑さで寝苦しく、汗びっしょりとなって目が覚めてしまったのだが、サッカーの中継があったので時間つぶしになって助かった。いつもは、「ラジオ深夜便」を聞いて横になっているところだった。

Dsc03339 さて、公園に着くと、いつものことだが私と似たような環境の方々が思い思いに散歩したり、濠の鯉や鴨に餌を与えたりしている。ベンチに座って本を読んでいる人、涼をとっている人、ジョギングや体操をしている人など雑多であります。西濠を一周して桜のトンネル経由、西の郭の蓮池に向った。蓮の花は丁度見頃になっており、昨年と同じ状況で綺麗に咲いていた。
2012年7月26日の弘前公園内の状況

2012年7月25日 (水)

D3AA(Angola)からの交信証をコンファームしました。

Qsl605 今日はアフリカのアンゴラからの交信証を受け取る事ができました。
QSLマネジャーは、UA1QV局でありました。

D3AA(Angola):

2012-06-01 21:03UTC 18MHz/CW
2012-06-04 22:02UTC 14MHz/CW

Qsl604 アンゴラとは過去に、D2EB、D2PZ(ノークレジット)、D2SA、D2/OK3TABと交信したことがあります。首都がルアンダで人口が450万人だそうです。日本はこの国から石油を輸入し、機械、自動車などを輸出しております。QSLマネジャーがロシアであることから、ロシアやD2PZが中国人であった事から、中国が相当資金援助しているように思います。

QSLカードは2枚入っておりましたが18メガと14メガを別々に請求したことによります。子供達が写っているのが14MHzです。今日の朝はD2QV局が14012kHzで聞こえておりましたが、信号が弱いこともあって少し呼んでは見たものの駄目でした。

夏の甲子園、青森大会は本日午後1時から、光星VS聖愛で決勝戦!

未明に雨が降ったせいかジメジメしている。室温が28℃で湿度は77%もある。梅雨真っ最中の感じである。現在は曇っているが雨が降ったり止んだりの天候になるようだ。環境放射線は参考値であるが、0.038μSv/hである。関東以南は35℃以上の猛暑日だとの予報であるが熱中症には十分注意して欲しい。

夏の甲子園の青森県大会の決勝戦は、本日の午後1時から青森市営球場で行われる。本県初の4季連続甲子園出場を狙う光星学院と弘前市の聖愛高校が激突する。もし、聖愛が勝つような事があれば初の甲子園出場となる。八戸対弘前の決勝戦はどちらが勝つか興味深々である。もともと女子高であった私立の聖愛高校が男女共学となってから野球部ができたので、歴史は浅いが野球の上手さ、勝負強さには定評がある。一方、昨年、甲子園の準優勝校である光星学園は説明の必要はないだろう。ただ、野球留学の生徒が多いことが気になってはいるが・・・。(^^;

また、2日後の27日からはロンドンオリンピックが開催され、「なでしこジャパン」の試合が深夜中継されるようだ。オリンピック期間は日本とイギリスの時差が9時間あるため、競技時間によっては午前零時以降となり、寝不足がつづくかもしれない。しかし、「頑張れ日本!」で中継を視聴したいと思っている。

オリンピックになると「日の丸」を意識するが、普段は祝祭日に国旗を掲げる程度でほとんど意識する事はない。デモなんかで日の丸や旭日旗を振り回しているのは日本人ではないようだ。日本人でも海外の競技場で選手達を応援するために日の丸の旗を振る事はある。また、皇族をお迎えする時に日の丸の小旗を振る事もあるが、それ以外には滅多に国旗を振ることはしない。

オリンピック競技で1位となり、国歌「君が代」が演奏され、掲揚台の真ん中に「日の丸」の旗が揚がるとき、日本人である事を意識してしまうのである。私のような元船乗りであった者にとっては、「日の丸」の旗に特別な思いがあるのだ。マストや船尾に掲げられた国旗は、海外の港に停泊していても「白地に赤く日の丸染めて・・・」と目立った国旗であったし、日本の船員であることに誇りを持ったものである。外から見て「日の丸」の旗が船尾に掲げてあると日本船籍である事が直ぐに分かるのである。

今回のオリンピックにはイスラム教の国からも女性選手が出場する事になったという。大変喜ばしいことである。しかし、肌を見せてはならないことから、スポーツウエアも機能的なものではないようである。勝敗はべつとして、クーベルタン男爵が言った「参加することに意義がある」で良いのではないかと思っている。

2012年7月23日 (月)

ST2M(Sudan)からの交信証をコンファームした。

Qsl603 今日は、アフリカのスーダンからのQSLカードが届いた。ST2M局とは2012年6月8日の13:18UTCに28メガのSSBで交信したのである。IRCを2枚入れて送ってくれとQRZ.COMには書かれていたのでそのとおりにして送った。

ST2Mの無線設備は、QSLカードによるとIC-718にダイポールアンテナで100Wでの運用だと記載されていた。この頃は、夜中でも28メガよく開けていたことを覚えている。今では想像もつかないほど28メガのコンディションは良かったのである。それにしても、7月になってからは夏枯れ状態が酷い。以前は、朝のカリブ海、夕方のアフリカとヨーロッパが良く聞こえていたものである。

今も、ST2ARが時々聞こえることはあるが信号が弱い。しかし、南スーダンとの間で石油利権をめぐって争いが絶えないようだ。ST0Rのカードはいただいているが、何時また内乱が始るかわからない情勢にある。聞こえているときに交信しておくことに越した事は無い。

2012年7月22日 (日)

トミカのスーパーソニックランナー、ハイパーブルーポリスを修理しました。

本日は、弘前おもちゃ病院の定期開院日でしたので修理ドクターとして出席してきました。夏休みに入ったためか、玩具の修理依頼が極端に少なかったのであります。修理依頼者がお出でになるまで、同じドクター仲間の非常用の携帯ラジオを直しておりました。手回し小型発電機内臓のラジオで、LEDライト、サイレンなどの機能が付属しているものでした。

Audiocomm ラジオの電源が入らないということなので、点検してみるとサイレンとかライト関係は問題なく動作しておりましたが、ラジオにモードスイッチを切り替えてもラジオは動作しませんでした。電源は4.5V(単4が3本)でしたが問題はありません。そこで、スイッチが取り付けられている基板を点検したところ、スイッチのピンと基板のバターンに割れがあるところを発見しました。

つまり、パターンが割れているところが、ラジオへ電源を供給するラインでした。早速、割れている箇所パターンの絶縁塗装を剥ぎ取り、モードスイッチのピンとプリントパターンを半田付けをしなおしたところ、正常に動作するようになりました。故障の原因は、モード切替スイッチに許容を超える力が加わった為に、パターンがきれてスイッチとの接続が無くなったことでした。

Dsc03324 次は、隣のドクターが修理中のトミカのスーパーソニックランナー(Super Sonic Runner)のハイパーブルーポリス(Hyper Blue Police)への修理協力をすることにしました。故障内容は、電源を入れても音が出ず、LEDも点灯しないというものでした。そこで、CPU基板を点検したところ、アースの黒い線(GND)がイモ半田であることがわかりましたので、半田付け直したところ音声(エンジン音と準備完了!)が出るようになりました。

Dsc03320 しかし、次に電源をONにしても全く音が出なくなってしまいました。そこで電源スイッチをOFFにしたとき、CPUをリセットするための抵抗が不良ではないかと思い、抵抗を再半田していたところ直ぐに剥がれてしまいました。その内にチップ抵抗が床に落ちて行方不明になってしまいました。

Dsc03319 結局、チップ抵抗を探しましたが見つかりませんので、諦めて普通のソリッド抵抗に切り替えることにしました。リセットの抵抗値は、50Ωから100Ωが相場ですからその付近の抵抗をとりつけました。その過程で電源ヒューズが切れてしまったので応急修理で一番細い線を代用することにし、あとで相当の部品を取り付けることにしました。

しかし、スピーカーはウンともスンともしません。全てを点検しましたが異常はありません。ただ、依頼者が相当の年数放置しておいたとの言葉を思い出し、半田ごてでワンチップCPUを暖めてみました。どうでしょう! 何と正常に動作し始めたではありませんか! 良く使う最後の非常手段なのですが、初めて効果があることを体験した修理でした。

Dsc03323 CPUを半田ごてで熱することは、滅多にやるものではありませんが、最終的な手段としては一回に限りやってみるべき奥の手でありましょう。でも、CPUが経年変化で劣化しており、熱のショックを与えることで復活したのですから、そんなに長い期間正常に動作するとはおもわれません。それでも、一時的にでも数年ぶりに音声がでているトミカのスーパーソニックランナーを見て修理依頼者は感激しておりました。

今後、どの程度の期間正常に動作するのかはわかりませんが、今のところスーパーソニックランナーは問題なく動作しております。電子回路は私が修理を担当しましたが、分解と組み立ては他のドクターが担当しますので、明日にでも担当のドクターの所に届けたいと思っているところです。

本日は弘前おもちゃ病院の定期開院日であります。

今日も良い天気であります。私の温度計で気温は20℃、湿度が56%で環境放射線の値は参考値で0.028μSv/hとなっております。日曜日は家でゆっくりしたいでしょうが、天気が良いのでお出かけ日和です。弘前市のりんご公園(http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/ringopark.htm)にでも出かけたらいかがでしょう。

今日の午後1時半からは、弘前おもちゃ病院の定期開院日で、弘前市社会福祉センター(弘前市宮園2-8-1)で開催されます。壊れたおもちゃがありましたら、どうぞお出でください。定期開院の5月と6月の分は用事があって欠席となっておりましたが、今日は問題なく出席できます。城北の交通公園が近くにありますので、おもちゃの修理中は子供を遊ばせることができます。

さて、話はかわりますが、オスプレイを積んだ民間の貨物船は、本日、韓国の釜山港を出港して山口県の岩国に向っております。明日にでも米軍岩国基地にオスプレイを陸揚げし、整備点検後、きたる試験飛行にそなえるとの報道がなされております。米軍内部でも事故が多いオスプレイを配置するのは時期尚早と言われている中での日本配置となりました。国内でこんなに反対が多いのにアメリカがオスプレイを強行配置する裏には戦争という二文字が浮かんできます。

すなわち、尖閣諸島を種に日中の争いを誘発させ、北朝鮮を使って朝鮮戦争を始めたいのであろう。中国の脅威、北朝鮮の脅威をあおって、日本に戦争をさせるためには是が非でもオスプレイを沖縄と岩国に配備しなければならないのです。これまでも、日本はアメリカに原発事故の後始末で儲けさせ、原発設備や原発燃料輸入で儲けさせ、次期戦闘機ミサイル輸入で儲けさせ、国内の規制緩和で設けさせてきましたが、まだまだ上納金が不足しております。coldsweats02

宗主国への上納金(みかじめ料)を増やさせるためには、日本と中国、韓国と北朝鮮が戦っていただかないといけないのです。戦争になれば米ドルの価値が上がって何とか国家デフォルトを避けることができるのです。アメリカは血を流さずに高みの見物をし、適当なところで仲裁に入って権益(石油や鉱物資源)を確保するのです。勿論、武器が高く売れますから軍需産業も活性化し、失業者も少なくなるのです。アメリカにとって戦争が国を立て直す最高の手段なのです。wobbly

2012年7月21日 (土)

17℃と涼しい朝を迎えております。

今朝は涼しい朝となっております。半袖と半ズボンでは寒いくらいです。気温17℃、湿度52%で、環境放射線の値は参考値ですが、0.033μSv/hとなっております。趣味のアマチュア無線の短波通信はコンディションがイマイチでして、これと言った魅力があるエンティティは聞えておりません。

Qsl602 ただ、25日からCY9(Saint Paul)が出てきそうなのでSSBで交信できることを期待しております。これでSSBでの交信が4エンティティ増えることになりますから、DXCCのPhoneでオーナーロールとなります。昔(1983年10月)、CY0SPIとCWで交信しておりますが、SSBでは久しぶりになります。

梅雨明けはまだなようですが、過日の大雨の被害額は5億円以上であったと報道されておりました。目屋ダムの底が見えるほど水位が下がっていたところに大雨が降ったので、そんなに被害が無かったのではないかと思っておりましたが、調査が進むに連れて洪水の被害地域が増えたようです。

7月も下旬に差し掛かっておりますが、大相撲の行方、県内の高校野球の行方、27日からのロンドンオリンピックの行方、8月1からのネプタ祭りの行方など、気になるものばかりが目白押しであります。体調を整えて過ごしたいと思っております。

2012年7月20日 (金)

9L0W(Sierra Leone)からのカードをゲットしました。

Qsl601 今日は、アフリカのシエラレオネからの交信証がとどいた。QSLマネジャーはドイツのDK2WV局であった。

9L0W(Sierra Leone) 2011-11-30 06:45UTC 10MHz CW

で交信したものです。このほかに、同じバンドで9L5MS局とも交信できております。

本日は、風が冷たいので大変過ごし易い一日になりそうです。湿度が52%で気温は22℃で快適であります。現在の環境放射線の値は、参考値ですが、0.026μSv/hとなっております。

2012年7月19日 (木)

TO3X(Saint Barthelemy)の交信証をコンファームしました。

Qsl600 ベルギーのQSLマネジャー、ON4CIT局からの航空便が届きました。サンバルテルミー島からの交信証(TO3X)でありました。当局としては21メガでnewとなりました。この局を含めて4局と交信できております。

TO3X(Saint Barthelemy,Caribbean,French West Indies)
2012-04-19 00:44UTC  21MHz/SSB

今日も暑い朝となっております。室内は27.8℃で湿度が63%、環境放射線の値は、参考値ですが、0.027μSv/hです。世の中は、原発再稼動強行、オスプレイ配置強行、消費税率引揚げ強行、小沢系排除強行、マスコミは偏向報道強行・・・、等々、強行策ばかり目だっております。嫌な世の中になりましたねぇ・・・。

2012年7月17日 (火)

A52BA,JT1BV,JY4CI,V85SS,YB1ALLの交信証をコンファームした。

Qsl596 Qsl595 本日は、航空便4通と国内便1通が到着していた。ブータン(24MHzのCWでnew)、モンゴル(18MHz/CWでnew)、ヨルダン(21MHz/SSBでニュー)のアジア勢とブルネイ(24MHzでニュー)、インドネシア(24メガでニュー)のオセアニア勢のQSLカードであった。すべて、ダイレクトでのコンファームであった。

Qsl597 A52BA(BHUTAN) 07-JUNE-2012 12:25UTC 24MHz/CW
by JK1EBA/長谷川晃さんによる運用である。
JT1BV(MONGOLIA) 02-JUNE-2012 01:34UTC 18MHz/CW
JY4CI,(JORDAN) 08-JUNE-2012 15:00UTC 21MHz/SSB
V85SS(BRUNEI) 21-JUNE-2012 09:24UTC 24MHz/CW
YB1ALL(INDONESIA) 02-JUNE-2012 08:11UTC 24MHz/CW
最近は、ワークバンドのCWでの運用が増えている。

Qsl598 Qsl599 昨日は豪雨で今日は晴れ、180度異なる天候で体調を維持するのが難しい。28℃まで気温が上がっているが埼玉県や栃木の39℃などに比べれば涼しい方に入る。環境放射線の値は参考値であるが、0.031μSv/hであった。近くの岩木川は水が褐色に濁って水量も大幅に多い。しかし、目屋ダムが渇水状態に近かったことが幸いしたのだろうか、豪雨の割には被害が小さかったのである。

西目屋の白神ラインに完成した目屋渓大橋を見学に行ってきた。

2012年7月1日に、弘前市内から西目屋村を通り、白神山地へ続く通称”白神ライン”に建設していた「目屋峡大橋」が完成した。本日は、その橋を見学しに行ってきた。出来たばかりでしたがアーチが綺麗な橋で見事なできばえあった。目屋渓大橋の画像は、国土交通省東北地方整備局 津軽ダム工事事務所ホームページの岩木川ふれあい情報局取材日誌 平成24年度 第4回 目屋渓大橋開通式
http://www.thr.mlit.go.jp/tugaru/information/information_radio_vol54_2012.html
に掲載されているのでご覧頂きたい。

Sh360220 Sh360221 ついでに、橋のチョッと先にある乳穂ヶ滝のお不動様にお参りしてきた。駐車場と綺麗な公衆トイレが設置され、大変綺麗に整備されていた。駐車場の前には石碑のような案内板が設置されており、乳穂ヶ滝の由来が解説されていた。乳穂ヶ滝の前を流れる岩木川は昨日の大雨で川の水は褐色の激流となって流れていたし、通常はチョロチョロと流れ落ちている乳穂ヶ滝の水量も大雨で普段よりも勢い良く流れ落ちていた。半端でない滝の水量であった。

Sh360222 乳穂ヶ滝の水量が多いため、参道に飛沫が飛んできていたが、そこを登ってお不動様の祠まで歩いて参拝してきた。乳穂ヶ滝を後にして、遅い昼食を道の駅「物産センター Beech にしめや」の食堂で食べた。ラーメンセット650円は、普通サイズのラーメンにミニカレー(お茶碗サイズ)が付いたもので、醤油ラーメンとカレーとのバランスが絶妙で良い味をかもし出していた。家内は、暑いこともあり、ざるソバを注文していた。

Sh360226 Sh360223 食後、物産センターの販売品を見ながら、夕食用の食品などや乾燥させた薬草などを買って帰路についた。西目屋は弘前市からは約15キロと近いので、25分もあれば到着する。そのため、時々、買出しに出かけることにしている。

2012年7月16日 (月)

2012年、第三回目の津軽三十三観音参りは無事に結願を迎えました。

Dsc03284 Dsc03289 7月15日(日)の天気予報は、降雨率が100%とのことであった。午前6時半ころはバケツを引っくり返したような大雨であった。この分では過去30回のお参りで雨に濡れた事が無いというジンクスも今回は崩れてしまうだろうと思ったものである。しかし、午前8時頃からは小雨となってきたので、集合場所の大久保の神明宮に向った。勿論、雨具の準備は傘と合羽の両方を揃えての出発である。

Dsc03293 集合場所に着くころになると雨がほとんど気にならないほどの小雨になっていた。今回は22名の参加で22番札所(青森市の正覚寺)から33番札所(弘前市の山観)まで巡拝し、結願を迎えることにしている。青森市の正覚寺に着くころには曇り空となり、雨は全く降らなくなっていた。黒石の26番札所(法眼寺)まで、雨に当たることなくお参りする事ができた。

Dsc03300 天気予報では80%以上の確率で雨となっていたが、観音様の御加護のお陰だろうか、私達がお参りしている間は雨が降らなかったのである。だが、車に乗ると不思議な事に小雨が降ってくるのである。車から降りて納経を始めると晴れるのであった。しかし、27番札所(袋観音)からは傘を使用しなければならないほど降ってきたが、28番の広船観音からは雨が止んだのであった。結局、33番札所まで雨に濡れることは無かったのである。

Dsc03304 最終回は、観音様に「世界平和と日本の平和」、「地球を汚した人間の懺悔」、「九州地方の豪雨が収まるように」、「先祖の供養」、「家内安全、交通安全、五穀豊穣」、「震災の速やかなる復興」などと御願いしながらの巡拝であった。

全員事故も無く、雨に当たることも無く、無事に結願を迎える事ができた。次回は、9月15日の岩木山の朔日山で会おうと約束して解散となった。(津軽山岳信仰グループ)

★佐藤研究室 2012年7月15日、第三回目の津軽三十三観音参り(結願)

2012年7月12日 (木)

6O0CW(Somalia)からのQSLカードを受領しました。

Qsl588 Qsl589 本日は朝から雨が降っておりますが、5月に運用されたソマリア(Galkayo)からのQSLカードを受け取りました。14/18/21/24/28MHzのCW/SSBで交信できました。Diamond DXCCではイタリア領となっております。また、6O3Aはイギリス領に属しますので、昔のソマリアは2カントリーあることになります。

昨今はお空のコンディションが悪く、遠距離の短波通信は夏枯れ状態にあります。それに、たびたび地磁気嵐が発生して高い周波数が飛ばない日が多くなっております。こんな時は、シャックの整備、アンテナ周りの点検、V/UHF機の整備なんかするのが適当ではないかと思っております。

UHF/VHF機の背面に取り付けられているクーリングファンが、回転すると異音を発生するようになったので、取り外してファンのベアリングへ注油したり、付着している綿ゴミを取り除いて清掃したところ、快調に回転するようになりました。マイクコードも断線しかかっている部分があったので、そこの所はコードを切断してコネクタに接続し直して修理しました。

また、同軸切換器が接触不良になっておりましたので、分解して接点の板バネを研磨清掃して接触不良を直しました。点検すると色々とまずい点が出てくるので、適当なところで止めました。

津軽平野に恵みの雨が降っております。

朝から恵みの雨がシトシトと降り続いております。ありがたいことではありますが、降り過ぎないことを祈りたいと思います。気温は21℃で湿度が68%で、環境放射線は参考値ですが、0.031μSv/hです。気象庁も毎日各地域の環境放射線を温度とか風速みたいに発表して欲しいものです。

原子力半島がある青森県や原発が数基以上ある原発銀座を抱える県等に遠慮があって実現不可能でしょうし、放射線測定装置権益があって、ガイガーカウンターの販売や放射線関連測定器の販売などの邪魔をすることになるので駄目でしょうかねぇ。原発や核燃処理施設の付近にはモニタリングポストが設置されておりますが、事故があると停止することが多いので役にたちません。

青森県では、日本原燃のコマーシャルが流されておりますが、「放射性物質の測定」関連では、「測定現場に同じ場所は無い、毎回違う場所を調査測定している」という意味の宣伝がなされております。同じ場所は何回でも測定すべきでしょう。今日検出されなくても明日検出されるかも知りませんからね。

毎回違う場所で「泥や水や土壌」を採取していると言っておりますが、同じ場所も含めなければ見逃す恐れがでてきます。風による吹き溜まりがある場所を一回だけ調査して、あとは測定しないで別な場所に変えるのは、放射能汚染を見逃すことに繋がります。まったく、県民を馬鹿にしたコマーシャルであります。

●電事連と日本原燃:原発事故後に最多寄付 青森県に13億円
毎日新聞 2012年06月01日 02時30分(最終更新 06月01日 03時53分)
http://mainichi.jp/select/news/20120601k0000m040124000c.html

電気料金→電力会社→電気事業連合会・日本原燃→青森県という流れなのでしょうが、膨大な原発マネーが使われております。その一部がテレビコマーシャルとなっているのでしょう。日本原燃のTVコマーシャルの「我々には同じ現場は無い!」は意味深であります。(笑)

2012年7月11日 (水)

Hi-mound Auto Keyer UFO-001の取説を見つけた。

Uf001 書棚の奥から、昔使っていたHi-mound社のAuto Keyer UFO-001型の取扱説明書が出てきた。UFO-001の本体は処分して持っていないが、書棚の奥の隅っこに他の取扱説明書に挟まって残っていたのだった。早速、佐藤研究室の現用中の電鍵などのページに画像とPDFを追加掲載しておいた。この頃としては斬新的なデザインで気に入った自動電鍵の一つであった。電鍵を集める趣味がなかったために、多くの電鍵を処分したことを今になって後悔しているところである。

Dsc03278 Dsc03280 現在は、HK-103Zと自作のN9BQ C-MOS KEYER(1994年5月作製)を使っている。他はトランシーバー内臓のELE-KEYを使用してモールス通信を楽しんでいる。これからは、メーカー製の自動電鍵を買うことはないと思う。モールス通信は、漁業無線、官公庁の艦船、自衛隊関係しか使用しなくなってしまったが、趣味のアマチュア無線では最後まで残る通信方式であろう。

Dsc03281 モールス通信は、短点(0)と長点(1)を組み合わせた最も簡素なデジタル通信である。しかし、アナログとして発光信号などにも使われているから、デジアナ両方の特性を持っていることになる。複雑高度な通信システムがダウンした時、搬送波があれば相手に意思を伝送できるメリットはモールス通信以外にはない。

最近では、モールス符号(欧文、和文)を解析してディスプレイに表示させたり、キーボードのキーに対応したモールス符号も送信可能なパソコンソフトが出てきている。この場合はデジタル通信になるだろうし、符合を音に変換して耳で受信する場合はアナログ通信相当することになるであろう。デジタルとアナログの特性をもっているモールス通信方式をこれからも大切に守っていきたい。

2012年7月 9日 (月)

今日は梅雨らしく、雨が降ってジメジメした朝となりました。

今日は久々に梅雨らしく雨が降っております。気温は22.2℃ですが湿度が73%もあるのでジメジメした感じです。環境放射線は参考値ですが、0.042μSv/hでありました。

さて、夏枯れでしょうかアマチュア無線の遠距離通信はコンディションがイマイチであります。1A0C(SMOM)以来早起きはしておりませんが、珍しい局がでている気配が全くありません。早寝遅起状態を続けております。

Dsc03270 Dsc03271 また、庭に植えているイチゴが赤くなり始めると無くなっているので、注意して見ていたらカラスがやってきてついばんでいるのを発見しました。そこで園芸用のネットを被せてカラス対策を実施しました。カラスは頭が良いと言いますから、効果のほどはわかりません。

昨日までは毎日真夏日でしたから、雨降りでも今日は一息つけます。ホットしますね。室内が30℃を超すことが多いので大変疲れます。熱中症にならないように水分補給と塩飴をなめながらパソコンと無線機を操作しております。常時、ADSLモデムとLAN関係装置、無線機(VHF/HF)、デスクトップパソコンを動作させておりますから、装置からの発熱も馬鹿になりません。

それでも、汗をかきながら扇風機2台をフル稼働させて、室内に閉じこもって居ります。(^^;
夕食前に弘前公園へ散歩に出かけるまでは、室内にいることが多くなっております。運動不足にならないように注意はしております。

2012年7月 8日 (日)

ZS8MI(MARION),W0RJU/KP1(NAVASSA),3Y5X,VK0IR(HEARD),BS7H,PY0ZSG(ST.PETER)、高目になったQSL。

Qsl575 Qsl584_2 Marion Island. 1989-6-26 14MHz SSB で交信したが、この後は、なかなか電波がでないエンティティであります。CQ誌7月号のDX Worldによれば、2012年7月中旬にZS6RGV局による運用計画がある。また、2014年ころにも計画されていると言う。

Qsl581 P5(North Korea)についても、アメリカの局がNGOを通してライセンスの獲得に努力していると言われている。近い将来電波がでるのではないかと期待している。

Heard Is.2013年2月にはVK3FYグループによるべディションが計画されている。

Qsl582 Qsl583 いずれにしても、国際情勢が安定していないとなかなか欲しいエンティティからの電波はでてこない。DXCCアワードはあくまでもARRLが決めたルールによって運営されているため、ARRLの独断と偏見でノークレジットとなるDXべディションもある。

Qsl577 とにかく、出てきたらクレジット可否はべつとして、QSOしておくことに越した事は無いと思う。ノークレジットでもともとだと思えば腹も立たないし、あきらめもつくからである。

●要求度の高いエンティティのQSLカード
http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/wanted10.htm

2012年7月 7日 (土)

P5(D.P.R.K:Democratic Peopile's Republic of Korea:North Korea:朝鮮民主主義人民共和国/北朝鮮)から電波がでるか?

Qsl572 P5(D.P.R.K)から近く電波が出るかもしりません。もし、出るようになれば2002年にオンエアしたP5/4L4FN局以来となります。

★North Korea P5
http://dxing.at-communication.com/en/north-korea_p5/

During the past 6 years, I have had more than 50 cordial telephone conversations with D.P.R.K. personnel seeking official permission to operate from P5. Along with email proposals and discussions in this matter, substantial efforts have been made to obtain a P5 license.

6年間もの間、NGO関係の業務を通して、P5と50回以上も電話連絡を取ったり、電子メールで接触をして良い関係を暖めて来たようですね。それもP5のライセンスを得る為だったようですが大変な忍耐と努力に驚嘆しております。10年間もP5エリアからのオンエアがないとウオンテドエンティティのトップになってしまっております。

勿論、当局もP5(D.P.R.K:Democratic Peopile's Republic of Korea:North Korea:朝鮮民主主義人民共和国/北朝鮮)を一つ残すのみなのです。現在、ARRL DXCC Awardでは340エンティティのうち339Enteitiesをコンファームしております。出てきてくれればいいなぁ~と思う毎日です。

2012年7月 6日 (金)

弘前市楢木地区で竜巻の家屋被害が43棟から63棟に拡大した。

弘前市の楢木地区の隣の鬼沢地区でも竜巻の被害があり、被災した家屋が43棟から63棟に増えました。しかし、今日の朝の調査でしたから、こんご調査が進むとまだまだ被害が拡大しそうであります。

★弘前の突風、建物損壊63棟に (東奥日報)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2012/20120706131431.asp

(引用開始)
内訳は住家の半壊2棟、一部破損28棟、非住家が小屋の全壊6棟、一部破損20棟、車庫の一部破損7棟。このほか車両7台の破損が確認されたほか、倒れたリンゴの木も65本に増えた。精査の結果、5日時点のまとめから被害程度が変わった建物もある。
(引用終了)

弘前市長が楢木地区の被害状況を視察、また、気象庁の青森地方気象台の職員が7名が鬼沢地区と楢木地区の被害は竜巻によるものか、突風によるものなのかの調査に入っていということでした。

私の所も昨日の夕方ころに、雷が盛んに鳴り出したので、もしも誘導雷や落雷があっても被害をできるだけ軽微にするため、無線装置からアンテナの同軸ケーブルを全て外しておきました。

稲妻の閃光がはしるたびにビクビクしておりましたが、何も被害がなかったので安心しております。弘前の駅前などに落雷があって停電した報道されております。私も5年ほど前にアンテナのタワーに落雷があって結構な被害を受けました。本当に雷は怖い物です。

昔から、「地震、雷、火事、・・・」と申しますが、何時の時代も最後のオヤジを除いて怖の順番は変わりませんね。これに追加するとすれば「津波」でしょうか。eye

2012年7月 5日 (木)

1A0C is QRT now, Thank you very much for nice contact!

Dxscape 1A0C(SMOM)は、本日の05:48UTC(14:48JST)を持って運用を停止しました。多くのニューを世界中のアマチュア無線家に与えてくれて、本当にありがとうございました。当局もバンドとSSBでnewとなりました。

でも、日本時間では午前様がつづき、寝不足が続いた数日でしたが、十分に楽しむ事ができました。7月1に出てきたころは信号が弱くてどうなる事かとおもいましたが、次第に良くなって安心しました。また、いずれ交信したいとおもいます。1A0Cのメンバーの皆様大変ありがとうございました。 73!

1A0Cと3BandでQSO、ようやく雨が降ってくれましたが、洪水警報もでております。

17日間もまともな雨がなかったのですが、今朝は雷をともなった豪雨となりました。もう少し降ってほしいのですが、今のところ雨が止んで曇り空となっております。しかし、アベック低気圧が津軽海峡付近を通過していくのでこの後も雨が降るでしょう。

たった今、津軽地方に大雨、洪水警報がだされました。今のところ恵みの雨となっておりますが、今後の雨量が半端ではないようなので心配です。今日の環境放射線の値は、参考値ですが、0.036µSv/hでした。

1a0c41 さて、マルタ騎士団、1A0C(Sovereign Military Order of Malta)は本日の午前9時までの運用となりましたが、当局は3バンド(14/18/21MHz)で交信する事ができました。SSBで3回、CWで1回交信しました。10MHzで交信できなかったのが残念です。でも、この程度QSOできれば良しとしなければなりません。早速、SASEをIA0Z局あてにドネーションを含めて送りたいと思います。

しかし、1A0Cを追いかけて寝不足になっております。今日も、午前2時半に起きて14195kHzを聴取しましたが、UP5kHz~20kHzではとてもと思い寝てしまいました。次に目覚めたのは、午前5時50分になっておりましたが、すぐにNA(北米)指定となってしまったのです。

それで、14200~14205kHz付近を聴取しましたが、北米の局はあまり呼んでおりません。これまで多くの局が交信済みとなっているためでしょう。その内にJA2エリアの局が14205kHzで呼んで交信できたので、当局も心苦しいのですが、大陸指定無視で呼んだところ交信する事ができました。その後、次々にJAの局が交信できておりました。

2012年7月 4日 (水)

ARRL DXCC Award Credit Slipを2ヶ月ぶりに受け取りました。

Hrdxcc 5月17日に受理されていたARRL DXCCの追加申請が処理され、本日、無事にCredit Slipを受け取ることが出来た。申請から約二ヶ月での受領は早い方だと思っている。1978年に初申請して以来、34年でDXCC AwardはMIXで 339/353、PHONEで 327/339となった。

Phoneのオーナーロールまでは、4エンティティ足らないが何とか今年中にコンファームしたいものである。3エンティティは交信済みでQSL待ちである。QSOできそうでSSBで交信出来ていないのが、4U1UN(UN HQ)、CY9(Saint Paul)、H40(Temotsu),T33(Banaba)である。あと1つSSBで交信できればよいのだが・・・。

今日も暑い、一雨欲しいところだが、降るような気配がない。逆に九州は降り過ぎだ。

津軽地方は毎日真夏日で雨がほとんど降っていない。本格的な雨が降らなくなってから17日程度経過しているが、田圃も畑も雨が降って欲しい状況にある。今後もしばらくは一時雨との予報だが、十分な降雨は期待できない。逆に、九州はどうなったのだろう。台風を含めると連日の降雨で被害が出ている。

★九州豪雨、1人死亡1人不明 4日も警戒呼びかけ
大分・日田で浸水2800戸(日本経済新聞 2012/7/4 0:32)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASJC03034_T00C12A7000000/

これは何かの恨みではないのだろうかと思うくらい、良く雨が降っている。宮崎ではかつて口蹄疫で相当の牛が殺された。その後、鳥インフルエンザで大量の鶏が殺された。病気にかかった牛も鶏も、病気にかかっていなかった牛や鶏もである。それと関係は無いと思うが、2011年1月、鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島連山の新燃岳が52年ぶりに噴火。2011年3月11日には東日本大震災が発生し、多くの人たちが津波に呑み込まれた。

その流れで、殺された動物達の「敵討ち」が九州全体に豪雨という形で現れているのではないのだろうか。宮崎県での口蹄疫、鳥インフルで多くの牛や鶏が殺されて以来、豪雨による洪水、掛け崩れ、土砂災害が続発している。まぁ、そんな事はないだろう、偶然に気象がそうなっているだけで家畜たちの「仇討ち。敵討ち」などがあるわけが無いと言われれば返す言葉もないが・・・。

それにしても暑い。現在の室内気温は28.8℃となってしまった。空は晴れて太陽がサンサンと照っている。弘前公園にチャリを踏んで行って涼んでこようと思う。では!

2012年7月 3日 (火)

1A0C(Sovereign Military Order of Malta)と未明に交信できた。

1a0c 本日(日本時間の3日、午前0時50分)にIA0C(SMOM)と交信できた。さすがに眠かった。まずは、21028.5kHzの電信(CW)でQSOし、午前1時49分に18145kHzの電話(SSB)で交信できた。

前の晩に早めに就寝、目覚めたのが午前零時を少し廻ったところであった。DXクラスタは21メガの電信がアップされていたので早速挑戦してみた。しかし、ヨーロッパの局が壁となってなかなか交信でしなかった。それでも相手局が良く取っているスプリットの周波数を見つけて、その付近でしばらく呼んでいたところ、応答があったのである。

次に、18145kHzの電話で出ていることが分かったので、ジャミングみたいな混信がある中、UP5~10kHzで呼んでいたが、全く歯が立たなかったのある。そのうち、相手局が18160kHzでアジアを指定してくれたので、その周波数で呼んでようやく取ってもらったのであった。私との交信が終わってからはオープン戦に切り替えていた。ギリギリでの交信であった。

Qsl571 午前2時に再度床についたがなかな眠る事ができなかった。一応、1A0Cは18メガのSSBがバンドとモードでニューとなったので、後は4日までに10メガ14メガと24メガの何れかのマスを埋めたいと思っている。
左の画像は、1994年7月5日に14MHzのCWで交信したときのQSLカードである。

2012年7月 2日 (月)

YJ0VK(Vanuatu),XV2W(Vietnam),A61BK(UAE)のQSLカードをコンファームした。

Qsl566Qsl570  今日の午前中は、メタボの薬を貰うために五所川原しまでドライブを兼ねて検診をしてきた。歯の検診は先週終わったので口の中は快適である。この歳になるとメンテナンスの回数が多くなってしまう。まぁ、長年酷使してきた身体だ、使用部品が壊れたり、故障するのは仕方がない事ではある。現在の気温は25℃と予想に反して低めであるが、湿度が高い(65%)ため、体感温度は昨日とあまりかわらない。

Qsl567 さて、五所川原から帰宅したところ、3通の航空便が着いていた。アラブ首長国連邦(UAE)、ベトナムとバヌアツからの交信証であった。
★YJOVK(Vanuatu)
2012-04-24 06:16UTC 17m/CW, 2012-04-29 09:05UTC 10m/RTTY
★XV2W(Vietnam) 2012-05-1109:40UTC 15m/RTTY
★A61BK(UAE) 2012-06-15 07:34UTC 15m/CW

Qsl568 Qsl569_2 昨日から、マルタ騎士団(SMOM)が出ているようだが、まだ交信していない。日本時間の午前2時頃がよさそうなので今日は狙ってみたい。昔、1A0KMと交信したことはあるが、1A0CはSSBで欲しいエンティティである。

暑いです。30℃超えが続いております。政治は混乱の極みであります。

Dscf90061 Dscf90141 本日も気温が30℃を超えるだろう。もう大分雨が降っていない。それでもこの冬の豪雪のお陰なのだろうか、雪融け水で水不足にはなっていないようだ。昨日は、青森市の孫内にある淡島神社に娘の安産祈願に行ってきたが、日曜日だけあってか国道(7号線)沿いのあちらこちらで催しが開催されていた。

Dscf90131 弘前地方はリンゴのてき果作業、田圃ではあぜ道の草刈作業が盛んに行われている。ネプタ祭りまで一ヶ月、ロンドンオリンピックと時期がかさなるが、どちらも賑やかなことになるだろう。本日の環境放射線は参考値であるが、0.036μSv/hである。福一の4号機の燃料棒貯蔵プールに問題がありそうだ。気をつけてモニターをしたい。

さて、原発再稼動実施(原子力族の勝ち)、震災復興後回し(除染族の勝ち)、消費税率引き上げ(官僚族の勝ち)、オスプレー配備(防衛族の勝ち)等々、国民の意思に反して権力側の常勝が続いている。マスコミは体制側に付き偏向報道をつづけ、犬HKは「大本営発表」を再現している。それを止める事ができない日本があり、無関心な日本人が少なからずいる。

アメリカの占領以来、日本はアメリカの良いように利用されてきた。それを少しでも止められるとしたら、選挙民の意識改革が必要であろう。選挙で当選するためには、「ジバン(地盤)、カンバン(看板)、カバン(鞄)」、それに地元への利益誘導だけで選挙をやっている内は不可能であろう。首相官邸前で毎週金曜日にデモが実施されているが、それはそれで何らかの影響があるだろうが、それ以上に大切なのは選挙時の立候補者の選択にあると思うのである。

若者の職業教育制度の崩壊、若者の就職難、不安定雇用(派遣労働)、終身雇用の崩壊、医療・介護・福祉などの社会福祉制度の後退、年金給付の引き下げ、震災復興の遅れ、政治の混乱、これでは日本国が衰退するばかりである。アメリカの言いなり政権(傀儡政権)が戦後長く続いているが、ぼつぼつ、何か手を打たなければ取り返しのつかない状態に陥るのではないのだろうか。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30