フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

今日で1月も終わりですが、一ヶ月が過ぎるのが早く感じられます。

Dsc03624 一月も今日で終わりになりますが一ヶ月の経過は早いものです。弘前の天気は曇り後晴れの天気で気温は3℃で積雪深は95cmでした。降雪量は約5cm程度でしたが、次の降雪に備え雪かきをして雪置き場を確保しました。現在、気温が上がっているので降った雪もどんどん融けることしょう。環境放射線の値は参考値ですが、0.028~0.032μSv/hを表示しておりました。

今日も除雪車はきませんが今頃来てもらってこまるのです。来ると除雪車がアスファルトが見えるまで道路の氷状態の雪を削って玄関前に置いていくため、硬く重い雪の塊を片付けるのに苦労するからです。降雪があって直ぐに除雪してくれる場合は、玄関前の雪の塊も軟らかく片付けやすいのですが、氷状の塊ではスコップで砕くなどしないとなりませんから処理に困ってしまうのです。

さて、テレビでは故元横綱大鵬の告別式が報道されておりましたが、私も「巨人・大鵬・卵焼」の一人であります。昭和の大横綱がお亡くなりになった事に対して、心からご冥福をお祈りいたします。柏鵬時代の相撲に比べると、その後の角界は不祥事続きで相撲内容もイマイチであります。早く日本人の横綱が出て欲しいものです。

同じ頃にNHKでは国会中継が放送されておりましたが、小学生の学芸会を見ているようで興味がわきません。あらかじめ、質問と回答が分かっているような国会討論は無意味でありましょう。もっと議員定数を削減し、少数精鋭主義で丁々発止の討論を期待したいものであります。

また、柔道女子のトップ選手15人から暴力とパワーハラスメントで告発された園田隆二代表監督を全日本柔道連盟は記者会見で、戒告処分で園田監督を続投させる方針だと言うことですが、続投させてもこれだけの不祥事を起こした監督と選手達が今後上手くやっていける訳が無いのは分かりきったことです。その後の報道では園田監督が辞任の意向であるということですが当然のことでしょう。

日本柔道連盟も古い体質から抜け出せないで居るのではないのでしょうか。同じ国技でも日本相撲協会では八百長問題が発生し、いろいろと相撲の組織改革をして出直しをしましたが、柔道連盟も同じ様に今回のパワハラ、暴力問題を良い機会として、内部に溜まった膿を出し、体質の改善を図って欲しいものです。

2013年1月30日 (水)

弘前の積雪深は101cmになりました。それでも除排雪車は来てくれません。

20130130 今朝は15cmの降雪がありました。弘前のアメダスは101cmを記録し、とうとう弘前は積雪が1mを超えてしまいました。それでも除雪や排雪には来てくれません。どうなっているのでしょうか。昨日は20cm、今日は15cm降っておりますが2日連続して除雪車が来ないのです。異常としか言えない状態にあります。どこか自治体の除雪システムが狂ってしまっているのでしょうか?

仕方なく、敷地内に雪を置く場所がないために、距離が80mもある遊歩道まで雪を捨てに行っております。2日連続ですから疲れがどっと出ております。腕や腰の痛みも次第に強くなってきました。前期高齢者にとっては重労働となっております。80歳以上の世帯は玄関から出入りできるだけの幅を確保し、雪を玄関の両側に積み上げたままにしており、道路幅が次第に狭くなってきております。

これだけ雪が多いのに2日も除雪車が来ないのは狂っているとしか思えないのですが、明日当たり除雪に来るといよいよ雪のやり場がなくなります。排雪しなければ雪を置く場所がありません。どうか、城西団地地域に除排雪においでください。弘前市道路維持課の皆様どうか宜しくお願いします!m(_*_)m

アマチュア無線の方は雪かきの重労働で疲れすぎてしまって趣味を楽しめる状態にはありません。降る雪でスノーノイズが発生し、受信していても信号がノイズでマスクされて聞こえなくなってしまいます。まだまだ冬将軍が頑張っているようなので、しばらくは無線の方も開店休業状態になってしまいそうです。

2013年1月29日 (火)

7P8D(Lesotho)からの交信証をゲットしました。今日の降雪量は約15cmでしたが除雪車は来ませんでした。積雪深は95cm!

20130129 天気は雪のち晴れ時々曇りの天気であります。気温は0.6℃で環境放射線の値は参考値ですが、0.028~0.032μSv/hでありました。雪が降らないときに来た除雪車は、本日は15cm程度の降雪なのに来ませんでした。除雪業者が忙しくてこれなかったのでしょう。明日当たり降雪が無い日には来るに違いありません。降らないと暇ですからね。(^_^;)

仕方が無いので自宅から80mの距離がある遊歩道まで雪を捨てに行くことにしました。今日も10回往復しましたから、1600m歩いたことになります。散歩がてらの雪捨て作業だと思えば気になりません。弘前のアメダスは積雪深が95cmを記録しておりました。いまだに排雪されておりません。おそらく4億円の除雪費を追加しても住宅街まで排雪する予算が無いのでしょう。

Img027 もう排雪をしなければ限界に達しているのに、弘前市側は例年の倍以上の降雪があるのに除雪をする気は無いようです。市民税を返せ、税金泥棒、往来妨害罪の元締めと叫びたいのであります。弘前城雪燈篭まつりの準備の方が忙しいのでしょうね。市民が雪に喘いでいるのに知らん顔をしているのが気になります。

さて、アマチュア無線の方ですが、アフリカのレソトからのカードが届いておりました。OQRSで3$支払ってコンファームしたものです。7P8D(Lesotho)とは2012年11月29日に24MHzのCWで交信したものです。バンドでニューとなりました。QSLマネジャーは南アフリカのZS2DL局でした。

2013年1月28日 (月)

昨日は弘前おもちゃ病院の定期開院日でした。The Christmas MICKEY'S MARCHと言う鐘を打って音楽を奏でるものを修理。

昨日は弘前おもちゃ病院の定期開院日でした。午後1時半からのスタートでありましたが、私が1時半に会場に到着したときは既に満員の状態で修理が始まっておりました。直前まで雪かきをしておりましたので数分遅刻してしまいました。最近の子供達は修理ドクターと一緒になって修理に参加し、自分なりに考えながら今まで使ってきて故障した状況をドクターにアドバイスしたり、分解を手伝ったりしておりました。

Sh360282_2 さて、私が修理を担当したのは、「The Christmas MICKEY'S MARCH」というもので、ミッキーマウスの仲間達が吊り下げられた鐘を手に持ったハンマーで叩いて音楽を奏でるもので、ハンドベル演奏みたいなおもちゃでありました。依頼者の話によると左上の奥にある鐘を打つ犬が動かないと言うことでした。早速、動作を確認したところ、鐘を打つ力が弱いために音が出ない状態にありました。

そこで、取り外して直流モーターを点検した所、回転が弱いことが分かりました。すぐに潤滑油を回転軸に注油して回転の改善を図ったのですが、回転トルクが少し強くなってだけで打音がでません。次に、モーターの回転ブラシが見えるモーターだったので、ブラシを整流子にもう少し強く接触するように調整し、そこに接点復活剤を細い針で塗布しました。

その結果、回転トルクが正常になり、調子よく打音が出るようになりました。故障の原因は、直流モーターの回転ブラシと整流子の接触不良と言うことで、しばらく連続動作させたところ、潤滑油も浸透して滑らかな回転をするようになりました。音楽も数十曲演奏できる物で大変よく出来たおもちゃだと思いました。

Dsc03630 次は、宿題で持ち帰った入院した修理品で「SEIKO 漢字字典」であります。故障状況は電源が入らないと言うことでした。電池は単三乾電池が2本でしたが電圧は正常で液漏れもありませんし、電池ケースも異常がありませんでした。
そこでケースを分解して基板を点検したところ、電源フィルターの役目をしているコイル(101K)が断線しているのを発見しました。平成15年製の漢字字典なので手持ちの同じ部品はありませんでした。

Dsc03632_2 でも、無線機の電子回路用にRFC(高周波チョークコイル)の102(1mH)の手持ちがありましたので代用して見ました。その結果、電源が入るようになりました。しかしながら、液晶ディスプレイ(LCD)のドット抜けが酷く表示される文字を判読しなければなりませんでした。
LCDのパネルを押したりするとドット抜けの位置が変化する所を見れば基板とLCDを接続するパターンのどこかが接触不良になっているのでしょうが、修理が難しい部分なのであえて修理しませんでした。それでも無理すれば表示文字は判読できますから、使えない事はないと思います

Dsc03629 Dsc03634 もう一つ持ち帰った修理品は「FIBER OPTIC SNOWMAN」で、故障はACアダプターのコードが根元から断線してしまったということでした。そこで、根元にある蛇腹状のコード保護のための部分を2cm程度切断し、ACアダプターの根元から2cm程度コードを露出させることができました。その部分に切断されたコードを半田付けし、ヒシチューブで絶縁とシールドを施して修理を完了させました。

以上でしたが、毎度いろいろな修理品を担当することが出来て大変楽しめました。午後3時半には修理をやめ、反省会をして午後4時半頃には帰宅しました。今回は28件の修理依頼があり、即日修理完了が17件、入院が11件となりました。修理ドクターが12名、ナースが3名の人員で無事に定期開院を終わることができました。3月には岩手県の野田村への出張修理があります。楽しみであります。

今日は天気が晴れて太陽光線がまぶしい一日となりました。日の光はありがたきかなです。

Dsc03622 Dsc03623 今朝は太陽光がまぶしくよく晴れた天気となっておりました。現在の気温は1℃ですが毎日氷点下でしたから、1℃でも暖かく感じます。雪片付けは大分進みまして庭にも路肩にも雪を積んでおくスペースを確保することができております。環境放射線の値は参考値ですが、0.026~0.033μSv/hとなっておりました。

Dsc03627 Dsc03626 岩木山は7合目から上が雲に隠れており、頂上は見ることができませんでしたが、久しぶりに岩木山を眺めることができましたし、太陽光にあたるのも久しぶりな事になります。こんな天気が続けば積もった雪も相当融けると思うのですが、週間予報によれば曇ったり雪が降ったりの天気が続くようです。でも、大雪にはならないと思っております。

Dsc03625 2月下旬からは弘前公園の桜の開花予想を開始したいと思っております。昨年は4月27日に開花宣言が出されましたが、今年も似たような日になると思います。つまり、4月25日から27日の間に開花するのではないかと思っている所です。

2013年1月27日 (日)

弘前市の積雪深は86cm、本日は2cmしか降雪量が無いのに除雪車が来た。

昨日は20cmも雪が降ったのに除雪車はきませんでしたが、今朝は2cm降っただけで除雪車が要らない雪を玄関と勝手口前に置いて行きました。来なければ雪かきをしなくても済んだのに余計な事をしてくれるものです。雪が多く降った時は忙しくて来れないのでしょうし、少し雪が降っただけだと暇なので2cmの降雪でも仕事ほしさに走り回っているようですeye

青森市みたいに弘前市が除排雪の判断をすべきでしょう。弘前市の道路維持課は業者に丸投げしているようで、業者の都合だけて除雪にきたり来なかったりしているようです。もっと市役所職員は市内を巡回して積雪の状況を把握していて欲しいものであります。給料は当たり前に貰って、仕事はそこそこではいけません。聞く所によると弘前市役所では事務的なミスが多くなっているそうです。公僕の自覚がないのでしょう。(渇)shock

昨日みたいに雪が大量に降っても除雪車は来ない。今日みたいに2cmの雪が降っただけて除雪車が走り回る。この原因は業者の都合だけでありましょう。そして、玄関と車庫前に大量の雪の塊を置いて、家人と車が出入りできないように閉塞して、往来妨害罪(刑法124条)を犯している。日曜日の朝ぐらいゆっくりしたいですが、除雪車が要らない雪を置いていくために雪かきせざるを得なかった。angry

自治体から除雪を委託されている業者もTPO「Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)」を考えて欲しいものです。除雪が不要な日は不必要な除雪をしないようにお願いしたいものであります。土日は通勤しているサラリーマンはゆっくり休みたいのですから、除雪業者の気分や都合で除排雪を勝手にやっていただいては困るのですpout

2013年1月26日 (土)

弘前市の積雪深88cm、本日は除雪車がきませんでした。道路に雪があふれておりました。

昨夜から朝方まで降った雪は20cmに達しました。アメダスのデータでは積雪深が88cmとなっておりますが、依然として平地では弘前市の積雪がトップでありました。気温はマイナス4℃で天気は曇り後晴れ、ときどき雪となっております。環境放射線の値は参考値ですが、0.037μSv/hとなっておりました。snow

午前9時半からお昼まで雪かきをしておりましたが、敷地内はいっぱいになってしまったために、市営住宅と三丁目の間にある遊歩道(距離80m)まで雪捨てに行っております。皆さんが雪捨てをしておりますから、相当の高さに雪が積み重なっておりました。それでも、捨てる場所があるだけ良しとしなければなりません。sad

しかし、前期高齢者にとっては結構な労働量となっております。往復で160mを歩いたことになり、10回雪を運ぶと1600mの距離を歩いたことになります。この距離は自宅から弘前公園の西堀まで1000mの距離がありますが、往復で2000mですから400mの差があるだけになります。下手な散歩よりも運動になることはたしかですが、疲労度も倍増であります。despair

弘前市ではまだ小路の排雪はしてくれません。幹線道路や通学路が優先で住宅地の道路までは排雪が回って来ません。除雪だけで済ましておりますが、もうとっくに限界の積雪量となっておりますから、雪による被害や交通事故が起きる前に排雪をしていただきたいと思っております。今日は大雪だったのですが除雪車は来ませんでした。eye

決まった時間に10cm以上降らないと除雪車が出動しないようですが、その後で大量の雪が降っても出動しないということでしょうが、正にお役所仕事の典型ではないでしょうか。道路にワダチができて車が交差できなくなっておりますが、今日は土曜日で明日は日曜日なので無理して除雪車を出さなかったのかもしりません。shock

除雪の予算が毎年不足することは分かっているのに、予算が無いから排雪は無理というのは役所側の理由でしょう。ある分の予算で除雪するのであれば誰でもできます。そこを何とかするのがお役人様の役目でありましょう。なんにしても、道路維持課の職員と委託された業者の意思疎通を十分にし、住民が不便を感じないような、高齢者に考慮した、住民に優しい除排雪をしていただきたいと思っております。delicious

2013年1月25日 (金)

今朝の弘前はミゾレが降っております。

本日は朝からミゾレが降り続いていますが、午後から雪に変わり明日まで降り続くとの予報でした。積雪は40~50cm程度になるだろうとのことでした。4日程度雪が降っていなかったのでこれまで溜まっていた路肩の雪を片付け終わっていることで、空きスペースが出来ています。これから降る雪はそのスペースに積み重ねておくことになります。まだまだ雪との戦いが続きますが、体調と怪我に注意して雪かきをしたいと思っております。

今朝の気温は零℃、天気は雨時々ミゾレ、環境放射線の値は参考値ですが、0.033μSv/hとなっておりました。弘前のアメダスによる積雪深は78cmまで下がっておりますが、県内の平地での積雪深の中では、ありがたいことでは有りませんが、いまだにトップを続けております。

せっかく家周辺の雪を片付けても、片付けた部分に除雪車が山のような雪を置いて行きますから、直ぐにもとの状態に戻ってしまいます。除雪車が玄関前に雪を置いて「閉塞」することは刑法の「往来妨害罪」に該当するのですが自治体がやる分については犯罪にはならないのでしょうか。除雪車が車庫前に雪を置いて閉塞(へいさい)すると、その雪を片付けないと車がでられないし、玄関前では住民が出入りできません。

おかしい事に、除雪車が玄関前に置いて行った雪の塊を道路に出すと、出した人が道路交通法や刑法などで罰せられると言うのは理解できません。地方自治体は、車庫前や玄関前に除雪車が置いて行った雪の塊は、毎戸で片付けなさいと言いますが、片付ける場所が無い場合や高齢で対処できない場合はどうなるのでしょう。また、毎戸で処理しなさいと言うのであれば、スノーダンプで押していける範囲内に共同の雪捨て場を設け、その場所を定期的に排雪するようにしてから、毎戸に雪方付けをお願いするのが当たり前なのではないでしょうか。

ゴミの収集も場所を指定して、10軒程度の家庭ごみを積み重ねておいて、週に数回ゴミ収集車が持って行ってくれますが、それと同じ事を雪捨の場所を指定して、雪がいっぱいになった頃を見計らって排雪するようにすれば、住民も行政も助かるのではないのでしょうか。これまで同じ方法で除排雪しておりますが、少子高齢化を迎えてしまった現状を考えて新しい方法を取り入れるべきではないのでしょうか。

もちろん、土建業者に除雪を依頼するわけですが、除雪に参加する業者の重機保守に対する補助、自治体が所有する重機の貸し出しなどの支援をすべきだろうし、除雪がペイするような除雪費の支給額アップも必要でしょう。その上で、業者の除雪技術の向上と降雪量を見て臨機応変に除排雪できるような体制の確立も必要なことです。

2013年1月24日 (木)

幹線道路を排雪してくれるのは良いが分離帯に積むため雪の壁で右折時に危険だ。

Dsc03613 Dsc03614_2 この所、3日程度雪が降らずに小康状態が続いています。お蔭様で路肩の雪も大部片付きました。今日の午後からまた大雪だとの注意報がでております。3日間片付けて雪置き場が少し確保できているので、降った雪は片付けて空いたところに積んでおく予定でおります。連続して降られると参ってしまいますが、降雪がない日があって間隔をあけて降ってくれる分には何とか対処できております。
(画像左:城西団地の幹線道路で排雪された分だけ広くなった。右は中央分離帯に積まれた排雪された雪の壁です。右折する場合障害になります)

Dsc03618Dsc03616  弘前地方の朝の気温は氷点下7℃でしたが、現在は2℃程度まで上昇しております。天気は晴れたり曇ったりで、環境放射線の値は参考値ですが、0.028~0.038μSv/hの間を上下しております。昨日も今日も幹線道路の排雪は行われておりますが、小路や裏通りや住宅地の道路の排雪は行われておりません。いずれ、除雪の予算を使い切ってしまうでしょうから、住宅街までは当分排雪には来ないでしょう。
(画像左:反対側の車線も広くなったが、分離帯に2m高さの雪の壁。右の画像も幹線道路2車線が1車線半程度広くなっている)

Dsc03621 今日も2時間程度の雪かき作業をしましたが、だんだん腕とか腰の筋肉痛が酷くなってきました。スノーダンプを押す回数が多いためか、親指の内側にタコができております。スコップや雪かき道具を握る回数が多いことから、両手の親指のタコが目立つようになっております。雪国に住む者としての宿命なのでしょうか。嫌だったら南の雪が降らない地方に移住するとか、冬期間だけ南の雪が降らない場所にアパートを借りるとかすれば良いのでしょうが、いろいろな付き合いや家を雪から守る事などを考えるとおいそれと行かないのが実情です。
(画像は城西団地の市道(小路)ですが、路肩に積まれた雪の為に車が一台しか走行できない6m道路です)

Dsc03619 城西団地では、昨日が児童公園の排雪、今日は幹線道路の排雪をしております。片側2車線の幹線道路は1車線になっておりましたが、排雪して道幅が広くなった分の排雪は、中央分離帯には山のように雪が積まれておりますから、車が右折するときに雪の壁で左から走行して来る車が見えなくなって、大変危険な状態なのです。交差点に雪の壁を故意に作っているように見えます。交差点は見通しを良くするために、雪の壁を低くしてもらいたいものです。
(画像は幹線道路から岩木山の方向を写したものであります)

2013年1月22日 (火)

弘前市へ城西3丁目から雪の苦情が行ったのか、児童公園の雪の山を排雪していた。

Dsc03608 今日は曇り後小雪でありました。気温は零℃で環境放射線は参考値ですが、0.039μSv/hを表示しておりました。弘前市の積雪深は依然として81cmとなっており、青森市の74cmを超えております。どうしても今年は弘前方面に雪が多く降っているようですが、いまだ排雪する気配がありません。住宅街まで排雪が来るのはずっと先の話のようです。(画像は公園内を排雪作業中の城西三丁目児童公園前:10日ほど前もこの道路の排雪をしていた。道路の突き当たりにイオンモールがあるためか。)

Dsc03606_2 それでも毎年恒例の「弘前城雪燈籠まつり」の準備は、住宅街の排雪をよそに岩木山麓から弘前公園に雪を運び込んで着々と進んでおります。それはそれで結構なのですが、住宅街の排雪作業も平行してやっていただきたいものです。市民の生活が雪の為に不便になっている状態を放置して、観光のための雪燈籠まつりを開催しても盛況とはならないでしょう。毎年同じようなことをしておりますが、改善する様子は更々ないようで違和感があります。(この児童公園に付近の住民は雪を捨てている)

Dsc03607 弘前市城西団地の三丁目の児童公園の雪捨て場も限界になっておりますが、漸く、本日排雪しておりました。市営住宅と三丁目の間にある遊歩道も捨てた雪でいっぱいになってしまいました。自治体が委託した除雪車が個人住宅の玄関前、車庫前に雪の塊を置いていくのであれば、その雪を捨てる場所を30m以内の範囲に確保し、住民が徒歩でスノーダンプを押して雪を捨てれるようにすべきでしょう。その上で「各自の玄関前の雪の塊は何処どこの場所に捨てて処理してください」であれば住民の協力が得られると思います。(画像は、ホイールローダーが公園内に2メートル以上に積みあがった雪の壁を崩していた)

Dsc03609 さて、アルジェリアで発生したアルカイダのテロ組織による人質事件では、残念ながら10名の日本人が殺されたり、行方不明になってしまっていると報道されておりました。亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。合掌!
新聞報道にもありましたが、あらためて日本政府の危機管理の無さ(弱さ)が露呈してしまいました。尖閣諸島での中国の領海と領空侵犯に関しても、竹島問題でも原発の安全管理についても、震災復興にかんする危機管理についても様々な面でその対応のまずさが目立っております。(画像は、待機中の弘前の排雪専用運搬車)

Dsc03612 今回のアルジェリアでの人質事件の情報収集でも、政府専用機を派遣して日本人を早期に救済する事に関しても、いつもの様に後手後手に回っておりました。そこで、これを機会に自衛隊機を事件が発生した現地に派遣できるように自衛隊法を改正する動きがでてきましたがもっと早くやっておくべきだと思いました。以前、イラク戦争が発生したときに、イラク在住の日本人(約215名)を避難させることが出来ず、トルコ航空に依頼して危機一髪で救出した前例があったのです。このときに自衛隊法を改正して置くべきだったと思っております。(画像は、城西三丁目の市道から児童公園を見たもの)

参考:「かつて日本は美しかった」~日本人を救出せよ~ トルコ航空決死のフライト
http://d.hatena.ne.jp/jjtaro_maru/20120412/1334232564

しかし、アルジェリア政府は、お国柄か人命よりも石油精製施設を守る方が大切だと判断しての強行突入となったようです。ネット情報や新聞報道によればゲリラ達は日本人技術者を狙って銃殺していたようだと報道されていました。「ドアをあけろ!」とテロ組織の傭兵が北アメリカ訛りの英語で叫んでいたと言いますが、もしもそうだとすれば、その後ろにはアメリカの情報組織が絡んでいることも考えられます。

その目的が日本の自衛隊法を改正させるためのヤラセだったと言うことであれば違和感がありませんし、北アフリカにおける日本の石油権益を抑制するためだと言うことであれば、なおさら納得できるのです。尖閣の海底油田も対中国のトラブルで手が出せませんし、さりとてロシアのサハリンのガス田からの液化ガスの輸入もアメリカによって差し止められております。

つまり、アメリカ資本、英国資本の原油やガスを日本が買わざるを得ないようにしているのではないのかと思うのです。太平洋戦争が始まったのも米英によって日本への原油と鉱物資源の輸送ができないようにされてたのが原因でした。いずれにしても、日本独自で油田やガス田を開発し、それを属国の日本国内で消費されることはアメリカにとって非常に不都合な訳であります。国連の敵国条項がなくならないのも日本が怖いからなのでしょうか?

2013年1月21日 (月)

久しぶりの晴天で雪かきに追われた。DXCC/Phoneの追加申請が受付られた。

久し振りに朝から晴れの天気となった。気温は3℃で雪は降らなかったことで積雪が84cmまで下がった。今日の天気でもう少し下がると思っている。環境放射線は参考値であるが、0.031μSv/hであった。晴れの天気に誘われて一階の屋根に積もった雪を半分程度下ろした。それを庭に積んで作業を終了した。いづれ機会を見て消流雪溝に捨てに行こうかと思っている。まぁ、急ぐ作業でもないのでボチボチやることにした。

Dxccendo この後の週間予報では曇り後雪の状態が続くとのことであった。大雪にはならないと思うが2月が過ぎないと心配である。毎日雪の心配ばかりして過ごしているが、雪国の宿命とは言えいやなものである。昨日も今日も屋根からの落雪事故や転落事故で死亡者が出たと報道されているが、私も十分気をつけて雪片付け作業をしたいと思う。

さて、趣味のアマチュア無線の方だが、1月4日にDXCC Phoneの追加申請した分が1月18日に受け付けられた。問題がなければ331でPhoneでもHonor Rollになる。CWはエントリーしていないが296Entitiesとなっている。機会があればCWにも参加する予定でいる。たかがDXCCされどDXCCであります。

2013年1月20日 (日)

弘前市の今朝は、降雪が無く雪かき無しで助かりました。

今朝は降雪がありませんでしたから、雪片付け作業から解放されております。天気は曇り時々雪で気温は氷点下0.5℃で、環境放射線の値は参考値ですが、0.024μSv/hでありました。久しぶりに朝をゆっくりと過ごしております。雪かきが無ければこんなにも楽ができるのだなとしみじみと実感している所です。

雪国では、自治体が委託した除雪車が個人の住宅前に雪の塊を置いていきますが、自治体側はその広報で、玄関前に置かれた除雪された雪の塊は毎戸で処理するようにお願いしておりますが、雪の塊を置いておく場所がない市民は路肩に積んでおくか、近くの公園に雪を運んで捨てるしかありません。

つまり、老いも若きも、健康状態も関係なく一律に雪の処理を強制していることになります。つまり、北朝鮮と同じで「強制労働」を住民にさせていることになります。毎戸に雪を処理させるのであれば、少なくても近く(30m)に雪捨て場を作ってからにして欲しいと思うのです。また、毎戸にゴミをださせず、数件まとめて一箇所にゴミを出すようにするのであれば、カラスの食害を防止するために金網つきのゴミ置き場を作って置くべきでしょう。

すべてが万事、自治体側は除雪をしてやっている。ゴミを収集をしてやっている。健康診断をしてやっているという、住民を見下した考えで行政をやっているから、色々な苦情が寄せられることになるのでしょう。「官尊民卑」というお役人様は偉いのだという考え方ではなく、いわゆる公僕として住民(市民)に奉仕しているのだという姿勢で行政をやっていただきたいと思います。

そうすれば、毎戸での雪の処理などでも住民の協力が得られやすくなると思うのです。玄関前の雪も敷地内の雪も自分で処理するのが当たり前という考え方はやめていただきたいものです。何かと言うと、予算が無い、除雪苦情に対応していたらきりが無い等と理屈を並べ立てて結局は何もしないという態度も見受けられます。典型的なお役所仕事で「業務をやり過ぎないこと、前例を作らないこと、予算は年度末ぎりぎりまで使わないことを頑なに守っているのでは状況は毎年同じで変わらないでしょう。

自治体にサービスだけを求めても行政側としても限界があることは理解できます。サービスの足りない所は、住民の協力でカバーするのが一般的でしょう。一例として、地震などの災害が発生した時は、自治体側の救援の手が届くまで三日間程度は自分で耐え忍んで救援を待つことが知られております。ゴミを一箇所に持ち寄って収集してもらうことや、ゴミの分別収集への協力、町内会制度などを活用した広報や周知なども上げられます。

いずれにしても、現在のような除雪体制では高齢者にとって、玄関前の雪の塊を処理することは重労働になっております。町内会単位で「無料の除雪支援隊」などを組織して、独居老人宅や高齢者世帯の除雪をしてやるべきだと思います。もちろん、ボランティアであれば結構ですが、長く続かないとおもいます。町内で希望者をつのり期間雇用で冬期間だけの除雪支援隊員として採用し、いくばくかの給料をかけるとか、若者の失業対策事業として展開しても良いのではないかと思っています。

2013年1月19日 (土)

弘前市に除雪の苦情を言う暇もなく終日雪かき作業に追われた。自治体が個人の住宅の玄関前に雪を置いて行くのは犯罪?

今日は土曜日であります。毎日が日曜日の前期高齢者には関係ないのだが、仕事がある弘前市民は土日にゆっくり休むことができないと思うのであります。雪かきをしないと車の置き場が無くなるし、玄関から市道への出入りもで出来なくなるのです。弘前市は連日の雪で104cmもの積雪で弘前市民は雪片付けに追われました。天気は雪時々曇り、気温は氷点下1.5℃で環境放射線は参考値ですが、0.033μSv/hでありました。

私が住まいする弘前市の城西団地では、除雪車が来る時間が午前1時半前後となっております。この時間帯に10cm以上の積雪があれば出動するとの事でした。朝起きると除雪車が勝手口と正面玄関前に大量の雪の塊を置いて行きます。車を出すにも住民が道路に出るにも、その雪の塊を除去しないと出られません。一種の障害物(除雪された雪の塊)で玄関と勝手口を「閉鎖/閉塞」されたようなものであります。刑法で言う「往来妨害罪」に値するものと思うのです。

(Wikipedeaから引用)
刑法124条 条文
陸路、水路又は橋を損壊し、又は閉塞して往来の妨害を生じさせた者は、2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する。
2  前項の罪を犯し、よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。

「往来妨害罪について」
陸路・水路・橋を損壊・閉塞して、人々の通行の妨害となる状態を生じさせることによって成立する罪です。

実際には通行妨害がなかったとしても、妨害の状態となったら成立します。
未遂も処罰されます。(128条) 

「陸路」とは、
公衆往来用の陸上の通路のことで、私道も含みます。

「橋」とは
陸橋、桟橋も含みます。

往来妨害罪の時効
往来妨害罪の公訴時効は、3年です。
(以上、引用終わり)

しかしながら、道路の通行を確保するためには、玄関前に除雪車が雪の塊を置いて行くことは物理的に避けられない事実でありましょう。それを拒むとその通りだけ除雪をしないとなれば大変困るし、町内も困ってしまうのです。従って、玄関前の雪の塊は容認しなければならない事になります。しかし、同時に排雪も行う事ができれば解決するのですが膨大な予算をいずれは融ける雪にかけることはできないので不可能でありましょう。地方自治体が個人の住宅の玄関を雪の塊で閉鎖しても犯罪にはならないのだろうか。

逆に、個人の住宅や店舗の敷地内の雪を道路に出すと、往来妨害罪に問われるのだそうです。例えば、北海道の美幌町の広報から引用すると、
◇ 道路への雪だしはやめましょう
 住宅や店舗など敷地内の雪を車道・歩道に出すと、ワダチの原因となり通行の支障になりますので絶対にやめましょう。
◇ご注意ください!
 自宅敷地内から道路へ雪を出す行為は、道路交通法・道路法・刑法で往来妨害罪となり犯罪です。

そんな訳で、排雪の予算をケチるために排雪が出来ません。したがって、玄関前の除雪車が置いて行った雪の塊は、各住民が処理するようにお願いしている事になります。言い換えると住民(市民)に手の良い「強制労働」をさせているようなものです。北朝鮮の強制労働とそんなに変わらないと思うのです。

自治体側が依頼した除雪車が住民の玄関前に雪を置いていっても犯罪にはならず、住民が道路に雪を出すと犯罪になるとは、主権在民である国民主権を無視しているとしか思えないのです。法治国家ではなく放置国家ではないのでしょうか。排雪の予算をケチるあまり、弘前市役所を始め雪国の地方自治体は犯罪の意識がなく、前例に習って毎年人の敷地まで食い込むような除雪作業をやらせているのであります。

自治体が委託した業者の除雪車が個人住宅の車庫、玄関前、勝手口に除雪の結果生じた雪の塊を置いて行くのは犯罪ではないという判例はあるのでしょうか。雪国では通行確保のために社会通念上許せる範囲であり、公共の利益を優先すれば仕方が無いと言うことなのでしょうか。住民の玄関前の雪の塊は毎戸の責任で処理しなさいと言うことだけで許せる物なのでしょうか。雪の捨て場がない住民は業者に高価な排雪料を払って処理しなさいと言うことなのだろうか。疑問だらけであります。

例えば、玄関前の雪の塊を跨ごうとして、つまずいて転んで高齢者が骨折した場合でも個人の責任なのだろうか。除雪車が玄関前に置いて行った雪の塊を片付けていて腰を痛めた場合も自己責任なのでしょうか。高齢と病弱のために雪の塊が障害となって玄関前から出られなかったために病気が悪化した場合などはどうなのだろうか。雪国の自治体は住民が雪によって苦しまないように快適な生活ができるような政策を取るのが当然だと思うのです。

弘前地方は、もう排雪しないと道路幅が狭くなっておりますから、交通が渋滞することが多くなっております。除雪だけでは限界にきております。何かと言うと予算がどうのこうのと言いながら、幹線道路や商店街、官庁街の除雪は豆にやっており、そちらで相当の除雪費を使ってしまうために住宅地まで排雪が回って来ないのです。同じ税金を払っていても企業や役所が優先なのでしょうね。

住宅地でも市営住宅はこまめに除排雪をしておりますが、隣接する戸建て住宅の地域にはほとんど除雪には来ません。たまに来ると玄関前に大量の雪を置いていきます。それが路肩に積み重なって徐々に道路幅が狭くなってしまうのです。とくに弘前市の城西団地は除排雪は一番最後ということなのですが、文句を言う人はいないのです。その理由は、弘前市役所のOBや先生、地方公務員達が城西団地が分譲されたときに相当数土地を購入して住むようになったことから、住民に占める地方公務員の比率が高いため、市役所へ苦情を言う人は極めて少ない事になっているのです。

それを良いことに、市役所関係の業務は城西団地を一番最後にするようになっております。家庭から出るゴミも一定の場所に数件がまとめて出すようにしておりますが、カラスの被害が大きく、ネットで覆う程度では生ゴミが食い荒らされる問題は解決しておりません。金網のついた専用のゴミ置き場を設置すれば別ですが、現在では生ゴミを置かれる一住民に管理をお願いして負担を掛けております。ですが、何のメリットもありません。いっそうのこと、毎戸(戸別)で自分の玄関前にゴミを出すようにすべきだと思っております。

ゴミ収集車の便利をはかってやる必要はまったく無いのです。隣町の新町(あらまち)は戸別にゴミをだしております。ですから、城西団地も戸別にゴミをだいても不都合は無い事になります。城西団地の住民が市役所のゴミの収集に協力していても見返りがないのだし、除雪も排雪も一番最後にされているのですから、無理して協力するひつようはないと思っております。団地の道路もアスファルトが各所で壊れてデコボコになっておりますが、いまだに新しい舗装をする様子がありません。40年以上経過したアスファルト舗装は厳寒期の低温で亀の甲羅のような模様に割れてしまっているのです。

そんな訳で、城西団地の住宅地の側溝の補修、割れたアスファルト舗装の再舗装工事、金網付きのごみ置き場の設置、大雪が降った時の除排雪の迅速さなどは何時になったら実施され改善されるのでしょうか。雪のやり場が無い人達が自由に利用できる雪捨て場の整備も必要でしょう。豪雪対策本部の設置も遅きに失しております。

2013年1月18日 (金)

弘前の積雪が104cmに達しました。7O6T(Yemen)からのカードをゲットしました。

Img026 今日も朝から雪雪、また雪雪の連続であります。弘前のアメダスのデータでは104cmの積雪深でありました。何度も言うようですが、住宅地では140cm程度の積雪があります。

朝一度雪かきをしましたが、その後、お昼にかけて10cmぐらい降りましたので、これから2度目の雪かきに取り掛かる予定でおります。気温は氷点下5.5℃で、環境放射線の値は参考値ですが、0.038μSv/hでありました。

さて、アマチュア無線の方は、アフリカのイエメンからの交信証が送られてきました。一枚のカードで国旗のデザインのものでした。昔、7O1AAと交信しておりますが、今回の7O6TはCWとバンドでニューとなりました。ソコトラ島(Socotra Island)からの運用で昨年5月に交信しました。

Img025 これから、雪かきを始めましが連日の雪かき作業で疲れが溜まっており、なんだか億劫であります。いくら片付けても鉛色の空から次々と大量の雪が降ってきます。玄関前を片付けて裏に回って雪かきをしますが、玄関前に戻ると元どおりに雪が積もっております。少し降るのを休んでくれれば楽なのですが、こればかりはどうしようもありません。

話は、アルジェリアの人質事件はアルジェリア政府軍の強行策によって、人質に死傷者が相当数出ている模様ですが、日本の警察のように説得は効かないのでしょうね。犯人は、北アフリカを拠点とするアルカイダ組織に所属する過激派のようですが、情報が錯綜していてどうなっているのか正確には判らないのが現状のようです。いずれにしても、犠牲者が少ないことを祈るだけであります。

2013年1月17日 (木)

アメダスの情報によれば、弘前の積雪深が1mを超えました。

101cm 本日午後にとうとうアメダスも101cmを記録しました。前から言っているように住宅地ではとっくの昔に1mを超えており、アメダスはあまいなと思っていたところです。

今日は朝から雪が降り続いており、今日だけで40cm程度の雪がふりました。明日も、雪が引き続き降るとの予報ですから、相当量の積雪を覚悟しなければなりません。

これから、3度目の雪かきをする予定にしております。雪を片付けても次々に積もってしまうため、イタチゴッコを繰りかえてしております。ひっきりなしに雪がふるために瞬く間に雪の山ができあがります。さて、何処へ雪捨てに行こうか。

例によって、青森県内のマスコミは、弘前が積雪1mとなっても報道しません。それどころか、弘前を外して積雪量を報道しております。これが、青森市だったら狂ったように報道するのだが・・・。(^^;

現在の積雪深は、青森=85cm、弘前=88cm、八戸=13cm、五所川原=90cm、5N7M(NIGERIA)のQSLをゲット。

Dsc03605 いや~、よく降りますねぇ。青森県内のアメダスによる現在の積雪深は、青森=85cm、弘前=88cm、八戸=13cm、五所川原=90cm、深浦=40cm、むつ=26cmとなっておりました。

本日は五所川原市がトップです。弘前が2位、青森が3位の順で雪が積もっております。弘前の気温はマイナス2.7℃で天気は雪、環境放射線は参考値ですが、0.030μSv/hでした。東京に80cmもの雪が降ったら死傷者が続出する事でしょうね。

Dsc03603Dsc03604_2 昨日から40cm程度ふりました。朝から晩まで雪かき作業で忙殺されております。今日も大雪注意報が発令されております。まだまだ降り続く予定になっており、午後にもう一度雪かきをしなければなりません。アメダスでは88cmとのことですが、私の住宅周辺はもうとっくに1mを超えております。それでも予算がないのでしょうか、排雪にはきてくれません。

Img024 アマチュア無線の方は、アフリカのナイジェリア(Nigeria)の5N7Mから航空便が届いておりました。2012年11月2日の06:22UTCに14MHz/CWで交信したものです。特にDXCCでNEWではありません。QSLマネジャーは、OM3CGN局です。しかし、この国の周辺ではマリ(TZ)での内戦が本格化し、アルジェリアでは日本人が誘拐されたということですが、治安が悪化しているのでしょうね。マリではフランス軍が参戦しておりますが、ウラン鉱の膨大な利権が関係していると聞いております。

2013年1月16日 (水)

雪かきで今日も暮れ行く弘前でした。

気温は氷点下2度で天気は晴れたり曇ったり、時々小雪が降ったり止んだりでした。今日は大雪が小休止でしたので屋根の雪を半分下ろしました。全部下ろすと滑って危ないためです。下ろした雪を消流雪溝に投入した処理しました。環境放射線は参考値ですが、0.032~0.054μSv/hまで変化しておりました。

しかし、今日も東京の大雪のニュースを視聴しておりましたが、雪国から見るとあきれてものが言えません。雪道の歩き方、雪用の履物など色々ありますが、めったに降らない雪に対する危機管理がなっていない事が良くわかります。平和ボケ、サバイバル訓練は学校ではやりませんし、他人を蹴落としてまで自分だけが良ければという、自己中心主義が蔓延しておりますね。これで大地震がくれば大雪より酷いことになるのは明白ですね。

まぁ、東京都民もたまには雪国の苦労を味わう良い機会でしょうから、じっくりと雪の苦労を体験してください。でも、年に一度だけと言うのはチョッとどうかと思いますがね。私達は毎日のことですから、どうってことはありません。また、今日は歯医者に行く日でしたので、午後3時半からの予約に間に合うように軽自動車でいきました。道中豪雪のために2車線が1車線になっており、1車線のところは半分になって車がすれ違い困難になっておりました。

いつもでしたら、歯医者さんまで20分で行けるのですが、豪雪の為に道幅が狭いことで30分かかりました。到着して診察券を出そうとしたら、直前に東京から来た旅行者だと言うご婦人が、被せていた歯が取れたのだと駆け込んできて、歯が取れたことを延々と説明し、何とかして欲しいと大声で受け付を占領しておりました。私が診察券を出すまで10分待つことになりました。東京人というのは横柄な人が多いのですね。田舎だと思ってなめているのでしょうか?(渇)

2013年1月15日 (火)

5V7TH(Togo)と5T0SP(Mauritania)からの交信証をコンファームした。

関東地方を含めて太平洋岸に大雪を降らせた爆弾低気圧の影響で、弘前地方も朝から雪が降り続いております。青森の69cmをまたまた追い越し、弘前は72cmになってしまいました。とにかく今年は雪が良く降ります。今日は朝と昼に雪かきをしましたが、明日は除雪車がくるだろうから、三回目の雪かきは中止としました。現在は吹雪で気温が氷点下3.4℃となっております。環境放射線は参考値ですが、0.041μSv/hとなっておりました。

Img022 さて、アマチュア無線の方はイマイチですが、本日も航空便が2通届きました。アフリカのTOGOとMauritaniaからのものでした。
5T0SP(MAURITANIA) 2012-11-27 08:06UTC 20m/CW
5V7TH(TOGO) 2012-10-30 06:58UTC 20m/SSB
いずれもNEWでありませんでした。しかし、5T0SPの隣国のマリ(TZ)が内戦状態になっており、心配であります。

Img023 交信証を整理してから、e-Taxで平成24年分確定申告のための準備をしました。公的認証の再登録(更新したため)、e-Taxソフトのバージョンアップ、確定申告への仮記入、医療費控除のための領収書の準備などであります。毎年イータックスを利用して申告しておりますが、大変便利に利用しております。テレビなどでは如何にも簡単に利用できるように宣伝しますが、順調に操作して申告を完了させるためには、それなりにパソコンやインターネットの知識を必要とします。

2013年1月14日 (月)

成人の日ですが、私の場合は20歳のときに太平洋を航海しておりました。

成人の日の弘前市の朝は曇り空で気温は零下2℃でした。ここ2日間は雪が降っておりませんので、庭や路肩に積もった雪を片付けました。今後降るであろう大雪に備えてスペースを作っておかなければ一時的に雪を積んで置く場所がなくなるためです。環境放射線の値は、0.021μSv/h(参考値)となっております。

一方、関東地方は初雪が降ったと言う事ですが、こちらから見るとたいした事ではないなと思いますが、普段雪が降らない関東方面では大変な状態になるのでしょうね。私達は、住宅(暖房、二重窓、外断熱壁、無落雪屋根、融雪装置、除雪道具など)も自動車(スタッドレスタイヤ、冬用ワイパー、寒冷地仕様のバッテリー、雪かき道具、ブースターケーブル、ウォッシャー液(マイナス30℃)、冷却水は不凍液)も寒冷地用、降雪地帯用になっておりますから問題はありません。

Img021 雪国では、住宅にしろ自家用車にしろ雪が降らない地域よりは、維持管理に費用がかかりますし、雪が降らない地域はその費用が不要となりますから、ほかの目的に使用できることになります。雪国で必須の10億縁程度の除雪費用だって、雪が降らない地方では他の事業に使うことができます。

また、雪国の企業では仕事を始める前に、まず雪かき作業があります。その時間だって雪が降らない地方では、企業活動に使うことができます。(画像は、小松島港の沖に停泊中の向陽丸)

Img020 私の場合は成人式にでることができませんでした。19歳と十ヶ月で外国航路の貨物船に乗船しましたので、20歳のときは太平洋の日付変更線の付近を航海しておりました。乗組員からささやかなお祝いをしていただいた記憶があります。従って、成人式とは無縁でしたし、記念品をもらったこともありませんでした。成人の日を太平洋上の向陽丸(木材運搬船)で迎えた私は、それから一ヵ月後に日本に帰港しました。(画像は、ワシントン州ホックイアム(Hoquiam)港に接岸中の向陽丸:20歳当時の管理人)
★参考URL:私の乗船経歴 http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/koyom.htm

2013年1月13日 (日)

アメダスの観測データによれば、青森市が74cmで弘前は67cmの積雪深となっている。

Dsc03595 アメダスの観測データによれば、青森市が74cmの積雪深で、弘前は67cmの積雪深となっている。観測地点の違いがあるから、住宅地ではそれ以上の積雪があるように見える。今日は除雪車が来たので、例によって玄関前は雪の塊が大量に置かれていた。それを消流雪溝までもって行って処理し、路肩に積むことはしなかった。気温は2℃で環境放射線の値は、0.028μSv/h(参考値)でありました。

毎年、路肩に積んでいたのですが、今頃だと2メートル近い雪の壁が出来上がっている所でありました。毎日が日曜日の身分になってからは、消流雪溝を利用することとし、路肩に積んだ分の雪は、天気が晴れたときに少しずつ片付けることにしている。全部片付けると、そこに除雪車がまた雪を置いていくために、きれいに片付けることはしないように気をつけている。

さて、3連休(12日~14日)ですが、どこかへ出かける予定がないので除雪作業で一日過ごすことになります。出かけるとお金がかかりますから、年金生活では出費がかさむようなことは極力避けるようにしております。しかし、歯科医とか内科医には定期的に通院しなければなりませんので、その分の医療費は常に準備しております。歳を取ると医者にかかる回数が多くなります。

また、寒波の影響で野菜が高値となっており、ホウレン草が一束198円と2倍程度の値段が付いておりました。ネギ、大根、キャベツなども軒並み高値となっており、年金生活者には出費がかさんできついものがあります。もちろん、家計は赤字となっておりますから、少ない貯金を取り崩して何とか耐え忍んでいる状態です。それに加えて消費税が8%になり、やがて10%とに増税されると今よりも生活が苦しくなります。

年金支給額が減ることはあっても、増えることは絶対にありませんし、国民健康保険料、県民市民税、固定資産税、介護保険料、医療費の3割負担、自動車税、自動車保険、生命保険料、火災地震保険料など税金はどうしても払わなければなりません。税金だけで年金が無くなってしまうような状態に置かれております。それ以外に電気・ガス・灯油代金、がかさみます。まぁ、それでも霞を食わなくて済んでおりますから、よしとしなければなりませんかね。

いずれにしても、医療費の負担率アップや介護保険料のアップ、国保保険料のアップは避けて通れませんので、財布もアップアップであります。国としては長生きしてもらっては不都合なのでしょうね。

政治の方ですが、自民党は政権与党として先祖がえりをしているようです。従来からの政策を焼きなおすことなく実施する構えでおります。ただ、学校の週5日制を見直して、土曜日も授業をするように検討中だということでありますが、私は賛成であります。鉄は熱い内に打てともうしますが、若いときに大いに勉強して欲しいからであります。家でゲームばかりやっているようではいけません。

また、従来の6・3・3・4制も敗戦後68年も経過しておりますから、現在の社会情勢や児童の知能のレベル、身体の発育状況などにあわせて、見直す時期がきていると思っております。どのような教育制度になるかは知りませんが、若者が多様なコースを選択できる教育制度にして欲しいものです。マニュアル人間、指示待ち人間を少なくし、創造性、応用力に富んだ生徒、学生が多くなるような教育制度にしていただきたいものです。

2013年1月12日 (土)

本日の積雪深は青森市78cmで弘前市が72cmとなりました。

本日の積雪深は青森市78cmで弘前市が72cmとなりました。青森も弘前もほとんど差がなくなってきました。弘前はさきほどまで湿った雪が降り続き、15cm/3時間でした。アメダスの観測データよりは目測で我が家付近では3割程度多めに感じます。その為、朝と昼と夕方に雪かきをしました。夕方のは湿って重いゆきでしたから大汗をかきながらの雪片付けでした。先ほど作業を終えて風呂に入って一杯やっているところです。

雪かき作業はメタボの身には運動になり、汗をかくことで血流も良くなるために健康に良いのですが、これも程度物で連日だと健康よりも筋肉痛の方が酷くなります。雪かきで時間が取られるため、ブログやホームページのメンテナンス、アマチュア無線の方はお留守になっております。朝早くおきて雪かき前にメンテナンスをするか、夕方に晩酌をしながらメンテナンスをする以外は時間が取れません。

本日の朝、NHKラジオ第1の07:20JSTからの「土曜あさいちばん」を傍受していましたが、その中の「土曜コラム」の中で政治評論家の「中島勝」氏が、今回の衆議院選挙で自民党が圧勝したこと解説していた。その概要ですが自民党圧勝した原因として、
(1)政党が11政党と乱立し、選挙民が選ぶのに躊躇した。
(2)民主党には絶対投票しないという人達が自民党に投票した。
(3)選挙の度に投票する政党が決まっていない、いわゆる無党派層が自民党へ。
(4)小選挙区制の特徴として、民主に投票しなかったために自民党が圧勝した。
と言うことでした。私としてはチョッと違うんではないかと思いました。

いくら政党が乱立しようが、これと思った政党には投票したはずです。特に未来の党には相当投票したでしょう。民主、自民、公明、共産、維新、未来の候補者が並んでいれば、あえて自民党、民主党、には投票しないでしょう。だって、どちらも国民を無視しておりましたからね。それに、無党派が自民党に入れるということもどうかと思います。ま、小選挙区の弊害は理解できますがね。

インターネットでは、9/11(貿易センタービル倒壊)、3/11(東日本大震災)、12/16(衆議院選挙)等は人為的な匂いがすると、もっぱらの評判ですが私もそのように思っております。しかし、中国の広東省の新聞と違って日本の新聞は絶対に取り上げて報道しません。北朝鮮、中国、日本と並べると報道では似たり寄ったりですが、今の所は中国がいくらかマシですね。

2013年1月11日 (金)

青森など3市町が豪雪対策本部 を設置したそうです。

本日の積雪深は青森市が84cm、弘前市が67cmとなっております。ここに来て漸く、各市町村が豪雪対策本部を設置しました。もっと早く設置して、除雪費などの雪害対策の追加予算要求などをすれば良かったのでしょうが、そこはお役人様のやることですから、前例を作らないように積雪が100cmにならないと設置しないようです。弘前市などは相当前から60cm前後の積雪を記録していたのだから、雪燈籠祭りの準備を自衛隊に依頼する前に、豪雪対策本部を設置すべきだったと思います。

●青森など3市町が豪雪対策本部 http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2013/20130111133015.asp

弘前地方は、もう排雪しないと道路幅が狭くなっておりますから、交通が渋滞することが多くなっております。除雪だけでは限界にきております。何かと言うと予算がどうのこうのと言いながら、幹線道路や商店街、官庁街の除雪は豆にやっており、そちらで相当の除雪費を使ってしまうために住宅地まで排雪が回って来ないのです。同じ税金を払っていても企業や役所が優先なのでしょうね。

住宅地でも市営住宅はこまめに除排雪をしておりますが、隣接する戸建て住宅の地域にはほとんど除雪には来ません。たまに来ると玄関前に大量の雪を置いていきます。それが路肩に積み重なって徐々に道路幅が狭くなってしまうのです。とくに弘前市の城西団地は除排雪は一番最後ということなのですが、文句を言う人はいないのです。その理由は、弘前市役所のOBや先生、地方公務員達が城西団地が分譲されたときに相当数土地を購入して住むようになったことから、住民に占める地方公務員の比率が高いため、市役所へ苦情を言う人は極めて少ない事になっているのです。

それを良いことに、市役所関係の業務は城西団地を一番最後にするようになっております。家庭から出るゴミも一定の場所に数件がまとめて出すようにしておりますが、カラスの被害が大きく、ネットで覆う程度では生ゴミが食い荒らされる問題は解決しておりません。金網のついた専用のゴミ置き場を設置すれば別ですが、現在では生ゴミを置かれる一住民に管理をお願いして負担を掛けております。ですが、何のメリットもありません。いっそうのこと、毎戸(戸別)で自分の玄関前にゴミを出すようにすべきだと思っております。

ゴミ収集車の便利をはかってやる必要はまったく無いのです。隣町の新町(あらまち)は戸別にゴミをだしております。ですから、城西団地も戸別にゴミをだいても不都合は無い事になります。城西団地の住民が市役所のゴミの収集に協力していても見返りがないのだし、除雪も排雪も一番最後にされているのですから、無理して協力するひつようはないと思っております。団地の道路もアスファルトが各所で壊れてデコボコになっておりますが、いまだに新しい舗装をする様子がありません。40年以上経過したアスファルト舗装は厳寒期の低温で亀の甲羅のような模様に割れてしまっているのです。

そんな訳で、城西団地の住宅地の側溝の補修、割れたアスファルト舗装の再舗装工事、金網付きのごみ置き場の設置、大雪が降った時の除排雪の迅速さなどは何時になったら実施され改善されるのでしょうか。豪雪対策本部の設置も遅きに失しております。

2013年1月10日 (木)

現在の積雪深は弘前市が56cm、青森市がなんと84cmとなりました。

弘前市の積雪深は56cmで青森市の積雪深は84cmとなりました。これでようやく青森県の降雪状況が普通にもどりました。すなわち、「雪が多い青森、雪が少ない弘前」の常識が戻ったのです。弘前の場合は徐々に雪が積もっておりますが、青森市の場合は短期間にドカッと降りますから、急激で大量の雪のために弘前よりも大変なのです。

おまけに、昨年まで除雪は民間の土建業者任せでしたから、市民からの除雪苦情が絶えませんでした。今年から、市役所が直接業者に除雪依頼をするようですから、いくらかは改善されるのでしょう。しかし、マスコミの報道は青森市が積雪深が70cmを超えると、毎日、各市町村の積雪深をこまめに報道し出しますが、弘前市が65cmの積雪深で青森市が20cm台の積雪深だとほとんど報道しません。

つまり、青森県の報道は青森市に本社がある東奥日報、青森放送、青森テレビ、青森朝日放送などが担当している関係だとおもいますが、青森市が大雪だとまめに報道し、弘前市が大雪だと騒いでも知らんふりなのです。大雪の報道に限らず、青森県内のマスコミは偏向報道をしないでいただきたいと思います。現在、本当のことを書く新聞として、東京新聞、中日新聞、日刊ゲンダイの3社程度であると言われており、それ以外は真実を伝えない(本当のことを書かない)新聞として認知されております。そのため、上記3社には権力側からの嫌がらせが続いていると聞いておりますが、めげずに頑張っていただきたいと思います。

その(本当のことを書かない)良い例として、今回の衆議院選挙は不正があるとネットで騒いでおりますが、選挙業務の請負を株式会社「ムサシ」が独占していることをマスコミはまったく取り上げませんし、原発の警備をイスラエルの警備会社が一手に引き受けている事実も報道しません。それどころか、小沢攻撃には熱心に関連記事を掲載します。一政治家個人をマスコミがよってたかってイジメているのであります。学校のイジメとまったく同じ次元の事をやっております。これでは学校からイジメがなくなりません。子供は大人の真似をします。

そんな訳で青森県のマスコミも偏向報道をし、共同通信社や電通関連のニュースを論評を加えることなく垂れ流しております。大雪の報道もその一環なのだと思えば諦めもつきますが、地方のマスメディアぐらい少しは本当のことを公平に報道して欲しいものだと思っている所です。その他には、下北半島(原子力半島)の活断層問題で、核燃処理工場、東通原発、大間原発などが原子力規制委員会の再調査対象になっております。このことも詳しく機会あるごとに報道していただきたいものであります。

2013年1月 8日 (火)

7Z7AB(Saudi Arabia)からの交信証をコンファームしました。

Img017 珍しいエンティティではありませんが、IOTA関係のペディションなので、昨年の10月に交信したものです。28MHz/RTTYがニューとなりました。7Z7ABのQSLカードの請求はOQRSを利用しました。この所、毎日交信証が配達されております。できれば、Bureau経由でカードを送りたいのですが、QRZ.COMで検索するとほとんどの海外局はダイレクトを指定しております。

Img018 本日の午後も天気が良かったので、路肩の雪片付けをしました。長い間積んで置いたために雪が固まって硬いため、スコップで細かくし、スノーダンプに積んで消流雪溝に投入しました。しかし、全部片付けるとまた除雪車が来て、大量に雪を置いて行くので半分だけ残して終わりました。

弘前地方は、県内の平地では一番の積雪深ですから、幹線道路の排雪だけでは駄目ではないかと思います。住宅地も排雪しないと駄目な状況にありますが、予算の関係か今だに実施されておりません。それよりも、雪燈籠祭りの準備の方が先なのかも知りません。

今年の正月は大雪のため、毎日雪かきに追われました。積雪深は61cmです。

気温は零下3℃、天気は曇り時々雪、環境放射線は、0.027μSv/h(参考値)であります。降雪量は5cm程度で除雪車が来ないので雪かきが楽でした。除雪車がくると雪の塊を置いていかれますから、雪かき時間が長気温は零下4℃、天気は曇り時々雪、環境放射線は、0.027μSv/h(参考値)であります。降雪量は5cm程度で除雪車が来ないので雪かきが楽でした。除雪車がくると雪の塊を置いていかれますから、雪かき時間が長くなります。本日は正月の7日間が終わったのでしめ縄等の松飾を取り外して、近くの神社(産土様)の熊野宮に持っていき焼いてもらいます。今年は大雪で正月中雪かき作業で、ゆっくりと楽しむ事ができませんでした。

さて、希望する全社員が65歳まで働けるよう企業に義務付けた「改正高年齢者雇用安定法」が今年4月に施行されます。そのため、定年を65歳に延長したり、65歳までの再雇用制度を導入する企業が多くなっております。しかし、その分だけ若者が就職するチャンスが少なくなるのではないかと思います。若い人を雇うよりも経験があって、人件費が安い高齢者を使った方が企業にとっては都合が良いわけです。

いくら少子化だと言っても、若者の安定した雇用と教育訓練の充実、子育て年代の収入のアップと育児中の女性の就業率のアップ、若者への教育投資の増強などをしなければ、日本の将来の労働力や年金を納める人口を考えると、高齢者ばかり優遇していたのでは国力が低下してしまいます。高齢者が65歳まで働けるようになるのは結構なことですが、新卒や既卒、働きたいと思っている育児中の女性達も容易に就業できるようなシステムにも力を入れて日本の将来に備えてほしいものです。

2013年1月 7日 (月)

本日は晴天なり、松の内も今日までで七草粥を食べる日だそうです。

本日は晴天なりであります。気温は零下2℃で環境放射線の値は、0.028μSv/h(参考値)でありました。降雪は5cmで軽い雪質であったので雪かきが楽であった。また、今日は七草粥を食べる日ですが、まだ食べておりません。雪かきで忙しくて粥を食べる余裕などは無いと言うのが正直な所です。正月飾りも本日までで、明日は飾りを撤去して近くの神社に持って行って焼いてもらうことにしております。

趣味のアマチュア無線は、昨年12月29日に交信した6Y5WJ局宛てに郵便局から航空便で交信証を送り、JARLビューローにも数枚送ってきました。コンファームしたのはYO9HPの24MHz/CWとV63PRの10MHz/21MHz/CWの2枚でした。最近は受信のみが多く、今年になってからは1局も交信しておりません。すなわち、12月29日以降は一度も電波がでていないと言うことです。雪国特有のスノーノイズの影響もありますが、珍しい局が出ていないこともあります。

政治の方は、どうも昔に戻った施策をやるようで、「産業競争力会議」のメンバーに、小泉内閣時代の元経済財政担当相の竹中平蔵慶応大教授が起用されるようです。さんざん、行き過ぎた規制緩和、若者の格差を拡大した張本人がメンバーにはいることは、すなわち、ジャパンハンドラーの指示があったと言うことでしょう。安部首相は、小泉時代の亜流をやっていくつもりなのだろうか。新自由主主義では駄目なことが判っているのに、それを繰り返すようです。それに、TPPの交渉に参加するとのことだが、参加すれば米国の言いなりになってしまう危険があります。

2013年1月 6日 (日)

本日も雪空であります。積雪深は62cmとなっております。

今日は5cm程度の雪が積もっておりました。相も変わらずマイナスの気温(-3.2℃)となっております。昨日は久しぶりに太陽を拝んだのですが、本日は元の鉛色の空となっております。時々雪がパラついておりますが、もう少し雪が続くようです。環境放射線の値は参考値ですが、0.034μSv/h(42.5nGy/h)となっておりました。

昨日は、ARRL DXCC AWARDのEndorsement(Phone)を申請しましたが、331Entitiesではぎりぎりなので、できれば明日までペディションをやっているH40FN(Temotsu)がSSBでオンエアしてくれると助かるのですが、どうもSSBで出る気がないようです。CWとPSKに固執しているのはどうかと思います。ま、色々と事情があるのでしょうから、SSBで出てくださいとも言えません。

今年も6日目に突入しましたが、株が上がったとか円安で結構とか言っておりますが、以前と国内は不景気で年収、雇用の格差社会が拡大しております。そのためかどうか知りませんが、近くの量販店では、鏡餅、しめ縄、正月飾り類が大量に売れ残っておりました。昨年だとほとんど売り切れて追加があったものですが、今年はそうなっておりませんでした。

結局、国内の景気はどうでもよく、倒産寸前のアメリカ経済をヨイショするために、見せ掛けの円安、株高を演じて宗主国アメリカにお金を流入させるようにしているのでしょう。若者達の安定した雇用、若者達の年収を増やす、若者達の教育訓練を充実、女性の出産や育児環境の充実、女性が働きやすい環境の構築、保育所などの増設で女性パワーの活用などをし、国内の個人消費を上げることで景気回復をした方が良いと思っております。

いくら、ゼネ(銭)コンに金をつぎ込んでも、大手の土建業だけが儲かるだけでお金は広く還流しません。インフラ整備と同時に将来の日本を背負って立つ、若者や女性のパワーを活用できる分野にも予算をつぎ込んで欲しいものです。高齢化社会ではなく、既に高齢者社会となっている現在、日本の労働力を増強させるためには、少子高齢社会に見合った若者の教育、育児関係の充実などに力を入れていただきたい。

国民は、本当に憲法改正、国防軍、徴兵制度、軍備の増強、原発の推進などと言っている自公+みんな、維新を選挙で選んだのだろうか。どうも腑に落ちない選挙結果ではあった。選挙の前にすでに予想段階で自民圧勝、自公で過半数、みんなの党、維新の会も議席増などとマスコミが報道すること自体がおかしな事ではあった。不正選挙と言われても仕方がない所であるし、総務省が選挙結果の公表を遅らせていることもおかしな事である。法治国家ではなく放置国家であろう。加えて、似非民主主義国家、官僚独裁国家、アメリカの属国であるのなら、これも仕方が無いことなのかも知れない。

2013年1月 5日 (土)

大雪の弘前地方にも日光が差しております。岩木山は雲隠れしておりました。

Dsc03597 今日は良く晴れております。降雪はありましたが3㎝程度で雪かきをするほどでもありません。気温はマイナス1℃で環境放射線の値は、0.033μSv/h(参考値)でありました。久しぶりに朝から太陽光を浴びて元気になりました。自家発電用の太陽電池パネルも元気に充電をしております。500mA~900mA程度で不安定ですがコンスタントにバッテリーに充電を続けております。しかし、太陽が出ている時間が夏季より短いためになかなか満充電にはなりません。

Dsc03598 さて、アマチュア無線のDXCC AWARDは、MIXとPhoneにエントリーしておりますが、MIXは339で後一つです。電話は、今回の1A0CのSSBを加えると現存331エンティティになりますので、早速、ARRL DXCCのホームページから申請書とレコードシートをダウンロードし、必要事項とデータを記入すると共に印刷をしました。カード4枚を同封し、書留の航空便でDXCCデスク宛にエンドーズメント申請しました。

Dsc03599 現在は、Phoneで327/339ですから、1A0C(S.M.O.M)、D64K(COMOROS)、E40VB(PALESTINE)、PJ4J(BONAIRE)の4エンティティを追加すれば331となります。問題が無ければMIXと共にHonor Rollであります。まだ、SSBで未更新なのは、容易に交信できるエンティティに限定すれば、4U1UN(UN HQ)、CY9(SAINT PAUL)、H40(TEMOTSU)、T33(BANABA)、KP5(DESECHEO)等が残っております。

Dsc03601 政治関係は、不正選挙の噂がネットで流れておりますが、私も同じように変だなぁ~と思っております。マスコミの事前予想通りの議席に近い結果では選挙をやる意味がないことと、昔から選挙は水物でやってみないと判らない物なのですが、今回の衆議院選挙は事前に答えが判っていたように思います。同じ筆跡の投票用紙が大量にあったと言う情報や選管内部で書き換える時間があったことなどの情報もネットでは流されております。

Dsc03602 私もそのように思いますし、全面的に否定はできません。八百長選挙と言っても良いでしょう。これでは、選挙管理委員会を監視する組織が必要になります。選管のサジ加減とムサシ社の電子投票機器を駆使すれば、どうにでもなると言うことです。特に今回は未来の党と小沢関係の立候補者が狙い撃ちされたように思っております。そんなことは日本ではあり得ないという人もあるでしょうが、私はあり得ると思っております。主権在民ということで国民が主権者であることを否定するようなことでは属国日本の将来は真っ暗であります

2013年1月 4日 (金)

1A0C(SOVEREIGN MILITARY ORDER OF MALTA)のカードをコンファームしました。

Img015 積雪深が64cmに達しました。もう雪かきで疲労困憊であります。朝昼晩と一日に三回雪かきをしております。まず、雪が良く降る年であります。気温はマイナス5℃、天気は曇り時々雪であります。環境放射線の値は、0.037μSv/h(参考値)でありました。60センチを超えた積雪ですが弘前市はまだ排雪をする考えはないようで、道幅が毎日狭くなっております。消流雪溝は皆が一斉に捨てるために流れなくなっておりますから、利用できないでおります。

Img016 さて、待ちに待ったマルタ騎士団からの交信証がとどきました。OQRSではなく、以前にダイレクト(SASE)で送った分が配達されました。PayPalで支払った分はドネーションだと思えば損をした気にはなりません。これでDXCCはPhoneで331エンティティになりましたので追加申請すればオーナーロール(Phone)にエントリーすることになります。今回の1A0C(SOVEREIGN MILITARY ORDER OF MALTA)はSSBとBANDでニューとなりました。

2013年1月 3日 (木)

NH8S(Swains Island)からの交信証をゲットしました。

Img012 本日もマイナスの5.5℃の気温であった。降雪は15cm程度だが除雪車が雪を玄関前などに置いて行ったので雪かき作業をした。予想通り、昨日片付けた路肩に雪をどっさりと置いかれ、元の木阿弥となっていた。片付けると除雪車の運転手は故意にその場所に雪を置いていくのが通例であるから、ある程度積み重なってから雪を片付けるようにしたい。環境放射線の値は、0.035μSv/h(参考値)であった。

Img014 正午ごろ郵便が配達された。年賀状に混じってアメリカ(QSLマネジャー:AA4NN)からの航空便が1通届いていた。昨年の9月に交信した、南太平洋のNH8S(Swains Island)からのものであった。7MHzの電信と電話を含め、28MHzまでCW/SSB/RTTYで交信できた。交信したバンドとモードが多いため、同じデザインの交信証が4枚入っていた。(^^;

さて、2013年(巳年)は何かよいことがあるのだろうか。昨年の12月に行われた衆議院選挙は、一票の格差が放置され、違憲のままの選挙を行った。野田氏は、「自爆解散」で自公を復権させることに協力した。宗主国アメリカの作戦で「自民党と公明党+みんなと維新」を不正な票の操作で勝利させ、衆議院では過半数を超える議席を確保させた。いずれ、原発ゼロの見直し、TPPへの参加、消費税増税は確実に実施されるであろう。

若者の教育への投資不足、臨時や期間雇用や派遣労働による所得格差の拡大、大企業の儲け過ぎと労働者への還元不足、パナソニック、ソニー、シャープは赤字決算、デフレ脱却しても価格上昇では物が売れないでは日本の今年も暗い。一方、防衛省はオスプレイやミサイル防衛システムを増強して国防軍へ、そして憲法9条の改正、徴兵制の制定へと自公や維新とみんなの党によって実現されることになろう。

アメリカの属国である日本は、平成25年もアメリカの「金のなる木」として奉仕するに違いないのである。そして、自衛隊はアメリカの予備軍として共同作戦に参加することになって行く事だろう。戦前のように孫や子が徴兵されて戦場に送られるようなことだけは避けなければならない。次の参議院選挙はその意味で重要な選挙となろう。

2013年1月 2日 (水)

今年も2日目に入りました。昨年より国が良くなればと思っています。

今年も2日経過しました。ラジオもテレビも箱根大学駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競技往路)の中継で占められております。降雪は5㎝程度で粉雪でした。天気は晴れたり曇ったりです。気温はマイナス0.5℃で環境放射線の値は、0.034μSv/h(参考値)であります。午後になれば青森県の日本海側にある低気圧と八戸沖にある低気圧が青森県を通過しますから大雪と暴風に見舞われると思います。

年賀状が配達されましたが、出していなかった人への年賀状書きをしております。今年からは有料(1980円)の年賀専用のソフトをダウンロードして利用しております。宛名印刷と住所録と裏面の印刷が簡単にできる優れたソフト(はがき作家あてな6 Professional)です。昨年までは、裏面のイラストはMicrosoft Publisher、宛名はData Impressioon2を使っておりましたが、ハードディスクのクラッシュで使えなくなってしまいました。

さて、政治の方は白々しく、自公による見え見えの政策ばかりで、国民が望んでいない方向に動かされております。アメリカの要求、財界の要求、官僚の要求、在日朝鮮人関係の要求、マスコミやオカルト関係の要求によって日本を売国、亡国、属国にするための政策がゴリ押しで進められております。新聞は読まず、テレビは見ず、ラジオは時々聴く程度にしております。大本営発表と偏向報道のマスコミがバッコしている日本の先は暗いことになっています。

新年の番組を見ても原発OK、TPP参加、消費税増税の話ばかりで、マスコミは御用学者、御用評論家、キャスター、コメンテータなどを総動員して自民党と公明党の政策をヨイショしております。私にとっては、売国奴、非国民、国賊達が総出演のテレビなんか、見ているだけで気分が悪くなります。

2013年1月 1日 (火)

元旦の初日の出の報道ばかりで、大雪で難儀している北国の報道もお願いします。

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。2013年の元旦は、大雪であります。気温はマイナス4.7℃で天気は雪、既に20cmほど積もっております。目測ですが吹き溜まりは30cm程度積もっておりました。環境放射線の値は、0.037μSv/h(参考値)でありました。2013年も引き続き大雪に見舞われる弘前地方でありますが、アメダスの積雪深は47cmとなっております。もう雪は要らないのですが冬将軍は容赦なく雪を降らせております。

初詣は、産土様の熊野宮に午前零時半に行って、お札を買って帰ってきましたが、雪の降り方が尋常でなく密度が濃く、先が見えないような降り方をしておりました。初日の出は望むべく無く、真っ白な雪との戦いが始まっております。元旦の初仕事は雪かきから始まるのも雪国の宿命なのでしょうね。NHKラジオ第一では、雪の降らない各地方からの初日の出のレポートがなされておりますが、雲泥の差の雪国であります。

Dsc03581 マスコミは、元旦の朝に大雪で難儀している北国の状況も報道してほしいものです。太平洋岸の晴れたところからの初日の出報道はもう結構ですから、雪国のレポートも宜しくであります。同じ受信料を払っているのですから、公平に報道してください。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30