フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

本日天気晴朗なれど雪多し、今日も雪片付けに追われています。

今日は積雪が133cmまで減りました。天気は晴れて太陽光がまぶしい朝を迎えております。お昼になっていますが、気温が5℃、気圧は1010hPaで暖かい一日を過ごしております。例によって9時から12時まで雪片付けをしました。一気に片付けると体力が持たないので、歩行や車の交通に支障がない限り、一日2~3時間程度の作業をしております。

昨日も今日もプラスの気温ですから、雪がどんどん融けております。そのため、道路の一部はシャーベット状になって歩きにくく、車が通ると深いわだちが出来るようになってきました。雪が軟らかくなったための不都合もでてきております。つまり、雪が融けて重くなっているので、片付けるときに余分な力を必要とするからです。

町内の方々で屋根の雪下ろしをしておりますが、1m以上積もっているのがザラであります。こんな時に地震がきたら雪の重みも影響して家屋の倒壊が多発することになるでしょう。その為にも雪を下ろしておかなければなりません。雪下ろしを業者に頼むと作業員一人当たり1万円、雪捨てトラックが1台で25000円が相場となっていると聞いております。ですから、作業員が3人で3万円とトラック代金で5万円~6万円掛かるようです。そんなお金は年金生活者には無理であります。

しかし、天気が晴れて日光がサンサンと照っていることは、雪国の住民としては大変ありがたいことであります。毎日雪が降って寒い日が長く続くと気が滅入ってしまいますが、明るい太陽が出ているとなぜかしら元気がでるのであります。来る日も来る日も鉛色の空から大量の雪が降る日は最悪であり、強いストレスが溜まってしまいます。そんな事も青森県が全国一の短命県になっているのかも知りませんね。

2013年2月27日 (水)

良い天気に恵まれて雪片づけが進みました。しかし、降った量が半端ではありませんから、目に見えて減ったようには感じません。

今日も一日良い天気でありました。積雪は137cmまで減り、気温は-6℃~3.6℃となっておりました。環境放射線の値は参考値ですが、0.029~0.035μSv/hの範囲でありました。午前十時ごろから雪方付けを始めて正午ごろに中断しました。いくら片付けても降った量が半端でありませんから、目に見えて積み重ねた雪が減らないからです。明日の午前中ももう一度片付けたいとおもいます。

雪捨て場は、ご近所のお世話になって近くの空き地に雪を捨てることができるようになりましたので、大変助かっております。根性の汚い、イジワルなお隣さんもあれば、親切なご近所さんもおります。その親切に甘えて明日からも捨てさせて頂きます。本当にありがたいことであります。多謝!

これからは大雪とはならないと思いますが、三月初旬までは警戒が必要だとおもっております。天気が良いときに出来る限り積み上げた雪をスノーダンプに積んで雪捨てに励みたいと思います。腰痛や腕の筋肉痛を我慢しながらの雪かき作業をしておりますが、これ以上悪化しないように注意しながら頑張りたいと思っているところです。

さて、アマチュア無線の方はこれまで交信した局へのQSLカードの発送をしました。H44KW(Solomon)はOQRSで3$払って請求しました。T46RRC(Cuba)へはOQRSが上手く行かなかったのでロシアのマネジャーに直接SASEで請求しました。9U4U(Burundi)はM0RUX宛にSASE(IRC)で請求することで今回の分は終了しました。

最近は豪雪のため、午前中は雪かきをしておりますから、趣味の無線のログブックがほとんど進みませんでした。いつもでしたら一日に10局程度交信したものですが、この所はさっぱりであります。また、第二の趣味であります、弘前おもちゃ病院の定期開院日が24日にありましたが、例の暴風雪と大雪で除雪車が城西団地に来なかったため、車高の低い軽自動車では腹が使えて走れませんでしたので欠席せざるを得ませんでした。

その代わり、3月2日(土)には弘前おもちゃ病院の出張修理が岩手県の野田村であります。内容は「学習支援、ひなまつり、茶話会、おもちゃの修理」となっており、弘前大学の学生と弘前おもちゃ病院のメンバーを中心としたボランティア活動に参加してきます。朝7時にバスで弘前を出発、午後6時半に弘前に帰る日帰りの活動であります。

2013年2月26日 (火)

豪雪、地吹雪、氷点下の日が続きましたが、今日は朝から晴天で一息つけます。

Dsc03702 Dsc03703 本日は晴れておりますが、昨晩 5cm程度の降雪がありましたので、少し雪かきをしました。この程度の量だと楽な作業ですが、30cmをこえると半日の作業となり、重労働に変化してしまいます。気温は、1℃で環境放射線値(参考値)は、0.037μSv/hとなっております。太陽が出て陽光うららかな暖かい一日となりそうです。24日の地吹雪は何処に行ったという感じがしております。やはり、太陽の光はありがたいものです。

Dsc03701 昨日の弘前市内は除雪が追いつかず、交通渋滞が発生して救急車が搬送に1時間以上かかったり、バスが動けなかったり、JR奥羽本線がストップ、バス路線も運休、弘前大学の入学試験が交通マヒで受験生が遅れたり、交通事故も多発しました。今日は弘前市内の幹線道路を日中も除雪して交通を確保するそうです。その後、住宅地の市道を除雪すると報道されております。

しかしながら、豪雪による被害が多発し、交通状態が悪化してからでないと行政は重い腰を上げないようであります。全てが後手後手は毎度のことでありますが、もう少し臨機応変に雪対策を講じて欲しいものです。事態が悪化するのを待ってから動くのであれば誰でも出来ることでしょう。

我が家の前の6m幅の市道も車が一台通れる程度の道幅となってしまいました。車が来ると歩行者はどこかの家の玄関に退避して交わしている状態です。もう除雪だけでは限界でしょう。排雪は毎年一回しかやってくれませんから、今年はもう来てしまいましたので2回目の排雪は無いでしょう。20億円もの除雪費、自衛隊への災害派遣要請をしても、住宅地までの排雪は無理のようであります。

2013年2月25日 (月)

弘前市の積雪深が153cmに達しました。観測史上最高値だそうです。A92GEとRTTYでQSOしたカードをゲット!

20130225Dsc03693_2 弘前市の積雪深が153cmに達しました。観測史上最高の値だそうです。天気は雪、気温は朝方がマイナス7℃で現在はマイナス3℃であります。環境放射線値(参考値)は、0.034μSv/hでした。朝から雪かきをして午後3時に片付け終わりました。庭にはピラミットみたいな雪の山が出来ております。もう、雪捨て場が満杯ですから自分で処理しております。

Dsc03696 Dsc03697 私がブログで豪雪災害なのだから、弘前駐屯地の陸上自衛隊に災害派遣を要請しなさいと言っておりましたが、昨日になって漸く弘前市長が要請したとの事でした。後手、後手の見本ですよね。素人の私でも災害派遣が必要と言っているのに、行政は前例を重んじて何もしませんでした。葛西市長は斬新的な考えの人だと思っておりましたが、雪対策に関しては、これまでの市長となんら変わりがありませんでした。期待はずれもはなはだしいところです。

Dsc03698 いずれにしても、弘前市の雪対策は机上の空論が多くて実情に即した対策とはなっておりません。雪国だから雪が降ることは当然なのですから、住民が楽しく冬期間を過ごせるようにすべきなのです。しかし、住民に玄関前の雪は各家庭で処理しなさいと言っておきながら、その雪捨て場がスノーダンプを押していく範囲にはありません。除排雪も冬期間1度しか来ませんから、市民は雪と格闘をして生活道路を確保しております。

毎年、同じことの繰り返しをここ数十年繰り返しているのが弘前市の雪対策です。住民感覚からすれば全く改善されいないと思います。インターネットのICTで雪情報なんて笑ってしまうほどお粗末なものです。形だけで実用に乏しいシステムとなっております。そんなものに予算を配分するよりも、除排雪の回数を増やして欲しいものであります。葛西市長、なんとかお願いします。快適な雪国の生活ができるようにしてくれませんか? 弘前市はダラダラと20億円と除雪費を膨らませておりますが、風船ではありませんよ予算は!(渇) もっと効率の良い除雪作業を考えてくださいね! 

Img036 さて、趣味のアマチュア無線では、雪かきの途中に中東のバーレン(Bahrain)からのカードが届いておりました。A92GE局で24MHzのRTTYで2012年11月9日の06:52UTCに交信したものです。バンドとモードでNEWとなりました。しかし、雪かき作業に追われて朝方のDXタイムには出られません。その時間帯は雪かきをしないと車を出せない、玄関から出られないなど、雪かきをしないと生活が成り立たないからです。

NHKの報道でもご存知の通り、弘前市は史上空前の豪雪に見舞われているのです。趣味どころではないことは十分わかっているつもりですが、朝の海外通信の時間帯に雪かきをすることはいたし方が無いのかも知りません。そんな訳で春が待ち遠しい今日この頃であります。♪は~るよこい!(^^;

2013年2月24日 (日)

弘前市は暴風雪に襲われております。地吹雪が住宅地で発生するのは珍しいことです。

Dsc03691 Dsc03690 弘前は終日暴風雪に見舞われており、地吹雪が続いております。最大瞬間風速は20.4m/sで、西北西の風であります。気温はマイナス6.5℃、環境放射線値(参考値)は、0.032μSv/hでありました。小麦粉みたいな粉雪が暴風に煽られ、家の窓という窓は全て真っ白になり、小麦粉でまぶされたようになっておりますので外がみえません。

Dsc03686 Dsc03689 除雪車が来ておりませんから、市道は積雪35cmあり、さらに吹き溜まりでは50cm程度の雪があります。車は腹をこすって走行しておりました。この住宅団地に住んで40年近くなりますが、こんな暴風雪(地吹雪)は初めての体験であります。青森県の上空を通過中の爆弾低気圧のために、JRの交通(奥羽本線:新青森駅~秋田県追分駅間)は全面的にストップしており、高速道路や一般道でも吹き溜まりや、地吹雪による視界不良で交通障害や交通事故が多発しております。

Dsc03692 Dsc03687 どうも今年は、豪雪である上に暴風雪(地吹雪)などの異常な天候が続いております。地球温暖化どころか小氷河期にはいりつつあるという感じがしております。吹雪が止んだら雪かきをしなければなりせんが、まだまだ吹雪は止みそうにもありません。

2013年2月23日 (土)

1A3A(SMOM)の交信証を6年ぶりにコンファームできました!

Img035 区長の交代の集まりから帰ってきた所、航空便が1通届いていました。マルタ騎士団からのもので「6年前」に交信した局です。何度も請求したのですが駄目だった局でした。最近の1A0C局で不要になっていたのですが忘れた頃に送られきました。その局は、1A3A局でありました。CQ WW Contestで交信したもので、2007年10月27日 14MHz/SSBでした。

まぁ、6年も経過したのに1A3A局の交信証をコンファームできたことは結構な事なのですが、あまりにも時間が経過してしまいました。これまで3回、あの手この手で請求してきたのですが、その中の一つがヒットしてのコンファームとなったのでしょう。なお、QSLマネジャーはイタリアのIZ4DPV局でした。

さて、弘前地方は毎日の降雪で相変わらず雪片付けに追われております。もう、強制労働と代わりがありません。雪を片付けないと生活が出来ないのです。行政に頼ることも限界がありますが、さりとて自分で融雪装置などを設置して対処しようとしてもお金の問題があります。年金生活をしていると平均25万円もする融雪装置なんかとても買えないのであります。

昨日も今日も降る雪と格闘しています。弘前の積雪深は137~139cmの間を上下しています。

20130223 天気は雪、気温は氷点下5℃で積雪深138cmとなっております。昨日も今日も雪かきに追われ、ブログの更新もままになりません。昨日は朝起きて洗顔してから一回目の雪かき、2時間程度でやっと遅い朝食を取り、休憩。一時間後に二回目の雪かきを2時間やって遅い昼食を取って休憩。その後、三回目の雪かきで午後4時ころまでかかり、漸く終了しました。環境放射線地値(参考値)は、0.029~0.035μSv/hでした。

本日は10cm程度の降雪ですから、10時まで玄関前と車庫前の雪片付け、路肩の雪の壁の上に積み上げて終了。現在は休憩中で11時頃から勝手口の方の雪かきをします。午後2時からは町内会の区長交代の集まりがあるので、交流センターまで言って、時期区長を引き継いできます。区長は1年交代なのですが、一区が10軒単位で高齢者が多いのためにパスする人がいると10年を待たずに番が回って来ます。

降る雪には勝てませんが、除排雪が上手く行っていれば雪国の生活も楽しいものなのでしょうが、現在の状態では雪と格闘しなければ生活を維持でしません。弘前市の除雪費はとうとう20億円に達しました。春になれば融ける雪に20億円も払わなければならないのです。他の目的に使えるのであればすばらしい行政ができるでしょうし、過ごしやすい環境が作れるでしょう。

2013年2月21日 (木)

豪雪も通り越して災害ですね。自衛隊の災害派遣をお願いします。

Dsc03681 弘前のアメダスのデータによると、積雪深は138cmだそうです。午前9時から雪かきを始め、終わったのが午後3時でした。重労働ですよね! もう、豪雪災害なのですから、弘前駐屯地の自衛隊に災害派遣をお願いするべきです。行政と委託業者だけでは万歳の状態です。気温はマイナス7.2℃で天気は終日雪また雪でした。環境放射線の値は参考値ですが、0.035μSv/hでした。

Dsc03683 さて、朝から雪かきをして、今漸くパソコンと無線機の前に座ることができました。酒の肴は「豚ロース」を塩コショウでさっと炒めて、焼酎のお湯割で一杯やってます。ついでにTwitterとmixiに書きこしております。(^^;
それから、Blogに掲載する記事を書いております。マスコミは記録的な豪雪と報道しておりますが、もっと早く弘前の豪雪を報道すべきだったでしょう。

Dsc03684 明日もおそらく20cm程度の積雪があると思います。もう捨てる場所がないので庭や路肩に積み上げるだけです。玄関前を除雪して裏に回って、裏を片付けてから玄関に戻ると元の状態に雪が積もっております。雪と私のいたちごっこであります。何が原因でこんなに降るのでしょうか。もう、雪かきをしながら体力の限界を感じます。出るのはため息ばかりであります。

2013年2月20日 (水)

弘前の積雪深が127cmまで回復しました!(笑)

Gousetu 弘前市の積雪深は127cmとなりました。気温はマイナス7℃であります。午後6時半ですがノンノンと雪が降っておりますから、明日の朝は150cm近く雪が積もっていることでしょう。明日も2回以上の雪かきが必要になると思います。環境放射線の値は参考値ですが、0.030~0.047μSv/hの間を表示しておりました。

今日は朝から昼までかかって雪片付けに追われました。明日は除雪車がくれば午前と午後に分けて雪かきをしなければなりません。もうウンザリであります。なんでこんなに雪が降るのだろうと呆れ返って居る所です。午後4時まで雪の状況を見ておりましが、天気予報では引き続き大雪が降るとのことですからどうにもなりません。

あ~ぁ!shock

2013年2月19日 (火)

弘前市より積雪量が多い黒石市のアメダスには、積雪深の項目がありません! CT3AS(Madeira)の交信証をゲット!

Kuroisi 弘前市の今朝の積雪深は、アメダスの観測データによると114cmとなっており、本日も雪が降り続いております。気温が1.5℃でプラスの気温ですから、降っている雪も湿った濡れ雪となっております。環境放射線の値は参考値ですが、0.034~0.047μSv/hでした。今年は、弘前市と黒石市周辺が局地的な豪雪に見舞われておりますが、黒石のアメダスには積雪深の項目がありません。是非、黒石市の積雪深を観測できる体制を作って欲しいものであります。

来る日も来る日も雪かきに追われ、ゆっくりと過ごせません。今朝も1回雪かきをしましたが、昼になったところでまた5cm程度積もってしまいました。もう少し待って小降りになってから2回目の雪かきをしたいと思います。敷地内の雪置き場は昨日下ろした屋根雪で満杯ですから、路肩に積んで雪の壁を作っております。

Img033 さて、アマチュア無線の方は昨日、H44KW(Solomon Islands)と30mバンドで交信しました。また、QSLカードは、CT3AS(Madeura Islands)からのカードが航空便で届いておりました。この局とは2013年1月31日に30mバンドで交信したものです。最近は、冬のコンディションですから、ローバンド(1.9/3.5/7MHz)がにぎわっておりますが、もうそろそろハイバンドに移って来るのではないかと思っております。

2013年2月18日 (月)

弘前のアメダスの観測では積雪深が113cmとなりました。天気は曇りで気温は3.2℃です。

弘前のアメダスの観測では積雪深が113cmとなりました。天気は曇りで気温は3.2℃となっており、まだまだ上がりそうですから、暖かい内に屋根雪を半分下ろすことにします。一階の屋根雪で二階の窓が半分塞がりだしました。もう限界ですから雪捨て場が少し空いている内に下ろす事にしました。環境放射線は参考値ですが。0.038μSv/hでした。

さて、弘前市役所の正面玄関には豪雪対策本部の看板がでかでかと出ておりますが、幹線道路と商店街と観光地付近の除排雪が主で住宅地域の除排雪は豪雪対策には含まれていないようです。はっきり言って豪雪対策本部の看板だけ目だって、豪雪対策の方は形だけというのが実情のようです。ここ数十年、城西団地に住んでいる私には除排雪方法が改善されたという実感はありません。

午前1時に10cmの規定も守られておらず、道路維持課は委託業者に除排雪作業を丸投げしているの様子が良く分かります。青森市のように除雪の出動は市側がきめるようにしないと委託業者の都合と気分しだいで除雪が決まってしまします。そのためには、まめに市内を巡回して道路状況の把握をしなければなりません。それに道路維持課と委託業者の連携がまったくなっておりません。

それにリンゴ園が豪雪で枝折れの被害が拡大しているということで、農道の除排雪が加わっておりますから、住宅地の除排雪がままならなくなっているようです。すなわち、毎年のことですが住宅地域が一番最後に除排雪作業の対象になるようです。市民税を支払っているのですから、公平に除排雪をしていただきたいものであります。一戸建て住宅地域の除雪はしないで、市営住宅の駐車場の除排雪は毎日のようにやっております。不公平の見本のような除雪作業をしております。

もちろん、市営住宅の住民は除排雪費を分担して支払っているのでしょうが、それにしても戸建て住宅にすむ前期高齢者としては不公平感を感じます。そうならないような除雪対策をして欲しいとブログでお願いしたところで、馬の耳に念仏、蛙の面に小便、暖簾に腕押しなのでしょうね。(苦笑)

それ以外に不公平だと思うのは、除雪した雪の量が道路の右側と左側では大きな差があることです。ハイドバン(排土板)を進行方向のどちらかに向けるかでそうなるのだと思いますが、たまには除雪の進行方向を変更し、今日が西から東へ除雪したら、翌日は東から西と除雪すればいくらかは不公平感が薄れるのではないかと思うのです。

除雪車の進行方向を見ていると判で押したような順序で除雪しますから、決まった場所に大量の雪を置いて行くことになります。たまには進行方向を逆にするとかハイドバンの傾きを変えるとかして除雪した雪の量が道路の左右で同じ量になるよに気をつけて欲しいものです。17日の日は、私の家の庭にワザとハイドバンで除雪した雪を直進せず、わざわざハンドルを右に切って置いていきました。何か委託業者の個人的な恨みでもあるのでしょうか?

2013年2月17日 (日)

大雪の昨日(55cm)の降雪があったのに除雪車は来なかった。日曜日の今朝、そんなに降っていないのに除雪されました! 日曜日ぐらいゆっくり休ませろ!

本日の天気は雪が降ったり晴れたりの天気で午後から日差しが少しありました。積雪深は120cmで気温はマイナス3℃、環境放射線値は参考地ですが、0.025~0.032μSv/hの間を表示しておりました。snow

昨日来なかった除雪車が今日は午前4時ごろ来ました。いつもであれば午前1時半ごろ来るのですが、そんなに雪が降っていないのに来て、玄関前と車庫前に大量の雪の塊を置いて行きました。除雪車が除雪に来なければ住民が支障の無いように雪を片付けて不都合が起きないようにしている所に、無理やり除雪して余計な仕事を日曜日にやらせております。日曜日はゆっくりと休みたいのが人情でしょう。eye

特に車の走行に支障があったわけでもないし、昨日は大雪でも除雪車が来なかったので、各家庭で不自由の無いように雪片づけをして何の問題も無かったのに、そんなに降った訳でもないのに日曜日の朝に除雪に来て余計な労働をさせるのです。委託業者のご都合主義にはあきれてしまいました。お前らの為に「除雪をしてやっているのだ」という態度が丸見えであります。どうせ来るなら大雪(積雪量55cm)の昨日(土曜日)に来るべきだったろう。アホ!angry

そんなこんなで、除雪車が大量に雪を置いて行ったため、午前7時半から午後3時半まで雪片付けに追われました。日曜日が台無しになった一日でありました。お陰さまで腕の筋肉痛が悪化、腰痛も悪化、おまけに虫歯がうづき出しました。雪かきの疲労が蓄積されて、いろいろな所が不調になっております。膝の関節、足首も痛くなってきました。雪片付けは重労働なのです。shock

2013年2月16日 (土)

弘前市の積雪深が128cmとなったが、ローカルのマスコミは報道しない。これが青森市だと狂ったように報道するのだが・・・。6V7S(Senegal)のカードをゲット。

20130216 Dsc03671 昨夜からの大雪で一晩に45cmの雪が降り積もりました。いままでに最高の128cmの積雪となりました。午前1時には10cmを超えていたのに除雪車は来ませんでした。除雪車の出動基準はどうなっているのでしょうか。大雪だと来ないで小雪のときはジャンジャン来ますが委託業者はどこかおかしくなっているのでしょうか。

Dsc03673 Dsc03676 天気は雪、気温はマイナス3℃で環境放射線値は参考値ですが、0.029~0.039μSv/hの間を表示しておりました。雪片付けて午後1時頃までかかりましたが、腕は筋肉痛で腰痛も酷くなってきております。前期高齢者にとっては重労働であります。これで除雪車がくればまた、玄関や車庫前の雪片づけをしなければなりません。

Dsc03672 Dsc03674 弘前市は除雪予算を追加したはずですが、城西団地まで除雪車が大雪にもかかわらず来ておりません。昨日は城西団地の幹線道路の雪をロータリー除雪車が用も無いのに削っておりましたが、今日見たいな日に除雪しなければいけないのに、天気が悪いときは大儀なのでしょうね。

Img032 さて、アマチュア無線の方は雪かきで運用できませんでしたが、アフリカのセネガルからの交信証が届いておりました。
★6V7S(Senegal,West Africa) 2012-Oct-30 08:40UTC 21MHz/CW
セネガルとは過去に2局と交信できております。このプリフィックスとは初めての交信でした。

2013年2月15日 (金)

12日に地元の熊野宮の中門が豪雪のため倒壊してしまいました。

本日は曇り空で時々雪が降っておりますが、2cm程度積もっただけですから片付けるまでも有りません。気温は1℃で積雪深は90cmと昨日よりは少し消えてきました。温度がプラスになると融ける度合いが早くなります。環境放射線値は参考値ですが、0.035μSv/hでした。

今年は豪雪の為に城西団地の産土様であります熊野宮の由緒ある中門が12日に倒壊してしまいました。これまで熊野宮が雪で壊れたと言う話はきいたことがありません。雪による倒壊もありますが、熊野宮の総代や役員が高齢化して管理が行き届かなくなってきたのも原因一つでしょう。

その内、町会の役員が中門修復の寄付をお願いに来ることになるでしょう。氏子の私達は断れませんのでいくらかは協力しなければならないと思っております。神社を管理するにしても専属の宮司さんが居りませんし、役員達が高齢化していたのでは熊野宮の維持は大変だと思います。総代や役員の若返りも考えなければなりませんね。

しかし、若い人達は神社の役員にと言っても聴く耳はもたないでしょう。となれば、50歳代以上の人達が対象とならざるをえません。お宮の管理は市教育委員会なのでしょうが、地元の人がまめに管理しなければ熊野宮そのものが衰退してしまう事になります。

熊野宮の宵宮や初詣でなどに参拝させていただいておりますが、昔のような活気がありません。少子高齢化が原因と言えばそうなりますが、地域の守り神であります熊野宮を大切に維持し、盛り上げて行きたいものです。

2013年2月14日 (木)

今日も良い天気なので雪捨てをしました。流雪溝の私物化はやめましょう!

晴れた良い天気が続いております。今日も路肩に積んで出来た雪の壁を崩して雪捨て作業をしました。気温は4℃、積雪深は95cmとなっておりなかなか雪が消えません。環境放射線の値は参考値ですが、0.032μSv/hを示しておりました。明日からまた雪が降ってくるとの予報が出ております。2月が過ぎるまでは、大雪がふる事が多いために油断ができません。

しかし、何処の雪捨て場も一杯になっております。城西三丁目の児童公園は先日排雪しましたので捨てやすいのですが、城西三丁目と市営住宅の境にある遊歩道の雪捨て場は坂が急になって高齢者にはきつくなっております。もう排雪しないと捨て場所がなくくなるでしょう。除雪車が置いて行った雪は各家庭で処理しなさいと言うのであれば、近くの行き捨て場の排雪をして欲しいものです。

また、毎回、何度も言いますが「城西団地の消流雪溝は私物化」されており、使用しがたい状況にあります。もう少し市側が広報を徹底しないと私物化している人が勝手に投入口を5箇所程度占拠して自分の雪を詰め込んで他人が使えないようにしております。根性が悪く汚い住民が多いのはどうかと思います。みんなが仲良く使えるような環境が必要です。

さて、今日(14日)はバレンタインデーだそうですが、家内が雪かきご苦労さんと言ってチョコレートをくれました。現職の時代は女子学生から義理チョコをいただいたものですが、退職した今ではそんなこともありません。節分の時の恵方巻き、バレンタインデー、ホワイトデー、などいろいろと売らんがための記念日を作っているようですが、クリスマスやハロゥインなどを含め、日本人と言うのは何でも取り入れてしまうようです。

外国の習慣や宗教を何でも取り入れて同化することは良い面もありますが、日本古来の行事や習慣も大切にして欲しいと思っております。今の所、アメリカに占領されたままで属国扱いとなっております。それ故、日本の将来や行き先が不透明なことはこれからも続くと思います。在日米軍基地が沖縄に70%近く存在し、日本本土の各地にも米軍基地がおかれているのは占領されているとしか思えないのです。

占領ではなく「進駐」、敗戦ではなく「終戦」、敗退ではなく「転進」、そして、大本営発表を続けるマスコミが国民を偏向報道で洗脳、愚民化しております。人工地震という言葉もいわゆるB層は否定しておりますが、今回の北朝鮮の地下核実験が起きた人工地震の波形が3・11の大震災のときの地震波形と酷似していることで否定し続けることはかえっておかしなことになります。

2013年2月13日 (水)

弘前市の除雪費が17億円となりました。この金(税金)は雪が無い地方では他に使えますね。

happy01本日は2cmの降雪がありましたが雪かきするまでもない量で、天気は曇り後晴れとなっております。アメダスのデータでは積雪深が95cmとなっておりました。なかなか積雪量が減らないのは一回に降る量が多いためでしょう。環境放射線は参考値ですが、0.028~0.034μSv/hの範囲で変化しておりました。弘前市は三回目の除雪費を追加して都合17億円となりました。しかし、住宅地までは回ってこないでしょう。eye

町内の消流雪溝は私物化されておりますので住民のものとはなっていない事を昨日書きましたが、玄関前に消流雪溝があっても使わない人もおりますので雪の下に埋もれたままになっております。また、市営住宅の幹線道路にも消流雪溝はありますが、除雪車が積み上げた雪で埋まっております。効率よく町内の住民が仲良く使えるような環境が欲しいものです。snow

さて、アマチュア無線の方は5X8C局は21MHzの電信で交信できております。しかし、それ以外の周波数ではいまだに交信できておりません。本日も18MHzのRTTYを聴いておりましたが弱くて文字にはなりませんでした。まぁ、1回交信できておりますから、これでよいかなと思っております。5X8Cのカードは今日の午後に航空便で直接請求しました。airplane

グアム島の無差別殺傷事件(秋葉原の事件に酷似)、北朝鮮の地下核実験(イスラエルに核実験場を貸与)、選挙運動にインターネットを活用(投票がネットだと改変されますよ)、円安株高は市場に即したものではない(米国のやらせ)、東日本大震災の地震の波形と北朝鮮の核実験(波形が同じ=人工地震)などの報道にコメントをしてみました。eyeglass

人工地震は終戦間際に東海で使用されきました。淡路・神戸大地震も人工地震の疑いがあります。3/11の東日本大地震は完全に人工地震です。北朝鮮の地下核実験の地震波形が全てを語っております。人工地震を否定している皆さん、この辺でボツボツ覚醒しませんか。日本を滅亡させるためにはこれからもTPP参加(全ての分野を米国に開放)、消費税増税(8~10%で米国にみつぐ)、不正選挙(ムサシ)などで米国が攻めてきます。sad

2013年2月12日 (火)

弘前市の城西団地の消流雪溝は市のものですが私物化がはびこって利用しがたくなっております。

天気は晴れ足り曇ったりで雪は降っておりません。気温はマイナス0.6℃、積雪深は98cmでした。環境放射線の値は参考値ですが、0.029~0.033μSv/hでした。本日は昨晩降った大雪を片付けました。例によって置き場所が無くなったので、80m離れたところまで運んで雪すてをしておりました。この所、消流雪溝の私物化が横行しており、自分の家の前に作られた弘前市の消流雪溝を自分のものだと勘違いしているのか、私が捨てにいくと「この消流雪溝は家の前に設置された人が優先だから、あなたは私達が捨てた後にしてください」と言われます。

ところが、家の前にある人が常に消流雪溝の投入口を雪で満杯にするため、私が捨てに行っても利用できないようにしております。結局、もう一軒先の家の前にある投入口を利用することにして行き捨てに行くと。「家の前をスノーダンプを押して通ると滑りやすくなる」といやみを言うのです。歩道や市道はだれが歩いても問題ないのですが、家の前を歩くなと言わんばかりです。

そんなこんなで、城西団地の消流雪溝は市のものですが私物化がはびこって利用しがたくなっております。もうすこし、市の広報にはみんなで使いなさいということを小さい文字で書いておりますが、町内の回覧板を利用して周知徹底して欲しいものです。たまたま自分の家の前に消流雪溝の投入口があるからと言って自分のもののようにしないで欲しいものです。

たかが春になれば融けてしまう雪のために、隣近所と喧嘩しても気まずくなるばかりですから、言われると反論しないように、喧嘩にならないようにしておりますが、心の中は穏やかではありません。また、市の遊歩道が近くにあり、市側も雪捨てをしても良いと言っているのですが、そこの近くの市営住宅の住民が文句をつけて雪を捨てさせないように捨てる通りを雪で閉鎖したりして意地悪をします。

城西団地の消流雪溝は私物化(他人に使用させない)、市の遊歩道に雪をすてさせない等、今年の冬は城西団地の住民がこんなに意地悪な人達ばかりなのかと40年住んでいて初めて知りました。雪と戦うためにはお互いに協力し合いし、お互いに助けあい、思いやって雪に立ち向かわなければなりません。定年になって毎日日曜日になってみて、住民の質(性格)が悪くレベルが低く、根性が悪い住民(自分が良ければ)が多いなと感じた次第です。かつて、町内の副町会長、総務部長を経験し、「40周年記念誌の製作」、「町会旗の製作」、「40周年記念式典を担当」した者としては慙愧に耐えないのであります。

話は変わりますが、今日は特定検診ということで内科に行ってきました。年に一度の健康診断ができますので、毎年利用しております。人間ドックはあまりやっておりません。今回は血液検査、尿検査、肺のレントゲン、心電図、血液検査に前立腺検査を入れました。朝食抜きでしたので雪かきの後に検診に行くのは「すきっ腹」でしたから結構つらいものがありました。

Img031 さて、趣味のアマチュア無線の方は、交信証が2通はいたつされました。マルタ騎士団(1A0C)はSASEで請求していた分は届きました。その後、あまりにもコンファームできないのでOQRSで請求したのですが、その交信証が本日届いたのです。

★マリアナ諸島(テニアン):日本人のグループが運用した局です。ペレーターは、JA1NVF,JJ2VLY,JQ2GYU,JA1LZRの各局でした。
TINIAN Northern Marianas:NH0J(24MHz/SSB) and NH0Z(10MHz/CW)
★マルタ騎士団
(SOVEREIGN MILITARY ORDER OF MALTA:SMOM) 1A0C14MHz/SSB,18MHz/SSB,21MHz/CW/SSB

Img030 また、先ほどまで5X8CのRTTYを21083.1kHzで傍受しておりました。信号が弱くて文字化けが多発していたので、時々150Wの出力で呼んでちょっかいをかけましたが、ほとんどワッチのみでおわりました。ヨーロッパの壁が厚いように思いました。

2013年2月11日 (月)

またまた弘前市の積雪深が101cmとなりました。もう地獄ですね!

101cm とうとう1月17日以来、またまた積雪が101cmを超えました。まいったなぁ、いくら雪かきをしても切が有りません。あ~ぁ!

青森市が1mを超えるとマスコミは狂ったように報道しますが、弘前市が1mを超えても、毎年のことですがあえてほうどうしません。

これもマスコミの偏見と偏向報道が地方でも現実になっているのだなと思いました。アメダスが1mを超えたということは住宅地では150cmにもなっているということでしようね。

さぞかし、弘前城雪燈籠まつりはにぎわっていることでしょう。市民は雪かきで祭りどころではありません。あ~ぁ!gawk

また大雪が降ってしまいました。これから2回目の雪かきをします。

朝から雪が降り続いております。午前9時のアメダスの積雪深は91cmを表示しております。環境放射線の値は参考値ですが、0.029μSv/hでありました。今日は終日雪が降るという予報で津軽地方には大雪注意報が出ております。これからでも2回目の雪かきをしなければならないと思っております。

昨日ゆっくり出来た分だけ、今日はドサッと降ってくれました。冬将軍は甘くありませんね。休んだ分だけ働かせるようにしているようです。雪片付けはおそらく2時間程度かかると思います。あぁ・・・。sad

2013年2月10日 (日)

今日は降雪が無かったのでゆっくり休んでおります。

晴れたり曇ったりの天気が続いています。今日は降雪も無く穏やか一日となっております。気温は1℃で気圧は1010hPa、環境放射線値は参考値ですが、0.028μSv/hとなっています。雪かきをする必要がないのでゆったりと過ごしております。これまでこのBlogに雪の苦情を相当数書いておりますが全く反応がありませんでした。しかし、昨日の朝、近所の方からBlogを見ているよと言われましたので一安心しております。

Dsc01837 昨日は15cm以上の降雪があったため、町内では除雪車が置いて行った大量の雪を片付けるのに早朝から忙しく雪片づけをしておりました。土曜日ぐらいはゆっくりしていたいのですが玄関や車庫前の雪を片付けないと出入りが出来ないのです。量が半端でなく多いために半分程度は除雪車が削って行った後の路肩に積み上げておきました。

排雪は雪が融けて少なくなった時にやるのでしょうし、昨日のように大雪の時には排雪が必要なのに来ません。どこか狂っているとしか思えないのは私だけなのでしょうか。私とて前期高齢者ですから何時までも元気に玄関先の雪を片付けられるとは限りませんから、どうか住民の高齢化に相応しい除排雪方法をとって欲しいと思っております。

さて、趣味のアマチュア無線ですが受信だけ続けておりました。しかし、これと言った海外局が出ておりませんでしたので、オセアニアのKH2/G3ZEM局が 21024kHzで交信しているのをワッチしながらインターネットを楽しんでおります。

2013年2月 9日 (土)

弘前市の高齢化に向けた雪対策の推進はなっておりませんね。

気温はマイナス2℃で気圧が1010hPa、天気は雪後晴れたり曇ったりとなっております。環境放射線の値は参考値ですが0.029~0.034μSv/hを表示しておりました。雪の方は、昨夜から今朝まで15cm程度の降雪がありました。午前1時の時点で10cm以上の降雪が有った場合に弘前市は除雪車と出動させるということなので、その通りに除雪車来ました。

しかし、以前は3日も除雪車が来ない事がありましたが、午前1時を過ぎてから10cm以上の降雪が3日間続いたこのになります。これでは道路環境が悪くなるばかりですし、住民の雪との戦いも大変なものとなります。どうか、除雪車の出動基準にとらわれず、臨機応変に対応して欲しいものです。

Hirosakikouho 弘前市は、平成18年度に世論調査を実施した結果、雪対策を要望する住民の回答が多かった事が判明したと報告しています。引き続き、「弘前市地域ICT利活用モデル構築事業~快適でふれあいのある雪国生活の実現~」と題して弘前市企画部情報政策課が平成20年6月19日に電子自治体の推進に関する懇談会を開催しました。しかし、平成25年になってもほとんど改善が見られないモデル事業になっているようです。

住民からの要望は、
(1)除排雪に関する情報提供が不十分である。
(2)積雪時において住民から担当への要望、苦情が殺到し電話がつながらない。
(3)積雪による交通渋滞でバスが遅れることが頻繁におこるが、利用者はその遅れた時間がわからず、寒いところで延々と待たされている。
(4)屋根の雪おろし、雪片付けなどをしてくれるボランティア団体や業者との連携体制が不十分であり、市一体となった雪対策がなされていない。

と言うものであります。

しかし、平成18年度から平成25年まで7年以上経過しているのですが、今日に至ってこれら4項目の要望事項はほとんど改善されていない。広報ひろさきの平成22年12月15日号の2ページには「高齢化に向けた雪対策の推進」と題して、常設工区の広域化による迅速な対応、除雪委託工区102から17へとあるが、高齢者に優しい除排雪に関しての記載は全くないのであります。要するにお題目だけ立派で、実現性がないことを机上で議論しているだけの様子が見えてきます。

まぁ、お役所仕事でありましょうから、仕方がないと言えばそうなりますが、2日前の排雪のときも、住民には連絡がありませんでしたから、道路維持課と委託業者の連携が全く取られていないことは体験済みであります。雪対策に関しては、今も昔も改善が見られないのが実情でありましょう。

委託業者の除雪技能のお粗末さ、午前1時に10cmの降雪にこだわる市と業者、雪捨て場まで車で雪捨てにいける住民は良いのだが、雪捨場まで行けない住民や高齢者は自分で雪の処理ができません。豪雪対策本部は名前だけ、弘前城雪燈籠まつりは市民以外のもの、市民は豪雪の処理で弘前城雪燈篭祭り所ではありません。

本日の朝も除雪車が来て玄関前に大量の雪の塊を置いて行き、車が出られませんので仕方なく雪を片付けました。(刑法の124条 往来妨害罪)玄関前の雪は各家庭でお願いしますと市役所では言っておりますが、片付ける場所がどこにあるのでしょうか。お金を出して業者に頼みなさいと言うことでしょうか。それとも、市の融雪装置購入時の無利息融資を利用して融雪機を買いなさいと言う事でしょうか。

それとも、地下水を利用した融雪のための井戸を掘りなさいということでしょうか。いずれにしても高額なお金が必要となります。お金の無い人はどうすれば良いのでしょうか。「地域ICT利活用モデル構築事業」、「地域除雪支援事業」、「除雪技術講習会」、「通学路やボトルネック個所の早期対応」等と毎年同じ取り組みを弘前市の広報は掲げておりますが、お題目は結構ですが毎年、実現できていないのが実情でありましょう。

2013年2月 8日 (金)

5X8C(Uganda)の局と交信できました。雪かき疲れのご褒美かな?

5x8c 午後になっても風が強く、吹雪状態が続いております。ひとどおり自分のブログやホームページや電子メールのメンテナンスが終わったので、久しぶりに21MHzの電信バンドを聴いておりましたら、5X8C(Uganda)が出ているのに気がつきました。21MHzではバンドニューでしたので21024kHzより高い21029.6kHzで30分ほど呼んでおりましたが、16:21JSTにやっと更新することができました。

アフリカのウガンダ国とは過去に3局と更新済みです。5X5GK,5X5BD,5X1NHと14MHz/24MHzで交信しております。今回の5X8C局はフランスのチームがペディションで運用しているものです。オンラインログがリアルタイムで利用できるので、交信してから数分以内に確認できて便利です。交信証はF1NGP局宛にダイレクトかOQRSで請求できます。

暴風雪の天気でしたが幸いスノーノイズが発生しておりませんでしたので、信号が弱い割には良く了解できておりました。雪かきで疲れて趣味どころではないと思っておりましたが、たまには聴いてみるものですね。happy01

最大瞬間風速20.2m、暴風雪であります。暴風雪警報が発令されたままです。

20130208 青森県上空を通過している発達した低気圧の影響で弘前地方は暴風雪となっております。最大瞬間風速は20.2mであり、暴風雪警報が発令されております。積雪深は85cmとなっておりますが、今朝は10cmの降雪がありましたので雪かきを2時間程度しました。腰も腕も筋肉痛なので湿布薬を貼って頑張っております。

昨日排雪してくれましたので、今日降った雪は排雪して空いたところに積み上げることが出来ました。いずれにしても立春が過ぎても春はまだまだ先のことで、これからも大雪に見舞われることでしょう。気温はマイナス1℃で環境放射線は参考値ですが、0.029~0.031μSv/hでありました。

さて、報道によると「中国海軍艦艇による海上自衛隊護衛艦への火器管制レーダー照射に関し、7日夕に中国国防省が北京の日本大使館に対し、日本側が対外公表した内容は事実に合致しないと伝えてきたと言いいますが、もし、中国艦艇ではないとすれば日中の戦争を画策している米国の産軍共同体の裏技であったのだろうか。

偶発的に日中が戦争をはじめることで儲かるのは倒産寸前の米国でありますから、北朝鮮や上海閥のグループを利用して尖閣問題を餌に戦争を始めようとしているように思えてなりません。太平洋戦争の原因となった真珠湾攻撃は米国が事前に判っていたのに、ワザとさせたのも米国の経済破綻を救うために、日本が利用されたと言うのが通説となっております。

今回も偶発的に日中戦争が勃発すれば喜ぶのはアメリカであります。東シナ海で日本の護衛艦に火器管制レーダーを照射したのが中国艦艇ではないとすれば、私見でありますが米国の原子力潜水艦か軍事衛星がちょっかい出したのかもしりません。これは私の深読みであり憶測であります。そうでない可能性が高いことは勿論のことであります。(^^;

さらに、ロシアの戦闘機が日本の領空を侵犯したということに対して、ロシア側はきっぱりと否定しております。それに、中国からの汚染物質報道に関してもどうもヤラセのよう感じてなりません。日中関係を悪化させたい勢力、北方領土交渉を妨害している勢力、中国の環境汚染を協調することで日中貿易の関係悪化させようとしている勢力、日本を戦争に引き込もうとするグループがマッチポンプ技法を駆使して活動しているようです。

また、徹底的に小沢潰しに力を入れているのは小沢一郎氏が米国にとって都合が悪い考えを持っているためで、検察の特捜部やマスコミを利用してとことん潰しにかかっております。12月16日の衆議院選挙では不正選挙が行われたということがネットで話題になっておりますが、これも裏には「日本未来の党」潰しと自公の政権復帰を画策した米国の指令があったのではないのでしょうか。

話は趣味のアマチュア無線のほうになりますが、雪かきで疲れて居るために趣味を楽しむ元気がありません。そのため、自分のBlogやHPのメンテナンスをしながら、ラジオの国会中継を聴いているところです。毎回のことですが、小学校の学芸会を見ているような錯覚に陥ります。事前に質問事項が提出されていないから答弁できないと平然という閣僚たちの発言には幻滅を感じております。卑しくも、国の政(まつりごと)をつかさどるのですから、事前に大臣たる者は担当の省庁の勉強をしておくべきでありましょう。

2013年2月 7日 (木)

天気が良くて雪が半分消えた頃に除排雪がなされました。大雪のときに来るべきだったと思う。

Dsc03664 Dsc03667 今日の弘前市はの天気は晴れのち曇りで降雪はありませんでした。気温は2℃で気圧は1000hPa、積雪深は75cmで昨日と同じです。また、環境放射線の値は参考値ですが、0.043μSv/hを表示しておりました。

Dsc03665 今日になって漸く除排雪がありました。それも午前9時頃でしたから、路肩の雪を排雪前に道路に出すことができませんでした。排雪の知らせが無いまま突然除排雪が始まったので驚きました。排雪するならすると町内会に連絡して欲しいものです。ここ4日程度は雪がほとんど降りませんし、気温が上がっていたので相当量の雪が融けました。路肩の雪も人力で片付けました。

Dsc03669 大雪が降って積雪が1mを超えた1月下旬頃に来なくて、天気が良く雪が半分程度融けて消えた今頃になって除排雪とは笑わせます。丁度、生ゴミ、燃えるゴミを出す日でしたから、路肩にまとめておいたゴミが邪魔になり排雪に支障をきたしておりました。事前に排雪の連絡が無いために道路の路肩に積んだゴミを一度片付けることで対処しましたが、どうも連絡が不十分であるなと感じました。

Dsc03668 ロータリー車での排雪ですが積み上がった路肩の雪を20cm程度削って行くだけでしたが、そでも以前よりは少し道路幅が広くなりました。午後から日本海にある低気圧のために雪が降るとの事で、大雪注意報が出されました。本日排雪されましたので少々降っても問題がないと思っております。

いずれにしても、市側と町内会の除排雪関係の連絡が上手く取れていないことが良く分かりました。これだもの大雪の日でも3日間も除雪車が来ない訳です。除排雪の日を事前に町内に知らせると住民が一斉に雪を道路に出すために事前に知らせないように聞いておりますが、それは業者と市側の都合からであって、町内としては色々な行事やゴミ出しの日もあることから、除排雪とぶつからない様に事前に通知して欲しいものです。

2013年2月 6日 (水)

関東の雪、火器管制レーダーの照射、女子柔道の暴力などをつぶやきます。

水曜日の朝は曇りの天気で気温はマイナス2℃でした。環境放射線は参考値ですが、0.026μSv/hとなっておりました。積雪は75cmとなっており、昨日と比べてもあまり変化がありません。気温がもっと上がらないと雪が融けないために積雪が減る様子が見られないのです。それでもこのところ降雪量が少ないので色々な面で助かっております。

さて、関東地方の沖にある低気圧のため、関東平野にも雪が降り出したとの報道がありました。また、先月の大雪のように滑って転んだり、交通障害が発生したりするのでしょう。私達雪国に住んでいる者にとっては毎日のことですから、関東方面の雪の報道を見ていると滑稽に見えてなりませんし、安全思考、危機管理が平和ボケで低下し、雪に対する考え方がなっていないのが良く分かります。

また、東シナ海の公海上で1月30日に、警戒監視中の海上自衛隊の護衛艦が、中国海軍のフリゲート艦から射撃の照準を合わせる火器管制レーダーを照射されたと5日に防衛省はが発表しました。レーダーを照射されてから6日も経過してから発表するとは有ってはならない事で危機管理の無さが露呈しました。
★参考:火器管制レーダー:射撃管制装置(Fire control system、FCS、射撃統制装置、火器管制装置、射撃指揮装置)

発表が遅れた理由が火器管制レーダーの情報を詳細に分析するためだったと言いますが理由にはなりません。尖閣問題で中国海軍を刺激しない事を優先した為でしょう。本来ならば当然砲撃、対艦ミサイルを発射されても仕方が無い状況にあった訳です。そんな危険な一発即発で戦争状態になる可能性が高かったのですから、ただちに中国当局に抗議するべきであったと思います。

時系列が前後になりますが、先月19日に同じ海域で海自護衛艦「おおなみ」の搭載ヘリコプター「SH60K」が中国海軍からのレーダーを照射されたとみられています。このときに即刻中国政府に抗議していれば海上自衛隊の護衛艦への二度目のFCSの照射は無かったと推測されるのです。

中国のご威光に恐れをなしている訳ではないのでしょうが、危険なFCSの照射があったことは直ちに中国政府に抗議すべきなのですが、そこには外務省という伏魔殿が控えておりますから、上手く行かなかったもしりません。北朝鮮の工作船問題や魚釣島沖での中国漁船との衝突事件、今回のFCS照射問題等、一事が万事、日本政府の決断は常に後手後手の状態であります。昨日も書きましたが米国の属国の歴史が長いために、自国がどうあるべきかを見失っているのではないかと思っております。

敗戦後68年間の米国による属国化(占領政策)が原因で弱腰外交になっているのでしょうか。自分の意見を言わない最近の若者のような日本国の外交であります。民主党が政権を担当していた時に仙谷さんが中国漁船の船長の釈放問題で「柳腰外交」と言って笑われましたが、外交もその程度のものとしか認知されていないのであります。まさに、弱腰外交の見本が日本の外務省がやっていることでありましょう。

次は、日本柔道連盟の女子柔道暴力、パワハラ問題に関してですが、吉村理事も辞任することになったと報道されました。
★吉村強化担当理事が辞任 徳野コーチも暴力認める

http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013020501001788.html

女子日本代表の園田隆二前監督も吉村和郎強化担当理事も警視庁所属であることが原因の一つではないのでしょうか。暴力、パワハラが発生しやすい職場でありますから、女子柔道の指導関係にも影響したのではないかと思っております。徳野和彦コーチも暴力行為を認めて辞任したと言うことですが、この際、日本相撲協会のように内部の組織を見直し、膿をだして体質を改善して欲しいと思います。柔道連盟の役員や担当者達の頭を据え変えただけでは何の解決にもならないでしょう。

柔道のような古い体質のままでの「シゴキ」のような練習では選手が上手く育たない事は明白なのですから、時代に即した近代的な練習、指導内容としていただきたいと思います。特に女子柔道では指導内容の改善が急がれます。同じくロンドンで金メダルがなかった男子柔道の指導方法も改善する必要があることは論を待ちません。

2013年2月 5日 (火)

昨日も今日も除雪車が来ません。積雪は76センチであります。

昨日の夜は雨が降っておりましたが、今朝は雪が3センチほど降っていました。早速雪かきをして降った雪を昨日スペースを空けた庭に積んでおきました。気温はマイナス4.5℃、積雪深は76cmでありました。環境放射線は参考値ですが、0.034μSv/hを表示しておりました。立春が過ぎて三寒四温を繰り返しながら、季節は確実に春に向かっております。

さて、昨日は私が住んでいる区画以外の排雪をしておりましたが、どういう理由なのか私の区画には排雪に来ません。何か排雪に来れない原因があるのでしょうか。まったく心当たりがありません。同じ市民税を払っているのになぜか除外され続けております。道路維持課の職員の個人的な恨みでもあるのでしょうか。(苦笑)

そんなこんなで雪が問題で隣近所が言い争いをしたり、気まずくなったりしております。春になれば融ける雪で喧嘩まで起きていると聞きます。除排雪が来ないことが原因で、雪害以外に近所付き合いにもトラブルが多発しているのが現状であります。

その為に、自力で遠くまで雪捨てに行かなければなりません。雪かきで体調を崩し、腰通や筋肉痛で医者通いが増えております。その分、弘前市の健康保険の出費(医療費)が増大しており、除排雪の費用(4億円追加)と共に損失に輪をかけております。まぁ、悪循環の繰り返しとなっておりますが、弘前市は何の対策もしておりません。

除雪費が不足すれば国にねだれば良い、医療費が赤字であれば国保の保険料を上げれば良いと安易な考えで居るために、気の緩みもあり職員の事務処理のミスが増加していると聞きます。それを考えると除排雪に来ないのも何か分かるような気がしております。要するにどうでも良いということでありましょう。

2013年2月 4日 (月)

OX6YL,FM5BHなどの交信証がJARL経由でとどきました。弘前市の積雪深は74cmです。

Img028 今日も朝から良い天気です。降雪はありませんでした。積雪深は74cmにまで下がっております。気温は4℃となっており、立春だけあって穏やかな一日になりそうです。環境放射線の値は参考値ですが、0.032μSv/hを表示しておりました。

暖かい内に路肩と庭に積んである雪を片付けました。立春とは言え大雪になりやすい2月ですから、大雪が降っても雪を片付けておく場所を確保しておかないと大変なことになります。路肩とか庭に積んで置いた雪は、天気の良い日に流雪溝や公園へ捨てに行く事になります。いまだに除排雪は来ておりません。雪が消えた頃に来る予定なのでしょう。

さて、趣味のアマチュア無線の方は、連盟(JARL)経由の交信証が届きました。結構な枚数が入っておりました。主なエンティティは順不同ですが、
OH/JA5AQC,PJ2T,KH2/JF2CRP,AH0BT,FO8RZ,
W7CT(40m),
A52KJ,A52VE,A52JY,5B/G4IRN,FM5BH,OX6YL,SP100MSC,
DF60JFA,LZ907SKB,LZ1515PSB

などからのカードでありました。連盟経由のカードにはバンド、モード共にニューはありませんでした。

Img029_2 話は教育関係になりますが、学校は「ゆとり教育」をやめて学校週6日制に戻すようです。その理由は学力の低下を招いたからだそうです。しかし、ただ単に授業時間を多くし、教科書を厚くすれば良いということだけでは、これまでと変わらないと思います。勉強ができる子供と出来ない子供をどのように扱うか、6・3・3・4制をどうするのか、現場の教師のレベルアップをどうするのか、部活担当の教師の労働時間をどうするのか、様々な報告書や資料作成の煩雑さをどうするのか等を総合的に判断して改革しなければ効果は出てこないと思います。

また、政治の方は小泉政権時代の新自由主義方向に回帰しておりますが、円安も株高も消費税増税の為の演出だと思えば良いと思います。国民の懐は豊かにはなっておりませんし、物価と消費税が上がればなおさら景気が悪くなるでしょう。それに国家予算はゼネコンが儲かるような物となっており、医療、介護、福祉、年金関係はレベルが低下するばかりであります。

それに、投票率が良かったにもかかわらず、異常に低い投票率になっておりました。ネットでは盛んに不正選挙と「ムサシ」の関係が話題になっておりますが、マスコミは取り上げようとしておりません。日本の原発の警備はイスラエルの警備会社が一手に引き受けていることや福島第一原発事故の処理状況の報道がなされないままになっております。今度はソマリアの海賊対策として、日本船籍の船舶や日本関係船舶に外国人の武装警備員を乗船させる事が出来るように法案を提出するとの事です。

日本の原発の警備はイスラエルに任せ、日本の船舶の警備は外国人の武装警備員にまかせ、選挙の開票は株式会社「ムサシ」に任せ、自衛隊の警備は警察に任せ、国政は財務省を中心とした霞ヶ関の官僚に任せ、防衛は安保条約でアメリカに任せ、情報の隠蔽と偏向報道はマスコミに任せて国民を騙す・・・、日本国は何処にあるのでしょうか?

2013年2月 3日 (日)

今年は4回に分けて津軽三十三観音参りをする予定でおります。

Dsc03123 昨日は気温があがり小春日和で暖かく過ごすことができましたが、今日は一転して吹雪の天気になっております。気温が氷点下4.5℃ですから、昨日融けてシャーベット状になってしまった道路の雪はワダチガでき、それが凍って大変走りにくい路面状況になっております。除雪車がきませんのでデコボコの路面を車が走っておりますが、ワダチに車輪がはまってハンドルを取られてしまうので運転が大変のようでした。

また、環境放射線の値は参考値ですが、0.029~0.035μSv/hの間を表示しておりました。2月にはいって間もないのですが、節分の豆まきや節分の日に食べると良いと言う恵方巻(今年は南南東)の話題でもちっきりです。私の場合は子供達が独立してしまってからは豆まきをしておりません。歳だけは増えて行きます。ですから、前期高齢者は豆まきをすると相当数の豆を撒かなければなりません。

さて、津軽三十三観音参りの計画を先達さんと練っておりました。今年は5月から7月にかけて4回に分けて巡拝することに決めました。ご朱印帳に各札所の御朱印を押しながらの参拝となりますから、人数が多いと一箇所での時間がながくなりますので12名程度で回りたいと思っております。これから、参加希望者を募りますが「津軽山岳信仰グループ」のメンバーを中心に順次連絡をすることにしました。

先達さんの予想では2013年は大変な年になると言うことでした。壊滅的なものではないが自然災害(大地震、巨大台風)、北朝鮮の核実験問題、北アフリカ情勢、イラン問題、世界経済恐慌などがあげられます。

その為、今年は大難が小難になるように観音参りでお願いする事にしております。しかしながら、そんなことには無頓着な国民が多すぎると思っております。先達さんが言うには、現在は神によって人間が選別される時期に入っていると言う事で、地球が大変なことになると「ノアの箱舟」的なことが起きるのではないかとの事でした。まずは、そうならないように各霊場の観音様にお願いすることにしました。

2013年2月 1日 (金)

2月に入ってしまいました。日ごろ思っていることを呟いてみます。

とうとう2月に突入してしまいました。2月は「逃げる」、3月は「去る}ともうしますが、月日の過ぎ去る速さは「光陰矢のごとし」の通りだと思います。本日は晴れたり曇ったりしており、雪は降りませんでした。気温は2℃で昼頃までにはもう少し上がると思います。昨日は庭や路肩に積み重ねておいた雪を片付けてしまったので、本日はゆっくりしております。環境放射線の値は参考値ですが、0.031μSv/hを表示しております。

今日は、夕方から私が関係するコミュニティーFM局の新年会があるので出席してきます。新年会と忘年会は欠席したことがありません。新しいビルが出来てからはじめての新年会なので楽しみにしております。出席者はコミュニティーFM局の社員や関係者達ですが、全員若く元気です。しかし、前期高齢者の私は一番の年寄りとなっております。

さて、今週に入ってから、大雪にもかかわらず除雪車がきませんでした。それでも何とか交通が維持されているのは住民の方々の雪かきのお陰でしょう。路面は圧雪状態で維持されておりますので、自動車が轍を作るような状態ではありません。しかし、今日は気温が上がっているので、そろそろ圧雪面も融け出してワダチが出来てくるでしょう。これを除雪車が来て削っていくと玄関前は固まった雪で地獄となります。

積雪が1mを超えても除排雪しないのですから、開いた口がふさがりません。幹線道路の状排雪は良くやっておりますが、どういう理由か住宅街の市道には除排雪をしてくれないのです。例年の2倍以上の降雪量があるのに排雪しないとなれば大問題であります。弘前市長が変わったので、前の市長よりは除排雪に力を入れてくれるのではないかと期待しておりましたが、前よりも駄目になってしまいました。除雪担当の課が変わらないので市長が交代した程度では何の変化もないのでしょう。

話は変わりますが、朝のテレビのニュースワイド番組は、こぞって女子柔道の園田監督の記者会見の様子を取り上げておりましたが、どこのテレビ局も示し合わせたように報道しているのは異様に感じました。横並びが好きな国民性はマスコミと言えども例外ではないようです。しかし、園田監督が率直に自分の非を認めて辞任の意思を表明したことは評価できると思いました。

また、大津いじめ自殺事件を取り上げて報道しておりましたが、その第三者委員会の調査報告書の内容が230ページにもなったということは、大津教育委員会や学校側の体制に欠陥がありすぎたと言う事でしょう。大津だけではなく全国の中学校でも起きている事でしょうから、教師、校長などに期待できないこともあり、イジメ問題の受付窓口の設置や専門の相談員を配置することが急務でありましょう。先生達が労働者に徹している限りはイジメ問題はなくなりません。

マスコミは相変わらず、情報の隠蔽や本当のことを伝えないようにておりますが、それが原因で、テレビの視聴率が低下、テレビの売れ行きが悪い、新聞の購読者が減っている事につながっているのだと言うことに気がついていないのでしょうか。本当のことを報道しない、偏向報道ばかりしているテレビは誰も見なくなるでしょうし、新聞も読まなくなってしまいます。

マスコミがこのままの報道体制(中国や北朝鮮並み)を続けていたのでは、宗主国であるアメリカの思い通りに国民を洗脳し続けることになります。それに権力側にマスコミが買収されて「大本営発表」ばかりしているいる限り、視聴率の向上や購読者の増加は望むべきもありません。東京新聞、中日新聞、日刊ゲンダイ以外の新聞は本当のことを伝えておりませんから購読する価値がありません。

テレビ番組も、クイズ、ぐるめ、観光、お笑い、警察や刑事番組、医師や病院番組等が主流で毎日同じタレントを並べて番組構成をしておりますが、毎日ながめていると飽きてきます。ニュース関係のワイドショーにしても、御用学者、御用コメンテータ、御用タレント、電波芸者達が顔を並べているのも飽き飽きしております。結局、権力側に媚を売る内容ばかりとなっております。特に刑事警察番組や医者を主人公とした番組は見るに耐えないものが多いと思います。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31