フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

雪との格闘が終わって日が暮れて・・・。

今晩はという時間になってしまった。今日は一日中敷地内の枯葉やゴミを拾い集めていた。ゴミ袋の半分程度まで拾い集めました。明日は生ゴミの収集日ですので早速出しておきます。気温は3℃、積雪深は33cmとなっておりました。環境放射線値は参考値ですが0.037μSv/hを表示しておりました。家の周辺の雪は側溝の中だけとなり、目立たなくなっておりす。

アマチュア無線の方はWPXコンテストで賑わっておりましたが、イマイチこれと言ったプリフェックスとエンティティが聞こえませんでしたのでコンテストには参加しておりません。したがって、59001はやっておりません。それよりも、無線のタワーの基礎に凍り付いていた雪を除去するために苦労しました。北側の日陰にタワーがあるのでなかなか雪が融けないのです。

さて、朝鮮半島は風雲急を告げておりますが、アメリカの傀儡政権である北朝鮮政府はアメリカや韓国攻撃できるはずがありませんし、攻撃するようなことがあれば中国政府が黙っておりません。すなわち、オスプレイの沖縄配置の常態化、普天間を辺野古へ移設を確保するための作戦だと見た方が良いでしょう。いわゆる口先だけでパフォーマンスをしていると言うことであります。

2013年3月30日 (土)

漸く雪片付けから解放されました。後は桜の開花を待って花の宴であります。

今朝の天気は晴れで気温が3℃、積雪深は32cm、環境放射線の値は参考値ですが、0.033μSv/hでした。趣味のアマチュア無線は受信だけしております。電波伝搬の状況は黒点数が少なく49でコンディションはイマイチであります。

また、敷地内の北側の残雪も昨日すべて片付けました。道路脇に敷き詰めると2時間程度で消えてなくなってしまいました。太陽熱の力が偉大であることを改めて実感させられました。今日からは雪を片付けなくてもよくなりました。漸く雪との戦いが終了しました。後は桜の開花をまって「花見の宴」をしようと心待ちにしています。

ARRLのDXCCアワードの方は、Mixで339/353、Phoneで331/343となっておりました。CWにはエントリーしておりませんが279となっております。残す所は、MixでP5(D.P.R.K)が1個だけとなっております。Phoneで残っているのは、4U1UN(UN HQ),CY9(St. Paul),FR/G(Glorioso),FR/J,E(Juan de Noba),KP1(Navassa),KP5(Desecheo),P5(D.P.R.K),T33(Banaba)の8個であります。

2013年3月29日 (金)

青森県は全国2位の人口減少県となっております。2040年には100万人をきるそうです。

気温は5℃、天気は曇りったり、晴れたりしております。今日も11時頃から北側の雪片付けを行います。少しでも雪の山を崩しておかないと5月頃まで残っていることがあります。日陰なのでなかなか融けません。環境放射線の値は参考値ですが、0.034μSv/hでした。

昨日タイヤ交換をした自家用車は普通タイヤになったので走行も快適になりました。燃費もよくなると思いますが、いかんせんガソリンの価格が高止まりであります。円安の影響で原油の輸入価格が上がっているからでしょう。

それに輸入小麦や大豆なども値上がりしておりますから、その関連製品も値上げの方向にあります。収入が増えないのに物の値段が上がったのでは、ますます家計が苦しくなるばかりです。企業は儲けた分を溜め込んでいないで、少しでも社員の給料に還元すべだと思います。

企業が空前の黒字だというのは人件費の削減によるものが大きいでしょう。派遣社員、期間雇用、賃金の賃上げ停止等で得られた利益を労働者に還元しないために、個人消費が増えずに景気が上向かないのです。国内の消費を増やすことで景気がよくなり、国の税収も増加するのではないのでしょうか。

しかし、昨日の新聞報道では、生まれてくる人よりも高齢者が増えるために人口が減少してしまうという事でした。そうなれば働ける人口が激減してしまうことになります。
★2040年全都道府県で人口減 秋田35%・東京6.5%(日経新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS27010_X20C13A3000000/

ローカル紙の東奥日報によると、青森県は秋田県に次いで第二位の人口減少県で、2010年の人口が1,373,339人で2040年には932,023人になる予想となっております。これだと青森県の人口が2040年には100万人を割る事になります。また、私が住んでいる弘前市の人口は、2010年が183,473人、2020年が167,913人、2030年が149,788人、2040年で130,978人と推計されておりました。

日本の人口が減少することになれば国の組織も小規模にしなければなりません。これまで平成の市町村合併が行われたことが裏目に出てくることになります。今後は、大合併とは逆に自治体の小規模化と高齢化への対策が急がれることになります。もちろん、少子化対策も必要でしょうし、労働人口を増やす対策も必須となるでしょう。

65歳以上でも働く意思のある高齢者の雇用、働く女性を増やすための保育施設の充実など労働者の人口を増やさなければ国が成り立って行かなくなることは目に見えております。外国人労働者の受け入れも必要でしょうが、これとても限界があるでしょうから、まずは国内で対策をし、不足分を外国人にお願いするという事でやって欲しいと思っています。

2013年3月28日 (木)

今日は気温が二桁の13℃まで上がりました。自家用車のタイヤを夏用に交換しました。

今日の天気は晴れたり曇ったりで気温が二桁となり、13℃まで上がっておりました。積雪深も52cmまで下がっております。私の庭の雪も北側を残してほとんど目立たなくなっております。あの雪は何処に行ってしまったのでしょうと言う所です。環境放射線値は参考値ですが、0.029~0.035μSv/hを表示しておりました。

暖かい一日でしたので、午後から軽自動車の冬タイヤ(スタッドレス)を夏タイヤ(普通タイヤ)に交換しました。ワイパーも冬用から夏のワイパーに取り替えました。これで雪の降らない地方と同じ装備になりました。(^^;

ただし、車自体は寒冷地仕様となっておりますがね。雪国では雪の降らない地方よりは経費が倍も掛かるのです。しかし、県民所得は全国で最下位であります。雪の為に貧乏している訳ではありませんが無駄な出費が多すぎますよね。(笑)

さて、政治の方はTPP交渉参加するそうですが、先の衆議院選挙は「一票の格差」で違憲状態のまま実施されました。裁判では選挙の無効や違憲判決が続出しております。つまり、違憲のまま選挙で当選した議員によって日本の政治がおこなわれている異常な事態なのであります。

違憲状態で当選した政治家によって。TPPだ辺野古だ原発再稼動だと騒いでいるのです。日本の将来を決める事項を違憲で当選した議員によって決められたのではとても容認できるものではありません。そのために、夏の参議院選挙との同時選挙の噂もありますが、選挙をしても「ムサシ」や特定の宗教団体によって集票作業が操作されますので、国民が願った投票動向とは異なった結果がでる事になるでしょう。(^^;

2013年3月27日 (水)

一日中、快晴でありました。DXCCはMIXに引き続き、PhoneでもHonor Rollになりました。

今日は朝から快晴、朝は気温がマイナス4℃(放射冷却)、昼は7℃と温度差が大きいのですが、雪融けが進んで残雪が気にならなくなってきました。弘前市の積雪深はアメダスのデータで53cmとなっております。環境放射線は参考値ですが、0.029~0.032μSv/hでありました。午前中、庭に残っている雪を庭にばら撒いて融かしました。太陽熱で2時間も経過すると無くなってしまいます。

午後は弘前駅前の歯医者さん行って、歯の治療をしていただき、その後はアプリーズで買い物をして帰ってきました。夕食は麻婆豆腐を作って惣菜店で買ったサラダ、酒の肴はカキフライの卵とじで晩酌をしました。本日は一日中良い天気にめぐまれ、春の気分を満喫することができました。ボツボツ冬タイヤを夏のタイヤに交換し、ワイパーも夏用に交換しなければと思っております。

これまでお世話になった雪かき道具も所定の場所に格納しなければなりませんが、北側の残雪がありますからスコップだけは残しておいて、暇な時に氷状の残雪を突っついて処理したいと思っております。

Dxccja7 Dxccphone さて、1月にDXCCのPhoneで331エンティティで申請していたエンドーズメントが承認されたようで、本日、ARRLのホームページで確認したところ、めでたくPhoneで「Honor Roll」にエントリーされておりました。11月にはT33(Banaba)のペディションがあるということですから、今年中には332となりますが、ARRLに追加申請してから処理されるまで平均3ヶ月は掛かっているようです。

(お詫び)
タイトルが「一日中、快晴でありました。DXCCはCWに引き続き、PhoneでもHonor Rollになりました。」となっておりましたが、CWではなく「MIX」の誤りでした。MIXとPhoneでHonor Rollです。訂正してお詫び申し上げます。CWは現在、297Entitiesであります。
m(_*_)m

2013年3月26日 (火)

毎日の一銭にもならない雪片付け作業で漸く、路肩の雪も目立たなくなりました。

Dsc03775 Dsc03704 漸く、雪片づけが一段落しました。天気の良い日は朝から夕方まで雪を片付けておりました。お陰さまでどうやら路肩の雪も目立たなくなりました。この状態にするまで作業に費やした労力は膨大なものとなっております。一銭にもならない無駄な時間の浪費、腰痛と腕の筋肉痛による医療費の上昇、隣近所との雪による軋轢と喧嘩、冬将軍が置いて行った大量の雪によって生活が滅茶苦茶にされております。
(画像左:漸く一段落しました。画像右:豪雪の期間はこんな酷い状態でした。)

Dsc03777 Dsc03717 それでも春は確実にやってきております。弘前公園の桜は4月24日ごろ開花するだろうとの予想が弘前市公園緑地課から発表されました。大阪や東京では満開だそうですが、当地はまだまだ硬いツボミのままであります。本日の天気は晴れ時々曇りでありましたが、昼頃少し小雪が舞ったようでした。気温は3.4℃程度で積雪深は60cmとなりました。環境放射線は参考値ですが、0.032μSv/hでありました。
(画像左:ほとんど路肩の雪が消えました。画像右:厳冬期の酷い状態です。)

Dsc03778 Dsc03696 アマチュア無線の方はXR0YG(Easter)が出ておりましたので、7MHzと10MHzの電信で交信しました。それ以外は雪片付けの最終段階に入っておりましたので聴くだけにしておきました。明日からは雪片付けが一段落しているのでゆっくりと過ごすことができまから、趣味のアマチュア無線の方に力をいれることが出来るようになります。
(画像左:本日、片付けた庭の隅です。 画像右:豪雪期の雪のピラミッド。)

Dsc03776 Dsc03593_3 さて、政治の方は前回の衆議院選挙の違憲判決や選挙無効判決が各地で出されておりますが、当然のことだと思っております。三権分立と言いますが国会に巣くう政治屋が最高裁判決を軽視したことが今回の違憲判決続出に繋がっていると思います。まさか「選挙無効」は出ることは無いだろうと甘く見たことが裏目にでてしまいました。民主党の野田政権が一票の格差に対する違憲判決を無視して解散総選挙にでた暴挙が裏目にでてしまいました。
(画像左:路肩の雪がほとんど目立ちません。画像右:雪の壁がありました。)

11月までの猶予がありますが、いまの安部政権を含む衆議院の議員は選挙が違憲状態で当選したのでありますから、再選挙をしなければ正当な議員ではないと言うことになります。正当な議員でない方々によって国政が牛耳られることは異常なことになります。衆議院の総選挙を「一票の格差を是正」して、その後で再選挙をする必要があると思っております。

TPPへの交渉参加は「百害あって一利なし」です。今から参加しても筋書きが決まってしまっておりますから、日本の要望は無視されます。参加しない方が国益に沿うことになります。安部首相はアメリカの言いなりとなっておりますが、本当の日本人であったならば正気になって欲しいと思います。売国奴、国賊、非国民だけにはならないでください。

2013年3月24日 (日)

今日は弘前おもちゃ病院の定期開院日でありました。電動カーが3台修理されておりました。

今日の天気は晴れたり曇ったりしておりました。気温は2℃で積雪深は66cmとなりました。また、環境放射線値(参考値)は、0.027~0.032μSv/hでありました。雪片付けの方は残雪が目立たなくなったのでやっておりません。この後は側溝に残っている雪を時々突っついて融けるスピードを速くしてやるだけです。雪片付けがないと何と楽なことか、しみじみと初春を満喫しております。(^^;

さて、本日は弘前おもちゃ病院の定期開院日でありましたので、午後1時半に間に合うように軽自動車で出かけました。今日の修理依頼は24件で即日治療が16件、入院が6件、修理不能が2件でした。私はアンパンマンの携帯電話を修理しましたが、単にボタン電池(LR44)の消耗が原因でした。もう一つは、スプーンを差し込むと音がでるおもちゃでしたが、これはプリントパターンと部品の半田付け不良でした。再半田をして修理完了でありました。

後は、他の修理ドクターに手伝っておりました。本日はバッテリーで動く電動カーが3台修理されておりましたが、充電器(6V/500mA)が不良が1台、バッテリー(6V/4Ah)の不良が1台、車輪とモーターの接続不良が1台でありました。どういう訳か電動カーの修理依頼が多かったのが今日の特徴でした。

青森県も弘前おもちゃ病院の小山内忍院長の努力によって、五所川原市、八戸市、平川市、青森市におもちゃ病院が設立されました。こん後は青森県として統一されたあおもちゃ病院の組織(NPO)が必要となると思っております。

毎回思うのですが、私も孫(男ばかり)3人となった事もあり、修理依頼にお母さんと一緒に来る子供達が直った玩具を持って「天使の笑顔」を残して「バイバイ」と言って帰るのが何よりの喜びであります。感謝!

2013年3月23日 (土)

「弘前さくらまつり」の開幕まで一ヶ月前となりましたので弘前公園の桜木の状況を取材してきました。

Dsc03741_2 Dsc03746 今日は天気が晴れたり曇ったりで、気温は2℃で積雪深は67cmとなっております。環境放射線の値は参考値ですが、0.029~0.037μSv/hでした。庭や家の周りの雪もどんどん融けだしており、あまり気にならなくなってきております。積み重ねた雪も毎日少しずつ崩しておくと融けるスピードは速くなります。一番融けないのは隣家との北側の間にあるゆきで氷状態になっております。(画像左:藤田記念庭園の脇から公園方面を写しましたが路肩には雪の壁。 画像右:一番早く咲くと言われる市民会館前の桜木の状態。それなりの膨らみであった。)

Dsc03747 Dsc03750 さて、弘前公園の桜祭りは毎年4月23日から開催されますが、今年の開花予想日は4月24日頃となっております。開催まであと一ヶ月となりましたので、弘前公園の桜木の状況を取材に行ってきました。道路には雪がありませんので自転車を踏んで行ってきました。自転車に乗れるような道路状況になったのは3日前からです。その前はとても雪で自転車での走行は無理でした。(画像左:追手門通りの状況。 画像右:追手門をくぐって写してみた。)

Dsc03749 Dsc03754_2 公園内では桜の枝の剪定作業が行われており、あちらこちらに剪定された枝が根元に置かれておりました。それを委託業者のトラックや市のゴミ収集車が忙しく集め回っているのが目立っておりました。ソメイヨシノの桜木はまだまだツボミが小さく硬い状態でありました。まだまだと言ったところです。(画像左:追手門をくぐって直ぐのところから、植物園入り口方面を写した。まだ路面は雪が多かった。)

Dsc03763Dsc03765  追手門通りの桜木や追手門をくぐって園内の道路を見ましたがまだ雪が残っており、自転車での走行は無理でした。その後、西濠へ回って桜のトンネル付近と二の丸から下乗橋まで取材してきました。雪が平年より2倍以上降った割には公園内の雪融けは進んでおり、昨年よりも融けるスピードが速いようです。(画像左上:二の丸から写した天守閣。 画像右:桜のトンネル入り口の状況Dsc03768。 画像左下:桜のトンネルを入って直ぐの位置。 画像右下: 桜のトンネルのつぼみの状況。)Dsc03771

2013年3月22日 (金)

NTT東日本の弘前でADSL交換機が故障、2時間以上回線を利用できませんでした。顧客に周知を怠っていた。

Nttadsl 今日は曇り時々晴れで気温は5℃、積雪深が74cmとなっております。雪は昨夜から降っておりませんので、昨日降った冬将軍の置き土産の雪を片付けました。あとは今日から始まった高校野球の開会式を見ておりました。青森県から一校も選抜されませんでしたので、関心はイマイチと言う所であります。なんだか不公平な感じがしてなりません。

さて、インターネットをやろうと思っていつものプロバイダーにアクセスしたのですが、繋がりません。ADSLのモデムやルーターを点検しましたが異常が見つかりません。そこでプロバイダーに電話して故障状況を聞いたところ、現在正常に動作しているとのことでした。となると、NTTの回線が故障しているのだろうと言うことで、116番に電話して聞こうとしましたが、「ただいま、電話が大変混んでおりますので・・・」の繰り返しでさっぱりオペレーターがでてきません。

痺れを切らして電話を切ってしまいました。電話が繋がらないと言う事は何らかの故障で問い合わせが殺到しているのだろうと判断し、復旧するまでまっておりました。午後12時過ぎにモデムのADSLランプが点滅をやめて点灯に変わったので何時ものホームページにアクセルしたことろ、正常に接続することができました。どうもNTT東日本は相変わらず殿様商売で、顧客に故障を周知することを怠っていたようです。関連するプロバイダーなどにも連絡すべきでだったと思います。

ラジオやテレビに「NTTのADSL交換機が故障しているので、弘前市内と弘前ビルの方々はADSLを利用できません」などのようなユーザーへのサービスがあってもよかったのではないかと思います。回線が復旧してから、NTT東日本の故障を知らせるサイトで本日の故障状況を見てみたところ、午前10時から12時過ぎまでADSLの交換機が故障していたことが判明しました。電話で問い合わせてもつながらない、報道機関を利用しない、ユーザーは故障が分かる手段は持っていないのです。酷いものであります・・・。

アマチュア無線の方は、XR0YG(Easter Island)が出ていたので昨晩、7005kHzのCWで交信することができました。バンドニューでありました。後は、TX5KへのQSLカードの発送を行いました。OQRSの方はあまり調子がよくなかったので直接航空便(SASE)で請求しました。また、9M4SLL(Spratly)はM0URX宛にOQRSで請求、H40T(Temotu)はDL7DF宛に航空便で請求しました。

2013年3月21日 (木)

また真冬の景色に戻ってしまいました。冬将軍の最後の悪あがきなのでしょう。

Dsc03739 また冬に逆戻りしてしまいました。冬将軍の最後の置き土産と思われる雪が12cm程度降りました。春分の日の次の日に大雪を降らせるのは嫌がらせ以外の何ものでもありません。冬将軍には直ちに退散していただきたいと思います。

朝の気温はマイナス1.5℃で天気や雪(湿った雪)でした。環境放射線の値は参考値ですが、0.033μSv/hでありました。

Dsc03740 今朝の雪はどうせ直ぐに融けてしまうので、玄関や車庫前だけ軽く雪片付けをしておきました。雪が湿っているためスコップにくっ付いて作業がはかどりませんでした。おまけに重くて力が倍いりました。今年の冬は遅くまで雪との格闘が続くようであります。

さて、19日に弘前公園の北の郭にあるマンサクの花が咲いたと報道されておりましたが、この花が咲くと約40日ごにソメイヨシノが開花すると言われております。だとすれば4月28日頃開花することになりますが、4月は気温が高く推移するとの予報がありますので、早ければ23日、遅くても25日には開花するのではないかと思っております。しかし、天気次第では予想が外れることが多いので保障できないのが正直な所です。
(関連記事)東奥日報の記事

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:keIkEq0Zu_oJ:www.toonippo.co.jp/news_too/nto2013/20130319190542.asp%3Ffsn%3Deb33f76037153e93cde084f7e7644d6f+http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2013/20130319190542.asp%3Ffsn%3Deb33f76037153e93cde084f7e7644d6f&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&lr=lang_ja

2013年3月20日 (水)

彼岸の中日なのでお墓参りをしてきました。H40Tとは7MHzのSSB/CWで交信することができました。

彼岸の中日と言うことで、先祖のお墓参りをしてきました。気温が6.5℃で天気は曇り時々雨でしたが、雨の晴れ間を見て自転車でお寺さんまで行ってきました。この日はお寺周辺がお彼岸の墓参りの車で大渋滞となるから、このシーズンは自転車で行くことにしております。お墓は雪の下でお寺さんの墓地までいけませんので、位牌堂に安置している先祖の位牌に彼岸団子やお花などをあげてきました。

今日の弘前の環境放射線値(参考値)は、0.031μSv/hでした。このところ、天気が良いのと気温が高いので雪融けが進んでおります。我が家の周辺の路肩の雪の壁も漸く解消されました。毎日少しずつ壁を崩して消雪に努めた結果でありましょう。太陽熱に感謝の毎日であります。

さて、アマチュア無線の方ですが、H40T(Temotu)とは19日の12:25UTCに7150kHzのSSBで交信することができました。18MHzに加えて2度目のSSBでの交信となりました。もちろん、7015kHzのCWでもゲットしております。

2013年3月19日 (火)

H40T(Temotu)とSSBで交信できました。これでDXCCのPhoneで332となります。

今日は天気が良く暖かかったので、路肩の雪の壁を崩してほとんと側溝の上の幅まで片付けることができました。気温が高い上に太陽熱で雪が想像以上に早く融けるので驚いております。本日の気温6℃で積雪深は67cmとなっております。環境放射線は参考値ですが、0.028~0.035μSv/hでありました。

道路に1m幅に路肩に積んである雪を敷き詰めると、1時間で融けてしまいます。一日に3回敷き詰めると効率よく太陽熱が融かしてくれます。そのため、路肩の雪の壁が思ったより早く消滅しております。太陽熱のお陰で雪が見る見るうちに消えて行くのを見ていると偉大なパワーだなと思いました。

さて、アマチュア無線の方は、H40T(Temotu)とSSBで交信できました。18140kHzでup5kHzで呼んだところ応答を得ることができました。これでDXCCのPhoneは332エンティティとなります。ブログで嘆いたことが何らかの影響があったのだろうか。(^^;

2013年3月18日 (月)

一日中雨が降っております。80mバンドで9M4SLLと交信できました。

今日は朝からずっと雨が降り続いております。現在の気温は8℃で積雪深は74cmとなりました。雨のお陰で雪がどんどん融けだしております。小雨になった時間帯を見計らって少し路肩の雪の壁を崩しておきました。そうすることで雨が雪を融かしてくれます。環境放射線は変動が激しく参考値ですが、0.033~0.060μSv/hまで大きく変動しておりました。

さて、趣味のアマチュア無線のほうですが、今日の未明に80mバンド(3.5Mhz)の電信で南沙諸島(Spratry)からオンエアしている9M4SLL局と漸く交信できました。60Wの出力で傾斜型のワイヤーアンテナにアンテナカプラーでしたが交信できて安心しております。一応、TX5K(Clipperton)と交信できているアンテナですから、パイルアップが酷くなければ何とかなるアンテナだと思いました。

H40T(Temotu)が出ておりますが、CWばかりでSSBにはでてきません。このエンティティはSSBを禁止しているのでしょうか。私はTemotuとCWだけで交信しておりますが、SSBではいまだに交信できておりません。H40T局、どうかSSBに出てくれませんか?

政治の方はTPP交渉参加でにぎわっておりますが、WTOがあるのになんで国家間の貿易を限定してしまうTPPに参加しなければならないのでしょうか。TPPは百害あって一利なしであります。TPPの目的はISD条項を含めてアメリカの一人勝ちを狙ったシステムなのであります。それをマスコミ、政府、財界がこぞって参加賛成なのであります。信じられないことが行われております。安部首相は農業を守ると言っておりますが、実際の約束はそんな内容にはなっておりません。騙されてはいけません。

今日は快晴で気温が高かったので雪片付けに忙殺されておりました。

毎日、残った路肩の雪片付けをしておりますので、ブログの更新がままなりません。天気は快晴でしたし、気温も6℃と比較的高いため融雪がすすんで積雪深は80cmとなっておりました。また、路面はアスファルトの部分が多くなっており、ほとんど路面上の雪は目立たなくなっております。環境放射線は参考値ですが0.032μSv/hでありました。

アスファルトの路面は雪を出しておくと1時間程度でシャーベット状となり、2時間すると融けて無くなってしまうので、消流雪溝に運ぶよりも効率が良いため、通行の邪魔にならない程度に路面に雪を敷いて融かしております。敷地内にはまだまだ積み重ねた雪の山が残っておりますので、毎日、少しずつ崩しては消雪につとめているところであります。

路面に雪が無くなったしまったため、20m先にある消流雪溝までスノーダンプで雪捨てが出来なくなってしまっており、仕方なく敷地や路面に雪をばら撒いて融雪を太陽熱に依存して融雪をしております。道路に雪を出すなといいますが、道路に雪を出さないように近距離に「雪捨て場」を設けて欲しいのですが、それがありませんのでご近所を含めて皆で道路に雪を出しております。

今年の除雪が不備でなかなか除排雪車が来なかったのは、ダンプカーが東日本大震災の被災地に多く出稼ぎに行っており、青森県内のダンプカーの数が少なかったためと重機の数が少なかった事が原因だったと報道されておりました。どうりで、10トンダンプが見えなかったわけです。ほとんどが4トン程度のトラックやダンプカーばかりでした。それもレンタカー会社のネームが入った車両が目立っておりました。

結局、豪雪だと言っても除排雪車両の絶対数が少なく、土木建設業の廃業や倒産で委託業者の数も激減しているために除排雪が上手く出来なかったというのが実情のようです。それに東日本大震災の被災地で瓦礫を運んでいた方が金になるということで、雪を運搬しているよりは儲かると仕事を求めて、青森県内のダンプや重機は大震災の被災地で活躍していたことになります。被災地復興の影響が青森市や弘前市等の除排雪の遅れに多大な影響があった事になります。

国としても、雪国の除雪対策よりも被災地の復興の方が大切なのでしょうが、除雪費の補助だけではなく、国道や市町村道の区別無くトラックや重機の融通をしながら、除雪効率を上げて欲しいものであります。国交省の重機も市町村の重機も臨機応変に境界の区別にこだわらずに活用すれば、現在よりは除雪効率が向上するものと思っております。省庁の縦割り行政、市町村の縄張り意識が除排雪の効率を低下させているのであります。

2013年3月15日 (金)

霊峰岩木山が青空に映えておりました。80mバンドの9M4SLLは駄目でした。

Dsc03720 本日も高気圧が張り出しているので良い天気です。岩木山も久しぶりに綺麗に見えておりました。気温は3℃で積雪深は89cmとなっております。しかし、路肩の雪の壁は目だって少なくなっているようにはみえません。それだけ大量の雪が降ったという事でしょう。環境放射線は参考値ですが、0.029~0.033μSv/hを表示しておりました。(画像は霊峰岩木山)

Dsc03721 早朝だと積み重ねた雪が凍っており、硬くて雪片付けが難しいので気温が上がってくる午前十時過ぎから作業を始めるようにしております。そうでないと、無駄な労力を費やすだけて効率があがりません。毎日、少しずつですが路肩の雪の壁を崩しては捨てております。結構な労働となっておりますが、一銭にもなりません。消える雪を邪魔にして片付けているようなものであります。(画像は、路肩にある雪の壁)

Dsc03727 さて、アマチュア無線の方は昨夜、午前様まで南沙諸島の9M4SLLを80mで呼んでみましたが、全く相手にされませんでした。60Wの電力にワイヤーアンテナにアンテナカプラーでは歯がたたないようであります。スプラトリー(Splratoly)は80mバンド以外は全て交信済みなのですが電波が相手まで届いていないようであります。(画像は、駐車場の雪をロータリー車で排雪しているもので、岩木山とのコラボが見事である)

政治の方は、マスコミがこぞって安部内閣を持ち上げ、いかにも支持率が高いように報道しておりますが偏向報道もはなはだしいと思います。そして、TPPの話し合いに参加すると決めたようですが、オバマ大統領と安部首相の間で「聖域なき関税撤廃が前提ではないことが確認」されたと言うのはあくまでも口約束でしかありません。本命はISD条項にあるのです。
★ISD条項(Wikipediaから引用)
ある国の規制によって外国の企業や投資家が損した場合、国際機関に仲裁を申し立て、相手国に賠償を求めることができる取り決め。米国が他国と結ぶ自由貿易協定(FTA)では、この条項を使って米企業が相手国に巨額の賠償を求める事例が多発している。
(引用終了)

それでもTPPに参加するのは財界の圧力とアメリカの要望を汲んでの交渉参加になったのだと思います。国民にメリットとデメリットを知らせることも無く、自公+維新+みんなでTPP交渉への参加を急ぐことは、日本をアメリカに売り渡すことになります。「国敗れて山河あり」どころか「国敗れてアメリカの属国決定」となってしまう事でしょう。

私が管理人をしている「佐藤研究室」と「弘前の津軽衆」にある、「五能線時刻表津軽鉄道時刻表」をダイヤ改正(3月16日現在)があったので更新しておきました。また、弘前公園の桜の開花予想を気温が高めに推移しているため、「4月23日を中心として前後1日」に変更しました。

2013年3月13日 (水)

一日中雨が降っております。お陰さまで雪がどんどん融けだしております。

今日は一日中雨が降り続いております。気温は4℃で積雪深は91cmとなっております。雨と気温が高いので雪はどんどん融けております。ただし、シャーベット状の路面は車のワダチができて雨水と雪融け水で小川のようになっております。夕方からは雪に変わるということですが、今現在は雨となっております。環境放射線値(参考値)は、0.038μSv/hでありました。

雨のため雪片付けはしておりません。買い物に出た以外は家の中で静かにしておりました。インターネットやブログ(Polytechnic-sato)やホームページ(佐藤研究室)のメンテナンスをして時間を潰しております。趣味のアマチュア無線の方は9M4SLL(南沙諸島)がでておりますが、傍受しているだけになっております。昨夜、80mで呼んでみましたがかすりもしませんでした。傾斜型のワイヤーアンテナにアンテナカプラーではどうも弱いようです。

久しぶりに雪片付けから解放されたので、ゆっくりと身体を休めておりますが腰痛だけは気になります。横になっていれば楽なので時々横になって休んでいるところです。今年は例年の2倍以上の豪雪でしたので、来る日も来る日も毎日が「雪かき」でしたから、体の何処も悪くならないなんて事は有り得ません。整形外科医が儲かるようになっているようであります。私の腰痛は医者に行くようなレベルではりませんのでシップ薬でごまかしております。

この冬の雪かきで得をした事は、体重が5kg減ったことです。雪かきで運動量が増えたためでしょう。特にスノーダンプを押して往復160mを何回も繰り返した事が減量に効果がありました。しかし、3月中旬ですから、雪が降ってもたいした量にはならないと思っております。そうなれば、雪かきの回数が減り、また体重が元にもとるかも知りません。coldsweats02

2013年3月12日 (火)

朝から太陽がサンサンと照って暖かい一日になりそうです。ただ、雪片付けを考えると憂鬱になります。

今日は朝日がサンサンと照っていて、空は青く晴れております。積雪深は98cmで気温は2℃となっております。環境放射線値(参考値)は、0.033μSv/hとなっておりました。雪片付けは路肩に積んである雪の壁を崩して捨てておりますが、なかなかはかどりません。これからは、大雪の恐れが少なくなってきますが、路肩に積んだ雪が氷状になり、硬くしまって来ますから、細かく砕いて運ぶのが大変になってきます。

いまも、雪かきの後遺症で腰痛と両腕の筋肉痛になったままです。シップ薬を塗って何とかしのいでおりますが、気温が上がってくれば痛みも和らぐと思っているところです。雪害と雪かきによる健康への悪影響を考えると雪国のハンディーは相当なものとなっております。TVのモーニングショーなどで東京の快晴の空を映しているとき、こちらでは猛吹雪の状態ということが多くなっております。そんな時は雪国に住む者としての悲哀を感じるのであります。

さて、東日本大震災は昨日で2年目になりました。震災で亡くなられて方々のご冥福を祈る次第であります。本当は東日本と言うよりは東北太平洋岸大震災なのでしょうが、ダメ菅政権の時に東日本としてしまいました。それ以後、被災地の復興は遅遅として進んでおりません。官僚独裁国家だけあって省庁の縦割り行政の弊害、前例を作らない慣習が邪魔をして復興が遅れてしまっているのです。

政治家が官僚を使って復興を促進するれば宜しいのでしょうが、官僚におんぶに抱っこされている政治家ではそれが出来ておりません。いくら政治家が被災地を訪問して現地の声を聞いたところで省庁のお役人様が動かなければなにもできないのが現状であります。選挙対策で被災地を回っている政治家がほとんどでしょう。いわゆる政治的なパフォーマンスを演じているだけであります。

被災地の住宅の建設と集団移転対策、被災者専用の公営住宅の建設、インフラの整備と働く場所の確保、失業者(離職者)への金銭的な支援、被災した若者達の就職支援と教育訓練、被災地の高齢者の生活・介護・福祉の充実、放射能汚染レベルの高い地域への帰宅促進の停止、原発事故の収拾の不透明さの解消等々、やるべき問題が山積しているのですが官僚の縄張り意識や復興予算の他への流用などのために復興が遅れに遅れております。

アマチュア無線の方はTX5K(Clipperton)のDXペディションが終わったのでバンドが静かになっておりましたが、今度はスプラトリー(南沙諸島)から9M4SLL局が出てきたので方々でパイルアップになっておりす。私は3.5MHzを狙っておりますがどうなることか分かりませんが聞こえたら呼んでみたいと思います。昨日までは、H44G(Solomon/10&24MHz/CW)、3B9DX(Rodrigues/21MHz/SSB)、T88TF(Palau/24MHz/CW)等と交信しております。

2013年3月10日 (日)

青森県全域に暴風警報が発令されました。午前6時に最大瞬間風速が18m/sに達しました。

青森県全域の暴風警報が発令されており、弘前市では午前6時に最大瞬間風速が18m/sでありました。また、天気は曇り後雨となっていますのでこの後は暴風雨になると思われます。気温は異常に高く12.6℃であり、積雪深は漸く1mを切って98cmとなっております。この天気は明日まで続くとの予報でした。また、事故や災害が発生しなければ良いがと思っております。環境放射線の値は参考値ですが、0.031μSv/hでした。

趣味のアマチュア無線の方は、DXクラスターを見ておりますがこれと言った局が出ていないので受信を続けております。昨日までにTX5K(Clipperton)とは28MHzの電信と160mを除いて交信できております。本日は風が強いので八木アンテナを回さないようにしております。風に煽られて方向がずれる危険があるからです。風の音で目が覚めてしまいましたが、それを機会に起床しました。

今年は2月から3月にかけて暴風雪警報や暴風警報が乱発されておりますが、なぜか、日本海の低気圧によるものが多いのです。日本海の海水温が年々上昇しており、そこに冷たい大陸の寒気が流れ込むことで低気圧が発生しやすくなって来ているのでしょうか。豪雪がつづいている原因もそこにあり、強風が吹き荒れるのもすべて日本海の低気圧のせいであります。弘前地方はこれまでにない豪雪に見舞われましたが、夏はますます暑く、冬は非常に寒くなって春と秋は極端に短くなって行くのでしょうか。

さて、マスコミは安部のミクスを持ち上げて景気が良くないのに、見せ掛けの株高と円安を絶賛しております。そして、あたかも景気がよくなるような偏向報道を行っております。いまだに東日本大震災の被災地の復興は進まず、庶民の懐は寂しくなるばかりである上に、東京電力の福島第一原発事故も収拾もまだまだが実情でありましょう。マスコミはそろそろ国民目線で報道をしないと見放されてしまうことになります。

また、TPP参加問題も参加することに意義があると、オリンピックと間違ったようなことをやりだしておりますが、TPP参加が日本の国益を損なってしまう事の危険性をマスコミは国民に知らせるべきだと思います。国民皆保険の崩壊、特許や知的財産権の喪失、アメリカによる日本の完全支配の完了、一次産業の衰退、国民資産の略奪につながって行く事は誰の目にも明らかであります。

覚醒した国民が増えつつある時代に、NHKや主要新聞社が中国とか北朝鮮と同じ報道方式をやっていたのでは、似非民主主義国家以外のなにものでもありません。日本が官僚独裁国家であることは周知の事実であります。政治家が勉強しないものだから、霞ヶ関の官僚群によって適当にあしらわれ、国会答弁の原稿も官僚が作成したものを政治屋が読むだけの無味乾燥も甚だしいものとなっております。

小学校の学芸会ではないのですから、政治家が自分で調査し、勉強や研究をして質問書を作ることが大切でありましょう。高給を貰っているのですから、その分まじめに勉強して欲しいものであります。国会中継があるたびにテレビの中継を見るのですが、原稿に目を落として答弁する閣僚達の哀れさだけが目だっております。政治家が官僚におんぶに抱っこされている内は、日本の将来は暗いものとなりましょう。

2013年3月 9日 (土)

TX5K(Clipperton)と3.5MHzのCWで交信できました。今朝は、また厳冬に戻りました。

Tx5k3 本日はまた厳冬に戻ってしまった。天気は晴れのち曇り、時々雪であり、気温はマイナス4℃で最大瞬間風速は16.1mでした。積雪深は101cmで昨日の二桁の気温で融け、ぐんと少なくなっております。環境放射線値(参考値)は0.025~0.035μSv/hでした。今日は1cm程度の降雪でしたから、雪かきはしません。路肩の雪の壁も気温が低いために硬くなっておりますから、雪捨てもやりません。

今朝は少し頭が痛いです。昨夜のWBCの日本対台湾戦を見て飲み過ぎてしまいました。4時間以上の熱戦に久しぶりに感動しました。侍ジャパンの井端選手(中日)にはしびれましたね。大事な所で打ってくれましたからね。そのために、いつもより晩酌が多くなってしまいました。ま、勝ったから良しとしますか・・・。

さて、趣味のアマチュア無線の方は、80m(3.5MHz)でTX5Kと電信で交信できました。傾斜型ワイヤーアンテナにアンテナカプラーで乗せて、100Wのパワーで何とか交信できたのでした。160mは聞こえておりますが、信号が弱いので無理ではないかと思います。しかし、トライだけはしてみたいと思っております。

2013年3月 8日 (金)

今日はうす曇で気温が10℃まで上がっており、雪がどんどん融けております。

本日はうす曇で気温が10℃、積雪深は106cmまで下がってきました。気温が二桁となっておりますので、雪がどんどん融けており、大変助かっております。しかし、雪が融けた分重くなって雪片付けには倍の労力を必要とします。スノーダンプを押して雪を捨てに行っておりますが、道路のアスファルトが所々見えてきておりますので、そこの所に新しい雪を敷き詰めて雪運びをしております。本日の環境放射線の値は参考値ですが、0.029μSv/hでした。

アマチュア無線の方は、先ほど21032kHzでTX5K(Clipperton)と電信による交信ができました。残す所は28MHzの電信だけとなっております。その他に、エジプトのSU9VB局と24MHzの電信で交信することができました。この局とは以前に21MHzでも交信しております。雪かきの合間をみながらの交信も次第になれてきました。

2013年3月 7日 (木)

毎日の雪片付けでブログの更新もままならずであります。TX5Kはそれなりに交信できています。

今日の天気は晴れ後曇り、気温は1℃で積雪深は113cmとなっております。次第に雪の量も少なくなって来ておりますが、午後から雨の予報が出ておりますのでもっと融けるのではないかと思っております。天気が良い日が続いているので、毎日雪片付けに追われてブログの更新もままならずの状態であります。環境放射線値(参考値)は、午前8時半現在で0.045μSv/hでありました。

Tx5k2 さて、趣味のアマチュア無線の方は雪かきの合間にTX5K(Clipperton)を呼んで交信しております。一応、7MHz~28MHzまで交信できておりますので一安心であります。雪かきが無ければゆっくり海外と交信が出来るわけなのですが、いかんせん雪の壁に囲まれた我が家は雪を少しずつでも片付けないと駄目なのであります。

除雪のためのお金があれば、トラックと重機を業者に頼んで雪を捨ててもらえるのですが、もうすぐ消えて無くなる雪の為に高額な除雪費はだしたくありません。そんな金があるのであれば、温泉にでも行って朝酒を飲んで湯治をしてきます。さて、これから雪捨てに取り掛かります。では!

2013年3月 5日 (火)

昨日の除排雪で少し道幅が広くなり、ワダチも解消されました。

Dsc03716 天気は雪後曇りとなっております。外気温は4℃で雪が少しずつ融けております。昨日除排雪してくれたお陰で、道幅が少し広くなり、ワダチも解消されております。それでも依然として路肩の雪の壁はなくなりません。1週間ぶりの除排雪でしたから、雪の量が想像以上に多くショベルローダーも除雪に苦労しておりました。本日の環境放射線値(参考値)は、0.033μSv/hでありました。

これまでにない豪雪のために、弘前市は雪害が多発しております。しかし、豪雪の度に学んできたことをその後の雪対策に生かされていないのが現状であります。年度年度の予算で除雪しているために良いアイデアが出てこないのでしょう。そのため、豪雪の度に自治体側はオロオロするだけで雪害を拡大させてしまっております。

午前1時に10cm以上の降雪で除雪車出動の規定に関しては、何度も規定にかかわらず臨機応変に除排雪を行って欲しいと言ってきておりますが、委託業者任せのために来たり来なかったしております。そうこうしている内に、雪の量が多くなって雪害が発生してしまうのです。被害が出て漸く重い腰を上げて除排雪を始めることになりますが、その時点では通常の倍以上の除雪費を必要とします。

ですから、まめに市役所の道路維持課の担当者が市内を巡回して雪の状況を把握し、すばやい除排雪をしていれば除雪費も膨らまないで済むのではないのでしょうか。なんにしても40数年間も除雪作業を見てきましたが、毎年同じ手順で何にも変わっていないと言うのが実感であります。雪対策を道路維持課だけに任せるのではなく、専門担当課(例えば、雪問題対策課)でも立ち上げて臨機応変に除排雪に当たれるようにしてみても良いのではないでしょうか。

2013年3月 4日 (月)

TX5K(Clipperton)とは順調に交信できております。

Tx5k 3月2日に10109kHzの電信で最初にTX5Kと交信できました。その後、7MHzの電信と電話、10MHzでRTTYとCW、18/21/24/28MHzの電話で交信できました。

過去には、2008年のTX5C(7/10MHz)、1978年のFO0XC(14MHz/CW/SSB)、1985年にはFO0XXなどと交信できております。

今回は、18メガ以上が全てバンドとモードでNEWとなりました。まだ10日まで期間がありますから、この後も頑張って交信したいと思っております。

日中に突然「除排雪車」が来ました。ZL9HR(Campbell)のカードをゲットしました。

Dsc03714 天気は晴れ、気温は3℃で積雪深は126センチまで下がりました。今日は降雪がなかったので庭に積んである雪を捨てました。一段落していたら、午後1時に予告も無く突然除排雪作業が行われました。日中も除排雪をするとは聞いておりましたが、まさか昼休みが終わった途端に作業を開始するとは思っても見ませんでした。せっかく朝方に片付けた玄関前と勝手口の除雪を再度やらなければなりませんでした。除排雪作業で雪の塊を置いて行かれたからです。

毎日が日曜日で家に居る人にとっては、日中のお昼に突然除排雪に来ても置かれて行った雪を片付ける事ができます。しかし、勤務していて日中不在の人達は、帰宅しても車庫前の雪が邪魔になって車庫に車を入れることができないでしょう。前もって知っていれば対応も出来るのでしょうが、突然除雪に来た玄関や車庫前に大量の雪の塊を置いていかれた日にはお手上げであります。

Img038 事前に知らせると敷地内の雪を出されて効率が悪くなるので住民には知らせないと言う事ですが、それは業者と役所の勝手であって、住民の都合や立場を無視したやり方ではないでしょうか。本日も、デイサービスの送迎バスが突然の除排雪で通れなかったり、自分の家に行けなかったり、灯油配達や宅急便が通れなかったりしておりました。ですから、おおよその除排雪の日程表でも結構でありますから、該当町会の住民に周知徹底して欲しいものです。

Img037 さて、趣味のアマチュア無線はTX5K(Clipperton)がでておりますが、信号が強いので7MHz~28MHzまで満遍なく交信できております。また、航空便が届いておりましたが、ZL9HR(Campbell)からのものでした。
★ZL9HR(Campbell Island) DXpedition 2012.

2012-12-01 08:07UTC 7MHz/CW,14MHz/CW,18MHz/CW,21MHz/CW.SSB
Campbell島は過去にZL4OY/Aと14MHzのSSBで交信したカードが1枚あるだけでした。これで2局目になります。今回は、14MHz以外はバンドとモードでNewとなりました。

2013年3月 3日 (日)

雪かき済んで日が暮れて、疲れて戻る心では雪はもう要らないと・・・♪。

Dsc03705 Dsc03706 3月3日(ひな祭り)の弘前市は15cm程度の降雪がありました。朝から昼頃まで雪かきをしておりました。天気は晴れたり曇ったり、時々雪が降ったりしておりました。積雪深は朝方130cmあったものが午後3時では126cmまで下がっております。気温が0.8℃で気圧は1005hPaとなっており、環境放射線値(参考値)は、0.031μSv/hでした。

Dsc03709 Dsc03710_2 しかし、除雪車は1週間程度来ておりませんから、道幅は益々狭くなり、シャーベット状の路面に車のわだちができて、車の走行も人の歩行も大変なことになっております。もう、除雪であれば最悪であります。路面を削った氷みたいな雪の塊を玄関前に置かれたのでは処置の使用がないのです。いっそうのこと春の雪解けまで除雪車が来てくれないほうが助かります。ただし、排雪を伴うのであれば大歓迎であります。

Dsc03708 Dsc03711 大雪なのに1週間も除雪車が来ないということは異常なことだと思います。住宅地は最後に来るのでしょうが、雪の消えかけた頃、忘れた頃にノコノコやって来るのではないかと想像しております。「除雪をしてやっているんだ! もんくあっかぁ!」ってな調子で除雪を委託された土建業者が威張っているのであります。幾ら弘前市長が城西団地の雪の状況を見学したって、担当の道路維持課が動かなければ何にもなりませんし、市長の選挙対策のパフォーマンスだと思われても仕方がないと思います。

住んでいる住民が雪の心配をしなくいで安心して暮らせること、最小の労力で雪片づけが出来ること、消流雪溝を私物化しないで皆で仲良く使えるようにすること、住宅地のマンパワーを活用して高齢者の住宅の除雪を個人の犠牲的精神がなくても出来るようにすること等が必要でありましょう。青森県が日本一短命県だということは、生活習慣もありましょうが、雪関係のストレスが相当大きな影響を与えているのではないかと思っています。

2013年3月 2日 (土)

岩手県の野田村への出張修理(弘前おもちゃ病院)は暴風雪のため中止となりました。

暴風雪警報が発令されている本日、弘前大学ボランティアセンターがチャーターした野田村行きのバスは予定通りに運行されたのですが、東北道の大鰐・弘前インターから高速道路に乗ろうとしたところ、小坂から滝沢まで吹雪の為に通行止め、八戸道は安代から浄法寺まで同じく吹雪のため通行止めとなっておりました。

今日は最大瞬間風速が16.1m/sで気温が-1℃であり、天気は吹雪きとなっておりました。しかし、高速道路は大丈夫だろうと思って行ってみたのですが、弘前大鰐から小坂までは走行できるが、その先が吹雪きで視界が悪いために通行止めとなってしましました。しばらく、インターのゲート手前にバスを止めて解除になるのを待っておりましたが、直ぐには解除になりそうも無い事が判明しました。

そこで色々と検討したところ、一般道を走行して野田村に行くとすれば往復で10時間かかるとのことで、現地での活動可能時間は30分程度になってしまうとの事でした。また、高速で青森まで行き、みちのく有料道路で八戸経由で野田村に行ったとして所要時間は同じになるとのことで、今回のボランティア活動は中止となってしまいました。

そんな訳で、弘前大学の人文学部の学生数十名と弘前おもちゃ病院のメンバーはスタート地点の弘前市役所の駐車場に戻り、次回を約束して解散しました。野田村の子供達に「ひな祭り」をということで雛人形を積み込んだのですが無駄になりました。学習支援や茶話会、おもちゃの修理のメニューは来年度に持ち越されました。大変残念なことですが天候には勝てません。これまで、50回程度定期的に野田村にバスで行っておりましたが、引き返したのは今回が初めてだそうです。

私も午前6時半の集合に間に合わせるために、午前5時に起床して準備を整えて軽自動車に道具を積んで市役所の駐車場に向かいましたが、まことに残念ながら中止となってしまいました。なお、今日の環境放射線の値は参考値ですが、0.024~0.031μSv/hでした。

2013年3月 1日 (金)

岩木山神社の社務所の屋根が雪の重みで壊れたとのことです。豪雪の後遺症が続いております。

今日は曇りで気温が3℃、積雪は126cmまで下がってきております。雪片づけをしておりますが、徐々に積み重ねた雪の壁の面積が少なくなりつつあります。それでもまだまだ雪の山に囲まれております。路面はますますシャーベット状が進み車のワダチが深くなりつつあります。歩いていても長靴が滑って歩きにくい路面状況になっております。

環境放射線の値は参考値ですが、0.032μSv/hとなっております。除雪車は25日から来ておりませんが幹線道路の除排雪が忙しいのでしょう。3月に入りましたので、大雪が降るということは少ないと思いますが、もう一度ぐらい降られるかも知りません。土日かけて天気が悪くなると予報されております。

明日は岩手県の野田村へ弘前おもちゃ病院が出張修理に行く日です。16名のメンバーが参加し、弘前大学の学生ボランティアグループと一緒に行動する予定になっております。片道3時間の行程ですが、明日は日本海にある低気圧が発達して天候の悪化が予想されておりますので気になっています。事故の無いように気をつけて行って来たいと思います。

今日の東奥日報によると岩木山神社の社務所の茅葺屋根が雪の重みで壊れたと報道されておりました。社務所に向かって左側の屋根の角が崩れたとのことでした。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2013/20130301090301.asp
今年は大雪で、高照神社の鳥居の倒壊、熊野宮の中門の倒壊、弘前市仲町伝統的建造物群保存地区の中にある「薬医門」も倒壊しております。その他にも倉庫や空き家の倒壊が相次いでおります。

私が弘前に住んで40年になりますが、このように多くの建物が雪の重みで倒壊したことは、これまでに聞いた事はありません。それに、弘前市や黒石市が集中的に大雪に見舞われたことも初めての体験でありました。とにかく、日本海に低気圧が発生する回数が極端に多くなっている事が目立ってきております。今日も日本海には低気圧があり、明日は暴風雪になりそうな状態にあります。これが豪雪の原因の一つではないかと思っています。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31