フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

弘前公園の桜の開花が足踏み状態です。5X8Cと3B8BAEからのQSLをゲットしました。

Dsc03950Dsc03951  4月30日、弘前市公園緑地課が正午に発表した所によると、園内(標準木)は咲き始め、満開が5月4日、外濠は1分咲きで満開は5月3日頃、西濠(左岸)は咲き始めで満開は5月4日、桜のトンネルはつぼみで満開は5月6日頃とのことでした。この状況ですとツボミの方が多い状況になっております。

Dsc03953 Dsc03956 今日は朝方に雨が降って、気温も8.5℃と低めに推移しておりますから、ソメイヨシノの開花速度が遅くなっております。午後になってから弘前駅前までの用事できたので、バスに乗ってJR弘前駅にむかいました。途中で追手門通りを走行しますのでバスの座席は外濠側が見える場所に座りました。バスの窓から市役所前の外濠のソメイヨシノを写してみました。

ご覧の通り低温続きで開花が遅れております。1分咲きから2分咲き程度でありました。本来ならば今頃は5分咲き以上でなければなりませんが自然の営みには勝てません。この分だと5月1以降がソメイヨシノの見ごろとなるでしょう。しかし、気象庁は本日、日本付近に5月1日ごろから1週間程度、強い寒気が南下するため、北日本(北海道・東北)と東日本(関東甲信、北陸、東海)を中心に気温が平年を大幅に下回ると発表しました。したがって、開花がさらに足踏み状態を続ける恐れがあります。

Img060 駅前の用事を足して帰宅した所、航空便が2通届いておりました。アフリカのウガンダとモーリシャス諸島からの交信証でした。
★5X8C(Uganda) 2013-02-08 07:21UTC 15m/CW 599
★3B8BAE(Mauritius Island) 2013-04-04 10m/SSB
両局ともバンドでニューとなりました。
Img059

弘前公園のソメイヨシノの開花速度が鈍っております。

昨日は法事があってつがる市にでかけており、ブログの更新が遅れておりました。今朝は雨がり、雷が鳴っておりました。気温は8.5℃で低めに推移しております。弘前公園内のソメイヨシノは咲き始めで、満開は5月3日ごろ、外濠は2分咲きでようやく桜花が目立ってきております。気温が低いのでソメイヨシノの見ごろは5月1日ごろになるでしょう。

もし、気温が2桁台を保てば一気に弘前公園の桜が開花が進んでしまうと思います。いずれにしても、公園内のソメイヨシノは5月6日まで花は持つと思います。しかし、3日までは天気がぐずつくとの週間予報がでております。なお、環境放射線は参考値ですが、0.033μSv/hとなっておりました。

公園への取材は5月1日ころに行くことにしており、佐藤研究室やブログで開花状況を報告したいと思っております。28日に開花宣言がでておりますが、低温続きで花の咲き具合がかんばしくありません。通常でしたら、今日当たり5分咲き程度で無ければなりませんが、まだ2分咲き程度で足踏みしております。

2013年4月28日 (日)

佐藤研究室(JOMON)のアクセスが一日で11,000回を超えました。ご愛顧まことにありがとうございます。

Jomonacc 今朝は朝から風が強い(5.2m/s)。気温は9℃、天気は晴れ、環境放射線の値は参考値ですが、0.035μSv/hでした。昨日、外濠の桜は一枝の一輪だけ咲きましたので、開花してと報道されておりますが、99.9%はまだツボミのままです。しかし、今日中に気温が二桁になれば一斉に開花すると思います。

また、桜情報を求めて、佐藤研究室の桜情報のページのアクセスが一日で11,000回を超えました。毎年今のシーズンは1万回を超えます。大変ありがたいことだと心から感謝申し上げます。ご利用真にありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

Jomonlank 今日はこれから弘前おもちゃ病院の定期開院と定例総会がありますので午前10時までには会場に着きたいと思いますので、これにて失礼いたします。
左の画像は、JOMONプロバイダーのアクセスランキングです。佐藤研究室上位にランクインしていることが分かります。ただし、桜のシーズンが終わると激減し、800~1000台に急落します。(笑)

★「追伸」本日の午後二時半、園内の標準木が開花したことから、開花宣言が弘前市公園緑地課からだされました。しかし、標準木が開花したのであって全体的には9割程度ツボミばかりです。満開は5月3日ごろとなっております。30日以降がソメイヨシノの見ごろとなるでしょう。どうぞ、弘前公園の桜祭りにお出でください。

2013年4月27日 (土)

CW90A(Uruguay)からの交信証をゲットした。弘前のソメイヨシノの開花はまだである。

Img058 午後になってから航空便が1通届いていた。南米のウルグアイ(Uruguay)からのカードが入ったもので、CW90A局とは2012年11月2日に40mバンドの電信で交信したものである。まぁ、珍しくも無いカードではあるが、当局の7MHzロータリーダイポールでは結構交信が難しいエンティティに属している。

現在の気温は8.5℃と少し下がってきた。時々小雨が降って風も強い悪天候となっている。桜は咲いていないし、天気が悪いではダブルパンチである。計画を組んで日程が決まっているから、仕方なく弘前に来ている方も多いと思うが、自然の営みには勝てない。明日は曇り後晴れということであるから、外濠の桜も何とか頑張って開花し始めるものと思っている。

明日は弘前おもちゃ病院の定期開院日で弘前市社会福祉センターに行く事になっている。午前10時から新年度の総会を開催するので、早めに家を出るが弘前公園の周辺は混むだろうから、他の道を迂回して行きたいと思っている。総会の後は昼食の弁当を食べてから、午後1時半から修理を開始する予定である。

mixiの青森フォーラムのメンバーは28日に花見の会を開催すると言うことであったが、おもちゃ病院とバッティングしたのでおもちゃの修理の方を取ったのであった。私自身はいつでも自転車で行けるので満開となる5月3日頃に花見をしたいと思っている。毎年のことではあるが、ホームページ用の画像を撮る為に足げく通うことになる。

弘前公園の桜は赤みが強くなって咲きそうですが、低温の為にいまだに開花しておりません。

今日からゴールデンウィークがスタートしますが、弘前の天気はイマイチであります。雨時々曇りで気温は8.2℃となっております。上に何か一枚着なければ寒く感じます。この後もぐずついた天気が続くとの予報が出ております。環境放射線は参考値ですが、0.038μSv/hでした。

公園の外濠のソメイヨシノは本日中に開花する予定ですが、気温が低い為かまだ咲いたという情報がありません。公園内の開花予想は28日とのことでしたが、ギリギリでセーフか29日頃になるものと思われます。桜木のツボミの状況は昨日と変わりありませんでした。現在は本丸の弘前枝垂れが開花しており、満開は30日と言うことでした。弘前市立観光館は午前9時から午後9時まで開館しておりますのでご利用ください。

Img057 また、弘前市にお出での際は78.8MHzでコミュニティFM放送局の「FMアップルウェーブ」が交通情報と駐車場情報を随時放送しておりますのでご利用ください。公園周辺の駐車場が満車の場合は、下土手町スカイパークを利用すると便利です。駐車場から公園入口の追手門まで約700mの距離は有りますが、ぶらぶら歩いても15分程度で着きます。

土手町スカイパークの向かい側にアップルウェーブの本社があり、ストリートビュースタジオで生放送している所を見ることができます。そして、直ぐ傍の弘南バスのバス停からバスに乗って「弘前市役所前公園入口」で降りれば公園は目の前です。100円バスも走っておりますのでご利用ください。

2013年4月26日 (金)

25日に弘前公園の本丸にある枝垂桜が開花、この後3日するとソメイヨシノが開花します。

Dsc03930 Dsc03942 4月26日(金)、天気は曇り時々雨、気温は11℃で環境放射線は参考値ですが、0.033μSv/hとなっておりました。さて、「弘前さくらまつり」が開幕してから3日経過しましたが、ソメイヨシノはまだ咲いておりません。そこで27日開花予定の外濠の一番早く咲くと言われている桜木を調査してきました。ソメイヨシノのツボミは赤みが強くなり、大きく膨らんでおりました。
画像は弘前市民会館前の外濠にある桜木で一番早く開花することで知られております。ごらんのように赤みが強く、桜の花びらになるピンク色が目だっております。

Dsc03939 Dsc03933 明日、27日には弘前市民会館前の外濠にあるソメイヨシノの一部が開花するものと思います。本丸の枝垂桜が25日に開花しましたが、枝垂桜が開花すると3日後にソメイヨシノが開花しますので28日は間違いなく開花すると思います。また、追手門通りの真ん中にある桜木の幹に「胴吹き桜」が綺麗に咲いておりました。根元にはタンポポが咲いている桜木もありました。
画像は、追手門通りの真ん中にある桜木の幹に咲いた「胴吹き桜」とタンポポであります。

Dsc03938 Dsc03936 ただ、この後、日本海にある低気圧が接近して来ますので天気が荒れ模様となるのが少々残念であります。週間天気予報によると3日までは天気がぐずつくようです。曇り時々雨の日が多くなっております。園路の土ぼこりが立たない程度に降ってくれればよいのですが、これだけはどうにもなりません。
画像は、2mの高さに咲く胴吹き桜です。公園の入口の正面玄関である追手門であります。

2013年4月25日 (木)

本日は晴天なり! 気温もようやく2桁になり、暖かい一日でした。

本日は晴天なり! 気温は16℃で暖かいです。環境放射線は参考値で0.037μSv/hを表示しておりました。このまま二桁の気温が続きそうだから弘前公園の外濠は27日頃、園内は28日には開花するものと思います。今日も団体さんが乗った大型観光バスが公園周辺を列をなして走行しておりました。花が咲かなくても前もってツアーに日程が組まれているのでしょうから、仕方がないのかも知りません。

さて、家庭菜園を借りた畑ではじめましたが、近くのDIYショップで肥料などを買おうとして生産地を調べてみましたが、東電の福島第一原発の事故で放射能に汚染された地域(宮城県など)からの「腐葉土」、「野菜用万能肥料」、「黒土」などが店頭に山と積まれておりました。放射能汚染が無いか、基準値以下のベクレル値の製品なのかどうかと疑問に思いました。

結局、それらの地域から出荷されているものは避けることにして、別な産地(新潟や八戸など)のものを購入しました。放射能の汚染がない地域でも汚染地域から出荷された飼料や肥料、園芸用の土や砂などを使用することで汚染されるのではないかと心配しております。種や苗も汚染地域からのものは気をつけたいものであります。

食品もそうですが、土や肥料なども何ベクレル(Bq)なのかを測定してから出荷して頂ければ宜しいかと思います。 断っておきますが放射能汚染地域の物を差別しているわけではありません。汚染地図を調べて、その範囲の中にある地域からの出荷であれば避けるのは当然のことでしょう。その為にも製品に判断材料となる、放射能汚染検査済み表示と検査値を表示すべきだと思います。

アマチュア無線の方は特にこれと言った海外局が聞こえておりませんでしたので、受信のみで終わりました。もちろん、ZK3N(Tokelau),8Q7KP(Maldives)などを傍受しましたが、交信済みでしたので呼びませんでした。また、昨夜から風が強くワイヤーアンテナのエレメントがピューピューと音をたてておりました。アメダスのデータによると最大瞬間風速が15.1m/sでしたから結構吹いていたのでありました

2013年4月24日 (水)

畑を借りて家庭菜園をはじめました。弘前公園の桜はまだで、梅も咲いておりません。

今朝は曇り空で午後からは70%の確率で雨との予報であります。気温は12℃で環境放射線値は参考値ですが、0.033μSv/hでした。弘前公園の外濠の一角では胴吹き桜が咲いたとの報告がありましたが、本命のソメイヨシノの開花は28日頃となっております。この後も気温が上がる気配がありませんので遅咲きは間違いないと思います。

Sh360006 また、家庭菜園をやるのであれば、余っている畑の一部を貸しても良いと友達から連絡があったので昨日、自宅から3kmの地点にある畑を見学してきました。丁度、トラクターで畑を耕しておりましたので貸してくれる場所を確認し、芋とホウレン草とはつか大根を植えることにして帰ってきました。
画像は借りた畑から見た霊峰岩木山(1625m)であります。大変広い場所に家庭菜園用の畑がありました。

本日は、近くのDIYで畑に蒔くホウレン草と二十日大根の種と種用のジャガイモを購入して畑に向かいました。畝に堆肥を施してから、芋とホウレン草を二十日大根を植えつけました。後は芽が出るのを待つばかりであります。距離も2.95kmですから自転車でも行くことが出来る距離なので大変助かっております。

さて、アマチュア無線の方は、今日の午前中にZK3N(Tokelau)と18MHzのSSBで交信することができました。17mでバンドNewでした。これまでヨーロッパ指定で手こずっておりましたが、本日は指定も無く楽に交信することができました。

2013年4月23日 (火)

本日、「弘前さくらまつり」の開会式が下乗橋で行われます。桜はまだ咲いておりません。

Img056 4月23日(火)、天気晴れ、気温は12℃で環境放射線値(参考値)は、0.028~0.031μSv/hとなっておりました。本日は「弘前さくら祭り」の開会式が午前10時から下乗橋で行われます。5月6日まで開催されるわけですが、肝心の桜はまだ開花しておりません。28日頃の開花予想となっております。満開は5月3日頃ではないかと思っております。

最初の開花予想は24日頃だったのですが、4月に入ってから気温が低めに推移したため、開花が25日、26日、28日と次第に遅咲き傾向に変わってしまいました。北の郭のマンサクが咲いてから40日目にソメイヨシノが咲くと言われておりますが、今年はその通りになってしまいました。3月19日にマンサクが咲いておりますから、40日目は4月28日となります。

趣味のアマチュア無線の方は、珍しいエンティティではありませんが、ソロモン諸島のH44KW(Solomon Is.)からの交信証が届いておりました。OQRSで請求したものであります。40m/30m/10mでニューとなりました。2013年2月19日に電信で交信したものです。ZK3N局はヨーロッパ指定が多いのでいまだに交信できておりません。

やはり、日本のアマチュア局のマナーと電信を受信する能力が低下しているために、一局あたりの交信時間数が長くなるために嫌われているのではないかと思っております。相手局の指定を守る、重ねて呼ばない、良くワッチするなどのマナーを向上させることが大切です。

また、アマチュア無線従事者の国家試験から電気通信術(モールス符号)の送受信が廃止され、試験そのものが簡単になってしまいましたが、自己訓練で電信の受信能力をアップさせて置くことが肝要だと思います。平成23年10月期の国家試験からモールス符号の知識については、国内電波法の試験問題の中で問われることになりました。

2013年4月22日 (月)

弘前公園内のソメイヨシノの開花予想日が26日から4月28日頃へと変更されました。

Dsc03888Dsc03884  4月23日から5月6日まで「弘前さくらまつり」が開催されます。明日が開幕日となりましたので、公園内のソメイヨシノの開花状況を調査して来ました。開花予想日は、弘前市公園緑地課の第5回目の予想によると4月28日(日)へと変更になりました。私の予想は27日を中心に前後1日ですから、範囲内に納まっておりますのでそのままにします。
画像左:杉の大橋付近のソメイヨシノの蕾ですが、ピンク色が濃くなっております。画像右:散策して疲れたらご利用ください。

Dsc03895 Dsc03916 本日の弘前市の天気は快晴、気温は12℃であります。前回の調査から4日間経過しましたが、平年よりも気温が低めに推移しております。今日の行程は「追手門通り、追手門、杉の大橋、二の丸、四の丸(護国神社)、桜のトンネル、西濠、蓮池」の順に回ってきました。画像左:蓮池の傍の湿地に咲くミズバショウです。4日前見たときよりは成長しておりました。画像右:四の丸にある護国神社です。青森県内の戦没者の御霊を祀っております。

Dsc03919 Dsc03922 また、追加として旧紺屋町消防屯所であった「弘前警察署紺屋町巡査派出所」を寺山修司の父親の関係がると言うことで見学して来ましたので、その画像も追加しました。修司さんの父はこの派出所に勤務していたとの事でした。観桜会にお出での節は是非この消防屯所兼派出所をご覧ください。春陽橋の直ぐ傍にあります。
画像左:旧紺屋町消防屯所です。望楼が特徴的な建物です。画像右:所内に展示されている寺山修司の写真です。

Dsc03921Dsc03923 画像左:弘前警察署紺屋町巡査派出所と書かれております。消防屯所と派出所が一緒なっているところが珍しい。

画像右:弘前市民体育館の臨時駐車場の看板です。普通車の駐車料金は1回1000円が相場です。
詳しくは、2013年4月22日の弘前公園内と桜の状況(佐藤研究室)へ
http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/20130422.htm

2013年4月21日 (日)

全国的に寒いですね。また、20日の四川省の大地震が気になっております。青森市でのミーティングから無事帰宅。

天気は午後から雨になりました。気温は2℃で環境放射線値(参考値)は、0.035μSv/hでありました。昨日も寒かったのですが、今日はもっと寒くなりました。そのために季節はずれの雪が降って、山形あたりでは桜に雪が積もっているとの報道がありました。全国的に寒いと言うことですが、弘前でもストーブを使用しなければ寒くて耐えられない状況にあります。

さて、昨日は青森市で私が所属するDXクラブの春のミーティングが有ったので参加してきました。一泊どまりでのミーティングでしたが温泉に浸かってゆっくりと骨休めができました。午後6時半からの宴会では2時間飲み放題と言う事で日本酒、焼酎、ビールなど三種混合でガブ飲みをしました。お膳の料理を酒の肴にしてメンバーと楽しく歓談できました。

本日は午前6時半に起床し、朝風呂に入ってからバイキング方式の朝食を取り、秋のミーティングの場所(八戸方面)を決めてから解散しました。ミーティング会場を午前9時半に出発し、午前10時半に帰宅しました。日曜日で道路が混んでおりませんでしたので1時間で到着することができました。

帰宅後、受信機をオンにして18070kHzを聴いたところ、相変わらずヨーロッパ指定でZK3N局が電信で出ておりました。そのうち、指定解除になると思いますがここまで指定が長いのはどんなものかと思っております。まぁ、ドイツ人のグループでしょうからヨーロッパを重視した運用になるのは仕方がないと理解し、日本の局を相手にしてくれることをじっと待つしかありません。

マスコミの報道は、中国の四川省で起きたM7の大地震、中国での鳥インフルエンザの流行、北朝鮮のミサイル問題、TPP交渉参加の本当の内容を隠蔽、ボストン・マラソンでの爆発事件、米国軍事予算削減で在日米軍基地での催しの中止続発などがありました。しかし、連日騒いだ北朝鮮ミサイル発射問題が急に報道されなくなったことが気になります。ボストン爆発事件の報道がの影に隠れてしまったのでしょうか。

それに大地震が続発していることも気になります。こうなると世界的に地震活動が活発になっていることを認めなければなりません。日本も例外ではなく東日本大震災クラスの巨大地震がどこかで発生するかも知りません。M7.0クラスの発生の間隔期間が3~5日間であることも・・・・。いずれにしても用心することに越したことはありません。
2013-04-21:21日午後0時23分ごろ、東京、千葉などで震度2を測する地震、房総方面で頻発する地震

★2013-04-20:中国四川省雅安市蘆山県で20日午前8時2分(日本時間同9時2分)マグニチュード(M)7.0の地震
・・・・・間隔期間が4日間・・・・・
★2013-04-16:イラン南東部シスタンバルチェスタン州のパキスタン国境付近で16日午後3時14分(日本時間同7時44分)ごろ、マグニチュード(M)7.8

●2013-04-17:17日午後5時57分ごろ、伊豆諸島・三宅島(東京都)で震度5強の地震
・・・・・間隔期間が4日間・・・・・
●2013-04-13:淡路島周辺を震源とする最大震度6 弱の地震 M6.3

★2013-02-09:南米コロンビア西部で9日午前9時16分(日本時間同日午後11時16分)ごろ、マグニチュード(M)7・0の地震
・・・・・間隔期間が3日間・・・・・
★2013-02-06:南太平洋のソロモン諸島沖で6日午後0時12分(日本時間同午前10時12分)ごろ、マグニチュード(M)8・0の地震

●2013-01-04:アラスカ州南東部の沖で4日午後11時58分(日本時間5日午後5時58分)、マグニチュード(M)7・7の地震
・・・・・間隔期間5日間・・・・・
●2012.12.29:2013年 ロシア極東でM7・5地震も 非常事態省予測した

◆2012-11-11:ミャンマー中部ザガイン地域で11日午前7時42分(日本時間同10時12分)ごろ、マグニチュード(M)6・8の地震
・・・・・間隔期間が4日間・・・・・
◆2012-11-07:中米グアテマラの太平洋沿岸で7日午前10時35分(日本時間8日午前1時35分)ごろ、マグニチュード(M)7.4の地震

これらのデータはGoogleで検索して列挙したものです。だからどうなんだと言われても・・・。wobbly

2013年4月20日 (土)

昨年の秋に鉢植えの花の茎に卵を産んだキアゲハが羽化しました。

Dsc03876 本日午後、室内の花の鉢を外に出そうとしたところ、昨年の秋に生みつかれていた卵が幼虫、サナギになっておりましたが、いま羽化したばかりのキアゲハを発見しました。

まだ、弱弱しい状態でしたが、日当たりの良い部屋にある花に移動させました。花の蜜を吸ってくれればよいのですが、外に放そうにも風が強く寒いのでまだ自然界には帰せません。
画像は:窓際にとまっているキアゲハ蝶であります。

Dsc03878_2 Dsc03880 天気が良くなり、暖かい日にそれに向かって放そうかと思っております。毎年、同じキアゲハが同じ鉢植えに卵を産みつけて羽化しており、これで3回目となっております。

豪雪の期間はサナギの状態で室内の暖かい温度に守られていたので、春型のキアゲハが羽化したのでしょう。

画像は、花に移動させたのですが羽を羽ばたかせて、飛ぶ練習でもしているように見えます。右の画像は、窓際からはなれないキアゲハです。

今日は所属しているDXクラブの春期ミーティングが青森市で開催されます。

天気は晴れたり曇ったりしているが、気温は2桁の10.5℃となっております。環境放射線の値は参考値ですが、0.028~0.034μSv/hとなっておりました。昨日の県内は雪やミゾレが降って冬に逆戻りしてしまいましたが、4月も下旬に入ったと言うのに変な天気となっております。今日は風が少し強いためか二桁の気温にしては風は冷たく感じます。

さて、本日は午後6時半から青森市内で所属のDXクラブ(アマチュア無線)の春のミーティングが開催されますので、午後3時頃には弘前を出発したいと思っております。毎年2回、青森市、弘前市、八戸市の持ち回りで開催しております。しかし、どこの県のDXクラブも同じですが、メンバーの老齢化が急速に進んでおります。

幾ら若い人達をメンバーに入れようとしても、どだいアマチュア無線を趣味でやってくれる若者がおりません。つまり、スマホや携帯電話で連絡やメールやゲームが出来てしまいますから、無線従事者の国家試験や講習を受けて資格を取得してから、さらに総務省の総合通信局に無線局の免許を申請し、高価な無線機を購入、無線タワーの建設、アンテナの購入等の難しく金が掛かるアマチュア無線には何の魅力も無いからです。

若い人達からみれば、携帯電話やスマートフォンがあれば通信連絡に何の不便もありませんし、インターネットと親和性が強いスマホは特に若者に人気があります。電波法による免許証や免許状を必要とするアマチュア無線を何でやる必要があるのでしょうと言うことで、現在では趣味の中でもアマチュア無線は絶滅(消滅)危惧種となって、年寄りの趣味と化してしまっております。

ですから、アマチュア無線関係のミーティングやフォーラム、催し物などに行ってもご老人が目立つのは当然のことなのであります。昔のラジオ少年、団塊の世代の復帰組が幅を利かしているのが現在のアマチュア無線界であります。そして、趣味の団体のはずであった日本アマチュア無線連盟(JARL)は、会員の為ではなく総務省の言いなりの天下り用の法人になってしまっております。sad

まぁ、愚痴を言って見てもどうにもならないことは分かっておりますが、たまには愚痴を言ってストレスを発散させることも良いのではないかと思っております。今晩は、ミーティング会場で久しぶりに会うメンバー達と心行くまで飲み、かつ、語り合い、温泉でも入ってゆっくりして来たいと思っております。では!happy01

2013年4月19日 (金)

T46RRC(Cuba),BV2013LF(Taiwan)の交信証をゲットしました。今日は冬に逆戻りでミゾレが降っております。

今日は朝から曇り時々雨で、現在は雨が冷たいミゾレになりました。気温は2℃で環境放射線の値は参考値ですが、0.028~0.031μSv/hでありました。西高東低の冬型の気圧配置であることと、寒気が上空に流れ込んでいることからミゾレになったのでしょう。もう少し気温が下がれば雪となる所でした。

Img054 さて、アマチュア無線の方は、台湾からランタンフェスティバル(Lantern Festival)の記念局、BV2013LF局からとカリブ海のキューバ(Cuba)へのロシアグループのDXペディション局であるT46RRC局からの交信証が届いておりました。
★BV2013LF 2012-10-06 24MHz/CW, 2012-11-04 7MHz/SSB, 2012-11-14 21MHz/SSB
★T46RRC 2013-02-19 11:10UTC 7MHz/CW 599

Img055 今朝もZK3N(Tokelau)が出ておりましたが、大陸指定の"EU":ヨーロッパが多かったので呼ぶ気になりませんでした。夕方も良く出ておりますが傍受していると、相変わらず電信で"EU"と打っておりますので呼びません。例によって、日本のアマチュア局のマナーが低下しているために以前、CQ誌のDXコーナーで指摘されていたように嫌われているのでしょうねぇ。(^^;

当局は過去にZK3とは交信済みなので、今回呼ばなくても問題ありませんが、次第にエンティティとしては雑魚で電信が下手な日本のアマチュア局を海外の局が敬遠しだしていることが気になっております。内臓のメモリーキーヤー(指ポチ)でやっとこさモールス符号を送出しているのでしょうから、呼ばれても符号を解読できない事が多いのでしょう。

政治の方は、安部首相が民放のテレビ(日本テレビ系「スッキリ!」)に生出演して、特別にヨイショしてもらっておりますが、なんだか見苦しい、軽いなぁと思いながら視ておりました。もともと偽首相ですから、先日の党首討論でも海江田党首の質問には答えず、自分の実績だけを説明してヒンシュクをかっていました。さすが不正選挙でゾンビのように生き返らされた自滅党の党首だけあって、人気取りのための出演依頼だったのでしょう。

それを受けたのが正力松太郎が社主だった「読売新聞」が出資するNTV(日本テレビ)であったのも当然の成り行きでありました。「スッキリ!」と言う番組に突然出演したように見せかけてヤラセをしておりましたが、読売の社主であったポダムが作ったテレビ局だけあります。現在の読売グループの会長は、渡邉恒雄(ナベツネ)CIA工作員。

参考:「ポダム」とは、読売新聞社社主で日本テレビ社長だった正力松太郎氏(1885~1969年)のCIAエージェントとしての暗号名。他には、佐藤栄作、岸信介、ナベツネ(渡邉恒雄)、中曽根康弘、児玉誉士夫、笹川良一などがCIAの工作員であった。

これらの情報は、Wikipediaで調べられる普通の情報であります。敗戦後、アメリカは日本を占領するに当たって、半島系出身者や在日の人達に反共のための「右翼団体」、カルト系では「とういつ教会」、「そうか学会」、政治では「自民党清和会」などを作らせて占領政策への協力団体としたのです。安部晋三首相の父は「安部晋太郎」、母は「岸信介」の娘、佐藤栄作も親戚にあたります。もちろん全員「清和会」所属です。

いまの政治が親米派、従米派となっているのは、現在でも多くのCIA工作員が活動しており、ジャパンハンドラーがコントロールしているために日本は国民の意思とは逆に、亡国の方向へ針路を取らされて居るのです。

2013年4月18日 (木)

4月18日、「弘前さくらまつり」の開幕まで5日前とになったので弘前公園の桜木の状況を見てきました。

Dsc03849 Dsc03851 弘前公園内のソメイヨシノの開花予想日は、青森地方気象台も弘前市公園緑地課も4月26日(金)と予想しており、全く変更がありません。本日の弘前地方の天気は曇りで夕方から雨か雪になるだろうとの予報でした、現在の気温は9.1℃であります。環境放射線の値は参考値ですが、0.032μSv/hでした
画像左:弘前市民会館前の外濠にある一番早く咲くと言われるソメイヨシノのツボミで結構な膨らみとなっている。
画像右:追手門通りのボンボリも設置が完了しております。

Dsc03861 Dsc03864 前回の調査から8日間経過したので開幕前まで5日となった本日、公園内の様子を見てきました。今日の行程は「追手門通り、追手門、杉の大蓮、二の丸、四の丸(護国神社)、桜のトンネル、西濠、蓮池」の順に回ってきました。4月10日の時よりは雪が消えており、ほとんど見えなくなっておりました。
画像左:杉の大橋の袂のソメイヨシノのツボミです。大きく膨らんでおりました。
画像右:下乗橋のお化粧直しも完了しておりました。

Dsc03868 Dsc03870 公園周辺や園内はボンボリの設置と照明用の電気配線が完了しており、出店では商品搬入、食料品や調理器具の運び込み、電気配線やブルーシートでの小屋の補強、看板の設置などで出店者と業者が入り乱れて作業をしており、何処もごった返しておりました。
画像左:四の丸のリクリエーション広場に毎年設置される山中食堂の出店です。ここの中華そばは美味しいです。
画像右:桜のトンネルの状況です。

Dsc03871 Dsc03869 また、ベンチや橋の欄干などのペンキ塗り換えは10日に見た所は全て再塗装が完了しておりました。園内のソメイヨシノのツボミもピンク色が濃くなっておりましたので、開花予想の26日は妥当な線ではないかと思って公園から帰ってきました。
画像左:西濠の貸しボード乗り場の準備も完了しておりました。
画像右:四の丸の出店群も看板の設置が終わり、商品の搬入が盛んに行われておりました。

2013年4月17日 (水)

イランとパキスタンの国境での大地震、休戦ラインでの米軍ヘリの墜落に思うこと。

天気は晴れ、気温は10.5℃で環境放射線値は参考値ですが、0.036μSv/hでありました。平野部にはほとんど雪が無くなってきましたが、山間部ではまだ路肩に残雪が多く残っております。弘南バスが経営している岩木スカイラインじゃ4月27日ころに開通するとのことでした。ここが開通すれば、弘前さくら祭りと相まって春スキーなどで賑わうことになるでしょう。

さて、政界情勢ですが「イランとパキスタンの間のM7.8の大地震、ボストン・マラソンでの爆弾事件、北朝鮮との軍事境界線近くで米軍のヘリコプターが墜落」などのニュースが流されておりますが、昨日(4月16日)はなんだか色々なことが起こっています。

イランとパキスタンの国境付近は良く大地震が起きる場所だということですが、震源の南東部シスタン・バルチスタン州サラバン近郊一帯は、イスラム過激派の影響が強いとされる地域だそうです。震源の深さが15kmだと言うことは、人工的な何かで刺激することで地震を誘発させたのではないかと想像している所です。(^^;

昨日のボストンの爆弾事件は未だに犯行声明が出ていない所を見れば、特定の反米グループやイスラム過激派等の集団では無く、国内の右翼思想を持った数人が犯行を行ったのではないかと想像しております。であれば、また何処かで次の爆発事件を起こす恐れが大きいのではないかと思っています。

また、韓国軍と米軍が共同訓練中に休戦ライン付近で墜落したということですが、これもなぜ16日の地震と爆弾事件があった日に墜落しなければならなかったのでしょうか。これらの報道をマスコミにさせておいて、国民の目をニュースに集中させることで権力側が何か裏で良からぬ画策をしているのではないかと勘ぐっているところであります。

とにかくTPP(環太平洋自由貿易協定:Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement または単に Trans-Pacific Partnership)への参加は、日本が実質的に完全に米国の属国となってしまう協定であって、日本国の資産を根こそぎ米国が略奪するためのものであります。その前段として米国の要求にしたがって、デフレ脱却と称し、安部内閣が円安と株高を演出することで米国に金儲けさせているのです。

TPPへの参加は「百害あって一利なし」であって、農業問題に影響するだけだと言うのは詭弁以外の何ものでもありません。農業分野を含めた、金融、保険、医療、食品、安全、自動車、等全ての分野に影響を与えるのです。例外を認めないのがTPPなのであります。それをあたかも、例外が認められているような発言をしている日本政府は売国奴集団と言われても仕方がないのであります。

2013年4月16日 (火)

ボストン・マラソンで爆発事件などが発生し、アメリカの国内情勢が不安定になっております。

Dsc03847 天気は晴れ、気温は10℃で環境放射線値は参考地ですが、0.031μSv/hでした。朝方の気温が平年よりも低く推移しているため、弘前公園内のソメイヨシノの開花予想は26日と変更になっております。私が最初に予想(4月27日前後1日)した通りになってきましたが、心の迷いによって大手の気象予報会社の予想に負け、4月24日にしたり、23日にしたりしてしまいました。(^^;

趣味のアマチュア無線の方は特に珍しい局がでていなかったので、受信だけしておりました。J6/N7QT局が聞こえておりましたが、以前に15mバンドで交信済みでしたから呼びませんでした。

さて、アメリカの情勢がおかしくなっておりますね。新聞報道の見出しを拾うと「NY株続落、265ドル安で今年最大の下げ幅」、「欧米金市場でドル建て金価格が1560ドル台から一気に大台を割り込み、1480ドルまで暴落」、「ボストン・マラソンで爆発、2人死亡22人負傷」などが目に付きます。

特にボストン・マラソンでの爆発事件は、どうやら国内の1%組みのマッチポンプのようで、北朝鮮がなかなかミサイルを発射しないことから、痺れを切らして国内でのテロ行為に及んだのでないかと想像しております。それとも失業と貧困に耐えかねた99%組みが南北戦争以来の爆弾テロで内戦を始めたのかも知りません。

また、日本国内では地方選挙で自公推薦組みが落選し、無所属の市長が当選しております。そして、TPPはアメリカの1%の財閥が日本の資産を略奪するために仕組んだものだと判明しております。日本とのTPPが思い通りに進まないことから、アメリカが「金の価格を暴落」させ、次は日本国債の投売りにでるのではないかと深読みしております。

過日、アメリカとのTPP事前協議の場で、日本側は「自動車分野と保険、食品の安全基準」など非関税措置の分野で譲った」ことにより、日本の金融と保険業界がTPP参加後に経営危機に陥ることを予想し、4月16日に安部内閣は「保険会社や証券会社を含め、経営危機に陥ったすべての金融機関に公的資金を投入できるようにする預金保険法などの改正案を閣議決定した」と報道されております。すなわち、金融も保険もアメリカの保険会社によって破綻させられることになるからです。

安部のミクス(リスク)は、前から言っているようにバブルで実際の経済情勢とは掛離れた恣意的に作られた「円安・株高」なのです。こんな事は長く続きません。もう直ぐ円安も株高も終わることになるでしょう。給料が上がらない、可処分所得の低下、諸物価の値上がり、年金支給額の減額等で庶民の暮らしは酷くなるばかりです。

国民が前回の衆議院選挙で「未来の党」に沢山投票したのに、その票が反映されずにどこかに消えてしまう不正な選挙がありました。昨年の12月16日の衆院選挙以来、これは変だと覚醒する国民がものすごく増加しております。もう騙されないということで地方選挙では自公、みんな、維新以外の候補者を当選させております。

夏の参議院選挙でも「ムサシの選挙機械とカルト系の開票者達」によって不正選挙が行われれば、もう日本はおしまいとなるでしょう。参議院選挙で自公、みんな、維新を大勝利させて、次は、原発の推進と再稼動、武器輸出の自由化、憲法改正、国防軍、徴兵制、特高警察、大本営発表の流れとなり、戦争が出来る国へと米国によって変身させられることになるでしょう。

アメリカの1%の富裕層と日本の財閥系の大企業がぐるになって、日本の資産をアメリカに流れる様にする事で、アメリカが国家デフォルトにならないように引き伸ばしを図っているのです。戦争があればドルが復活しますから、極東で戦争を起こすためには何としても日本を巻き込まなければなりません。

しかし、戦争で死んでいくのは庶民ばかりで、戦争を指揮する1%組み(財閥系)は徴兵を逃れ、安全な指揮所(場所)で戦況を眺めているだけなのです。戦争で儲かるのは日本の財閥とアメリカの1%組みだけなのです。それ以外に所属する99%組み(庶民)は彼らの奴隷として使い捨てにされるだけです。

2013年4月15日 (月)

9U4U(Burundi)の交信証をゲットしました。地方の選挙では自公推薦の候補者が軒並み落選。

天気は晴れですが風が冷たい一日となりそうです。気温は9℃で環境放射線値は参考値ですが、0.040μSv/hとなっておりました。昨日は雨に黄砂が混じって車で走行しているとフロントガラスが黄砂で汚れました。4月初旬から時々黄砂が降っていて、雪が融けた屋根が黄砂で汚れているのに気象庁は何の報道もしておりません。

中国側が黄砂情報を発表しなくなった事はわかっていますが、気象衛星とかその他の地上を探査する衛星もあるのでしょうから、情報を隠蔽しないで公表していただきたいものです。気象庁とて体制側に組み込まれておりますから、本当のことは発表しない事はわかっておりますが、PM2.5の事もあるので、もっと国民目線に立った仕事をして欲しいものです。

Img053 趣味のアマチュア無線の方は、2月20日に交信したアフリカのBurundiの9U4U局の交信証が届いておりました。21MHzの電信で交信できました。M0URX局がQSLマネジャーでIRCを送ってゲットしたものです。また、今朝はこれといった海外局が聞こえておりませんでしたので電波は出しておりません。5W0M局が各バンドで盛んに電波を出しておりましたので傍受だけしておりました。

さて、政治の方ですが、昨日行われた青森市長選では現職で無所属の鹿内氏が再選されました。新人で無所属の元副知事をした蛯名武氏に1万9578票の大差を付けての当選でした。 ★青森市長選 鹿内氏が再選(東奥日報)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2013/20130414234840.asp

鹿内氏は勝手連が草の根運動をしての当選で、蛯名氏は自民党と公明党の推薦受けておりましたが落選となりました。最近、地方で行われる自治体の組長の選挙では、自公推薦以外の候補者が当選し続けております。例えば「郡山市長選・日南市長選・富山市長選・名古屋市長選・ 宝塚、伊丹市長選」などは自民党、公明党や維新、みんなの党等が推薦していた候補者が軒並み落選しております。

したがって、昨年の12月16日の衆議院選挙で未来の党以外の自・公・みんな・維新などが圧勝したことは信じられないのです。朝日新聞のアンケート調査で安部内閣の支持率が60%と前よりは10%低下したものの、もし、高支持率であれば地方でも自公推薦の立候補者が勝つはずであります。つまり、大新聞が報道する支持率は真っ赤な嘘だと言うことがわかります。

自民党が前回の衆院選挙で過半数を超える当選者を出したのは、不正選挙で票の操作が行われなければ出来ないことであります。地方選挙では「ムサシ社製の選挙機械」を使うことがなくなっている事で、選挙民の投票結果(民意)がそのまま反映される事になります。その為に自公推薦の候補者が落選するのです。「未来の党」が獲得した1千万票は何処に行ってしまったのでしょうか。
★richardkoshimizu's blog 新聞メディアも上手に活用するべきですね。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201304/article_71.html

2013年4月14日 (日)

今日は菩提寺の檀家の総会がありました。暴風警報が発令されたので午後は家の中です。

今日は暴風警報が発令されており、強風が吹き荒れております。天気は曇りで気温は16℃、最大瞬間風速は16m/sとなっております。無線の八木アンテナエレメントが強風で弓形になっております。これだと風速は10m/s以上だと思います。このあと雨が降れば暴風雨となるでしょう。これは青森県内の春の嵐なのでしょうか。本日の環境放射線の値は参考値ですが、0.044~0.050μSv/hを表示しておりました。

日曜日ですが、午前10時から善隣街にあります、家の菩提寺で檀家がメンバーの護持会の総会があると言うので出かけてきました。お昼までかかりましたが、提出された案件を慎重に審議して賛成多数で無事に処理されました。総会の帰りに菩提寺のお墓に寄って豪雪の被害がなかったどうかを見てきましたが、雪は完全に消えており、墓石には何の被害もありませんでした。例年の2倍もの積雪があったので被害を心配しておりましたが、何の被害も無かったので安心して帰ってきました。

午後からは風が強く、小雨状態となったために家の中でアマチュア無線のQSLの発送作業をやっておりました。国内のSASEが2局、海外局はOQRSが1局、ダイレクトが2局でありました。

2013年4月13日 (土)

早朝の淡路島付近の地震とTPP交渉参加へ米国と事前協議、大学入試にTOEFL導入に思うこと。

天気は晴れ、気温は10.4℃で最大瞬間風速は11.1m/s、積雪はゼロであります。環境放射線値は参考値ですが0.041μSv/hでした。ようやく春らしい気候にはなっておりますが、吹く風はまだまだ冷たく感じます。平野部で雪が消えたとしても山沿いではまだ残雪が多いのでしょう。

今朝は5時33分頃に震度6弱の地震が淡路島付近でありました。まだ寝ておりましたが、NHKラジオ第一を聴いておりましたら、緊急地震速報の警報音がラジオから聞こえてきました。すぐに起床してテレビをみましたら、結構なゆれであったことを知りました。しかし、ゆれの割には思ったよりも被害が少なくて安心しました。

1995年(平成7年)1月17日(火)に発生した兵庫県南部地震による大規模地震「阪神・淡路大震災」を思い出しましたが、今回の地震との関連性は不明だと報道されておりました。いずれにしても、活断層が引き起こした地震でしょうから、地震の活動期に入っていることから、原発付近の活断層の活発化が心配であります。

さて、趣味のアマチュア無線の方は午前7時頃から10時頃までカリブ海方面が開けておりました。BonaireからPJ4/SP9FIH局が強力に入感しておりましたので呼びました。その結果、00:12UTCに21280KhzのSSBで交信することができました。ボネールとは相性がよいのか過去に8局と交信済みであります。

政治の方はいよいよTPP交渉に参加するための事前協議が米国との間で合意したと報道されておりますが、もうすてに骨子が固まっているのに、今から日本がどうのこうの言っても変わるものではないことは周知の事実です。案の定、アメリカの強い要求で「自動車分野と保険、食品の安全基準」など非関税措置の分野で日本が譲り、TPP交渉と並行して日米協議も続けることになったという。

日本政府は国民や農協関係、医師会などが反対しているのに、財界の要求で何が何でもTPP交渉に参加すると言明しておりますが、アメリカと特定分野について交渉を続けると言っても日本側が押し切られて不利な状況に追い込まれることは分かりきっていることであります。財閥=財界=大企業の都合でTPPに参加するのでしょうが、日本国はいよいよ売国奴によって完全にアメリカの属国とされようとしております。

おまけに、正社員中心の労働市場の見直しをして、勤務地や職務を限定したり、解雇規制を緩和したりすることで労働市場を流動化しようとしております。しかし、解雇規制を緩和すれば正社員の解雇を容易にするだけで、雇用安定に悪い影響がでることは必至であります。成長産業への人材移動が円滑になって経済が活性化すということでありますが、現実はそのようにはならないと思います。

TPPによって日本国内のあらゆる分野の規制が米国並に改正され、これまで何とか保ってきた食品や工業製品の安全性、社会的インフラの安全性、医療・福祉・健康・介護分野のサービス低下、皆保険分野の米国化等々、米国が訴訟を起こすことで好きなように日本の規則や規制を改正、変更できることになります。

加えて、日本国内での小学校高学年からの英語の授業、TOEFL(Test of English as a Foreign Language)を受験や入社試験への導入、どこかの企業のように社内では英語で会話するなどと、はなっから外資または外国の企業などと交渉することを前提の諸政策が進められつつあります。
★大学受験資格にTOEFL 自民教育再生本部、1次報告へ
産経新聞 3月21日(木)7時55分配信・全ての国公立・私立対象
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130321-00000074-san-soci

つまり、TPP参加によって日本国は消滅するため、日本語を話すことが少なくなることから、事前に英会話ができるように手を打っておくと言うことでしょう。綺麗な日本語は世界から消滅させられのでしょうか。道州制の前に「アメリカの一州として日本州」になる方が現実的であり、そのためには、日本人がTOEFLで流暢な英語を話し、読み書きができるように教育しなければならない事になります。このままだと日本の公用語が英語となってしまう日は近い・・・。TPP参加で完全に米国の属国=国民にTOEFLが必要!

2013年4月12日 (金)

安部のミクスの景気向上と北朝鮮の挑発とミサイル発射について思うこと。

上空に寒気が入ったせいか雪になったり、ミゾレになったり、雨になったりして、天気が目まぐるしく変化しております。気温は5.6℃ですが風が冷たいので体感温度は気温よりも寒く感じます。冬に戻ったのではないかと勘違いするほどです。本日の環境放射線の値は参考値ですが、0.035μSv/hでした。

さて、アマチュア無線のほうですが、昨日、カリブ海のJ6/N7QT(St. Lucia)と21MHzの電信で交信できました。バンドでニューでしたが過去には2局(J6LT,J6/K8EAB)と14MHzで交信しております。他にTZ6BB(Mali)も聴こえておりましたが、直ぐにQRTしてしまいました。TZはカードが1枚しかありませんので是非QSOしておきたいEntityであります。

政治や経済の方は、似非「安部のミクス」効果で円安(1$=99.67円)や株高で金持ちや特定の企業だけが儲けております。庶民は各種の増税、年金の支給減、医療費や介護保険の値上げ、可処分所得の減、諸物価の値上げで景気が良くなったとは誰も感じておりません。

それに、震災復興の遅延、東電福島第一原発の事故処理の大幅遅延と汚染水漏れ事故、放射能汚染食品の拡散、関東エリアの放射能汚染の現実などを考慮すると、円安も株高も景気向上とは完全に無関係でバブル現象でしかありません。

終身雇用の消滅、派遣労働や期間雇用の拡大、労働人口の減少による各種保険金の財源難、若者の貧困化による結婚率の低下と消費の減少、どれもこれも、財務官僚による政策が日本を疲弊させているのです。

政治家は財務官僚の言いなり、アメリカの言いなりですから、日本の行く先は不透明で暗いものがあります。高価な品物や食品が馬鹿売れしているとテレビなどで報道しておりますが、株で儲かった一部の金持ちが買っているのでしょう。

NHKを含むマスコミは、如何にも景気が良くなったように偏向報道して視聴者を騙しているのです。安部政権の支持率の捏造して、如何にも国民の多くが支持しているように報道しておりますが、最近の地方選挙の当選した議員をみていると自民党議員は含まれておりません。

したがって、安部政権の高支持率(70%以上)の報道は嘘だとわかります。前の衆議院選挙の時だって自民党の支持率は16%程度なのに、過半数以上が当選したと言うことは有り得ない事で、どこかで票が操作された(ムサシやカルト系の開票員)疑いが残ります。

つまり、期日前投票の票の不正操作、当日投票の票の書き換え、投票箱のすり替え等が行われたのではないかと疑われております。ネットの情報でも前回の衆議院議員選挙は不正があったと騒がれているのは最もなことだと思っております。

これが証明されるのは山口県の参議院補選(開票日 平成25年4月28日)でありましょう。ここで、自民党の候補者が落選するようなことがあれば、国民は自民党を支持していなかったことが分かり、マスコミやジャパンハンドラーたちが偏向報道をしていたことが判明します。

また、マスコミの北朝鮮報道を視ているとPAC3の各地への配置や北朝鮮の脅威ばかりを偏向報道しております。如何にも北朝鮮が直ぐにでもミサイルを発射するような報道ばかりですが、全て権力側によって統制されて内容でしか報道していないのです。

その癖、日本政府は裏で北朝鮮側とモンゴルで密かに交渉をしているのです。それに、米国は北朝鮮に特使を送って何度も綿密に今回の作戦を打ち合わせているのです。北朝鮮のミサイル発射場の偵察衛星画像の情報はアメリカからしか来ませんが、日本も偵察衛星を持っている訳ですから、北朝鮮の動きはある程度キャッチしているはずです。

それは日本の軍事機密事項だということで公表しないのであります。福島第一原発の事故の時のSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム:System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information)の情報の隠蔽、原発付近の放射線モニタリングポストの故意による運用停止で汚染情報の隠蔽などと同じ流れて国民に情報を隠す癖が直らないのです。

だれも信じないと思いますが、北朝鮮のこれまでの行動はアメリカとの打ち合わせ通りであり、小学校の学芸会をやっていると思われます。ミサイルの発射は近日中に太平洋方面に向けて行われるでしょうが、たとえ発射されたとしても日本国内への影響は無いものと予想しております。アメリカ大統領が今日になって日本と韓国を守ると発言しておりますがシナリオ通りの演出でありましょう。

マスコミでの御用学者や(御用)誤用評論家、電波芸者やキャスターは、こぞって北朝鮮脅威論で統一された論評をしておりますが、これも体制側の指示通りに演じているだけであります。そうでないとテレビに出演できないのであります。テレビを視ている愚民化され、白痴化された日本人達は残念ながらそれを鵜呑みにしているのです。

北朝鮮の挑発行為に対して、中国側も北朝鮮国境付近に軍隊を配置しております。北朝鮮がアメリカと韓国に占領されたのでは中国の緩衝地帯の役目がある北朝鮮を失ってしまいますから、北朝鮮がもしも韓国などを攻撃するような事があれば、直ちに中国軍が北朝鮮を占領して親中政権を樹立することになるでしょう。

ですから皆さん、シリアへの内戦干渉やリビア、イラクやアフガニスタン、エジプト等の政権を転覆させたアメリカがなぜ北朝鮮だけは攻撃しないのかと言うことを考えて見てください。裏でアメリカと北朝鮮がつるんでいるからなのです。傀儡政権なのだからです。したがって、韓国とアメリカが北朝鮮と戦争になれば中国は直ちに中朝の国境を越えて占領してしまうことは間違いないことです。

北朝鮮は中国にとって緩衝地帯であり、水と資源が豊富国であり、アメリカにとっては挑発行動をさせることで利用価値があるのです。ですから、北朝鮮と韓国は未来永劫、経済活動は別にして統一されることはないと思います。北朝鮮が暴発してくれれば、助かるのが中国(別政権の樹立)とアメリカ(挑発行為利用で現状維持)なのです。

ロシア側は特別な不利益が生じない限り静観すると思っております。北朝鮮の天然資源の豊富さや自然の豊かさ、公害の少なさなどはロシア側にとってはどうでも良いことで、戦争難民がロシア側に流入することだけは防ぐことになるでしょう。中国は北朝鮮を植民地化して思い通りに従わせたいと思っていることでしょう。

2013年4月10日 (水)

2013年4月10日の弘前公園内と桜の状況を見てきました。

Dsc03827 Dsc03834 天気は晴れ時々曇りで、気温は7.8℃で積雪深はゼロとなっております。1に取材に行ってから9日が経過したので、再度状況を調査に行ってきました。今日の行程は西濠ー四の丸(護国神社)ー三の丸ー下乗橋ー二の丸ー杉の大橋ー西の郭(蓮池)ー西濠の順に回ってきました。4月1日の時よりは雪が融けて、ほとんどなくなっておりました。
画像左:下乗橋は欄干の朱色の再塗装が行われておりました。
画像右:杉の大橋の側のソメイヨシノのツボミです。前よりは少し膨らんでおりました。

Dsc03842 Dsc03828 園内では出店の小屋掛けが盛んに実施され、照明用の電気配線工事も各所で実施されておりました。また、ベンチや橋の欄干などのペンキ塗り換えも各所で行われておりました。まだ所々に残雪がありますが1日に取材に来た時よりは格段に少なくなっておりました。園内のソメイヨシノの開花予想は、4月25日ころとなっておりますが妥当な予想日だと思います。
画像左:杉の大橋から植物園方向の園路の出店は、出店者に引き渡すだけの状態になっておりました。
画像右:下乗橋から内濠をみました。氷が融けて水面が綺麗に見えておりました。思ったより雪融けが早いようです。

2013年4月 9日 (火)

DIYのザ・サンワで韓国製のマンガン乾電池を買ったら、有効期限切れの不良品でした。

昨日、反射式石油ストーブの点火用乾電池(3V)の電圧が低下して、点火に時間が掛かるようになったので、近くの「ザ・サンワ」で単一の乾電池を2本パック(98円)のものを2パック(196円/4個)買ってきました。この電池は2年前から販売されている韓国製のマンガン電池であります。

たしか、東日本大震災の時に在庫をなくして、韓国から緊急輸入で2011年の6月ごろに売り出したものだと記憶しております。早速、電池を交換して点火をしたのですが、なかなか灯油に点火しないので電池の電圧をテスターで測定してみました。点火しない無負荷で3.2Vの電圧がありました。次に点火ボタンを押して負荷を掛けると、なんと1.5Vに電圧が低下してしまったのです。

すなわち、有効期限切れの韓国製の単一乾電池をザ・サンワが販売していたと言うことであります。相当の期間が経過している乾電池ですから、店の責任者が時々電池の性能テストぐらいしていただきたいものであります。もし、技術者が不在なのであれば、アルバイトで私を雇っていただければ頑張って試験、実験、製品テスト、修理点検、電気製品一般のアドバイスなどをすることが出来るのですが・・・。(爆笑)

結局、問題の韓国製の単一マンガン乾電池は返品して、196円をいただいて帰ってきました。また、ザ・サンワの担当者に「この乾電池は有効期限が切れているので、他にも同じ製品があると思いますから、店頭から撤去した方が良いのではないか」とアドバイスして帰ってきました。

2013年4月 8日 (月)

爆弾低気圧が北海道の東方に去って一安心しております。

本日は晴れたり曇ったりで時々小雨という天気であります。アメダスのデータでは、気温が6℃で積雪深はゼロ、最大瞬間風速は午前1時で15m/sでした。現在の風速は5m/s程度吹いておりますが、こんなものだと思います。環境放射線の値は参考値ですが、0.030μSv/hとなっておりました。

今回の爆弾低気圧に関してはマスコミの報道からは外れた地域でとなっております。弘前地方は降雨で雪融けが進み、雪融け水で岩木川が若干増水しておりますが危険水位には達しておりません。雨もそんなに降らなかったし、風もそんなに強くありませんでした。どれもこれも「お岩木山」のご加護のお陰であります。感謝!

さて、趣味のアマチュア無線の方は、黒点数が「114」と言うことでハイバンドのコンディションが良いようです。これまでに、KP2/JF1BVG/30m/CW、5W0M/40m/30m/20m/12m、VK9CZ/15m、WH7P/KP2/17m/SSB等と交信できております。やはり、電離層の状態が良くなるとカリブ海方面やインド洋方面が良く聞こえるようになります。

しかし、例によって団塊の世代が定年になり、アマチュア無線への復帰組が多くなったために、平日でも相も変わらずパイルアップが起きております。CQ誌のDXコーナーに海外局が日本の局を敬遠しているようだとの記載がありましたが、若い人がアマチュアのDX通信に新しく加わってマナーが低下したと言うのではなく、復帰組が増えたことがなんらかの影響を与えているのではないかと思っております。

相手が出ている周波数で送信機のチューニングをとったり、応答が得られた局に被せて呼んだり、電信で相手局が応答しているのにてまどったり、大陸指定やエリア指定を無視したりする為に、日本の局と交信すると1局あたりの時間がかかる事からマナーの低下もあり、敬遠されるようになったのではないかと思います。それにインフレ1アマの局が増えて1kW局が異常に増加したことも何らかの影響があるのかも知りません。

2013年4月 7日 (日)

爆弾低気圧は何処に行ったのでしょうか? 津軽平野は平穏であります・・・?

Dsc03817 今日は気温が14℃で曇り空であります。日本海と太平洋側に2個の低気圧がありますが、報道されているような暴風雨にはなっておりません。日本海の低気圧は青森県の真上を通過しているはずですが弘前地方は無風状態で雨も降っておりません。ただし、津軽地方以外のむつ市や八戸は洪水警報や暴風警報がでております。同じ北日本でも秋田や岩手、青森県の三八上北地方は今回の爆弾低気圧の影響をもろに受けております。
画像は霊峰岩木山であります。風を防いでお守りいただきありがとう。午後2時に撮影しました。

Dsc03819 むつ市では大畑川が氾濫の恐れがあるとのことで52世帯に避難勧告が出されております。風も弘前の最大瞬間風速が午前3時で10.6m/sでしたが、八戸地方は最大瞬間風速は23m/sでした。弘前の降水量は0.0mm、八戸が4.5mmが同じ県内でもこうも違うのです。マスコミは爆弾低気圧報道で不安を煽っておりますが、何を目的としているのでしょうか。弘前地方は岩木山と八甲田山が屏風の役目をしている為なのか、思ったよりも雨が少なく、風も弱かったと思います。
画像は岩木橋袂の樋之口雪捨て場で雪をかき混ぜ作業をしているブルドーザー、この雪を消さないと桜祭りの河川敷の無料駐車場とはなりません。

Dsc03820 今朝から午後1半現在まで、曇り空で無風であります。今後、吹き返しがあるかも知りませんが、マスコミ報道のような事はないと思っております。マスコミってのは本当に無粋ですよね。どのチャンネルも爆弾低気圧を取り上げてその酷さを強調しておりますが、思ったほどではありません。だだし、この爆弾低気圧によって被災された方々には心からお見舞い申し上げます。本日の環境放射線値(参考値)は、0.028~0.030μSv/hでありました。
画像は午後3時現在のお空の状態であります。この後の吹き返しが心配ですが・・・?

昨日から、マスメディアは東日本や北日本、北海道などの雨量や風速を何度も繰り返して報道しておりますが、影響がある地域とない地域の差が大きすぎるように思います。気象予報も大まかな範囲での予報なのでしょうね。スーパーコンピュータを駆使して予報を出すのでしょうが、人間の観測を排除してディジタル化、無人観測化した結果、アナログデータが欠落してしまった事で精度の高い予報が出来にくくなっているのでしょうね。

地球温暖化と言っておりますが、ある研究者は小氷河期に入っていることも考慮しなければならないと今朝のTVで解説しておりましたが、私も以前からそのように思っておりました。つまり、温暖化の一方で寒冷化している部分もある為に、その狭間で気象の変化が激しくなっていると思われるのです。夏の猛暑や冬の厳寒と豪雪、爆弾低気圧、局地的な豪雨や竜巻、超大型台風による暴風や洪水、土砂崩れやがけ崩れ等が多発するようになっいる事を見ても「温暖化(海水温の上昇)VS小氷河期(寒冷化)」の影響が大きいと思って居る所です。

マスコミの爆弾低気圧の報道は、ニュース性が高い場所を選んで報道しているために、広い範囲で被害がでているように視聴者は勘違いしてしまいます。河川の氾濫地域、雨や風が強い地域、被害が出ている地域を選んで報道するために、それ以外の比較的平穏な被害の無い地域の報道はニュース性が無くなってしまい報道されないのです。影響がない地域もあることを織り交ぜた報道をしていいただきたいものです。

まぁ、マスコミは権力を監視することを放棄しておりますから、体制側、権力側、スポンサー側の意向に沿った偏向報道をし、国民を洗脳、愚民化し続けているのであります。2013年3月19日にはNHKの堀潤アナウンサーが原発問題発言して左遷されましたが、NHKでも体制側の意向に反した発言をする社員は即刻左遷されてしまうのです。似非民主主義国家、官僚独裁国家の恐ろしい一面がでております。中国や北朝鮮の報道と日本の報道機関は全く同じ体制にあるのです。

日本国民のほとんどは、新聞やテレビやラジオの報道する内容、週刊誌などの書籍が与える情報は何の疑いもなく鵜呑みにしてしまいます。戦後、多くの国民が為政者によって、「国の諸政策を疑わない」、「危機管理能力を持たせない」、「安全教育をしない」、「利己主義者で拝金主義を強要」、加えて「長いものには巻かれろ」、「横並び意識をもて」、「変な公平性を持った義務教育(先生も生徒もお友達的な)」などで何でも真に受けてしまう国民を増やしたのであります。嗚呼!

2013年4月 6日 (土)

遠くの岩木山が霞んでおりました。XT2TT(Burkina Faso)のQSLカードをゲットしました。

Dsc03812 現在の天気は晴れており、気温は13℃程度となっております。そのためか、遠くに見える岩木山を写した画像も春霞状態であります。環境放射線の値は参考値ですが、0.028~0.032μSv/hとなっておりました。また、天気予報によれば日本海と太平洋側を北東に進む2個の低気圧が急激に発達して大荒れの天気になるとのことでした。当地も本日の未明から暴風雨に注意とのことでありました。

Dsc03814Dsc03815  自宅周辺からは雪が消えましたが、まだ公園や雪捨て場には残雪が見られます。岩木山は気温が高いので霞んで見えておりました。近くの郊外型量販店の近くにある樋の口公園の雪はほとんど消えておりましたが、城西三丁目の児童公園は雪捨て場であったことから、まだまだ雪が残っておりました。

Img051 さて、アマチュア無線の方はアフリカのブルキナファソ(XT2TT:Burkina Faso))の交信証で、OQRSが不調でしたのでQSLマネジャーのI2YSB局へPayPalで5$支払って請求していたものです。日本のJA3USA局がオペレーターとして参加しておりましたので、18MHz/SSBで交信し、SSBでニューとなりました。最近はOQRSを利用してPayPalで返信料やドネーションを支払う事で交信証をゲットすることが多くなりました

2013年4月 5日 (金)

弘前公園内の桜の開花予想は25日で変更はありません。満開は30日頃です。

今朝の天気は晴れ、気温は10℃、積雪深は5cmであります。環境放射線の値は参考値ですが、0.041μSv/hを表示しておりました。昨日は敷地内の枯れ葉などのゴミを片付けましたので、今日は庭の木々の雪囲いを取り外そうかと思っております。天気予報によれば北日本の日曜日は暴風が吹き荒れるとのことなので、屋外に出した花の鉢やプランターなどを屋内に移動させなければなりません。

また、弘前公園の園内のソメイヨシノの開花は4月25日頃とのことですが、現在もそのままの開花予想日となっております。満開は4月30日頃になると思います。園内では出店の設置作業や外灯の配線作業が行われており、祭りの準備で大忙しの状態にあります。東北新幹線も320kmで走行する車両も出来ておりますので関東エリアから弘前までは5時間程度で来ることができます。お友達やグループまたはご家族で弘前城さくら祭りを見においでください。開幕は4月23日となっており、通常は5月5日で閉幕します。

今年は例年の2倍以上の豪雪で弘前では積雪が153cmまでになった事がありました。しかし、3月や4月の気温が高めに推移したため、雪融けが降った量の割には昨年よりも早く融けており、これも地球温暖化の影響なのかと思いました。夏は酷暑、冬は極寒で豪雪というのが普通になってきているのでしょうか。

2013年4月 4日 (木)

追加申請していたDXCC Phoneのクレジットスリップ(Credit Slip)が届きました。

今日は残っていた側溝の泥上げを行いました。天気は晴れ、アメダスが観測した気温は11℃、積雪深は11cmとなっておりますが、我が家の敷地内の雪は完全に消えて無くなりました。側溝の泥上げした後は水をまいて洗いました。上げた泥は14日に市が収集してくれるそうです。

さて、趣味のアマチュア無線の方は、DXCCの追加申請の処理が終わってCredit Slipが返ってきました。Phoneだけの申請でしたので、331/343となっており、電話でもオーナーロールに仲間入りであります。3月にH40T(Temotu)と電話で交信済みですから、これをコンファームすれば現存で332エンティティとなります。

4月1日のエープリルフール(April Fools' Day)では、P51BHとか2局程度のパイレーツがDXクラスターを賑わせておりましたが、本物が出てきて欲しいところであります。当局はP5(DPRK)だけ残しております。しかし、現在の金正恩さんの行動をみているととてもアマチュア無線どころではないことが分かります。まだまだ望みは叶えませんね。

政治の方は相変わらず自公で適当にやっておりますね。官房長官が沖縄を訪問して15分程度普天間基地を見学したそうですが、パフォーマンス以外の何ものでもありませんね。これでは沖縄県人に理解を求めても駄目ですね。案の定、デモ隊から「帰れコール」を連発されておりました。政治家という人種は国会村の村民でしかないのですね。(井の中の蛙)

政治家も政治家ですが、官僚はもっと酷いことをやっているようですね。今日の朝のテレビを見ていたら、省庁が色々な「いこいの村」や「リゾート」や「健康福祉施設」を特殊法人に作らせる場合、官僚(自分)達が加入している共済年金には手を付けず、庶民が使う国民年金と厚生年金の財源を利用して無駄使いをしていることが報道されておりました。昨日は震災復興財源の目的外使用の報道でした。

これで年金支給年齢を65歳以上にしていくとか、支給額を減額するとかされたのではたまったものではありません。官僚たちがもらう共済年金には一切手をつけずに、国民がもらう国民年金や厚生年金を食い物にしていることは許せないことです。さすが、官僚独裁国家の主役であり、官尊民婢を地で行っている霞ヶ関のお役人様達だけあります。だから、震災復興予算を目的外に使って指摘されても誰も責任を取らないし、年金財源を勝手に目的外に使い不祥事をおこしても責任を取らない。戦後69年間、官僚たちは責任を取らなくても済むようなシステムを構築してきたのであります。

厚労省の官僚達もかつては、雇用・能力開発機構(厚生労働省所管の特殊法人)が建設した温泉保養施設「 スパウザ小田原」などで雇用保険財源を食い潰しておりました。これとて、サラリーマン達が納めた雇用保険料を財源に建設された豪華リゾートでありましたが、特殊法人改革がらみでただ同然の価格で民間に払い下げられております。そのために雇用保険財源が少なくなり、失業給付期間が短くなったり、減額されたりしました。

そんな訳で財閥が日本をコントロールしており、官僚達を財閥関連の企業に大量に受け入れる事で霞ヶ関に間接的に睨みを効かしているのです。だから官僚たちは好き勝手に無責任な事をしでかしているのです。大企業を所持している財閥と財界と政府と官僚はズブズブの関係で密接に繋がっております。アメリカの顔色を伺いながら日本を支配しているのが財閥ということでありましょう。

それに権力側を監視する役目を放棄した新聞社や新聞社が持っているラジオやテレビ放送局があります。財界や官僚などご意見をそのまま報道して国民を洗脳し続けております。国民を政府の方針通りに洗脳する役目が現在の日本のマスコミであり、中国や北朝鮮の報道体制と何ら変わらないのでありす。

マスコミはこぞって、支持率の捏造、安部のミクスの賞賛、TPPが農業だけに影響を与えるが他は大丈夫だとか、沖縄の普天間の偏向報道、尖閣諸島の偏向報道、あたかも景気が良くなったかのような報道、色々な増税がなされていることの隠蔽等々、偏向報道による国民の洗脳を続けているのが財閥に買い占められ、魂まで売ってしまったNHKをはじめとするマスコミなのであります。

2013年4月 3日 (水)

25年度は大増税、諸物価の値上り、年金の支給減で年金生活者はアップアップです。

今日の天気は晴れたり、うす曇になったりしております。気温は9℃で積雪深は18cmまで減りました。側溝の雪も消えて側溝の泥を上げております。ようやく雪とはおさらばと言った所であります。環境放射線の値は参考値ですが0.039μSv/hとなっておりました。

Img050 さて、アマチュア無線の方はこれまで交信した局へカードの発送作業をしました。XR0YG(Easter)へはOQRSで請求、6W2SCへはマネジャーのHA3AUI局へダイレクト、A3EAQへはマネジャーのSP5EAQ局宛に航空便で請求しました。ES5RY局には印刷物で発送し、JARL経由で送るように依頼しておきました。(画像はPY0FM(Frenand de Noronha)のカードです。昨年の5月4日に14MHzの電信で交信したものです。11ヶ月かかって到着しました。)

本日はVK9CZ(Cocos,Keeling)と21MHzの電信で交信しましたが、10MHzと7MHzでバンドニューとなるのでこの後呼んでみたいと思います。14MHz~28MHzは以前交信済みとなっておりました。

新年度に突入しましたが、小麦や大豆の不作で関連食品の値上げ、相続税の増税や各種保険金(自動車の自賠責保険など)の値上げ、年金の支給額の削減、電気料金の値上げ、円安でガソリンや灯油の値上げ、食用油や家庭用品の値上げ等々、数え上げると値上がりするものばかりで、値下げされているのは、年金と給料といった所です。

その内、消費税が8%になり、やがて10%ととなれば住宅建設も大変になってきます。おまけに、震災の復興特別税(3年間)が住民税に加算(500円)されます。また、源泉徴収の所得税には2.1%相当が増税(25年間)されます。そうなると可処分所得が減る上に諸物価の値上がり、増税のオンパレードになって、私達の暮らしは益々悪化することになります。

【参考】
復興特別税は、2013年1月1日から「所得税」「法人税」「住民税」に課せられる新たな税金です。復興特別法人税が3 年のみの措置であるのに対し、復興特別所得税は、個人の税負担を考慮して25 年という長い年月をかけて徴収します。基準となる所得税額に2.1%の税率を乗じた金額が2037年12月末まで徴収されます。所得に税率を掛けるのではなく、税額にさらに税率を掛けるというものです。住民税にも復興特別税が加算されます。復興特別税が加算されるのは住民税の均等割り部分で、増税額は以下のとおりです。
道府県民税の均等割り 1000円 → 1500円
市町村民税の均等割り 3000円 → 3500円

年金生活者にとっては、年金の支給減、諸物価の値上がり、各種税金の増税でアップアップであります。この国はどうなってしまったのでしょう。この前の衆議院選挙に対して違憲判決が出ております。違憲状態で当選した国会議員達によって、親米、従米、原発賛成派の議員ばかりが大量当選しましたし、その方達によってこの状況が作りだされているのです。それを阻止できると思っていた「小沢さんの生活の党関連」の候補者は一部を除いて軒並み落選させられました。ネットでは不正選挙だと騒がれております。

東京電力福島第一原発の事故の収拾の身と通しも付いていないのに、各電力会社が電気料金の値上げだとほざいております。誰も責任を取らないくせに、原発の再稼動をするんだと高レベル放射能廃棄物の最終処分地も決まらないのに再運転をもくろんでいるのです。プルサーマルの普及は進まず、もんじゅの事故による運転停止でプルトニウムが不要なのに六ヶ所村の再処理工場を稼動させようとしています。

加えて、環境省が瓦礫処理を検討しただけの自治体に数十億円もの震災復興関連予算を付けたと報道されておりました。瓦礫処理に関係のない施設を解体すると言う自治体にも予算を配布したとのことです。被災地の復興が遅遅として進んでいないのに、予算が消費されないからと言ってでたらめな使い方をされたのでは、震災復興の特別増税を支払う国民を愚弄する以外のなにものでもありません。この国は終わってしまったのでしょうか?

2013年4月 1日 (月)

JARLからQSLカードが転送されてきました。C5A,C37N,8P9XB,P40F等が入っておりました。

Img046 Img047 日本アマチュア無線連盟(JARL)からQSLカードが転送されてきました。その中の主なカードを挙げますと、
8P9XB(BARBADOS)20m/RTTY,C37N(ANDORRA)10m/SSB,
C5A(GAMBIA)20m/CW,J25DXA(DJIBOUTI)10m/CW,P40F(ARUBA)10m/CW
などとなっておりました。エンティティとしてのNEWはありませんが、モードやバンドでNEWとなったものが結構ありました。Img045

Img049 連盟経由は時間が掛かるのがたまに傷ですが、急がなければ確実に受領することができます。カードを所持している局の場合はほとんどBureau経由で送ることにしております。今回は25枚のカードが送られてきました。Img048

今日はホームページとブログのメンテナンスを半日かけてやっておりました。雪片付けがなくなった分だけ、余裕をもって作業ができました。

弘前公園の桜の状況を見てきました。まだ、残雪が所々にありました。

Dsc03781_2Dsc03788_3  天気は晴れ、気温は6.5℃で積雪深は31cmとなっております。環境放射線値は参考値ですが、0.029~0.033μSv/hでありました。それから、23日に取材に行ってから9日が経過したので、再度弘前公園内の状況を調査に行ってきました。今日の行程は市民会館前ー追手門通りー追手門ー杉の大橋ー二の丸ー下乗橋ー西の郭ー西濠の順に回ってきました。23日の時よりは雪が大幅に少なくなっておりました。
画像左:新町坂から岩木山を写してみました。環境整備で電柱が寄せられたので良い画像が写せます。
画像右:追手門通りのソメイヨシノのツボミですがまだ硬いです。

Dsc03796_3 Dsc03810_3 園内では通路の掃除や桜木への薬剤散布、雪が多い部分の雪片付けなのどの作業が盛んに行われておりました。まだまだ残雪がありますがもう直ぐに融けて無くなるでしょう。ソメイヨシノのツボミはまだ硬く緑色が濃い状態にあり、9日前に見た時とほとんど変わっておりませんでした。明日、4月2日に第二回目の開花予想が公園緑地課から発表されますが、24日の予想は変わらないと思います。
画像左:弘前城天守閣の様子ですが、9日前よりは雪が少なくなっております。
画像右:西濠のボート乗り場付近のソメイヨシノのツボミです。緑色が濃く硬いままでした。

詳細は佐藤研究室へどうぞ http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/info.htm

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31