フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月27日 (木)

6W2SC(Senegal)からのQSLをゲット、国会閉会でいよいよ参議院選挙へ。

今日の天気は晴れのち曇りであり、外気温は25.5℃、湿度が55%となっております。一雨欲しいのですが降ってくれる様子は当分ありません。環境放射線値は参考値ですが、0.036μSv/hでありました。6月も下旬に入りましたが空梅雨のまま7月に突入しそうです。

Img086 さて、アマチュア無線の方は相変わらずワッチのみであります。黒点数は77ですが高い周波数(50MHzや144MHz)でEスポ(スポラディックE層)が発生して台湾や韓国の局が聞こえていたようです。当局では受信できませんでした。また、アフリカのセネガル(Senegal)からのQSLカードが届いておりました。

ハンガリーのHA3AUI局に送ったはずですが、親切にも日本のJA1DOT局へ一括して送ってきたカードを小林さんが転送してくれたようです。大変ありがとうございました。心から感謝いたしております。
●6W2SC(Senegal) 2013-02-07 09:22UTC 18.072kHz CW 599
この局と3回交信しましたが、今回は18MHzでバンドニューとなりました。

話は政治(政局)に戻りますが、参議院で安倍首相の問責決議案が可決され、重要法案が廃案になったようです。ストーカー行為の規制を強化する「改正ストーカー規制法」と、配偶者などからの暴力への対策を強化する「改正ドメスティック・バイオレンス防止法」は可決されましたが、発送電分離に向けた電力システム改革を盛り込む「電気事業法改正案」、その他に、「生活保護法改正案」や「生活困窮者自立支援法案」などの重要法案が廃案となってしまいました。

廃案となった法案は、国民にとって是非必要なもばかりでした。特に自民と民主で電気事業法改正案は可決しようと言っていたのに、電力関係企業からの圧力でもあったかどうかは知る由もありませんが、土壇場で廃案になったことは非常に残念であります。生活保護、生活困窮自立なども是非可決して欲しかったと思っております。

国会議員は党利党略と財界(財閥)からの圧力とジャパンハンドラー達からの圧力の方を優先し、国民の方はどうでも良いと思っているのでしょう。日本国の方向を決める重要な部署(分野)には、在日系、半島系、従米・親米系、カルト系に関わる人達がはびこっており、日本をマイノリティ(社会的少数者)が支配しているのです。

例えば、電通、NHK、警察、検察、医師、新聞、放送、通信、情報などあらゆる分野を半島系やカルト系出身者で牛耳っております。ですから、本当のことを国民に知らせないような似非民主主義国家であり、、似非法治国家、官僚独裁国家であります。権力側に不利な情報は徹底して隠蔽しております。権力を監視しべきマスコミは完全に買収され、弱いものイジメばかりしております。

新聞は本当の事を書かず、テレビやラジオも管制された情報しか流さないために、購読者が減り、視聴者が激減しているのだと思います。日本国を日本人が治めることが出来なくなっている現状があります。衆議院選挙や都議会選挙結果の異常さからしても理解できると思います。つまり、日本人が選挙でこの国の方向を決めたいと思っても「ムサシ」の選挙機械の独占的使用や開票をカルト集団が多数を占める状況となっておりますから、投票前に選挙結果は決まっているのです。

ですから、投票を締め切って直ぐに当確がでたりします。その他に、選挙投票会場に投票箱を持っていく役人が遅刻したり、投票時間を繰り上げたり、期日前投票の集計に不祥事が発生したりします。7月21日が投票日となった次期参議院選挙も自公が圧勝となるでしょう。その結果、政界再編成が終わったあとで自公の思うような国会運営が可能となり、憲法改正が大手を振って議論されることになります。

結局、原発再稼動、TPP参加、憲法改正、国防軍設立、徴兵制度浮上、戦争可能な日本国へと生まれ変わり、アメリカのアッシーとして戦争に引き込まれて行くことになります。そのために、マイケル・グリーン氏、リチャード・アミテージ氏、ジョセフ・ナイ氏がこぞって来日し、都議選と参議院選を睨み、政官財とマスコミに常駐している手下どもに指令を出していると聞いております。米国の民間シンクタンク「米戦略国際問題研究所(CSIS)」が対日謀略の指令塔だからであります。

2013年6月25日 (火)

海自のソマリア沖派遣、富士山の文化遺産登録、都議選で自公圧勝、辛坊氏が辛抱しきれずに・・・。

外気温は25.3℃で晴れの天気が続いている。梅雨の真っ只中なのだが雨が降らず湿度も低い。環境放射線値は参考地であるが、0.029~0.038μSv/hであった。昨日は家庭菜園の畑に水遣りに行ってきた。畑はカラカラに乾いており、枝豆の苗の殆どが枯れていた。2本だけかろうじて生きていただけである。雨が欲しいのだが西日本や九州方面にばかり降っているが、北日本には降ってくれないのだ。

さて、アマチュア無線の方は黒点数が130以上まで上昇し、50MHz帯が賑っていた。本日は黒点数82と低くなっている。しかし、前日まで黒点数が高かった影響で依然として50MHz帯のコンディションが良いようだ。その他の影響として地磁気嵐が発生し、短波帯のコンディションの方の悪化が続いている。そのため、本日は受信のみをして電波を発射していない。

海自 ソマリア沖で多国籍部隊に参加へ(NHKニュース) 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130625/k10015561811000.html
報道によれば、防衛省はソマリア沖に派遣している護衛艦の派遣期限が7月23日で期限切れとなることから延長を決めた。しかし、一隻の商船を2隻の護衛艦で護衛していたものを、一隻で護衛することにして他の一隻は多国籍部隊に参加させるとのことである。現在はP3C対潜哨戒機を派遣、ジブチに日本で初めての海外基地を作り、海賊対策に従事している。さらに多国籍部隊に自衛艦を参加させることになると、憲法には抵触しないというものの、じわじわと海外での権益を広げつつある自衛隊のやり方については疑問をもっている。

霊峰である富士山、日本のシンボル的な山である富士山が世界の文化遺産に登録されたことは目出度いが、本来、山岳信仰の対象であったものが、文化遺産登録となれば今よりも内外の観光客が増え、山が荒れはしないかと危惧している所である。登山者のマナーの低下による事故の増加、ゴミの処理とトイレ(屎尿)の処理、などを考えると有料化(入山料として7000円~1万円)をして十分な対策をとる方向で対処していただきたいものである。

東京都議選での自公の圧勝は昨年12月の衆議院選挙と同じ傾向で「ムサシ」とカルト系集団が大活躍した結果ではないかと憶測している。だいたい、自民党、公明党の立候補者が全員当選で、みんなの党と共産党までも躍進したと言うことになれば、はどうも信じられないのである。おまけに、マイケル・グリーン氏が来日して、都議選と7月の参議院選の陣頭指揮のために来日している事から推測すれば「次期参議院選挙」も自公圧勝となる可能性が高い。国連から選挙監視団の派遣を要請してまで監視をしていただきたいと思っている所である。

辛坊治郎氏のヨット遭難事故の件は、私が6月22日にブログに掲載したが、
●御用ニュースキャスター辛坊治郎氏のヨットの遭難に思うこと。

http://polytechnic-sato.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-94ac.html
その後、私が掲載した時点では分からなかった事が判明した。

1.出向前に艇内に浸水個所があったのに、24時間テレビに間に合わせるために修理も内側からパッチを当てただけで強引に出港したこと。
2.遭難した時点での海上の天候は穏やかで、その後に少し荒れてきたが耐えられないような荒れ方ではなかったこと。
3.海上自衛隊の救難飛行艇が2回のトライで救助したが、二重遭難を起こしそうな状況であったこと。

以上の事からして、自己責任論者である辛坊氏が我慢、辛抱しきれずに海上自衛隊に救助を依頼したことは税金の無駄使いであると言うことだ。付近を航行中の船舶や巡視船の到着を待って救助してもらった方が良かったと言う私の言葉は間違っていなかったと思っている。いろいろと救助方法があったろうに、それをしないで安易に海自へ救助依頼をした事は、どう考えても同意できない。

たかが民放のヤラセ番組である「24時間テレビ」の為に強引に出港して遭難、多くの人達に迷惑をかけた事は重大な責任がある。また、番組で100km程度のマラソンを有名人に走らせてのお涙頂戴などや人の善意を利用して募金を募る番組はもう中止して欲しいと思っているのは私だけであろうか。

2013年6月23日 (日)

弘前おもちゃ病院の定期開院日で修理ドクターを担当してきました。あえて画像は掲載しません。

本日の弘前市の気温は26℃で夏日を記録しておりますが、湿度が48%ですから汗ばむほどではありませんでした。天気は晴れで環境放射線値は0.029~0.037μSv/hでした。雨が欲しいところですが最近は降ってくれません。梅雨時なのに空梅雨の現象が続いております。おまけに日毎の温度差が10℃以上が普通になっておりまして、体調維持に苦慮しております。政治も天候もおかしくなっております。

さて、今日は第四日曜日ですから弘前おもちゃ病院の定期開院日あたります。午後一時半までに、弘前市社会福祉センターの会場まで行かなければなりません。早めに昼食済ませて会場に向かいました。当着して工具や測定器の準備を終えた所に、27MHz帯のラジコンの修理を依頼されました。

早速、電源から点検したところ、電池ケース内にある6本の単三乾電池の電圧が出てきません。電池ケースを分解してみた所、電解液が漏れてマイナス側の電極が腐食しておりました。2箇所のスプリングを清掃、研磨して再稼動させたところ、問題なく動作しはじめました。結局、故障原因は電池ケースの接触不良と言うことでした。

しかし、リモコンのロッドアンテナが折損して半分の長さになっていたので、修理依頼者に新品と交換しますかとお聞きしたところ、交換して欲しいとのことなので手持ちのロッドアンテナと交換しました。4歳くらいのお嬢さんと小学校2年くらいの息子さんを伴って修理依頼をしていただいたご家族と楽しく会話しながら修理を終えることができました。

次は、赤ちゃんのベットの上に吊り下げて使う、メリーゴーランドでしょうか、音が出ない、回転にむらがあり時々止まってしまうとの修理依頼でした。生後3ヶ月の赤ちゃんを抱いた若いご夫婦と故障状況を聞きながらの修理は楽しいものでした。故障原因は、依頼者が中古で買った相手の方が一応修理してみたようですが誤配線だらけでした。

まずは、コントロール基板を点検したところ、モーターの制御トランジスタ(S8550)とメロディーをスピーカーに出力するトランジスタ(S8050)のパターンが半田でショートされておりました。そこで半田を吸取り、元のパターンに戻しました。それから、基板に書いてあるSP+とSP-の所にスピーカーの配線を戻しました。その結果、モーターの回転が正常になりメロディーも聞こえるようになりました。

故障の原因は、オーディオの出力とモーター制御のパターンを半田で短絡したことでモーターの電圧が降下して正規のトルクを得られなかったこと、スピーカーの出力が短絡で出てこなかったことが分かりました。これを元のパターンと配線に戻して修理は完了しました。しかし、スピーカーが取付金具の上にビニールテープで固定されているのを発見しました。

つまり、スピーカーがケースの外側に向かなければならないのに、内側に固定されていて、スピーカーを押さえる円形の金具が遊んでおりました。そこでスピーカーを外側に取り付けて、それを付属の円形の金具で押さえつけて正常な位置に戻し、修理が完了しました。何時もながら充実した修理ができました。ご来場の修理依頼者の方々に対して心から感謝いたします。まことにありがとうございました。

今回は、会場で30歳代のご夫婦が赤ちゃんを連れて修理の依頼をしている場面を多く見ました。日本は思ったよりも、まだまだ健全に発展しているのだなと実感しました。物を大事に「もったいない」精神を発揮して若い人達が頑張っているのです。それは、派遣社員、期間雇用などで不安定な雇用環境と低賃金が家計に影響していると思います。

つまり、可処分所得が低下している現在、玩具が壊れてもおいそれと新品を買い与える事ができないのではないかと思っています。そんな状況にある若いご夫婦に対して、「おもちゃ病院」が幼児用の玩具を部品代以外は無料で修理をして、彼らに奉仕できることは大変幸せなことであると思っている所です。少しでも経費削減のお役に立てればこれに越したことはありません。

2013年6月22日 (土)

御用ニュースキャスター辛坊治郎氏のヨットの遭難に思うこと。

今朝は曇り空で外気温は20℃、環境放射線値は参考値だが、0.028~0.038μSv/hである。二日前に雨が降って以来、曇ったり晴れたりで雨が降りそうにもない。今年は空梅雨でおわるのだろうか。家庭菜園の水不足が心配である。台風5号が発生したが雨台風であれば良いと思っている。

しかし、雨不足なのは北東北だけで西日本や九州では豪雨となっている所が多い。その雨を少しでもこちらに降らせて欲しいのだが、自然のなすことであるから都合の良い雨が降ってくれることにはならないだろう。冬は豪雪、夏は旱魃ではあまりにもひどいのではないかと思っている。

さて、権力側に盲従して弱いものいじめと偏向報道に徹している事で有名な、TVニュースキャスターの辛坊治郎氏と盲目のヨットマン岩本光弘氏が乗ったヨットが遭難したという。報道によれば公開中何かが船底に衝突して浸水、排水ポンプでは排水できず、救命筏に移乗したとのことである。元船乗りで10年間海上生活を経験した私としては何か腑に落ちないことが多い遭難であったと思うのである。

色々な情報を総合して遭難時の状況を推測すれば、なにも海上自衛隊の救難飛行艇を出してまで救助する状況には無かったと思うのである。確かに4mと波が高かったようだが巡視船が着くまで待てないような緊急事態では無かったと思うのである。衛星電話を携帯して救命筏に乗ったのであれば救助関係の連絡はいつでも出来たし、遭難信号を発射できる装置があり、水や非常用食糧も搭載している事から、3日程度は救命筏での漂流に耐え得たはずである。巡視船か付近を航行中の船舶に救助以来をすれば済んだ遭難事件だと思っている。

まぁ、体制側としても御用キャスター辛坊治郎氏の遭難であり、7月の参議院選挙に利用できることもあって、救難飛行艇での救助になったのだろうと推測している。悪運強く無事に航空機に救出され、6月21日の午後10時頃に厚木基地へ到着したと言う。救助されたことは喜びたいが新自由主義者の代表格が税金の無駄使いをしたことは問題だと思う。だいたい辛坊氏のヨット歴は近海でのものであり、外洋を帆走して昼夜区別なく航海する為の技術は高くはないと推測している。浸水事故がなくてもいずれ何か起きる状況にあったのではないかと思っている。

その後の記者会見で辛坊治郎氏が「この国の国民で良かった」と発言したそうだ。そのくせ、イラク戦争の時にイラク政府に拘束された民間人旅行者に対して「自己責任だろ金払え税金泥棒」みたいな発言をしていた。だったら、今回の遭難事故も辛坊治郎氏の自己責任でヨットから脱出して日本に帰還すべきだった。日本国の国民で良かったと思っているのは、辛坊治郎氏ただ一人であろう。他人は攻撃するが自分の事になると別だと言うのであろうか。もし辛坊氏以外の一般人が同じ条件で遭難した場合にも飛行艇を使うのだろうか・・・。

99%近い多くの日本国民は、格差社会、少子高齢社会、就職難と失業、増税で可処分所得の激減、物価の高騰、原発事故の後遺症などで「日本国の国民で良かった」とは思ってはいないだろう。国民背番号制の導入、コンピュータ監視法の導入など権力による国民監視が広まっている。御用キャスターである辛坊治郎氏はこれからも権力側のロボットとして偏向報道を続ける事だろう。この国の非国民、売国奴である辛坊治郎氏の今後の行動を注視していたい。

2013年6月19日 (水)

ようやく梅雨らしくなりました。畑にとっては恵みの雨であります。

昨日入梅宣言がでましたが、ようやく梅雨らしい天気になっております。待望の雨が朝から降り続けております。ありがたい雨であります。これで畑も田んぼも一息つけます。しかし、降り過ぎては洪水などになりますから、適度に被害が出ない程度の雨量で住んで欲しいと思います。

Dsc04313 これまで私が借りている家庭菜園用の畑はカラカラに乾いておりましたから、この雨が恵みの雨となっております。本日の外気温は19.4℃で風は殆どありません。環境放射線値は参考値ですが、0.028~0.035μSv/hでありました。

6月16日に津軽三十三観音の11番札所(つがる市下相野)から18番札所(中泊町海満寺)まで巡拝しましたが、次回は、19番札所(今別町義経寺)からスタートとなります。ただ、弘前から今泉(中泊町、旧中里)まで行き、そこから蟹田(外が浜)方面に抜け、途中から今別までのバイパスを走行することになりますから、第19番札所までの2時間以上もの時間がもったいないように感じます。

Dsc04308 次回は、目標として第26番札所(黒石市法眼寺)まで行ければと良いと思っているところです。今回のお参りで、納経所が変更になっていた所は、第14番札所(弘誓寺)が境内の宮司さんの自宅から、道路の向いの宮越商店(農薬、肥料)の事務所に移っていたこと、もう一つは、第16番札所(今泉観音堂)は観音堂をでた所の大鳥居の角のお宅になっておりました。
画像は、第18番札所の海満寺境内の慈母観音です。

2013年6月17日 (月)

6月16日(父の日)であります。本日は津軽三十三観音参りの第二回目を実施しました。

Dsc04272 6月16日(父の日)であります。本日は津軽三十三観音参りの第二回目に当たります。参加人員は12名、午前8時半所定の場所に集合し、自家用車3台に分乗して弘前市を午前9時にスタートしました。まずは、観音様ではありませんが、弘前市種市の赤倉山神に津軽の観音様を巡拝することを報告するために立ち寄り、事故がないようにと道中の交通安全をお願いいたしました。

Dsc04275_2 Dsc04273 その後、つがる市の下相野にある第11番札所に向かって走行しました。天気は晴れたり曇ったりで気温は21℃前後でありました。高城八幡宮がある下相野は津軽民謡の「弥三郎節」の発祥の地であります。嫁いびりの民謡で有名ですが、褒められた内容ではありません。納経として禊の大祓、六根清浄と般若心経を唱えました。今回の最終目的地は小泊の第18番札所の海満寺観音堂であります。

Dsc04293_2 今回は、8箇所を回るだけですから時間的な余裕ありましたので、般若心経を中心に数種類のお経を唱えながら、霊場以外の2箇所を含めて、ゆっくりとご朱印をいただきながらの参拝になっておりました。赤倉山神(種市)ー下相野(11)ー蓮川(12)ー川倉(13)ー弘誓寺(14)ー薄市(15)ー今泉(16)ー日吉神社(相内)ー春日内(17)ー海満寺(18)と巡拝し、午後5時半に終わることができました。

Dsc04303 日吉(ひえ)神社は、五所川原市のサイトの歴史資料から引用すると、
山王坊遺跡概要:「十三湖北岸、相内集落の北東に位置する。「日吉神社が鎮座」するこの周辺一帯は古来から霊地・聖域として村民に畏怖されてきました。昭和57年の発掘調査で神社仏閣の礎石跡や十三湊の繁栄と同じくする室町期の遺物が出土しており、安藤(東)氏が勧請した神仏習合の宗教施設と考えられています。」とあります。礎石の跡には本殿、舞殿、渡殿、仏堂風の拝殿、本地堂と神社と寺院が並存するような伽藍配置で神事は舞殿、仏事は仏堂風の拝殿で行われていたと推定されています。

Dsc04284 又、宗教施設跡では鳥居の後方に基壇をもった仏教的色彩の強い中心的建物が配置され石階の上には神社の社殿と思われる建物が2棟並列されています。明確な中世の社寺遺跡は全国的に見ても事例が少ない事から大変貴重な存在と言えます。」 (引用終わり)

また、赤倉山神は津軽の赤倉信仰の大元であり、津軽の観音様を巡る時と岩木山の朔日山(ついたちやま)に行く時にお参りしております。すなわち、津軽三十三観音の霊場参り以外に、大久保の神明宮、赤倉山神、日吉神社、竜飛岬などに立ち寄っております。津軽の各地を巡ることは大変勉強になります。その為に、一般の人達や業者が募集しての観音参りとは異なる参拝の形を実行していることになります。

Dsc04304 Dsc04306_2 各札所では、ドアが開いていれば本堂に上がらせていただき、その上で納経をさせていただいております。その分だけ普通よりも一箇所での時間が掛かるのです。まして、納経帳に御朱印をいただきながらですから、4回に分けて参拝することにしても大変な時間を必要としていることになります。

Dsc04312_2 次回は7月の初旬に第三回目を実施したいと思っております。第四回目で結願することになりますが、お盆前までには結願を迎えたいと思っている所です。今回の観音参りで状況が変わっていた札所は、第18番の海満寺で駐車場が5倍程度広くなり、7台程度の車両が駐車できるスペースを確保していることでした。これまでの車庫とトイレを解体して駐車場にしたのです。駐車には大変楽になりました。これまでのトイレは解体されてしまったので、浄土宗の海満寺のトイレを使うことになっておりました。
関連URL:佐藤研究室 津軽三十三観音http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/33KAN20130616.htm

2013年6月15日 (土)

久しぶりに雨が降りましたが、畑を潤すだけの雨量ではありませんでした。

今日は午前9時頃から11時頃まで待望の雨が降ってくれました。しかし、お湿り程度の雨で畑の作物を潤すだけの雨量では有りませんでした。津軽地方に雨が降らなくなってから幾日経過しただろう。もう忘れてしまったが、長期間降っていないことはたしかであります。冬将軍みたいに豪雪を降らすだけの力がある雨将軍がおられないのであろうか。八代亜紀さんの歌の文句ではありませんが、「雨よ降れ降れもっと降れ・・・」であります。

また、今晩は弘前市の岩木川の河川敷(茜橋付近)で恒例の花火大会が開催されます。もう雨が止んでしまったので、花火大会は問題なく開催されるでしょう。会場まで歩いて8分程度なので見学に行って来たいと思います。家の二階からも見えますが、低い花火は隣家の屋根が邪魔で見えないのです。

明日は第二回目の津軽三十三観音参りで11番札所(下相野観音堂)から参拝を始めます。何処までいけるか知りませんが、納経帳に後朱印をいただきながらの参拝ですから、21番札所(袰月海雲洞釈迦堂)まで行ければと思っているところです。今回は1名増えましたので12名で参拝することになりました。でも、最初から12名のメンバーでしたがドタキャンがあったので前回は11名でお参りしました。

毎年の行事として観音参りをしておりますが、何回お参りしてもこれで良いという事はありません。先祖供養と世界の平和と日本の平和を祈願し、家内安全、交通安全、無病息災、大願成就などを各霊場におわします観音様にお願いしながら巡拝します。回数を重ねるごとに「生きているのではなく、生かされている」事を実感させられております。

2013年6月13日 (木)

今日も暑い。家庭菜園の畑はカラカラだ。毎日36リットルの水を持って畑通いだ。

Sh360021 天気は晴れで今日も暑い。外気温が27℃で室内は30℃である。扇風機をフル回転させている。19日頃まで雨が降らないとの週間予報がでている。家庭菜園の畑はカラカラに乾いている。一雨欲しい所だがなかなか降ってくれないようだ。本日も36リットルの水を持って畑に水遣りに行ってきた。

Sh360022 これからは毎日水を持って自家用車で家庭菜園の畑まで出かける予定で居る。豪雪の割には雪融け水のご利益が無い。水は天からのもらい水と言うが、一雨降って欲しいのが本音である。今更雨乞いも無いだろう。台風3号の影響はフェーン現象で北東北の気温を上昇させただけである。水が欲しい所には雨が降らない。もう雨は結構だと言う所には雨が降る。自然は気ままなものである。

さて、アベノリスクは完全にほころびている。株価の乱高下は外資の操作だし、円高も宗主国の米国が操作しているのである。それに日本の平和ボケ、危機感喪失の庶民がかかわって、個人の財産を喪失してアメリカに持っていかれているのだ。それが分からないのだろうか。小金を持つと欲が出て「増やそう」とする所に大きな穴があるのだが・・・。証券会社に騙されて投資し続けているのだろう。

また、プロ野球のボールが飛びやすくなっていた。それを隠蔽したのが日本野球機構でアドバイスしていたのがミズノだった。
(新聞報道から引用)
メーカーのミズノに対しても、日本野球機構(NPB)は変更を口外しないように求めていたという。NPB及び球界の最高責任者であるコミッショナーの会見では、コミッショナーは「私は知らなかった」の一点張り!コミッショナーと打合せの上進めていたという事務局長は、混乱していたと説明不十分。恥の上塗り会見です。(引用終了)

まぁ、ボールの規格変更は「選手がパニック(混乱)するから黙っていた」とか言っているが、プロの野球選手が「ボールぐらいでパニック」になる訳がない。日本人が東日本大震災でもパニックになりましたか。そう言う国民性なのだが政府は何かと言うと国民がパニックになるから情報を隠蔽したと言う。これからはパニックを考慮しないであらゆる情報を公開して欲しいものだ。

プロ野球でホームランが出にくくなっている、そこで「読売のナベツネ」がミズノと日本野球機構を突っついて、「ボールを変えろよ」って言ったのではと勘ぐっている。勿論、ミズノから日本野球機構へ「賄賂」があったなかったは想像の範囲でしかない。一事が万事、体制側の情報の隠蔽、国民の情報収集(国民総背番号、コンピュータ監視法)に徹しているのである。アベノリスクが抱える日本亡国への企画は止めて欲しいものだ。

2013年6月11日 (火)

昨日は黄砂現象があったのに何の予報も無かった。最近はあらゆる情報が管制されているようだ。

今日も良い天気である。気温は25℃で湿度は55%と過ごしやすい天気となっている。この後、27℃程度まで気温が上昇するようだが、昨日よりは暑くならないようである。現在の環境放射線値は参考値であるが、0.041μSv/hであった。春に低い気温が続いた為に今になって気温が上がる日が多くなったようである。また、昨日は中国からの黄砂が降っていたが気象庁からは何の予報も出ていなかった。

どうもこの頃の気象庁は中国が黄砂の情報を流さなくなったからと言って、国内に黄砂が降っても知らん顔である。気象衛星で観測できないのであれば、他の測地や探査衛星とかを利用して黄砂予報を出して欲しいものである。それでなくても、中国からのPM2.5や汚染された空気が偏西風などによって運ばれ、日本に悪い影響を与えている。

日本国の政府とマスコミは、尖閣諸島での中国監視船などの領海侵犯、北朝鮮の拉致関係などは積極的に報道するが、3・11以来、国民が知りたい情報(原発事故進捗状況、黄砂、放射能汚染情報、汚染食料の拡販、震災復興状況、除染による排出物の処理情報、国政選挙とムサシの関係など)を隠蔽するようになったし、アメリカにならって国民の情報を監視する方向に進んでいる。

くだらない「AKB48」の総選挙をだらだらと報道する暇があったら、電波と言う国の資源を使っているのだから、もっと国民に役立つ情報を報道していただきたいものである。NHKも国民から受信料を徴収している割には国家体制を擁護する報道に徹している。そうであるならば国の予算で国営放送にするか、受信料の徴収を止めて民間の放送局になるかのどちらかを選択したほうがスッキリする。

ブログにしろ、ホームページにしろ、権力側に不利な情報を発信しているサイトが次々にインターネット関係のプロバイダーから締め出されていると聞く。体制を批判する関連記事が削除、改ざんされたり、政府に不都合な内容の記載へのアクセスができなくなったりすることが多くなっている。このとはプロバイダーに追い出されたサイトの管理者がTwitterなどで事実をつぶやいていることから見ても本当の事であろう。

道を歩けば監視カメラ、高速道路や一般道でもNシステムが監視している。あらゆる場所に監視カメラが設置されるようになった。それ以外にも携帯電話のGPS機能の悪用、タブレット端末の位置情報の悪用がある。個人が何時どこから何処まで移動したかは、把握されていると見た方が良いし、メールや通話内容も監視対象になっていることは間違いないことである。

おまけに国民総背番号制の導入、ネット監視法案(コンピューター監視法案)の導入となれば、国民の全てが権力側に監視され、何か有れば・・・である。戦時中の特高警察の復活も間近いのだ。憲法改正、国防軍、徴兵制などに向かって直走っているのが今の政府である。その為にも国民を監視する必要があるのだ。住み難い社会になったものである。

2013年6月10日 (月)

3B9DX(Rodrigues Island)のQSLカードをコンファームしました。ただいまの気温29℃であります。

昨日は長袖に長ズボン、今日は半そでに短パンであります。ただいまの気温は29℃、天気は雲一つ無い快晴であります。一日置きに暑さが戻ってきます。どうも変な気候になってしまいました。環境放射線値は参考値ですが、0.025~0.031μSv/hであります。先日メンテナンスした扇風機は快調に風を送っております。

Img084 寒くなったと思えば熱くなり、体温調節のために着替えて対応しておりますが、昨年は無かった現象であります。今年は台風の当たり年になりそうだし、猛暑、酷暑の夏が長く続くようであります。お互いに熱中症に注意して毎日を過ごしたいものです。

さて、アマチュア無線の方はアフリカのロドリゲス島(Rodrigues Island)からの交信証が届いておりました。日本のアマチュア局が運用したもので、オペレーターは、JA8BMK,JN1THL,HQ1LCWの3名でありました。
★3B9DX 2013-03-09 04:23UTC 21MHz SSB
QSLマネジャーはスペインのEA5GL局であります。ロドリゲス島とは過去に5局と交信済みであります。バンドでもモードでもNewではありませんが、今回の3B9は日本人の運用と言うことで交信しました。

2013年6月 9日 (日)

今日は気温が17℃で扇風機はお休みである。首相公邸に安倍首相が住まない理由。

今日は曇り、気温は17℃である。環境放射線値は参考値ですが、0.034μSv/hであった。昨日は25℃以上で暑かったのに今日は長袖を着ている。昨日の扇風機は何だったんだろう、今日は扇風機の羽を回転させていない。寒暖の差が大きいと年寄りにとっては体調の維持が難しいのである。

アマチュア無線の方は、国内が良く開けていた。今朝は14/18/21/24MHzでJA3~JA6エリアまで良く聞こえていた。国内の交信は昔の仲間以外はほとんどしていないので特に呼ぶことはしない。たまにJCCアワードで弘前市が必要だとメールや電話が来れば電波を出すことはある。

★首相公邸に幽霊の噂、政府は「承知していない」
http://dot.asahi.com/world/fringe/2013052400024.html
安倍首相が公邸に引越しをしないで自宅から15分かけて車で通勤していることから、あらぬ噂が立っていると報道された。いろいろと勘ぐれば健康に問題が有るからではないかと思うのである。現在の健康は自宅以外では維持が難しいのではないかと憶測している。引越しをしない理由として、幽霊が出るのではないかと言われているが全面的に否定はできないだろう。

報道によると、「首相公邸は1930年代の5.15事件や2.26事件の舞台となっており、これまでにも複数の元首相らが不思議な体験をしていると伝えられている。」と言うから、幽霊が出ないとは断言できない。それに加えて首相の健康問題があるとすれば、渋谷の自宅から通うことが一番無難であると言う結論になるのである。

しかし、国の最高責任者として非常事態、緊急事態などが発生した場合や危機管理上からすれば首相が公邸に居ないという事には大きな問題がある。それを無視してまで公邸に引越ししないと言うことは、結局、日本の首相は米国のロボットで命令通りに動いていれば良いのであり、現状でも首相の役目が務まるからであろう。

日本国の重要な決定は従米官僚やジャパンハンドラー達がやってくれるし、危機管理もアメリカやイスラエルがやってくれるから、責任がない首相であり、お飾りの首相役でしかないのであれば無理をして公邸に引越ししてまで役目を果たす必要がないのだ。幽霊に怯え、健康維持に不安があり、裸の王様でしかないのであるならば、無理をしてまで首相が公邸に住む必要がないのが本当の所ではないのだろうか。

2013年6月 8日 (土)

今日は来るべき酷暑の夏に備えて、3台の扇風機をメンテナンスしました。

Dsc04267 天気は晴れ時々うす曇で外気温が18℃、室内の気温は24℃となっております。環境放射線値は参考値ですが0.033μSv/hとなっておりました。家庭菜園をやっているものとしては一雨欲しい所ですが、週間予報によると14日まで雨は降らないとのことでありました。作物が枯れてしまわないかと気が気ではありません。この分だと、青森県の入梅はまだまだ先ではないかと思っております。
(画像は、昔のゼネラル製の卓上扇風機 F-692型で34年前の製品です)

Dsc04268 さて、今日は3台の扇風機をメンテナンスしました。私がいつも常用している扇風機は、30cmの卓上扇 ゼネラル F-692型で1979年(昭和54年)製で34年前の製品であります。インターネットでは、「長年ご使用の扇風機では、モーター、コード、コンデンサー等の電気部品の経年劣化による発煙・発火のおそれがあります。」と書かれておりますが、毎年メンテナンスをしておりますから、現在でも正常に動作を続けております。(画像は、スイッチ部分ですが、プッシュスイッチの可動片の脱落を修理して今も使っております)

Dsc04269 メンテナンスは、モーターへの注油、綿ゴミの清掃、羽の汚れ除去、首振り機構部分への注油が主なものです。お陰さまでモーターの発熱も回転不良もありませんし、コンデンサーもMFタイプ(金属化プラスチックフィルムコンデンサー:MF型。Metalled Plastic Film Capacitor)ですから大丈夫です。一度、電源スイッチが故障しましたが修理して使用しております。34年前の製品でも手入れが良ければ長持ちするものであります。(画像は、18年前の卓上扇風機で30cmの羽が着いております)

Dsc04270 他の2台は18年前と13年前の羽が30cmの卓上扇風機で、同じく綿ゴミの除去、注油、首振り装置の点検をしてメンテナンス完了であります。注油は毎年しませんが異音が聞こえた時に注油をすることにしております。DIY(ホームセンター)に行けば1980円で安い扇風機を買えるのですが、修理してでも使える内は使おうと思っております。
(画像は、13年前の扇風機で、支柱の高さを可変できるタイプです)

扇風機のメンテナンスを終えた後は、午後6時半からローカルのDX通信仲間の飲み会に参加することになっております。お互いにかぶったり、被せたりの仲間同士ですから、たまには酒でも飲んで普段のご無礼をお詫びし、親睦を深める事に目的があります。あまりのみ過ぎないように参加してきます。(^^;

2013年6月 7日 (金)

歯と口の衛生週間と趣味のアマチュア無線と・・・。

Dsc04262 天気は晴れで気温が20℃、環境放射線値は参考値で、0.030μSv/hでありました。近くのスーパーへ買い物に行く途中、岩木山を写しましたが霞んでみえておりました。午後から曇って雨になるようですが、午前中は快適に過ごせそうであります。午後から歯科医院に行って定期健診をしてきます。(画像は、上岩木橋付近から見た霊峰岩木山)

Dsc04266 本日は、歯と口の健康週間(6月4~10日)でもありますから、自分の歯をできるだけ多く残す為にも定期健診をしましょう。私の場合は2~3ヶ月置きに検診をしております。まだ、自分の歯が25本残っておりますから8020(80歳で20本の歯)を残す事を目指して頑張りたいと思っております。歯周病は健康に悪影響を与えるので歳に関係なく豆に検診に行きましょう。(画像は、茜橋付近から見た霊峰岩木山)

Dsc04264 さて、趣味のアマチュア無線の方は6月6日の午後6時54分にカリブ海のFJ/K5WE(SAINT BARTHELEMY:サンバルテルミー)が14001kHzの電信で出ておりましたので交信しましたが、ビッグガンが一通り終わったころ、500Wの出力と4エレ八木で呼んで漸く交信できました。最近は団塊の世代の定年復帰組のビッグパワーが多いので交信には苦労させられております。(画像は、茜橋付近の道路標識)

Dsc04256_1 過去にサンバルテルミーとは、TO7ZG,TO3J,FJ/OS1T,TO3X,TO2Dと交信しておりますが、カリブ海方面だと聴こえればついつい呼んでしまいます。まぁ、DXサーのさがと言えばそれまでですが、幾つになっても変わらないものであります。ただ、オンフレでチューニングをとる局が多くなってしまいました。復帰組みは其れなりの経験も地位もあったのでしょうが、DXマナーに関しては良いとは申せません。(画像は、5日に行われてた中学校時代の同級生のバーべキューパーティの様子である)

マナーやDXのノウハウに関してローカルのDX局に聞けば分かることなのでしょうが、そこはそれ、恥ずかしいことと見栄と現職の時代の亡霊(プライド)が邪魔をして聞けないでいるのでしょう。金を掛けてビッグな無線設備を設置し、AM(振幅変調)時代に覚えた交信技術が今でも通用するのだと言う事で電波を出すのでマナー違反が多くなったのではないかと思っている所です。sad

2013年6月 5日 (水)

家庭菜園、BB、サッカーアジア予選、安倍のリスクについて。

天気は晴れ、気温が19℃で環境放射線値は参考値だが、0.031μSv/hである。昨日は家庭菜園の畑に行って「インゲン豆」のツルを絡ませる支柱を立てる作業と水遣りをしてきた。モロヘイヤは元気に育っていたし、枝豆やジャガイモ、トマトや大根、ピーマンや人参なども順調に育っていた。

水は18リットルのポリタンクと焼酎の空ペットボトル(4リットル)4本に水道水を入れて運んだ。畝に支柱を立てる作業は手間と時間がかかり、午後3時から5時ころまでかかってようやく作業を終了させることができた。いんげん豆、ササゲ豆、トマトなどに支柱をたてたのだが、数本足りなくしたので後日DIYで支柱を購入して追加したいと思っている。

さて、アマチュア無線の方は起床して早朝に受信だけを実行しているが、あまり良いコンディションではない。夏枯れというのだろうが電波の伝播状況は良くない。家庭菜園の畑仕事と自宅の庭の植物に水遣りするのに忙しいこともあるが、当分は電波が出なくなる状態が続くものと確信している。

また、本日は正午から、弘前市内在住の鯵ヶ沢中学校時代の同級生が数人集まって野外でバーベキューをする事になっている。いつも6~8名程度が集まり、3000円の会費でBBをやっている。もう、十数年続けている。例えば、桜祭り、ねぷた祭り、秋の紅葉などの時に開催している。お互いに70歳を目の前にした同級生ばかりであるが、同じ話を何回も聞くが違和感がないのである。

そういえば、昨日のサッカーアジア予選でオーストラリア対日本の試合には感激した。後半37分に1点を許した日本が最後のロスタイム(後半46分)、本田選手がPKでゴールを決め、虎の子の1点を入れて同点としたのである。これで来年6月にブラジルで開催されるワールドカップに出場でるのである。オーストラリアに1点を入れられた時は95%駄目だと思っていたのだが、相手のハンドでPKをもらった本田選手が同点にしたのであった。

最後まで諦めないという事は大切なことである事を再確認し、勇気と感動を与えてくれたサッカー日本代表の選手達に心から感謝をもうしあげたい。冒険家の三浦雄一郎さんが80歳でエベレスト登頂成功の偉業と共に、今回のサッカー日本代表のW杯出場を祝福したい。

これで安倍のミクス(安倍のリスク)が上手く行けば良いのだが、どうも三本の矢の効果が出る前に各分野でほころびが出てきたようである。円高、株安にもどりつつあり、これまでの円安、株高はアメリカが操作していたことは間違いない。日本市場で丸儲けしたアメリカ資本は日本から資金を引き揚げだしている。鴨にされたのは日本の個人資本であった。

アメリカの次の狙いはTPPによる日本完全制覇と夏の参議院選挙での「ムサシ」を使った与党圧勝作戦である。在日米軍基地の固定化、憲法の改正、さらなる規制緩和の推進もある。日本が道州制を敷く前にアメリカの日本州となる方が早いと思うのである。それが証拠に、NHKを含めた日本のマスコミの検閲がさらに強められ、本当のことが報じられなくなっているのだ。

2013年6月 3日 (月)

A3EAQ(TONGA)からの交信証が届いた。家庭菜園で収穫したホーレン草と二十日大根を食した。

Dsc04254_3 今日も良い天気である。気温は25℃で風が涼しいため熱く感じない。環境放射線値は参考値であるが、0.023~0.051μSv/hを表示していた。どうも気温の変化が大きすぎて半ズボンにTシャツ、長ズボンに長袖になったりで体調の維持には毎日苦労している。しかし、今年も昨年同様暑く長い夏が来るようである。

Img083 さて、昨日の午前中に収穫したホウレン草はゆでていただいた。鰹節のパック入りをまぶして醤油を掛けていただいたが、軟らかくて無農薬、有機肥料で育てたためか甘みがあって美味しかった。二十日大根は「雪小町」という白い品種も植えたので赤いカブと二種類収穫できた。浅漬けの素で簡単に漬物にして食べたり、輪切りにして酢醤油に漬けて食べているが結構いける味であった。

アマチュア無線の方はオセアニアのトンガから交信証が届いていた。
●A3EAQ(Tonga Island) 2013-04-02 08:50UTC 28MHz SSB
で交信したものである。28MHzでバンドニューとなった。また、交信済みでカードを所持している海外局へJARLビューロー経由でカードを送っておいた。
KH0/JA1RTS,JW7QIA,VP5/W5CW,5W1SA,8Q7EJ,PJ6/W6IZT,
C91GR,HK1MW他
であり、重量が29.3gになってしまったので90円切手を貼ってポストに投函してきた。

2013年6月 2日 (日)

天気が良いので家庭菜園の畑で半日過ごしてきた。

Sh360016 天気は晴れ、気温が23℃で風向は東風(やませ)である。この風が吹くと気温は上がらない。環境放射線値は参考値だが0.042μSv/hである。日曜日でもあるから、レジャーを兼ねて家庭菜園用に借りた畑に行くことにした。本日の作業はモロヘイヤの苗を植えること、ホウレン草と二十日大根を全て収穫し、ジャガイモに土寄せをする事である。
画像は家庭菜園用の畑から見た霊峰岩木山である。

Sh360017 モロヘイヤは種で植えたのだが全く芽が出てこないので、近くの種苗店でモロヘイヤの苗を5株ほど購入(90円)した。その後、畑に向けて走行し、午前9時半に畑に到着した。早速、ホウレン草を二十日大根を収穫する。両方とも結構な量となった。夕方でもホウレン草は湯がえて、二十日大根は薄く輪切りにして酢醤油で食べることにする。
画像は畑に咲いているボタンの花である。

Sh360020 モロヘイヤは前に種で植えた畝に、今回購入した苗を植えることにした。水を4リットルの焼酎が入っていた空きペットボトルに入れて持ってきたので、その水を苗にかけることができた。後は、雑草を取る作業を続けて午後1時半頃に帰宅した。すぐに収穫したホウレン草と二十日大根を水洗いし、調理作業に入った。
画像は畑に咲く藤の花である。

毎日が日曜日であるが、趣味の無線やビデオ撮影(DVDへの動画のコピーなど)、おもちゃの修理、家電の修理、家庭菜園、ホームページやブログの保守と運用などで一日が直ぐに終わってしまう。退屈する暇も無いのである。そのほかに、津軽三十三観音参りや岩木山の朔日山(ついたちやま:今年は9月5日)があるため、1年経過するのも早く感じるのである。

畑では畑の持ち主と私達と同じく畑を借りている人達と5名で昼食を取ることができた。食事をしながら作物の話、農作業のノウハウなどの話をした。天気の良い日に野外で食事をすることはストレス解消に絶大が効果がある。これからも続けて行きたいと思っている。

2013年6月 1日 (土)

5R8X(Madagascar) ,6Y9X(Jamaica)のカードをビューロー経由でゲットした。

Img081 午後になってからメール便が届いた。JARL経由のQSLが入った封筒であった。オセアニア、カリブ海、北米、ヨーロッパ、オーストラリアなどからの交信証が入っていた。その中でもオセアニアがダントツの多さであった。比較的珍しい所としては、マダガスカル(5R8X)とジャマイカ(6Y9X)である。

●5R8X(Madagascar) 2010-11-02 08:09UTC 21MHz CW 599
●6Y9X(Jamaica) 2012-10-28 23:24UTC 28MHz SSB 59
偶然だがどちらもラストレターが”X”となっていた。ビューロー経由ではDXCC関係のニューは全く無かった。マダガスカルの交信証は2年半程度かかってコンファームしたことになるが、急がなければBureau経由でも何とかなるものである。

Img082 しかし、昨今は夏のコンディションになった為かあまり伝播状況は良くない。株価と同じで黒点数も乱高下が激しい。黒点数が多いからと言って遠くまで飛ぶわけでもない。かえって地磁気嵐の発生が多くなって短波帯の通信に悪影響を与えることが多く遠距離通信が出来ないこともある。

電波の日の今日は晴天である。

6月1日の天気は晴れ、気温は25℃である。環境放射線の値は参考値であるが、0.022~0.031μSv/hであった。また、本日は電波の日でもある。昭和25年(1950年6月1日)に電波三法(電波法・放送法・ 電波監理委員会設置法 )が施行されたことにちなみ本日を電波の日としたのである。私はこの法律で制定された無線従事者の国家資格を取得し、船舶通信士や訓練校の指導員などで40年間生計を立てることができた。

それ以外にも沢山の記念日としての6月1日がある。例えば、
・国際子供の日(International Children's Day) 1925年にジュネーブで開かれた子供の福祉世界会議で制定。
・気象記念日 東京気象台(現在の気象庁)が1884年に制定。
・徽章工学協会が1993年に制定。この日が「気象記念日」であることから、「気象」を「徽章」にひっかけて。
・写真の日 「写真の日制定委員会」が1951年に制定。日本写真協会が主催。1841(天保12)年のこの日、日本初の写真が撮影された。
・チーズの日 この日が「写真の日」であることから、写真を撮る時の掛け声「はいチーズ」に引掛けて。なお、チーズ普及協議会などが制定した「チーズの日」は11月11日である。
・世界牛乳の日(World Milk Day) 国連食糧農業機関(FAO)が2001年に制定。これに合わせて日本酪農乳業協会が2007年にこの日を「牛乳の日」とした。
・麦茶の日 全国麦茶工業協同組合が1986年に制定。6月は麦茶の原料である大麦の収穫始めであり、麦茶の季節の始りでもあるため、6月の始めのきりの良い日を記念日とした。

さて、弘前おもちゃ病院で入院となった「アンパンマンのホームシアター」は、漸く、メロディーが流れるようになったが、通常よりもスピーカーを鳴らす出力トランジスターのS8050に流れる電流が多く、指で触れることが出来ないくらい熱くなる。そこでベースの固定バイアス用の抵抗を調整して電圧を低くし、コレクタ電流を半分程度に抑えることにした。

電流を少なめにしたため、メロディーの音量が通常よりは低くなってしまったが、実用上は問題ない程度のものである。S8050のトランジスターが発熱しなくなったし、回転も電球も正常に動作してい事から修理を完了させる事にした。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30