フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

本日はハロウィン(Halloween)の日である。前期高齢者としてはなじみがないのだが・・・。

Dsc045741 今日は晴れたり曇ったりで、気温は現在16℃となっている。環境放射線は参考値だが、0.032μSv/hであった。本日は(31日)はハロウィンだそうだ。商店街に行くとハロウィン関係の商品が沢山店頭に並べられている。外国の習慣で秋の収穫を祝うことと悪霊を退散させるためにお祭りのようだ。津軽では岩木山のお山参詣で五穀豊穣を願うことやネプタで悪霊を祓う祭りに似ているのかもしれない。

しかし、バレンタインデー(2月14日)やホワイトデー(3月14日)はチョコレート業界が消費量を増やすためにやっている様なものであるし、ハロウィンだって子供がお菓子をもらいにくることから、お菓子の消費量を増やすためと衣装や飾りを売るための祭りとして普及してきたのであろう。だが、前期高齢者(65歳以上~74歳)としてはハロウィンにはなじみがないし、なぜハロウィンだと騒ぐのか分からないでいる。

クリスマス(ケーキとサンタクロースのプレゼント)もそうだが、外国の行事を真似するのが上手いし、商法たくましく外国の行事を取り入れて金儲けをするのが上手いのも日本人の特徴なのであろうか。元旦には神社やお寺に初詣、お盆にはお寺参りと墓参り、クリスマスには仏教徒でありながら、クリスチャンのように教会に行くわけではなく、ケーキを食べたり、お酒を飲んだりしてお祭り騒ぎをするのである。これは多神教がなせる業なのだろうか

まぁ、ハロウィン、バレンタイン、ホワイトデー、クリスマスなどは何時の間にか日本国内に浸透してしまったし、これらの行事で国内消費がアップすれば経済もいくらかは良くなるだろうから、目くじらを立てて批判することもない。八百万の神がおられる日本国は、多くの種類の宗教が混在し、宗教戦争なんぞはほとんど起こりようがないのであろうし、キリスト教だろうがイスラム教だろうが仏教だろうが違和感なく存在しているのだ。であるから、各宗教に関係する行事が国内で行われていても何の不思議もないのである。

(Wikipediaから引用)
ハロウィン、あるいはハロウィーン(Halloween, Hallowe'en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、 悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事で、歴史的にイギリスやアイルランド等のアングロ・サクソン系諸国で祝われているが現代では特にアメリカで民間行事として定着して、本来もっていた宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
(引用終わり)

カボチャが売れ、仮装用衣装が売れ、お菓子が売れ、ローソクがうれれば、それに越したことはない。商売商売であろうか。津軽のお山参詣も参加した子供達にはお土産やお小遣いをくれているし、佞武多やネプタ祭りでは運行に参加した子供達にお菓子袋やジュースを与えている事などを考えれば、ハロウィンも従来の祭り以外で子供達がお菓子を貰う機会が増えただけラッキーだったということになるであろう。前期高齢者としても孫がお菓子を貰いに来るかもしれないから、駄菓子でも仕入れておこう。

ハロウィンの商品:かぼちゃ、仮装用衣装、ローソク、駄菓子
バレンタインの商品:各種チョコレート、関連包装用品
クリスマスの商品:クリスマスツリー(飾り用品)、ケーキ、鶏(チキン)、酒類、サンタの衣装およびクリスマスのプレゼント商品
行事やお祭りに付き物の商品が相当量消費されることで景気回復に繋がれば万々歳である。次はどんな行事やお祭りが日本に輸入されるのであろうか。

2013年10月30日 (水)

昨晩から今朝まで冷たい雨が降り続いていた。WWコンテストを含めて、QSLカードの発送を終えた。

昨晩から冷たい雨が降り続いている。気温は7.7℃で環境放射線は参考値であるが、0.031μSv/hであった。午前10時半ころになって気温が13.4℃まで上がり、冷たい雨もようやく止んだ。弘前城菊と紅葉まつりは11月10日まで開催されているが、今が紅葉の真っ最中で見ごろとなっている。弘前りんご公園もいろいろな催しが行われているので、来月初旬の連休にでも見学にお出でいただければ幸いである。

趣味のアマチュア無線の方は黒点数が155という割には良く聞こえない。昨日もZS8Z(Marion Is.)が入感しているというので14260kHzを傍受したが全く聴こえなかった。ローカル局には聴こえたようで交信していた。その他、DXクラスターにアップされている海外局を受信してみたがほとんどノイズだらけで聴こえなかった。トランシーバーやアンテナが壊れたのかと思うくらい聴こえないのだ。

WW SSB Contestで交信した局を含め、当局のQSLカードは本日全て処理し、郵送とビューロー経由に分けて発送した。しかし、Direct Onlyの海外局が多く切手購入費が増え、やグリーンスタンプでの発送も増えてしまった。特にQRZ.COMができてからはDirect以外受け付けない海外局が増えたようである。

2013年10月28日 (月)

WW SSBコンテストが終わった。昨日は弘前おもちゃ病院の定期開院日であった。

Dsc04742 今朝の天気は曇り後晴れとなっており、気温は12℃であった。環境放射線は参考値であるが、0.033μSv/hである。時々、気温が10℃以上になることもあるが、ほとんどが一桁台の気温が続き、日に日に津軽平野の秋は深まり、岩木山も次第に麓に向かって白くなってきている。
昨年よりも冬将軍は早めに津軽平野にお出でになるようである。(画像は、庭に咲いている花々である)

Dsc04744 昨日と今日の朝9時までCQ WW SSB Contestが行われ、18局程度と交信することができた。バンドニューは数局あったが、それ以外のニューは無かった。14MHz/21MHz/28MHzの各バンドでこれはと思う海外局を見つけては呼んでいた。WPX Contestではないのにプリフェックスを変えて出ている局が多かった。(花が少なくなっているのか、蝶(ヒメアカタテハ)が止まっていた)

例えば、CQ3L(CT3,CT9)madeira,TO1A(FY)French Guiana,T48K(CO,CM)Cuba等である。次回は11月23日のCWでのコンテストがあることから、同じく参加して未交信の米国の州を狙いたい。WAS(Worked All States)アワードの電信の特記を申請したいためである。MIXでは完成しているがどうせ申請するなら電信でと計画している。

さて、昨日は弘前おもちゃ病院に定期開院日であった。会場には午後1時頃に着いたが、既に修理を依頼する人達が来ていた。私は、「アンパンマン NEW いっしょにステージミュージックショー」のマイクの修理とゼンマイ式のオルゴール、子供のバッテリーカー、携帯ゲームー任天堂3DSを担当した。

Anpanmanstage 1.アンパンマンのステージミュージックのマイク
マイクは、白いケーブルが切れ掛かっており、コンデンサマイクのユニットも劣化しているようであった。そこで、コンデンサマイクのユニットを新しいものに交換し、ケーブルも手持ちの黒いマイクケーブルに交換した。

マイクの差込プラグはそのまま使うこととし、ケーブル同士を半田付けして接続し、ケーブルにヒシチューブを被せて修理を完了させた。本体にマイクを差し込んで試験してみると正常に動作することが分かった。

2.ゼンマイ式のオルゴール
点検したところゼンマイが切れていることが分かった。即日治療ができないことから、入院扱いとしてゼンマイの修理が旨い修理ドクターに変わって修理をしてもらうことにした。

41zwi18r9l_sl500_aa300_1 3.子供の電動カー
モーターが回転しない、蓄電池を充電できないというものであった。鉛蓄電池は6Vのものであるが、すでに寿命となっていたため、新しく購入するようにした。モーターは取り外して分解し、潤滑油を添加して組み立て直したところ、回転を始めたが本体に取り付けると回転しなくなった。モーターを制御する回路に故障がありそうだ。時間が無いため次回も修理を続けることにした。(画像はamazon玩具から引用した)

4.携帯ゲーム機は充電しても直ぐに電池が半分程度まで無くなってしまうこと、充電器を差し込んでゲーム機を充電しても数分で本体のLEDが満充電となり、消灯してしまうと言うことであった。そこで裏にあるリチウム電池と電極を点検したところ、接触不良の状態であった。電池側と本体側の電極を研磨して再度充電してみたところ、正常に充電を続けていることが判明した。

修理ドクターが10名と受付のナースが3名で修理を担当したが、天気の悪さにかかわらず多くの修理依頼者が会場に来ていただいた。午後4時頃に解散して帰宅した。今回も「天使の笑顔」に助けられての修理であった。

2013年10月27日 (日)

WW SSB Contestが開催されている。私も珍しい局だけを狙って参加中。これまでFY5KE,9Y4W,CQ3L,D4C,ZF2AH,VP9I,VP5DXをゲットした。

今朝の天気は雨後曇りで、今の時間(午前7時半)に雲間から太陽が顔をだしている。気温は7.7℃であり、環境放射線は参考値であるが、0.029~0.040μSv/hであった。昨日の午前9時から、アマチュア無線のWW SSBコンテストが始まっている。今日は午前6時に起床してワッチしている。

今のところ、比較的珍しい局だけを狙って呼んでいる。これまでに、FY5KE/15m,9Y4W/15m,D4C/20m,ZF2AH/10m,VP9I/15m,VP5DX/10mと交信できた。明日の朝9時までコンテストがつづくのでそれなりに稼いでみたいと思っている。今日は午後から弘前おもちゃ病院の定期開院であるから、弘前市社会福祉センターの会場まで出かけることにしている。

雨が止んだが気温が低いことと天気が変わりやすいため、修理依頼者の来場数が気になるが、ほとんどが自家用車で修理会場に来場するので影響は少ないと思っているが、天気が安定していることが望ましい。前回は入院して修理する持ち帰りのおもちゃが無かった事で気楽に出かけられる。

津軽平野では稲刈がほとんど終わり、リンゴの「フジ」の収穫が盛んに行われている。新米ともぎたてのリンゴを食べられることは大変幸せなことである。青森県は自然が豊富で食材(海産物、農産物、山菜など)も豊富なのだが、観光の宣伝が下手で食材の県外輸出もイマイチである。したがって、他県よりも観光による収入が落ちているし、県民所得は沖縄と全国の最下位を争っているのが現状である。

青森県には汚いもの、たとえば原発、核燃処理工場、産業廃棄物最終処分場、核燃料の中間貯蔵施設などは直ぐに来るが、綺麗なインフラは全然こないのである。青森県の下北半島に原子力施設を集中立地させているが、一度事故が起きれば東京電力の福島第一原発のように福島県だけではその被害が収まらないのである。

現在進行形だが福一原発事故で放出されている放射能は、周辺の県にも放射能汚染を広げているし、高レベル放射能汚染水の流出によって太平洋が汚染され続けているのである。。勿論、青森県の六ヶ所村にある施設が事故を起こせば北半球全域が住めなくなると聞いている。他県に汚いものを押し付けて自分の県だけは駄目という考え方はもう通用しない。

福島や敦賀や刈羽は原発銀座であるが、東電の福島第一原発みたいに今後も事故が無いとは言えないのである。「八重の桜」ではないが、会津藩が廃藩となって一部は現在の下北半島のむつ市周辺に斗南藩として移住し、再出発させられたのである。この歴史が下北半島を別名、「原子力半島」と呼ぶことになった訳と無関係ではないと思うのである。

(以下、ゆかりの自治体から引用)
「戊辰戦争後、新政府により藩主松平容保と全家臣が東京や越後高田で謹慎の身となった。 明治2年、版籍奉還が行われる中、会津松平家は再興を許されたが、領地として旧領内の猪苗代湖畔もしくは北奥の旧陸奥南部藩領のいずれか三万石を提示された。その際「農業により領地の財政基盤を築け」との条件があったため、農業に有利である思われる領地の広い北奥への移住が決定した。

新しい藩名は「斗南」と命名され、旧藩士と家族1万7千人余りが移住したが、そこは火山灰土の風雪厳しい不毛の土地であった。斗南藩大参事山川浩、少参事広沢安任・永岡久茂らは農業施策を展開するが、慣れない農業と寒冷な自然の前に生産高はあがらず飢えと寒さで病死者が続出、蒸発するものもあった。しかし山川ら会津人は挫けず、斗南ヶ丘建設に始まる原野の開墾政策、斗南日新館による教育・人材育成に務めた。

明治4年、新政府は廃藩置県を実施、斗南藩も斗南県となり、藩知事だった松平容大も東京へ移住となった。山川らは斗南県の将来のため、財力のある弘前県との合併運動を進め、周辺五県が合併し青森県となった。しかし藩が消滅、藩主も失った不毛な斗南の地に希望を持てない会津人の多くがこれを機に全国に散って行ったために、軌道にのりかけた斗南藩の農業政策は瓦解した。(以上、引用終わり)

これからしても、福島県の原発賛成派が原発に力を入れたように、福島県(会津藩)から青森県の下北半島に斗南藩とし移住した人達は想像を絶する苦労をさせられたことで、福島の血筋であろうか、製鉄や精糖や石油備蓄基地等に取り付き、いずれも失敗すると原子力推進派が不毛の地である六ヶ所村周辺に再処理工場、東通村に原発、大間に原発建設中を誘致したのである。

青森県の「むつ小川原開発計画」の頓挫(失敗)が、福島県=会津藩=斗南藩(青森県下北)=原子力半島=原子力施設集中立地の流れを作ったのであろう。斗南藩の末裔達は、福島第一や第二原発を誘致したことを見習って自分達も下北へと考えたのであろうか。

2013年10月25日 (金)

今朝はD44AC/20m/SSB, ZF2AH/12m/SSB, VP5/WA2VYA/12m/SSB,と交信。昨日はCN2PM/40m/CW, 5Q4B/10m/SSB, JW9JKA/10m/SSBをゲット。

Scan029 台風の影響で昨夜から雨が降り続いている。気温は14℃で環境放射線は参考値ですが、0.033μSv/hであった。台風の影響で28日までは雨が降ると言う予報がでている。
津軽平野の山沿いの紅葉は今が盛りのようだ。19日に十和田方面に行って来たがイマイチの状態であったが、1週間程度経過したことで紅葉が進み、津軽各地の紅葉の名所が観光客で賑わっているようである。

Scan030 さて、本日は午前6時半に起床してペットボトルなどのゴミを集積所にだしてきた。その後で、アマチュア無線の周波数を傍受したところ、カリブ海方面やアフリカが良く聞こえていた。アフリカは北方向のパスであった。今朝は、D44AC/20m/SSB, ZF2AH/12m/SSB, VP5/WA2VYA/12m/SSB,と交信できた。昨日は、CN2PM/40m/CW, 5Q4B/10m/SSB, JW9JKA/10m/SSBと交信できたのである。

Scan032 黒点数が228程度になると夕方の28MHz帯のヨーロッパ方面、朝方の北米、カリブ海方面が良く開ける傾向がある。昨日のモナコのCN2PMは40mバンドのロングパスで交信したものであるが黒点数の多さが影響しているのであろう。
今朝のD44AC、ZF2AH、VP5/WA2VYAはいずれもバンドでニューとなった。これも秋のコンディション様様であり、朝と夕方が珍しい海外局の稼ぎ時である。

Scan028 政治はこのところの国会中継を視ているが、質問者も回答者も小学校の学芸会のような状況を演じているため、余にも白々しく視るに耐えないのでチャンネルを他に切り換えている。
つまり、役人が書いた原稿を棒読みにしているだけであるし、与党が大量の議席を得ていることから、審議にも身が入っていないこともあり、TVを視るに値しないのである。官僚に頼って自分では勉強、調査しない議員さんが多いことで、国会の討論が形だけのものとなっている現状はいかにも残念である。

Scan031 それに、TVや新聞は不正選挙の裁判が東京高裁など行われているのだが、それを詳しく伝えようとしていない。マスコミも政府関係も裁判所も検察や警察も12月16日の不正選挙を国民に知られたくないのであろう。勿論、米国の命令で報道したくても出来ないでいることは周知の事実である。しかし、これでは中国や北朝鮮と全く同じ報道体制と同じではないか。似非民主主義、似非法治国家、似非自由主義国家と言われる所以である。

Tn2ms 特にTPPや秘密保護法案などが国会で審議されてはいるが詳しくは報道されていない。TPPに参加し、秘密保護法案が成立すれば、昔の治安維持法よりも悪い悪法となり、日中戦争へひた走ることになる。すでに犬HKは毎日「大本営発表」を続けているではないか。

このまま安倍政権を存続させていると、憲法9条の改正、国防軍の創設、武器輸出三原則のなし崩し、原発の再稼動、日米安保条約の拡大解釈による武力行使、集団的自衛権の拡大解釈などが行われ、我々の子供や孫が戦争に狩り出されるのであり、戦死するのはいつでも庶民なのである。権力側に組する子供や孫は無事に安全地帯に居られるのである。

かつては満州国の国民を棄民にし、現在では福島県民を棄民にしている。軍隊は国を守るが国民を守らないのがこれまでの常であったし、平和時の災害派遣などは別として、戦時の自衛隊となれば国を守ることに専念するはずである。もしも、他国と戦争になれば国民は自己責任で自分を守るしかないのである。

アフリカの今後から出ていたTN2MS局は24日で運用を停止したが、当局は18MHz/SSBと14MHz/CW/SSBで交信できた。バンドニューは18メガのみであった。本日、OQRSでQSLカードを請求したが、PayPalで2$を返信料として払い込んだ。

2013年10月23日 (水)

早起きは三文の徳と言うが、TN2MS(Congo)と14MHzで交信できた。

C82dx 今朝の天気は晴れで気温が11℃である。環境放射線の方は参考値だが、0.040μSv/hであった。昨夜は午後10時には就寝したため、起床したのは午前5時であった。

早く起きたのは、TN2MS(Congo)局を狙うためである。早起きは「三文の得(徳)」というがさすが諺だけはある。TN2MSと14メガの電信で交信できたのである。

18MHZ/SSBでは交信済みだが、14MHzがまだ交信していないし、出来れば他のバンドも狙ってみたい。JAのDXクラスターにはアップされていなかったが、WW25にアップされていたことで14028kHzから1.3kHzUPで呼んだところ応答が得られたのであった。
結局、今朝は、
D44AC/21MHz/SSB,ZD8JR/10MHZ/CW,TN2MS/14MHz/CW等と交信出来たのである。

Tn2ms C82DX(Mozanbique)局とは5バンドで交信できたが24MHzを逃している。22日まで運用しているとのことであるから、交信は無理であろう。過去にもC8とは7局程度交信しているがいまだに12mバンドだけは交信できていない。聴こえても信号が極めて弱いため、交信に至っていないのである。12mとは相性が悪いのであろうか。

TN2MS局のオンラインログ(ログサーチ)は21日の16:51Zに更新しているが、当局が18MHzのSSBで21日の22:44Zに交信したデータがアップされていた。更新日の訂正をしていないようだが、自分のデータがあるかどうか確認してみると良い。

2013年10月22日 (火)

C37AC(Andorra)のQSLカードを受領した。台風27号が心配である。

Scan025_2 天気は晴れたり曇ったりで気温が14℃であった。風が時々5m程度の強さで吹いている。環境放射線は参考値であるが、0.037μSv/hであった。今日は融雪用の散水装置(塩ビパイクで自作)を試験的に使用してみた。おおむね順調に動作してくれた。散水方向がずれている1.5mmφの穴はドリルの歯を差し込んで方向を微調整した。

Scan027_2 Scan026_2 アマチュア無線の方はヨーロッパのアンドラのC37AC局からQSLカードが届いていた。2013年9月8日の15:49UTCに14MHz/CWで交信したものである。今回のアンドラは14MHzの電信でNewとなった。昨晩から今朝にかけて、FW5JJ/7MHz/SSB,TN2MS/21MHz/SSB,TG9NX/21MHz/CW,6Y3M/28MHz/CW,TG9AHM/28MHz/CW,ZD8JR/18MHz/CWと交信できた。

日に日に寒さが厳しくなってきておりますが、台風27号がどうやら台風26号と同じようなコースをたどるようだ。そうなると伊豆大島や関東地方が危なくなり、青森県も予想コースに入っているため、リンゴの落果被害が予想されるのである。いずれにしても本州から遠く離れたコースをたどって欲しいものである。

2013年10月20日 (日)

AADXAの秋期ミーティングが十和田湖温泉郷の焼山温泉で開催された。

Dsc04732 今日は十和田の焼山温泉の宿で午前7時頃に目が覚めた。昨夜は遅くまで仲間と趣味のアマチュア無線談義を行いながら、日本酒、焼酎、ビール、ワインなどのんだ。勿論、美味しい料理を肴にしてである。前期高齢者なのだが、話に花が咲き、気が大きくなってアルコール量が進み、さすがに本日は二日酔いの状態であった。朝風呂に少し入って汗を流し、水をたっぷり飲んでから朝食をとったのである。
(画像は、地獄沼からみた八甲田山の冠雪の様子である)

Dsc04730 昨日は、ミーティング会場がある十和田湖の焼山地区まで、弘前から102号線を走行して黒石市の中野から394号線に入り、大河原、城ヶ倉、103号線に入って酸ヶ湯温泉、地獄沼、笠松峠経由、谷内温泉、十和田湖温泉郷にある焼山温泉に到着した。途中、地獄沼で下車し、硫黄の匂いを嗅ぎながら、紅葉が始まった地獄沼周辺と八甲田山を写した。地獄沼のおどろおどろしい名称とは違い、八甲田山の美しく雄大な姿と、周辺の木々の紅葉の美しさは素晴らしいものであった。
(画像は、地獄沼周辺の紅葉の様子である。始まったばかりなのでいまいちであった)

Dsc04735 秋のミーティングへの参加メンバーは11名で、八戸市方面(3名)、弘前市方面(7名)、平川市方面(1名)の参加があった。午後六時から宴会が始まるのだが、午後四時ころに到着したため、時間まで温泉に入ったり、前祝と称して風呂上りの缶ビールを飲みながら開宴を待ったのであった。宴会は定時に始まり、終わったのが午後9時半であった。それから、二次会の会場に移動して午前零時ちかくまで無線談義を続けた。(画像は、焼山まで20kmの道路標識である)

Dsc047371 一泊した宿を10時にチェックアウトしたが生憎の雨であった。帰りの経路は、昨日と別なコースをを走行することにした。焼山、奥入瀬渓流、子ノ口、宇樽部、休屋、滝ノ沢から102号線に入り、平川市、黒石市経由で弘前の自宅に着いた時は午後12時頃となっていた。奥入瀬渓流は雨降りにもかかわらず、銚子大滝、石ヶ戸の瀬、白糸の滝付近は観光バスや自家用車でごった返していた為、通過するのに時間が掛かってしまった。(画像は、AADXAメンバーの宴会の様子である)

そんな訳で、毎日、電波を出してDX通信をしているメンバーのほとんどが十和田温泉郷の焼山温泉にある温泉宿に集合したため、その間、お空の方はいくらかは静かだったに違いない。しかし、欠席したメンバーがいるため、その局が「鬼の居ぬ間に洗濯」で荒稼ぎしていたかも知れない。(^^;

2013年10月19日 (土)

典型的な秋晴れである。午後からは無線仲間の秋のミーティングが十和田湖付近で開催される。

Dsc04724 今朝の天気は快晴、気温は5℃で寒い朝を迎えた。環境放射線は参考値ですが、0.024μSv/h~0.031μSv/hであった。今日は午後から十和田湖方面に出かける。趣味のアマチュア無線仲間の秋のミーティングが焼山地区で開催されるからである。津軽平野や十和田湖方面は紅葉が始まっているが、道中、紅葉を楽しみながら走行したいと思っている。
(画像は、快晴の青空にそびえる霊峰岩木山である)

Dsc04726 十和田の焼山地区までは60km程度の距離がある。ゆっくり行っても2時間もあれば到着するだろう。午後6時からミーティングが開催されるから、早めに着いて温泉にでも入ってゆっくりと骨休めをしたい。日頃、互いに電波を出すことで被ったり、被せたりしていることから、「混信」を「懇親」に変えて日々の軋轢を和らげることがミーティングの目的でもある。
(画像は、頂上付近をズームした岩木山で7合目付近まで白くなっているのがわかる)

Dsc04725 さて、岩木山は17日に初冠雪したが、本日も7合目あたりまで白くなっていた。こうなれば平野部に初雪がふるのもそう遠くないと思われる。幸い、融雪用の井戸を掘ったし、その地下水を散水して融雪する塩ビパイプの製作と試運転も終わっている。今年は、昨年よりも雪が多いと聞いているが、融雪の準備はすでに完了しているため、心置きなく雪片付けができる。
(画像は、何時見ても圧倒的な存在で津軽平野にそびえ立つ岩木山である)

今朝のアマチュア無線の状況は、これと言った局が聴こえていなかったので、各バンドをすこしずつ受信してからトランシーバーの電源を切った。午後にアマチュア無線仲間と十和田湖付近で一泊どまりのミーティングで逢うことができるのが楽しみである。昨日は、C82DX/18MHz/CW、A92IO/28MHz/CW、GB2NZ/21MHz/SSB、SP2XF/28MHz/SSB等と交信したがNewはなしである。

2013年10月18日 (金)

17日に岩木山が初冠雪。散水融雪のために塩ビパイプを加工した。

Dsc04714 天気は晴れ、気温が4.1℃で寒い朝であります。環境放射線は参考値ですが、0.038μSv/hであった。昨日(17日)、霊峰岩木山に雪が降り、初冠雪を観測した。青森地方気象台の発表によると岩木山は平年より4日、昨年より7日早かったとの事であった。いよいよ津軽平野にも冬将軍が来襲することになる。
(昨日、初冠雪となった本日の岩木山である)

Dsc04716 さて、台風26号は各地に大きな被害をだして過ぎ去ったが、特に伊豆大島の被害が大きかった。今回も「想定外、予想外」の言葉を聞くが、災害が起きるたびに繰り返される常套句となっている。伊豆大島の土砂災害でお亡くなりになられた方々のご冥福を祈り、被災された皆様方に心からお見舞い申し上げる次第である。

Dsc04717 さらに台風27号が発生し、26号と同じようなコースをたどりそうだ。今年は台風の当たり年なのであろうか。台風が来るたびに大きな被害が出てしまうが、日本国内のあらゆる建物や橋梁、堤防、道路などが経年変化で老朽化している事も原因だと思っている。箱物を建てる事や道路を作ることばかりに力を入れて、耐震補強や各橋梁、道路、堤防等のメンテナンスを疎かにしてきた政府や関連省庁の方針に落度があったに違いないと思うのである。

Dsc04719 話は趣味のアマチュア無線に戻るが、今朝もTN2MSとはご縁がなかった。C82DXも10MHz/CWで聴こえていたが、信号が弱く呼ぶ気にはなれなかった。年々、欲しい局との交信が難しくなっているのは、団塊の世代が定年を迎えてアマチュア無線への復帰組みが増えていることが原因の一つであろう。午後からは、地下水を利用しえ融雪をするために、散水する装置を作るため、近くのホームセンターに塩ビパイプ(2mと4m物)を2本買いに行ってきた。
(画像は自作の移動用の散水融雪装置で2mの塩ビパイプを使用した)

Dsc04721 Dsc04722 塩ビパイプは太さ25mmφのものに10mm間隔で1.5mmφの穴をドリルであけた。塩ビパイプの端にはキャップをかぶせ、反対側にはビニールホースを接続できるように加工した。それをブロック塀に取り付けて側溝に散水できるように設置した。2m長の塩ビパイプは移動用に、4m長の塩ビパイプはブロック塀に固定して使用することにしている。
(画像は4mの塩ビパイプでブロック塀に固定して使用する。この下に雪を運んで地下水を散水して融かす方式である。自作したが結構時間が掛かった)

2013年10月16日 (水)

弘前地方は雨が強く降っている。昨日のC82DXは交信できていた。

台風26号の影響で昨日から雨が降り続いている。気温は7.8℃で外に出て作業すると手がかじかんでくる。大変寒い一日になりそうだ。現在、風はほとんど無いが台風が近づくにつれていくらかは強くなるだろう。

午後3時頃に仙台沖で温帯低気圧に変わるという予報だが、低気圧になっても勢力が衰えないため、津軽地方でも強風には十分注意する必要がある。環境放射線は参考値であるが、0.029μSv/hであった。

県南地方では風が強く、雨も相当量降るようで三八上北地方には、暴風警報と大雨洪水警報が発令されている。現在、日本海に2個の高気圧があり、台風26号を太平洋側の沖へ沖へと押しているため、

青森県の太平洋岸や北海道東部を除いて風の影響は弱まってくるのではないだろうか。雨は雨雲が東北一帯を覆っているため、前の台風のときみたいな川の氾濫が発生するかも知れない。まことに迷惑極まりない台風である。

C82dx さて、アマチュア無線の方は午前6時半に起床してトランシーバーの電源をONにした。TN2MSが10MHzと14MHzの電信で出ていたので呼んだ。しかし、10MHzは2回呼んだらQSYということで他の周波数に行ってしまった。その後、14MHzで出てきたので数回呼んだがQRTを打って閉局してしまったのである。今朝も縁がなかったのであった。

昨日の朝に交信したC82DX局は7MHz/CWと14MHz/SSBは、本日のオンラインログで確認したところ、交信が成立していたことが判った。ただ、7MHzは混信が多いために2回交信していた。私としたことが保険QSOをしたわけでもないのだが、大きな失態であったと思っている。明日も未交信であるTN2MS局を18MHz以上で追いかけたい。

2013年10月15日 (火)

今日は午前5時半に起床してアマチュア無線を楽しんだ。ZB2CN(Gibraltar)のQSLをゲット。

朝から曇り空が続いている。気温は14.7℃であるが、台風26号の影響か風が少し強くなってきた。環境放射線は参考値であるが、0.037μSv/hである。三連休明けであるが、昨日ゆっくり休んだことで疲れがとれた。しかし、台風26号が太平側を通過して行くようなことから、風と雨が心配になってきた。本州から出来るだけ離れたコースをたどっていただきたいものである。

Scan021 さて、趣味のアマチュア無線は午前5時半に起きてワッチした。珍しいところでは。TN2MS(コンゴ共和国)やC82DX(モザンビーク)などが聴こえていた。TN2MSは今日も取り逃がしたが、C82DXは交信することができた。7MHz/CWと14MHz/SSBで交信したが、7MHzは混信が酷く自信がない。いずれ、オンラインLOGが稼動したら確認してみたい。

Scan024 午後になってジブラタルのZB2CN局から航空便が届いた。10月1日に18MHz/CWで交信したもので、今月に入ってZB2FXを含めると2枚目のQSLカードになる。合計で4枚のカードをコンファームしたことになる。今後はTN2MSを狙って早起きをしたいと思っている。もちろん、リトルピストル級であるがそこは長年の経験とテクニックでカバーしてゲットしたい。

政治の方は、何を言おうが米国の属国としてしか動けないのであるから、もう落ちるところまで落ちて宗主国と共に心中すれば良いと思っている所である。ニホン政府もニホンのマスコミもニホンの警察や検察も裁判もすべて米国のジャパンハンドラーと国内の1%の財閥によって雁字搦めにされているのである。一度はリセットしなければ永遠にニホンは一人歩き出来ないであろう。

アメリカがディフォルトになり、ニホンもゼロに戻ってスタートすればやり直しが利くかもしれない。そうすれば、ニホン、二本、イッポン、一本ではなく「ニホン=ニッポン=日本」になれるかも知れないのである。(^^;
そのためには、マスコミよって総白痴化され、義務教育によって創造性を失い、利己主義になってしまった「ニホン人」が、覚醒して本来の「日本人」の特性を取り戻さなければならない。

2013年10月14日 (月)

今日の朝は7.7℃で大変寒かった。しかし、岩木山はまだ冠雪していなかった。

Dsc04711 12日(土)「つがる市社会福祉大会」と13日(日)「弘前大清水学園」の2回、おもちゃ病院の出張修理で休めなかったが、本日は「体育の日」ということで運動会などが行われているが、私はゆっくりと骨休めをしているところである。天気は快晴、気温は朝方7.7℃と11月下旬の気温となっており、大変寒い朝であった。環境放射線は参考値であるが、0.029μSv/hであった。

趣味のアマチュア無線の方は午前6時頃から聴きだしたが、アフリカのTN2MSやカリブ海のJ8やPJ2が出ていた。聞こえた局を全部呼んではみたが全て駄目であった。休日も手伝ってものすごいパイルアップでとてもかなわなかった。結局、本日もリトルピストルの悲哀を味わった。別にニューエンティティではないのでストレスにはならないが、どうも最近はDX局とは縁がないようである。

Dsc04712 気温が7.7℃と寒かったので、岩木山に雪でも降ったかと思って見た来たが、まだ冠雪はしてはいなかった。頂上はいつものとおりの姿をみせていた。昨年は気温が7℃で10月3日に初冠雪をしたのだが、今年は遅くなっているようだ。しかし、もうすぐ初冠雪をみることができると思っている。

2013年10月13日 (日)

弘前おもちゃ病院が弘前市清原4丁目にある「弘前大清水学園の学園祭」に出張修理で参加した。

Dsc04685 Dsc04692 今日は弘前市清原にある「弘前大清水学園の学園祭」である。昨年も参加したが、今年も弘前おもちゃ病院では出張修理で参加した。昨年とはテントの位置が変わっていたが、テントの大きさも昨年よりは大きくなっていた。修理ドクターが6名に受付係のナースが2名でスタートした。
★社会福祉法人 藤聖母園 おおしみず
http://www.fujiseiboen.or.jp/A4-1/Top.htm

Dsc04687 Dsc04695 天気は、晴れたり曇ったり、時々雨が降ったりの変化の多い天気であった。結構風も強く気温は14.5℃とテントの中に居ても寒かったし、修理していても手がかじかんでくる状態であった。それに加えて日陰に居たために体感温度がさらに低く感じた。修理依頼者は13人であった。私は、「フォーゼのベルト」、「ジェームス 汽車 赤」、「はじめてのえいごABC」の3件の修理を担当した。

Dsc04702 (1)フォーゼのベルト
ベルトに装着して遊ぶ玩具である。故障は電源を入れても動作しないとのことであった。早速、単四乾電池を3本点検した。案の定、2本は1.2Vで他の1本は電圧がほとんどゼロであった。したがって、電圧が正常でない為の故障である。新しい単四乾電池を3本入れて動作させたところ、正常に動作した。依頼者には乾電池を新しいものにするように伝えて修理を終えた。

Dsc04706 (2)ジェームス 汽車 赤
単三1本で動くジェームスのカータイプである。車体の上部を外して乾電池の部位を点検したところ、液漏れによる電極の腐食が見られたため、清掃と研磨して電極を復旧させた。単三乾電池を入れて動作させたが動かなかった。車体を分解してモーターやギア部分を点検したが異常なしであった。最後にタクト型電源スイッチ(6P)を調べたところ、ONにして電圧が出なかった。

Dsc04698 Dsc04708_2 結局、故障の原因は電源スイッチの不良と判明した。そこで使っていない反対側の3Pを使用して復旧させることにした。昨日、つがる市で修理した恐竜のコントローラーのスライドスイッチ(3P)と同じ故障であった。現用の3P接点が使用不能であるから、反対側の使っていない3Pの接点を利用し、180度反転させて取り付ければよいことになる。

Dsc04710 しかし、配線が酸化して黒くなっており、半田が乗らないし、直ぐに切れてしまう。そこで、新しいビニール線の極細を使って配線を全て新しくした。だが、半田付けする場所が狭く、配線が細いため想像以上に苦労して半田付けをせざるを得なかった。180度反転させて取り付けたタクトスイッチに上手く半田付けができたことで、めでたく修理完了である。モーターは正常に動作していた。

Dsc04686 早速、単三乾電池1本を入れ、電源スイッチを押すと、前面のLEDが点灯して走行を始めたのである。思ったよりも想像以上に修理に時間が掛かってしまった。つまり、タクトスイッチの反転修理、配線の新替え、狭い場所の半田付け作業などで手間取ってしまったのである。小さいくせに修理に苦労したジェームスであった。

(3)はじめてのえいごABC」
これはブック型でA~Zまでや音楽、挨拶文などのキーボードが付いた玩具である。依頼者によるとF/G/H/I/J/Kのラインだけが押しても動作しないと言う事であった。
配列の1段目は、
ABCと応用文切り替えキーにつづき、ABCDEまでのキー、その下の段は、
FGHIJKでその下がLMNOPQとなって「Z」までのキーが配列されている。本から電子回路部分とキーマトリクスがある本体を切り離し、分解して点検してみたがこれと言った以上箇所が見つからなかった。

Dsc04684 そこで、マトリクスキーのキー接点部分を全面的に研磨したが状態は変わらなかった。次に、CPU基盤からキーマトリクス回路へ繋がる接続点とフィルム基盤へ繋がる接続部分を研磨し、特に、「FGHIJK」キーに該当するマトリクス配線部分を重点に研磨して再接続したところ、めでたく復旧したのである。故障原因は、CPU基盤の接続点とキーマトリクスのフィルム回路のパターンとの接続点の接触不良であった。

Dsc04691 以上であるが、天気が悪く気温が低い割には大清水学園の学園祭は盛況であった。時々、雨が降ったりしたが短時間であったため、そんなに催しには影響がなかった。私達も出店などで買い物をして大いに楽しみながらの出張修理であった。昼はラーメンと鶏のから揚げ、おやつにはお好み焼きを食べた。楽しい出張修理であった。大清水学園の皆様、大変ありがとうございました。来年もよろしくお願い申し上げます。

2013年10月12日 (土)

五所川原おもちゃ病院のつがる市での出張修理に参加してきた。悪天候にもかかわらず修理の依頼者が結構あった。

Dsc04664 Dsc04676_2 五所川原おもちゃ病院のつがる市社会福祉大会での出張修理に行って来た。弘前を出てからしばらく雨が降らなかったが、つがる市に入ったとたんに雨がふりだしたのである。この分だと大会は中止になるのではないかと思って会場まで行った。10時頃になると雨が止んで太陽が顔をだした。しかし、西風が強くて7~8m程度の強さで吹き荒れていた。それでも催しは無事に実施されたのである。

Dsc04666 Dsc04665 時々、通り雨が降ったが何とか午後1時半頃まで天気はもちこたえた。出店が沢山でたいたので「津軽そばとおにぎり」で昼食を取った。その間、おもちゃの修理依頼が10件ほどあった。私は3件ほど修理を担当した。「リモコンで動く恐竜」、「転がるボール」、「ミニカー用コースター」の三点である。

Dsc04677 1.リモコンで動く恐竜(ティラノサウルス)
依頼者によると、電池を新しく入れたが動かない(鳴かない、歩かない)ということであった。そこで本体を点検したが本体付属の手動スイッチでは動作するので異常がないと判断した。次に、リモコンで本体を操作しようとしたが動かなかった。赤外線でコントロールするようなので、デジカメでリモコンの赤外線LEDを観測したが、発光していないことが分かった。

Dsc04681 そこで、リモコンの電池(単三2本)は取り替えたばかりであるから、分解して基盤に電圧がかかっているかどうかをテスターで測ったが電圧を検出できなかった。電源スイッチではないかと思い、スライドスイッチのON側の端子を測定したが電圧が出ていなかった。つまり、スイッチの電極が接触不良か緑青が発生して導通がなくなっているかである。

Dsc04680 スイッチの電極を細かいヤスリで研磨してみたが動作が不安定であった。そこで、使っていないOFF側の電極を使うことにした。装着するときに180度回して付ければ良いからである。ON側のリード線を切り離してOFF側に半田付けした。そして、180度反転させて取り付けると問題なく動作していることが分かった。故障原因はリモコン側の電源のスライドスイッチ(3P)の接触不良であった。

Dsc04683 2.転がるボール
電源をONにしても動作しないということであった。そこで、ネジを2本はずして電池ケースを点検したら、単三3本の内2本が腐食して駅漏れを起こしていた。おそらく買って以来乾電池を交換したことがないのであろう。駅漏れで電極が腐食してしまっていた。そこで、電極をヤスリで研磨して導通をはかった。あたらしい単三の乾電池を挿入したところ正常に動作するようになった。故障原因は乾電池の消耗と駅漏れであった。

Dsc04679 3.ミニカー用のコースター
依頼者によれば、ゲートの柱が折れた、回転してミニカーを吊り上げるポールが曲がってしまったと言うことであった。曲がったポールは別な修理ドクターが担当し、私は折れたM型のゲートの折れたのを修理することにした。
折れたゲートをそのまま接着しても直ぐに折れてしまうため、2ミリのドリルで両方に穴を開け、そこに金属のボルトを埋め込んで、折れた方と本体の方を接続し、その後に瞬間接着剤で固定することにした。曲がったポールも半田ごての熱で真っ直ぐに修正することができた。動作させてみると正常にミニカーが運ばれてようになっていた。

Dsc04668 以上であるが、雨や強風で悪天候の中、思った以上に修理依頼があったことは私達にとって大変ありがたいことであった。午前10時ころから午後1時頃まで天気がそこそこ持ってくれたことも幸いしたのであった。私は明日も出張修理があるので午後1時半頃につがる市の会場を後にした。明日は、弘前市の大清水学園での出張修理がある。

今日は五所川原おもちゃ病院がつがる市の社会福祉大会で出張修理をする。それに参加してくることにした。

本日未明まで降っていた雨が止み、強い風は残っているものの、晴れたり曇ったりの天気である。気温は18℃で環境放射線は参考値であるが、0.034μSv/hであった。午前9時から五所川原おもちゃ病院がつがる市の社会福祉大会で出張修理をするというので協力するために出かける予定でいる。

玩具の修理道具と測定器を軽自動車に積んで、ゆっくりとつがる市に行くが約45分で到着の予定である。雨が心配だが日中は20~30%の確率でふるとの天気予報であった。何とかなるのではないかと思うが、西の風の強さは覚悟しなければならない。あくまでも、修理のお手伝いだから忙しくはないと思っている。

では、久しぶりに安全運転でドライブを楽しみながら、つがる市まで出張修理に出かけでくることにする。午後5時頃には帰宅したいと考えている。日曜日は、弘前市の大清水学園の学園祭での出張修理も控えているため、連続での出張修理となっている。前期高齢者としては無理は出来ないことから、本日は軽く頑張ってきたいと思っている。

2013年10月11日 (金)

朝から雨が降っている。趣味のアマチュア無線はそこそこ楽しんでいる。

朝から雨が降り続いている。気温は14.8℃で環境放射線が参考値で、0.032μSv/hであった。早く目が覚めたので午前6時に起床した。昨日は快晴であったが、今日は打って変わって雨降だ。秋の天気は変わりやすいと言うが、政権与党の選挙公約と同じようなものである。

特に、TPPは米国のたくらみどおりになっており、選挙公約では、五品目(牛肉・豚肉、米・麦、砂糖、チーズバター牛乳など)の関税も撤廃の方向に進むようである。これは最初からわかっていた事で、途中から協議に参加した日本としては何も守ることは出来ないし、変えることも出来ない事は当然のことで、後から参加してどうのこうのと云える立場にもなかったのである。

TPPに参加すれば、すべての分野の関税、規制などは、アメリカと同じにされてしまのである。つまり、アメリカがクレームをつければアメリカ本土で裁判され、アメリカの規則と同じか、それ以下にされてしまうのだ。完全な属国となってしまうのである。しかし、国民が前の選挙で選んだ政治家によって行われているのであるから、騙されたと言っても後の祭りである。だます方も悪いが騙される方にも責任がある。

「鯖の水煮」の缶詰が店頭から消えて久しいが、この分だと多くの国民が鯖缶ダイエットでモデル並みのスタイルになったものと思われる。横並び意識、マスコミの盲信、流行に流されやすく自分の意思がないのであるから、「政府の言うことには間違いが無い」、「新聞やテレビで報道される事には間違いない」と情報を鵜呑みにしてしまうのである。

そのために、権力側はテレビや新聞で日本国民を総白痴化するために、くだらない番組編成、本当の事を書かない新聞を利用した報道に力をいれており、マスコミを完全に制御、監視できる体制を維持しているのである。これは、北朝鮮や中国などに見られる独裁国家特有の報道体制である。日本も官僚独裁国家であるから、同じ報道体制になっているのであろう。

ややもすれば、日本は「自由主義国家・民主主義国家・法治国家」だと言うが、検察特捜部はどれにも該当しないアメリカの言う通りに動く部署となっているし、どう考えても法治には該当しない。現在の日本は似非がついた「自由主義・民主主義・法治国家」であることは最近の政治動向を見ていると良く分かるのである。

Scan023 さて、アマチュア無線の方は、カリブ海のPJ2/W5BOS(Curacao)と21:28Zに21メガの電信で交信した。また、8J6BAL/6 が21:30Zに24908.0kHzで出ていたが、呼ぶ前に数局と交信していなくなってしまった。私の識別信号はJA7BALなのでBALなじみで呼ぼうとしていたのだが残念であった。次に、FW5JJが22:46Zに21020.7kHzで出ていたがこれを500Wの4エレで呼んで見たが駄目であった。

ま、FWのカードがあるのでどうって事はないのだが、どうも最近応答率が下がっている。相対的に他局が1kWにビッグアンテナへとグレードアップしている事になる。タイミングもあるのだろうがこのごろはビッグガンに押されて、リトルピストルの悲哀を味わい続けている所である。gawk

2013年10月10日 (木)

本日は快晴、今朝は3D2RA/PとRTTYで交信できた。台風崩れの低気圧の被害はなし。

Dsc04660 高気圧が張り出してきたことで、本日は快晴で気温が17℃である。環境放射線は参考値であるが、0.033μSv/hであった。台風24号は能登沖で温帯低気圧になり、青森県に来る頃は勢力が衰えてしまい、風は無く雨が少々降った程度で終わった。台風が日本海で消えたり、衰えて普通の低気圧になることが多い。今回の台風24号も同じ運命をたどったようである。(画像は今日の岩木山である。雲は岩木山周辺の空だけに浮かんでいた

Dsc04659 何よりも農産物に被害が無かったことが良かったと思っている。9月4日に岩木山の朔日山で五穀豊穣をお願いしてきたお陰かも知れない。霊峰岩木山に台風から守ってくれたことに対してお礼を申し上げる次第である。青森県防災消防課の発表によると、台風18号による県内の被害総額が、10月8日午後3時現在で101億6712万1千円に上るとの事であった。台風18号の被害がまだ多く残っている状況で台風24号にやられたのではたまったものではない。(画像:ぼつぼつ紅葉が始まっている

さて、アマチュア無線の方はCY0P局が予定通り、10月8日で運用を停止してSable島から撤退したようで、今朝は聴こえてこなかった。したがって、今回はまたまたSSBでの交信のみで終わった。21MHz帯以外は信号が弱く、100Wの出力にワイヤーアンテナでの運用では仕方がなかったのかも知れない。今日は3D2RA/Pと23:41UTCに24922kHzでRTTY(印刷電信)で交信することが出来た。NewではないがQSOしておくことに越したことはない。

2013年10月 9日 (水)

台風くずれの温帯低気圧の影響で強い雨が降っております。CYOP局とは電信で交信できませんでした。

今日は台風24号が温帯低気圧に変わった影響で雨が強く降っております。このまま降り続くと台風18号の洪水被害がまだ復旧しておらず、土砂崩れなどの被害が拡大する恐れがでてきました。それに風がつよくなるとリンゴの落果被害がでてしまいます。気温は16.3℃で環境放射線は参考値ですが、0.033μSv/hでありました。

アマチュア無線の方は、Sable島(CY0P)と電信での交信が出来ませんでした。午前6時に起きてワッチしましたが、DXクラスターにアップされる21MHzや18MHzでは聴くことが出来ませんでした。結局、本日で運用が終わりましたので電信での交信は次回に持ち越しとなってしまいました。リトルピストル級ではビッグガン級が終わっても無理なことが多いようであります。

今回は、3D2GC/P(Rotuma), TO2TT(Mayotte),TX5D(Austral),CY0P(Sable)と交信できました。このなかでTO2TTの28MHzと24MHzがバンドニューとなりました。それにしても、最近は1kWの出力とビッグアンテナでガンガン呼ぶ局が多くなってしまったのでパイルアップも相当酷いものとなっております。加えて、スプリットで応答している局に被せて呼んでいる局が何と多いことか、マナー以前の問題ですね。

ビッグアンテナとキロワットであるという自負心から来るものなのでしょう。つまり、「自分さえ良ければ、人を蹴落としても」と言う教育を受けた世代が台頭してきているのでしょう。こまったものであります。

さて、政治の方ですがTPPの5品目は除外されなかったようですね。農業関係者は裏切られたと思っているのでしょうが、その自公を指示したのを忘れたのではないのでしょうね。選挙の公約は破られるためにあるのです。

過去に小泉元首相が公約をジャンジャン破って平気な顔をしておりました。安倍さんであればなおさらでしょう。自民党に守られてきた農業界も、TPP参加後は考えを変えて自助努力をする必要が出てくると思います。

2013年10月 8日 (火)

台風24号が心配である。TO2TT,TX5D,CY0P,3D2RA等の珍局が良く聞こえている。

Images204 台風24号の影響と東北上空にある前線のために、未明から雨、現在は曇りの天気である。気温は19.8℃で環境放射線は参考値ですが、0.031μSv/hであった。しかし、今回の台風は強力なようであるが青森県にくると、収穫中のリンゴや稲などに大きな被害が出てしまう。なんとか、太平洋方面に抜けて欲しいものである。

Images202 さて、アマチュア無線の方はDXぺディション局が多数出ている。Rotuma(3D2GC/P等)、Mayotte(TO2TT)、Sable(CY0P)、Austral(TX5D)などである。全て交信済みの局ばかりであるが、CYOPだけは電信での交信ができていない。今朝もCYOP局の電信を探したが、21290kHz/SSBと18132kHz/SSBでしか出ていなかった。

Images203 昨日は14023kHzの電信で出ていたのだが、今朝は電話モードだけであった。明日の朝も午前6時に起きてトライして見る予定でいる。Sable島は電話だけでもカードが3枚もあるが、電信だけがないのである。まだ、11日ころまで運用するようなので頑張ってゲットしたいと思っている。(午後にCY0Pのホームページで確認したところ、天候の具合が良くないので11日までではなく、10月8日で終わりであるとの事でした。今回もCWは駄目のようである。

Images205 政治の方は、常識外れの異常な政策がどんどん実施されようとしているが、裏で指導している闇将軍は狂ってしまっているのではないかと思う。TPPの五品目の撤廃して自由貿易の協力するという公約破り、国民投票を18歳から認める法案、消費税率引上げでは大企業優遇して国民へは増税ばかり、それに国民を監視拘束する国家機密保全法案を作る前に、公務員に対する特定秘密保護法案の成立を狙っているのである。

さらに、企業が従業員を解雇しやすい特区を作り、雇用や解雇が自由、安い賃金で働かせる、できれば時間外労働に対して時間外賃金を払わないなどの特区が計画されている。これは労働三法(働基準法、労働組合法、労働関係調整法)を無視した憲法違反の特区である。憲法では労働基本権を憲法第27条で決めている。

(Wikipediaから引用)
日本国憲法は、第27条で「(1)すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。(2)賃金、就業時間、休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。(3)児童は、これを酷使してはならない」と規定し、続く第28条で「勤労者の団結する権利及び団体交渉その他の団体行動をする権利は、これを保障する」と規定しており、ここに保障された権利は、すべての国民に保障された権利とは異なり、賃金労働者という社会的地位にある者に対して特別に保障された権利であり、労働基本権と呼ばれる。(引用終わり)

現在の日本国憲法を遵守も出来ない輩が、憲法改正を叫ぶのはまことに奇異なことである。規律や規則を無視しているから、国民の権利を侵すような政策が平気でできるのであろうし、憲法違反のおかしな法案が次々と出されてくることになるのだ。日本国も落ちるところまで落ちてしまったと思うものである。

このままだと、憲法改正、国防軍、国家機密保護法案、消費税率を10%へ、社会福祉の切捨てや年金支給額の削減、「国家戦略特区」で従業員の解雇自由、財閥企業を優遇して国民へは増税を続ける、TPPで米国企業が日本国を自由に制御できる等々、どう考えても極東での日中戦争を誘発させるための諸政策ばかりなのである。

2013年10月 5日 (土)

いよいよ新米の季節であるが手放しで喜べない事情が・・・。

今日は曇りで気温は20℃、環境放射線は参考値で0.036μSv/hである。週間予報では雨が降るのは9日以降のようである。ぼつぼつ雨が欲しいところだが、台風と前線の影響がないと9日以前には降ってくれない様である。津軽平野では収穫のシーズンでリンゴの収穫や稲刈りが盛んに行われている。新米が出荷され始めているので、近いうちに食べられるのではないかと思っている。

しかし、問題は報道でもあったように、「中国からの米を混ぜて販売」したり、新米に産地偽装で「福島県産の米を他県産と混ぜて」知らんふりをして出荷する業者がでてくるのではないかと言うことである。いくら新米を全量検査して放射汚染が基準以下だからと出荷されても信用はできない。福島産の農産物を食べて欲しければそれなりに真面目に検査し、検査データを公表して疑問を抱かせないようにすべきだろう。ただ、福島県の農産物を食べて復興に協力してくれと言われても、ハイそうですかとはならないのが現状である。

また、政府はJR北海道の保線関係や現場の管理体制を批判をしているが、どうして東京電力の汚染水の管理体制や原子炉事故の管理体制を批判しないのだろうか。批判できない何かがあるのだろうか。誰が見ても東京電力に原発事故の収拾能力、自己処理能力、汚染水の管理能力が無い事はあきらである。それなのになぜ政府は名指しして批判しないのか理解に苦しむのである。

JR北海道の管理体制の不手際、政府や東電の体制が国民の意識から乖離しているような状態では、民間業者だってぼろ儲けを目的に「産地偽装」、「放射能汚染食品の混合」、「放射能汚染農海産物の激安出荷」などは当たり前にやってもおかしくはない。そのため、全国に放射能汚染食品が出回ることになる危険性が大なのだ。企業のほとんどは「政府が大丈夫(安全)だというから安全である」と言い、2000万円もする放射能汚染食品などの検査装置なんか設置する気はさらさらないのである。

★穴だらけの食品放射能検査体制~4月の新基準値導入で混乱必至
http://diamond.jp/articles/-/15870

したがって、個人レベルでは放射能に汚染された食品を検査することは非常に困難となっている。グループやNPOや県の機関にお願いして検査してもらうにも時間と経費が掛かるのである。政府が国民を守る姿勢を示さなければならないと思うのだが、放射能汚染拡大を阻止する姿勢は見られない。

2020年のオリンピックに数千億円をかけるのであれば、食品放射能検出装置を大量に購入し、各都道府県に配布することで市町村単位で安価に食品の放射能汚染を検査出来るようにすべきだと思うのである。新米の季節であるが、混ぜ物の新米が出回る心配が皆無ではない現在、手放しで喜んではいられないのである。

2013年10月 4日 (金)

弘前公園内は、10月18日から開催される「弘前城菊と紅葉まつり」の準備の真っ最中であった。

Dsc04650 天気が余にも穏やかであったから、いつもの通り弘前公園へ散歩に行って来た。何時もでありますが、私と同じ年代の前期高齢者達が思い思いに散策していた。

どちらかと言うと女性が多いように感じられた。
やはり女性が男性より長寿な訳がわかったように思った。

弘前公園内では秋の「弘前城菊と紅葉まつり」の準備が盛んに行われていた。

開催期間は、10月18から11月10日までとのことであった。

Dsc04651 Dsc04643青空に岩木山も弘前城天守閣も良く映えていた。空は青いのに限りる。

台風18号が通過して以来、雨がほとんど降っていないのだが、台風のの時に岩木川を氾濫させるほど降ったので雨の種が無くなったのかも知れない。

Dsc04641 Dsc04645 護国神社を背にして波祢橋方向をうつしてみた。午前10時であるがひっそりとしていた。

ここを写したあとは、青森県護国神社前を通過し、二の丸の下乗橋方面に行くことにした。

Dsc04647 Dsc04648 追手門を出たところに「菊と紅葉まつり」のテントが設置されていたが、園内の案内所か観光案内関係でもしようするのであろう。どうぞ、東北新幹線も増便されましたので、お友達やご近所お誘いあわせの上、「弘前城菊と紅葉まつり」へお出でください。

給料が上がらず、消費税を含む税金が上がるのであれば景気が良くなる事はありません。

朝方の気温は10℃で、天気は晴れ、環境放射線は参考値で0.027μSv/hでありました。朝夕は気温が下がって秋が次第に深まっております。早朝は半袖では寒いので長袖に変えますが、昼頃になると気温が上がるのでまた半袖に着替えます。前期高齢者になると体温調整が難しくなりますから、こまめに衣類で調整しております。

さて、アマチュア無線の方は、TO2TT(Mayotte,by JA3USA)が7008kHzで聴こえておりましたが、弱いので呼びませんでした。17日ころまで運用されるので何時かはどこかの周波数で交信できるだろうと思っております。他に3D2RA(Rotuma)なども聴こえ、いよいよ秋のコンディションに突入したようで結構珍しい局が聴こえて来ておりました。

でも、経済の将来は方は暗いですね。「消費税8%へ」、「年金の支給額減額へ」、「法人税関係の減税へ」、「給料は現状維持かマイナスへ」、「非正規雇用者の激増へ」、「生活保護の受給者戦後最高へ」、「福一の原発事故処理遅延と汚染水漏れ拡大へ」、「震災復興の遅れ」等々があり、決して見通しが明るくなる方向にはありません。

政府はもろに大企業優遇策をとり、国民からは乾いたタオルを絞るように税金を取り上げる。昔の悪代官そのもので「大企業=越後屋さん」、「政府=悪代官」だとすれば「お主も悪よのう! いやいやお代官様ほどでも・・・、いっひひっひ~」てな感じであります。国民の収入が上がらず、消費税率があがれば「御用経済学者」で無くても景気が悪くなることはわかります。

現在、米国が新年度の予算が可決されず、政府機関の職員が自宅待機になっています。このままだと国家破綻が起きても不思議ではありません。それを防ぐために米国の属国(パシリ)の日本は「上納金」をできるだけ多く米国に送るようにしております。特に大企業が利益を内部保留し、労働者に利益分配をせずに株主や米国の株主にその利益のほとんどを支払っているのであります。もし、米国が破綻すれば日本も道連れになることは間違いありません。

このような状況では、日本国の内需の拡大を望む方に無理があります。ますます日本は疲弊して、少子高齢社会も手伝って急激に国力が低下していくことになります。加えて、TPP参加が決まれば、TPPに参加した国々は米国政府ではなく、米国の大企業に制御されてしまうのです。それでも、前の選挙で日本国民が選んだ政党が政権を担っているのでありますから、その政府の施策に異議を唱えても駄目なのであります。

国民が選んだ国会議員によって政治が動かされておりますから、日本国の将来がどうなっても自業自得と言うことになりましょう。しかし、考えてみれば米国の属国として行く方が無難なのかもしりません。政界も財界も官界も法曹界も全てアメリカの息がかかった人達で構成されているかぎり、変にアメリカ離れするよりは、「パシリ」に徹して媚を売っていたほうが良いのかも知りません。

2013年10月 3日 (木)

伊勢神宮の式年遷宮おめでとうございます。ZB2FX(Gibraltar),HH5/KC0W(Haiti)をコンファームした。

今日は西の風が5mと強いが、台風22号から温帯低気圧に変わった低気圧の影響であろう。現在の気温は20℃で湿度が45%とカラッとした天気である。環境放射線は参考値ですが、0.028~0.032μSv/hであった。今週は特に予定が入っていないため、庭の掃除に費やす時間が多くなっている。

さて、20年ごとに社殿を建て替える伊勢神宮(三重県伊勢市)の式年遷宮が昨日(2日)行われた。内宮の遷御は2日午後8時に始まり、松明の光を頼りに約150人の神職らが列をつくり、白い布に隠されたご神体が新正殿に移されたと報道されていた。大変おめでたいことである。古くからの宮大工の伝統や貴重な木材資源を守ることにも役立っている式年遷宮は日本国にとって極めて大切な行事である。

Scan020 私は伊勢神宮へ2回参拝したことがある。1回目は船員時代(昭和39年8月:釣島丸、鳥羽港)に海底線の修理で寄港した時である。同級生と二人でお伊勢参りをしたのであった。2回目はJARL評議員(平成4年:伊勢市、パール総会)の時に伊勢神宮に参拝したことがあった。2回とも業務のついでではあったが、参拝後は気持ちがすっきりした事を覚えている。

前期高齢者になった現在、無事に定年を迎え、健康で生活できているのも、この2回のお伊勢参りのお陰ではないかと思っている所である。確かにご利益があることは間違いない。伊勢神宮以外は四国の金比羅様に3回程度お参りしている。現在も、山岳信仰をしながら、津軽三十三観音参り、津軽七福神参り、岩木山の朔日山参りなどを続けていられるのも何かのご縁なのかも知れない。

Scan021 Scan022_2 これからも、「生きているのではなく、生かされている」ことを忘れず、陰の見えない力を信じて、健康に気をつけて趣味のアマチュア無線を中心に頑張って行きたいと思っている。午後になって航空便が2通配達された。
・HH5/KC0W(Haiti) 2013-07-20 13:21UTC 21MHz/CW
・ZB2FX(Gibraltar) 2013-09-13 08:23UTC 18MHz/CW
ハイチはバンドでジブラルタルはバンドとモードでニューとなった。

2013年10月 2日 (水)

天気は快晴である。切り倒した木の根っこ周辺を掃除した。

Dsc04634 天気は快晴で典型的な秋晴れである。気温は20℃で北の風1mであり、過ごしやすい朝を迎えている。関東地方は台風22号の影響で雨が降って風も強くなってきているようだ。22号は太平洋沖を通過して上陸はしないようだが、台風23号がどうも上陸しそうで無気味である。環境放射線の値は参考値となるが、0.033μSv/hであった。

Dsc04640 秋とは言えども山菜が放射能汚染の危険性があり、シーズンのキノコを食べられないのが残念でならない。いずれにしても山の幸はキノコだけではなく、山ブドウやアケビ等も出荷されていないので寂しい限りである。東京電力の福島第一原発の事故以来、原発は採算性が悪く、いったん事故を起こすと甚大な人的、物的被害が発生する。建設費も高く、高レベル放射能廃棄物が限りなく生産されるが永久処分場が無い。となれば「脱原発」に向かうしかない。

Dsc04636 火力発電用の燃料は、石炭、液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas:LPG)、水素ガス、石油などや再生可能な太陽光、水力、風力発電などがある。化石燃料による発電も二酸化炭素の排出を極めて少なく抑えることができる技術がある。いずれも原発の建設費よりは少ない経費で発電が可能である。ただ、財閥系の企業が儲かるために原発の再稼動や建設をしているだけで、それ以外はデメリットが多いのが原子力発電である。島国で地震国で活断層だらけの日本には52基もの原発は不要である。

Dsc04637 さて、アマチュア無線の方だが、21285kHzでCY0P(Sable Is.)局が早朝から出ているが信号が弱すぎて交信する事はできないでいる。毎回そうであるが、バーチカルアンテナを砂浜に差しただけのアンテナ構成に100W程度のパワーで運用しているのではないかと思っている。これまで4回ほどQSOしているが信号が強かったためしはない。
(その後、CY0P局のWebサイトで確認したが、100Wにワイヤーアンテナだそうだ。天候が良ければ11日まで、もし、天候が悪化すればその数日前に撤退するとのことだった。)

Dsc04639 2日前に切り倒した柳と八重桜の根っこは綺麗に掃除しておいた。いずれまた、新しい芽が出てくると思っているが、今度は寸止めをして高く成長しないように剪定をしたいと思っている。柳の根は鉢植えを置ける程度の傾斜なので、そのまま利用している。庭には朝顔が咲き、ラズベリーが実をつけていた。3個ほどもいで食したが美味しかった。ボイソンベリーは先月で終わっているが、搾ったジュースは冷凍保存してある。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31