フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

8P6NW(Barbados)の交信証をゲット。TY1TT(BENIN)とRTTYでQSOできました。

今日は天気は雪であります。早朝から降りだした雪は13cm程度積もりました。弘前のアメダスの観測による積雪深は53cmとなっております。昨日は40cmでしたから結構降ったことになります。午前中は雪かきに追われておりました。気温は、零下5℃で寒さが厳しい一日となっております。環境放射線は参考値ですが、0.029~0.035μSv/hでした。

Scan110 さて、アマチュア無線の方は、カリブ海のバルバドス(Barbados)からの航空便が配達されました。
★8P6NW(Barbados) 2013-12-1 23:05UTC 17m SSB 59 QSL Direct
18MHzでバンドニューでありました。過去に8P6IB,8P5A,8P9AA,8P6XBと交信しましたが、すべて14MHz帯だけでした。今回はWARCバンドでQSOできました。

Scan111 また、FT5ZM(AMSTERDAM)は、7/10/14MHzを残すだけとなっておりますが、なかなか厳しいようであります。ローバンドはまだまだビッグガン級が頑張っておりますから、2月12日ギリギリまで苦労するのではないかと思っております。でも、本日の午後にTY1TT(BENIN)と14MHzのRTTYで交信することができましたのでラッキーでありました。

東京都知事選挙は立候補者が乱立しておりますが、どうか国民の誰が見ても妥当な人選だと思うような人を当選させて欲しいものです。裏側で色々な駆け引きがあるのでしょうが、不正選挙だけはして欲しくないと思います。一番悪用されるのは「期日前投票」の箱であります。どうか、できるだけ投票日当日に投票所に出かけて清き一票を投じてほしいものであります。一人の候補者が400万票を獲得するなんてあり得ないことであります。

ソチ冬季オリンピックでは、開会式にフランスとかアメリカとか参加しないと言うことですが、そんなセコイことはやめましょう。オリンピックに政治を意識的に持ち込んでいるように見えてなりません。大人同士なのですから、1%の支配層からの命令で開会式に参加しないと発言せざるを得ないのでしょうが、同性愛にかこつけてロシアをいじめるのは止めましょう。安倍首相がソチのオリンピックの開会式に参加する事は立派なことであります。

テレビの国会中継を見ておりますが、民主党が出来なかったでしょう! 自民党は出来たのです!とのフレーズが散見されますが、そんな事は言わないようにしましょう。自民党も敗北して3年半程度野にくだったのだし、民主党も国民のひんしゅくをかって惨敗したわけですから、お互いにやったことをこれ見よがしに取り上げてバッシングしないのが大人であり武士道であります。

ただ、大日本帝国に回帰するような報道管制、特別秘密保護法、国民背番号制、憲法改正、武器輸出三原則、非核三原則などの改正、見直し、解釈変更などをしてはなりません。加えて、日米安保、地位協定の改正はしないし、在日米軍を縮小するべきところを、現状維持から拡大傾向にあることが気になります。そして、原発を再稼動する方向にあることも気になります。原発がゼロでも現在の日本は電力不足にはなっておりません。再稼動はあってはならないと思っております。

日本の財閥と系列企業(財界)、霞ヶ関の官僚(官僚独裁)、宗主国の米国(ジャパンハンドラー)が日本国をコントロールしていることは事実であります。ですから、日本の未来をどうするかは計画できないのです。米国の許可がなければ何も出来ないのが現在の日本国なのであります。嗚呼!

2014年1月30日 (木)

FT5ZMのCLUBLOGが稼動しました。さっそく交信を確認しました。

今朝の天気は晴れたり曇ったり、気温は零下6℃程度でありました。雪は昨日も今日も降っておりません。アメダスによる積雪深は46cmとなっております。環境放射線は参考値ですが、0.037μSv/hでした。しばらくこの状態を維持して欲しいものですが、冬将軍様はそんな優しいことはしないでしょう。予報では週末にまた荒れた天気になるようです。

Ft5zm さて、趣味のアマチュア無線は、今朝は7時頃から10115kHzのFT5ZMを追いかけましたが、北米指定ばかりで、たまに日本の局を取ってくれる状態でした。結局、8時半頃にはQRTしてしまいました。3回程度呼ぶチャンスがありましたが、北米の局を取っている時間が長かった分、本日も交信できませんでした。

アムステルダム島からのFT5ZM局のCLUBLOG http://www.clublog.org/charts/?c=FT5ZM が本日から稼動しておりましたので、当局の交信を確認したところ、間違いなく私のログのデータと同じでありました。14メガは聴こえたら呼ぶことにして、7メガと10メガを追いかけたいと思っております。

2014年1月29日 (水)

今朝はFT5ZMと18MHz/CWと21MHz/CWで簡単に交信できました。ビッグガンが終わるとチャンスが来ます。

Scan109 今朝は雪が降っておりませんが、氷点下5℃としばれております。天気は晴れ後曇り、時々小雪となっており、弘前のアメダスの観測では積雪深が43cmまで下がっております。昨年の半分もありません。雪が少ない事はメリットであります。環境放射線は参考値ですが、0.035μSv/hでありました。このままの少雪で経過して欲しいものであります。
(画像は、1978年に14MHzのSSBで交信したアムステルダム島の交信証です。)

さて、趣味のアマチュア無線はFT5ZM(アムステルダム島)を追いかけておりました。昨日は4時間びっちり、18079KHzのFT5ZMを呼びましたが全く歯がたちませんでした。呼んでいる周波数を傍受していると全国の有名なビッグガン級の局が目白押しで呼んでいるのを聴く事ができました。これでは応答が得られないわけです。分かりきったことですがリトルピストル級の当局では勝ち目がある訳がございません。

Scan108 そして、今朝は01:00~02:00UTCの間にFT5ZMと18MHz/CWと21MHz/CWで簡単に交信することができました。昨日は必死になって呼んでも駄目だったのが、本日は4回ほど呼ぶと応答が得られました。21MHzでは、FT5ZMが時々CQを出しているところを見れば、昨日までにビッグガン級が交信済みとなって、呼ぶ局も少なくなってきたのでしょう。月曜日と水曜日(本日)は容易に交信することができました。

しかし、昨日(28日/火曜日)は異常なほどビッグガンが集中しておりましたが、休みでも取ったのでしょうか。月曜日が休みの仕事は多いと思いますが、火曜日がドッグパイルになっていたのは何故なのか今でも分かりません。2月12日まで運用しているようなので、その内、7メガと10メガでも交信可能となってくるでしょう。漸く、リトルピストル級の当局も楽に交信可能となってきております。結構な事であります。

現在のところ、FT5ZMとは、17m/CW,15m/CW/SSB/,12m/CW,10m/CWで交信できております。まだ、オンラインのログサーチが稼動しておりませんので確認できませんが、概ねこの通りだと思います。後は、朝方と夕方の10MHzと7MHzを追いかけたいと思っている所であります。では、家の周辺にある残雪を片付ける事にします。しばらくQRXであります。

2014年1月28日 (火)

今日も18079kHzでFT5ZMを追いかけておりますがまだ駄目です。

今日は前線の通過で朝から雷が鳴ったり、霙(みぞれ)が降ったり、雨が降ったりの天気であります。気温は1.5℃で積雪深は、アメダスの観測で48cmとなっております。環境放射線は参考値ですが、0.035μSv/hとなっておりました。気温がプラスなので昨日と今日で雪が相当融けました。しかし、この後にまた寒波が来るとの予報がだされております。

アマチュア無線の方は、昨日、FT5ZM(Amsterdam Is.)と04:00UTCから06:00UTCの間に21MHz/SSB,24MHz/CW,28MHz/CWの3バンドで交信できました。18079kHzの電信は数時間ねばりましたが駄目でした。月曜日という平日にも関わらずビッグパイルとなっておりました。さすが、団塊の世代が頑張っているだけあります。この後は、できれば、7/10/18MHzで交信したいと思っております。

いずれにしても、FT5ZMはWARCバンドでニューとなっております。過去に2局と交信しております。それ以外は、ソチ冬季オリンピック記念関係のアワードやW1AWの各州移動局を追いかけております。しかしながら、帯電した雪が降ってくるとスノーノイズのために、受信信号がマスクされて受信不可能になることが多くなっております。その時は雪国のハンディキャップとして諦めるしかありません。

2014年1月26日 (日)

一週間前に無くしたポケットラジオが、雪の中から無傷で見つかりました。

今朝は雨が降っており、雪かきをしなくて済みました。天気は曇り時々雨であります。昨夜からの雨で雪がドンドン融け、アメダスの観測では積雪深が48cmとなっております。環境放射線は参考値ですが、0.029~0.041μSv/hでした。気温は2℃を上下しております。このあと、また寒気の流入で大雪の恐れがあるとの予報がだされております。

アマチュア無線の方は、FT5ZM(Amsterdam)やZS8C(MARION)がレポートされておりますが、まだ聴いたことがありません。どちらも過去にQSO済みですから、慌てて交信しなくても良いのですが、WARCバンドで欲しいと思っております。WANTEDの上位に位置する局ばかりですから、相当のパイルアップになると思います。

さて、本日の午後1時半から弘前おもちゃ病院の定期開院があります。修理道具を持って弘前市社会福祉センターまで行く予定にしております。今年1回目のヒロロでの定期開院には参加できなかったので今回は欠席できません。頑張って修理して来たいと思います。

Dsc04856 また、不思議なことに一週間前に雪かき中になくしたポケットラジオが今朝、雪片付けをしていた場所から発見しました。スコップで雪をサイコロ状に切っていたら、50cmの深さからスコップに当たることも無く見つけたのでした。驚いたことに一週間も雪の中に埋まっていたのに、異常なく動作しました。雪が保管庫になっていたのでしょう。水ではなく雪であったから壊れることも無くじっと埋まっていたものと思います。
(画像は、ソニー製のポケットラジオです。ケースに入った状態で使用しておりました。それが1週間も雪の中に埋まっていたのに正常な動作をしております。)

Dsc04857 このポケットラジオは1997年に秋葉原で購入したもので、17年前のSONYの製品です。幸いな事にプラスチックのケースに入っていたお陰で、ラジオの中に雪が入ることもなく零℃近くの恒温状態で一週間も雪の中に埋まっていたのです。胸のポケットに入れていたのが前かがみになったときに落ちたものと思われます。もう駄目だと諦めていたのですが、本日の朝、庭の隅の雪を片付けていたところ、偶然にも発見することができました。

Dsc04858 もし、側溝の融雪に使って水の中に落ちたのであれば駄目だったのでしょうが、雪の中で粉雪でやわらかい雪の50cmの深さに埋まったので偶然が重なって故障することもなく発見されたものであります。見えない力が働いていたのでしょうか。いまとなってはただ驚くばかりで偶然の悪戯とはいえ、愛着のあるポケットラジオが無傷で発見できたことに感謝しているところであります。不思議な事もあるものです・・・。

2014年1月25日 (土)

J88HL(St.Vincent)のカードをゲットしました。お国ことばで川柳に入選しました。

天気は晴れ後曇り、時々雨でありました。気温は2℃から5℃の間を上下しておりました。弘前のアメダスの積雪深は52cmとなっております。雨が降ったので雪が思いのほか急速に融けております。環境放射線は参考値ですが、0.029~0.030μSv/hでした。暖かい一日となったので庭の雪を融雪装置に運んで融かしました。そうしないと、明日以降の雪を積んでおく場所が狭くなってしまうからです。

Scan107 さて、趣味のアマチュア無線の方は航空便が一通配達されました。ポーランドのJ88HLのQSLマネジャーからのものでした。
★J88HL(St.Vincent) 2013-11-17~26 30m/CW,17m/CW,15m/CW,12m/CW,10m/SSB
この局と同時にJ87GUがでておりましたから、今回は、15m/10mでバンドニュー、10m/SSBはモードでニューでありました。QSLカードはOQRSで請求しましが、マネジャーはSP6EQZ局であります。

Photo また、多趣味の内の一つですが、川柳をNHK青森放送局の地域番組のあっぷるワイドの中で放送される「お国ことばで川柳」に投句したところ入選しました。「時」という題で、「同期会 初恋のひと 厚化粧」というものです。1月24日の午後6時半過ぎに放送されましたが、その中の一句として紹介されました。

今回で4回目の入選となります。佐藤研究室の
私の文芸のページの川柳に詳しく載せておりますので、関心がある方は是非ご覧ください。

還暦の時は記念に鯵ヶ沢で盛大な同期会を開催しましたが、次回は今年の10月に古希を祝って盛大な同期会を開催する予定になっております。その間、弘前周辺に在住する同期生の有志で、2ヶ月から6ヶ月に一度ミニ同期会(バーべキュー、花見、ネプタなどを機会に)を開催しております。今年は板柳町で14日に開催しました。

60歳を過ぎると亡くなる同期生が多くなりますので、1年に一度同期会を開催しておりますが、それでも足りなくて度々、あのはず、このはずで同期会を開いております。毎日が日曜日の同期生が多いので平日でも開催しております。

2014年1月24日 (金)

今日は久しぶりのプラスの気温でしたから、雪片付けがはかどりました。

本日は晴天なり、雪かき日和であります。気温は午前7時頃で氷点下5℃で午後5時になって3.4℃と久しぶりのプラスであります。暖かかったので積もった雪もだいぶ融けて、弘前のアメダスの観測で58cmとなっておりました。気温が高めだと雪の処理もはかどりますので大変助かります。

また、敷地内の雪が融けるのが早かったので、移動用の散水融雪装置は停止させました。固定用の融雪装置のみ稼動しております。気温がこのままプラスを維持すれば、明日の朝には側溝の雪も融けてしまうので一時停止となるでしょう。これまでの雪との激闘で除雪用のスコップとポリカラッセルが壊れたのでホームセンターまで行って新しいのを買ってきました。

大雪のために除雪用具の破損も多くなっております。雪かきの強制労働に加えて、除雪用具の破損が加わっております。金属製の除雪用具は価格が高いのでポリカーボネート(強化ガラスの150倍以上という透明プラスチックの中で最高の強度)の物を1780円で買ってきました。それでも気温が零下10℃になるとポリカーボネートも割れることが多くなります。

ですから、棒とヘラの部分が別々なものを買って、本体のヘラが破損したら、棒はそのままで本体部分だけを交換するような製品が多くなっております。消費者にとっては大変ん便利な方式であります。これまでは、本体と棒が一体型のスコップやカラッセルが壊れると粗大ゴミの日に出すようにしておりましたが、分解できれば粗大ゴミの日でなくても処理できることになります。

これから、NHK青森の3chで「お国ことばで川柳」が始まりますので、私が投句した川柳が放映される事から視聴することにします。これにて失礼します。

2014年1月23日 (木)

本日も雪かきに始まり、雪かきで一日が終わります。

今日も雪かきに始まって、雪かきでおわりそうです。気温は零下4.2℃で5cm程度の降雪がありました。弘前のアメダスの積雪計測装置が故障しているらしく、積雪深は休止中で分かりませんが、72cm前後だと思っております。冬の間は一番必要なデータが計測できないということがあってはなりません。早期の復旧を期待したいものです。環境放射線は参考値ですが、0.029~0.032μSv/hでありました。

自作の散水融雪装置があるお陰で、路肩に積み上げた雪で周囲が城壁のようになっていた我が家も、今年の冬はご近所さんと同じ程度の高さで済んでおります。融雪装置に投資した効果は大きなものがあります。ただ、月々の電気料がこれまでよりも若干高いかなと言ったところであります。250Wの揚水ポンプの電気代の他に、セラミックヒーターによるファンモーターの電気代もバカになりません。

井戸を掘って、揚水ポンプで地下水を汲み上げて融雪をする場合には、市役所は無利子の資金貸付をしないとのことですが、やれエコだ、省エネだ、LEDライトだ、再生可能エネルギーだと騒ぐ割には、熱源を持った融雪装置ではないと「資金貸付制度」を利用することができないのです。市が委託した業者が除雪車で玄関前において行った雪を融かしてやっているのに、井戸水と揚水ポンプでの融雪には融資をしてくれないのです。

つまり、熱源が電気によるもの、灯油ボイラーによるもの、温水によるものでないと資金の貸付はしないのです。貸付を受けて熱源がある融雪装置を設置し、自分の家専用に雪を融かして、除雪車が家の前に置いて行った雪の塊を路肩に積んでおいて、融雪装置を使わなくても違反ではないのです。

一方、井戸を掘ってポンプで地下水を散水する融雪は省エネになっていて、除雪やが置いて行った雪の塊を融かしてやっているのに対象外なのです。お役所というところはそういうことを平気でやって、改善しようとはしないのです。それでいて市民には「省エネに協力」をと広報に載せているのであります。

さて、アマチュア無線の方は電波がでておりません。雪かきで忙しくて趣味まで手が出ない状態にあります。雪かきと言う強制労働が毎日ありますから、趣味なんてやっていられないのです。土日祝日関係なく雪を片付けております。片付けないと生活に支障がでてくるため、雪かき作業を省略できないのです。

2014年1月20日 (月)

FO/KH0PR(French Polynesia)のQSLカードをゲット。除雪車が大量の雪の塊を置いて行った。片付けるのに難儀した。

天気は晴れ後曇りで気温は零下2℃付近を上下しておりました。今朝は雪が降りませんでしたが、除雪車が大量の雪の塊を玄関前と勝手口に置いていきました。そのため、一日中雪の塊を片付けておりました。腰は痛くなるし、腕は節々が痛みます。除雪車が来なければやらなくても良い作業を来たお陰で無駄な仕事が増えました。一銭にもならない強制労働を市がやらせているのです。環境放射線は参考値ですが、0.035μSv/hでした。

弘前市は請負の業者に除雪させ、個人の玄関前に大量の雪の塊を置いて、住民が家から出入りでいないように「往来妨害罪」を行っております。それを犯罪だと認識していないところに欠陥があるのです。現在、市が試験的に一部の地域で除雪車の後ろにロータリー車を走らせて、除雪した雪を直ぐに処理する実験をしておりますが、これを普通に採用して実施すれば「往来妨害罪」を犯さなくても良いのです。

また、日曜だろうが平日だろうが、除雪車が置いて行った雪を片付けさせてることは、出来る限り早くやめて欲しいものです。日曜日ぐらいゆっくりしたいのが人情でしょう。行政は出来る限り、住民の冬の生活が快適であるように、引き続き全力を尽くして努力していただきたいものであります。

今日などは雪が降っていないのに除雪車が来て、道路の凍った雪を剥ぎ取って家の玄関前に置いて行きました。昨日の大雪では除雪に来ないくせに、次の日に来るのですから何を基準に出動させているのだろうかと思ってしまいます。毎年のことですが、除雪の苦情が絶えないのは、行政が悪いのか、業者が悪いのか、両方が悪いのかは分かりませんが、住民から苦情が来ないような除雪を実施していただきたいものであります。

Scan106 さて、アマチュア無線の方は、国内便が1通配達されました。フランス領のポリネシアからのものでした。運用は、JJ8DEN局(泉さん)が行ったものであります。18MHzの電信でニューとなりました。
★FO/KH0PR(French Polynesia) 2013-9-13 18MHz CW 599  OP:JJ8DEN QSLも同じ
それ以外の運用は雪片付けのためにやっておりません。このごろは、除雪車の置いて行く雪のために、市側の無策から来る強制労働に従事させられております。(^^;

2014年1月19日 (日)

大雪であります。昨晩から今朝まで40cm以上降りました。積雪深は71cmになりました。

Dsc04840 Dsc04839 ふりましたねぇ~! 昨晩から今朝まで40cmの降雪がありました。今冬最高の大雪であります。弘前のアメダスの観測では積雪深が71cmとなりました。気温は現在、零下2℃前後であります。アメダスの積雪計測器は復旧したようであります。朝7時ころから11時頃まで10cmもふりました。それに昨晩からの30cmを足すと40cmになります。環境放射線は参考値でありますが、0.026~0.031μSv/hであります。

Dsc04838 Dsc04835_2 自作の地下水利用の散水融雪装置は、その性能を遺憾なく発揮し、雪をどんどん融かしてくれております。車庫前に移動用の散水装置、玄関の左側のブロック塀には固定の散水融雪装置を取り付けて雪を融かしております。家の周りや屋根雪はだいたい12時間程度で処理できております。ただ、今朝みたいに一気に降りだすと翌朝までかかることもあります。(画像右は、車庫前に設置した移動用の散水融雪装置です。夕方にはほとんど融けてしまいます。)

Dsc04836 電気による電熱線による融雪や温水ボイラーによる融雪、穴を掘って融雪槽を埋め込む方式などよりは維持費や保守の面では地下水利用の散水融雪装置のほうが格段に有利で、揚水ポンプの電気料だけが経費となります。灯油が値上がりしておりますし、電気料も値上げされておりますから、維持費、保守料の面では大変助かっております。
(移動用散水融雪装置をズームしてみました)

Dsc04837 まだまだ、2月がありますから油断はできません。この散水融雪装置があるお陰で、昨年に比べると大変楽に雪を片付けることができております。車庫前に移動用の散水融雪装置を置いて、雪を山のように積んでおいても夕方には融けてしまいます。それで処理できない分は固定式の散水融雪装置の側溝に雪を投げ込んで積み上げておくと、2時間程度で追加処理ができるようになります。地下水の水温が13℃というのが融雪効率を上げているのでしょう。
(ブロック塀に固定して雪を融かす散水装置です。2時間程度経過したら、スコップで突いて雪を融かした後に追加融雪のために雪を積み上げます。)

Dsc04842Dsc04841  しかし、日曜日だと言うのに大雪のために雪片付けで、強制的な労働をさせられるのが、つらい所であります。雪の降らない地方では、ゆっくりと趣味とか買い物とかに出かけられるのでしょうが、雪国のハンディキャップとは言え、無駄な労働力を雪かきに使っているのが悔しい所であります。この労働力を金になる方に使ったら、県民所得も向上するのですが、いかんせん無料奉仕でありますから、一銭にもなりません。
(地下水を揚水ポンプ汲み上げて蛇口から出します。左が移動用へ、右の蛇口は固定用へ送水します。)

2014年1月18日 (土)

今朝の最低気温は氷点下10.7℃でした。今年の冬一番の寒さとなりました。

107 今朝の気温は、私の温度計で氷点下8.9℃でした。この冬一番の低温(アメダスで-10.7℃)であります。毎日がこの冬一番の低温との発表が続いておりますが、今朝の気温が一番低いものでありました。雪は降っておらず、天気は曇り時々晴れで、環境放射線は参考値ですが、0.037μSv/hでした。弘前のアメダスは積雪深が休止中になっておりますが、故障でもしているのでしょうか。早く復旧させて欲しいものです。

アマチュア無線の方は、W1AWの各州での移動運用が実施されており、本日は23:17UTCに21028kHzのCWでW1AW/0(Nebraska)と交信することができました。これまでW1AW/7(Utah)、W1AW/4(NC),W1AW/8(WV)と交信できております。ロシアのソチ冬季オリンピック関係の記念局はあまり交信できておりません。その内に少しずつ交信しようかと思っているところです。

NHK青森放送局(地デジの3ch)の総合テレビで毎週金曜日の午後6時10分から放送している「あっぷるワイド」の番組の中で午後6時30分過ぎから始まる「お国ことばで川柳」と言う番組に投句したところ、入選しました。句は「同期会 初恋のひと 厚化粧」と言うものです。1月24日の放送に私が録画で出ますので宜しければご覧ください。
★お国ことばで川柳(渋谷伯龍)NHK-TV 3ch

http://www.nhk.or.jp/aomori/senryu/

東京都の知事選挙は、乱立気味ですが不正選挙だけは行わないで欲しいものです。前の猪瀬知事が430万票を超える得票で当選したのは異常であったとしか言えません。今回も、宇都宮候補に細川氏や舛添氏をぶつけて、宇都宮候補を潰す気なのでしょうが、都民の良識ある投票行動をお願いしたいと思います。都知事にはどの候補が適しているかは一目瞭然だと思います。特定のカルト集団が暗躍しているようですが、それに負けないようにしなければなりません。
★東京都議会は、公明朝鮮部落党に半ば支配されている。
(richardkoshimizu's blog)

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201401/article_80.html

また、安倍首相が中東・アフリカ歴訪前半日程終えたとの報道がなされておりますが、国内の庶民の生活困難が酷くなっているのに、気前良く数千億円もの海外援助を訪問国に与えるなんぞは理解しがたい行為であるとおもいます。まさに売国奴と言っても過言ではないでしょう。国民に増税し、物価高を進め、その上がりを惜しげもなく外国への援助に回すなんてことはあってはなりません。国民の血税を何だと思っているのでしょう。

日本人の人口を減らすために、若者たちの賃金を低く抑えて結婚できにくくする。若者達の職業教育をなおざりにして技術の承継を妨げる。若者達の雇用を不安定化して年収格差を拡大する。高齢者の医療、介護、福祉サービスを切り下げ、年金支給額を減額して早く死ぬような政策を進め ている。既婚者が出産後も働ける環境を作らない。待機児童の解消も改善しない。そうして日本人の人口を減らして、足りなくなった労働力は外国人の雇用で穴埋めする。

正に、亡国の政治家、亡国の官僚、亡国の財界がグルになって日本売りを行っているのです。特に、アメリカの属国に徹することに精をだしております。昔、韓国の済州島から近畿方面(大阪地方)に逃げて来た朝鮮半島系の人達が政治や経済、検察や裁判、教育機関や放送機関に長期計画で潜入し、現在の日本国を乗っ取っているのであります。パチンコ、焼肉、ゲームセンターなどは朝鮮半島系の経営者がほとんどを占めているのであります。

終戦後、GHQは日本の占領(日本政府は進駐と言う)に当たって、在日韓国系、済州島系に属する人達を政治、経済、放送、宣伝、出版などの分野の主要部分に採用し、日本を治めさせるようにしたと聞いております。その為に日本の女性と結婚したり、日本人の家系に婿養子で入ったり、日本人の戸籍を悪用したりして日本人に成済まそうとする朝鮮半島系の人達が多く見受けられたとも聞いております。これらの記載は、朝鮮半島系の人達を差別する目的で記載している訳ではありません。どうか誤解の無いように予めお願いしておきます。

2014年1月17日 (金)

雪かき作業で忙しい毎日を過ごしております。邪魔な雪、ありがたくない雪、されど雪・・・。

Scan104 雪かき作業に忙殺されてブログを更新する暇もありません。毎日、良く降るなぁ~、気温がよく下がるなぁ~という感じの毎日であります。天気は晴れたり、曇ったり、雪が降ったりせ安定しません。おまけに、弘前のアメダスの積雪深が休止中だとのことで、どうなっているのかなぁ~と思っております。

Scan105 気象庁も合理化をやり過ぎて測候所や観測所の無人化が進み、肝心なときのデータが発表できないということなのでしょうね。デジタルや観測機械に頼る事になってからの気象庁はあてになりませんね。(苦笑)
本日の環境放射線は参考値ですが、0.036~0.050μSv/hで高目に推移しておりました。何が原因かは不明です。冬場の観測値としては高い値であります。

さて、趣味のアマチュア無線の方ですが、航空便が2通配達されました。南太平洋のバナバとインドネシアからのものでした。バナバはSSBでニューでした。

★T33A(Banaba Island) Nov.5-Nov.18-2013. 40m/CW/SSB, 30m/CW, 20m/CW/SSB,
17m/CW/SSB/RTTY, 15m/CW/SSB, 12m/CW/SSB, 10m/CW/SSB.
★YB9Y(Indonesia) 2013-10-23 30m/17m/CW.
バナバはSSBでニュー、バンドでニューでした。YB9YはNewはありませんでした。

今日も朝から雪かき作業をしておりました。連日の降雪で屋根雪が融けませんので、雪を降ろしをしました。一階の屋根に二階の庇の雪が落ちで来るので、見る見るうちに窓が雪で塞がれるのです。そのため、一階の屋根の雪を降ろさないと、窓の開閉が出来なくなるのです。 それにしても、玄関前に除雪車が置いてゆく雪の塊は、「往来妨害罪」に該当すると主張してきました。

それは、過去に「私が住まいする弘前市の城西団地では、除雪車が来る時間が午前1時半前後となっております。この時間帯に10cm以上の積雪があれば出動するとの事でした。朝起きると除雪車が勝手口と正面玄関前に大量の雪の塊を置いて行きます。車を出すにも住民が道路に出るにも、その雪の塊を除去しないと出られません。一種の障害物(除雪された雪の塊)で玄関と勝手口を「閉鎖/閉塞」されたようなものであります。刑法で言う「往来妨害罪」に値するものだと思うのです。」とこのブログに掲載したことがありました。

私のブログに掲載したら、今冬から弘前市は「試験的にロータリー車を除雪車の後ろに走らせて、玄関前の雪を直ぐに排雪する試みを一部の地域に限ってですが実施する事にした。」と言う新聞報道がありました。市側は、もしかして私のブログを見ているのかなと思うところであります。何にしても、市民が快適な冬の生活が出来るようにするのが行政の勤めでありましょう。岩木山麓から弘前公園へダンプカーで毎日雪を運んで雪像を作って、「弘前城雪灯篭祭り」を開催する無駄がありますが、平行して住宅地の雪を排雪してくれる方がずっとあり難いと思う次第であります。

★弘前市に除雪の苦情を言う暇もなく終日雪かき作業に追われた。自治体が個人の住宅の玄関前に雪を置いて行くのは犯罪?
http://polytechnic-sato.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-5618.html

2014年1月14日 (火)

中学校の同期生の新年会がありました。C82DX(Mozambique)からのQSLカードをゲット。

Dsc04832 今日は、正午から中学校の同期仲間の新年会が板柳町で開催されることになっているので、雪かきは午前8時半で切り上げました。天気は晴れで気温は零下7.1℃でありました。積雪は朝方50cmでしたが、天気が良かったので雪が少し融けて、現在の積雪深は46cmであります。また、環境放射線は参考値ですが、0.027~0.031μSv/hでした。

Dsc04831 中学校の同期生が板柳町で新年会をやろうと言うので、有志が6名集まって寿司屋で新年会を開催しました。自宅からバス(260円)で弘前駅まで行き、JR弘前発の11時12分の列車(気動車)で五能線のJR板柳駅まで行く事にしました。11時42分には到着したので、徒歩で会場の寿司屋さんまで行きました。全員が前期高齢者ですが、久しぶりに新年の挨拶をして、お刺身や寿司を食べて歓談しました。

Dsc04833 お互いに、同期生の消息や各自の健康状態、年金や病気や孫の話して盛り上がりました。そして、同期生全員での古希の祝いを兼ねた集まりを今年の秋に開催することについて意見を交換しあいました。すでに50名近い同期性が亡くなっておりますから、早い方が良いだろうということで、会場の選定と日程についても話し合いました。後は、今日の話し合いの結果を事務局に持ち帰って詳細を検討する事に決まりました。

いくつになっても、顔を見ると中学校時代の呼び名にもどっての話し合いになりますが、気の置けない同期生と話し合っていると時間の経過がものすごく早く感じるものです。全員が爺、婆になってしまっておりますが、気だけは中学校当時に戻っております。恩師の話や高校受験の話、大学を卒業してからの職業の話なども話題に上っておりました。次回は、桜の咲く頃の4月に会うことにして、本日の新年会は午後4時で閉会することにしました。正午から4時間たっぷりと楽しむ事ができました。

Scan102 閉会後は、JR板柳駅から弘前まで320円を支払って、板柳発午後4時32分の気動車で帰ってきました。列車がくるまで駅の待合室で待っておりましたが、高校生も8名程度おり、めいめいがスマホを手にして互いに会話もせず、静かにスマホを操作しておりました。私達の高校時代はこんな事は無く、会話が弾んでうるさいほどだったものです。時代が変わってしまったのですね。久しぶりに電車で五能線を走りましたが、車窓から見える景色や建物を見ながら昔を思い出しておりました。

さて、アマチュア無線の方は、C82DX局(Mozambique)からのQSLカードが航空便で送られてきておりました。OQRSで請求したものです。
★C82DX(Mozambique)
2013-10-14/10-16   40m/CW,20m/SSB,17m/CW,15m/CW,10m/CW
40mがバンドニューであります。

2014年1月13日 (月)

朝の気温は零下の7.7℃でした。毎日が今年一番の冷え込みだと言うことです。

今朝の気温は、私の温度計で零下7.7℃でありました。天気は雪で積雪深はアメダスの観測で45cmとなりました。勿論、午前7時頃から雪片付けを始め、休みながらやっておりましたので、終わったのが午前11時でした。いよいよ冬将軍が居座って低温を維持し、毎日雪を降らせているようです。青森地方気象台の週間予報でも「曇り時々雪」の天気が無く続くようであります。環境放射線の値は参考ですが、0.037μSv/hとなっておりました。

ここ数日は、雪かき作業に明け暮れれる毎日です。雪国の宿命なのでしょうが、雪かきをしなければ生活に支障がでるため、やらないわけには行かないのであります。古くから、親雪、遊雪、利雪などと言われて来ておりますが、そんな訳には行かないのが実情であります。重機での除排雪による道路維持が主力で、それ以外の環境改善は無理と言うものでありましょう。

冬を快適に過ごせるような環境づくりには、膨大な予算を必要としますし、行政側としては、市道の除雪、市営施設の除雪、市営住宅の除雪などを優先し、住宅地の除雪は最後の最後に実施することになっているために、市民が快適な冬を過ごせるようになるのは、夢のまた夢ではないかと思っております。そんな訳で、除雪を行政に頼るのは限界がありますし、冬場の快適環境を作りを行政がすることはありません。したがって、個人で出来るだけの雪対策をし、自分で快適空間を作り出す以外には方法が見つかりません。

自分で融雪装置を作って雪を処理している市民には、無利子での融雪装置設置資金貸付制度の対象外の装置であっても、現場と装置を検査の上で制度の対象としていただきたいものです。それが無理なのであれば、対象住宅の市民税や固定資産税の軽減措置をして欲しいものであります。市民が自発的に融雪装置を導入して雪対策をするのですから、あれは駄目、これは駄目では普及が進みません。

2014年1月12日 (日)

昨日も今日も雪片付けに追われております。積雪深は41cmになりました。

今日は曇り時々雪のてんきであった。アメダスの観測によると41cmの積雪深だということだが、住宅地ではそれ以上の積雪がある。昨日と今日は雪かき(雪片付け)に追われたため、ブログなどの更新やアマチュア無線などの趣味はできなかった。おまけに、帰省していた娘が北海道へ帰るというので、青森空港まで送っていく仕事もこなしている。本日の環境放射線は参考値であるが、0.038μSv/hであった。

このごろは、昨年と違って除雪車がまめに来る様になったのだが、昨年とは条件が変わりでもしたのだろうか。業者任せは変わっていないだろうし、除雪した後を道路維持課の職員が巡回することもない。まぁ、雪が少ないから来ているのだとおもうが、大雪になるときっと来ないに違いない。除雪を請け負った業者が何時もと同じ会社であるから、今年の冬も除雪の苦情が多くなるに違いない。毎年同じ事の繰り返しなのである。

その方が市役所の職員としてらくだからである。前例がないことをやると忙しくなるばかりで損をすると思っているからである。単年の除雪予算さえ消化すればよいのであるから、市民が除雪で苦労していようが、大雪で道幅がせまくなろうが気にすることはない。それよりも定時に出勤して定時に帰宅できれば良いのである。大過なく定年まで勤めればそれで良しと、夢も希望もすてて、ただ事務的に業務をこなしているのが、ほとんどの自治体職員の実情であろう。

だから、市役所の担当課に除雪の苦情なんか言っても、なんのメリットもないのであり、電話料が無駄になるだけである。市の広報に記載されう「雪対策」などは毎年同じ項目をが並ぶだけで改善点が見られないのである。除雪ボランティアだ、高齢者の除雪協力だ等は何時も通りであるし、目新しいのが、「有料での除雪も支援することにした」だけである。有料で除雪するのであれば、市でなくても業者がいくらでもある。自費で除雪するのは市民がこれまでやっていたことである。

今年の冬も、昨年の冬と同じ状況で除雪をしなければならないのである。公を頼っても駄目なことは分かっているのだが、ついつい苦情を言いたくなるのである。ただ、今年は自前の散水融雪装置があるため、昨年よりは幾分楽であるところが少し違っている。除雪車が玄関前や勝手口に置いていく雪の塊もサービスで融かしてやっている。この自作の融雪装置に関しての公的な資金援助はゼロである。電気や灯油を使用する融雪装置でなければ無利子の資金を市から借りる事ができないのである。それがお役所仕事というものなのであろう。

すなわち、自前で井戸を掘って、地下水をモーターで汲み上げて散水して融雪する方式の場合は、無利子で資金を借りられないと言う事なのだ。だが、電気ヒーターの電熱による融雪、灯油ボイラーの温水による融雪、灯油ボイラーで熱くなったパイプでの融雪など、化石エネルギーによるものでないと融資を受けられないのである。省エネ、エコによるものは駄目と言うことなのである。つまり、電力会社や石油会社、特殊な技術による融雪(融雪槽の埋設)など、企業がもうかる方式の装置でないと貸さないのである。wobbly

★融雪装置設置資金貸付制度

https://www.city.hirosaki.aomori.jp/gyosei/seido/yuusetsu/index.html

取扱い金融機関等から貸付を受けて、敷地内に融雪装置を新たに設置する場合、その利子の一部または全部を市が負担します。

◆ 融雪装置の種類 ロードヒーティング、融雪機、融雪槽(地中に埋設・固定し、排水設備を備え、融雪水が隣地などに損害を与えないもの)、屋根融雪(熱源となる装備を備えているもの)

2014年1月10日 (金)

零下6℃の低温環境での雪かき作業は手がかじかんで最悪である。

今朝の降雪量は10cm程度であった。これで弘前の積雪深さはアメダスの観測で32cmとなった。昨年よりは半分以下の積雪深さである。気温は朝方が零下7℃で一日中、零下5℃を前後していた。環境放射線は参考値であるが、0.027~0.035μSv/hであった。零下6℃の環境での雪かきはつらいものである。普通は一回外に出ると雪の処理が終わるまで作業するのだが、本日は気温が下がり過ぎて、1時間作業しては30分休憩しながら作業せざるを得なかった。

昨日までは小雪だと喜んでいたが、これからはそうもいえないようである。週間予報によるととなっている。17日ころまで雪が降るようであるから、積雪深さも次第に深くなると思っている。雪かきの使う手袋も、これまではゴム手に軍手で雪かきをしていたが、今日みたいに零下7℃前後になると手がかじかんでとても長時間作業ができないのである。そのため、近くのホームセンターに行って、防寒、防水の対策を施した手袋を買ってきた。さすが防寒だけあって、これまでの手袋よりは手が冷たくなるこ時間が遅くなったのである。

全国的に今年一番の冷え込みだと言うだけあって、当地でも一日中、厳しい寒さが続いている。しかし、自作の散水融雪装置のお陰で雪かきを短時間で終える事ができるようになった。本日見たいな極端な低温環境においても、その性能は低下する事はなかったのである。これからも十分に期待に答えてくれるものと確信をしている。

さて、趣味のアマチュア無線の方であるが、雪かき作業に忙殺されて無線の運用はしていない。趣味よりは生活に支障がある雪を片付けなければならないのである。その後で趣味なのだが、雪かき作業の後は疲れているため、趣味どころではないのである。その点、雪が降らない地方のアマチュア無線家は、雪かきをする必要がないことから、当局が雪かきをしている間でもアマチュア無線を楽しむ事ができるのである。

話は景気に関する事になるが、庶民に景気が良くなった実感があるかと言う某アンケート調査に答えた。「全く実感は無い」と回答した。その理由はという問いがあったので、
1.労働者の賃金が上がっていないし、可処分所得は目減りする一方である。
2.消費税が8%になることに加えて、軽自動車の税金が引き上げられた。
3.ガソリンや食料品などの諸物価が値上がりしている。
4.医療、介護、福祉関係の予算が削減され、医療費の個人負担が増えている。
5.年金生活者の年金支給額が毎年減額されている。
6.若者達の雇用が派遣、出向、期間、契約などで不安定で、結婚出来ず、車も買えず、賃金が安いために食うだけで生活が一杯である。
などを列挙して回答したのである。

日本国のたった1%(財閥系や大企業など)の人達によって、99%の庶民が良いようにされているのである。安倍政権は戦争ができる日本になるように諸政策を実施しいるが、戦争で死ぬのは庶民ばかりで、1%の人達は後方で高みの見物なのである。したがって、絶対に戦争をしてはならない。皆さんの子供や孫が徴兵され、戦場に送られるような世の中だけは絶対に避けなければならない

2014年1月 9日 (木)

PJ7/G3TXF(Sint Maarten),V85TL(Brunei)等の交信証をコンファームしました。

Scan094 Scan101 雪片付けを終えて家に入ったら、航空便が2通配達されました。ブルネイからとイギリスからのものでした。どちらもダイレクトで交信証を請求したものです。

・OJ0R(Market Reef) 2012-10-16 08:22UTC 15m CW QSL via G3TXF
・PJ7/G3TXF(Sint Maarten)
 2013-12-10 23:10UTC 17m CW, 2013-12-07 08:31UTC 30m CW
                      QSL via G3TXF
・V85TL(Brunei) 2013-12-12 00:28UTC 10m CW

Scan100 マーケットリーフは、バンドもモードもニューではありません。シントマールテンは10MHzでニューとなりました。ブルネーのV85TLもニューの項目はありません。

さて、ロシアのソチ(Sochi)で2014年2月に冬季オリンピックが開催されます。それを記念してアワードが発行されるとのことです。アワード"OLYMPIC GAMES SICHI 2014"と称して、記念局が運用されます。コールサインは「R2014x」でサフィックのxは、アルファベット一文字です。これらの記念局のテールレターで下記の文字を完成させる事でグレードⅠ~Ⅲの三種類のアワードを受賞することができます。

GradeⅢ SOCHI
 R2014S  R2014O  R2014C  R2014H  R2014I (5文字)

・GradeⅡ OLYMPIC SOCHI(9コール)
 "O" "C" "I"を2回使用しますから、9局と交信するとOKです。

・GradeⅠ OLYMPIC GAMES SOCHI(12コール)
 "C" "I" "M" "O" "S"が2回使えるので12局と交信する。

★特別局のR1980M, R1980L および R7975TM, R7979TM, R7378TM の記念局は、不足の同じ2個の字と置き換えることができる。例えば、R1980Mを”O”2個分、
R7378TMを”C”2個分とおきかえができる。

これ以外にも、アワード OLYMPIC WINTER SPORTS (R11xxx  R22xxx)と交信する。
R11ALS  R22ALS  R11BIA   R22BOB 等
BRONZE 9局と交信、SILVER 14局と交信、 GOLD 18局と交信

もう一つが、マラソンのアワードがありますが、ここでは省略します。ソチオリンピックを記念したアワードがロシアから出されておりますので3月31日までの期間に少しは挑戦して見ようかと思っているところです。
★R11ALS QRZ.COM: http://www.qrz.com/db/R11ALS

現在のところ、雪が少なくて助かっております。雪かきに費やす時間の無駄が少なくて済みます。

天気は晴れたり曇ったりで、今朝の降雪量は2cm程度の粉雪であった。雪かきと言うよりは、雪履きと言ったほうが適切な状況であります。気温はマイナス2.6℃で昨日よりは高めであります。環境放射線は参考値ですが、0.031μSv/hでありました。今日まで雪が少ないので雪かき作業が早く終わり、余った時間を趣味に使えるので、肉体的にも精神的にも大変助かっております。

さて、趣味のアマチュア無線の方は、WAS(Worked All States)アワードのために移動運用してくれている、W1AW/8(West Virginia)、W1AW/4(North Carolina)、W1AW/7(Utah)と交信することができております。現在、WASアワードはCW特記で完成しておりますが、後はカードをコンファームしなければなりません。ARRLが実施しているLoTW(Logbook of The World)をやっておりませんから、従来通りカードを送って申請することにしております。

Dsc04823 Dsc04825 今のと所、雪が少ないので自作の散水融雪装置は十分に活動できておりませんが、融雪能力は高く、毎年玄関前は大量の雪で埋まってしまうのですが、今年はコンクリートのたたきがみえております。散水する地下水の水温が13℃とたかめなので、融雪時間も短時間ですみます。きょうも午前中通水して、側溝の雪が融けてなくなった時点で融雪装置を停止させようかと思っております。

Dsc04827 Dsc04822 今年は、一度しか除雪車が来てくれましたが、道路に雪がほとんど積もっていなかったので手持ち無沙汰のようでした。相変わらず除雪車の排土板が向きが右側なので、我が家の路肩にお向かいさんよりも多く雪を置いて行きます。それでも、昨年と違って融雪装置がありますから、どうってことはありませんが均等に行き来を除雪して欲しいものでありあます。いつも同じ方向に走っているのでしょうから、たまには左向きに排土板をセットして欲しいものであります。

2014年1月 7日 (火)

岩木山神社に遅い初詣に行ってまいりました。

今朝の天気は晴れ時々曇り、気温は私の外部温度計で零下6.1℃でした。環境放射線は参考値ですが、0.029~0.038μSv/hでありました。雪は、昨日の午後から降っておりませんが、気温が低いために道路がアイスバーン状態になっております。いまのところ、積雪も昨年の冬に比べれば少なすぎて、長期予報では今年も豪雪だと聞いてたのですが、どうなんだろうと懐疑的になっております。いずれにしても、降る時期が来れば何時もの積雪になるとおもいます。

さて、アマチュア無線の方は21026kHzでW1AW/8がウエスト・バージニア州から移動運用しておりましたので、未交信であったことから呼んで交信しました。これで、WAS AWARDのCW特記が完了であります。今年になってから一週間が経過したのですが、今日が初電波発射でありました。このごろは、珍局かアワード関連の局がでると呼んでおります。

昨年は、12月1日から31日までの一ヶ月間、期間限定でアワードが発行されたのでおいかけました。ロシアのアワードで、W-RAEM-110(10局の**110RAEM局とのQSO)やRAM-110(110ポイント以上になる様に**110RAEM局と交信する)が発行されておりました。当局はオンラインで両方を申請して受賞することができました。

午前10時頃からは、岩木山神社に遅い初詣に行くことになり、家内と二人で岩木町に向かいました。7日も経過しておりましたし、平日だったことから神社前の駐車場は空いておりました。お参りを済ませてから、お札とお守りを買いました。もちろん、古いお札とお守りも焼いていただきました。

帰りは温泉に行こうと言うことで「あたご温泉」に向かいました。300円を払って入浴を済ませました。入浴を済ませて外に出たら、午後1時半になっておりましたので食堂で遅い昼食取る事にしました。岩木町のアソベールの近くにある中華食堂でラーメンを食べてから帰宅する事にしました。自宅についてから郵便受けを見た所、年賀状が入っておりましたので、こちらから送ったかどうかをチェックしました。

今日は、朝に行き片付け、岩木山神社へ初詣、あたご温泉で入浴、中華食堂で昼食と言うことで一日が終わりました。これも健康であればこそできることで、ご先祖様や八百万の神々様、霊峰岩木山、津軽三十三観音様、津軽七福神様、等々見えない力によるご加護に感謝感謝であります。

2014年1月 6日 (月)

2014年の年頭に当たって、徒然なるままにパソコンに向かいて思う事など・・・。

今日は8cm程度の降雪がありました。粉雪なので軽く雪かきをすることができました。気温は零下5.1℃で、自作の散水融雪装置のパイプの中に残っていた水が凍ってしまい、直ぐには散水できませんでした。それでも、しばらく通水していたら、散水が始まりました。水温が13℃なので、しばらく待てば凍った部分が融けるので、熱湯をかけることはしません。天気は曇り時々雪で、環境放射線は参考値ですが、0.029~0.031μSv/hでした。

さて、アマチュア無線の運用は本日まで受信だけであります。全く電波がでておりませんので、2014年の業務日誌は真っ白であります。受信していてもスノーノイズが強くてSメーターがノイズだけて9オーバーになることがしばしばあります。そんな訳でなかなか電波がでておりません。また、アンテナに着雪してエレメントが太くなるとともに、給電点が湿った雪のためにインピーダンスが狂ってしまい、SWRが高すぎて電波をだす事が出来ません。

シャーベット状の雪がアンテナに着雪すると、反射波が(SWR)大き過ぎて送信装置の保護回路が作動して送信できなくなるのです。したがって、雪が降らない地方のアマチュア局とは違った不利益を雪害として受ける事になります。雪国に住むアマチュア局は、アンテナに着雪することで発生する障害、雪が帯電することで受けるスノーノイズ(Snow noise)の影響を受けながらの運用をしております。しかし、それをデメリットにしないように運用しております。

話は政治になりますが、安倍政権は国民から乖離した政策を好き勝手にやっております。それは、安倍さんはあくまでもロボット(裸の王様)であり、取り巻き(アドバイザーとして、財閥系と米国の代理人)の指示通りに動いているだけであります。一票の格差に関しては、「憲法違反の判決」が出ている選挙で当選した議員達が、選挙は無効でないと言う理由から、口を拭って米国の言うとおりに動いるのです。つまり、日本売りを知りながらわが身可愛さに機械的に行動している売国奴となっております。

これによって、日本の公的機関の資産(厚生年金基金の資金運用に関する詐欺や日本郵政の資産の収奪など)や国民の個人資産(2014年から始まるNISA:ニーサ:少額投資非課税制度:100万円まで非課税など)を米国が自国の国家破綻を防止するために「奪い取ろう」としているのであります。それと共に、憲法を改正して戦争可能な日本国として、ゆくゆくは中国との戦争を企んでいるのではないかと思っている所です。

戦争でなければ立ち直れないのが、米国なのであります。軍需産業が活気付かないと景気が良くならない構造となっております。残念ながら、中近東での戦争はロシアの大統領の提案でシリアへの派兵が失敗、次は極東で朝鮮半島での戦争や日中戦争を何としても起こしたいのが米国の希望なのです。そのために、特別秘密保護法に引き続き、共謀罪、国民投票法などの成立や改正を狙っております。

安倍首相が靖国神社に参拝したのも米国の命令であり、公式には「失望した」と米国は言っておりますが、立場上格好をつけているだけであります。日中、日韓、日朝の関係を悪くしているのは、ならず者国家である米国なのであります。イランとの敵対関係(イスラエルの肩を持つ)、イラク戦争(石油利権)、アフガニスタン(麻薬利権)等々、米国は自国にメリットが無ければ戦争を起こさないのです。国家デフォルトが近づいている米国は、何としてもどこかで戦争を起こさなければ国家破綻してしまうのです。

ですから、米国は必死になって日本を戦争に巻き込もうとしているのです。オスプレイの強行配置、普天間基地の移設、辺野古の沖を埋め立てる、尖閣諸島を国有化、中国の防空識別圏の設置、なども戦争の準備段階への流れの中の一つでしょう。(私個人の深読みですが、米国が裏工作をしているのではないかと見ております。) そのために、国民の意思とは関係なく、衆議院や参議院の選挙では「ムサシやカルト団体」を多用して自公が圧勝するような「不正選挙」を行い、憲法を改正して戦争ができるようにする必要があったのです。

そして、最近、アポロ11号は月に着陸していなかったという事がネットにアップされる様になりました。月面着陸の動画を見ても通常ではあり得ない画像が沢山みつかったりしており、45年昔の1969年に当時の技術で作った「薄い宇宙服」を着て、月面には立てないと言うのが現在の常識です。放射線で即死してしまうと言うのであります。アポロ11号が月に着陸していない事が分かったら、米国は嘘つき国家としての汚名を甘受しなければなりません。その為に方々で反論をしておりますが、説得力があまりありません。

嘘つき国家でないと言うのだったら、もう一度、月面に宇宙飛行士を送っていただきたいものです。米国は、現在の技術を駆使して宇宙船や宇宙服を作れば、45年前よりも安全な宇宙船と宇宙服を作る事ができるため、月面着陸などは簡単なものとなるしょう。しかし、予算が無いとかの屁理屈をつけて、1965年以来、一度も月面着陸を試みていないのです。なぜでしょう? 月面に行ったら宇宙飛行士が即死するからです。ロシアが人間による月面着陸の計画をしないのも当然のことです。月面に行く事が出来るのであれば、米国よりも先にロシアが一番乗りをしていたことでしょう。

★アポロ11号は月面着陸していない?都市伝説情報!
http://a51.seesaa.net/article/102441311.html

★「大きな嘘ほどバレない」
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201401/article_26.html

2014年1月 4日 (土)

TO1A(French Guiana)の交信証をゲットしました。

Scan091 昨夜から湿ったシャーベットに近い雪が5cmほど降り積もりました。そのため、雪かきをしていても雪が重くて難儀しました。湿った分だけ早く融けるのでたすかりますが、できれば軽い雪(粉雪)であった欲しいものであります。気温は、零下1.2℃であり、天気は晴れたり曇ったりです。また、環境放射線は参考値ですが、0.035μSv/hでありました。

さて、アマチュア無線の方は、フランスF5HRY(QSL Manager)から仏領ギアナ(FY/TO1)の交信証が送られてきました。
★TO1A(French Guiana) 2013-10-27 01:14UTC 28MHz/SSB 59
CQ WW Contestで交信した時のものです。28MHzでは2局目となります。昨年の30日から今日まで全く電波をだしておりません。特に珍しい局が無かった事もありますが、大晦日と正月三箇日の忙しさが影響したのでしょう。

でも、ローカル局からW1AW/8がWest Verginia州に移動運用しているとの連絡がありましたので、CWモードでWAS AWARDを狙っているのですが、WVだけ未交信なのであります。7日まで出ているとのことでしたので、今日からでも電波の初発射をして是非とも交信したいと思っております。WVとCWで交信すれば、いずれCW特記のWASを申請できることになります。

2014年1月 3日 (金)

天気は晴れ、小雪で経過しております。昨年の今頃は大雪で大変でした。

Dsc03590 今朝の天気は晴れで、気温が零下1℃でした。雪は本日まで積もっておりません。昨年の冬とは雲泥の差であります。昨年の1月は20cm以上の積雪がありました。今年はアメダスの観測地点で13cmであります。路肩を除いて住宅街の道路上にはほとんど雪がありません。今年も豪雪の予報がでておりましたが、例によって煽るだけ煽って小雪で終われば良しとしているのでしょうか。(画像は、2012-12-27の雪の状況であります。2013-12-27の雪は直ぐに消えてしまいました。)

Dsc04815 今日も穏やかな一日になりそうです。環境放射線の値は参考値ですが、0.029~0.033μSv/hでありました。いずれにしても、まだ1月が始まったばかりなのでなんとも言えませんが、中旬頃には昨年と同じ程度の降雪があるのではないかと思っておりますが、それにしても雪が少ないです。結構な事でありますが、まだ、冬将軍が居座る2月が控えておりますから、油断はできません。(画像は、2014-1-3の雪の状況であります。)

Dsc04816 近くにある消流雪溝はご近所さんによって私物化されたままであります。その消流雪溝を利用していた時は、意地悪ばかりされました。以下に列挙しますが、想像しがたい事を平気でやっているのです。根性が悪いと言うか、常識がないというか、欠陥人間と言うか、とても普通の人間がやる事ではありません。(画像は、路上に雪がほとんど無い状況です。2014-01-03現在)

1.玄関前に消流雪溝がある家に使用する優先権があるので、そうでない人は優先権がある家が終わってから使ってくれと言う。
2.私物化している家では、
何時も投入口いっぱいまで雪を詰め込んで、他人が利用できないようにしている。道路の雪で投入口が一杯にならないときは、自分の屋敷の雪まで投入して常に消流雪溝を満杯にしている。
3.他人に利用させないために、消流雪溝の周辺をアスファルトが見えるまで除雪しておき、スノーダンプで雪を押して投入口まで運んで来れなくしている。
4.アスファルトが見えても雪を敷いて投入口まで雪を運んでいると、敷いた雪を綺麗に片付けて置けといわれる。

5.私物化している家の前をスノーダンプを押して、他の消流雪溝の投入口まで雪を運んでいると、雪が圧雪されて滑るから家の前を通らないでくれという。
6.消流雪溝奉行が監視しており、雪を投入口に入れるときの諸注意を何度も言ってくる。うるさいので夜中にやると、夜中には雪を投入しないでくれと言う。
7.数箇所の消流雪溝の投入口があるのだが、一箇所に決めて投入していると雪が詰まるから、分散して投入してくれと言う。そのくせ自分の家の前の消流雪溝は使わせない。
8.玄関前に消流雪溝がある家々では、お互いに携帯電話で連絡とりあって、他人が消流雪溝を
使い出すと表に出てきて文句をつけたり、いやな顔を見せつけたりの嫌がらせをする。

嫌がらせをした側、文句を言った側は忘れているでしょうが、嫌がらせを受けた側、文句を言われた側は絶対に忘れないものです。叩いた方は忘れますが、叩かれた方は一生忘れないのと同じ事なのであります。お互い相手を思いやって厳冬を乗り切りたいと切望している所であります。

以上、私が弘前市の消流雪溝を利用していた時に、ご近所さんに言われたことや嫌がらせであります。あたかも自分が金を出して作ったような錯覚に陥っているのでしょう。たまたま自分の家の前にある弘前市所有の消流雪溝を他人に使わせないようにしている事が良く分かります。さりとて市側は全く現地調査して実情を把握しようとはしません。「町内会で話し合ってうまくやってください」で終わりです。

そんなこんなで、自分で散水融雪装置を作って雪を処理するようにした訳ですが、昨年と違ってストレスがありません。期待に反して今のところ小雪なので、直ぐに雪を融かしてしまいますが、大雪になってからが正念場だと思っております。最大の山場は2月の大雪の時でしょう。それまでは、井戸水(地下水)の流量や側溝の砂袋の置く位置の微調整に明け暮れると思います。

2014年1月 1日 (水)

RAEM-110アワードを受領しました。明けましておめでとうございます。

Scan0901 新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。今日の天気はミゾレでありました。シャーベット状の雪が路上に薄く積もっておりました。2014年の始まりとは言え、前期高齢者にとってはまた一つ歳をとっただけのことであり、いわゆる「目出度くもあり、目出度くも無し」の心境であります。環境放射線は参考値ですが、0.030μSv/hでありました。気温はマイナス0.4℃で寒い元旦となっております。

Raem110list さて、アマチュア無線の方はRCWC(RUSSIAN CW CLUB)が発行しているW-RAEM-110を受賞(10局の**110RAEMと交信)した後、110ポイントになるように**110RAEM局と交信することで申請できるSRRが発行する「RAEM-110アワード」を申請して電子メールのJPEGファイルでダウンロードして取得する事ができた。アワードの発行番号は#2685であります。昨年の中旬に申請すればもっと若い番号なのでしょうが、二桁までの番号であれば価値がありますが、4桁ともなるとあまり希少価値がありませんから、あわてて申請はしませんでした。

参考まで、当局のRAEM-110アワードの交信リストを掲載しておきます。特記はCWとなっております。とにかく、110ポイント以上になればOKであります。勿論、申請料は無料でオンラインで申請可能です。交信リストは発行側で把握しておりますので申請側ではリストは不要となっています。
★W-RAEM-110 Diploma
http://rcwc.net/dip/1656-w-raem-110-award.html
★online Log RAEM 110
http://www.raem110.ru/en/log/

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31