フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

JARLからQSLカードが送られてきました。沖ノ鳥島と言えば・・・。

Vk9mtScan003_2 【弘前の天気】
今日は少々風が強いようで5m/s程度吹いております。気温は私の温度計で10℃で積雪はゼロであります。環境放射線の値は参考ですが、0.036μSv/hとなっておりました。

昨晩から雨が降っておりましたが雪に変わらないでほっとしております。現在は晴れておりますが、雨上がりでありますから、埃っぽくなく、澄み切った晴れの一日となりそうであります。

今日で3月も終わり、明日からは新年度が始まり、人事異動による転出や転入で職場が賑わい、市役所の窓口が忙しくなるシーズンであります。毎日が日曜日の前期高齢者としては何も変わりませんが、昔の職場のことを思い出しているところです。

Scan004Scan005_2 【趣味のアマチュア無線】
昨日からオセアニアのVK9MT(Mellish Reef)を追いかけております。今朝までに20m/CW,17m/SSB,15m/CW,10m/CWで交信できております。今回はWARCバンドを中心に交信したいと思っております。また、日本アマチュア無線連盟(JARL)から交信証が送られてきました。Bureau経由でも時間がかかりますが結構それなりに珍しいカードが入っているものです。

・7T50I(Algeria) 2012-08-25 1205Z 15m/CW
・VP2MRV(Montserrat) 2013-04-30 1246Z 20m/CW
・P40TA(Aruba) 2011-12-13 2232Z 12m/CW
・SU9AF(Egypt) 2013-10-14 0555Z 10m/SSB
・PJ4A(Bonaire) 2011-11-26 0150Z 20m/CW
などがJARL経由で来ておりました。他にもありますが数が多いので省略します。

Scan006 【沖ノ鳥島】
30日午前中、東京から南に約1700kmの距離にある沖ノ鳥島で、国土交通省関東地方整備局の事業で桟橋の建設工事に当たっていた作業員16名が海に投げ出され、このうち5人が死亡して2人がいまだに行方不明との報道がありました。小さな岩礁なので満潮になると岩礁が水面に少ししか出ない島なのであります。

中国側は沖ノ鳥島は島ではないと主張しておりますが、立派な日本の領土であります。岩礁が波で浸食されて水面下になれば日本の領海が失われてしまいますから、岩礁を補強して侵食をふせぎ、そこに桟橋を取り付けて船舶を係留できるように工事をしていたわけです。しかし、なんらかの弾みで桟橋の一部が船にえい航される際に桟橋が傾いて作業員が海に投げ出されてしまったのであります。

今回の事故でお亡くなりになられた方々のご冥福を祈ると共に、行方不明者の発見が早からんことを祈るばかりであります。この島は、アマチュア無線のDXCCアワードに一時期カウントされておりましたが、現在では消滅となっております。JF1IST/7J1と言うコールサインで藤原さんが沖の鳥島から運用した過去がありました。私は1979年6月に14MHz/SSBで交信しましたが、今では懐かしい思い出であります。

沖ノ鳥島と聞いてすぐに思い出したのは、アマチュア無線の消滅カントリー(エンティティ)のJF1IST/7J1局のことでありました。

JA1IST/7J1と記載しておりましたが、JF1IST/7J1の間違いでした。訂正してお詫び申し上げます。de JA7BAL 73!

2014年3月30日 (日)

久しぶりの雨であります。積雪深が0cmになりました。

【弘前の天気】
本日は雨時々曇りで雨降りの1日になりそうです。久しぶりの雨なのですが、埃っぽさがおさまるので良い雨であります。気温は私の温度計で6.8℃、環境放射線は参考値ですが、0.031μSv/hでした。アメダスの観測による積雪深は0cmでほとんど融けたようです。昨日までの2桁の気温が雪融けを早めたのでしょう。明日で3月も終わりますが、翌日からは消費税が8%になります。

【4月は不景気の始まりか?】
消費税率が引き上げられて8%になりますが、その分諸物価が値上がりします。しかし、労働者の賃金はほとんど上がっておりません。それに、年金の支給額が減額されます。医療費や介護保険、健康保険も高くなります。しかも、市民税、固定資産税、自動車税なんかも高止まりのままです。

このような状態に加えて、消費税率が5%のときに買い溜め、前倒しで物品の購入をした反動で、これまでのように物が売れなくなることは確実です。そうなれば、経済が不況に陥り、それが原因で失業率がアップすることになります。経済が悪い方向に進み始めると、震災の復興にも影響が出て来るでしょう。そして、2020年の東京オリンピックのインフラ整備などにも悪い影響が出て来る事になります。

団塊の世代の増加によって年金生活者が増え、労働者の賃金は一部の大企業を除き上がらない、派遣労働や期間雇用によって年収の格差が増大(年収200万円以下の若者多数)、消費税率の引き上げで戸建て住宅建設の激減、などで景気が良くなる傾向にはないのであります。「安倍のミクスが安倍のリスク」に変わることが確実となってきました。三本の矢の1本(労働者の賃金上昇)が折れてしまっております。

企業が外資に乗っ取られておりますから、設けた利益はそっくり外国に持っていかれて、労働者に対しての利益分配(還元)がなされることはありません。そのため、多くの若者たちは結婚も出来ず、家も建てられず、車も買えずにおります。日本の若者たちを年収200万円以下にしておくことは、日本国の将来が失われると言うことになります。どうか、若者たちの教育訓練、雇用安定に力を入れて将来に希望が持てる日本にしていただきたいと思っております。

2014年3月29日 (土)

久しぶりにQSLカードの発送作業を行いました。OQRSが多くなっております。

Dsc04951 【弘前の天気】
今日は晴れておりますが、春霞でしょうか霊峰岩木山が霞んで見えておりました。気温は13℃でアメダスの積雪深は12cmまで下がっております。環境放射線は参考値ですが、0.030~0.041μSv/hでありました。風はほとんど吹いておりませんので、静穏な一日となりそうです。家の周辺にはまったく雪を見ることができません。そのため、運動不足解消のために、庭の枯れ葉や雑草の枯れたのを集める作業を繰り返しております。

Dsc04953 【趣味のアマチュア無線】
今朝は受信のみを行っております。昨日の午後にカリブ海のVP2V/SP6AXWと14MHz/RTTYで交信することができました。出力100Wに4エレ八木アンテナで簡単に交信できました。コンディションが良く、あまり呼ぶ局がなかったので容易に交信できたのだと思います。その後は、未発送の交信証を書き上げ、JARL経由とダイレクト、OQRS等に分けて処理しました。

航空便が9通、国内郵便が1通、OQRSが4件(PayPalで支払い)で処理を行いましたが、ロシアの某マネジャーからは2$では発送できないので3$を送ってくれと言われました。某マネジャーからは2$が返金されてきました。そんな訳でPayPal経由で改めて、3$USを送りなおしました。これまでは2$でよかったのですが、レートが変わったのでしょう。QSLカードにも次第にインフレの波が押し寄せているのだと思いました。

2014年3月28日 (金)

今日も天気が良く、小春日和が続いております。

【弘前市の天気】
今日も天気は晴れております。少し風がありますが気になる強さではありません。気温は13℃程度となっておりますから、雪が融けるのが急速でアメダスの観測によれば20cmとなっております。環境放射線は参考値ですが、0.033μSv/hでありました。また、公園緑地課の第二回目の桜の開花予想は4月31日に発表する予定だとのことでした。

【趣味のアマチュア無線】
昨日は、28MHz帯が良く開けておりましたので、5B4AJC(Cyprus)/CW,EP3HF(Iran)/SSB,T77C(San Marino)/CWと交信しました。また、HK1MW(Colombia)/10MHz/CWでも交信できました。ただし、今朝の運用は寝坊したため出来ませんでした。

昨日、自家用車の冬タイヤを夏の普通タイヤに交換する作業をし、タイヤを洗浄して格納する作業およびワイパーを夏用に取替える作業などを行いましたので、その疲れが原因の寝坊でありました。

【社会情勢など】
STAP細胞の小保方バッシング、みんなの党の渡辺党首の8億円疑惑、元東京都知事の猪瀬氏の5000万円疑惑の罰金刑で済ます不思議、日韓米の三人の会談の滑稽さ、マレーシア航空機墜落事件の不思議さ、ロシアとウクライナ問題とクリミア編入、G7でロシアに制裁をと言っても効果が無い不思議さ、ロシアが天然ガスのパイプラインのコックを絞ればヨーロッパが大変なことになるのを知っての制裁のおかしさ、マレーシア航空機の行方不明事件のもどかしさ・・・、こんな所を気にして情報を集めております。

4月1日から消費税が8%になりますが、近くの量販店では買い物客が消費税が5%の内にと言う事で、ショッピングカードからこぼれ落ちるほど山盛りにして品物を買い溜めしておりました。見ているとお米、トイレットペーパー、テッシュペーパー、子供用のオシメパンツ、ドッグフーズ、ペットの餌などが目立っておりました。毎日使うものが主な買い溜め品のようでした。105円が108円になりますから、3円がもったいないと言うことなのでしょう。

また、消費税が8%になるとガソリンもまた高くなりますし、5%の内に買い溜めや買え変えした反動で物が売れなくなるのは確実でしょうから、不景気になるのは目に見えております。それにサラリーマンの可処分所得が目減りする一方でしょうから、物が売れなくなり全国的な不況が始まることでしょう。それに伴って失業者が増え、雇用不安が増大してこれまでに経験したことがない、最悪の経済情勢に陥るのではないかと危惧している所であります。

2014年3月27日 (木)

弘前市公園緑地課の第一回目の開花予想が発表されました。4月23日が予想日だそうです。

Dsc04948 Dsc04949_2 【弘前の天気】
今朝は晴れており、気温は8℃で積雪深はアメダスの観測で31cmとなっております。家の周りの雪はほとんど消えてなくなりました。思っていたよりも早く雪融けが始まったようです。自作の地下水利用の散水融雪装置も今期の役目は終了と言ったところです。環境放射線は参考値ですが、0.031μSv/hでした。

【弘前公園の桜開花予想】
昨日の午後3時に弘前市公園緑地課が今年第一回の開花予想を発表しました。それによると、4月23日が園内のソメイヨシノの開花予想日で、満開予想は28日とのことでした。従って、外濠は22日の開花となります。今冬は思いの他、雪融けが早く、気温も高めに推移しておりますから、開花予想日が23日となったのでしょう。

しかし、昨年は24日が開花予想と発表しましたが、結果的には28日に開花しました。ことしも今後の気温の程度にもよりますが、私個人の予想としては、23日よりも遅くなるのではないかと思っております。昔から園内の「マンサク」の花が咲いてから41日目にソメイヨシノが開花すると言い伝えられております。私はそれを信じて自然の営みに期待し、27日~29日を開花予想日としたいのです。

もちろん、今後の気温変化が高めに推移すれば27日よりも早くなるかも知りませんので、その時は素直に開花予想日を変更したいと思っております。今しばらくは「28日前後1日」を開花予想日とします。

2014年3月25日 (火)

弘前公園の雪の状態を見て来ました。2月28日よりは半分程度まで融けておりました。

Dsc04938 【弘前の天気】
今日はうす曇で風が強く、アメダスの観測データによると、午後1時で風速が南西の風8.3m/sで、最大瞬間風速が15.5m/sとなっております。気温は11.3℃で二桁の気温ですから、雪がどんどん融けて積雪深が46cmとなりました。環境放射線は参考値ですが、0.028~0.033μSv/hでありました。(画像は本日の弘前城天守閣です)

Dsc04929 【弘前公園の雪の状態】
2月28日に見てきてから、約一月経過しましたので弘前公園の雪の状態とソメイヨシノのツボミの状態を調査してきました。雪は先月の半分以下まで融けて園路は歩きやすくなっておりました。西濠の水面を覆っていた氷もすべて融け、蓮池の氷だけが残っておりました。蓮池の一部で水面が露出している場所にはいつも見る「サギ」が餌をあさっておりました。(画像は西濠の桜のトンネル入り口の状態です)

Dsc04936 二の丸の雪も大分融けて園路のアスファルトが見えておりましたので、自転車で走行することができました。下乗橋から見た天守閣もいつもの通り、青空に映えて建っておりました。真冬に滑り止めに撒いた砂が雪融けのために泥状になって下乗橋の上を汚しておりました。二の丸の広場から南内門を通って杉の大橋を通ってツボミの状態を写し、弘前市民会館の中を通って会館入り口の脇にある一番早く咲く桜木のツボミも写して来ました。(画像は、蓮池の水面が出ている部分で餌をあさる住み付いたサギです)

Dsc04946 ソメイヨシノのツボミはまだまだ緑色で硬く小さい状態にありました。4月25日頃に開花するとの情報が多いのですが、私としては気温が今週は高めに推移しますが、4月に入った後は低めの気温が続くのではないかと予想しております。それに公園の北の郭にある「マンサクの花」が見ごろとなっておりますが、マンサクの花が咲いてから41日後にソメイヨシノが開花すると言われておりますから、4月29日前後が開花予想日としたい所であります。(画像は、弘前市民会館入り口の近くにある一番早く咲くといわれている桜木のツボミです)

Dsc04931 【趣味のアマチュア無線】
本日は午前中、アマチュア無線の運用は開店休業でありました。風が強いので雪かき道具を片付けたり、側溝に水をためるために入れておいた、砂袋の撤去作業、弘前公園の雪の調査、近くのイオンモールへの買い物、BlogやHome Pageのメンテナンス等で忙しかったために趣味を楽しむ暇がありませんでした。(画像は、桜のトンネルの園路の状態です)

午後になってから、DXクラスターを覗いたところ、
ZL7AAA(Chatham Is.)       0420Z  21023.8
TX6G (Austral Is.)        0309Z  24908.0
VP2V/SP9WZS(British Virgin Is.)  0113Z  28023.1
などがスポットされておりましたが、いずれも交信済みなので受信のみをしておりました。

2014年3月24日 (月)

昨日は弘前おもちゃ病院の定期開院日で任天堂のゲームキューブの修理を担当しました。

【弘前の天気】
今日は朝から良い天気が続いております。気温が13℃と二桁まで上がっており、雪が急速に融けております。午後2時現在のアメダスによる観測では積雪深が56cmまで下がっております。今週いっぱい天気が良いようです。環境放射線は参考値ですが、0.038μSv/hとなっておりました。小春日和の良い日であり、漸く冬将軍も役目を終えて帰省したようであります。

【趣味のアマチュア無線】
今日は受信のみでありました。しかし、これと言って食指が動く局がありませんでしたので、電波を出すことはありませんでした。

51a4sg8hzl1 【弘前おもちゃ病院での修理】
昨日は定期開院でしたので、弘前市社会福祉センターの会場に行きました。修理を担当したのは、任天堂の「ゲームキューブ」でした。故障状況は映像は見えるのですが音が出ないと言うものでした。本体のケースは特殊なネジで固定されており、分解できないようになっておりましたので内部は見られません。そこで、本体からテレビの映像端子に行くRCAピンプラグ付きケーブルの不良ではないかと判断しました。

出力(VTR)ケーブル(映像出力:黄色 オーディオ右:赤 オーディオ左:白)の本体側コネクターを分解して、出力ピンとRCAピンプラグの導通を測ったところ、映像はOKでしたが、オーディオの白と赤のピンの導通はありませんでした。そこで、ケーブルのコネクターの付け根を点検し、断線箇所を調べてみたのですが数箇所で切れているようだったので、新しいケーブル(三芯)に交換することにしました。

一本のシールドケーブルに赤と白の線が入ったケーブルの網線を2つに分割して、白側のRCAピンプラグと赤側のピンプラグに接続しました。ケーブルもピンプラグも手持ちがあったので順調に修理することができました。ケーブルの修理が完了したので、アナログテレビのビデオ端子にゲームキューブを接続し、マリオのソフト(CD)を入れて動作させたところ、映像と共に飛行機が飛ぶ音などがきれいに再生されておりました。

何が原因で複数個所で断線したのかは不明でしたが、珍しい断線の仕方ではありました。幸いケーブルもピンプラグも部品として持って行っていたし、来月の中旬に弘前から他県に転勤しなければならないとのことでしたので即日治療ができて良かったと思いました。小学生のお子さんとお母さんは1年半ぶりにゲームキューブの音を聞いたと喜んでおりました。ゲーム機本体の故障でなくて何よりでした。

2014年3月23日 (日)

本日も雪かき作業に追われました。午後から弘前おもちゃ病院の定期開院に参加してきます。

【弘前市の天気】
天気は晴れております。気温は6℃で積雪新は66cmまで下がっております。昨夜から未明まで湿った雪が5cm程度降ったので、雪かきをしました。もう、3月も下旬ですから今後は降らないと思います。雪かき作業も本日で終わりとなることでしょう。いよいよ春に向かってまっしぐらであります。環境放射線は参考値ですが、0.034μSv/hでありました。

【趣味のアマチュア無線】
今朝は雪かき作業が忙しくて運用しませんでした。昨日は、
ZL7AAA(Chatham Is.) 14:26JST 14MHz/SSB
TZ6BB(Mali) 17:47JST 28MHz/CW
W1AW/5 20:36JST 10MHz/CW  New Mexico
W1AW/4 21:25JST 14NHz/CW  Tennessee
RD22AA 22:11JST 14MHz/CW
等と交信することができました。TZ6BBは、ショートパスでもロングパスでも入感しておりましたので、ビーム方向を変えながら1時間呼んでようやく交信することができました。

皆さん強いので、当局にはなかなか順番が回ってきませんでした。5ELに200Wでは順番が後になってしまうのでしょうね。リトルピストル級の僻みなのでしょうが、土曜日と団塊の世代の復帰組のパイルアップがひどい事も手伝って、交信できたとしても時間がかかることが多くなっております。

【弘前おもちゃ病院】
今日は午後1時半から、弘前おもちゃ病院の定期開院日でありますので、これから会場まで出かけることにします。どんな玩具が持ち込まれてくるのかが楽しみです。修理ができたときの子供たちの「天使の笑顔」が見られるのがなによりも嬉しいのです。工具箱を車に積んで行ってきます。

2014年3月21日 (金)

相変わらず雪が降り続いております。弘前公園の桜は28日ころに開花か?

【弘前の天気と桜の開花予想】
朝から湿った雪が降っている。もう少し気温が高いと雨なのだろうが、今はシャーベット状の雪が10cm程度積もっている。気温は2℃である事から、この雪はすぐに融けてしまうであろう。暑さ寒さも彼岸までというが、今日は「春分の日」だ。この後は次第に春らしくなって来るだろう。春を告げる選抜高校野球が始まり、19日には弘前公園の北の郭にあるマンサクの花も咲いたという。

昨年の弘前公園のソメイヨシノの開花は4月28日であった。弘前公園のマンサクが咲いてから、41日目にソメイヨシノが開花すると言われている。昨年よりも1日遅く咲いたというから、言い伝えどおりであれば4月29日が開花予想日となるのだが悩ましいところである。現在は、23日前後1日と予想をしているのだが・・・。弘前の気温が低めに推移しているところからすれば、4月27日~4月29日の間に開花するのではないかと予想している所である。

【趣味のアマチュア無線】
19日から今日まで電波を発射しいない。ご存知の通り、毎日雪かき作業に追われているからである。午前7時に起床朝食を済ませ、午前10時ころまで雪かき作業をすると疲れてしまい、趣味を楽しむ気にはならないのだ。年々、体力が落ちできているのを雪かき作業をするたびに感じさせられているのである。

それに、湿った雪がアンテナに着雪することでエレメントが竹輪状態になり、給電点の整合が崩れ、SWRが悪化することで送信装置の保護回路が作動し、電波を発射することができなくなるのである。おまけに、この季節はスノーノイズが発生し、時々受信が困難になってしまうことが多いのである。

そんなこんなで、趣味のアマチュア無線をゆっくりと楽しむような状況にないのが、今日この頃である。雪の降らない地方では雪かき作業が無いだけ、楽なのであろうが雪国に住んでいる私の場合はそうはいかないのである。雪かきをしなければ生活が正常にできない環境にあるから、雪かき作業を止めて趣味を楽しむ訳にはいかないのである。

【政治・経済】
平成26年度の予算案が4月20日の夕方、参議院で可決・成立したのだが、一般会計の総額が95兆8823億円と過去最大の規模であった。これに対し民主党は「予算案は家計よりも大企業を優遇し、公共事業をバラマキで大盤ぶるまいする一方、社会保障の充実など国民生活への配慮が不十分で、『国民いじめ』の内容だ」と語ったそうだが、私もそのように思うのである。

4月1日から消費税が8%に引き上げられるし、軽自動車税は10800円になるし、各種税金も引き上げられているし、物価は高止まりであるし、ガソリンや灯油も高いし、収入は目減りしているし、年金の支給額が減額されているし、今後は、配偶者控除を減額する方向だと言うし、正に「国民いじめ」としか受け取れない政策ばかりである。

逆に、大企業や金持ちを優遇する税制を実施し、企業の収益を上げる方向なのだが、その収益を企業側が労働者に還元するという考え方がほとんど無いのが実情である。今期の春闘でトヨタが2800円の賃上げをしたと言うが、支給されている額からすれば0.7%アップにしかならないのである。消費税の引き上げ率からすれば微々たるものである。

アメリカのオバマ大統領の呼びかけで、日米韓の首脳が会談をすることになったと報道されているが、日韓は別にどうってことは無いのだが、アメリカが困るからであろう。両国はアメリカの同盟国であるから、日本と韓国が喧嘩していては中国と北朝鮮が喜ぶだけでアメリカに不利益が生じてしまうのである。

まして、ウクライナやクリミア問題でロシアが台頭してきていることや、中国が海洋進出に積極的で「太平洋を分割統治」しようなどと言い出している事から、日韓がギクシャクしていてはアメリカが動き難いのだ。ここで、日本、韓国、米国の首脳が会談して意思統一しておかないと、お互いに不利益をこうむることになるのである。

また、マレーシア航空が行方不明となっているが、こちらの方は私見だが「アメリカが関係している」と見ている。いくら通信装置を切ったといっても衛星が監視している識別用の電波は操縦席からは止められないのである。アメリカの軍事衛星(偵察衛星を含む)がマレーシア航空の飛行機がどこにいるかを把握していると見た方が自然であろう。

したがって、北京に向かっていた飛行機に何が起こったのか、何の目的でアメリカが関与しているのかは不明だが、ネットの情報によれば、「可能性として、飛行機は小型核爆弾を積んで、北京に特攻しようとした。 白い発光現象は、作戦失敗による自爆か、中国空軍のミサイルによる飛行機撃墜の証左か。」というがあった。これだと、アメリカが関与していても不思議はない。

また、「ベトナム沖で墜落が目撃された飛行機こそが、マレーシアのペトロナスツインタワーに突入するはずだった無人機のような気がします。」というのもあったが、北京に特攻する飛行機をカムフラージュするための飛行だったのであろうか。いずれにしても、乗客の安否が心配である。
★え、MH370便の残骸が洋上で発見された?

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_158.html

ロシア、中国の台頭によってアメリカは「世界の警察官」ではなくなっている。G8がG7になり、ドイツ、イギリスもアメリカに同調しなくなっている現在、金欠病のアメリカが何を言っても聞く耳を持たない、言うことをきかない国が多くなってしまった。そこで、アメリカは属国である「金のなる木の日本」をだまして、上納金を納めさせて国家破綻を延期させているのである。

そのためには、日本国民から「乾いたタオルを絞るようにして金をとる」政策を推し進めているのである。大企業や金持ちを優遇することで得られた利益は、アメリカ資本の株主に根こそぎ持って行かれているのである。それでも足りなくて、配偶者特別控除に手をつけ、集団的防衛力の見直し、武器輸出三原則の規制緩和をして財閥系やアメリカ資本系の企業が儲かる諸施策を実施しようとしているのである。

最終的には、憲法の改正による戦争可能国家へと転身し、アメリカ軍と共に戦争ができる自衛隊を国防軍として、軍需産業の利益増大に寄与しようとしているのが、今の安倍虚像内閣なのである。戦争で死んでいくのは常に庶民である。権力側や体制側の人たちは戦場には行かず、安全な後方で高見の見物をしているのである。戦場で雑炊を食べている時に、体制側の人種は、奥座敷で「スキ焼」を食べているのが常なのである。

2014年3月17日 (月)

3D2RA(Rotuma Is.)からの交信証をゲットしました。

3d2ra【趣味のアマチュア無線】
午後になって航空便が1通配達されました。南太平洋のロツマ島からのQSLカードが入っておりました。
★3D2RA(Rotuma Is.)2013-10-2 07:40UTC 21MHz/SSB 59
OP:LZ2HM (QSL Direct)
前に3D2Rが出ていた時に40m~10mまで交信しておりましたので、特にニューとはなりませんでした。

【Windows7(32Bit)】
漸く、中古で購入したNECのMateに必要なソフトのインストールを終えました。WindowsXPの時と同じものをすべてインストールしました。IBMのホームページビルダーVer.11以外はすべて順調に動作しております。これでどうやら従来通り、インターネット経由での取引ができるようになりました。次は、ノートパソコンのバージョンアップが残っておりますが、趣味のアマチュア無線用ですから急いでバージョンアップはしません。

STAP細胞の論文報道に関して思う。弘前おもちゃ病院の送別会、Win7で動作しないソフト。

【弘前の天気】
本日はよく晴れております。気温は1℃で雪は降りませんでした。昨日の雪はシャーベット状で重い雪でしたから、雪かき作業は大変苦労しました。現在の積雪量は73cmとなっております。冬将軍様は最後のお土産を残して去ったようなので、今後はどんどん春めいて来ることでしょう。環境放射線は参考値ですが、0.029μSv/hでありました。

【趣味のアマチュア無線】
アマチュア無線の方はパソコンのOSのバージョンアップ作業で開店休業でありました。WindowsXP(SP3)からWindows7(32Bit)にするための作業で忙殺されておりました。Windows7をインストール済みの中古パソコン(NEC Mate:CPU 2.55GHz)を通販で購入して、従来から使用しているソフトウェアを組み込む作業と旧データファイルの転送作業をしておりました。

【Windows7で動作しないソフト】
しかし、数あるソフトの中の「IBMのホームページビルダーVer.11」が「ホームページビルダーHTMLエディタは動作を停止した」とエラーが出て動作しないのです。バージョン11にバージョンアップする前のVer.7が有ったので、バージョン7をインストールしたところ、何の問題もなく動作しました。

そこで、Ver.11の対策をインターネットで収集して対応したのですが、どうしても動きません。そこで、他に何か情報が無いかと検索したところ、スタートメニューの一番下にあるプログラムとファイルの検索で「サービス」を検索、「ローカルサービスの表示」の中にある「HomeGuroup Provider」を無効にするという対策がヒットしました。早速、その通りにやって見たところ、動作させることが出来るようになりました。

現在はジャストシステム社で扱っているホームページビルダーはVer.18のようですが、私のは古い(2006年)バージョン7があり、バージョンアップ版のVer.11もあります。これらのバージョン以降は買っておりません。でも、Ver.7がWin7で問題なく動作しているので、当分の間はこのバージョンでホームページをメンテナンスしたいと思っております。

【弘前おもちゃ病院の送別会】
昨日は、弘前おもちゃ病院のメンバーが大学を卒業して、福島県に就職先を見つけて弘前を去ることになったので、院長のお宅でささやかな送別会を開催することなりました。一人一品の料理を持参して集合することになっておりましたので、私は家内が作った料理を持って参加してきました。17名程度のメンバーが集まっており、盛大な送別会となってしまいました。3時間程度で送別会はおわりましたが、別れはいつもつらいものです。

最後に参加者一人一人が送別の言葉を送りましたが、私は島崎藤村が作詞した「惜別の歌」をアカペラ(ア・カペラ)で歌って送別の言葉に代えました。「きみがさやけき 目の色も・・・・、いつかまたみん この別れ」と巣立って行く「弘前おもちゃ病院で受付(ナース)」を担当してくれた女子の大学生に送ったのでした。彼女にとっては、古い歌だったでしょうが歌詞を聞いてほしかったから、送別の言葉に代えて歌ったのでありました。

【STAP細胞騒ぎ】
小保方さんが一方的にマスコミから攻撃されているようですが、グループでの研究であったはずです。それを小保方さんに代表して発表してもらったのでしょうから、関係する研究者全員が対応に当たるべきだと思います。かよわい美人研究者一人を攻撃して何が面白いのでしょうか、報道の仕方を見ていて日本人として恥ずかしくなってしまいました。まさに「マスゴミ」の呼称が適切な状態にあります。

万能細胞であるSTAP細胞を発見者した小保方晴子さんは、代表で発表したのでしょう。他の共同研究者達が小保方さんに「丸投げした発表」だったのでしょうから、同罪だと思うのであります。研究論文に不適切な所があったと言う事ですが、一旦、論文を取り下げて提出し直した方がベターなのでしょうが、アメリカの共著者は取り下げに反対しているという。

★真実を探すブログ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2021.html
(引用開始)
小保方さんらが、STAP細胞の論文を撤回する方向で同意しました。論文の撤回に同意したのは、主要著者4人のうち理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの小保方晴子ユニットリーダーを含む3人で、アメリカ側の著者らは論文の撤回に反対しています。

中部大学の武田教授は今回の問題について、「アメリカでは論文が不出来でも、そこに新しいことや価値のあることがあれば通る。日本の論文審査はどんなに良いデータがあっても欠点があると罵倒される」 (引用終了)

今回のSTAP細胞の報道姿勢や学会、研究者たちの動きを見ていると、私の意見も「真実を探すブログ」と同じようになりました。日本における学閥や学会派閥や研究者仲間達は古い考え方しか持っていないのでしょうね。少々のミスを世界の一大事みたいな扱い方には賛成できません。研究論文に多少の不備があったのであれば、発表前に事前に査読しているのでしょうから、ミスを指摘して書き直させることができたはずであります。

発表が終わってから、研究論文にケチをつけても「査読」はどうしたと言いたいのであります。勿論、査読は万能ではありませんが、小保方さんに「丸投げ」状態での発表をさせておきながら、他の共同研究者は知らぬふりは無いでしょう。研究論文を訂正して再提出すればよいのでしょうが、STAP細胞が存在している限り、論文の取り下げ、再提出はあっても「撤回」はないでしょう。

2014年3月13日 (木)

湿った雪のために雪かき作業が大変です。今日はハイバンドのコンディションが良いようです。

【弘前の天気】
今朝は湿った雪が降っておりました。防寒服を着ているのですが、防水効果が無くなっているので、雨にぬれた様にビッショリとなってしまいました。それに、雪が重くて雪かき作業は難儀しました。気温は私のディジタル温度計で0.9℃となっており、環境放射線は参考値ですが0.038μSv/hでした。今週一杯は雪が降るとのことですから、明日も早朝から雪かきをしなければなりません。

【趣味のアマチュア無線】
ソチ・オリンピックの記念局のR22FRSと交信できました。久し振りのニューでありました。なかなか記念局数が増えませんが、深夜にでないからなのでしょうかね。午前2時頃起きてまで局数を増やそうとは思っておりませんでしたが、今月一杯で終わりですから、2~3回は起きて稼がなければならないとは思っております。現地時間にあわせて稼がないと増えないのは当然なのですが・・・。

午後になってから、ハイバンドのコンディションが良く、ワールドワイドに開けていたので、まずは、ローカル局からの情報でアフリカのD2QR(ANGOLA)と14MHzのRTTYで交信しました。出力はアベレージで50Wでありました。また、28MHz/CWで4S7DFG(SRI LANKA)が聴こえてきたのでこれもベアフット(100W)で交信しました。この後も28メガからは目が離せません。

2014年3月12日 (水)

WindowsXPからWindows7にバージョンアップしなければ遊んでもらえない・・・。

【弘前の天気】
今日は晴れたり曇ったりの天気で、気温は朝方は0℃、正午ごろは2℃となっておりました。アメダスの観測によると積雪深は70cmとなっております。明日は雪か雨だとの予報が出ておりますが、雪よりは雨の方が良いと思います。しかし、冬将軍はこちらの要望には無頓着でしょうから、どうなるのか楽しみであります。環境放射線は参考値ですが、0.036μSv/hでありました。

【アマチュア無線】
今日は午前中、雪かき作業をしておりましたので、趣味のアマチュア無線の方は開店休業でありました。午後になって、ソチ・オリンピックの記念局のR22FRS局が21025kHz/CWで出ておりましたので、未交信に付き早速コールしてゲットできました。このアワードは14局のR22xxx/R11xxxと交信すれば銀賞を得る事ができますが、まだ12局程度しか交信しておりません。
その他は、9J2T局が盛んに出ておりますが、いまだ10MHzでの交信ができておりません。朝方のコンディションが影響しますが何とか交信したいものであります。

【WindowsXPからWindows7】
現在のパソコンはデスクトップもノートもWindowsXPのSP3であります。マイクロソフト社では、「Windows XP のサポートは 2014 年 4 月 9 日(日本時間)で終了します。今後も安全、快適にご利用いただくためにも、ぜひ最新の PC への移行をご検討ください」と言うメッセージを盛んに流しております。

そこで、私としてはWindows7の32ビットにする事に決めました。アマチュア無線関係のソフトが多いので64ビットは無理であります。そこで、年金生活者としての予算を25000円を上限として対策に当たる事にしました。まずは、デスクトップを13000円のWindows7インストール済みの中古パソコンを通販で購入しました。そして、ノートパソコン対策としてはWindows7に適応していたので、12000円でWindows7のDVD版を通販で買いました。13000+12000=25000円(消費税、送料込み)ですよね。

従来の2台のパソコンのデータは全て230GBの外付けHDDにバックアップしておきました。Window7がインストール済みのデスクトップPCでWin7の環境や操作方法を勉強し、ノートパソコンのWin7のインストールに役立てる方法を取った訳です。4月9日以降は、ネットバンキング関係が一斉にWinXPでは受け付けないと言ってきておりますから、どうしてもWin7以上のOSに切り換えなければ生き残れない事態になっております。

つまり、ワープロ、表計算、プレゼンテーション、メール、デスクトップ、画像データなどをバックアップしておけば、Windows7に適合したソフトウェアを再インストールすることでWindowsXPで蓄積してきたデータを引き継ぐ事ができるのです。(全部とは言えませんがね。)

つまり、XPのHDDをフォーマットしてXPを消し、全く新しくWindows7をインストールした後に、「マイドキュメント」にこれまでのファイルを転送すれば良いわけです。勿論、WinXPとWin7の両方を使える方法もあるとは聞いております。4月9日までには対策を終えたいと思います。技術的に対応できない方々は中古品を買うか、Winndows8がインストール済みの新品PCを買う方が無難ではないのかと思っております。

2014年3月11日 (火)

7Q7FOC(Malawi)からの交信証を受け取りました。東日本大震災から3年経過しました。

【弘前の天気】
今日は5cm程度の降雪がありましたが、予想だにしない除雪車が来たため、路面の凍った雪の塊を玄関前に置かれてしまいました。完全に往来妨害罪であります。10時からつがる市で親戚の法事があるので出かけなければなりませんが、車庫前も雪の塊があるために車を出せません。

仕方なく、雪かきをして雪の塊を除去しなければなりません。除雪車が来なくて困ってはおりませんでしたが、来たお陰でいらない強制労働をさせられました。天気は晴れ時々曇り、時々雪でありました。気温は朝方マイナス2℃で積雪は75cmでありました。環境放射線は参考値ですが、0.034μSv/hでありました。

【東日本大震災から3年】
今日は東日本大震災から3年目となりましたが、仮設住宅に住む被災者の皆さん、避難して他県に済むみなさん、いまだに約27万人の人達が、望まないのに住みなれた故郷を離れて避難生活を送り続けております。そろそろ限界が近付いておりますから、政府や自治体はリップサービスばかりしていないで、住民の目線に立った目に見える震災復興をやって欲しいと思います。

ゼネコンが儲かる計画ばかりが先行しており、震災予算も目的以外に流用され、被災現場には十分な資金が流入しておりません。除染にしろ、防潮堤にしろ、土地の嵩上げにしろ、道路や鉄道の復旧にしろ、高台移転にしろ、ゼネコンが優先するような震災復興計画ばかりが目立っており、現地に行ってみても復興が目に見えて進んでいるなと言う実感がないのであります。

海岸線に張り付いている工事車両や護岸工事等の重機が並んでいる風景が主に目に入ってきます。住宅地や嵩上げの土地などは閑散たる状況にあるのは何故なのでしょうか。安倍首相はテレビでもっともらしい事を仰っておられましたが、口で言っていることと、現場の乖離が酷すぎて直ぐにテレビをOFFにしてしまいました。

東日本大震災でお亡くなりになられた数多くの御霊に対しまして、心からご冥福をお祈り申し上げ、多くの被災者の方々に対しましても心からお見舞い申し上げる次第であります。震災復興が速やかに進む事をお祈りいたしております。

Scan124 【趣味のアマチュア無線】
今朝は前述しましたが、予想もしない除雪車という悪魔がきたので、雪かきに追われて電波を出す事も受信作業をすることも何もできませんでした。しかし、つがる市の親戚の法事から帰ったところ、アフリカのマラウイ(Malawi)からの交信証が届いておりました。
★7Q7FOC 2013-05-09 09:16UTC 24MHz/CW 599 QSL VIA G3MRC"Joe"
マラウイは24MHzでバンドニューでありました。

【つがる市での法事】
Dsc04926 今日は昨年の3月12日に亡くなった甥の1周忌の法事がつがる市の浄円寺で有って、家内と一緒に自家用車で行ってきました。その前に車庫前の雪の塊を片付けるのに時間が掛かりましたので若干遅く弘前をスタートしました。途中の積雪を見ながら走行しましたが、つがる市や五所川原市、鶴田町などは雪が少なく、道路はアスファルトが見えておりました。弘前の3分の一程度の積雪量でありました。

Dsc04925 つがる市柏にある浄土宗の浄円寺は750年前からある古刹で、親戚の菩提寺であります。一周忌の読経と焼香を済ませて、会食は五所川原市となっておりました。寿司屋さんでの会食でしたが、お酒は飲めませんのでノンアルコールのビールを飲みながらの会食でした。久しぶりに家内の親戚と懇談して帰ってきました。五所川原市も私がポリテクカレッジ青森に勤務していたころよりも建物が新しくなったり、解体されたりしておりました。

年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」を感じて会食会場まで走行しました。17年間通勤した短大校を2010年に退職してから4年経過しましたが、月日の流れるのはそれこそ、「光陰矢のごとし」であります。前期高齢者としては1年、一ヶ月、一週間、一日が物凄く短く感じております。歳の二乗に比例して加速度的に時間の早さが変わっているように思います。

2014年3月10日 (月)

毎日が雪かき作業で忙しく動き回っております。積雪は73cmになってしまいました。

【弘前の天気】
朝方は雪、その後は晴れたり曇ったり、時々、雪が降ったりの天気であります。気温はマイナス2℃で積雪深はアメダスの観測で73cmでした。環境放射線は参考値ですが、0.030~0.041μSv/hでした。毎日午前中、雪が降っておりますので、何回も雪かきをしなければなりません。今週一杯は雪が降り続くようなので結構な積雪量になるでしょう。

【趣味にアマチュア無線】
今朝はカリブ海のV21ZG(Antigua & Barbuda)が24932kHzで聴こえておりましたのでSSBで交信しました。8日に28MHzのSSBでも同局と交信できております。アンティグア・バーブーダとは5局と交信済みですが、このきょくは、24/28MHzでバンドニューとなっております。それ以外は、ソチのオリンピック関係の記念局を追いかけておりますが、あらかた交信済みの局ばかりとなってしまいました。

R2014M局が欲しいのですがSSBとDIGばかり出ており、電信にはでてきませんので未だ交信できずにおります。それにR22xxxやR11xxxも新しい局が全く増えておりません。従って、アワードは「銅賞:Bronze」ばかりとなって、その上の銀や金賞には程遠くなっております。もう少しアクティビティを高めて欲しいものであります。ウクライナ問題やクリミア問題でそれど頃ではないと言われればそれまでですが・・・。

【政治と経済】
政治は国会開催中なのですが、国会中継をラジオで聞いておりますが、遅々して進まない震災復興の答弁に苛立ち、集団的自衛権の解釈の変更答弁に腹を立て、原発再稼方針に幻滅を感じますから、聞くのを止めてしまいました。また、東電の福一原発事故の詳細情報が国民に知らされず、未だに27万人近い人達が避難や仮設住宅住まいとなっております。「白河以北一山三文」と言われるように、東北は軽視されているとしか思えないのです。

放射能の除染と言って地面を掘り返しておりますが、放射能に汚染された土を袋にいれたまま市町村の周辺に積み上げられたままであります。また、福島第一原発の事故を起こした原子炉からは毎日、放射能は空気中に放出されている事を考えると、むだな除染作業ではないかと思うのです。防潮堤嵩上げや新規工事を含め土建屋さんを儲けさせるだけの工事が目立って、被災住民の生活の改善や経済的な支援や健康維持の面での支援が不足しているのが現状でしょう。

仮設住宅とて寒冷地対策が不十分で狭いために健康を害しやすく、住環境もよくありませんから、早急に被災者住宅の建設を急いで欲しいものであります。箱物に震災復興予算を多く注ぎ込むのではなく、少しでも住民の立場に立った支援(生活、金銭、住居、健康、福祉、医療)に重点を置いた予算配分にしていただきたいものであります。

また、4月から消費税率が引き上げられて8%になりますが、駆け込み需要が無くなったとたんに不況がやってくるのではないかと思っております。アベノミクスは景気を良くするための方策なのでしょうが、労働者の賃金が上がらない、軽自動車税の引き上げを含めて各種税金が引き上げられます。加えて、物価が高止まりであります。

先の大雪被害では葉物の生産地のビニールハウスが想像以上の被害を受け、農作物も高値安定であります。労働者の可処分所得が低下している上に、消費税が8%になれば個人消費が極端に冷え込んで経済不況に陥るのではないかと思っている所です。

★『 FRB が 2014年9月に、ドル切り下げと米国債切り下げ目的の市場暴落を起こす 』 http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_69.html

いずれにしても、従米主義者が多い日本はアメリカの経済破綻と運命を共にすることになります。ドル札が紙屑になり、円札は鼻紙にもならないと言う事態がくるのではないのでしょうか。従って、銀行預金だろうがタンス預金だろうが価値が無くなった紙幣は使いようがないのであります。

2014年3月 9日 (日)

弘前おもちゃ病院は、駅前のヒロロの3階の「ヒロロスクエア」のこども広場前で定期開院を実施しました。

【弘前市の天気】
本日も10cm程度の降雪がありました。昨日からだと20cm降り積もったことになります。勿論、除雪車は来るはずもありません。除雪予算をケチっているからでしょう。お陰さまで自分で道路の雪まで処理しなければなりません。天気は晴れ後雪となっており、気温は3℃付近で上下しており、積雪深は70cmを前後しております。環境放射線は参考値ですが、0.037μSv/hでありました。

【趣味のアマチュア無線】
今朝は28MHz帯が南米方面へ開けておりました。YV8AD(ベネズエラ)がパイルアップを受けていたので、当局もアップで呼んでみましたが、なかなか皆さん強力な電波を送っているようで順番が回ってきませんでした。1時間ほど呼び続けたところ午前7時半頃に漸く交信することができました。それもコールサインを3回も確認されての交信でした。リトルピストルの悲哀を味わった次第であります。

【弘前おもちゃ病院】
昨日(8日)はおもちゃの修理ドクターとして、弘前駅前通りにある「ヒロロ」で修理を担当してきました。ヒロロの3階にある「ヒロロスクエア」のこども広場前で
https://www.city.hirosaki.aomori.jp/ekimae/ 毎週第二土曜日の午後1時半~3時半まで「おもちゃ病院」を開催しております。

私は3件の修理を担当しました。「アンパンマンのマイク」、「ベットサイドのメリーゴーランド」、「アンパンマンの縫いぐるみ」であります。入院した「音に反応する縫いぐるみ」は自宅に持ち帰って修理する事にしました。

【1.アンパンマンのマイク】
故障の状況は電源をONにしても動作しないと言うものでした。早速、単四電池3本を点検したところ電圧が4.5Vと異常がありません。依頼者によると電源を入れるとアンパンマンの音声がして、自分の声を入れると音質を変化させる事が出来るマイクとのことでした。ケースを外して点検したところ、コンデンサマイクの半田付け不良と判明したました。再半田付けして修理を完了させました。

【2.メリーゴーランド】
メリーゴーランドの故障は、モーターが回転せず、センサーモードでの動作が不安定というものでした。電源とモーター回路、メロディー回路には異常がありませんでした。そこで本体と回転モーターがあるアームの接続ピンと本体の接触を点検したところ錆がみられました。そこで、3Vを直接アームの2Pの電極に加えると回転しますから、本体とアームの接触不良と判断して本体の受け電極を研磨して再接続したところ回転を始めました。

次に、センサーモードの点検をしましたが、内蔵のコンデンサーマイクの不良ではないかと思い、試験的に内臓のコンデンサーマイクを取り外して、別なコンデンサーマイクにしたところ正常に反応するようになりました。しかし、サイズが大きいので適応しません。そこで、依頼者と相談したところ、時々センサーモードでも動作する時があるので、主に手動で使う事が多いのでセンサーモードは現状のままとすることで了解を得る事ができましたので、マイクを従来のものにして修理を終えました。

【3.アンパンマンの縫いぐるみ】
電源を入れても何の反応もしなくなったとの事でした。単4乾電池は異常なし、左手のセンサースイッチを押しても反応がありません。このタイプの縫いぐるみは以前に修理した経験がありましたので、センサーのスイッチと本体を結ぶ配線が手の平の所で断線していると判断しました。

確認のために、左腕の中を通っているコードを引き出したところ、案の定2本の白いコードが出てきました。そのため、手を覆っている布を切って中のスイッチを取り出しました。スイッチを分解して、切れたコードを半田付けし直して修理が完了しました。切開した手の平の布の縫合は依頼者にお願いすることにして修理を終わりました。

Dsc04924 【自宅での修理:入院で持ち帰った2体の音に反応する縫いぐるみ】
1.ハムスターみたいな縫いぐるみは、
音は出るが動かないということでした。点検した所、電源は正常で、音は出ますがモーターが動作しない状態でした。モーターを手動で回転させてから、もう一度電源をONにしたところモーターが回転し始めました。その後も異常なく回転しているので修理ができません。

数十分経過してから再度動作させましたが、異常なく動作しておりました。結局、モーターが止まった位置が悪かったのか、回転子とブラシの接触が一時期悪かったのかのどちらかだったのでしょう。修理完了とせざるをえませんでした。

2.お猿の縫いぐるみは、音がでないけれども動きは正常というものでした。電源やスピーカーを点検しましたが、異常が見つかりませんでした。そこで、基板のCPU周りの部品の再半田付けをしましたが、音はでませんでした。そこでテスターで各部の電圧を測定していたところ瞬間的に音が出るようになりました。しかし、数分後にはまた音が出なくなってしまいました。

その後も時々音がでますが直ぐに駄目になってしまいます。周辺のコンデンサーや抵抗やトランジスター、スピーカーなどには異常ありませんから、CPUの動作不良ではないかと判断しました。従って、原因不明、修理不能ということで返却することにしました。

2014年3月 7日 (金)

今朝は10cmの降雪がありました。これで積雪深は60cmとなってしまいました。

Dsc04923 【弘前の天気】
今朝の気温はマイナス5℃で曇り時々雪で、アメダスの観測では積雪深が60cmとなっております。昨日が50cmでしたから、10cmの降雪があったことになります。早速、雪かきをして散水融雪装置の下に雪を積みました。直ぐに融けてしまうことになると思いますが、冬将軍の最後の悪あがきでありましょうが、来週の月曜日ごろまで雪が続くそうですから油断ができません。環境放射線は参考値ですが、0.039μSv/hでありました。

Dsc04922 【趣味のアマチュア無線】
雪が降っているためにスノーノイズが酷く、受信できる状態にはありませんでしたので、雪かき作業に精をだしました。雪国のハンディキャップで雪が降るとスノーノイズが発生する事は常でありますが、その中でDXCCアワードでエンティティを集め、オーナーロールになることは至難の技である事を理解して欲しいものです。

昨日の午後は、28024kHzで10:19UTCにZB2FX(Gibraltar)が聴こえておりましたので、アップの28026.35kHzでコールしたところ、応答を得ることができました。パイルアップが酷くなかったので地域限定で開けていたのだと思っております。ジブラルタルはエンティティではニューでありませんが、28MHzの電信ではニューとなりました。

【ウクライナ、クリミア情勢】
今日(7日)はパラリンピックの開会式が挙行されます。10日間の開催期間中のアスリートの頑張りをテレビで見たいものであります。しかし、ソチの周辺地域ではクリミア半島情勢が風雲急を告げ、ウクライナではアメリカが陰の力で樹立させた傀儡政権がロシアの侵攻を非難しておりますが、自分達こそ非合法な紛争を起こしたのですから、ロシアを非難する立場にはありません。

また、アメリカのTV局の女性のニュースキャスターが、ロシアの軍事侵攻に抗議して辞任したと報道されておりますが、これも1%のアメリカ財閥からの命令でこれ見よがしにやった事でありましょう。常にロシアが悪人で、欧州やアメリカが正義の味方であるような報道はもう止めたほうが良いと思います。インターネットで自由に情報を選択できる時代に、一方的な非難をつづけることは得策ではありません。

アメリカが昔みたいにお金が沢山あれば、既に米軍を派遣していたのでしょうが、軍事費を削減していることから、世界中から米兵を引き上げている事実があります。これでは戦争になりませんから、制裁だと言ってロシアの外交官にビザを発行しないとか、アメリカにあるロシアの資産を凍結する等と言って実行しておりますが、何の効果もないことはアメリカ自身が知っていることです。

ロシアが持っているアメリカの国債を売り払ったら、アメリカは直ちに国家破綻してしまう事でしょう。ロシアがウクライナやヨーロッパに供給している天然ガスを止めたら、欧州は直ちに経済不況に落ちいってしまい、ウクライナの西部地域は干されてしまうことになります。威勢の良い格好でロシアに対して「制裁」と言ったところで、自国民にみせるためのパフォーマンスでしかありません。
★ユダ金真っ青! 米国抜きIMF改革、ロシア提案

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_41.html

【雪は降る・・・、春はまだ来ない】
3月も1週間経過しましたが、このところ真冬の状態に戻ってしまっております。気温もマイナスが続いておりますので、弘前公園のソメイヨシノの開花予想が若干遅れ気味になるでしょう。つまり、第一回目の開花予想が4月22日でしたが、一日遅れて4月23日頃になるのではないかと予想しております。ただし、この後の気温の変化によっては前後一日程度の誤差が出てくるでしょう。

2014年3月 6日 (木)

今日は久し振りに吹雪になっております。また冬に逆戻りしてしまいました。

【弘前の天気】
朝から吹雪状態になっております。気温はマイナス3.8℃で降雪量は5cm程度でした。アメダスの観測による積雪深は昨日が45cmでしたから、今日は50cmとなっておりました。雪かきをして散水融雪装置のところにスノーダンプで雪を積んでおきました。環境放射線は参考値ですが、0.030~0.038μSv/hでした。今後3日間は毎日雪が降るとの予報がだされておりますので、真冬に逆戻りであります。啓蟄だというのに春はまだ遠い感じてあります。

【趣味のアマチュア無線】
今朝は10MHzで9J2T(Zambia)が出ておりましたが、呼びませんでした。昨日の午後、14MHz/CW/SSB、18MHz/SSB、28MHz/CWの3バンドで交信したこともあり、パイルアップも酷かったことからワッチのみでした。平日でもパイルアップは物凄いものがあります。呼んでいるのは、おそらく64歳~74歳代がほとんどだと思います。毎日が日曜日の人達が多いのでしょうからパイルアップも常態化してしまいました。明日あたりは、ビッグガン級が終わっているでしょうから、もう一度トライしてみたいと思います。

【ソチのパラリンピック】
ウクライナとクリミア半島情勢が報道されておりますが、ロシアの天然ガスのパイプラインがヨーロッパにガスを供給するためにウクライナを通っております。勿論、ウクライナもロシアの天然ガスを輸入しております。クリミア半島にはロシア艦隊が常駐する軍港がありますから、自分の国の利権を守る為にロシア軍を派遣するのは当然でしょう。

また、ロシア政府は天然ガスの輸出を種にしてウクライナ政権と駆け引きできますから、相当な圧力をかけることができます。それにヨーロッパでも多くの国がロシアの天然ガスを輸入している事から、強くは出てこれない事情があります。クリミアの政権はロシア側がどうにでもできますから、無理をしてウクライナにロシア軍を派遣しなくても、ガスの供給制限と兵糧攻めも可能なことでウクライナの西側に打撃を与えることも出来るのです。

ですから、英米がロシアに制裁を加えたり、脅したりしても何の効果もありません。金が無い両国にはロシアに対抗するだけの力が無いし、戦争資金もありませんから、戦争になる可能性は極めて低いことになります。平和の象徴であるオリンピックが開催されていることや、ソチでは引き続きパラリンピックが明日から開催されます。日本は開会式に政務官を出席させるということですが、妥当な判断だとおもいます。

アメリカはセコイ考えから、開会式にはまた欠席だそうですが、ウクライナに紛争をもたらしたのですから欠席して当然でありましょう。アフガニスタン、イラク、リビア、エジプトなどの政権を転覆させ、シリアのアサド政権に手を出したところで、ロシアの妨害にあって政権の転覆が出来ませんでした。世界の警察官の威厳も何処へやらであります。

これに懲りずにウクライナの政権を転覆させたのは良いものの、この後のロシア側の巻き返し次第では目論見が泡と化すことになるかも知りません。パラリンピックが終わればロシアも本腰を入れてウクライナ紛争の処理に向うことになります。天然ガスの供給権を持っているロシアは相当有利な状態で英・米・仏連合と交渉できるのではないかと思っております。

2014年3月 5日 (水)

3月7日からはソチ・パラリンピックが開催されます。ウクライナ紛争はロシアが押さえ込みました。

【弘前の天気】
温度は朝方が3.5℃で現在は6.3℃と比較的暖かい日となっております。晴れたり曇ったりの天気であり、雪がドンドン融けだしており、現在のアメダスの観測では積雪深が47cmとなっております。やはり、雪融けが早いように感じております。環境放射線は参考値ですが、0.037μSv/hでありました。

【趣味のアマチュア無線】
今朝は受信だけしておりました。18147kHzでは3C0BYP局が出ておりましたが、以前のように強い信号ではありませんでした。それ以外は、カリブ海方面が開けておりまして、V21ZG(24MHz)のRTTY等を傍受しておりました。また、W1AW/7(ID)/24MHzとW1AW/4(KY)/21MHzと電信で交信できました。

【ウクライナ情勢】
ソチの冬季オリンピック開催中のドサクサに紛れて、ウクライナの政権を倒してアメリカに有利な政権を樹立させてしまいましたが、さすがテロ国家であるアメリカの裏技であります。オリンピックの開会式に出ないでロシアの足元のウクライナを子飼いの反政府勢力を使って西側のものにしようと企んでおります。それを事前に阻止したのが、シリアの紛争も阻止した、ロシアのプーチン大統領でありました。

★プーチン・ロシアがヤヌコビッチを保護したことで、ウクライナのユダヤ化に歯止めがかかりそうですね。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201402/article_147.html
★ウクライナ暴力クーデターの中心人物、ネオナチ・ゴロツキOleh Tyahnybokのハイルヒットラー
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201403/article_25.html

しかし、国家破綻状態のウクライナを欧州もアメリカも金銭的な支援はしないでしょうし、フランス、英国、アメリカの連合国はロシアとウクライナのために戦争をする考えは無いと思います。ウクライナはイスラエルのユダヤ人達が大昔にあったハザール王国の再建を狙っていると聞きますが、その位置は今のウクライナのほとんどが含まれることになります。イスラエルの傀儡国家であるアメリカが裏でそれを支援しているのではないかと思っております。

いずれにしても、戦争や紛争を画策するのが「テロ国家、ならず者国家」であるアメリカなのであります。近代史の中で戦争の種を作って生き延びてきたのが、土着のアメリカインディアンを蹴散らして奪い取った領土で建国したアメリカという国でありましょう。日本は敗戦後69年間もアメリカに占領されたままで、現在も、政治や経済はアメリカに言われるままにやっております。

【ソチのパラリンピック】
3月7日からロシアのソチでパラリンピックが開催されます。オリンピックの開会式に欠席したアメリカの大統領は、ウクライナの反政府勢力をお金でそそのかして、ロシア側に寝返った政府を転覆させ、アメリカの裏勢力の支持で不正な政府が樹立されました。しかし、それを事前に察知したプーチン大統領は、ロシア軍をウクライナのロシア系住民がいる土地を急襲し、手中に収めてしまいました。

それを西側諸国(イギリス、アメリカ、フランスなど)が違法だと言うことで制裁をするのだそうですが、天然ガスも原油も物資も豊富なロシアに制裁を加えたところで、「柳に風、ノレンに腕押し、蛙の面に小便」であり、何の効果もありません。だいたい、金がない国々(英、仏、米)が何も出来ない事はロシア側が十分に分かっての作戦行動であったからであります。今回はプーチン大統領に軍配が上がりました。

【パラリンピックが終わるまで静かにしてね!】
欧州、特に英国、仏国と米国は、ロシアのソチ冬季オリンピックとパラリンピックが終わるのを待てないで、故意にウクライナ紛争を起こしてしまいました。いかにも、シリアを擁護しているロシアに当て付けのための行為だと思いました。セコイ考え方をするものですね。

平和の祭典であるオリンピックが開催されている間は戦争も休戦することがベターだし、紛争も避けるべきだと思います。しかしながら、ロシアを敵とする欧州やアメリカはそうではなく、故意にオリンピック開催期間中に紛争を起こしております。おそらく、アメリカの1%の財閥が裏側で紛争を起こせと指令を出しているのでしょう。

昔、1980年7月19日から8月3日まで、ソビエト連邦(現・ロシア連邦)の首都モスクワで実施された第22回夏季オリンピック「モスクワオリンピック」は、ボイコット問題で「スポーツと政治」の関係が問われた大会でもありました。今回はそこまで行かないようですが、後味が悪い英・米・仏のやり方ではあります。日本人がオリンピックでメダルを取る種目は、次回から必ずルールを改正して日本人の活躍を阻止するのも白人(ゲルマン民族)の常套手段であります。

ようするに、いまでも白人が優位でなければならないと思っているのが、英国や米国を先頭とした国々なのです。日本のテレビや雑誌などに混血(ハーフ)が多用されるのも、日本人よりも見てくれが良いからなのです。なにも混血児でなくても見てくれが良い日本人が沢山いるのですが、意識的に行っているのです。日本人の優秀さを認めたくない集団がばっこしているのであります。

2014年3月 3日 (月)

VU7AG(Lakshadweep Islands)からの交信証をコンファームしました。

Scan123 【趣味のアマチュア無線】
午後になって、航空便が1通配達されました。インドのラクシャディープ島からの交信証が入っておりました。
★ VU7AG  2013-11-27/12-06 10m/12m/15m/CW 599
10mと15mのBandとModeでNewとなりました。QSLマネジャーは、W4VKU局でしたので、OQRSで請求しました。

【アマチュア無線家のマナーの低下】
この局のオペレーター達は、かなりJA局を嫌っていたようで、JAが聞こえ始めるとパワーを下げるのか、それともアンテナのビーム方向を変えるのか、極端に信号が弱くなったことを覚えております。それでも28/24/21MHzで交信できたので良しとしましょう。

ただ、1アマの試験から通信術の実技試験が無くなったので、最近は1000W局がやたらと増え、それにつれてマナーの低下をきたしているために、JA局を嫌う海外局が増えてきました。

ビッグアンテナとビッグパワーに任せて相手を連呼する、パワーを過信して応答している局に被せて呼ぶ、相手局が自分に関係ないサフィックスやプリフェックスを指定しているのにお構いなく連呼する等々が常態化しております。もう少し、謙虚な姿勢で運用していただきたいと思っております。

【モールス符号が分からない】
無線従事者国家試験の受験科目から電気通信術の実技試験が無くなったことから、モールス通信を苦手とするアマチュア局が増加してしまいました。国内法規の中でモールス符号の理解度を問う問題を出して終わりとなっておりますから、音響受信が無い事で耳で聞いて覚えなくても、目で見て分かれば良いわけですからモールス通信技能が低下することは当然だと言えます。

ですから、相手局から自分のコールサインが返って来ても直ぐに応答ができない局や相手局がエリア指定していることも理解できないでいることが多くなっているために、時間が無駄に費やされ、混信が多くなってしまっております。

RTTYやPSKやJT-65などは文字として目で確認できますが、モールス符号をソフトで再生してもなかなか再生確率が低いために応答が遅くなることが多発しております。それに加えて、インターネットのリモートコントロールで応答する場合は時間に遅れが出ますから、またまた時間的なロスが多くなります。

【今後はデジタル通信がメインか】
モールス符号を使った通信は、実技試験が国家試験から削除されてしまいましたから、モールス符号は目で覚えておけば良いことになります。従って、耳で聞いて手で書くと言う作業がなくなりますので通信技量が低下します。

そのため、自然にデジタル(RTTY,PSK,JT-65)通信が主力となってくることでしょう。国家試験で電信の実技試験を受けていた世代がいなくなればモールス通信もマイナーな通信方式となり、いずれはアマチュア無線界からも消えて行く運命にあるのだと思っております。

野田村から帰宅して思う事。3C0BYP(Annobon)と18MHz/SSBで交信できました。

【弘前の天気】
今朝は曇り時々雪で、気温はマイナス0.2℃でありました。環境放射線は参考値ですが、0.030μSv/hでした。今週は曇り時々雪の天気が続くとの週間予報がだされております。雪が降ったり、消えたりして春へ春へと近付いて行っております。アメダスが観測した積雪深は50cmと昨日と変わりありません。

【趣味のアマチュア無線】
午前5時に起床して3C0BYPと交信するために、アンテナ方向とリグの周波数をセットしました。アンテナは300度方向へセット、周波数は18145kHzにセットし、呼ぶ周波数は、10kHz高い18155kHz付近にセットして出てくるのを待っておりました。待つこと1時間40分、午前6時50分過ぎにCQを出した3C0BYPを傍受したので、早速、同じ周波数で呼んだのですが、すぐにUP5~10kHzとなってしまいました。

そこで、スプリットに切り換えて事前にセットしておいた18155kHz付近で呼びました。数回呼んだところ応答がありましたので、バンドニューのアンノボン/パガル島の3C0BYPをゲットすることができました。これで、14MHzのSSBを含めて2バンドで交信できたことになります。明日はCWでの交信ができそうなので、頑張って呼んでみたいと思っております。

【野田村から帰って】

野田中学校の仮設住宅集会所からは午後3時過ぎに撤収しました。その後、村内の復興常態を見るために、防潮堤の工事現場や旧メインストリート、一軒だけ残った住宅等をバスで見て回りました。そして、野田村の道の駅のだ「産直・ぱあぷる」に寄って土産を購入、その後、45号線を北上して久慈市に向かい、395号線の大野経由、軽米インターから八戸道へ入りました。

それから、東北道の弘前・大鰐インターから一般道に出て、弘前大学前で大学関係者が下車、終点の弘前市役所前に到着したのが午後7時40分頃でした。家の玄関に入った頃には午後8時になっておりました。大変疲れましたがボランティア支援の話が来年度もあれば参加したいと思っております。

Scan121 【野田村のお土産】
野田の塩はミネラル分が強くそのままなめて見ましたが、しょっぱくはありませんでした。リンゴに塩をつけて食べましたが、普通の精製塩とは違って深みのある味でありました。野田の塩をまぶした袋入りのミックスナッツは酒の肴に最適で塩加減(塩梅)も適切なものでありました。ゴマ煎餅も勿論、カリカリ、サクサクとして美味しかったです。また、漁業者からいただいた、養殖の生ワカメはゆでて味噌汁にいれて食べたり、酢醤油でたべましたが新鮮だけあって大変軟らかく美味なワカメでありました。

Scan122 【野田村の仮設住宅】
3月1日に野田村へボランティア支援で行ったのですが、結構雪が残っておりました。そのため、道路が湿っておりましたので、土埃がたって降りませんでした。雪が消えて道路が乾燥してくると、相当な土埃がたつのではないかと思っております。仮設住宅も雪が融けてドロドロした常態でしたが、これもグランドが乾燥すると埃っぽくなるのではないかと思いました。

野田中学校のグランドの仮設住宅の駐車場に止めている自家用車は、全て泥で汚れておりましたが、雨や雪が降れば泥でぬかり、乾燥すれば土埃で車が汚れるのだろうと思って見てきました。それに、気温が下がったり、雪が降るとプレハブの天井や押入れなどが水滴で湿ってしまうので、朝起きてから雑巾で水滴を拭き取ってからでないと、布団をあげたり、食事の仕度や掃除が出来ないと言っておりました。

Scan120 寒冷地用のプレハブではないのでしょうから、プレハブの壁板の隙間や天井の隙間から冷気が室内に入ってくるので、隙間を荷造り用の透明テープで塞がなければならないと聞きました。通常の仮設住宅は断熱材が入っていないのでしょうから、寒冷地で使うのには適さないと思っております。いずれにしても、夏は暑く、冬は寒い仮設住宅に長く住むことは大変な忍耐を必要とするのだなと感じました。

【郵便料金の値上げ】
余った今年の年賀葉書と書き仕損じた葉書を52円の切手に替えてきました。葉書が52円、封書が82円となります。今後は、52円切手を葉書に、30円切手と52円切手で封書用として使用する予定です。ついでにお年年賀葉書が1枚だけ切手シートが当たっておりましたので交換してきました。

2014年3月 2日 (日)

野田村へのボランティア支援で弘前おもちゃ病院の修理ドクターとして参加してきました。ボランティア支援活動の初体験でした。

【弘前の天気】
天気は曇り、気温はマイナス1.2℃であります。雪は昨日から全く降っておりません。環境放射線は参考値で0.040μSv/hでした。アメダスによる積雪深は50cmとなっております。昨日は、弘前大学ボランティアセンター
が主催する岩手県の野田村への支援に弘前おもちゃ病院の一員として参加してきました。

【ボランティア活動】
東日本大震災からもう3年経過してしまいました。未だに27万人を超える被災者たちが避難を続けておりますが、震災の復興は遅々として進んでいないのが実情であります。震災の記憶が次第に風化してきている中で、弘前市と弘前大学は毎月、第三土曜日に野田村への支援のためのバスでの定期便を出しております。2011年9月から途絶える事無く物心両面から「市民総ぐるみで、チーム・オール弘前」として野田村への支援を続けております。

その中で弘前おもちゃ病院も野田村の子供達のおもちゃの修理をする事で支援活動に参加することになりました。それに、弘前ボランティア支援センターのお世話で弘前おもちゃ病院が市民から寄贈されて保管していた「お雛様(7段飾り)」を野田村のディーサービスセンターに寄贈する仕事も含まれおります。昨年の3月2日にも野田村へ向かったのですが、猛吹雪で東北自動車道が通行止めになってやむなく引き返した事がありましたので、今回は昨年のリベンジとなっております。

【一路野田村へ】
さて、弘前市役所前を午前7時に出発して、東北自動車道ー八戸道を経由して軽米インターから一般道に降り、久慈市を通過して野田村までの3時間半の行程でありました。支援バスには、一般市民、弘前大学生のボランティアセンター、弘前市ボランティア支援センター、弘前大学の学生、弘前おもちゃ病院関係の30数名が乗車しておりました。オカリナ演奏者、俳句主催者、学習指導関係、茶話会参加者など多彩なボランティア活動をする人達が野田村をめざしました。

Dsc04917 【支援活動】
支援活動の場所は、野田中学校のグランドに造られている仮設住宅にある野田中学校仮設集会所、総合センター2階児童クラブ室でありました。午前10時半に仮設集会所に到着してから、早速、7段飾りのお雛様の設置に取り掛かりました。組み立てが完了したお雛様は見たことが無いほど綺麗で立派なものでした。
(画像は、野田村に寄贈された「お雛様」であります。メンバーがわいわい言いながら組み立てを行いました。)

そのご、ディサービスセンターの方がお出でになってお雛様を引き取っていきました。それまでの3時間程度はお雛様を飾ってオカリナの演奏をしながら、早めの「ひな祭り」をしました。午後2時半には寄贈を受けるディサービスセンターの人が来て引き取っていきました。

Dsc04918 おもちゃの修理は3件ありましたが、一つは、アンパンマンの動物図鑑と言うもので、検出用のペンを動物の絵に当てると、その動物の説明がスピーカーから聞こえるというおもちゃです。私が修理担当になりましたので、検出用のペンを分解して見たところ、先端のCCDカメラの部分が故障していて、全体が白いカビのようなもので覆われおりました。そのために、CCDカメラ回路が塩分で腐食してしまい、修理が不可能な状態にありましたので、修理不可能で返却することにしました。
(画像は、弘前おもちゃ病院のメンバーがおもちゃを修理中です。)

依頼者に検出ペンを海水か何かに入れましたかと伺ったところ、次男がおしゃぶり代わりにしゃぶっていたので唾液のために腐食したのでしょうと言うことでした。他の2件はポケットゲーム器とやりたい放題というおもちゃでした。ゲーム機は接触不良であり、やりたい放題のおもちゃは入院と言う事になりました。

Dsc04919 【野田村の震災復興】
3年経過したと言いますが思ったよりも、震災復興が進んでいるとは見えませんでした。 岩手県内では一番復興が進んでいると言うことですが、野田村がこの程度であれば他の被災地の復興は推して知るべしであります。
(画像は、手前が新しい鉄道の線路、奥が旧線路と元の防潮堤です。)

三陸鉄道の新しい線路が元の線路より100m程度内陸側に完成しておりましたし、線路の山側には新しい防潮堤が造られておりましが、元の住民は全部は高台には移転しないようです。また津波がきたら幾らかさあげしたとしても自然には勝てないとおもうのですが、土建屋さんが儲かるだけなのではないかと思って見てきました。

Dsc04921 野田の漁港の岸壁や漁協の建物、市場は整備され、ワカメの養殖などは復活しましたが、牡蠣等の養殖はまだまだのようでした。支援活動を午後3時に切り上げ、弘前へ帰ることにしました。

途中、観光物産館「ぱあぷる」で「野田の塩」、「野田塩を使ったゴマ煎餅」、「野田の塩をまぶしたナッツ」などをお土産に買いました。また、野田の塩が入ったソフトクリームが有名だと言うので食べてきましたが美味でありました。 (画像は、防潮堤工事中の状況です。)

【ボランティア支援に参加して】
東日本大震災の被害地の現状や被害を受けた人たちの暮らしは、現地に行かないと分からないことが多いなとかんじました。目で見てきたのと報道とは違っておりました。これからも息の長い支援を続けた方が良いと思いました。押し付けるのではなく、被災者が寄ってくるような支援活動が必要でしょう。被災者はとにかく忘れないで欲しい、冷やかしでも良いから来て欲しいと言っていたのが忘れられませんでした。

Dsc04920 今回は、弘前おもちゃ病院の野田村への出張修理ドクターとして参加してきました。おもちゃの修理をして感じたのは、修理依頼者が極端に少なかったことでした。良く考えて見たら、津波でほとんどのおもちゃが流されて無かった事、そのごおもちゃが贈呈されているのでしょうが故障が少なかった事が原因ではなかったかと思いました。

児童クラブの児童たちが十数名、お雛様を見にきておりましたが、修理中のおもちゃに殺到したところをみれば、おもちゃの修理ではなく、遊べるおもちゃを持って行った方が良かったのではないかと実感した次第です。
(画像は、新しい三陸鉄道の線路と嵩上げ中の防潮堤です。)

今後は、弘前おもちゃ病院と弘前大学ボランティアセンター、弘前ボランティア支援センター等が協力して「野田村の児童へおもちゃを送る支援活動」を立ち上げることになるでしょう。まだまだ私達が被災地を誤解している部分が多くあるのではないかと感じました。

物だけではなく、心を持って行くことが大切で、これからは、3年目のジンクス、仮設住宅での孤独死を防ぐことが大切になってくる事でしょう。次回からは仮設住宅の個別訪問も計画されております。野田中学校も校庭が使えないので大変だなと思って帰ってきました。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31