フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

JARL(日本アマチュア無線連盟)からQSLカードが送られて来た。御嶽山の噴火に自衛隊の戦車は似合わない。

Img_bal075Img_bal076【弘前の天気】
弘前は良い天気で快適な一日を過ごさせていただいた。環境放射線は参考値ですが、0.047~0.050μSv/hであった。御嶽山の噴火による死者や負傷者、および農産物への被害が続いている。死者を「心肺停止」と言い換えて「救助した」と報道しているのは、どうしても不自然でならないのである。敗戦を「終戦」、占領軍を「進駐軍」、撤退を「転戦」と言ってきた「いつか来た道」そのものではないのか。

Img_bal077Img_bal078勿論、お亡くなりになられた方々のご冥福と、負傷された方々へは心からお見舞い申し上げる次第であるが、NHKのテレビを見ていたら、御嶽山の噴火災害に自衛隊の戦車が派遣されているのを見たのである。このことに関しては強い違和感を覚えた。装甲車程度ではだめだったのだろうか。このたびの、御嶽山の噴火については「何か自然的なものよりも、人工的な何かがあった」のではないかと勘ぐっている次第である。

「追記」
Twitterにコメントがありました。
「のぐけい @bassingmagic  ・ 9月30日 
@radio_cqham あれは戦車ではなくて、89式装甲戦闘車という装甲車です(主砲に見えるのは機銃です)。すぐ近くの静岡県御殿場市の滝ヶ原駐屯地に配備されてるので選ばれたのでしょう。」

★戦車ではなく装甲車だとのリツイートがありました。噴石にも耐えられるようにと派遣したのでしょう。装甲戦闘車であれば理解できます。私の勉強不足でありました。訂正してお詫び申し上げます。

Img_bal079【趣味のアマチュア無線】
本日は、JARL(日本アマチュア無線連盟)から交信証が送られて来た。20枚程度のカードが入っていた。主なエンティティは次の通りである。
3B9FR(Rodrigues Is.)/17m/CW、ZD8UW(Ascension Is.)/30m/CW、CN8YR(Morocco)/17m/CW、V5/DL3DXX(Namibia)/30m/CW、5R8IC(Madagascar)/10m/CW、V21ZG(Antigua & Barbuda)/10m/12m/SSB等、Bureau経由でも結構なエンティティをコンファームできるのだ。

Img_bal080IRCやグリーンスタンプに頼らなくても、私がやっている独特なQSL請求のノウハウは「ヒ・ミ・ツ」なのである。つまり、アマチュア無線家としての対等な付き合いをすることである。IRCドリンカーやグリーンSTAMP収集家を見極めて請求行動を起こすことが肝心である。IRCやグリーンスタンプを送らなくても相手のプライドをくすぐることがコツであります。Bureau経由を拒否して、ダイレクトでしかQSLを送らない相手であっても同じ人間でアマチュア無線家であることがヒントであります。

2014年9月28日 (日)

目屋ダムの遺跡現地見学会「川原平(1)、川原平(4)遺跡」に行ってきた。御嶽山噴火に思うこと。

Img_bal073_2Dscf9624_1_2【弘前の天気】
今日は晴れて秋らしい天気となっている。気温は25℃で丁度良い気温であります。日曜日なので市内では土手町で歩行者天国があり、カルチャーロードが開催されている。昨日は目屋ダムの遺跡現地見学会に行ってきた。

青森県埋蔵文化財調査センターが平成15年から発掘調査をしている「川原平(かわらたい)(1)遺跡・川原平(2)遺跡」の見学会である。縄文晩期(亀ヶ岡文化)の大集落跡である。亀ヶ岡の遮光器土偶の故郷でもあるこの遺跡は、津軽ダムが平成28年に完成すると湖底に沈んでしまうのである。

Dscf9638_1_2Dscf9608_1_2【趣味のアマチュア無線】
昨日まで、7Z1HL/21MHz/CW、UT5JAJ/24MHz/CW、TY1AA/14MHz/SSB、5N4EAM/14MHz/SSB等と交信した。これといって珍しい局は無かった。コンディションが良かったので土日ではあったが、比較的楽に交信することができた。


Dscf9614_1_4Dscf9609_1_3【御嶽山の噴火に思うこと】
日本の火山噴火予知連絡会は、各大学、国土交通省、気象庁、内閣府、文部科学省、海上保安庁、独立行政法人産業技術総合研究所、国土技術政策総合研究所などから複数名(約31名)の委員が出て火山噴火の予知をしているが、これでは正確で迅速の余地は不可能であろう。また、気象庁の火山観測の専門官が数年でほかの部署に転勤させられたり、定年後の補充をしなかったりで、気象庁の噴火予知や観測は貧弱になっている。

Dscf9616_1Dscf9623_1_2今回の御嶽山の噴火も突然のように感じられるが、アメリカ地質調査所のような組織があって一か所で直ちに予知データを処理できる体制があれば予知まで行かずとも、注意喚起程度はできたはずである。

Dscf9621_1_2Dscf9622_1_2各省庁の権益争いや縦割り行政の弊害で日本の火山噴火の観測はボロボロなのである。火山国日本であることからすれば、火山の観測を専門に扱う部署をアメリカのように早急に設置する必要があろう。

【内海新聞の記事を転載する】
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━■世界で初めての電子新聞
■ 内 海 新 聞…★(2014/9/28 No.1026) ■発行部数2006部(2014/9/28現在)
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━■一時的に複写転載自由
http://www1.odn.ne.jp/~cad79480/
http://ameblo.jp/utumisinbun/
◆購読希望・停止の方は上記ホームページで登録・解除をして下さい。
◆読者の感想が私の書く原動力になります。なるべくレスポンスください。
http://green.ribbon.to/~undesk/enquete.php
(見出し)
神託●御嶽山噴火の件
三面●FXめだかの学校生徒募集
(本文)
====================
神託●御嶽山噴火の件
====================

昨日(2014年9月27日)の朝、私はある大学教授とメールしていました。話していたのは、国際政治やFXの為替のネタでしたが、ふと、私の脳裏に「太陽活動と火山噴火」のビジョンが思い浮かんだので、教授に手元にあった理研や東大チームの研究レジュメを送りました。

○○様

私がいってた、太陽活動と天災の関連について、理研や東大が調査検討していたレジュメを出していたので添付しておきます。興味深い見解で日本の天災が今後、どう進行していくか、参考になると思います。富士山の噴火も見えてくると思います。

内海

……と半分冗談で言ってから、京都市内に用事ででかけたら、御嶽山が大噴火して死傷者多数のニュースが流れているのに気づき、驚きました。やな、シンクロですね。最近、気づいたんですが、ふと私の脳裏にかすかに浮かんだビジョンとか、「このネタ」かなあと直感的に思ったことがモロズボシだったりするんで、これ、忘れないように、取りこぼさないように逆に、お告げとしてきちんと記録して残しておこうと。

教授に送ったレジュメって、どういう内容だったかというと、私が以前「現地球文明滅亡」の連載をしたあと、太陽活動が火山の噴火、地震に密接に関わっており、こうした天災のプロセスで、農業ダメージ、続いて経済ダメージ、そして政治ダメージ、最終的には世界大戦に陥るという「これまでの歴史」の科学的な分析見解……を、2010年に理研や東大(宇宙線研究所)・東工大・防災科学技術研究所のチームが共同で分析開始していたものです。

彼らが各分野のデータを集めて「総合」しだした「見解」は面白いものでした。

その骨子は、「火山の噴火は、太陽活動が停滞し、宇宙放射線が地球に降り注ぐと、火山のマグマにエネルギーが作用して噴火を誘発していく」というものでした。このレジュメにはこういうことも書いてあります。

「近傍超新星の残骸に太陽系が飲み込まれたら?
.降下宇宙線量が少なくとも1000倍に
.100年~1000年は続く
.地上付近では、宇宙線が岩石被ばくの主要因子
.宇宙線有感領域が地下100m~1kmへ拡大
.低緯度の火山も宇宙線に反応
.ピナツボ1991もしくは、その10倍規模の噴火が立て続けに起こる
.火山性アエロゾルが大気を覆い尽くす
.全球凍結へ
.地球表層の生物は全滅」

つまり、我々は地球や太陽系ぐらいしか見ていないのですが、宇宙の遠くの惑星が爆発しただけで、地球は絶滅すると……。これ、太古も起きてきたと思いますけど。……それで人類は長い氷河期を飢餓状態で文明人から原始人に転落して過ごすことになった。

ね?私が「現地球文明滅亡」の連載をしたのが2006年。もう8年たった。
「内海が正しいと言われるまで8年」のとおりになってきました。8年の法則。これまで、こうした宇宙物理学、恒星や惑星の関係が、地球上の天災にどう関係しているかは?あまりわかっていませんでした。

でも、あのシュタイナーは1925年に死んだ人ですが、彼の著書にはすでに「火山の噴火は宇宙からのエネルギーによって引き起こされている」と書いてあって、それを2007年ごろ病気で入院していた私がひまつぶしに読んでいたとき「なるほどな、新鮮な視点だ、シュタイナーはすごいな。一体彼はどこからこのネタをつかんだのか?自分で考え出したのか?」と思ったものです。

今回の理研・東大チームらの分析は、かなり遅れたものの、現代の宇宙物理学・地球物理学の知見をもとに地球の天災がいかにして起きていくかのシナリオを見出してきたことで、まあ、評価できると思います。

9月27日の御嶽山の噴火は、太陽活動が低下して、私が警告してきた「前段」でしかないです。まだ、これから日本列島いたるところの火山が噴火を始め、富士山も爆発し、火山灰によって農業が壊滅し、経済も中国バブル崩壊。エボラが赤道直下の国々で大繁殖するのも太陽活動の影響です。一番宇宙放射線が降り注ぐわけですから……。

地球は寒冷化に向かい、長い氷河期が訪れます。政治家は科学技術を動員して防ごうとしますが、江戸幕府と同じで止められない。経済が崩壊して国民は貧困のどん底に陥り、政治へ不満がつのる。やがて、政治家は暴力革命やテロ、国家間の戦争によって「逃げる」しかなくなる。そして世界大戦。

残念ですが、これから、私が言ったとおり、人類は火星に移住して逃げるか、地下都市に潜って数百年以上おびえて過ごすか……になります。

エボラみたいなウイルス感染症の大流行。大量のロボット兵器・無人攻撃機、生物化学兵器、核兵器の飛び交う破壊的な大戦争が勃発し、人類はさらにM12の信じられない大地震、高さ40mどころじゃない、4000m級の津波などの天災によって全人口の10分の1まで絶滅します。

こういうこと私が見えているから言っても、まだ、ほとんどの人が「信じられない」。誰も東日本大震災であんな津波がくると思わなかった。福島原発が大爆発するとは思わなかった。ボンペイの噴火だって、みんな来るわけないと思って直前までピザ焼いてたでしょ?

★2014年9月28日 朝受けた神託「御嶽山は山体崩壊する」

私のビジョンに、派手にぶっこわれる御嶽山の姿が映りました。今の噴火は「前段」でしかない。リニアのルートも計画変更かもな。本来は岩盤が強いから山の下を通したかったのに、裏目に出た。相変わらず危険な東海道か、いっそのこと火山を外して北陸回って大阪入ったほうがいいって……なるかも。

気象庁は火山噴火を予測できないといいました。でも、火山性の地震が9月10前後に御嶽山で300回ぐらい起きていた?だったら、登山規制してもよかったかもね。でも、御嶽山のふもとって「王滝村」でしょ。王滝村って、災害的にふだつきじゃないですか?

何度も土石流を起こして崩壊するところ……古代の人は知ってたから、だから「大蛇のような土石流」を意味する「王のような滝」を字にあてた。「滝」地名は土石流のよく起こるところなんです。

そもそも、山に登って、ウンチ垂れ流している登山者らのどこに「神様への崇敬」があるんでしょうか?

物見遊山で、自分の欲望を達するために登山する。「アウトドアスポーツ」「自然に親しむ」って言葉で隠しても自己満足でしょ。

富士山は神体なのに、登ることすら本来は「けがす」ことです。なのに、ふもとで畏れ拝むどころか、金払えばいいんだろ?と、土足で登って、頂上でウンチ垂れ流す。雪の白でなく、自分のケツ拭いたトイレットペーパーの白で富士山を塗りたくる。

 怒るに決まってるじゃないですか?

御嶽山が火山なんてわかってるんだから、火山性地震が増えたって情報は気象庁も出しているし、それをインターネットでも知れるでしょ? 知ったら、まともに考えたら「あぶないよな」と思って、御嶽山登るのやめるでしょうね。

まともな人なら。でも「今度の休日必ず登らないと、休みないし。金もったいないし……」そういう程度で「経済コスト」で山登るわけでしょう? ろくすっぽ地震や噴火を当てられない気象庁が危険を言わなければ「安全だ」……と、そっちを信じるわけでしょう? 

「心を捨てて、金をとった」結果です。 現代人はそれぐらい、目が曇った。

最近思うんですよ。こんな人類死んだほうがいいって。めんどくさー。また全滅し
たほうがいいよ。地球のため。宇宙のため。

まあ、我々がどう、あがいても、思っても、神様は無慈悲にジャッジするから。

東日本大震災も前兆、観測しても、科学者も気象庁も避難勧告できなかった。

誰も、富士山のトイレットペーパーの掃除に行かないし、ウンチ持ち帰らない。街の犬の散歩でウンチ持ち帰るのはやるくせに、自分のウンチ持ち帰らない。「入山料とってるから、それでトイレ作ればいいじゃないか!」そういう考えなんだよなあ。終わってるよ。人間ども。

もう、科学者はすなおに、自分たちで神様や地球に勝てないと自白すべきです。そして、馬鹿にしてきた「非科学的」領域に、ひれふする日がくると思います。

でもね、私がこれだけ、生まれて12歳から30年近く、キチガイ扱いされて警告してきてもみなさん、気象庁を信じるんだよな。

誰か、この新聞転載して、拡散してくれよ……しないでしょ?

結局、米軍と富裕層が「いい情報だ」って活用するだけで、庶民は相変わらず死ぬ。

ツイッターもフェースブックでもLINEだろうが、それこそこういうときに使ってほしいです。くだらない浮気や援助交際に使わないで。

もし、自分の家族や身の回りの人を救いたければ、内海新聞を転送して、まぐまぐの読者に登録してもらってください。残念だ。大事な情報は常に、こうしてうずもれる。

(内海君:小市民)   (以上で転載終了)

2014年9月25日 (木)

台風崩れの低気圧の為に天気が悪い。安倍首相の健康状態が良くないようだ。

【弘前の天気】
未明まで雨が降っていたが、午前7時過ぎには止んだ。空はどんよりと曇ったままで、気温は16.8℃で、環境放射線は参考値であるが、0.045~0.049μSv/hとなっている。北陸にある台風崩れの低気圧からの影響によって天気は次第にわるくなる傾向にある。また、昨日八戸に宿泊なさった天皇、皇后両陛下は、本日から黒石市(リンゴ収穫体験)と田舎館村(田圃アート)をご訪問なさるとの事であった。

◆両陛下が青森到着、秋の津軽路へ (東奥Web)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2014/20140925130733.asp
(引用開始)
24年ぶりに本県を訪問されている天皇、皇后両陛下は25日午前、八戸駅をたち東北新幹線の臨時専用列車で新青森駅に到着した。田舎館村の田んぼアート、黒石市のリンゴ園地などを視察、夕方、青森空港から空路、帰京する。新青森駅前では多くの市民が小旗を振るなどして、両陛下を歓迎した。(引用終了)

【アマチュア無線】
昨日は、3D2AG/P(Rotuma)/7MHz/CW,W1AW/7(Idaho)/21MHz/SSB,
W1AW/5(New Mexico)/18MHz/CW 等と交信できた。
また、TY1AAやPZ5AAおよびZD9XFなどは聞こえていたが、交信できなかった。原因は混信もあるがコンディションが良くないことと、相手側の都合で短時間しか運用してくれなかった事である。TY1AAは9月26日まで運用するとの事であるが、7MHz/10MHzを残しているので最終日までトライしてみたいと思っている。

【安倍首相の健康状態】
安倍晋三(膵臓)首相の健康状態が悪化しているようである。持病の潰瘍性大腸炎に加えて膵臓癌が疑われているのである。父親の晋太郎氏も「膵臓癌」を患っていたこともあり、晋三氏が膵臓癌にならないという保障はないのである。

◆国民も心配!健康不安説が流れる安倍晋三首相
番記者も知らない本当の病 安倍首相「すい臓がん」兆候
http://matome.naver.jp/odai/2135842796050168401

★安倍膵臓癌の手が....あまり長くないでしょうね。richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_235.html

国民に対してあらゆる悪政を行ってきたことへの報いだと言えばそうなるが、日本国をここまで衰退させた首相は珍しい。考え方にカルト系からの影響があり、日本国の為、日本国民の為と言っているが、政治家特有のリップサービスであって、本当にそうは思ってはいないと考えている。韓国系の宗教である統一教会の催しへ祝電を打ったとか、在特会などと癒着していると言われているのがその根拠である。

◆安倍晋三総理大臣が在特会元幹部と写真~しかもしっかり覚えてくれてたらしいぞ!
http://matome.naver.jp/odai/2141112838210565301

岸信介(祖父)、安倍晋太郎(父)の時代から、統一教会とのかかわりが深い安倍首相が統一教会の考え方に影響されない訳はないのである。そのために、集団的自衛権行使容認、TPP参加、海外支援のためのODAばら撒き、原発再稼働、消費税10%へ増税、介護・医療・社会福祉の切り捨て、年金資金の株式での異常な運用、武器輸出の解禁、原発の輸出、などを平気でやったり、やろうとしているのである。

★安倍晋三って、在日なのですか?
爺さんの岸信介が、朝鮮人とか言われてませんでしたっけ?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1396264088

2014年9月23日 (火)

秋のコンディションでお空の方が賑やかである。スコットランド独立投票不正疑惑・・・。

【弘前の天気】
今日は晴れ時々曇りの天気で、気温は22℃であった。環境放射線は参考値だが、0.050~0.052μSv/hで通常より高めの数値となっている。明日は、天皇、皇后両陛下が青森県にお出でになり、八戸市、黒石市、田舎館村などをご訪問なさるとのことである。両陛下が本県を訪れるのは、1990年7月に三沢市で開かれた第10回全国豊かな海づくり大会への出席以来、24年ぶりとなる。

【趣味のアマチュア無線】
昨日から本日にかけて、コンディションが良かったので数十局と交信した。
CB1D/24MHz/CW,FK8CE/18MHz/CW,RI1ANC/24MHz/CW,
UP44WFF/24MHz/CW,EG4ATB/18MHz/CW,GH3IT18MHz/CW,
V5/DK1CE/14MHz/CW,TY1AA/24MHz/SSB,GW4BLE/24MHz/SSB,
VK9AN/7MHz/CW,PZ5AA/21MHz/CW. 等と交信することが出来た。今朝の7016kHzで交信したVK9AN(CHRISTMAS Is.)は混信がひどかったが何とかOKであった。

TY1AA(BENIN)の24MHz/SSBは信号がノイズすれすれだったが何とかQSOできた。いずれにしても連休中であったことから、どこのバンドも想像を絶する混雑ぶりで、パイルアップの連続であった。ハム人口が増えていないのに混雑するのは、毎回申し上げているが、「団塊の世代の復帰組」が大きく影響していると思うのである。

【スコットランド独立投票不正疑惑】
案の定、40万票の差をつけて独立反対派が勝っているが、その裏には不正疑惑が起きているという報道がある。アメリカの大統領選挙、日本の衆参選挙での不正疑惑、今回のスコットランドでの不正疑惑と、民主主義の根幹を揺るがす不正選挙疑惑が連続して発生している。日本では開票に不正があると裁判所に訴えても門前払いされている。

★スコットランド独立投票不正疑惑)livedoorブログ
24時間で再投票の実施を求める署名が7万集まる(海外の反応)

http://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/40330997.html

◆(スコットランド独立投票不正疑惑)richardkoshimizu's blog
24時間で再投票の実施を求める署名が7万集まる

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_214.html

次回の国政選挙では、日本国にもロシアを含めた国際選挙監視団の要請をおこなうべきであろう。選挙管理委員会を監視する機関がないのだから、選挙管理委員会のやりたい放題が続いている。高松市では、票の不正操作で正確さをなおざりにした市選挙管理委員会の信頼を取り戻すため、ビデオカメラを設置したというが、どこの選管でも不正が起きている事を認めたことになる。そうでなければ監視カメラなどは不必要な筈である。

敗戦後、69年経過しているが、引き続きアメリカの植民地となっているため、ロシアや中国の外交もアメリカの許可がないと何もできないのである。その良い例がプーチン大統領の訪日が延期となった事である。

◆プーチン大統領の来日延期示唆 駐日ロシア大使 (日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE11004_R10C14A9PP8000/

つまり、アメリカがウクライナ問題があるために、日本に圧力を掛け、この秋の訪日を延期させたのである。とにかく、中国と仲良くする国会議員やロシアのシベリア開発、北方領土の開発をやろうとする議員などは全て失脚させられてきたのである。古くは田中角栄から始まった経世会の議員はことごとく潰されたのである。

(田中派) 田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)

(経世会)竹下登 失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)

(経世会)金丸信 失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税)

(経世会)中村喜四郎 逮捕 ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)

(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)

(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)

(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)

(経世会)野中広務 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)

(経世会)村岡兼造 逮捕 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)

(経世会)小沢一郎 西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

(経世会)二階俊博 西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

★田中派・経世会と清和会の、歴然たる違いをどう思いますか。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12131359412

このように、米国以外の国(特に中国やロシア)と仲良くする議員は集中的に攻撃されるのである。特に、資源の豊富なシベリア開発、サハリンの天然ガスや石油なんぞに色目を使うと即潰されてしまうことになっている。敗戦国である日本は米国から永遠に独立できないことや国連に敵国条項が残っている事を考慮すれば日本国は、似非独立国家、似非民主主義国家、似非法治国家と言わざるを得ないのである。

2014年9月21日 (日)

今日はさわやかな秋晴れの天気である。グラスゴーで暴動が発生していると言うが・・・。

【弘前の天気】
朝方は12℃であった気温が21℃まで上がってきた。湿度は45%で秋らしいさわやかなコンディションとなっている。環境放射線は参考値であるが、0.040~0.048μSv/hであった。昨日は市民文化祭とか運動会が各所で開催されていたが、どこにも出かけなかった。日曜日の本日も特に予定がないため、家でブラブラしながら趣味を楽しんでいる。

【趣味のアマチュア無線】
この頃は、18MHz/24MHz帯を中心に運用している。LU6EF,V73NS,UN160G,ZM90DX,W1AW/4等と交信した。TY1AAの10MHz/24MHzはまだ交信できていない。猛烈なパイルアップで私の無線設備では歯が立たないのである。ZD9XFも21/24/28MHz帯での交信を狙っているがいまだに未交信である。E30のエリトリアもクラスターにポストされているがまだ聴いていない。

【スコットランドの独立投票】
結局、独立反対派が勝ったために独立が見送られた。しかし、反対が55.3%、賛成が44.7%であるから、160万人の賛成派がいたのである。イギリス政府はこれらの票を無視することができないであろう。イギリスのキャメロン首相がスコットランドへ権限の移譲を拡大すると約束しているが、まだまだ選挙の後遺症が続くようである。北海油田からの利益配分も変更しなければならないだろうから、条件次第では独立運動が再燃する恐れもある。

◆スコットランド、独立否決=反対55%、予想外の大差―住民投票、英分裂回避   時事通信 9月19日(金)14時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000092-jij-eurp

しかし、選挙の不正が発覚したグラスゴーでは独立賛成派と反対派が衝突して暴動が発生しているという情報がネットに流れているが、今の所、日本国内では報道されていないようである。横田幕府、マイケル緑氏等からの命令が出され、電通経由での報道管制が敷かれているのだろうか。

◆スコットランド騒動:ユダヤ金融悪魔さんたち、電通に報道管制を緊急に命令しましたか?
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_198.html

◆スコットランドで暴動が発生 独立賛成派の人が刺され、反対派が路上で暴徒化…  【海外の反応】
http://www.all-nationz.com/archives/1009591956.html

いずれにしても、日本で以前に行われた都知事選挙や参院選などで不正選挙が疑われていることから、不正の本家であるイギリスで不正が有ってもなんら不思議ではない。だが、日本国民に英国であった今回のスコットランドの投票で開票に不正があった事が知れ渡るとまずいと思っている人たちがいるのであろう。

今後、日本で行われるであろう国政選挙に影響が有るかも知れないから、権力側はできれば報道管制を敷いてスコットランド、グラスゴーでの暴動を報道しないようにする必要があるのではないかと思っている。

2014年9月18日 (木)

HK1MW(Clumbia)からのQSLカードが届いた。N2OO宛にOQRSで請求したものである。

今日は晴れたり曇ったりで西の風が少し強く吹いている。気温は12℃であったが正午過ぎには20.5℃まで上昇している。環境放射線は参考値であるが、0.041~0.045μSv/hである。家庭菜園の畑では枝豆と坊ちゃんカボチャの収穫を終えたので、その後に白菜を植えてきた。大根は順調に育っていたし、トマトもナスもオクラもまだまだ採れている。

アマチュア無線の方は、ZD9XF(Tristan de Cunha)がClublogにデータをアップしたので、これまでの交信を確認した。18MHzと10MHzの電信がOKとなっていたので、後は24MHzでの交信を狙ってみたい。今朝は、10104kHz/CWでOZ8X(Denmark)とW1AW/4(North Carolina)と14MHz/CWで交信した。

Img_bal072その他には、TY1AA(Benin)が盛んに出ているが、14MHz/CWでは交信したが、それ以外のWARCバンドを含めた周波数では未交信のままである。それから、正午ごろに航空便がN2OO局から届いていた。ColumbiaのHK1MWの交信証が入っていた。QSLマネジャーのN2OO局にはOQRSで3$を払って請求していたものである。10MHz/CWではバンドニューとなった。

民主党の役員が決まったようだが、幹事長が枝野氏であれば民主党はもう終わったと思っている。鳩山、小沢体制を排斥した悪名高い10人衆が幅を利かせている事から、いずれ党首の海江田氏は追い出されるに違いない。悪徳10人衆が党内に居る限り民主党には明日はない。「渡部恒三、藤井裕久、仙谷由人、菅直人、岡田克也、野田佳彦、前原誠司、安住淳、枝野幸男、玄葉光一郎」が悪徳10人衆である。

この10人衆が民主党内部にいて自公連立政権と同じことをやろうとしている。すなわち、原発、憲法、TPP、消費税、沖縄基地を推進するのである。あまりにも民意との乖離が大きすぎるのであるが、一度でも権力の座に付いた経験があると、下々の声が聴こえなくなるのであろう。

次の選挙までに、原発からの離脱、再稼働反対、消費税率引き上げ反対、TPP反対、沖縄基地の海外移転、憲法改正反対を公約とする新党が出てこないと大変なことになろう。既成政党では日本は良くならないし、米国や財界に媚を売る立候補者のみが当選することになってしまう。つまり、選挙機械の「ムサシ」やカル系が占めている選挙管理委員会が不正をやる可能性が大であるからだ。

2014年9月17日 (水)

海洋資源の持続的利用と調査捕鯨に思うこと。

【海洋資源の持続的利用と調査捕鯨に思う】
乱獲によってマグロ、ウナギ等の資源が激減している。その中でも日本ウナギは絶滅危惧種(レッドデータブック)となって、現在、中国、台湾、韓国、日本などが資源保護に関して協議中である。マグロの資源保護に関しても国際的に理解が得られている。しかし、クジラについてはIWC(国際捕鯨委員会)が日本の調査捕鯨を中止させる方向に動いている。国際司法裁判所が日本の南極海での調査捕鯨の中止を命じてから初めてとなるIWCの総会が、9月15日からスロベニアで始まっている。

IWC加盟国の多くは、南氷洋での調査捕鯨は調査ではなく商用であるとして、日本に科学的な調査とは認めがたいと言う訳で今回の会議でも調査捕鯨反対と気勢を上げている。日本は、数百万円の分担金をIWCに払っているが、日本の意見は聞き入れられていない。海が無い国でもクジラを食糧としない国でも1万円以上の分担金を支払えばIWCに加入できるのである。

日本が反捕鯨国にいくら丁寧に説明したところで、理解されることはないと思う。科学的データを提示しても無駄におわるだろう。なぜならば、宗教的にクジラを食してはならないという人種がいるのである。鯨食は欧米でひどく嫌悪されるが、これはユダヤ教の考えに基づくものである。ユダヤ教の教義では「海や川にいるものの中で、ヒレやウロコのないものは食べてはならない」とされるが、ウロコのない鯨はこの条項に引っかかる。

鯨肉食を禁忌とする根拠として「クジラやイルカは頭の良い動物だから人間が食べてはいけない」という考えがあるが、それは「頭の悪い動物ならいくら殺しても構わない」矛盾をはらんでいる。また、クジラ・イルカは巨体のため一撃で殺すことは難しい。何度もモリで突いたりする必要があるがこれも残酷だと言われる理由である。

もし、IWCが日本に対して南氷洋での調査捕鯨を完全に禁止すると決めた時点で、IWCから脱退してノルウェイのような捕鯨を続ければ良いのである。脱退しても失うものは何もないのである。日本が国際的に認められて商用捕鯨をしたいと思っているのであれば無駄な努力と言わざるを得ない。しかし、脱退は何時でもできるが、少しでも法的に適合した調査捕鯨を続けるためには加入している必要がある。

日本がIWCのメンバーとして加盟各国の票を集め、調査捕鯨に賛成してくれる国を増やす活動をすることは大切な事である。しかし、ユダヤ教(ユダヤ人)を信仰している国はクジラを殺してまで調査する必要はないと言っている。特に、オーストラリアやニュージーランドは先頭を切って日本の調査捕鯨禁止活動をしている。現在の調査捕鯨の規模をさらに縮小しなければ認められることは無理であろう。

また、調査捕鯨に反対して捕鯨船に妨害をしている無法者のシーシェパードの存在がある。この団体に資金を提供しているのはユダヤ関係の企業だと聞いている。さらに、グリーンピースという団体が反捕鯨を主張している。いずれにしても、科学的根拠ではなく、ユダヤ教の教義からくる考えから捕鯨に反対していると見ている。

いずれにしても、海が無い国、鯨肉を食すことが無い国などもメンバーになれ、しかも、これらの国々も1票を持っているのだから、IWCという組織はおかしな組織であると思わざるを得ないのである。日本が高額の分担金を払ってまでIWCに留まる理由は次第に薄れてきていることは間違いない。

★IWC総会2日目 日本と反捕鯨国の隔たりは依然大きなまま
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140917-00000774-fnn-int

★調査捕鯨への妨害に思う (佐藤研究室)
http://www.jomon.ne.jp/~ja7bal/hogei.htm

★2 マグロ資源を持続的に利用するために(水産庁)
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kikaku/wpaper/h20_h/trend/1/t1_t_02.html

2014年9月16日 (火)

関東で震度5弱の地震が発生したのだが・・・。

Dscf9586_1Dscf9587_1【弘前の天気】
晴れてはいるが時々曇って通り雨がある。気温は24.5℃であるがに風が強く吹いている。環境放射線は参考値ですが、0.044~0.049μSv/hであった。今日の岩木山は午前中曇って麓が見えない程度であったが、正午になってから7合目から上が見えなくなっている程度まで回復している。秋の天気は変わりやすいのである。
 

【趣味のアマチュア無線】
昨日の19:34JSTにZD9XF(Tristan de Cuna)と18018kHz/CWで交信できた。信号が弱かったのであるが辛うじて交信できた。12日には同局と10MHz/CWでも交信出来ている。秋のコンディションになっているので、これからもDX通信を楽しみたいと思っているが、相変わらず毎日が日曜日の人口(団塊の世代の復帰組)が増え、平日でもパイルアップがひどく、交信には苦労している。
 

【関東で震度5弱の地震】
なんだか、取り上げ方が大げさすぎるのではないのか。NHKなんか意識的に大げさに取り上げているように感じる。NHKは同じ画像を何回も流しているし、同じ内容の報道を繰り返している。また、各所に被害状況を同じ内容でしつこく聞いているのも何時もの通りであり、見苦しいと思う。
 

不謹慎であるが、人工地震ではこの程度が限界であろう。ぼつぼつ地震報道を収束させて通常の放送に戻っていただきたいものである。現時点では大きな被害が無いのであるから、ダラダラと同じ内容の放送を続けている事に違和感を覚えるのである。この後、被害が大きくなった時や死傷者が出たときに追加報道すればよいのではないのか。 

(気象庁ホームページから引用)
2014年09月16日12時33分 気象庁発表 16日12時28分頃地震がありました。
震源地は茨城県南部(北緯36.1度、東経139.9度)で、
震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は5.6と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。
 

栃木県  震度5弱 佐野市亀井町* 佐野市葛生東* 下野市田中*
     震度4  日光市鬼怒川温泉大原* 日光市芹沼*
          日光市今市本町* 宇都宮市明保野町
                     ・・・・・ 以下省略

★なんか変な地震  (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_161.html

★鬼畜米英揃ってリーチか イギリスの財政が破綻の危機

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_159.html 

★ユダ金地震速報
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_158.html

2014年9月15日 (月)

職業訓練を軽視してきた付けによる、人手不足倒産に思う事。

【職業訓練を軽視してきた付けによる人手不足倒産】

★「失われた10年」の負の遺産? 景気がいいはずなのに「人手不足倒産」が起きるワケ(mixiニュース)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3052657&media_id=149&from=ranking

職業訓練を軽視してきた為に、人手が足りなくなって建設業関係の倒産が増えてきていると言う。とび工、鉄筋工、溶接工、型枠大工といった技能労働者(職人)の仕事は、企業内職業訓練や公共職業訓練で養成していたのだが、国が地方自治体や民間の専修学校に訓練を委託してから、公共職業訓練からこれらの訓練科目は縮小方向か削減させられてしまったのである。

例えば、雇用・能力開発機構は厚労省の独立行政法人として公共職業訓練を担当してきたのだが、政府の方針も国民の民意も国が実施する職業訓練の縮小方向に進んだために、「特殊法人・独立行政法人の合理化」によって受講生が集まらない訓練科や短大校、大学校を残して統合廃止されてしまったのである。

マスコミの偏向報道によるバッシングを受け続けた「雇用・能力開発機構」は廃止され、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
に統合されている。

当時は、雇用・能力開発機構(旧雇用促進事業団)が運営していた、雇用促進住宅の廃止、私のしごと館の廃止、中野サンプラザの譲渡、スパウザ小田原の経営問題、雇用能力開発センターの地方自治体への移譲、職業訓練大学校の規模縮小、資格関係や福祉やサービス関係の訓練科目の民間委託推進により消滅させられてしまったのである。

しかし、雇用促進住宅だけは、災害による被災者の仮住まいや収容先として当分廃止が延期となり再活用されている。

すなわち、政府(金が無い)、財界(技術の継承放棄)、マスコミ(偏向報道)、専修学校団体(職業訓練の横取り)、国民(騙された)などの総攻撃によって、雇用・能力開発機構の良い部分も悪い部分も批判の嵐にさらされ、マスコミが国民を洗脳したことも手伝って、「坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い」ではないが、「業務仕訳」によって、あいなく撃沈させられてしまったのである。


雇用・能力開発機構(Wikipedia)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%87%E7%94%A8%E3%83%BB%E8%83%BD%E5%8A%9B%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%A9%9F%E6%A7%8B

雇用保険法で定められた雇用保険二事業を主に行っていた。
●能力開発に関する業務
公共職業能力開発施設、職業能力開発総合大学校の設置運営、
事業主などが行う職業訓練の援助、キャリア・コンサルティングなど
●雇用開発に関する業務
雇用管理に関する相談等、中小企業の雇用創出や人材確保等のための助成金の支給や相談など
●勤労者財産形成促進に関する業務
勤労者の財産形成の促進や生活安定のための各種資金の融資など
●その他の業務
雇用促進住宅の廃止・譲渡業務、それまでの管理運営業務
 

その後、小泉政権時代に派遣社員が増加したことから、1~3年程度の期間で配置換えされたり、解雇されたりしたために、若い社員に対する技能の継承ができなくなってしまったのである。これまで、鳶職は親方から弟子へ技能の伝承をしてきたのだが、若手が就職してくれないために高齢化が進んで人手不足となっている。

建設業に必要とされている、鉄筋工、溶接工、板金工、型枠大工などの職業訓練も廃止や縮小されてしまったこと、若手に人気が無い職種であることも手伝って、建設業界の技能労働者が過度に不足し、この頃になって、自業自得と言っては語弊はあるが、人手不足倒産が続発するようになってしまったのである。 

繰り返すが、国がやる公共職業訓練を地方自治体や民間に任せる事にしたため、3K職種(鳶職、溶接工、板金工、型枠大工、鉄筋工など)の訓練科目は縮小され、IT関係や情報関係、事務サービス系の訓練科目を中心とした訓練ばかりを推進させたために、それ以外の技能労働関係の訓練職種が軽視されてしまった。
その結果、職人(技能労働者)不足が各業界で発生するようになったのである。
 

★人が集まらず売上減、閉店や経営危機にも!?人手不足倒産が現実に(NAVERまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2140020832777369401
(引用開始)
人件費の安いアルバイトを大量に雇いしかもワンオペで運営させるという荒業で拡大してきた飲食チェーンですが、そのツケが人材不足となって店舗の営業停止や閉店となって現れています。人口減の日本にとってはアルバイト・社員問わず人材不足による経営危機が現実に起きる時代といえます。(引用終了)
 

以上の様に、外食産業や介護施設の人手不足は賃金が安く重労働で休みが少ない等で労働条件等が劣悪であることから、離職する人が多くなっている。そのために外国人を雇用する方向に動いているが、日本語を話せて理解でき、介護資格を取得できる外国人はどの程度になるだろうか。

例え資格を取得しても母国に帰ってしまう外国人が多いと聞く。外食産業とて労働条件が劣悪で安い賃金を続けていては、外国人だって離職する者が増えてくると思うのである。
 

今から、若い人達を訓練して「とび工、鉄筋工、溶接工、型枠大工」などの技能者を建設業に補充するためには、少なくても10年はかかる。職業訓練が充実している企業の離職率は低いとか、雇用が安定しているとか言っているが職業訓練をいじめて縮小廃止してきた事への反省がない。今頃になって職業訓練の大切さを言った所で後の祭りであろう。

企業や民間の専修学校団体は公共職業訓練を民間委託させるようにしてしまったこと、労働者の賃金を安く抑え、労働者を消耗品として働かせ続けたことで建設業や介護施設、外食産業等のブラック企業に該当する企業へは人が集まらなくなっているのだ。そのことで企業の人手不足倒産が増えているのである。 

したがって、企業の経営者は、企業内部に利益をため込んでいないで、社会や労働者に利益還元をして欲しいのである。利益還元で労働者の賃金を上げ、労働環境を整備し、労働者の為の福利厚生を充実し、終身雇用に近い労働条件を再構築し、安心して働ける環境を作らなければ人は集まらないであろう。

財界は政治献金を再開する方向だそうだが、その金を労働者の賃金アップに回したら、もっと景気が良くなることは明々白々である。

国鉄の解体、郵政の解体、NTTの解体、独立行政法人の合理化と統廃合を行って、アメリカに上納金をおさめている日本政府。それでも足りないのか、日本政府は農協組織の解体、電力会社の発送電分離、国民皆保険解体などを画策しているのである。

新自由主義を唱える政治家や官僚が行き過ぎた規制緩和、市場原理主義、合理化を進めた事によって、国民が必要とする組織や施設までも廃止してきたのである。これでは日本国は持たない。

2014年9月14日 (日)

趣味のアマチュア無線で思う事、マスコミは偏向報道が常識なのである。

【弘前の天気】
弘前の朝は良く晴れているが、午後から曇りになるとの予報が出ている。朝方は16℃であった気温が現在は20℃となっている。環境放射線は参考値であるが、0.043~0.050μSv/hである。早朝は寒いのでタオルケット1枚で寝ていたが、毛布を追加して寝ることにしている。次第に気温が下がって、また寒く長い冬がやってくるのであるが、できるだけ秋が長ければ助かる。

本日の岩木山の頂上は雲に隠れて見えない。最近の岩木山はなかなか頂上を見せてくれないようである。見えたとしても数時間程度で、それ以外は五合目から上や8合目から上に雲がかかってままの状態が多くなった。日本海に多発する低気圧やその前線に伴う雲の為なのだろうか。それに、雷を伴う局地的な豪雨が多発しているのは何故なのだろうかと思う今日この頃である。

【趣味のアマチュア無線で思う事】
アマチュア無線の方は12日の16:14JSTにアフリカのTY1AA(Benin)と14MHz/CWで交信、その後、17:06JSTにZD9XF(Tristan de Cunha)と10124kHz/CWで交信する事ができた。13日には18:47JSTにZL7X(Chatham Is.)と7024kHz/CWで交信できた。交信できる順番は遅くなっているがそこそこゲットできている。

しかし、ZD9XFの10MHz/CWを傍受していると、同じ周波数でチューニングを取ったり、同じ周波数で呼ぶ局が多い。相手がUPで呼べと指示しているのだが、モールス通信の技能が低下しているためか、指示を守らない局が目だっていた。アマチュア無線技士の国家試験から電気通信術の実技試験が廃止されたことで、モールス通信技術のレベルが低下しているのであろう。

それに、定年になった団塊の世代の復帰組が世代特有の「他人をけおとしても・・・」ということから、平日でもパイルアップがひどくなり、マナーの低下なども悪化し続けている。この頃は、海外のDXペディション局にJA嫌いが増えて、NO JAやOutside JAと言われることが多くなった。また、JAが呼び始めるとビーム方向をかえたり、パワーを落としたりしてJA局と交信しないようにしているOPも増えてきている。

つまり、日本のアマチュア局を嫌う海外局が多くなっているのは、指定無視やマナーの低下が影響しているのだと思うのである。その原因として、国内の1級アマチュア無線技士や2級アマチュア無線技士の国家試験が簡単になり、モールス符号の送受信が苦手でも合格できるようになった事や団塊世代の定年退職後の復帰組が、お金と時間がある事から、高価な無線設備とビッグパワー、ビッグアンテナを準備してマナー無視で自分さえよければとの形で運用する局が増えた事にある。

携帯電話やスマホで十分な意思疎通ができている若者たちが資格が要る「アマチュア無線」をやらなくなっており、平日でも各バンドが混み合っている事、昔懐かしいコールサインを聴く機会が多くなった事等を考慮すれば「団塊の世代のアマチュア無線への復帰組」が増えた事による影響が大きいのではないかと思っている。

【マスコミは偏向報道が常識】
日本のマスコミは本当の事を伝えない事が常識となっている。海外で報道されるとしぶしぶ日本のマスコミも報道しているのが現状である。この頃は、新聞社の大手である朝日新聞の記事が誤っていたことが明になっている。誤った記事をそのまま検証する事もなく垂れ流していたのである。例えば、

●池上彰さんのコラムの内容で掲載できないと言ったこと。その後、一転して掲載する事になったが、自社に不利な内容だからと言って一時掲載を断ったことは許せないのである。また、今になって朝日新聞社の身内記者達がネットで批判を始めたそうだが、時すでに遅しである。

●次は、東京電力の福島第一原発事故での吉田所長の記事である。朝日新聞が5月20日の朝刊で「所員の9割が吉田氏の待機命令に違反し、福島第2原発に撤退した」と言う記事は誤っていたと言うのである。読売新聞も同じ吉田所長の書簡を入手していたが9割が吉田氏の待機命令に違反していたとの記載はしていなかった。朝日新聞の数名の記者が良く調査もせずに記事にしたものであった。

●また、国際的な問題となっている従軍慰安婦報道についても誤りだったと言っている「慰安婦狩り」をしたとする吉田清治氏(故人)の証言を信用して記載したのであるが、朝日新聞は32年もたって、漸く、吉田清治氏の「韓国・済州島で慰安婦を強制連行した」 といった証言を虚偽と認めたのである。その後、同社は記事を取り消すなどした検証記事を掲載したが遅きに失している。

★朝日新聞:「慰安婦」「吉田調書」…社長、誤報認め謝罪(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140912k0000m040046000c.html

なにも朝日新聞だけではないのである。他の新聞社や放送局も「同じ穴のムジナ」で目くそ鼻くそ的にお互いを批判しているだけである。全国紙である中国系の経営者(朝日)や讀賣(CIA)、毎日(聖教新聞系)などがあるが、日本の為の報道はほとんどしないのが常識なのである。であるから、マスコミの言う事を鵜呑みにしない事が肝心である。必ず、他の情報源(インターネットなど)を参考にして判断する事が大切である。

国内の情報は電通や共同通信が元締めとなって各新聞社に流しているが、ほとんどの新聞社はその記事に論評を加えることもせずに垂れ流しているのである。マスコミ関係は在日系とカルト系が主要ポストを占めているため、在日朝鮮人の犯罪は本名ではなく通名で報道しているのが実情である。いずれにしても、NHKをトップとして各社は「大本営発表」と権力側に意に沿った偏向報道を繰り返している。

従って、日本国民のためになる本当の情報は流さないのが常識なのである。NHKの韓流なども故意に広めたものである。番組も低俗で品が無いものが多いのだ。お笑い番組、クイズ番組、グルメ番組、刑事ものや警察関係を題材にした番組、殺人事件を題材にした番組、病院や医者をテーマとした番組、戦争を肯定するようなテレビ小説「花子とアン」、テレビショッピングなどが主な番組である。

勿論、3S(スポーツ、セックス、スクリーン)関係の番組も多い。アメリカが日本を占領したときに3S政策を実施したのだが、69年経過した現在も日本人の総白痴化を引き続き進めるために、横田幕府からの命令もあって3S関係番組や3S報道に力を入れているのである。

若者が音楽やダンスを楽しむ「クラブ」の営業を巡る規制の在り方について、警察庁の有識者会議は、店内の照明が基準より明るい場合、許可を与えたうえで深夜まで営業できるようにするなど、現在の風俗営業法の規制を見直すよう求める報告書をまとめているのも、築地市場の跡地にカジノを誘致する計画を進めているのも、その一環である。

2014年9月11日 (木)

北海道に気象特別警報が出された事と最近の異常気象に思う事。

Tennkizu0911「弘前の天気」
朝から晴れているが、時々曇ったりしている。気温は20℃で環境放射線は参考値であるが、0.045~0.049μSv/hとなっている。青森県や北海道南部に停滞している低気圧に南からと南西からの湿った空気が流れ込んでいるために豪雨をもたらしているのだそうだ。なんだか、毎回大雨になると耳にタコができるほど聴かされる定番理由である。

福岡県周辺の豪雨の時も京都の洪水、広島の土砂崩れなどの時も日本を縦断している秋雨前線に南からの湿った空気が流れ込んでいるために大雨になっていると言っていた。今回は、めったに豪雨にならない北海道の石狩・空知・胆振地方に大雨特別警報が発令されている。また、千葉南部や大阪方面には大雨洪水警報が出されている。

「異常気象」
どう考えても自然が作り出す気象とは思えないのである。1時間当たりに降る雨の量が桁違いに多い事や同じ地点だけを集中攻撃しているように見え、人為的な気象操作(気象兵器)が使われているのではないかと疑ってしまうのである。そのことで、洪水や大雨によって農作物の減収、畜産への被害拡大が続き、野菜や穀物の値段を高騰させるのだ。

★気象兵器(きしょうへいき)Wikipediaから引用
人為的に気象を操作することにより敵対する国家や地域に損害を与えることを目的とした兵器の一種。環境改変技術のひとつでもある。1977年の環境改変兵器禁止条約においては、環境改変技術(Environmental Modification Techniques)と表現され、「自然の作用を意図的に操作することにより地球(生物相、岩石圏、水圏及び気圏を含む。)又は宇宙空間の構造、組成又は運動に変更を加える技術」と定義されている。(引用終了)

Wikipediaによると、海面に電磁波を照射する(レーザー冷却を行う)気象兵器(衛星軍事兵器)の存在。エルニーニョ現象やラニーニャ現象はこれによって引き起こされる。アメリカのHAARPは雲の動きや気候をコントロールすることができる。電離層を加熱することで核攻撃に対する盾として用いることも検討された。アメリカ、ヨーロッパ、ロシア、中国が気象兵器の開発を行っている。と言う事が記述されており、人工地震についてもHAARPが使われているようである。
URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%97%E8%B1%A1%E5%85%B5%E5%99%A8

「気象兵器」
何も日本だけに限った異常気象ではなく、世界的な規模での異常な気象であることから、原因は地球の温暖化が大きな影響を与えているのだと言う。海水の気温の上昇、化石燃料による二酸化炭素の増加などが気温上昇の主な原因だと言われている。しかし、それだけでこんなにも異常な大量の雨が降るものなのだろうか。やはり、人為的に気象操作できる気象兵器があると思っている。

毎日日本の何処かで大雨洪水警報が出されているのだが、そのことで儲かる国や企業はどこかと考えてしまうのである。TPP交渉の相手や輸入肉を取り扱う企業、日本の農産物や水産物に被害を与えて自国の農産物や水産物を売りつける。土砂災害を多発させてゼネコンが儲かるようにする。

台風や洪水を多発させ、交通網に混乱を与えて経済的な損害を与える。この災害でお亡くなりになった方々や被災した方々には、ご冥福を祈り、お見舞いを申し上げるが、この豪雨による災害多発は気象兵器を疑ったほうが合理的ではないのだろうか。こうも大雨による災害が続くと自然界が起こす現象だとはとても思えないのである。

「人工地震」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E5%9C%B0%E9%9C%87
最近は、同じ地点で発生する地震が多い。震源の深さが10kmと言うのが定番である。それに爆発物による地震であるから、P波がなく、S波が突然やってくる。よって、緊急地震速報が使えないのである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E9%9C%87%E6%B3%A2

日本国内で発生している地震のいくつかはP波が伴わない「人工地震」だと言われている。東日本大震災も海底核爆発によるものかもしれないとの情報がある。核爆発によって大地震を誘発させたのであろう。

★東日本大震災は5連続地震+海底崩壊→核爆発テロの痕跡
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2520.html

そんな訳で、最近の日本は東日本大震災による巨大津波、東電福島第一原発事故による放射能汚染、人為的な異常気象による土砂災害や洪水被害、人工地震の多発被害など、何者かが日本国を衰退させるための攻撃を休む暇もなく行っているように思うのである。

それに加えて安倍政権による日本売り、ありえない円安と株高操作(年金資金の投入)などで宗主国が「気象操作とアベ傀儡政権と従米官僚の操作をする事」によって日本国を滅亡に導いているのだ。そして、最後に日本にあるすべての資産を強奪し、自衛隊を米軍のアッシーとし、日本をアメリカの一州とし、アメリカの国家デフォルトを防ぎ、日本人を奴隷の様に使おうとしているのではないかと私個人としては思っているところである。

Photo「デング熱騒ぎ」
それに、代々木公園から発症を始めたデング熱患者を今年だけ恣意的に報道しているが、昨年も罹患者が居たのにマスコミは報道しなかったのである。つまり、化石燃料による発電で温暖化が進むとデング熱が蔓延するから、早急に原発を再稼働させると言う方向に世論操作をしたいがためではなかろうか。

現に、甘利経済再生大臣が先週のNHK日曜討論で「原発再稼動しないと、燃料費がかさみ国富が流出してしまう。そして二酸化炭素の増加で地球の温暖化が進む。デング熱の流行はその結果だ」とのトンデモ発言をしている。

★デングウイルス感染症情報
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_91.html

2014年9月 9日 (火)

残念だが錦織選手は全米テニスで準優勝に終わった。しかし、まだウィンブルドンなどがある。感動をありがとう!

Dsc05518今日は、午前中は晴れ、午後からは曇りの天気であった。気温は26℃で環境放射線は参考値であるが、0.045μSv/hであった。昨日は十五夜であったが綺麗な「中秋の名月」を見ることができた。今日が満月だとことであったので、今晩も名月を眺めたい。(画像は月を写したが露出が上手く行っていないので鮮明ではない)

錦織圭選手は、本日午前6時からの決勝戦でチリッチ選手にストレート負けをしたが、準優勝で十分であろう。これが最初の決勝進出であったのだから、よくやったと言ってやりたい。私たちに感動と希望を与えてくれてありがとう、まだ次(ウィンブルドン)があるではないか。今回は決勝戦での戦い方のノウハウを知り、体験できただけでも儲けものであった。

★錦織、決勝で苦杯=完敗も今後に期待=―全米テニス男子単
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140909-00000090-jij-spo

さて、相変わらず「デング熱の発症」が続いている。私が言ってきたように対策が後手後手に回っている。当初、蚊の行動範囲は50m~100mなので代々木公園内に限定された報道や論評がなされていたのだが、この頃では貨物自動車(トラック)や人の衣類などに付着して移動することもあると言いだしている。御用学者や御用コメンテータはいつもそうであるが、交通機関が発達して人の移動や物の移動が想像以上に早いことを忘れている。

代々木公園、明治神宮、神宮外苑、新宿中央公園など以外の地域でも蚊に刺されてデング熱を発症している患者がでてきていと言う事は、単にデングウイルスを持った人間を蚊が刺して、その蚊がまた他の人を刺すことで伝染して行ったと言う説は否定はできないが、ほかの感染ルートがある事も考慮した方が良いのではないかと思っている。

例えば、デングウイルスを持った蚊が交通機関によって移動して広がった。悪意ある人間がデングウイルスを持った蚊を故意に放出して歩いている。何らかのテロ目的でデング熱ウイルスをばら撒いている。反戦デモや反原発デモや集会を抑えるために故意にデング熱患者を増やして公園や広場を閉鎖しているなどと言う事なども考えられるのである。

この分だと別なウイルスを持ち込まれても防除できないのではないかと思うのである。それこそ自衛隊の応援を得て、都内の全ての公園や広場の蚊の検査を短期間に終える必要があるだろうし、空港や港湾の検疫を今よりも強化する必要があると考えている。

★経団連会長、政治献金再開を表明 呼びかけ方式を踏襲
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL08H7F_Y4A900C1000000/

財界からの政治献金を中止した代わりに、政党助成金をきめているのである。財界が政治献金するだけの余裕があるのであれば、企業収益を献金ではなく、労働者の賃金アップに使っていただきたいものである。ほとんどの政党が政党助成金で賄っているのに、なぜ前近代的な献金方式を復活させようとするのかが分からない。最近、安倍首相が外遊するときは必ず財界の有力者を同伴し、企業の商談をしやすくしているが、その見返りなのかもしれない。

例えば、財界が儲かる「原発の再稼働・TPPへ参加・消費税大増税・沖縄基地建設・武器輸出」などがある。さらに「集団的自衛権の解釈変更により、憲法のなしくずし改定」をねらっている。戦争が出来る日本になれば財閥系の軍需産業が儲かるのである。そのために、経団連が政治献金を始めることにしたのではないかと思うのである。

労働者の賃金を削り、企業の法人税を下げさせることで企業は膨大な収益を上げている。その利益を社員に還元することもなく、アメリカの資本家へ上納金として渡しているのである。その上、消費税を8%にして3兆円の増収を得た反面、企業の法人税を3兆円分減税しているのである。それこそ、経済界や金持ち優遇を行っているのが安倍政権と財務官僚達である。

そして、今回の改造人事で19人の閣僚の内、15名が仲良しクラブメンバー(日本会議)であるのだ。いよいよ、在日による日本乗っ取りが始まると思った方が良いのではないのだろうか。今後、選挙がある場合は立候補者の経歴を良く調べて投票したいと思っている。

★閣僚19匹のうち15匹が日本会議の所属
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201409/article_38.html

2014年9月 8日 (月)

テニスの錦織圭選手(24歳)が日本人が成し遂げられなかった決勝へ進出した。

【弘前の天気】
今朝は晴れの天気で気温は25℃である。環境放射線は参考値であるが、0.043~0.049μSv/hであった。また、本日は「中秋の名月」である。午後は曇りだとのことであるが、雲の隙間からでも名月を見たいものである。十五夜にお月様に供える為に家庭菜園の畑から、枝豆、トウモロコシ、トマトなどを収穫してきた。本当の満月は明日だと言うが大きなお月様を見ることができることを期待していたい。

【趣味のアマチュア無線】
無線の方は、インターネットのDXクラスターを見るだけで、AAコンテストでもワッチをするのみであった。正に開店休業状態にあって電波は出していない。

【全米オープン男子シングルスで日本人が決勝へ】
錦織圭選手(24歳)が決勝に進んだことで、暗い日本に大きな夢を与えてくれた。日本人には不可能だと言われていたグランドスラムの一つである全米オープンテニスの決勝に出場するのである。今の日本の若者たちは労働条件が悪く、低賃金に苦しめられ、結婚も出来ず、親の世話にならなければ生活が出来ない環境に置かれている。

そのようなときに、同じ年代の若者である錦織選手が日本人として約100年間も達成できなかったことを成し遂げたのである。これの偉業が同じ年代の希望を失ってしまっている若者たちに希望を与えないわけがない。もちろん、日本のテニス界にも大きな影響をあたえるであろうし、テニス選手の技量も大いに向上することになるであろう。

★「NISHIKORI」快進撃、世界も絶賛 全米テニス
http://www.asahi.com/articles/ASG9736PPG97ULZU002.html

日本国内では、自然災害の多発、デング熱患者の増加、経済不況と物価高、可処分所得の減少と各種分野での増税などで明るい話題はほとんどない。政治が悪い、社会が悪いと言えばそれまでだが、そんな政治家を選んだのは国民であるし、官僚独裁国家を容認してきたのも国民であり、政治家と官僚が作った社会にどっぷりと浸かってきたもの国民なのである。

安倍政権は与党の議員数が絶対多数を良い事に、やりたい放題のことをやっている。海外には気前よく円借款供与を行っているが、日本国民には円借款のようなサービスはしてくれない。学生への奨学資金も中国や韓国からの留学生には返済無用とし、日本の学生には返済を迫っている。このままだと日本は滅亡してしまうであろう。

そんな中で、錦織圭選手の決勝進出の偉業は多くの日本人に明るい話題と希望を与えてくれた。明日の未明に決勝戦が行われる。対戦相手は、世界ランキング16位でクロアチアのマリン・シリッチ選手であるが、なんとしても優勝してさらに大きな「夢と希望」を私たちに与えて欲しいと思っている。

錦織選手は青森山田中学高等学校に在籍したこともあるが、通信制の東京校だったので青森県内では残念ながら話題になっていない。決勝の相手は世界ランキング16位だというが、格下だとは思わずに慎重に試合を運んで優勝していただきたい。世界中に「日本人、ここにあり」をみせてほしい。

是を機会にして日本人も自信を持ち、そのエネルギーで震災復興、原発事故処理推進、経済復興に立ち向かってほしいと思っている。サッカーのワールドカップで日本チームが振るわなかった分、錦織選手には個人技であるテニスで頑張っていただきたい。

2014年9月 7日 (日)

代々木公園のデング熱の発生騒ぎに思うこと(その3)

弘前の天気は晴れているが、午後から曇って所によっては雨との予報が出てる。気温は26℃であり、環境放射線は参考値であるが、0.047~0.049μSv/hであった。今年の青森県はお陰様で自然災害(台風、洪水、大雨、土砂崩れなど)が他県よりは極めて少なかった。

そのため、リンゴも稲も豊作となりそうである。岩木山の朔日山で五穀豊穣を願い、津軽三十三観音参りや恐山参りでも五穀豊穣と家内安全をお祈りしたきたことへのご利益かもしれない。まことにありがたい事である。

さて、代々木公園で発生したデング熱騒ぎであるが、代々木公園以外でのデング熱への感染が増えてきている。私が言ってきたように周辺地域へデングウイルスを持った蚊が拡散しているのである。「ヒトスジシマカ」の行動範囲は50~100mであるとのことだが、野良猫や野良犬などにくっついて移動する可能性だってあるのだ。

勿論、貨物自動車のホロ(幌)の内部に紛れ込んで広域的な移動も可能であろうし、電車の車内に入り込んだり、自家用車などに付いたりして移動する事も考えられるのである。

★デング熱拡大でイベント中止も 蚊の行動範囲は?
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000033991.html
(引用開始)
日本に生息する約100種類の蚊のうち、デングウイルスを媒介するのは主に「ヒトスジシマカ」で、全ての蚊で伝染するわけではありません。一般的な「アカイエカ」と比べると、ヒトスジシマカは黒と白のしま模様が特徴です。蚊の専門家によりますと、ヒトスジシマカの行動範囲は50mから100mほどで、気温が高い昼間は、やぶや日陰といった場所で活発に動き回るそうです。(引用終了)

★新たなデング熱、神宮外苑か外濠公園 新宿御苑は閉鎖へ
http://www.asahi.com/articles/ASG966608G96ULBJ00K.html
(引用開始)
東京・代々木公園と周辺以外で、デング熱に国内感染した2人目の患者が確認された。厚生労働省が6日、発表した。東京都23区内の60代男性で、代々木公園の東にある明治神宮外苑や外濠(そとぼり)公園を訪れており、ここで蚊に刺されて感染したとみられるという。感染が広がる中、環境省は近くにある新宿御苑を7日から当面閉鎖することにした。(引用終了)

デングウイルスを持った蚊が50~100mしか行動しないと断定していることに違和感がある。なぜ、それ以外の条件を考えないのだろうか。例えば、裏社会の人間が故意にデングウイルスをばら撒いたテロの可能性がある事とか、野生動物や野良犬や野良猫に付着して移動する可能性、交通機関に紛れ込んで移動する可能性などがあると思うのだが、専門家は常識以外のことは言わないでいる。

今日もデング熱関係の報道を視聴しているが、地球の温暖化で「ヒトスジシマカ」が住める環境が日本を北上しているとか、海外旅行から帰った日本人、またはフィリピンなどの東南アジアから帰国した在日外国人等がデングウイルスに感染し、その人たちを刺した蚊がデングウイルスの保菌蚊となって、他の人を刺すことでデング熱が発症し、感染が広がったと言っていた。

もともと、デング熱のウイルスは日本に存在しなかったのであるから、人為的に悪意をもった人が日本国内に故意に持ち込まないとデング熱の感染はありえないのである。なぜか知らないが、マスコミは人の性善説を信じているのか偏向報道しかしていない。あらゆる条件を考えた報道をして欲しいものである。

色々なデモや反原発集会が出来ないように、都内の公園や広場を閉鎖することを目的として「デング熱」報道をあおっているのであれば、マスコミの信用はさらに低下し、購読者の減少がさらに進むことになる。

敗戦後69年間、平和ボケのまま今日まで過ごし、偏った平等教育、ゆとり教育によるレベルの低下、マニュアル人間や指示待ち人間の大量生産の弊害のために、「サバイバル教育、危機意識の醸成、危機管理能力の向上、防災避難訓練の充実、非常事態への対応」などの教育が疎かにされてきた。

れに加えて若者達や中高年の教育訓練の欠如、賃金(年収)などの格差の拡大、雇用の不安定化のために危機意識や社会常識、安全衛生知識等が欠落した若者達や中高年の増加もあって、各種の感染症や麻薬事犯が増加傾向にある。

そのような状態で代々木公園でのデング熱発症事件が発生したのであるが、現在の都や区の対応を見ていると、何時ものように後手後手の対応しかしていない。お役人様が何時もやる対応ではデング熱の伝染を防ぐことは至難のわざとなるであろう。なにしろ、お役所仕事での「前例」がないし、マニュアルも無いわけだし、余計な仕事が増えただけだと思ってやっているだけなのである。

今後も発生するであろう「デング熱」やアフリカで流行中の「エボラ出血熱」等のウイルスが日本に持ち込まれても検疫防除体制に関しては期待する事ができない。結局、災害からも伝染病からも自分の身は自分で守るしか方法が無いと言う事なのであろうか。

2014年9月 6日 (土)

代々木公園のデング熱の発生騒ぎに思うこと(その2)

デング熱患者が出た事により、代々木公園が閉鎖、続いて新宿中央公園、そして、横浜市金沢区の「海の公園」の一部閉鎖されたと言う。デング熱のウイルスを持った蚊が代々木公園だけに住みついているという考え方はおかしいと思うのである。デング熱の蚊が代々木公園から新宿中央公園まで飛んでいけないとテレビの「某御用コメンテータ」が言っていたが、飛べなくても人の衣類やトラックの荷台などに紛れて色々な方面に拡散することもあるのだ。

代々木や新宿で発見されたデング熱ウイルスのDNAが同じ型だったということは、海外から特殊な容器に入れてデング熱蚊を持ち込み、各所でばら撒いたことも考えられるのである。一種のテロ事件として対応した方がベターではないかとおもわれる。まして、代々木公園と明治神宮は同じような敷地内にあるし、近くには神宮外苑がある。この付近一帯にデング熱ウイルスを持った蚊が住みついていると見た方が自然であろう。

また、テロ行為だとして、デング熱ウイルス蚊のばら撒き行為が代々木公園以外でも行われたと疑った方が良いのではないのか。そして、代々木公園内だけではなく、その周辺の住民に発症者が出る可能性もある。周辺住民に発症者が出ないのであれば、デング熱騒ぎはやらせ、捏造である事も考えられるのだ。テロ行為だとすれば東京や横浜以外でもデング熱発症の危険性があると思った方が無難であろう。

★代々木公園で9月開催予定のエベントLISTをインターネットから拾ってみた。
1(月) 渋谷区総合防災訓練
【中止】6(土)7(日) 日本インドネシア市民友好フェスティバル2014
6(土)7(日) 東京アジアカルチャーフェスティバル2014
6(土)7(日) 渋谷タヒチアンフェスティバル2014
【日程変更】6(土)7(日) 美味しいペルー2014
【会場変更】10(水) TRIGGER FES 2014 SUMMER
【中止】13(土)14(日) ベトナムフェスティバル2014
20(土)21(日) ナマステ・インディア2014
21(日) 東京朝市アースデイマーケット
24(水) 第6回アンデス村祭りコンサート
27(土) 大江戸骨董市
27(土)28(日) スリランカ・フェスティバル2014

こうしてみると、9月23日に代々木公園で開催予定の「反戦&反原発全国大集会」は抜けているものの、外国のエベントが多いように見える。外国関係のエベントは別として、23日のデモを中止させるためのデング熱騒ぎを起こしたのであれば権力側の横暴と言う事である。突如、唐突に発症したデング熱は自然ではありえないことから、人為的に行われたテロの予行演習であると想像できるし、周辺住民に発症者が出ていない事をみれば捏造事件かも知れないのである。

★デング熱騒動は捏造だった?!(simatyan2のブログ) 9・23「さよなら原発1,000万人アクション」封鎖狙いか?(阿修羅ブログ)
http://www.asyura2.com/14/senkyo170/msg/805.html

それに、これまでもデング熱罹患者が数百名もいたのに、マスコミは取り上げていないのである。厚生省の調査によるとデング熱の国内年間患者数は、
2010年244名、2011年113名、2012年220名、2013年249名であった。それなのに何故今年だけ「デング熱」を大々的に報道し、国民に危機感を植え付けているのかがわからない。

さらに、朝鮮半島系に関係あるものの仕業ではないかとの情報がある。9月は何らかのテロ行為と人工地震に注意、10月は福島県知事の選挙、11月は沖縄県知事の選挙、と続くがこの時も何らかの事件事故がありそうだ。その後は統一地方選挙があるが12月以前に衆議院解散総選挙も考えられるため、9月から12月までは何が起きても不思議ではないのである。

★代々木公園デング熱を霊視 (内海新聞のブログ)
http://ameblo.jp/utumisinbun/entry-11920120755.html

2014年9月 5日 (金)

代々木公園のデング熱の発生騒ぎに思うこと

代々木公園で69年ぶりにデング熱患者が発生したが、いかにも突然だったと言うしかない。つまり、一種のテロ事件と見た方がよいのではないかと思うのである。国内の研究所から何らかの理由でデング熱のウイルスを持った蚊を代々木公園に放した。あるいは、福島や沖縄の知事選挙の目くらましの為のテロの予行演習のために、裏社会がインドネシアあたりから持ち込んで放したのではないかとの情報がインターネットで流れている。

★代々木公園デング熱を霊視 (内海新聞のブログ)
http://ameblo.jp/utumisinbun/entry-11920120755.html

一方、報道ではデング熱のウイルスが海外から帰国した旅行者が持ち込んだのではないかと言っている。海外でデング熱に感染したウイルス保持者が帰国し、それを代々木公園にいる蚊が帰国者の血を吸ったことで保菌蚊となり、その蚊が公園にいた人たちを刺すことでデング熱が発生したのだと言うのである。

★デング熱:新たに2人…感染者と同行 代々木公園で感染か
http://mainichi.jp/graph/2014/08/29/20140829k0000m040094000c/002.html

しかし、代々木公園ではこの後、いろいろな集会が予定されているが、9月23日に代々木公園で行われる反戦・反原発全国大集会を潰す為の権力側の作戦ではないかとの見方も出ている。知事選挙を政権側に有利に運びたい、反原発集会を阻止したいという勢力があり、そのために代々木公園でデング熱を発生させ、公園を長期間閉鎖する行動にでたのではないかと推測されるのである。

★デング熱感染報道は、9月に代々木公園で行われる反戦・反原発大集会つぶしが目的か(阿修羅)
http://www.asyura2.com/14/genpatu40/msg/110.html

前にも書いたが、9月に国内でテロ、地震の多発などが予想される。また、10月の福島、11月の沖縄の知事選挙がある月も注意が必要であろう。デング熱の発生は唐突であり、いかにもやらせ臭いのである。敵国が日本で細菌テロを起こす予行演習として「デング熱」のウイルスを持ち込んだのではないのだろうか。このぶんだと、エボラ出血熱のウイルスが持ち込まれても防ぐことはできないと感じた所である。

日本国の厚生労働省は検疫を厳重にし、航空機や船舶などで海外から帰国する人たちを厳重に調べて、疑わしい帰国者は隔離し、安全であることが確認された時点で入国を許可するようにして欲しいものである。だが、平和ボケで危機管理意識が低い日本、誰も責任を取らない公務員や政治家では検疫を厳重にしても防げないだろうと思っている。

現在もデング熱の発生原因が海外から帰国した人が原因だと断定し、外からウイルスが持ち込まれたテロ事件だとは考えていないのであるから始末に負えないのだ。もっと危機意識を持って「デング熱の発生原因」を予断を持たずに柔軟な考えで調査して欲しいものである。今回はデング熱で済んだが、感染力の強い病原菌を持ち込まれたらこの程度では済まないのである。

2014年9月 4日 (木)

お友達内閣がスタートしたが、内外ともに難問が山積している。何にしても日本の将来の為に働いで欲しいものである。

今日は朝から曇りの天気で、午後から雨になるだろうとの予報が出されている。朝方の気温は20℃でのスタートあったが、現在は25℃になっている。環境放射線は参考値で、0.040~0.048μSv/hであった。沿海州にある低気圧から伸びる前線が青森県を通っているために天気は悪化する一方である。日本海から低気圧が消えることはないようだ。天気図も見ても日本海付近に低気圧が無い日はほとんど無い。

趣味のアマチュア無線は、W1AW/xを追いかけている。昨日はW1AW/4(テネシー州)と14MHz/CWで、W1AW/7(オレゴン州)と10MHz/CWで交信した。現在、ニューカレドニアからTX4Aがベディションで出ているが、まだ信号を聴いていない。聞こえたら18MHZ帯以上で交信する予定でいる。

昨日は、第二次安倍内閣の改造人事が実施されたが、特にこれと言った感想はない。人事の配置が派閥均等と安倍首相が好きな議員だけを集めた友達、仲良し人事になっているからである。首相に苦言を申す議員の入閣を極力避けたことによる配置となってしまった。これでは、新しい内閣に期待する何物もないのである。それに外交、内政ともども難問山積でどれを取ってみてもすんなりと解決できるようなものではない。

【社説】極右日本会議が占めた第2次安倍内閣(中央日報)http://japanese.joins.com/article/731/189731.html?servcode=100&sectcode=110&cloc=jp|main|top_news

消費税の再引き上げ問題、停止中の原発再稼働問題、集団的自衛権と関連法案の成立、そして、沖縄の普天間を辺野古へ移転の問題とTPPの問題、拉致問題と尖閣諸島問題等、どれをとってみても難問ばかりである。マスコミの内閣支持率は40%台といわれるが、実質的な支持率は一桁台であろう。国民はこれら全てに反対している。民意を無視して強引な政権運用を行えば内閣は持たないであろう。

石破氏の浮上を抑えるために、高村氏、谷垣氏、二階氏、麻生氏を取り込み、石破氏を「地方創生相」に任命して頭を押さえ、次期総裁選で有利に戦えるようにしている。派閥の力学で長期政権を狙うための布陣であろうが、内外ともに激動の時代に突入しつつあるとき、仲良し内閣で乗り切る事ができるのだろうか。政策運営でつまづいて壁に突き当たったとき、どこまで耐え得るかが問題であるが、仲良し、お友達内閣では政権を投げ出すことになるであろうことは想像に難くない。

解散総選挙は9月中になるのか、それとも福島と沖縄県知事選挙が終わった12月中なのかは不明だが、いずれにしても政権の運営が行き詰った時が解散につながることになろう。女性の閣僚を6名入閣させたが、イマイチ力不足ではないかと思うのである。当分は、消費税率の再引き上げ、原発再稼働、集団的自衛権の行方、沖縄と福島の県知事選を注視していたい。

2014年9月 3日 (水)

天候不順で「嶽きみ」の収穫量が減少し、品不足が続いているそうです。

【弘前の天気】
今朝は良く晴れておりましたが、予報ではこの後は曇りになるだろうとの事でした。風は、北東の風で後に東の風でやや強く吹くようです。環境放射線は参考値ですが、0.038~0.045μSv/hでありました。ローカル紙の報道によると「嶽きみ」は天候不順(日照り不足と多雨)のために生育が遅れて地方の発送を休止しているとのことでした。

★「嶽きみ」品薄、収量回復に期待(東奥Web)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2014/20140902190258.asp
Dscf9535(引用開始)
生育遅れに加え、先週末の来客の多さとネット経由の注文が例年より増えたため収穫が追いつかない-との見方も。小田桐農園では、10月中旬ごろまで収穫が続くことから「慌てず買い求めてほしい。小ぶりでも味は良い」と呼び掛ける。

今季の作柄について、つがる弘前農協・嶽きみ部会の齊藤稔幸部会長は「水はけの悪い園地で生育に影響が出たり、倒伏で収穫作業が滞っている園地もあるが、今後の天候次第でまだ収量は挽回できる」とみている。(引用終了)

私も8月27日に3箱の発送をお願いしましたが、1週間から10日待たないと発送できないのと言われました。注文に天候不順の為に「嶽きみ」の収穫量が追いつかないのが原因でしょう。

【趣味のアマチュア無線と同期会】
9月に入ってから3日目ですが、アマチュア無線の方は開店休業しております。1日は家庭菜園で忙しかったし、2日は定例の中学校の同期会(弘前地区)で昼から飲んでおりました。6名の参加で来る「10月5日の鰺ヶ沢で開催される古希の同期会」の情報交換しながらのバーベキューパーティを開催しました。10月の鰺ヶ沢中学校34年度卒業生の同期会は32名前後の参加申し込みがあったとの事でした。

2014年9月 1日 (月)

青森県埋蔵文化財調査センターが水上(2)遺跡の現地見学会を実施したので参加して来ました。

【弘前の天気】
Dscf9494_1Dscf9496_1今日は午前中が晴れで夕方から曇って、所によっては雨との予報が出ております。気温は25℃で湿度は66%でありました。環境放射線は参考値ですが、0.045~0.048μSv/hでいつもの数値であります。朝晩は寒いくらいの気温で17℃程度になっております。(画像は、西目屋にある乳穂ヶ滝であります)

昨日(8月31日)は、津軽ダムの本体のコンクリートの打ち込みが完了したと言うので見学に行ってきました。平成28年には津軽ダム全体が完成して貯水可能になるとのことでした。完成後は美山湖は無くなり、「津軽白神湖」になります。

Dscf9504_1Dscf9510_1ついでに、目屋ダムの砂子瀬付近の水上(みずかみ)(2)遺跡の発掘現場の現地見学会が午後1時半から行われるので、津軽ダム見学の後で参加してきました。ダムまで行く途中に乳穂ヶ滝と岩谷観音に参拝し、道中の安全をお祈りしました。岩谷観音は津軽三十三観音の2番(清水観音)の番外となっております。(画像左は岩谷観音、右の画像は津軽ダムで、その三分の一下側に見えるのが現在の目屋ダムです)

【水上(2)遺跡の現地見学会に参加】
Dscf9515_1(一部のデータは、見学会の資料を参考にした)
青森県埋蔵文化財調査センターが津軽ダム建設事業に伴う発掘調査を平成15年から砂子瀬や川原平地域で行っていますが、今回は岩木川と湯ノ沢川が合流する地点の標高171~182mの段丘上にある水上(2)遺跡の発掘現場の見学会を実施しました。

Dscf9516_1Dscf9517_1ここは平成18年から発掘調査をしておりますが、これまでに段ボール箱で6000箱もの遺物(土器や石器)が発掘されています。この遺跡は、縄文時代前期末葉から後期初頭期の竪穴住居跡約300軒、土器埋設遺構150基、石棺墓25基、配石遺構44基、捨て場などの遺構や遺物が確認されており、縄文時代前期(約6000年前)から後期(約4000年前)にわたって継続した大規模集落跡であることが判明しています。

【見学した後の感想】
Dscf9520_1Dscf9521_14千年から5千年も前の縄文人達の遺構や遺物を見学して、私たちの先祖かも知れない縄文人達が2000年もの間、争いが無く安定した平和な生活を続けていたであろう事を知る事が出来ました。まさに極楽浄土のような生活では無かったと思うのです。山の幸や海の幸、川の幸などが豊富だったので採取や狩猟などをして食糧には困ってはいなかったように感じました。

Dscf9523_1Dscf9527_1この場所(砂子瀬)からは秋田県の藤里町や日本海側の深浦町(岩崎)、弘前市方面に抜ける道路が3方向にあり、縄文時代もこの山岳道路を利用して交易をしていたことが想像できます。その点からいえば、この地点は交易の重要な集積地域となっていた事も考えられるのです。それに、5000年前は海岸線がもっと山側にあったと思われるのです。

Dscf9533_1Dscf9532_1縄文時代が終わりに近づくと、定住して生活をする農耕民族(弥生人)が出現し、争いが始まるようになりました。その後は、蝦夷や土着の民族が大和朝廷に滅ぼされ、歴史から消え去ることになりますが、それまで大きな文化圏が青森県にも存在していたものと思うのです。歴史は常に勝者のものですから、敗者は抹消される運命にあったのです。

Dscf9534_1青森県には三内丸山遺跡(青森市)、是川遺跡(八戸市)、亀ヶ岡遺跡(つがる市)などがあります。今回の西目屋にある砂子瀬地域や川原平地域の縄文遺跡もこれらと同等な歴史と文化をもっていたものと推測されるのであります。しかしながら、これらの遺跡から発掘される遺構や遺物を見る限りでは、外から攻められることがあっても、こちら側から攻撃すると言うことが無かった様に感じました。

Dscf9536_1スペイン軍に滅ぼされたインカ帝国を思い出しながら、美山湖(目屋ダム)の砂子瀬で開催された水上(2)遺跡の発掘現場を後にしました。途中で西目屋にある「物産センターBeechにしめや」に立ち寄って、お土産を買って軽い食事をし、東目屋から百沢に抜ける道路を走行して岩木山山麓の嶽(だけ)に行き、「嶽きみ」を購入してから帰宅しました。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30