フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

いよいよ今年も11時間程度を残すのみとなりました。良い新年をお迎えください。

Dsc00926とうとう大晦日を迎えました。2014年も残すところ12時間程度になっております。今日の天気は雪、気温は氷点下0.8℃であります。これから元旦にかけて大雪になるとの予報が出されております。大雪になっても支障がないように庭や家の周辺の雪は散水融雪装置で処理済みであります。環境放射線は参考値ですが、0.049~0.051μSv/hでありました。

アマチュア無線の方は、7015KHzの電信でCX2AQが出ていたので交信しました。特にニューではありませんが、皆さんが呼んでいるとついつい呼んでしまいます。

昨日は、仏壇と神棚の掃除し、正月飾りをしました。神棚には新しいサカキを供え、しめ縄を取り付けました。また、各部屋の御幣を新しいものに交換し、玄関に正月飾り(しめ縄など)を取り付け、鏡餅などを設置しました。今日は、特にやることが無いので午後3時に予約しているお節料理を取りに行ってくるだけとなっております。

後は、紅白歌合戦などのテレビ番組を視聴しながら、年越しをする予定でおります。地デジのテレビにはインターネットを接続して、データ通信を可能しております。これで青ボタンや赤ボタンで視聴者投票が出来ます。元旦は大荒れのようなのでせいぜい年越しだけはゆっくりと過ごしたいと思っております。では、皆さん良いお年をお迎えください。

2014年12月30日 (火)

謹賀新年 2015年 元旦  来る年もよろしくお願い申しあげます。

今日は穏やかな天気でありました。気温は1℃でしたが曇り空で時々小雪がちらつきましたが、ほとんど降雪はありませんでした。昨日と今日でほとんどの雪を処理してしまいましたので、年末年始の大雪にも対応できるようになりました。2日間でも雪かき作業が無いだけ助かります。環境放射線は参考値ですが、0.040μSv/hでありました。

本日の午前中、弘前市禅林街にある菩提寺に行ってご住職さんに挨拶をしてから、ご先祖様の位牌堂で正月用のお供えものをして帰ってきました。その後は、自宅のしめ飾り、正月用のお供え、御幣の作成、仏壇と神棚の掃除をし、玄関にしめ縄を取り付け、新年を迎える準備をしました。各部屋に取り付ける御幣を13枚も作るのですが、毎年苦労しながらの作業となります。

Img_bal123アマチュア無線の方は、正月の準備作業で運用しませんでしたが、航空便が配達されておりました。S01WS(Western Sahara)のQSLマネジャーのEA2JGからのものでした。OQRSで3$の返信料を支払って直接請求をしたものです。24MHzと28MHzのCWでニューとなりました。

Img_bal124今年も明日を最後に新年を迎える事になります。来る年は「羊」なのですがおとなしく、平安な年にはならないようです。新年早々、「大きな事件、事故、テロ」が連発しそうであります。羊には似合わず激動の2015年になると予想しております。地震、太陽活動の影響、火山の噴火、テロによる爆発、自然災害の激増などが予想されます。

2015年が平易な年になるように皆でお祈りしましょう。初詣は、世界が日本が平和でありますようにとお祈りし、その後で自分のお願いを神様に伝えましょう。声をだしてお祈りしましょう。日本語は言霊と言いますから、声に出すとかなえられることが多いと聞きます。地球、世界、日本、自分の順でお祈りしてくださいね!

では、良いお年をお迎えください。

謹 賀 新 年   平成27年(2015年) 元旦

2014年12月27日 (土)

本日は天気が良く気温がプラスなので、雪かき作業がはかどっている。

今日は、高気圧に覆われて天気は晴れ、気温が5℃である。昨日まで大量に降り続いた雪を片付けないと年末年始の大雪に対応できなくなる。明日も曇りのち雨であるから、屋根雪は明日にして、本日は家の軒下と側溝と庭に積んである雪を処理している。井戸水による側溝の固定散水融雪パイプと移動用の散水融雪パイプをフル稼働させて融雪に努めている。環境放射線は参考値であるが、0.042μSv/hであった。

除雪車が路面の雪を剥いで家の前に置いて行ったので、さっそく片付けたのだが相変わらず拡幅中心の除雪で路肩に積んだ雪を削ってまで家の前に置いて行くので、削った分だけ元の位置に雪を積み上げておいた。いずれまた、削っていくだろうから、その度に元の位置に雪を積み戻すことにしている。除雪車が置いて行った雪を融かして処理はしてやらないことにしている。

除雪業者は、「雪を片付けて空いた場所があればいかなる場合でも置いて行く」と明言しているので、交差点の路肩に置いて行った雪はそのまま放置しているし、路肩に積んだ雪を削って行った分は元通りに戻すのである。自動車が通行に支障が出ない限り、そのままにして置くのだ。除雪車とのいたちごっこになるが、背に腹は代えられない。

アマチュア無線の方は開店休業である。雪かき作業に労力を取られて、趣味どころでは無いと言うのが本当のところである。

アベ政権が続投されているが、アベ政権の悪行は数えきれないほどある。しかし、不正選挙で自公が圧勝してしまったために、これからも国民はいじめられ続ける事になるのだ。
【諸税の値上げと負担率アップの連続】
・消費税増税 ・所得税増税 ・住民税増税 ・相続税増税
・固定資産税増税 ・贈与税増税 ・退職金の住民税控除廃止
・年金支給減額 ・国民年金料引き上げ ・厚生年金保険料引き上げ
・高齢者医療費負担増 ・医療費値上げ ・国民保険料高齢者引き上げ
・介護保険料引き上げ ・児童扶養手当減額 ・石油石炭税増税
・電力料金大幅値上げ ・高速料金大幅値上げ ・自動車重量税増税
・軽自動車税値上げ ・タバコ増税 ・NHKの受信料UP
・公務員給与減額停止 ・配偶者控除見直し ・証券税率の引き上げ
・年金支給開始年齢の引上げ
【今後アップ予定と改悪諸政策】
・携帯電話増税予定 ・病院食増税予定 ・移民1000万人受入れ予定
・残業代ゼロ法案予定 ・法人税減税予定

不正選挙だと言っても無効ではないため、アベ政権が得意とする伝家の宝刀「閣議決定」を連発させて絶対多数を武器に今後も悪政を続けるのである。国民の信任が得られてと嘯いて憲法の改正、集団的自衛権行使、国防軍、徴兵制、米軍との共同作戦などを形だけ国会で議論し、多数決で決めてしまうことになるだろう。

その良い例として、今回当選した沖縄県知事が安倍首相と会いたいと官邸にお願いしても安倍首相は会う事を拒否している事実がある。沖縄県は、市長選、知事選、衆院選で「辺野古」に軍事基地を移設する事はノー」との意思表示をしている。そのため、沖縄県の翁長雄志新知事と会うといろいろアベ政権にとって不都合なことになるからである。

そのくせ、安倍首相は度々官邸機密費を使って、寿司屋で「NHKや民放の御用評論家達や御用解説者達」と会って密談しているのである。なのに、沖縄の新知事とは会わないのである。自分の考えに合わない人物を避けていることがありありとしている。もう少し大人になって欲しいものである。子供が駄々をこねているような態度は止めて欲しいものである。旧ドイツのヒトラー独裁政権を夢見ているのであろうが、いまの世の中では周辺国の関係から無理であろう。

2014年12月26日 (金)

昨日から降り続いている雪のために雪かき作業に追われている。アメダスの積雪深は68cmとなった。

昨日から20cmの降雪があったので、アメダスの積雪深は68cmとなっている。気温はマイナス3.8℃と真冬日が続いている。屋根雪も下ろした分、また積もって下ろす前の厚さに戻ってしまった。年末年始は大雪だとのことであるから、覚悟を決めて雪片付けに専念したいと思う。しかし、体力が続かない為に休み休み少しずつ片付けるしか方法がない。

市役所の道路維持課では、「除雪車が玄関前に置いて行った雪の処理は各家庭でお願いします」と公報しているが、高齢者が多い我が地区ではそう簡単に雪片付けする事が出来ないのである。75歳以上の高齢者がほとんどとなっている為もあるが、そろそろ高齢者に優しい除雪方法を考えていただきたいものである。

市が市民に対して雪片付けの強制労働を命令している様なものである。本来ならば、除雪車の後をロータリー車と排雪を積んで捨てに行くダンプの3台が一緒に走行して除排雪作業するのが常識なのだろうが、「予算が無い」の一言で終わりなのである。往来妨害罪を除雪委託業者にやらせておきながら、知らんふりをしている市側のやり方には疑問がある。

除雪を委託される土建業者も、人手不足と重機の維持、燃料費の高騰などで除雪方法が年々簡単になってきている。つまり、自動車が一台通れれば良い程度の道幅でしか除雪しないのである。丁寧に除雪するのであればもう少し委託費をアップして欲しいと思っているのが土建業者の本音であろう。そのため、業者に文句を言っても全く受け付けないのである。文句があるなら市役所に言ってくれといった所である。

アマチュア無線の方は、JD1BONと10MHzのRTTYで交信したが、それ以外はスノーノイズでワッチが出来なかった。DXクラスターにポストされるDX局のコールサインを見ながら受信機のダイヤルを回すのであるが、帯電した雪によるノイズで信号がマスクされて受信不能となってしまうのである。

2014年12月25日 (木)

本日はクリスマスであるが、雪片付け以外は特に何もしていない。

本日は曇り時々雪で、気温はマイナス4℃である。アメダスの積雪深は48cmとなっている。雪が降り出すと一気に5cmくらい積る。その繰り返してすでに15cmも雪が降った。明日までにはもう15cmくらい降るだろう。昨日は雪が少ししか降らなかったので雪かき作業が楽であった。

午後からは、庭にたまった雪を側溝の散水融雪装置の所まで運んで融かした。午後三時まで作業をしたため、庭の雪はほとんど片付いてしまった。これから降る雪の置き場が確保されたので一安心である。屋根雪は積もった雪の半分を下ろして終わった。今後、降ろした分積もった再度屋根の雪下ろしをすることになる。

今日はクリスマスなのだが、子供は独立し、孫も遊びにこないのでケーキなどの準備はしていない。仏教徒が多い日本国であるが、在日米軍などが駐留しているためか、昔からキリスト教徒ではないのだがクリスマスイブだ、クリスマスだと騒いでいる。商店街に行くとジングルベルとかきよしこの夜などのクリスマスソングのバックグランド音楽がながされている。

日本国には、八百万の神がすんでいるので宗教にはこだわらないのであろう。それよりは、商売商売でハロウィンが追加され、バレンタインだホワイトデーだと騒いでいる。節分だ恵方巻きだと言うのもあるが仏教の方の行事もあって日本人は忙しく立ち回っている。

そうしている内に、今年も残すところ1週間となってしまった。光陰矢のごとしと言うが、古希を迎えると、時の過ぎ去るのが新幹線並みに速く感じるのである。来年は未(羊)年であるが、政治経済が良い方向に進み、安定した社会になって欲しいものである。新しい内閣は、日本の子供達が健やかにそだち、高齢者が安心してくらせる世の中になるように頑張っていただきたい。

2014年12月23日 (火)

雪の量が増えたので移動用の散水融雪装置を追加した。積雪深は54cmとなっている。

Dsc05660昨日から20cm程度の降雪があった。アメダスの積雪深は54cmとなっているが、我が家の周囲は60cm程度となっている。気温は早朝に氷点下5℃であったが、現在はマイナス3℃程度になっている。雪の量が多くなって側溝の融雪装置だけでは間に合わなくなったので、車庫前に移動用の散水融雪装置を追加して融雪に努めている。

Dsc05661これまで、道路や庭の雪の処理だけであったが、裏側や側面の隣家の間にも相当積もってきたため、除雪を行った事で雪の量が倍に増えて置き場がなくなったのである。そのため、移動用の散融雪装置の出番となったのである。明日にでも屋根雪を下ろすよていなので、この装置は当分の間活躍していただくことになる。

報道によると北朝鮮がソニーをハッキングし米映画を公開中止に追い込んだと言う。しかし、インターネットの元締めはアメリカであるから、北朝鮮がアメリカの企業をハッキングできる訳がないと思うのである。インターネットを流れているすべての情報を監視しているアメリカが北朝鮮程度の技術でハッキングを許すはずがないのである。

◆米国 北朝鮮侵攻の用意? (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_203.html

このところ、北朝鮮がロシアに接近して、アメリカから離れようとしていることを阻止するために、CIA関係がマッチポンプを行ったのではないかと深読みしている所である。北朝鮮国内のインターネットを使えなくしていると報道されているが、インターネットを世界中に開放した元締めのアメリカであれば簡単に行える技である。

インターネットの前身はARPA-NET(アーパ・ネット)と呼ばれているもので、これは軍事技術を民間に転用したものであることはよく知られている。米国の国防総省が現在でもインターネットを監視していることも良く知られている。情報の収集や監視は「エシュロン(Echelon)」という組織が行っている。エシュロンは、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受(シギント)システムであり、同国の国家安全保障局(NSA)主体で運営されているという。

北朝鮮がロシアと友好を深めると、これまで核実験やミサイルの発射などで、主に日本へ武器を売るために利用してきたのだが、それができなくなるのである。北朝鮮を使う事で「中国やロシア」に睨みをきかせることもできなくなるのである。アメリカと北朝鮮は裏でつながっていることも良く知られている。

それにアメリカがロシアと友好関係にあるキューバと関係を回復しようとしているが、ロシアに圧力をかけるためのものであることは見え見えである。いずれにしても、アメリカが国家破たんを防ぐためとドル防衛のために、ありとあらゆる謀略を使って、北朝鮮と日本を利用しつつ、対中と対ロ作戦を行っている事が良くわかるのである。

2014年12月22日 (月)

本日の積雪深はアメダスの観測で46cmとなっている。自作の散水融雪装置は順調に稼働中である。

Dsc05657今日も朝から雪が降っている。10cm程度の降雪があったが、除雪車が来るほどでもない。気温は氷点下3℃である。アメダスの観測で積雪深は46cmとなっている。環境放射線は参考値であるが、0.041μSv/hであった。自作、散水融雪装置は順調に稼働している。お陰様で側溝や路肩に雪を高く積んでおく必要がないので助かっている。

Dsc05658雪かき作業が一段落している。その余分な時間を使って年賀状を印刷した。裏に干支の未と謹賀新年を印刷し、表に宛名を印刷して120枚発送した。年賀状の作成ソフトは、シェアウェアの「はがき作家あてな8Professional」を使っているが、大変便利なソフトである。以前は、プリンタの付録としてついてきた住所録を使っていたが、Windows7では動作しなくなったことから、はがき作家に変更したのである。

Dsc05659アマチュア無線の方は、W1AW/3を40mバンドで、W1AW/KH6を30mバンドで交信しただけである。本日は一局も交信していない。夕方になってからもう一度ワッチしてみたいと思っている。

(三枚の画像は、4mで25φの塩ビパイプに1.5mmの穴を10cm間隔であけたもので、井戸水を使って散水している。プロック塀にアンカーボルトで固定して使用している。揚水ポンプは250Wの浅井戸用のものである)

2014年12月21日 (日)

昨日は岩木文化センター「あそべーる」で弘前おもちゃ病院の出張修理がありました。

Photo今日は風が強く、時々小雪が舞っております。気温は零下1℃で環境放射線は参考値ですが、0.045μSv/hとなっておりました。降雪が少なく除雪車がおいて行った雪が少しだったので、今朝は雪かき作業がありませんでした。それでも、側溝や路肩の雪を散水して融雪する作業は継続しております。

昨日は、弘前おもちゃ病院の出張修理が旧岩木町の岩木文化センター「あそべーる」でありました。午前10時から午後3時まで「あそべーるのクリスマス」と題して、おもちゃ広場、クリスマスソング(with HINA)、大道芸人アット・ジャグリングショー、弘前マジシャンクラブのマジックショー、ゆるきゃら・たか丸君との写真撮影などの催しがありました。

私はおもちゃの修理を担当しました。最初に修理したのは「アンパンマンのピアノ」のマイクでした。マイクの白いコードが経年変化で硬くなり、数か所でビニル被覆が破れて切れかかっておりました。コンデンサマイクには異常がなかったのでケーブル(1.5m)を全て新しいものに交換しました。黒い2芯のシールドケーブルを持っていた事が幸いしました。3.5φのプラグジャックはそのまま流用しました。

次は、子犬の縫いぐるみで電池を入れても動かないということでした。縫いぐるみの一部を剥がして、中を覗くと口から入れたテッシュペーパーや新聞紙が大量に頭部に詰まっているのを発見しました。そこで、子犬の縫いぐるみの口にピンセットを入れて、中の紙類を全て取り出したところ、無事に動き出しました。子供が子犬に餌の代わりに紙を食べさせたのでしょう。お母さんと取りに来た3歳の女の子は大変喜んで「天使の笑顔」を見せてくれました。

その次は、子供が乗って動かすショベルカーの修理でした。乾電池(単2が4本)が入った電池ケースを点検したところ、液漏れが原因で電極が腐食しているのを発見しました。電極をヤスリで研磨して修理を完了しました。その結果、エンジン音が出るようになりましたが、ショベルの上下、角度の変更レバーを操作しても動きませんでした。

そこで車体を分解してレバーの基板を点検したところ、電極が変形して接点が錆びておりましたので、研磨して電極の変形を正規の位置に戻して修理を完了させました。その結果、レバーの操作でショベルのアームが上下し、ショベルの上下角度の変更も正常に動作するようになりました。ただ、ショベルの上下角度は歯車が一部欠けており、動作不良になる位置がありましたが、手でチョッと押してやると正常に動作するので、依頼者に了解を得て引き取っていただきました。

12月28日におもちゃ病院の定期開院が社会福祉センターでありますが、本年最後の開催となります。来年も元気でおもちゃの修理を続けたいと思っております。子供たちが健やかに育ち、高齢者が笑って過ごせる社会がくることを祈念しながら、ボランティア活動を続けます

2014年12月19日 (金)

昨晩は弘前近郊のアマチュア無線仲間の忘年会があった。

今日は一日中曇ったり晴れたりしていた。気温は+1.7℃で昨日よりは少し暖かい。降雪が無い日は、これまで路肩に積んでおいた雪の山を片付けてる作業が待っている。これをしないと次に雪が降ったときに雪のやり場が無くなるのである。雪の量が多いので自作の散水融雪装置でも融雪に時間がかかっている。

雪が降らずに気温が上がったために、道路の雪がシャーベット状になり、車がワダチからスリップで抜け出せなかったり、歩行者がぬかるので歩きにくそうであった。これで急に気温が下がると大変なことになる。路面が凍って車がスリップしやすくなってしまうのである。

Img_bal113昨日は、弘前市近郊のアマチュア無線仲間の忘年会があった。7名の参加で開催された。いつも受信機で各局の信号を聞いているが、酒を飲みながら直接話すのも別な意味で楽しいものである。各局の近況報告を聴きながら美味しい料理を肴にたらふく飲んで帰ってきた。今年第一回目の忘年会であった。もう古希なので酒量を抑えようと思って飲みだすのだが、結局、飲み過ぎてしまうのであった。二次会では、別な2局が加わって賑やかな忘年会であった。

今日の昼に航空便が1通配達された。ポーランドのQSLマネジャーからのもので、VK9XSP(Christmas Is.)のカードが入っていた。特にニューではなかったのだが、OQRSで請求したものである。クリスマス島とは40m~10mまでCWやSSB、RTTYなどで交信する事ができた。80mバンドはとうとう交信できなかった。傾斜型アンテナに100Wの出力では無理があるのだが、コンディションが最悪であったことも未交信の原因であろう。

2014年12月17日 (水)

毎日が雪との格闘であり、趣味を楽しむ暇もないのである。

Dsc05648Dsc05649今日は暴風雪注意報がだされ、気温は零下3℃~5℃となっている。降雪量は少ないが積雪深は32cmとなっている。最大瞬間風速は14.2mであった。明日まで暴風雪が続くとの予報がだされている。環境放射線は参考値であるが、0.047~0.050μSv/hであった。

Dsc05650昨夜、除雪車が来て氷の塊を玄関前に置いて行った。1m×50cmの楕円形の塊である。こんな大きな氷の塊は処理できないので交差点の角に積んで放置することにした。交差点の角を削って行けば良いのだが、除雪した雪を積んで行ってしまうのである。文句を言っても暖簾に腕押し、柳に風、カエルの面に小便のたとえの様になんの効果もない。

五所川原や青森市では暴風雪警報が発令され、猛吹雪(地吹雪)となっているとの報道があった。弘前市はそんなに酷くは無く、時々だが日がさしている。岩木山が屏風となって風を防いていてくれるからだろう。ありがたい事である。

アマチュア無線は本日も運用していない。雪かき作業の影響である。この分だと数日間運用はできないであろう。無線業務日誌は12日から交信記録が皆無の状態にある。5日間も電波を出していないことになる。それだけ、雪片付けに追われていると言う事である。

今回の衆議院選挙も不正が多数あったようである。「選挙機械のムサシ」と「ソウカ瓦解の偽票書き」の影響が大きかったという事であろう。インターネット情報でも不正に関するコメントが多くなって来ている。従って、自公の圧勝は捏造されての結果だと思っている。もちろん、マスコミの偏向報道、世論調査の結果の捏造報道の影響もあったことは論をまたない所である。

★【次世代の党惨敗】現役自衛官が憤り「今回の選挙結果は捏造」
(richardkoshimizu's blog)

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_144.html

★日本全国開票ミス=不正選挙祭り (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_150.html

前の戦争(太平洋戦争、第二次世界大戦)の時も、マスコミは嘘の報道を繰り返した事やNHKは「大本営発表」で軍部に協力した事は良く知られている。今回の選挙でも事前に低投票率と自公圧勝を報道し続けていた。不正選挙を正当化するために「支持率の捏造報道、アベノミクスの効果絶賛、政治家(清和会所属)の不祥事の隠ぺい、景気が良くないのに嘘の報道、開票と同時に当確者を出す」などで体制側に協力していたのである。

先の太平洋戦争に導いたのはマスコミの捏造報道(大本営発表)であったし、今回の不正選挙もマスコミの影響が大であった。加えて、選挙管理委員会の不正も見逃せないであろう。日本国を滅ぼすのは、アベ政権とマスコミであることは良く知られている事である。マスコミに圧力をかけたアベ政権、それに服従したマスコミ村が現在も嘘の報道をし続けているのである。それを見抜けない平和ボケの国眠が絶対多数なのが悲しいのである。

2014年12月16日 (火)

14日から15日まで連続降った大雪で、雪かき作業に忙殺されている。選挙は予想通り自公の圧勝で終った。

今朝の気温は零下5.8℃で、積雪は45cm程度である。14日から昨日までの大雪で雪かき作業に忙殺されている。一日に4~5回も雪かきを行うと流石に疲れ、身体の節々が痛むのである。古希を迎えると次第に体力がなくなって、寒さに弱くなっているのを実感している。歳には勝てないということであろう。環境放射線は参考値であるが、0.045μSv/hであった。

趣味のアマチュア無線は、雪かき作業が忙しくて、運用するまで行かなかった。雪かき作業が一段落するともうお昼となってしまうのである。大雪にはならないと思っていたが、予想が外れ二日で相当量の降雪があったのである。日中は晴れるという予報がはずれたこともあるが、厳冬多雪が現実となってきた。

衆院選挙の投票率が低かった県に青森県が入っていたが、恥ずかしいと思っている。選挙権がある人は、必ず投票所に行って投票するか、期日前投票を済ますべきだとおもう。権利ばかり主張して、義務を果たさないような教育がなされてきたことから、選挙の投票義務も自分の都合で簡単に放棄してしまうのであろうか。白紙委任するから良い、誰が当選しても政治は変わらないと言う屁理屈は止めて欲しいものである。

今回も予想通り、自公が圧勝しているが不正選挙がなされたのであろう。各投票所では勝てない不祥事が多発したと聞いているが、ムサシ、選管、カルト集団、偽票作成などの不正を駆使して自公の圧勝に持って行ったのではないかと思っている。いずれにしても、アベ政権は信任されたと言う事で、絶対多数を武器に「改憲、集団的自衛権行使、TPP参加、原発の再稼働」に向かってまい進するに違いない。

さすが敗戦から70年間もアメリカに占領されている日本国の国眠(国民)だけある。いまだに、アメリカが日本の政治を操作していることを知らないでいる。マスコミの報じる低投票率、自公圧勝を鵜呑みにして、投票所に行かなかった国眠が多数居たのである。平和ボケのまま風雲急を告げる現在も惰眠をむさぼったままでいるのだ。

自分の子供や孫達が戦場に駆りだされるのが現実になっても眠ったままでいるのであろう。米軍と共に海外で戦争に参加できるように改憲するだろうし、自衛隊を国防軍として徴兵制も行われる危険が高まったのである。国民の有権者の内、半分近くが投票を放棄したのであるが、自公の作戦勝ちだったと言えよう。加えて、おっとり刀で準備不足のまま選挙戦に入った野党のふがいなさは見るに堪えないのである。

2014年12月14日 (日)

今日は気温が零下5.5℃で今年一番の寒さとなった。雪は日中は降りやんで大雪にはならないようだ。

【弘前の天気】
今朝は10cm程度の降雪があった。気温は零下5.5℃で今年一番の寒さとなっている。積雪は32cmとなっているが、私の住んでいる地域は40cm程度まで雪が積もっている。相変わらず、大雪注意報が出ているが、日中は雪が止むだろうとの予報であった。数日前から、選挙の投票日は大雪になるとマスゴミは騒いでいたが、そうでもなさそうである。

環境放射線は参考値であるが、0.042~0.047μSv/hであった。今日は衆院選挙に投票日であるが、大雪にならなくてほっとしている。マスゴミは期日前投票や棄権者を増やすために盛んに悪天候を報道していたが、低投票率を誘うためと期日前投票箱に何かの不正をして第三回目の不正選挙を行うのではないかと憶測している所である。私は午前中に投票所に行って、清き一票を投じたいと思っている。

【趣味のアマチュア無線】
今日は起床時間がおそかったので無線局の運用はしていない。これから、雪かき作業に入るため、午後からの運用になる。

【衆院選挙】
大雪だ、悪天候だとマスコミが毎日選挙の低投票率と期日前投票に誘導するために。刷り込み報道をおこなっていたが、予想に反してそんなに悪天候にはならないようである。雪国で雪が降っても徳島県の山奥みたいに村が孤立する事はないし、自動車も平気で走行できるのである。少々の雪で動きが取れないのは雪が降らないところに大雪が降った場合だけであろう。雪国は毎日が雪との戦いだから、少々の大雪では何の支障もないのである。

マスゴミが事前に、自公圧勝、低投票率、期日前投票、大雪警報などで騒ぎ立て、有権者が投票所に行く事をあきらめさせるような報道が続いている。さすがアメリカの植民地の日本国だけある。今日も8時の開票と同時に当確者がでるだろう。出口調査とコンピュータにデータだと言ってごまかすのだろうが、そんな程度で開票と同時に当選が分かるような技術は不正(投票箱のすり替え、偽票書き、投票時間の短縮、ムサシ、選管)を行わなければありえない事だと思っている。

2014年12月13日 (土)

昨日は、PJ2/K2PLFとP40CXと10MHzの電信で交信できた。

【弘前の天気】
朝から雪が降っている。今朝の積雪は5cm程度で、気温は零下3.5℃であった。雪かき作業をし、自作の散水融雪装置のところに雪を積み上げて融けるようにした。環境放射線は参考値であるが、0.042~0.048μSv/hであった。あすは、衆院不正選挙の投開票日であるが、大雪注意報がでている。今日から連続して雪が降るということなので、大雪で投票率が落ちない事を祈るばかりである。

【趣味のアマチュア無線】
昨日は、10MHz/CWでカリブ海のPJ2/K2PLF(Curacao)とP40CX(Aruba)と交信した。ここ数日、、10MHz帯のコンディションが良いようだ。また、VU4KV(Andaman)のClubLog経由でのOQRSが稼働し始めたのでQSLカードの請求を行い、ダイレクトでの請求にしたため、PayPalで返信料として3ドルを支払った。

【衆院選挙】
今日までに立候補者の選挙カーが来たのは○産党だけであった。それ以外の候補者の選挙カーは来なかった。「ムサシ」の開票装置がすでに当選者を内定しているためなのであろうか。開票は人海戦術でやって欲しいものである。CPU内臓の開票機械ではROMの書き換えで投票の如何にかかわらず、当選者をきめることができるときいている。

そこまでして、自公を圧勝させる必要があるのは、国家破たん直前のアメリカであろう。基軸通貨としてのドルを防衛するためには、何でもやると言うのが宗主国の考えである。そのため、戦争が出来る日本、金のなる木としての日本を占領したままにするためには、自公の圧勝で無ければならないのである。カルト集団の偽票書き、期日前投票箱のすり替え、ムサシの開票独占などで、自公を勝たせるのである。

★埼玉の創価地区部長が偽票書きを泣きながら告白?
richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_85.html

2014年12月11日 (木)

今日は雪ではなく雨が降り続いている。この後に「雨返し」が来るのが心配である。

【弘前の天気】
今日は曇り時々雨で小雨が降り続いている。気温は、3.6℃と冬の割には温かく感じる。雨の為に雪がドンドン融けだしている。しかし、当地では「雨返し」と言って、雨の後は雪になる事が多い。予報では、土日から雪が連日降って大雪になると言っている。14日と言えば選挙の投票日である。大雪で投票率が下がらないように願っている。環境放射線は参考値であるが、0.047~0.050μSv/hであった。

選挙の投票日が大雪だと雪国としては投票所に行く人が少なくなる恐れがあるのだ。低投票率だと自公の圧勝が再び繰り返されることになる。そうなれば、憲法改正、集団的自衛権行使容認、原発再稼働、消費税10%、TPP参加、農協解体、医療・介護・福祉サービスの削減、皆保険の破壊、徴兵制、特別機密保護法の悪用、非正規労働者の拡大、低賃金労働者の増加などが現実となってしまうのだ。

【趣味のアマチュア無線】
今日は雪が降っていないので雪かき作業をしなくても良かった。その分、趣味のアマチュア無線楽しめばよいのだが、連日の雪かき作業の疲れた溜まっているためか、ゆっくりと起きたため、無線は開店休業であった。明日以降の大雪に備えて英気を養っておきたいと思っている。

【第三回不正選挙】
地方紙の現時点での選挙動向の記事を見ていると、自公圧勝の記事と共同通信社の世論調査結果が記載され、同じく自公が有利と報道していた。青森県の場合は1区から4区まで自民党の候補者が優勢と報じていた。投票に行く前に選挙民が投票所に行く事をあきらめさせるような記事ばかりであった。

電通や共同通信、犬HKなどのマスコミ関係は完全に権力側についている。犬HKをトップとして民放まで「大本営発表」を続けている。選挙期間中はマスコミといえども、体制側有利の報道をすべきではない。偏向報道や捏造アンケートを連発して選挙民の投票行動に影響を与える報道をすべきではないと思うのである。加えて、各地の選挙管理委員会を監視する機関の設立をなんとしても実現して欲しいものである。

★比例北海道選挙区  (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_72.html

香港では民主的な選挙に関して大学生を中心としたデモ隊が政府庁舎に居座って、政府側に要求しているが、日本ではそのような事は行われていない。さすが、官僚独裁、似非放置(法治)国家、アメリカに70年間占領された属国の日本である。70年の占領によってほとんどの日本国民は「平和ボケ国民(国眠)」にされてしまったのである。

日米合同委員会という組織がある。もっともらしい名称だが実体は、米軍が霞ヶ関の官僚達を通して日本を支配するための機関である。ここで協議されて決まったことは憲法以上に強制力がある。したがって、霞が関の官僚独裁とアメリカの占領政策はこれからも永遠に続くのである。
◆日米合同委員会組織図
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/sfa/pdfs/soshikizu.pdf

2014年12月 9日 (火)

選挙期間中なのに除雪がなされていない。おかしな現象である。選挙カーが走らなくても良いからかな?(^^;

【弘前の天気】
今日は数センチの降雪でなんとか終わっている。しかし、これまでの積雪のため、一階の屋根の雪下ろしを行った。今後、さらに降雪が予想されるためである。自作の散水融雪装置も快調に動作して融雪をしてくれている。除雪車が置いて行った氷の塊も融かしている。今冬は厳冬で大雪になりそうである。気象庁の予想は当てにしない方が良い様である。環境放射線は参考値であるが、0.047~0.050μSv/hであった。

選挙期間中は除雪が行き届くものなのだが、今年の冬は国道7号も除雪されておらず、昨日の朝の弘前は交通渋滞が起きていた。通常30分程度で到着する場所へも1時間半もかかってしまったのである。すでに衆院選の当選者が決まっているため、除雪業者への圧力もないのであろうし、除雪の予算も回ってこないのであろう。選挙カーも回る必要が無いために除雪に関して気を遣わなくても良い事になる。

選挙カーが来ない、事前に当選者が決まっているを考慮すれば、選挙期間の除雪の悪さも納得できるし、不正選挙が行われる疑いが高いことも理解できるのである。普通であれば、選挙期間中は除雪が行き届いているものなのだ。

【趣味のアマチュア無線】
強制労働の雪かき作業のために、趣味のアマチュア無線を運用することができないでいる。したがって、生活に支障が出てくる雪かき作業が優先で趣味は後回しである。雪かきの後は筋肉痛を和らげるための入浴が欠かせない。その分の灯油の消費もバカにならないのだ。強制労働の上、筋肉痛、入浴は自分持ちである。

【衆議院選挙】
選挙機械のムサシ、紙製の投票箱の増産、カルト集団の偽票書き、期日前投票箱のすり替え等々で不正選挙を実施するようである。以前の衆参選挙も不正が疑われている。もしそうだとすれば今回は第3回不正選挙となるのである。似非独立国家、官僚独裁国家、放置国家、在日米軍と官僚の定期会談(日米合同委員会)で決められたことは、日本国憲法よりも強制力があると言うのである。

★元自民党国会議員で国家公安委員長だった白川勝彦氏が、不正選挙をはっきり疑っています。(richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_56.html

このように、公然と不正選挙が行われてきたのである。それは、マイノリティ支配が政界、法曹界、放送界、官界にはびこっており、その勢力が日本を支配しているのだ。また、アメリカの命令によって日米合同員会のが動いて行われるのが不正選挙なのである。日本はアメリカに占領されたままなのである。そのために、あらゆる分野にアメリカの工作員が潜り込んでいるのである。もちろん、スマホ、携帯電話、GPS、電子メール、Twitter、Facebook、mixi等の情報は全てアメリカが把握していると思った方が良い。IP電話の情報は勿論の事である。

2014年12月 7日 (日)

今朝も2時間ほど雪かき作業をした。今年初の除雪車が来たのだが除雪技術が低かった。

1207【弘前の天気】
今日も昨日に引き続き雪の日となった。アメダスの積雪深は37cmとなっているが、私の地域周辺は40cm以上の積雪となっている。朝方は零下3.6℃であったが、この後も真冬日が続くとの予報が出されている。環境放射線は参考値であるが、0.042~0.048μSv/hであった。

深夜に今年初めての除雪車が来た。しかし、除雪技術が悪いため、道路の真ん中を通って雪を押して行っただけなので、路肩から1m程度の幅で雪の塊が転がったままであった。交差点の角もU型に除雪せず、L型のままであった。近くの「●西土木」なのであるが毎年住民から不評を買っている。ショベルローダーの運転技術も除雪技術も下手くそのままであった。適切な除雪技術の講習を受けさせていないのであろう。

Img_bal097【趣味のアマチュア無線】
雪かき作業と朝食を終えてシャックに入って、PCをインターネットに接続し、DXクラスターを見た所、S01WS(西サハラ)がポストされていたので、24MHz/CWで受信周波数よりも2kHz UPで呼んで交信することができた。以前に28MHz/SSBで交信し、カードもコンファームしているが、今回はモードでもバンドでもNewとなった。

ダイレクト発送の当局の交信証は、土日で郵便局が休みなので、明日発送予定でいる。本日の西サハラ(S01WS)はOQRSで3ドルの返信料を要求しているので、Paypal経由でQSLマネジャーのEA2JG局宛に支払う事にしている。

【衆院選挙】
マスコミは相も変わらず「低投票率、自公圧勝」を公然と報道しているが、選挙中に選挙民の意識を変えようと、刷り込み報道をするのは日本のマスコミだけであろう。私の選挙区には政権与党の立候補者の選挙カーは一度もきていない。と言う事はすでに「当選が決まっている」からであろう。だとすれば、無駄に走り回る必要がないことになる。

選挙機械の「ムサシ」のプログラムによって、選挙民の投票行動がどうであれ、49対51程度で自公が勝つことになっているのかも知れないのである。正に、不正選挙のお蔭で国民が支持しない立候補者でも当選する事になるのである。

また、ユダヤ代弁機関がリチャード輿水氏の著作本の宣伝を新聞に出したところ、その広告を掲載した読売新聞にクレームを付けたとの報道があった。ホロコーストで600万人ものユダヤ人がナチスドイツに殺されてたというが、戦後、ユダヤの人口を調査した所、戦前とほとんど変化が無かったことが分かっている。それに「アンネの日記」も別な人が書いたこともネットに流されている。

★一機にRK言説を日本全国津々浦々に知らしめる偉業をユダヤ代弁機関のメディアの皆さんが (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_40.html

今回の衆院選挙もアメリカの特定の団体によって指示されての解散総選挙となったのではないかという情報もあるのだ。不正選挙という語句を忘れないようにしなければならない。期日前投票の投票箱のすり替え、投票時間の2時間短縮、選挙管理委員会の不正などを考えれば、今回の選挙でも不正が行われることは確実であろう。

2014年12月 6日 (土)

積雪が30cm程度になっているが、まだまだ雪が降り続いている。暖冬を期待していたが厳冬多雪のようである。

Dsc05647【弘前の天気】
朝方は零下4度であったが、現在は零下1.6℃まで上昇している。積雪量は30cm程度となっているが、まだまだ積もりそうである。今朝も雪かきに2時間程度の時間がかかった。しかし、玄関前を片付けて勝手口に回り、また玄関前に行くと5cm程度の積雪になっている。いたちごっこになるので適当なところで作業を止めた。

Dsc05645昼食後に再度雪片付けを行いたいと思っている。9日までは曇り時々雪となっているので、毎日雪かき作業が続くものと思っている。幸い、自作の散水融雪装置が快調に雪を融かしてくれるので、作業が思っていたよりもはかどっている。気温が低いので雪がサラサラしている。そのため、雪が軽い事もあって雪かきは昨日よりも楽である。

Dsc05646【趣味のアマチュア無線】
早朝の運用は雪かき作業があるために、午前9時以降でないと趣味を楽しむことが出来なくなっている。雪を片付けをしないと生活に支障が出てくるため、しかたがなく雪かきと言う強制労働に従事している感じである。この分、雪が降らない地域は他に向けることができる労力なのである。雪かきは、金にはならない無駄な労力となっているのだ。

雪かき作業とスノーノイズが影響して、冬期間のアマチュア無線の運用時間は短くなるのは仕方がないことであろう。そのハンディキャップをマイナスにしないで、ストレスにならないようにするのが雪国に住むものの知恵なのである。

2014年12月 5日 (金)

日本アマチュア無線連盟(JARL)経由の交信証が配達された。

Img_bal111【弘前の天気】
今日も雪が降り続き、積雪は15cm程度になった。気温はマイナス1℃を維持している。雪は側溝に片付けて、散水融雪装置で融かした。効率よく融けたの雪かき作業もはかどったのであった。環境放射線は参考値であるが、0.045~0.049μSv/hであった。

Img_bal110野暮用が有って青森市まで国道7号で往復したが、道路の走行車線は雪が融けていたので走行には支障が無かった。荷物を届けてとんぼ返りであったが往復で2時間半かかった。降雪はあったが、冬場としては比較的快適なドライブであった。

Img_bal109【趣味のアマチュア無線】
昨日は、日本アマチュア無線連盟経由での交信証が配達されていた。数十枚入っていたが、Bureau経由でも結構なエンティティが含まれていた。
・HC2AO(Ecuador) 2014-09-09 08:52UTC 30m/CW
・V31RL(Belize) 2013-10-22 12:20UTC 30m/CW
・FM/KL7WA(Martinique) 2012-11-22 03:50UTC 20m/CW
などであるが、HC2AOのQSLマネジャーのRC5A(Elenaさん)であったが返送に関しては結構早かった。HC8AO/8も担当しているので、ダイレクトでもBureauでもOKである。通常のBureau経由は2年から3年が普通である。

午後は、ダイレクトでHC2AO/8、PJ2/K8ND、EL2DT、KP4EEなど宛に発送作業を行った。IRCとグリーンスタンプを同封して航空便で送った。カードの発送は、交信してから1週間以内に決めている。OQRS(Online QSL Request Service)の場合は、ペディションが終わってから請求することにしている。

2014年12月 4日 (木)

今日も雪が降り続いている。土日に降雪のピークがくるとの予報である。

【弘前の天気】
朝から小雪が降り続いているが、直ぐに融けてしまうために積もるような事はない。外気温はマイナス1℃である。風はほとんど無いが寒さには変わりがない。環境放射線は参考値であるが、0.045~0.049μSv/hであった。天気予報によると引き続き雪が降って土日にピークが来るようである。この分だと根雪になるかも知れない。

試験的に散水融雪装置を動作させてみたが、故障もなく快適に動作してくれた。そこで側溝に砂袋で作った土嚢を入れて水をせき止めて雪の融け具合を見たが異常なく融雪してくれた。今年の冬も快調に雪かき作業が出来そうである。

【趣味のアマチュア無線】
昨日は、J34O(Grenada)が14MHz/CWで聴こえていたので交信した。また、W1AW/1(ME)が14MHz/SSBで入感していたので呼んで交信する事ができた。本日は、まだ何処とも交信していない。5K0A(San Andores)が聴こえていたが、以前に5J0Rのときに交信済みであったことから聴くだけにした。

【衆議院選挙】
今日は、放送も新聞もマスメディアはこぞって自公の圧勝と低投票率を報道している。見え見えの洗脳作戦であることは誰の目にもあきらかである。それでも、アメリカの命令で電通や共同通信は各マスコミに対して、自公で過半数を獲得と報道するように指示しているのであろう。今回の選挙が低投票率でなければ困るグループがいると言う事である。また、選挙機械の「ムサシ」を使用する手前、自公圧勝でなければ体制側やアメリカが困るのである。

今回の選挙で圧勝させるのがアメリカの1%の財閥であろう。圧勝すれば「原発再稼働・憲法改正・消費税率アップ・TPP加入・辺野古基地建設・アメリカ軍と共に戦争に参加・経済格差の拡大・非正規雇用の拡大・年金減額・皆保険制度の改悪・農協の解体」が可能となり、何よりもアメリカが助かるのである。さらに、アメリカは植民地である日本の若者たちが、戦争で無駄死にすることも望んでいるのかも知れない。

すなわち、この選挙で不正開票を行う事によって、自民党と公明党の連立政権を圧勝させることは否定できない。それによって、日本人の1%(財閥、官僚、政治家など)以外の庶民はアメリカの奴隷としてこき使われ、搾取され、戦場に送られ、夢や希望を抱くことも許されず、飼い殺しの状態で生活をしなければならなくなるだろう。

日本は、敗戦国家、形だけの独立国、アメリカの属国、横田幕府の圧政下にある国、国連では70年経過しても「敵国条項の適用国」・・・・なのである。日本国憲法は横田幕府の占領政策よりも低いレベルに置かれているのである。敗戦を終戦、占領軍を進駐軍、撤退を転進と言ってはばからない日本国がそこにはあるのだ。

2014年12月 3日 (水)

15cm程度の積雪となったが、根雪にはならないと思っている。

Dsc05644【弘前の天気】
外気温は零下0.1℃であり、湿った雪が降り続いている。道路も真っ白になって15cm程度の積雪となっている。車が通った後は少しだがワダチになっている。今年初めての雪かき作業を実施した。久しぶりの作業であったことから、スコップに無駄な力がくわわってか、ぎこちない雪かきとなっている。このまま根雪にはならないとは思うがどうなるかは分からない。環境放射線は参考値であるが、0.045μSv/hであった。

【趣味のアマチュア無線】
昨日は、HC2AO/8:17m/CW,V63ZP:12m/RTTY,NQ8P/KH0:40m/CW,
E6XG:20m/RTTY,V63ZP:40m/RTTY等と交信することができた。本日は、W1AW/1(ME)のSSBを狙いたいと思っている。

【不正選挙】
日本でも選挙機械は「ムサシ」が独占しているが、これ自体がおかしなことで、他社が入り込めないようになっている。すなわち、プログラム次第で投票結果がどうであれ、開票時に事前に当選者を決めておける様になっているのである。アメリカでは不正が行われていることは多くの人が知っていると言うのだ。

そのアメリカの植民地である日本国でも同様なこと(不正選挙)が行われても驚くに値しないのである。原発の警備はイスラエルの会社が独占、選挙機械は当然の事として、安倍首相が関係している富士フイルム傘下の株式会社「ムサシ」が独占しているのである。

★アメリカの不正選挙裁判 (日本でもとっくにやられている・・・・・)動画です。
(richardkoshimizu's blog)

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_13.html

★不正選挙疑惑の『株式会社ムサシ』と安倍内閣を結ぶ重要な接点 ―
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2013/01/08/6685204

従って、地方の首長選挙は別として、国政レベルになると自公が勝つように選挙機械「ムサシ」をセットしておけるのである。日本では不正選挙は行われていないと思う人はまことにめでたい頭脳の持ち主だと言うことになる。いずれにしても、12月14日には投票所に足を運んで欲しい。たとえ、票が操作されるのが分かっていても棄権するよりは、投票に行った方が危険が少なくなるのだ。

2014年12月 2日 (火)

とうとう津軽平野にも雪が降り、冬将軍の到来となった。まだ、根雪までは時間があるだろう。

Dsc05643【弘前の天気】
朝から湿った雪がコンコンと降っている。しかし、道路の雪はすぐに融けて積もってはいない。まだまだ根雪になるまでは日数がかかると思う。外気温は零下0.3℃で真冬並みの気温となっている。環境放射線は参考値であるが、0.042μSv/hであった。雪が降るのはよいのだが、雪に帯電するためにスノーノイズが発生し、無線通信の受信には悪影響がある。これは雪国のハンデキャップの一つでもあるのだ。

昨年まで使っていた雪かき道具を点検したところ、雪かき用ポリカーボネート製のスコップ2本の内の1本に割れが入ってしまっていたので、新しくホームセンターで買ってきた。それ以外の除雪用具(スノーダンプや雪押しスコップ等)
は今冬も使用可能なので一安心している所である。

【趣味のアマチュア無線】
今朝は、スノーノイズが酷いので運用を止めた。家の周囲に少しだが雪が積もったので雪を片付けて過ごした。その後は、溜まっていた交信証のデータ記入と発送作業を行った。交信証の請求はほとんどがダイレクトでSASEと返信料を要求しているため、結構な出費となっている。

たかが、「メンコ・交信証」集めと揶揄されてはいるが、趣味なのだから本人にとっては貴重なメンコなのである。メンコを集めることで各種のアワードを申請する事が可能になるのだ。定年後の趣味としてはそれなりに楽しめる。

【選挙の公示日】
今日は、衆議院選挙の公示日である。私の選挙区は自民党、民主党、共産党の三党から立候補者がでているが、極めて選択肢が少ない選挙区である。私がこれと思っている党からの候補者がいないため、投票日の14日までにどうするかを決めたいと思っている。

この後、選挙カーがどの程度走り回るかに注視していたい。 前回の参議院選挙の時は、私の地域には立候補者の選挙カーがほとんどやって来なかったし、その前の衆院選挙の時も同じだった。つまり、当選者がすでに決まっているのであるから、費用をかけてまで選挙カーを走らせる必要が無かったからであろうと深読みしている。ネットの情報でもそんな記事が多数みられたのであった。

今回も同じような不正選挙が行われると思っているので、選挙カーのウグイス嬢の声を何回聞けるかに注意を払っていたい。少なければ、当然、14日の午後8時の開票開始と同時に犬HKは、事前に決まっている立候補者の当確氏名を発表するに違いないのである。「大本営発表」を地で行っている犬HKは、権力側のポチとして不公平な報道を平気でする事であろう。

「この番組は、皆様の受信料で作られております」と言いながら、目線は国民ではなく、権力側を見ているのは誰もが知っていることである。受信料は放送法できめられ、強制的に徴収されているが、NHKの放送を聴かない、視ない人たちも多数いるのだ。本当の事を伝えない放送は全く不要なのである。

したがって、NHKが放送する電波すべてに「スクランブル」をかけて受信料を支払って視聴することにすれば、すべての問題が解決するのだがそうはしないようである。現状では、日本放送協会と言うよりは、「日本国営放送」と呼ぶべきであろう。国営であれば、国の予算で堂々と国策放送ができるようになるのである。ぜひ、その方向で改革を進めて欲しいと思っている。

2014年12月 1日 (月)

CQ WW CWコンテストに80mバンドで参加したが、コンディションが悪く数局交信して止めた。

【弘前市の天気】
今日は曇りで気温は7.4℃である。これから、2個(日本海と四国沖)の低気圧とその前線の通過で風雨が強くなってくるとの予報がでている。その後に寒気が流入するため、雪になるだろうとのことであった。すでに雪かき道具の準備と散水融雪の設置が済んでいるので心配はない。環境放射線は参考値であるが、0.046~0.049μSv/hであった。

【趣味のアマチュア無線】
28日に、HC2AO/8(Galapagos Is.)と14MHz/CWで交信できた。29日と30日はCQ WW CW Contestに80mバンドを中心に参加したが、コンディションが最悪だったため、7局交信しただけだった。今回はハイバンドが良かったようである。80mでは成果が無かったために、仕方なく7MHzや14MHzで数局交信して運用を停止したのであった。

DXクラスターにポストされるDX局のリストを眺めていたが、EL2DT(Zone35)がポストされていたので、14MHz/CWで「59925」を送って交信した。それ以外は、これはと言う局が見当たらなかったので12月1日の08:00JSTでQRTした。昨日と今日は午前5時に起床して80mバンドを聴取したが、ヨーロッパの信号もオセアニアの信号も極めて弱かった。中国と極東のロシア局の信号だけがやたらと強く入感していた。

二日も早起きすると老体にはこたえる。今日は昼寝でもして寝不足を解消したいと思っている。このコンテストを通じて分かったのだが、80m用の傾斜型アンテナは聞こえるのだが、飛びがイマイチであった事である。来春はもう少し効率の良いスローパーアンテナを・・・と考えている。

【総選挙】
明日は衆議院選挙の公示日であるが、マスコミは低投票率だと騒いだり、内閣の支持率が下がったと報道している。しかし、低投票で得するのは自公だけである。投票率が高いと無党派が増える為に、自公が不利になる確率が高いのだ。そのため、不正選挙をやりやすくするために、低投票率を事前に有権者に刷り込んでおく必要がり、犬HKを先頭としたマスコミの偏向報道が連日なされている。

内閣官房の機密費をもらっているマスコミは、権力側とズブズブであるから、言われたとおりにアンケート結果を捏造して内閣の支持率を高めに報道し、解散理由に取ってつけたように「アベノミクスの信任を問う」と言う事で大本営発表を繰り返している。日本の新聞もラジオもテレビも本当の事は伝えないと言うのが国外での常識となっているが、国内ではそうはなっていないのである。

また、最高裁は「一票の格差」が4.7倍程度になっている現状では、憲法違反であるとの判決をだしているが、政治家たちはそれを改善しないまま選挙に突入してしまった。年末年始の忙しい最中に700億円もの選挙費用をかけて憲法違反の状態での総選挙をする理由はどこにあるのだろうか。議員定数も480名はいらないだろう。半分の240名で十分ではなかと思うのである。

12月14日が投票日であるのだが、無党派の私としては立候補者の考え方を十分に吟味して投票したいと思っている。午後8時のNHKの開票速報が開票と同時に当確をだすことがあれば不正選挙が疑われるのである。高松市選管は監視カメラを導入して不正を監視するということだが、もともとあってはならない「票の操作」が行われていたから監視する必要が出てきたのである。

選挙管理委員会を監視する組織が無い限り、選管のやりたい放題であろうし、前もって当選者が決まっているのであれば、開票と同時に当確が出ても不思議ではない。昔から選挙は水物と言われ、最後の最後まで当確が分からないのが選挙なのだ。出口調査やコンピュータのデータで開票と同時に当確が分かれば苦労はしないのである。全国の開票所に監視カメラの導入と開票監視員を配置すべきであろう。

また、期日前投票の投票箱の管理を厳重にし、選挙管理委員以外の人にも保管を監視できる状況を作って欲しいものである。それと開票マシンの「ムサシ」が独占している開票作業を人手に変え、投票用紙の記入には鉛筆以外に油性のボールペンも並べて置き、投票者に筆記具の選択をまかせることも必要であろう。
★第47回衆院不正選挙は、明日12月2日に公示されます。
投票日は12月14日。  (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_1.html

選挙の投票用紙には「鉛筆で記入せよ」との規則は存在しないし、開票状況を立会人や有権者がカメラで撮影することも禁止はされてはいないと聞いている。先の総選挙は有権者の意志が反映されていなかったと思うのである。その原因は「ムサシ」の選挙機械やカルト集団の影響が大きかったのではないかとのネット情報がある。

今回の理解に苦しむ解散総選挙は宗主国の命令があったのではないかと言う事である。日本国はアメリカの植民地(属国:占領された国)であるから、この解散選挙もアメリカ側の都合で行われたとの情報がある。しかしながら、投票を棄権することは非常に「危険」なのである。今回、自公が再び圧勝することがあれば、どう考えても「いつか来た道」につながると思っている。なんとしても投票所に足をはこんで「清き一票」を投じて欲しいと思うのである。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31