フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

CO8LY(Cuba)の交信証をゲットしました。24MHzでバンドNewとなりました。

Img_bal133CO8LY(キューバ)とは過去に10MHzでも交信済みですが、24MHzではバンドニューとなりました。QSLマネジャーのEA7ADH宛にIRC(国際返信切手券:150円)を同封して直接請求したものです。昨年の10月25日に電信で交信した時のものです。

このエンティティもアメリカに制裁を受けておりましたが、北朝鮮がロシアと仲良くなってきたため、ロシアに当てつけることもあり、ロシアと国交があるキューバと仲良くすることにしたようです。国交を回復してキューバと仲良くする事でロシアに圧力をかけるつもりなのでしょう。

グアンタナモ湾(Wikipediaから引用)
グアンタナモ湾収容キャンプ(Guantanamo Bay detention camp, Guantanamo, G-Bay, Gitmo, GTMO)は、キューバのグアンタナモ湾のグァンタナモ米軍基地に設置されているアメリカ南方軍グアンタナモ共同機動部隊運営の収容キャンプ。 2002年にジョージ・W・ブッシュ政権時に設立されアフガニスタン紛争およびイラク戦争中に逮捕されたテロリストの被疑者が収容されている。(引用終了)

以上の様にキューバ国内には国交回復前から治外法権の米軍基地があるのです。過去にキューバとは、T46RRC(7MHz)、CO8LY(10MHz)、CO2HB/CL4RCB(14MHz)、T46AC/CO6LP(28MHz)等と交信しております。

K1N(Navassa)へのDXペディションチームはジャマイカに滞在中であります。出発準備は完了している。

今朝は曇り空で降雪はありませんでした。外気温は私の温度計で1.7℃となっており、アメダスの観測では85cmの積雪深となっております。環境放射線は参考値ですが、0.040μSv/hでありました。今回は太平洋岸に雪が降ったようで、福島、仙台、盛岡などで20cm以上の降雪があったと報道されておりました。こちらに降る分が太平洋岸にふったようであります。

毎年、春が近づくと青森県でも八戸市にドカ雪が降るようですが、今回は降っておりません。昨年は2月23日頃に大雪が降ったことを記憶しております。たまには、雪が少ない地方にも降っていただき、雪国の雪かき作業の苦労を味わっていただきたいと思っております。太平洋岸(三陸沖)を北東に進んでいる低気圧は北海道の東方沖に向かって進み、まだまだ発達するようですから、こんごの天気予報に注意する必要があります。

趣味のアマチュア無線の方はナヴァッサ島からの運用待ちの状態にあります。本日のK1Nのホームページの情報によりますと、ベディションチームはジャマイカに停泊し、地元のアマチュア無線協会のメンバーと交流を深めているようです。そのニュースを要約しますと、

(2015 年 1 月 30 日 現在)
「エレクトラ号」は航程をカバーしてくれた。現在、カリブ海を越えて米国の北東部を襲う「巨大な嵐」が吹き荒れています。昨日は、嵐を避けて「エレクトラ号」は「20フィート海」を脱出し、ジャマイカ北東部の海岸にある港「Antonio」に避難しました。メンバー全員元気です。「エレクトラ号」のチームにイアン ・ フレミングさんが国際空港から私たちに参加してきました。

昨日、イアン ・ フレミングさんの国際空港での入国手続きは非常にうまくいきました。すべてのジャマイカの職員達(無線仲間達)は適切な支援を我々にしてくれ、問題なく出発する準備ができました。荷揚げ用のヘリコプターは強い追い風を受けて、予定より早くジャマイカに到着しております。

最後の夜の夕食をジャマイカ・アマチュア無線協会の7名のメンバーと共に素晴らしい時間を過ごすことができましたし、運航乗務員も参加してくれました。感激的なミーティングを楽しんでおります。

以上の内容でした。恐らくペディションの準備(荷物の点検、ヘリコプターの到着)が完了し、前祝いを地元のアマチュア無線家達と楽しんでいるのでしょう。現在、巨大な嵐がアメリカ方面で吹き荒れておりますので、天候にもよりますが早ければ2月2日、遅くても3日にはオンエアしてくれるものと思っております。

2015年1月29日 (木)

Navassa島への船はジャマイカ方向へ航行中で本日中に到着のようだ。

昨晩から今朝まで降雪なしで、気温はマイナス3℃であった。天気は曇り時々晴れで環境放射線は参考値だが、0.048μSv/hであった。ここ今日は穏やかな一日となりそうである。午後からはコミュニティFMの新年会が開催されるので土手町まで出かける予定でいる。ついでに中三デパートにあるジュンク堂書店によって本でも購入しようと思っている。

趣味のアマチュア無線の方は、2月2日頃までは開店休業状態が続くと思う。ナヴァッサ島がでてくるまではゆっくりと骨休めをしたいものである。ナヴァッサ島への船は現在ジャマイカ方向に向けて航行中のようである。ホームページのNewsによれば、
(引用開始)
28 January 2015
Ten team members are on their way to Jamaica and will arrive today.  Two more will arrive tomorrow and the work begins to process the container under oversight by Jamaican officials.  Tomorrow will be a work-intensive day.
(引用終了)
とのことであった。次第にナヴァッサ島に近づいているようだ。

ISIL(イスラム国)による人質事件だが、後藤氏関係の情報、母親の石堂さんの情報を集めてみると、どうも北朝鮮系の匂いがする。ネット情報によると後藤氏そのものも北朝鮮の工作員なのではとか、母親が代表の法人も怪しいもので、在日朝鮮人関係の仕事をしているのではないかとの情報がある。

★え、後藤さんのご実家に金国王様の御真影が? (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201501/article_137.html

いずれにしても、北朝鮮系の方が人質になっていることになるが、日本のマスコミは政府の情報管制にしたがって報道しないようにしている。石堂さんが外国記者クラブを利用して記者会見できたのも裏の関係団体の力によるものが大きいと思うのである。また、マスコミが石堂さんを大々的に取り上げれば取り上げるほど違和感を覚えるのである。

つまり、電通の指示、共同通信の配信によって故意に人質となっている後藤氏の事や母親のことを取り上げる様になっているのである。犬HKは大本営発表に徹しているため、本当の事は国民へ知らせないようにしている。今回の人質事件は1ヶ月前から日本政府が知っていたとアベ首相が国会で答弁している。それを承知でイスラエルを訪問してイスラム国に敵対するような発言をして刺激したのである。

人質事件が発生させたのは、イスラエル訪問時のアベ首相の発言が原因となっているのに、マスコミや野党はそれを追求しようとはしないのである。今国会の開会時にアベ首相の所信表明演説が省略されたことは理解できないし、野党も同意していると言うが何か違和感を感じざるを得ないのである。オール与党となってしまったのであろうか。

★イスラム国の人質事件、原因は安倍首相だったことが判明!イスラム国「安倍首相のエジプト演説を見て決めた。日本は十字軍に」 (真実を探すブログ)
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5237.html

2015年1月28日 (水)

EP6T(Iran)が終わり、 K1N(KP1:Navassa)が出てくるのをまっている。2月3日頃に電波が出るか?

早朝は晴れて太陽が出ていたが、午前10頃からは風雪が強くなってきた。昨晩からの降雪は1cm程度であり、雪かき作業はすぐに終わってしまった。現在の外気温は私の温度計でマイナス4.2℃であり、環境放射線は参考値だが0.045μSv/hであった。この後は曇り時々雪の天気が続くとの週間予報がだされている。

アマチュア無線の方はイランが終わったので、次のナヴァッサ島がでてくるまでしばらくは何もない。ただ、各周波数を傍受するだけである。受け取った交信証の方はGJ8DX(Jersey)が12mバンドの電信でNewであったし、XV2G(Viet Nam)が40mバンドの電信でNewとなった。

気になるDXベディションのナヴァッサ島(Navassa Is.)であるが、27-January-2015現在のホームページのNewsによると、「Electra号はGreat Inagua島の南岸に錨をおろして停泊中である。この島からナヴァッサ島までは170マイルの距離が有る。現在の天候は次第に悪化しつつあるし、風も強くなってきている。・・・・中略・・・・ 海上の天候次第ではナヴァッサ島到着の日程が変化する。できれば荷揚げを1月31日の午後から2月1日までに完了させ、2月2日から3日までに荷物を開けて機器の設定をしたいと思っている」との事であった。

だとすれば、電波が出てくるのは3日ごろからだろうか。いずれにしてもナヴァッサ島付近の天候によっては、今後も日程に変更がなされることは避けられないだろう。無事に荷揚げを終え、機器のセッティングをして強力な電波を発射して欲しいものである。

2015年1月27日 (火)

まだ市が委託した業者による排雪は実施されておりません。

Dsc05699Dsc05697朝から雨が降っている。気温は3℃と3月初旬の状態となっている。環境放射線は参考値であるが、0.041μSv/hであった。路肩に積み重なった除雪車が置いていった雪の壁は雨で少しだけ融けだしている。自家のブロック塀と市道の雪の壁の間は1m程度の通路ができている。私の周辺の人たちも同じ方法を取っている。

Dsc05698つまり、除雪された雪を片付けると、片付けたスペースに毎度除雪車が平気な顔をして雪を置いて知らん顔をしているため、住民たちは除雪された雪は玄関前や車庫前は片付けるがそれ以外はノータッチである。そのために塀と路肩に積んだ除雪車が作った雪の壁の間に空間ができるのである。排雪すれば無くなるものであります。

アマチュア無線の方は、27日に運用を停止したEP6Tとは80m/17mバンドを除く6バンドで交信する事ができた。そこそこの成果であったが17mのコンディションが悪かった事が印象に残った。次は、ナヴァッサ島(Navassa Is.)がいつ出てくるのかが気になる。

K1NのホームページのNewsによると26日現在、Electra号はGreat Inaguaに到着しており、この後はナヴァッサ島に向かって出港するという事であった。
★K1N Navassa Island Dxpedition 2015. 
http://www.navassadx.com/
明後日あたりから電波がでるのではないかと思っている。とにかく、運用期間中どの程度交信できるか楽しみである。

2015年1月26日 (月)

雪が降らなかったので雪かき作業は無し。春先のような陽気となっている。

Dsc05693_2昨日も今日も雪は降らなかった。お陰様で家の周辺の雪は片付いている。ただし、除雪車が置いて行った雪は道路に壁の様に残している。除雪車が置いて行った雪は玄関前と勝手口の物だけ融雪してやっている。それ以外は、除雪するとその空いた場所にまたまた除雪車がごっそりと雪を置いて行くために片付けないで放置しているのである。
(画像は玄関先の状況である。雪は無くコンクリートが露出している。この前に除雪車が置いて行く雪の塊は処理している)

Dsc05695放置しているからと言って交通に支障が出ていないのである。ただ、道幅が1m程度狭くなっているだけだ。市側が市道の排雪をしてくれれば解決することである。散水融雪装置を作るときに無利子の資金を貸してくれなかったのだから、無理して除雪車の置いて行った雪まで処理してやる必要は全くないのである。
(画像は自作の散水融雪装置のパイプである。この下に雪を置くと融ける。雪が融けてしまって側溝が水だけになっている。画像の右端に除雪された雪の壁が厚さ30cm高さ60cmで放置されている。雪の壁と塀の間で自分の敷地内の雪を処理している

Dsc05696天気は曇りで外気温が私の温度計で8℃と高くなっているので春の様な陽気となっている。しかし、28日頃からは荒れた天気となりそうである。環境放射線は参考値であるが、0.043μSv/hとなっている。アメダスの観測による積雪深は86cmまで下がっている。
(画像は、への字型になっているブロック塀の方向の雪も融けている。路肩の除雪された雪の壁はそのままである。交差点の角に除雪車が雪を積んでいくため、そのまま放置している。それが右上に見える雪の壁である)

アマチュア無線の方は本日も傍受のみであった。EP6T(Iran)は3503kHzで午前7時半頃まで聴こえていたが呼びはしなかった。3.5MHz/18MHz/28MHzのみ狙っているが、まだまだ呼ぶ気にはならない。何しろNewエンティティではないのだ。

イスラム国の人質事件でマスコミは賑やかに報道しているが、人質の母(石堂さん)は在日朝鮮人で父は元朝鮮駐留日本軍の士官であった事は報道していない。人質の後藤さんは在日朝鮮人の子供だと言う事になる。

★後藤健二の母親石堂順子さんとは?父親や設立した団体について!
(Masashiのとぴっくぼっくす)

http://todaynews01.com/2690.html

人質となっている後藤さんの母は色々な経歴を持っているようである。記者会見を実行できる力は本人の所属団体がバックにいるからなのだろうか。いずれにしてもネット情報を総合すると、今回の人質事件は「イスラエル、アメリカ、アベ政権」が裏で相談しながらのマッチポンプ事件であることは確かなようである。

2015年1月25日 (日)

珍しく晴天の朝を迎えている。

晴天の朝であり、気温は私の室外温度計でマイナス6℃であった。雪は昨日からふっていないため、雪かき作業は無しである。ただ、雪がシャーベット状になった道路はワダチができて車の走行には注意を要する状態になっている。本日も除排雪はなされていないし、来るような気配もないのである。

アマチュア無線の方は、3.5MHz/18MHz/28MHzでEP6Tと交信できていない。今朝の3.5MHzは良く聴こえていたが呼ばなかった。しかし、次第にパイルアップの程度は下がっている。18083kHzの方はジャミングによる混信で信号がかき消されるためにいまだ交信できずで、28MHzは電信や電話で呼んだがほとんど応答を得られなかった。

この後もEP6Tは傍受しつづけ、チャンスがあれば呼んでみたいと思う。また、本日あたりからK1N(Navassa)が出てくるが、猛烈なパイルアップになると思う。2月13日まで運用されるようであるから、それまでにはどこかのバンドで交信できるものと思っている。しかし、Newエンティティではない。焦らずに、20mバンド以外を狙いたい。

ET6TとK1Nは今月いっぱい両方とも運用されるため、バンド中が大混乱になるのではないかと危惧している。K1Nの方にビッグガンが行っている間に、未交信バンドでEP6Tをゲットしたいものである。

2015年1月24日 (土)

EP6T(Iran)とは5バンドで交信する事ができている。降雪は小康状態である。

本日は5cm程度の降雪があり、晴れたり曇りの天気が続いている。気温は2℃で比較的暖かい日となっている。アメダスの観測では積雪深が91cmとなっている。環境放射線は参考値であるが、0.040μSv/hであった。雪かき作業はシャーベット状の道路のワダチの雪を片付けた。幹線道路は排雪されているが、住宅地はここ2~3日は除雪や排雪がなされていない。

除排雪の苦情を言わなくなってから久しいが、除排雪のやり方は毎年悪くなる一方である。委託される業者の廃業や職人不足、東日本災害地への復興工事への工事車両の出稼ぎ、マンネリ化した道路維持課の考え方、等々のためだと思うのだが除排雪が上手く行われることはない。除雪予算が多く使われているは繁華街、観光施設、公共施設、商店街付近などの道路となっている。

住宅地は、よほど道幅が狭くなって人と車がすれ違いができなくなり、交差点の見通しが悪くなってからでないと排雪してくれないのである。市民の雪国の生活を楽にして欲しいのだがそんな考えは皆無である。それどころか、弘前城雪灯籠祭りだと言って、岩木山の山麓から10トンダンプで雪を運んでいるのである。そのくせ、市街地の除雪は4トンダンプでやっているのだ。

なんだかチグハグな雪対策を行政や商工会、観光協会がやっているのが弘前市なのである。市民が雪の為に健康を害したり、雪かき作業で怪我をしたりしているのだが、除排雪が効率よくなされていない分だけ市民の苦労が多いのである。これでは人口が増える訳がないし、弘前に移住してまで住むと言う県外の人はいない。

Ep6tアマチュア無線は、イラン(EP6T)と40m/SSB,30m/CW,20m/CW,15m/CW,12m/SSBの5バンドで交信できた。まだ、80m/17m/10mでの交信が出来ていない。本日も3503.5kHzでEP6Tがでていたのだが、傍受するだけにしておいた。そうそうたるビッグガンも呼んでいるのだが交信が難しいようだった為である。

まぁ、気長に追いかけるしかないと思っている。当局の場合は80mバンドのアンテナの改善が必要であることは分かっているのだが、雪が融けてからでないと工事ができないのである。

★国際情勢「イラク国人質事件関係」

★「イスラム国は重大な過ちを犯している」「人質の無条件解放を」 在日ムスリム団体がフェイスブックで抗議声明、反響広がる (J-castニュース)
http://www.j-cast.com/2015/01/23226066.html

(引用開始) 文中ではその「理由」を5つ提示している。
1つは「日本が、パレスチナとイスラエルが紛争をしている際に、パレスチナに対して支援をする等、多くの場面において、相対的に公正な立場」をとってきたこと
2つは日本がパレスチナに対する最大の援助国であること
3つはイスラム教徒が日本で平穏無事に暮らしていること
4つは日本にいるイスラム教徒の宗教活動に政府が干渉しないこと
5つは「日本がイスラム国を含めいかなる国に対しても宣戦布告をしない唯一の国」であること

5つ目に関しては「おそらく最も重要な理由」と強調している。続いて、「日本人2人の人質を殺すことで、日本人のイスラムに対するイメージ、そして 日本に住んでいるイスラム教徒に、とても大きな影響を与える」と警告、「このような影響に対して、我々は全能のアッラーの前で、イスラム国が責任を負うべきだ」「日本人の人質を殺すことについて、いかなる弁解の余地もなく、正当性もない」と厳しく非難した。(引用終了)。

アベ首相と財界が中東訪問したことから発生したイラク国による「人質身代金要求事件」は、各国、関係各団体等が解決に協力してくれている。大変ありがたいことである。在日ムスリム団体がフェイスブックに抗議声明を掲載したことに対して心から感謝申し上げる次第である。

2015年1月23日 (金)

今日は午前5時半に起床してEP6Tを追いかけてみた。

朝方は雨が降っていたが、正午ごろからミゾレから雪に変わっている。気温は1℃で時々西風が強く吹いている。環境放射線は参考値であるが、0.042μSv/hであった。このまま雪が降らないで欲しいのだが、2月が控えていることから無理なことであろう。散水融雪装置はほとんどの雪を融かしてしまったので側溝に溜まったゴミや小石をさらった。

アマチュア無線の方は、午前5時半に起床してEP6T(Iran)を3503kHzの電信で呼んだがダメだった。その後、7083kHzのSSBで出ていたので7100kHzで呼んだところ応答があった。10123kHzの電信でも交信できた。残すところは18MHzと3.5MHzだけとなった。18MHzどうにかなるのだろうが、3.5MHzは無理のようである。

マッチポンプのイスラム国人質事件は予定通り進んでいる。日本の首相が中東を訪問している所をとらえた事件である。日本を戦争が出来る国にするためのもので、アメリカやイスラエルなどが裏でやっている人質事件である。アメリカは日本に「身代金を払わないように」と釘をさしている。したがって、日本政府は身代金を支払わず、2名の人質は救われない恐れが強いと思っている。

2015年1月22日 (木)

EP6T(Iran)と24MHz/SSBで交信できた。今年最初の中学校同期の新年会を開催した。

今日は晴れ後曇りで雪はふっていない。これまで積もった雪を片付ける作業をした。気温は、プラス1.5℃と昨日に比較して温かい。アメダスの積雪深は91cmまで減少している。環境放射線は参考値であるが、0.042μSv/hとなっている。しかし、今年の冬は良く雪が降る天気が続いている。この時期に弘前で積雪が1mを超える事は稀なことである。やはり、どこか自然環境が激変しているのであろう。 

昨日は、中学校時代の同期会の新年会を開催した。毎年、新年、花見、ねぷたのシーズンに開催している。今年は最初の集まりである。参加者は4名とすくなかったが、急用ができたと言う事でドタキャンが2名あったので仕方が無かろう。4名でゆっくりと料理を味わいながら酒を飲みかわしたのであった。 

アマチュア無線の方は、イラン(EP6T)と20m/15mの電信で交信できたが、WARCバンドでの交信は24MHz/SSBのみであった。18MHzと10MHzがいまだできていない。今日明日にでも交信しないとまた、土日がやってくる。そうなればパイルアップが酷くなって交信が難しくなる。 

イラク国の人質事件はアメリカとイスラエルなどのマッチポンプであろう。人質の画像の首の影が違っている所を見れば合成写真であるに違いない。アベ首相が財界を連れて海外旅行しているのが気にくわなったのであろう。2億ドルの身代金を要求しているというが国民の税金を支払ってまで助ける必要があるのだろうか。

★「イスラム国」“日本政府の動き把握” (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201501/article_116.html 

★愛死すの人質事件、金鳥缶がないですね。あー眠い。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201501/article_115.html 

いずれにしても、ゴルフと外国訪問がアベ首相の趣味なようであるが、行った先で支援金をばら撒いて恰好をつけている。そんな金があったら、日本国内に使って欲しいものである。すなわち、医療・福祉・介護・年金に回して欲しいと言う事である。

2015年1月20日 (火)

弘前の積雪深が101cmとなってしまった。本日は吹雪となっている。

0121今日は吹雪となっている。大寒だけあって気温もマイナス3℃で真冬日が続いている。環境放射線は参考値であるが、0.041μSv/hとである。朝と昼の2回雪かき作業をしたが、後から後から降雪があり、大雪注意報がでるだけのことはある。アメダスの観測によると積雪深が101cmとなって1mを超えてしまった。青森市は107cmであるから弘前もそんなに変わらないほど雪が降っている。

それにしても排雪がなされないのはどう言うことなのであろうか。昨年の同時期よりも4倍近くも降雪があるのに弘前市道路維持課は除雪だけでは限界だと思ってはいないようである。相当の苦情が行っているに違いないのだが、聞くだけで実行に移すことはしないのである。

朝から雪かき作業が忙しく、趣味のアマチュア無線のほうはインターネットのDXクラスターを眺めるだけとなっている。相変わらずイランのEP6Tとは交信できていない。ヨーロッパの壁が立ちはだかっているためか、日本からの交信は難しくなっているようだ。

政治の方は、厚生労働省が年金の支給額を減額するための法律改正をすると報道されている。年金資金を株式市場で運用し、21兆円を失ったことから、支給年齢を遅らせる手段をとったり、団塊の世代受給者が増えるため、年金資金が不足するとかの理由をつけて、支給額減額を画策しているのである。

ゆうちょ銀行、かんぽ生命、年金資金などを市場で運用し、宗主国に日本の資産を売り渡している売国奴が政治を動かしていることから、あの手この手で国民から税金を搾り取って貢いでいるのである。助かっているのは占領国のアメリカである。

2015年1月19日 (月)

土日はイラン(EP6T)を呼んでいたが、全く歯が立ちませんでした。

月曜日だが天気は曇り時々雪である。雪はが降ったり止んだりを繰り返している。気温は1℃で環境放射線は参考値だが、0.041μSv/hである。排雪が行われていない為に路肩に積み重なった除雪された雪の壁が道幅を狭くしている。排雪作業は幹線道路が先で住宅地は通学路を除いて最後になるのであろう。

Img_bal130アマチュア無線の方は24MHzのSSBでEP6T(イラン)が出ているが土日であったためか、ものすごいパイルアップであった。当局も2~3回呼んではみたが全く歯が立たなかった。平日もおなじだろうが、本日も聴こえたら呼んでみたいと思っている。ローカルの1kW局が半日もかかって漸くゲットしたようであるから、当局の設備ではもっと後になると思っている。しかし、過去に交信済みのエンティティであるからNEWではない。できればWARCバンドで交信したいものである。

さて、政治の方は民主党の党首選挙が行われ、岡田氏が党首に選出されたが開票装置は「ムサシ」が使われていたと言う。この「ムサシ」は不正選挙の原因となっているもので、プログラム次第では、投票動向に関係なく一定の比率で票が操作され、宗主国が認めた者を当選させることができるのである。この程度の票数では人間か開票してもそんなに時間がかからないはずなのだが、ムサシを使用しなければならない何らかの理由があったのだろう。

民主党と言っても第二自民党(隠れ自民)であり、自公連立政権も民主党も同じようなものである。もし万が一、民主党が政権を取っても何も変わらない事になるのだ。全く新しい野党が誕生しないかぎり、既成政党では日本の経済も政治も変わりようがないのである。

★「不正選挙で壊滅的な打撃を受けた次世代の党がユダ金や外国勢力の敵であり日本人の為の政党」なんですか?  (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201501/article_91.html

2015年1月18日 (日)

昨晩から10cmの降雪があった。本日は吹雪の日となっている。

朝から吹雪となっており、気温は氷点下2.2℃である。昨晩から10cmの降雪があった。1週間ぶりで除雪車が来て雪の塊を玄関前に大量に置いて行った。久しぶりに雪かき作業に熱が入った。環境放射線は参考値であるが0.043μSv/hであった。昨晩降った雪を散水融雪装置の下に運んで行って融雪を行っているため、本日は2時間おきくらいに融雪状況を確認しながらの雪かき作業が続くことになる。

趣味のアマチュア無線は昨日の午後にKH0YF(サイパン島)と18140kHzのSSBで交信することができた。レンタルシャックからの運用で出力が100Wだと言う事であったが、結構強く入感していた。交信状況を録音しておいたので、彼がサイパンから弘前市に帰ってきてから聞かせたいと思っている。

政治や経済の方は、国民生活が良くなる方向にはない。企業の法人税は下げるが、国民の税金は上げるばかりである。賃金も上げたと言っているが諸物価の値上がりには追いついていない。また、医療・介護・福祉の切り捨て、生活保護費の切り下げ、非正規労働者を増やすと共に労働条件も悪化させている。

また、国民の年金資金の運用方法を変えて、株式での運用率を上げているが既に21兆円もの損失をだしている。それに郵政の「かんぽ生命」や「ゆうちょ銀行」を株式市場に上場してアメリカの餌食にしている。すなわち、日本国の資産や国民の生活を破壊し、アメリカの完全なる属国にする計画が進んでいるのである。そのため、アベ政権はアベノミクスをわざと失敗させ、日本国を破綻に導こうとしているのである。

従って、敗戦後70年間アメリカが占領したままの日本は、独立国家は名目だけでアメリカべったりの官僚独裁国家なのである。日本の官僚群(霞が関)とアメリカの軍人達で構成されている日米合同委員会が日本を治めていると思ってよいのである。

★日米合同委員会~もっともらしい名称だが実体は、米軍が霞ヶ関を通して日本を支配するための機関(るいネット)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=277682

この委員会があるために日米地位協定の改善不可能、在日米軍施設の治外法権、あらゆる日本国内の法律の在日米軍への適用除外などが可能となっているのである。つまり、在日米軍は何をしてもOKなのである。なにしろ、占領軍なのであるから、日本国を全ての面で支配するのは当然なのだ。

2015年1月17日 (土)

三陸沖を通過中の低気圧の為に風雪が強くなっております。

三陸沖を通過中の低気圧の影響で風雪が強くなっております。気温はマイナス1.7℃となっており、これまでに8cm程度の降雪がありました。環境放射線は参考値ですが、0.051μSv/hでありました。この後は1週間程度雪が降ったり止んだりの天気が続くとの予報が出されております。また、雪かき作業が開始となります。

数日間降雪がなかったので、周辺の雪は片付けてしまいました。その分、こんごの降雪に対応できるスペースができたので安心であります。降った雪は庭に積んでおき、順次散水融雪装置で処理を行う予定になっております。しかし、5日間程度除雪車が来ておりませんので車のワダチができて、一台しか走行できなくなっております。排雪は一本裏の道路をやっただけで私が住んでいる道路は放置されたままとなっております。

文句を言えばよいのでしょうが、この地域の住民は元学校の先生や元市役所職員などの地方公務員が多いので市役所に文句を言う人は極めて少なくなっております。そのため、除雪や排雪は他の地域が優先され、城西団地は最後の最後になっているのが現状であります。団地のすぐ近く(100mの距離)に樋ノ口の岩木川河川敷があり、雪捨て場になっております。

しかし、樋ノ口雪置き場は1月14日で満杯になり閉鎖しておりますから、城西団地をこの後で排雪しますと、その雪は遠い悪戸の雪置場まで捨てに行かなければなりませんから、効率が落ちます。つまり、雪置場が近いときは排雪しないで、遠くなってからボチボチ排雪に来るのであります。排雪に来れば良いのですが、本日現在も通学路の一部を排雪しただけて、城西三丁目付近は除雪や排雪はなされておりません。さすが、おとなしい住民たちが住んでいる地域だけあります。

さて、趣味のアマチュア無線は開店休業であります。ローカル局のJK7LXU(石岡)局がKH0YFでオンエアしていると言うのですが、まだ交信できておりません。20日に帰国するとのことでしたから、それまでに交信したいものです。また、イラン(EP3HF)から電波がでているのですが、極めて微弱な信号なので交信できておりません。滞在期間が長いのでその内に交信できると思います。

2015年1月16日 (金)

確定申告のシーズン到来、本日から「e-Tax」を利用して電子申告の準備を始めた。

本日は曇り時々晴れの天気で雪は降っていない。気温は3℃であるが次第に下がってくるだろう。夕方には雪になるとの予報がでている。アメダスの観測データの積雪深は73cmとなっている。環境放射線の値は参考値であるが、0.045μSv/hであった。

4日ほど雪が降っていないので雪片付けは軒下の残雪と庭の残雪の処理だけで終っている。散水融雪装置で家の周辺の雪を順次融かしているが、地面が見えるまでの雪片付けは無駄となるので次の降雪まで雪かき作業は休止としたい。

ぼつぼつ確定申告がはじまって、e-Taxが利用可能(13日から)となったので、生命保険、地震保険、年金総額、国民健康保険料、介護保険などの控除証明書を準備してインターネット経由での申告書の作成をおこなった。まだ控除証明書が来ていないものもあるので入力データを保存している。

確定申告を電子申告で出来る様になってからは、もっぱら「e-Tax」を利用しているが毎年使いやすくなっている。カードリーダーを準備したり、電子認証を取得したりする手間がかかるがインターネット経由の電子申請は便利である。確定申告以外にもアマチュア無線免許状の再免許や変更申請なども電子申請を利用している。

2015年1月15日 (木)

本年はじめて電波を発射しました。記念すべき最初の交信はPY0F/PP1CZ(Fernando de Noronha)であります。

本日は一日中曇りの天気でした。気温はプラスの3℃で雪は全く降っておりません。お蔭で家の周辺や庭の雪を全て片付けることができました。やっと一息つける状態になりました。この後は大雪にならないと思っておりますが、12月下旬から今日まで昨年の4倍も雪が降ったそうですが、2月が控えておりますから油断はできません。

環境放射線は参考値ですが、0.040μSv/hでありました。正午ごろになって道路の排雪が始まりましたが、自分が住んでいる場所ではなく1本裏の通りを排雪しておりました。明日あたり来るのではないかと期待しております。排雪しないと道幅が狭くなっており、学校が始まって学童が通学しておりますので非常に危険な状態にあります。

通学路を優先的に排雪していたようでした。排雪しないと人と車がすれ違いが出来ないほど道路幅が雪の為に狭くなっているので危険であります。数日間除雪車が来ないところを見れば排雪の予定が有るためだったのだろうと思っております。

趣味のアマチュア無線は本日漸く電波をだし、PY0F/PP1CZ(Fernando de Noronha)と14010kHzの電信で交信することができました。本年最初の交信となりましがニューではありませんでした。それでも、趣味を楽しもうと言う余裕が出てきたのも、雪かき作業が無いからと、雪片付けが一段落したことにあります。それだけ、雪かき作業が重労働であり、古希を迎えた身体には堪えるのであります。

2015年1月14日 (水)

霊峰岩木山が2週間ぶりに全姿を現しました。2週間も岩木山を見られなかった事は初めてです。

Dsc05680Dsc05681本日も朝から快晴であります。気温は日向で10℃で日陰では2℃となっております。天気が良いので雪がドンドン融けております。昨日から降雪がありませんので雪かき作業は無しとなっております。そのため、午前8時までゆっくりと眠る事ができました。明日は産土様の熊野宮で正月飾りなどを焼く「ドント焼き」が行われますので、自宅に飾ったしめ飾りを持って御参りかたがた焼く場所に持って行ってきました。

Dsc05684Dsc05685_2また、2週間ぶりに岩木山が全姿を現してくれました。2015年に入って初めてお岩木山を見ることができました。なんと長かったことでしょう。これまでは悪天候のため、麓が少し見えるだけでした。快晴の青空に悠然と立っている霊峰岩木山(1625m)はやはり津軽平野の象徴であります。ひつじ年といいますが、岩木山を2週間も見られなかった事はかつて経験がありません。それだけ激動の年となると言う事なのでしょうか。

Dsc05686_2Dsc05687私が住んでいる周辺の道路は道幅が狭くなったままですし、屋根雪も腰の高さまで積もっている家もみかけます。道路を除雪した雪が山の様に積まれている場所も散見されます。除雪予算が無くなった為なのか除雪車がここ数日来ておりません。

Dsc05688Dsc05689自作の散水融雪装置も側溝の雪をほとんど融かしてしまいました。今日はこれから、裏にたまった敷地内の雪を側溝に運んで片付けたいと思っております。2月の大雪に備えてスペースを空けておく必要が有るからです。

2015年1月13日 (火)

天気が良く気温も高いので雪がドンドン融けだしております。6Y5WJ(Jamaica)と5R8M(Madagascar)からの交信証をゲットしました。

Dsc05677Dsc05678天気は晴れ、気温はプラス7.6℃であります。雪が融けてシャーベット状になっており、除雪されていない分だけ車のワダチができて走行に苦労しています。環境放射線は参考値ですが、0.040μSv/hでありました。積雪は76cmまで下がっております。しかし、除排雪がなされていないので、車の擦れ違いが出来ない状態が続いております。

Dsc05679自作の散水融雪装置のおかげで、雪の処理が進んで玄関と車庫前は綺麗に片付けることができました。軒下と路肩や庭に積んであるゆきは、散水装置の下に運んで融かしております。今日明日で相当ゆきが融けると思っております。連日降られると大変ですが、今日みたいに天気が良く、太陽が出る日が間にはさまると雪かき作業が楽になります。

Img_bal129正午前に航空便が2通配達されました。カリブ海のジャマイカ(6Y5WJ)からとアフリカのマダガスカル島(5R8M)からの交信証(QSLカード)が入っておりました。ジャマイカは24MHzで、マダガスカルは10MHzのCWでそれぞれバンドニューとなりました。まだ、今年になってから電波が出ておりません。ログブックが真っ白であります。

2015年の初交信はどこのエンティティになるのかは分かりませんが、できるだけ難易度の高い所と交信したいと思っております。ナバッサのペディションへの寄付をおこないましたので、バンドは問いませんがなんとか一回でも電信で交信したいものであります。

2015年1月11日 (日)

昨年の4倍近くの降雪があり、除排雪費用が底を突き、追加として5億円の除雪費を計上した。

今日は晴れたり曇ったり、時々小雪が降ったりの天気で、気温はマイナス2℃であります。昨夜から5cm程度の雪が降りましたが、少ない雪だったので雪かき作業は短時間でおわりました。環境放射線は参考値ですが、0.045μSv/hでありました。これまで昨年の4倍近くの降雪がありましたので弘前市の除雪費が底を突き、追加として5億円の除雪費を計上したということです。

★弘前市、国に除雪財政支援要請へ (東奥Web)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2015/20150111085404.asp
(引用開始)
 12月の積雪量が過去最高となった弘前市は、2014年度当初予算に盛った8億円の除排雪費が底をつきかけ、今月8日に5億円の追加を専決処分した。除排雪関連の一度の専決処分額では過去最大。近年で最も費用負担が大きかった12年度の約19億7千万円(決算額)に匹敵する予算執行の勢いで、市は周辺市町村との連携も視野に、連休明け以降、財政支援を国に要請する方針だ。
(引用終わり)

もう、除雪だけでは道路の拡幅には限界となっておりますから、排雪をしなければなりません。しかし、除雪もあまり来ない状態で排雪なんぞは何時になるかは不明であります。商業地域や観光施設付近の排雪が優先されているのでしょうから、住宅地の排雪は雪が消えかかる春頃になってしまうのではないかと思っております。除排雪もままならない弘前市に移住者を増やそうとしても移住する人は皆無でありましょう。

外から来た観光客やビジネスマンが冬期間、交通網が雪の影響で遅れたり、運休したり、市内の移動時に雪による影響で時間がかかったりしている現状では、人口が減りこそすれ増えることは無いと確信しております。勿論、弘前城雪灯籠祭りへくる観光客の数も増える事はないと思っております。

弘前市は冬期間の除雪や排雪を万全にし、ある程度除雪費が膨らんでも快適な冬を過ごせるような環境にすれば移住者も増え、観光客も増え、経済活動も活発になって発展する都市となるでしょうが、現在の除排雪体制ではそれは望めません。奥羽本線や五能線が雪の為に遅れたり、運休したりしているし、市内では道幅が狭くなり交通に支障がでている状態では将来の発展は望めません。

青森県は人口減少率が全国のトップクラスとなっておりますし、貧乏県としては沖縄県とビリから一位や二位を争っております。加えて、短命県としても有名であります。その青森県内でも弘前市は観光都市、学園都市として頑張っておりますが、新幹線からも高速道路からも飛行場から遠くなっております。交通の利便が悪い所が良いと言う人もおりますが、せめて奥羽本線だけでも単線を複線化してほしいものであります。

北海道新幹線の前倒し工事だとか騒いでおりますが、青森市と弘前市の間が複線でないのは国の交通政策の在り方に問題があり、青森県の国会議員の力不足だと思います。また、JRの支社が秋田、函館、盛岡にあって青森に無いのもオカシナ話であります。すべてが万事政治力の無さと貧乏県のなせる業でありましよう。この後も青森と弘前間の奥羽本線の複線化の可能性は現在の所皆無となっております。

★奥羽本線の青森~新青森間は複線化されないのですか(Yahoo!知恵袋)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1466818054

2015年1月10日 (土)

今日も雪かき作業に明け暮れました。

本日は曇り時々雪のてんきで、気温はマイナス1.3℃である。今朝の積雪は5cmチョッとであったことから、雪かき作業は大変楽であった。積雪は83cmである。正午までかかって敷地内のほとんどの雪を片付けた。環境放射線は参考値であるが、0.042μSv/hであった。この三連休中は大雪注意報が発令されている。大雪にはもう疲れてしまったが、12日頃まで降るとの事であった。

趣味のアマチュア無線の方は相変わらず開店休業状態が続いている。受信だけはしているが、これと言った海外局が出ていない事と雪かき作業が大変なために電波がでていない。ナバッサ島がでてくるまではこのままの状態が続くかもしれない。元旦からの大雪続きで正月気分になれなかったし、連日の雪かきで趣味のアマチュア無線も楽しめなかったのである。

2015年も10日目に入ったが、フランスのテロ事件がめだっている。イスラム国だ、アルカイダだと言っているが全てCIA(米国)がらみである。テロ事件の裏には必ず米国の影がちらついている。伝染病を発生させるのも戦争を起こすのもマッチポンプを好んでやっている米国が原因となっている事が多い。BRISCの台頭によって、基軸通貨としてのドルの影が薄くなって影響力が弱くなったことから、世界各国で様々な事件や事故を起こしているのである。

ロシアと中国の友好関係が深まることを嫌っている米国は、原油価格を下げてロシアに制裁を加えようとしたが失敗に終わっている。それどころか自国のシェールガスやオイルで儲けようとしたが原油価格の暴落で採算が取れなくなってしまったのである。自分で自分の首を絞めてしまった。慌てた米国は最後の悪あがきで、親ロ派のキューバと国交を回復したり、ロシア寄りに傾いた北朝鮮に圧力を掛けたりしている。

フランスの新聞社へのテロ事件も、フランスがロシアへの制裁を止めようと言ったとたんに発生したのである。この事件も裏ではCIAが糸を引いているのではないかと思っている。イスラム関係を種にしてマッチポンプで事件をお越してイスラム教を否定するように報道する事が目的なのであろう。アメリカとフランスは仲が良いはずであるから、テロ事件=マッチポンプと見た方が妥当ではないと思うのである。

★ユダヤ金融悪魔の悪足掻きが始まった。(richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201501/article_51.html

2015年1月 8日 (木)

カリブ海のJ6/DL7VOG(Saint Lucia)からの交信証をゲットした。本日も雪かき作業に忙殺されてしまった。

今日は曇り時々雪の天気で、気温はマイナス1℃と昨日よりは比較的暖かく感じる。午前1時頃に除雪車が来たので起きて行って除雪方法を監視した。人が見ていると大量の雪の塊を玄関前には置いて行かないが、少しだけ置いて行った。交差点の角もカーブを付けて削って行った。もし、私が視ていなければ大量の雪の塊を玄関前に置いて言ったに違いない。その後、二度寝しようと床に入ったが安眠はできなかった。

環境放射線は参考値であるが、0.042μSv/hであった。大雪が降った日には除雪車が来ないが、雪が少し降った晩は除雪にくるようである。昨日は除雪されなかったので道路はワダチが出来たり、車が雪に乗り上げて亀のようになって動けなくなったり、すれ違が出来ずに接触事故をおこしたりしていた。今日みたいな日に除雪車には来てほしくないのである。

Img_bal128自作の散水融雪装置はフル稼働で雪を融かしてくれている。一日中運転したままである。幸い水量に変化がなく豊富に水を汲みあげてくれるポンプのお蔭で雪かき作業がはかどっている。午後になって課題の屋根雪を下ろすことができた。下ろした雪は固くなっているためにスノーダンプでの運搬に苦労をした。

Img_bal127正午過ぎに年賀状と共にドイツからの航空便が届いた。カリブ海のSaint LuciaのQSLカードが入っていた。OQRSで直接DL7VOG局に請求したものである。J6/DL7VOG(Saint Lucia)局とは10MHz/24MHzのCWで交信したが、いずれもバンドでニューとなった。
今年になって8日目だが電波の方は全く発射していない。そのために、無線業務日誌は真っ白なままである。2015年のページにデータが書き込まれるのは何時になるのかわからない状態である。

2015年1月 7日 (水)

またまた一晩で雪が35cmも降ってしまった。2日間かけて雪かきをしたが元の木阿弥である。

Dsc05676朝起きたら大雪で35cmも積もっていた。昨日まで片付けた家の周辺の積雪はもとに戻ってしまった。つまり、2日間で漸く片付けた雪がまた2日前の積雪量に戻ったと言う事である。まだまだ降るとの予報がでているため、これから雪かき作業に入る。
(画像は窓から外を写したもので、暴風雪となっている)

除雪車は来ていないので車は腹をこすりながら走行していた。気温は氷点下7℃と厳しい寒さの上に風が強いのである。環境放射線の値は、参考値だが0.049μSv/hであった。今の時間帯も暴風雪となっている。アメダスの観測による積雪深は88cmとなっている。

まいったなぁ~! これから雪かき作業をするのだが、私が中心となって作業をしている状態なので作業があまりはかどらない。屋根雪ももとの積雪量に戻っている50cm程度つもっているようだ。数日中に下ろさないとヤバイ事になる。一日中、雪片付けをすることになるが、体調を考慮しながらの作業になると思う。

さて、雪かき作業にとりかかるか・・・。

2015年1月 6日 (火)

午前11時頃から雨になっている。この後は「雨返し」で明日は暴風雪になるだろう。

午前11時頃から雨になっている。アメダスの観測によると気温が6.4℃で積雪深は74cmとなっている。このまま雨が続けばまだまだ積雪深が浅くなるであろう。雨が降った後は「雨返し」と言って、必ず暴風雪になることが多い。天気図を見ても明日あたりは西高東低の冬型の気圧配置となるので間違いない。環境放射線は参考値であるが、0.046μSv/hであった。

アマチュア無線は大雪の影響で2015年になってから一度も電波を出していない。原因は雪かき作業に忙殺され、疲労困憊してしまうことから、趣味を楽しむ余裕がないためである。雪国のハンディキャップとしてあきらめるしかない。今日も雨が降り出す直前まで軒下の雪を片付けていたのである。勿論、タワーの基礎部分に積もった雪も片付けた。片付けないとタワーのアームが雪の重さで曲がってしまう事になる。

今日は6日であるが、アベ政権は原発の再稼働、集団的自衛権行使の容認、憲法の改正、医療・介護・福祉の切り捨て、年金支給額の減額などを実現するために動き出した。何しろ、衆議院選挙で信任を得たことを理由に何でもやろうとしている。それに、与党は絶対多数の議席数を確保している。2015年は平易な年であって欲しいのだが、国のトップが米国のロボットであることから、災害や事故が多発するであろう。

官僚独裁国家であることから、日米合同委員会を中心に日本にとっては悪政となる政策をどんどん実施することになる。国会議員は霞が関の官僚には太刀打ちできないのである。国会議員から選ばれる各省庁の大臣も官僚から見ればただの飾りとしての役目しかない。国の施政や予算の実権を握っているのは霞が関の官僚である。その官僚たちを上手く使いこなす政治家が出てこない限り、日本の将来は暗いのである。

その官僚たちを指揮しているのが、日本を敗戦後70年間占領している米国である。日本の経済を破綻させ、米国のドル防衛を画策しているとも言われている。そのために、非正規の労働者を増やし、増税を続け、物価高を維持し、賃金を上げないようにしている。国民の年金資金を株式に投入して運用し、将来の年金支給をあやうくしている。

それどころか、郵政の簡保と郵貯を株式市場に上場して、日本の資金をアメリカ(外国資本)に提供し、日本をさらに貧乏にし、国家破たんに持って行こうとしているのである。そのことによって、米国の国家破たんをうやむやにすることを企んでいるのではないかと深読みしている所である。

2015年1月 5日 (月)

ZP9MCE(Praguay)のカードをコンファームしました。久しぶりに太陽が出ております。

Img_bal126今日は久々に太陽がでております。気温は3℃で晴れており、雪かき作業がはかどる事になるでしょう。元旦から今日まで昨年の4倍も雪が降り積もりましたので、一時は積雪深が96cmになってしまいました。そのため、雪片付けの毎日であります。今日は81cmまで積雪深が下がっております。環境放射線は参考値ですが、0.045μSv/hであります。

アマチュア無線の方は、1A0C(マルタ騎士団)、SV2ASP/A(アトス山)がでていますが、交信はしておりません。どちらも過去に交信してQSLカードを持っておりますから、無理をしてまで呼ぶ必要がないと思っています。午後になってから年賀状と一緒に航空便が配達されました。南米のパラグアイ(ZP9MCE)からのQSLカードが入っておりました。
・ZP9MCE(Paraguay) 2014-11-13 20:06UTC/12m, 23:39UTC/17m CW 599
パラグアイとは12m/17mでバンドニューとなりました。

今日で2015年も5日目に入りました。新年早々に豪雪のために雪かき作業に忙殺され、ゆっくりと正月休みを楽しむことができませんでした。今日になって漸く天気が良くなりましたが、豪雪の後始末で今日もこれから雪かき作業に行きます。

政治の方は改憲論が盛んになってきましたが、そう簡単には行かないでしょうし、行き詰まると安倍さんは政権を投げ出すかも知りません。大企業優先の政策が進んで、円安、株高で景気回復ができないでおりますが、これからも景気が良くならず、GDPも下がって庶民の懐は益々貧しくなるばかりとなります。

企業が儲けた分を社内に蓄えて、株主配当を重視して社員に還元しないため、消費する側の可処分所得が下がったままであります。経営側は賃上げをしてこなかったことから、GDPをアップに導く個人消費が増えない為に景気が良くならないのです。

賃金が上がれば消費も拡大して景気が良くなるのですが、拝金主義で今が良ければ、自分だけよければ、金がもうかればの経営者が賃上げを拒否してきた期間が長かったために経済の回復が遅れているのであります。安倍首相は大企業や株主が儲かれば、いずれ、その儲け分が下々にも還元されて景気が良くなると言っておりましたが、どっこい経営者は社内に儲けた利益を溜め込んだままでいたのです。

今年の春闘では経団連もベースアップが出来る企業は賃上げしなさいと言っておりますが、もっと早く賃上げをするべきだったでしょう。安倍首相が唱えた「三本の矢」の効果もアベノリスクになってしまっているのは経営者側の賃上げ拒否が大きく影響しているのだと思います。

また、連合をはじめとして、多くの組合が御用組合化しており、労働貴族の役員が経営者側にたったトップダウンを行って、組合員をいじめていることも原因の一つでありましょう。経営側に迎合した労働組合は無い方が良いのではと思っている所です。非正規の社員が増えておりますから、ますます労働組合の組織率は低下するばかりであります。

非正規社員の増加を防がず、支援せず、組合に取り込んでこなかった労働組合の行為は万死に値します。すなわち、経営側に労働組合側が負けてしまったということであります。

★元旦の「天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(richardkoshimizu's blog)

(引用開始)平成27年

昨年は大雪や大雨,さらに御嶽山の噴火による災害で多くの人命が失われ,家族や住む家をなくした人々の気持ちを察しています。

また,東日本大震災からは4度目の冬になり,放射能汚染により,かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。昨今の状況を思う時,それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ,地域を守っていくことが,いかに重要かということを感じています。

本年は終戦から70年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び,今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています。

この1年が,我が国の人々,そして世界の人々にとり,幸せな年となることを心より祈ります。(引用終了)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201501/article_26.html
アベ政権の戦争ができる日本にすることへの・・・?

2015年1月 3日 (土)

HC8ART(Galapagos Is.),OA7/UA4WHX(Peru)のQSLカードをゲットしました。

今日も20cm程度の降雪がありました。散水融雪装置で雪を処理しておりますが、降る雪の量に追いつかないのが現状であります。一日でも雪が降らない日があれば処理が進むのですが、毎日連続して降られると敷地内に雪の山が出来てしまいます。気温はマイナス3.7℃で積雪は1m程度になっております。

環境放射線は参考値ですが、0.046μSv/hであります。除雪車が来ませんので道路は圧雪状態になっております。本日深夜には除雪車来て大量の雪を玄関前に置いて行く事でしょう。路肩に積んでいる雪の壁を削っていくだろうから、削った分だけ元の場所に積み上げて置くことになります。

正月とは言っても、大雪のために毎日雪を片付ける作業が続くので「おとそ気分」にはなれません。2時間おきに除雪をしますから、ゆっくりと新年の休みを過ごすことができないでおります。それでも、趣味のアマチュア無線の方は、1A0C(S.M.O.M/マルタ騎士団)と21MHz/CWで交信しました。21MHzはNewではありませんので、10MHzを狙いたいと思っております。

Img_bal125午前中に年賀状と一緒に航空便が配達されました。ロシアのQSLマネジャーのUA4WHX局からのものでありました。
・HC8ART(Galapagos Is.) 2014-04-06 08:43UTC 18MHz CW
・OA7/UA4WHX(Peru) 2014-03-07 08:43UTC 10MHz CW
の2通が届いておりました。いずれも、バンドとモードでニューとなりました。

正月も3日目に突入しましたが、嫁いだ娘夫婦と孫2名が来ましたので、雪かきを止めて正月気分を味わっております。雪はあすまで放置しておきます。やっぱり、ゆったりとしておとそ気分を味わうのは最高であります。

2015年1月 2日 (金)

一晩に40cmの降雪があり、大雪となってしまいました。除雪作業は終日続くことになります。

20150102Dsc05662_22日になって、天気予報通り大雪になりました。昨晩から今朝まで40cm程度の降雪がありました。一晩に降った量では今冬の最高であります。気温はマイナス2.2℃でアメダスの観測による積雪深は89cmになっております。環境放射線は参考値ですが、0.045~0.050μSv/hとなっております。自作した散水融雪装置をフル稼働して雪の処理をしておりますが、追いつかない状態にあります。

Dsc05674Dsc05664除雪車は、交差点を十字状に除雪して行ったので、交差点の角は直角のままになっておりますが、交通に支障がないのでそのまま放置しておくことにしています。除雪予算がないのは分かっているし、除雪技術の劣悪さには慣れてしまいましたので気にもなりません。雪国に住んでいるものの宿命とあきらめるしか手がありません。

Dsc05670Dsc05666昼までかかって、ゆっくりと雪片付けをやる予定でおります。今日は一日中、雪かき作業におわれることになるでしょう。Dsc05667


Dsc05663


2015年1月 1日 (木)

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。 

寝正月とは行かず、元旦から雪かき作業をやっております。降雪は6cm程度で予報している大雪にはなっておりません。気温は氷点下1℃で環境放射線は、参考値ですが0.049μSv/hでありました。 

昨晩は、紅白を見ながら寝てしまいました。目が覚めたら午前3時となっており、新年のカウントダウンをする予定が、自分自身がダウンしてしまいました。原因は、焼酎や日本酒をがぶ飲みしたことにありました。 

午前8時頃に、産土様の熊野宮に初詣に行って、お札を買って帰ってきました。郵便ポストを覗くと年賀状が配達されておりましたので宛名別に区分しながら読みました。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31