フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

昨日は中秋の名月をながめながらの晩酌を行った。真ん丸い綺麗なお月様でした。

Dsc07092Dsc07101【天気】
朝方は曇っていたが、今は晴れた良い天気である。気温は25℃で風は秋風が弱く吹いている。環境放射線は参考値であるが、0.048μSv/hであった。昨日は、十五夜だったので家庭菜園の枝豆を収穫に行って、お月様に供えることができた。ついでに「ススキ」も畑の付近から切り取ってきた。枝豆は天候不順であった為か、実入りが少ないようであった。

Dsc07098Dsc07099トマトも終わりに近づいているがまだ採れている。パプリカはまだ赤くなっていないが、大きく膨らんでいる。カボチャは収穫ずみである。

ササゲ豆も収穫した。昨夜は中秋の名月を眺めながらの晩酌をしたが、良く晴れた夜空に真ん丸なお月様がこうこうと輝いていた。

【アマチュア無線】
3.5MHzの傾斜型アンテナの性能をためしたくて、午前5時半の起床して、3.5MHz帯を傍受したが、ノイズばかりで珍しい所は全く聴こえていなかった。まだローバンドのコンディションは良くないようである。30分ほどワッチしてから受信作業を止めた。

【政治とマイナンバー制】
アベ政権が続投しているが、憲法違反の安保法制を強行採決した影響がじわじわと影響し始めている。野党が大同団結し始めたし、「喉元過ぎれば熱さ忘れる」という国民性は消え、各地で反対デモが実施され、裁判も起こされつつある。安保法制に対する国民の反対の意志は強固なもので消える事はなさそうである。

しかし、国民背番号制であるマイナンバー制が10月から実施されるが、これに対して国民は反対しないのはどういう事なのであろうか。個人情報の全てが政府に掌握され、資産、行動、思想、健康、納税状況、家族構成などの全てが掌握されて、政府に反対する者や思想的に危険な者は公安警察や税務署に逮捕されてしまうのである。

つまり、国民が奴隷のようにあつかわれるのであり、この個人情報は日本政府とアメリカのCSIS,NSA,CIAなどが共有する事になっているのである。従って、日米の政府に邪魔な人たちは昔の特高警察(公安、特捜)に逮捕監禁されてしまう事になるのだ。安保法制も危険な悪法であるが、マイナンバー制はそれよりも危険な法律なのである。国会議員も地方議会も反対しないのは何故なのか理解できないでいる。

【日本人の愚民化】
敗戦後、アメリカの愚民化政策が日本人に対して実施されたが、その効果がいまでているのだろうか。愚民化、白痴化された日本人は、3S政策(セックス、スクリーン、スポーツ)によって愚民化が進んだのであろう。マスコミは本当の事を報道しないし、テレビは低俗な番組、お笑い、バライティ、グルメなどヨシモト興業が作り出す、内容が無いただ笑わせている俗悪番組ばかり見せつけられているのである。

番組も、警察24時とか殺人事件を内容とする番組や刑事、警察関係や医療、医者関係の番組がやたらと多いことに気が付くのである。それ以外は、大相撲、プロ野球、サッカー、高校野球などのスポーツ中継が多く、テレビ通販番組も相当な時間を費やして放送されているのだ。横田幕府と共同通信や電通によって報道が管制されているためでなのであるが、国民が黙っているのも愚民化の効果なのであろうか。

【NHKは民営化】
特に、新聞を読まなくてもテレビを視なくても生活に困る事は一切ないのである。つまり、マスコミは本当の事を報道しないから生活に困るようなことが無いのである。自民党の放送関係委員会が「NHKの受信料を義務化する」と提言するようであるが、もってのほかである。NHKの放送波すべてにスクランブルをかけ、受信料を払った視聴者だけが見られるようにすれば済むことである。日本放嘘狂会は直ちに民営化するか、完全な国営にして受信料の徴収を止めるべきである。

ました、NHKのビルを建て直す計画をしているようであるが、その金があるのであれば受信料を値下げするのが常識であろう。建物が古くなったのであれば、他の賃貸しの新しいビルを借りたら良いと思うのである。しかし、NHKのトップが独裁体制を敷いている様なので、NHK職員もそれに逆らう事ができないでいるのも労働組合が御用組合化していることが原因なのではないのか。高給を食んで我が身大事ということで「長いものにはまかれろ」という状態に置かれているのであろう。

いよいよ、安保法制とマイナンバー制の施行によって、国民は奴隷化され、国は植民地化され、これまでの日本国は消滅の運命にあるのではないかと思っている。新聞やテレビの報道、政府の言う事を鵜呑みにしてきた国民の行く末は、戦争への参加、徴兵制の実施、監視社会の実現、個人情報保護の崩壊、東電の福島第一原発の事故による放射能汚染の拡大によって「国破れて山河無し」となって行くのがみえるのである。

チュニジア、シリア、リビア、エジプト等から避難民が多数ヨーロッパに押しかけているが、日本人もいずれどこかに難民として逃げなければならない事態が発生することも否定できないし、中国や朝鮮半島体制が崩壊すると逆に日本に難民が押し寄せることになるかもしれないのである。

2015年9月26日 (土)

3507kHzでツバル/T2GCが出ておりました。傾斜型アンテナの改修で飛びが良くなりました。

【天気】
朝から曇っており、午後から一時雨の予報が出ており、気温は21℃であります。環境放射線は参考値ですが、0.048μSv/hでありました。岩木山は雲に覆われて麓しか見えておりません。日本海にある低気圧の影響でしょう。

【アマチュア無線】
昨日は、3507kHzでT2GC(Tuvalu)が出ておりましたので交信しました。大変強力な信号であったので楽に交信できました。このエンティティは当局のバンドニューとなります。これまで使用していたタワー(高さ15mの位置)から斜めに張った傾斜型アンテナ(80mの四分の一波長)は給電部から1mほど降雪の関係でエレメントとラジアルを密着させておりましたので、その部分でのロスが大きく飛びがイマイチだったようです。

そこで、給電部の密着部分(1m長)を開放してアンテナエレメント(約20m、2mmφのアルミ線)とラジアルがV型になるように改良しました。アンテナカブラーの整合位置もSWR(1:1.5)も変化しませんでしたが、飛びが良くなった感じがします。すなわち、応答率が良くなったと言う事であります。構造は、λ/4波長の傾斜型アンテナで、スローパーアンテナの逆の構造となっております。

【政治】
昨日はアベ偽首相がテレビで何か言っていたようですが、TVで顔を見た途端吐き気がしたので他のチャネルに切り替えました。口パクの嘘ばかり言うアベ偽首相の言葉は信用できません。早々に退陣していただきたいものであります。自分が国民に何をしたかが分かっていないようであり、言う事が白々しく聞こえてしまうのです。財界とアーミテージ・ナイ要望書どおりに政治を動かしている政権には辟易しております。

安保法=戦争法で自衛隊が最初に駆け付け警護する対象が、アフリカの南スーダンにPKOとして派遣されている自衛隊員で中国の石油施設の警護になるようです。まんまと中国とアメリカの裏取引に乗せられて、自衛隊をアメリカ軍のパシリにしてしまったのであります。もし、戦闘が発生して戦死しても無駄死にになってしまうのです。

ロシアとは北方領土交渉を含めて不調であります。中国とは尖閣諸島問題で不調であります。アメリカは日本を占領下に置いておりますから、好き勝手に利用しております。北朝鮮はアメリカの傀儡政権ですから日本に北朝鮮脅威をあおり、アメリカの武器を売りつける手段として利用されております。韓国はどうでも良い国ですから、日韓が不調であっても問題ありません。

北海道=ロシア領、関東以北=アメリカ領、関西以南=中国領とならないとも限りません。国連に日本に対する敵国条項が無くなっていなことが何よりの証拠であります。日本が敗戦した後で、大量の日本兵をシベリアに抑留して強制労働をさせたし、平和条約を破って満州に侵入して日本を攻撃し、婦女子をが虐殺暴行したのもロシア(旧ソ連)であります。勿論、北方四島を日本へ返還する気は100%ありません。

中国は共産党が抗日戦争で勝利したと言っておりますが、台湾に逃げた蒋介石が日本と戦ったのです。毛沢東(中国共産党)はゲリラ戦で中国の片隅でチョロチョロしていただけなのです。現在は、南シナ海の南沙諸島で覇権を行っており、日本の尖閣諸島へも領海侵犯し続けております。小笠原諸島でサンゴを強奪、日本近海で違法操業を繰り返しております。中国から輸入する食糧は農薬、防腐剤、抗生物質まみれであります。

アメリカは、安保条約、日米地位協定、原子力協定によって日本を占領し、金銭的にも物的にも人的にも略奪、搾取を続けております。また、南氷洋の捕鯨を禁止させ、イルカ漁やマグロ漁などへも文句を付けてきております。日本をTPPへの強制加入させ、強制的に植民地化をねらっております。沖縄にある米軍基地は現状維持を続けます。

中国とは貿易以外は全てダメです、ロシアともアメリカの圧力で全てダメです。アメリカは日本を占領しておりますから、良し悪しは言えません。日本外交は昔から三流以下だと言われておりますが、現在はアメリカの許可なしには実施できません。ロシアのサハリンからの天然ガスや石油の輸入もアメリカが禁止しております。安保法で自衛隊を自由に代理戦争に投入できるようにしました。

さて、皆さんは日本の現状を見てどのように感じますか? 日本の主体性が全くない事が判るでしょう。安倍政権になってから、国民を監視、苦しめる悪法が乱立してしまいました。安保法もアメリカの為のものでしかなく、日本人にも血を流してもらいたい為の悪法であります。マイナンバー制は国民すべてを管理、監視するための制度であります。もう、日本人はアメリカの奴隷として生きて行く運命にあるのです。マイナンバー制は「高齢者の資産の略奪」、「徴兵制の布石」が目的であります。

2015年9月24日 (木)

習近平国家主席がアメリカ訪問で国賓扱いだが、安保法を決めた偉大な安倍首相へはアメリカからお呼びがかからない。

【米・中・ロに利用されている日本】
習近平国家主席がアメリカを訪問して、経済外交を行っているが、ボーイング社から300機もの航空機を購入する契約をしたと言う。もともと、アメリカの巨額なドルを所持している中国であるから、アメリカも無視できないのである。もし、中国がドル売りをするればアメリカは直ちに国家破綻に追い込まれるのである。
 

★【驚き】米国と中国は蜜月関係だった!習近平氏の訪米、ボーイング社から300機を購入へ!米中の大企業トップが勢ぞろい(真実を探すブログ) http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8134.html  

★自衛隊が南スーダンで中国軍の警護をすることに!安保法案可決後の初派遣はまさかの中国支援!中国脅威論・・・(真実を探すブログ) http://saigaijyouhou.csom/blog-entry-8114.html 

アメリカは中国と表では敵対しているようだが、裏ではお互いに支え合っているのである。勿論、太平洋戦争では日本に対しての戦勝国同士であり、国連では敵国条項をに沿って、日本が武力行使すれば、予告なく攻撃できる仲間でもあるのだ。つまり、日本はアメリカと中国に騙されて、安保法案を可決成立させられてしまったのである。その最初の駆け付け警護の相手がアフリカの南スーダンに派遣されている中国軍だとは洒落にもならないではないか。 

【日本の分断統治】
アメリカは、属国の日本に対して「北朝鮮や中国脅威論」で洗脳し、アベ政権をあおる事によって安全保障関連法を可決させ、集団的自衛権行使を可能にすることでアメリカ軍の「パシリ・アッシー」として自衛隊を戦場に向かわせることが目的であったのだ。そのことで、日本は中国とアメリカによって本州の東京以北はアメリカ、以南は中国が占領することも否定できない状況になったのである。

国連の敵国条項を適用すれば、日本の自衛隊が尖閣諸島や南沙諸島で一発でも中国軍に攻撃を加えると、問答無用で中国軍が日本本土を攻撃できるのである。勿論、アメリカは干渉はしないで、適当なところで仲裁に入り中国と話し合って日本を南北に分断統治するように持って行く事も考えられるのだ。日本の経済力と技術力を温存したまま中国とアメリカが仲良く日本を治める事が可能なのである。

それが証拠に、憲法違反の安保法によって集団的自衛権行使を可能にした偉大なる「安倍晋三首相」にアメリカは会おうとしていない。これ見よがしに習近平国家主席と国賓として会っているのである。それはそうだろう、日本はアメリカが占領しているのだから、だまして自衛隊を利用できるようにした事で既に御用済みなのである。
 

中国(日中関係が不調・反日教育の強化)、アメリカ(日本の金のなる木の役目の終了、利用価値の低下)、ロシア(北方領土の話し合い拒否)などから、日本がこの3大国によって監視、利用されているだけなのである。いずれ、北海道がロシアの統治、東京以北がアメリカの統治、関西以南が中国の統治となってもおかしくはないのである。 

従って、似非独立国家の日本国の将来は真っ暗である。どうせなら、アメリカの第51州目となって日本州でいたほうが何かと便利で無難であろう。自衛隊は州兵で済むし、外交も防衛も経済もアメリカ任せで良いのである。なにも無理をして似非独立国でいる必要は全くないのである。残念ながら戦争に負け、アメリカにあらゆるものを吸い取られた「だしがら日本」の悲哀は永遠に続くのである。

民主党政権もダメ、自民党政権もダメ、国民はもう選択肢はないのである。全く新しい野党が出現し、選挙機械の「ムサシ」の追放による選挙を実施しなければ、国民が望む政権を作る事は出来ないのだ。ただ、隠れ自民党の共産党が野党共闘を言い出していることは歓迎すべきことである。野党が大同団結すればそれなりの与党に対して抵抗できるようになる。

ただし、全く新しい政党を作って、その党に現在の議員が参加しての選挙はしない方が良い。良い例が「生活の党」所属の議員の数多くが落選させられたし、自民党議員でも安倍様に文句を言う議員は落選させられてしまった事実が有る。「ムサシ」の威力を示すものである。

予想通りだが、日本のロシア外交に宗主国のアメリカが苦言を呈している。

【天気】
朝方は晴れていたが、次第に曇ってきている。気温は25℃で環境放射線は参考値だが、0.048μSv/hであった。朝晩はめっきり涼しくなり、タオルケット1枚だと寒く感じるので、毛布を一枚追加して寝ている。シルバーウィークも終わって市内も落ち着いてきているが、10月4日にはアップルマラソンが開催されるため、また交通規制で不自由な思いをしなければならないようだ。

【アマチュア無線】
昨日はジンバブエからZ21MGが18070kHzで聴こえていたので呼んだ。4~5回程度呼んだところで応答が得られた。特にエンティティではニューとはならないが、アフリカだとつい呼んでみたくなるのである。

【外交】
案の定、岸田外相がロシアを訪問して、プーチン大統領の訪日の打診に行っている事にたいして、占領国のアメリカが文句を言ってきた。昨日もブログに書いたが、日本がロシアや中国と仲良くするのを妨害し続けているのが、ならず者国家のアメリカなのである。

サハリンから天然ガスや石油を輸入すれば日本としては経済的に大変助かるのだが、中東地域以外からの石油の輸入が出来ないようにしているのである。日本とロシアが北方領土やシベリアを共同開発すれば双方にメリットがあるがそれをさせないようにしているのである。

★米、日本に慎重対応要請 プーチン氏訪日めぐり
(richardkoshimizu's blog)

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201509/article_163.html

勿論、敗戦後に70年間、日本人の愚民化政策を続けているのも、アメリカが在日米軍基地を常駐させて監視を続けているのも、永久に日本を植民地化するためなのである。選挙も「株式会社ムサシ」という選挙機械の会社に独占させているのもアメリカであるし、その会社の経営には安倍首相も関係しているのである。

そのために、不正選挙が行われて「票の書き換え操作や廃棄操作、期日前投票の悪用」が選挙の度に行われ、自公が連勝するように選挙機械のソフトウェアが書き換えられるのである。しかし、国会議員の誰もがそれを指摘しない所が不思議なのである。今回の特別委員会での安保法案の強行採決で可決されたというが議事録に何を可決したかの記録がないという。

記録がないのに安保法案が可決成立したことに野党側は何の追及もしていないのである。ということは、与野党が事前に談合をして茶番劇をみせることで、国民の目をごまかそうとしたのだと思っている。とにかく、国会が国民の意志を無視して運営されていることは、選挙機械の「ムサシ」を排除しない限り、何回選挙を行っても自公が圧勝して独裁政治が永遠につづくことになるのである。

日本が岸田外相をロシアに行かせて、プーチン大統領の訪日の打診をしようが、北方領土交渉を再開しようが、サハリンから天然ガスを輸入しようが、択捉島や国後島を共同開発しようが独立国家であれば当然の事である。どころが、似非独立国家であるために内政干渉の様なことをアメリカが平然と行っているのである。

それどころか、日米合同委員会や日本会議、在日米軍を利用して日本を70年間占領していることから、黙っておれずに今回も日本のロシア外交にたいして苦言を言って来ているのである。アーミテージ氏が日本に対して要望書をだし、安倍首相に実現を迫っているのも植民地だと思っているからである。

よって、三権分立と言うが立法府には警察の警備が出入りしているし、司法はカルト裁判官が多数となっているし、行政は国民の意志を無視している事から、三権統一と言うべき状態にある。極めて、異常な状態なのであるが、似非独立国家日本であるから当然の事なのかも知れない。

2015年9月22日 (火)

岸田外相がロシアを訪問しておりますが、いまさらと言う感じで成果はゼロとなるでしょう。

【天気】
今日は「国民の休日」であります。明日までがシルバーウィークとなっておりますが、故郷から都会へ帰るUターンラッシュが始まっているようです。昨日の弘前市内では土手町では「歩行者天国のカルチャーロード」や「弘前市りんご公園では50周年記念祭り」、「弘前城天守閣の曳屋行事」が開催され、市民や連休で帰省中の市民、近郊の住民や観光客達で賑わっておりました。

弘前の天気は晴れで気温は25℃となっています。庭の雑草刈りをやったり、蜘蛛の巣を取ったりしております。ブドウは全て収穫してしまいました。今年は、庭にイチゴ、ラズベリー、ボイソンベリー、ブドウを植えて収穫しました。来年も同じようにしたいと思っております。

【アマチュア無線】
昨晩は、韓国のHL2ZBD/3と3512kHzの電信で交信しました。それ以外は受信のみをしておりましたが、電離層のコンディションが良くなってきていることを実感しております。14MHzでアメリカの東岸が聴こえだしておりましたので、これから次第に良くなってくると期待しています。

【ロシア外交】
岸田文雄外相が9月20日からロシアを訪問して、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相やウラジミル・プーチン大統領らと会談しているようですが、民主党政権から今日までロシアを無視したような外交が続いておりました。それを棚に上げて訪露したところで実のある会談が出来るわけがありません。日本もロシアの立場になって考えると同じ事をするとおもいます。北方領土は解決済みと言うロシアの立場は理解できます。

これまで、サハリンのガス田や石油の開発をロシアと共同でやってきましたが、アメリカの圧力で順調には行っておりません。天然ガスや原油をサハリンから輸入できれば経済的に大変たすかるのですが、宗主国のアメリカがOKをだしません。アメリカの石油企業以外からの輸入は出来ないシステムになっております。

ロシアと仲良くやっていた鈴木宗男さんが、鈴木宗男事件「国後島の日本人とロシア人の友好の家(通称ムネオハウス)の工事に関わる入札 を意図的に地元建設業者5人と鈴木宗男の秘書が共謀して随意契約にさせた事件」をでっち上げられて失脚させられましたし、中国と仲が良かった田中角栄さんもロッキード事件で失脚させられました。最近では、小沢一郎さんも民主党時代から、生活の党時代まで資金管理団体「陸山会」を巡る事件で活躍の場を奪われております。

★北方領土問題、ロシア側が交渉拒否 日ロ外相会談
(朝日新聞DIGITAL)
http://www.asahi.com/articles/ASH9Q10Z8H9PUTFK009.html?iref=comtop_pickup_04

【似非独立国家の日本】
すなわち、アメリカに占領されている日本がロシアとどんな取決めをしても、アメリカがNOと言えばチャラになってしまうのです。独立国日本ではなく、アメリカの占領下にある似非独立国なのです。国会議員も自民党の清和会所属はCIA=地検特捜部は誰にも手を出しませんが、経世会所属の議員はチョッとした事やアメリカの言う事を聞かない場合は直ちに地検特捜部(CIA)が動いて失脚させられてしまいます。

今回の岸田外相のロシア訪問は成果が無く無駄に終わるでしょう。プーチンさんを日本に迎えるのではなく、安倍首相がまず先にロシアを訪問すべきでありましょう。その次にプーチン大統領の訪日となるのが自然ではないのでしょうか。北方領土に関してはアメリカは干渉しないことにしておりますから、日本がいくら頑張ってもこれまでの経緯から北方領土が日本に返還されることはありません。アメリカ偏重外交をしてロシアをないがしろにして来た付けであります。

Img104もし、これから北方四島を日本がロシアと共同開発していくようなことになり、それなりの経済協力と友好が深まれば、2島(歯舞、色丹)が何とかなるのではないかと思うのです。残りの国後島、択捉島は将来的に共同統治に持っていければ御の字でありましょう。アメリカで市販されている地図では北方四島はロシア側に線引きされております。

実質的にアメリカの統治下にある日本ですから、アメリカ外交一辺倒になっておりますが、出来る事なら隣国の中国、韓国、ロシアと仲良くしたいものであります。日本の政権が誰になってもアメリカの言う通りにならない政権や議員は直ちに攻撃されて失脚させられてしまいますが、中国とロシアと仲良くする事が出来れば貿易額が上がり、エネルギー(天然ガス、原油)も安く早く輸入できるようになるのであります。

2015年9月21日 (月)

防衛装備庁が10月に設置されますが、戦争中の軍需省と同じことを担当するそうです。いよいよ「いつか来た道」へ・・・。

【天気】
今日は晴れたり曇った利の天気で気温は20℃となっております。環境放射線は参考値ですが、0.046μSv/hとなっておりました。今日は「敬老の日」ですが、町内会でも敬老の行事が開催されます。対象は後期高齢者ですので、私はまだ該当しません。また、無線仲間の母が亡くなられたので、今晩はお通夜に行かなけれなばりません。秋らしい天気となってきましたがそれなりに忙しく立ち回っております。

【アマチュア無線】
昨日は午後9時過ぎに3508kHzのCWでE6GG(Niue Is.)がでていたので、200Wの出力と傾斜型アンテナで呼び、無事に交信することができました。これから、ローバンドが賑やかになると思いますので、それなりに頑張ってエンティティを稼ぎたいと思っております。

【政治】
岸田外務大臣(害相)がプーチン大統領の訪日交渉のためにロシアへ行ったようですが、まずは、安倍首相が先にロシアを訪問するのが筋でしょう。安保法案が可決したと言う事ですが、手続き上はと別委員会の強行採決に不備な部分が有るようなので無効ではないかと思っております。

次は、TPP交渉の解決なのでしょうが、参加が決まればアメリカの占領下でいるよりも、アメリカの第51州になった方が実情に合うと思うのであります。そうすれば、自衛隊を州の軍隊として参戦できよう様になる訳ですからすべてが解決されます。また、安保法案はアメリカのためなのですから、国会前でデモをしても効果がありません。

【デモはアメリカ大使館へ】
ですから、赤坂のアメリカ大使館や横田米軍基地、横須賀米軍基地、座間米軍基地の前でデモをしなければ意味がありません。アメリカのCIA,NSA,CSISやジャパンハンドラー、日米合同委員会が占領下の日本を今もコントロールしており、アベ政権はその忠実なロボットなのであります。アメリカが宗主国なのですから、アメリカ大使館や在日米軍基地がデモの対象でなければなりません。

★反安保法デモは 米国大使館へ (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201509/article_144.html

また、選挙にしても選挙機械は「ムサシ」が独占しておりますが、これを解消しなければ不正選挙で自公がいつまでたっても圧勝する事になります。出口調査や開票にタケナカが主催する「パソナ」が関係しております。それに選挙管理委員会も権力側に乗っ取られております。従って、選挙制度を大きく改正しないかぎり、国民投票も地方の選挙も国政選挙も自由に票の改ざんができるのであります。

【防衛装備庁】
財界(財閥と大企業)は、アベ政権に圧力を掛けて武器輸出三原則を緩和させ、防衛装備庁を設置させました。防衛装備庁は、防衛省の外局として設置される予定の日本の 行政機関で2015年10月発足予定です。役目は、 防衛装備品の開発・取得・輸出を一元的に担う機関として構想されており、太平洋戦争中に設けられた軍需省に該当します。

大企業の企業減税、武器輸出による大企業の増収、労働者派遣法改悪による若者たちの雇用環境の悪化と格差の拡大、安全保障関連法案の成立による自衛隊の海外派兵などにより、完全に「戦前のいつか来た道」へ邁進しております。全く新しい政党に出現により、憲法解釈を元へ戻し、安保法を廃止に持って行かなければ日中戦争は回避できません。

2015年9月20日 (日)

いよいよ自衛隊は米軍のアッシーとしてこき使われる事になります。いずれ孫や子供も戦場へ・・・。

【天気】
未明まで雨が降っていたが、今朝は曇っております。午後からは晴れる予報となっており、気温は22℃となっておりました。環境放射線は参考値ですが、0.050μSv/hとなっています。だんだん寒くなってきているようで、朝晩は毛布を一枚追加して寝ております。体調は前期高齢者なのでそれなりの調子であります。

一昨日、いつも観音参りに連れて行ってくれていた先達さん(同年輩)が脳梗塞で救急車で搬送されたとの連絡がありましたので、昨日、面会に行っきましたが、不幸中の幸いで左足に少し麻痺があるだけて、言語も明瞭であったのでお見舞いを申し上げてきました。リハビリをすれば日常生活には支障がないくらいまで回復するのではないかと見てきました。

【アマチュア無線】
Niue島からE6GG局が10MHzで聴こえていたのでCWで交信しておきました。今朝は、ワシントンDCにある世界銀行クラブの4U1WB局が14202kHzのSSBで出ていたので呼んで交信しました。信号は弱かったものの55のレポート送受しました。次第に秋のコンディションになってきているようです。

【安保法案可決成立】
安全保障関連法案が可決成立したことで、いよいよ自衛隊員がアメリカのアッシーやパシリとして血を流し、無駄死にする確率が大きくなってきました。これから、自衛隊の交戦規定(Rules of Engagement、ROE)を決めて自衛隊員の重火器をきめることになりますが、従来よりは強力な銃器を携帯して戦場に赴くことになるでしょう。

幾ら国会前でデモをしてもアメリカの占領下にある似非独立国家の日本政府に対しては、無駄な努力であったのではないでしょうか。参議院での野党の抵抗ともうしますが、民主党は第二自民党、維新の党もしかり、共産党は志位さんが定期的にアメリカに行ってお話をしてきますので、選挙の時に自民党の立候補者を助ける為に、票を割ることで協力する隠れ自民党であります。

●「あらゆる手段」と息巻くも…野党の抵抗は犯罪的“腰砕け”
(richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201509/article_137.html

従って、今回の参議院での安保法案の可決は、暗黙の了解で「自公AチームVS民主党Bチーム」の茶番劇であったと思います。自分たちの孫や子供たちが戦場に送られると相当前から述べてきましたが、平和ボケ、惰眠をむさぼっていた絶対多数の日本国民は今回の様なデモや反対運動をしてきたでしょうか。憲法第12条の自由と権利を守るために「不断の努力」をしてきたでしょうか。

まったく、選挙や政治に関心が無かったのが実情でありましょう。レジャーや低俗番組のテレビ、グルメや観光にうつつを抜かしていたのではないでしょうか。今回の安保法案の国会審議を見て目が覚めた(覚醒)したようですが、時すでに遅しでありました。今後に期待しますが、デモよりも国会議員や政党への直接請願の方が効果絶大です。議員本人に面会して反対の意志を伝え、聞いてくれないのなら「次の選挙では貴方に投票しません」と言えばよいのです。

自衛隊と米軍の共同した軍事訓練や行動は、数年前から実施されております。沖縄の米軍艦船に陸上自衛隊員が数名同乗しており、事故になったニュースがあったでしょう。また、海上自衛隊の司令部は「横須賀米軍基地内」にありますし、航空自衛隊の司令部は「横田米軍基地内」にあります。そして、陸上自衛隊の司令部は「座間米軍基地内」にあります。

何故、日本の自衛隊の司令部が在日米軍基地にあるのか知らない国民が多いでしょう。随分昔から、米軍と自衛隊はズブズブの関係にあるのです。知らないのは日本国民だけでしょう。ですから、安保法案が可決成立したことで米軍と自衛隊の関係が法律上追認されたことになり、これから日本の若者が米軍の若者に変わって血を流すことになるのです。

【日本人への愚民化政策】
いずれにしても、敗戦後70年間、GHQが決めた教育方針のもと、日本国民の大多数は政治や経済、宗教や軍事に無関心になるように教育されてきたのです。日本人を愚民化、白痴化するために3S政策が実施されてきたのです。
●「3S政策とは、Screen(スクリーン=映画)、Sport(スポーツ=プロ スポーツ)、Sex(セックス=性産業)を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民政策である。これは先進各国で行われている政策で、大衆をコントロールする。」

つまり、大相撲中継、高校野球中継、プロ野球中継、アダルト映像などをマスコミや企業を使って日本人を愚民化してきたのです。その効果が70年経過した所で発揮されてきたのであります。安保法案騒動でいくらかの日本人は覚醒して、政治などに目を向けてきたようですが、政界(清和会、日本会議)も財界(経団連や財閥)、法曹界(裁判所や地検特捜部)も在日朝鮮韓国系やソウカ系の官僚や代議士に占領されているのです。

このままいくと、アベノミクスと日本銀行による日本経済の破綻作戦、クーデターによる安保法案の可決成立作戦の成功、大地震や噴火による自然災害の多発による日本国全体の疲弊、中東の戦争や尖閣、南沙諸島での紛争による第三次世界大戦の勃発で日本を含め人類は滅亡に向かって進んでいるのです。安全保障関連法が成立したことで「日中戦争」が現実味を帯びてきております。まぁ、3S政策で愚民化された日本人の自業自得と言えばそうなります。

【騙されやすい日本人】
また、安保法案には反対行動やデモがありましたが、郵政民営化、電電公社(NTT)の民営化、国鉄の民営化、政府関係特殊法人(独立行政法人)の統廃合に対してはデモ、反対行動はありませんでした。それどころか、国民は大歓迎だったようで、民主党政権時代の業務仕訳(蓮舫議員など)で国民サービスに必要なものまで切り捨ててしまいました。今度はJA(農協)関係の解体を狙っておりますが、これに対しての大規模なデモ行動はありません。

★ブラック国家、日本。(richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201509/article_139.html

敗戦により日本人は、GHQの政策によって修身の廃止、教育勅語の廃止、大和魂の壊滅のための教育を受け、愚民化させられました。その間に、裁判所や検察、公安警察、警察は国民の為ではなく時の政権側に味方するようになっております。今回の国会前デモに対する警察の警備も権力側の指示に従った酷いものでした。NHKを先頭としたマスコミも今になって本当らしきことを報道しはじめましたが、寸止めで終わっております。正に、ブラック国家日本であります。

すなわち、大多数の国民が「今だけ、金だけ、自分だけ」が良ければ、他はどうなっても良いという事で生きているのだと思います。日本国が滅亡したら、外国に移住して暮らそうとしてもダメです。日本が滅亡するほどですから、外国とて生活できるような環境にはなっておりません。火星などへ移住するのであればOKであります

2015年9月19日 (土)

安保法案が可決、9月19日は日本国憲法が死んだ日として歴史に記録されることになるでしょう。

【天気】
曇り空の朝となっております。気温は19℃で環境放射線は参考値ですが、0.056μSv/h
と高めになっております。昨日から未明まで雨が降っておりましたが、現在は晴れあがっています。5月のゴールデンウェークに対して、9月の連休をシルバーウィークを呼ぶらしいですが、今日から23日までの5日間は特に出かける予定がありません。

出かけようにも年金生活者としては、遠出は出費がかさむために出不精になってしまいます。出費が少ない郊外のイベントにでも参加して時間を潰すしかありません。秋らしい天気はこれからでしょうが、体調維持につとめて元気に連休を過ごしたいと思います。

【アマチュア無線】
昨日と今日は久しぶりに電波を発射しました。南太平洋のNiue島から、E6GG局が出ておりましたので、40m/17m/15m/12mの各バンドのCWで交信することができました。しかし、エンティティとしてもバンドやモードとしてもニューではありませんが、お付き合いと言う所であります。QSLの請求はOQRSのBureauでと思っております。

【安保法案が可決成立】
参議院での特別委員会で怒号と乱闘の最中に可決成立したと言いますが、議事録には何を可決したのか記載されていないのに、野党はそれを追求もせず容認してしまったのであります。これは与党と野党が事前に話し合っての談合的な強行採決であったのではないかと疑われても仕方が無いでしょう。

可決成立の手順は踏まずに与党議員がルール無視で鴻池議長を囲み、何を言っているのかが不明な内に強行採決を行って可決成立させたのですから、可決は無効だと言わざるを得ません。そのあと、参議院本会議で審議を始めましたが、特別委員会での手続きの不都合を問題にしないで、審議を開始するしたことは立法府としての義務を放棄したとしか思われません。

いずれにしても、安全保障関連11法案は参議院で与党の賛成多数で「可決成立」してしまいました。しかし、憲法上、違憲だと言われている安保法は、現在南スーダンに派遣されている自衛隊員にも適用されますから、駆け付け警護で戦死者が出る可能性が高まったことになります。また、宿営地が攻撃されると反撃が可能になりましたから、ますます自衛隊員の危険度が増すことになります。

南スーダンでは中国が石油施設へ膨大な投資をし、厳重な警備をしておりますから、何かあれば、自衛隊と中国側の警備関係者との撃ち合いになる事が無いとは言えなくなります。もしも、万が一戦闘状態になると中国軍が黙っておりませんから、日中戦争になる事も否定できません。アベ政権は南シナ海の中国軍を敵として安保法を適用すると言っておりますから、アフリカの南スーダンでも中国を敵視するのは当然なことであります。

【自衛隊員の戦闘と戦死】
いよいよ、自衛隊の派遣部隊が人殺しを始める事が出来る様になった訳であります。今後、アベ政権はアメリカの要求があれば戦場に自衛隊員を派遣して、武器を使用することで敵の兵士を殺害することが可能となったのであります。駆け付け警護、邦人の救出などで自衛隊員を派遣(派兵)することになれば、自衛隊員全員が無事に帰還できる保証がなくなります。

現在、中東のシリア、北アフリカのリビア、チュニジア、エジプトなどで内戦が勃発しております。南スーダンへのPKO派遣、ソマリア沖での自衛艦による船団護衛が実施されております。これまで攻撃できなかったものも火器の増強によって攻撃可能となります。そうなると戦闘による戦死者が出ないとは言えなくなります。その場合の戦死者への国家補償などの制度はどうなるのでしょう。

これから心配されることは、徴兵制度の論議が活発になること、自衛隊の派遣先の範囲が撤廃されたことで世界のどこにでも派遣んできること、テロ集団が日本人をテロ対象すること、日本国内でのテロが続発する恐れがあること、国会が何でもありの無法地帯になること、財界が武器輸出を活発化させること、若者の雇用や賃金を抑えて生活苦を増大させ自衛隊に呼び込むこと等々が考えられます。

憲法9条が事実上無視できる「安全保障関連法」が成立し、施行されることになれば戦後70年間の平和は木端微塵に砕かれることになります。政権与党は「賽は投げられた」ということで安保法を拡大解釈し、かつて来た道を歩むことになります。9月19日は「日本国憲法が死んだ日」として歴史に永遠に記録されることになるでしょう。

そして、惰眠をむさぼり、平和ボケした日本国民が「憲法第12条」の自由と権利を守るために「不断の努力」をしてこなかったことへの反省の日ともなるのであります。

2015年9月18日 (金)

特別委員会で安保法案が強行採決された。加えてチリ地震による津波が押し寄せている。

【天気】
日本海と太平洋にある低気圧の影響で朝から雨が降っている。気温は、16.3℃で肌寒く感じている。環境放射線は参考値であるが、0.049μSv/hであった。チリ沖の大地震の影響で津波が日本に押し寄せているが、十分に注意する必要がある。河口や海の状況を見るために行かない方が良いと思う。津波は数十センチでも押し波や引き波のときのパワーは想像以上のものがあるので軽く見ない方が良い。

世界的に、大地震、洪水、山火事、噴火、干ばつなどが続発しているが、日本も例外ではないようだ。関東の直下型地震や東南海地震の心配、御嶽山噴火、桜島の噴火、阿蘇山の噴火と噴火が続いている。それに、栃木、茨城、福島、宮城の河川氾濫による大洪水と災害が多発しているし、各種の異様な殺人事件の多発や鉄道のケーブル焼損事件テロなども起きている。国のトップがおかしいと自然の災害も増えるのであろう。

【安保法案】
昨夜、参議院の特別委員会で安保法案が強行可決された。テレビで国会中継を視聴していたが、あの乱闘状態で可決されたとは思っていない。議事録に記録がないのに可決したとはならないだろう。強行採決無効以外の何物でもない。

★【要拡散・委員会採決無効の証拠】 (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201509/article_135.html

自公連立政権はアメリカと約束しているため、強行採決してでも安保法案を成立させることに固執して、国民の意志を無視して違法である法案を審議し続けている。国会議員として憲法を遵守する義務を放棄している事になるが、そんなことは意に介してはいないようである。日本会議(トウイツ協会)のメンバーがほとんどの自民党(CIA,清和会)であれば当然のことなのであろう。

従って、悪法も法として可決成立することは確かであろう。野党の民主党や維新の会などが反対しているものの、安保法案に賛成している隠れ自民党議員が含まれているため、昨日の特別委員会での強行採決も与野党の茶番劇だと思えば良いのである。もし、安保法案が成立すれば、抑止力になると言うが絶対そのようにはならないと思うのである。

財閥と経団連が「武器輸出の緩和」、「労働者派遣法の改悪」、「企業減税」、「庶民からの増税による税収」。「社会福祉サービスの切り捨て」、「軍事費の増額」、「戦争が出来る日本へ改造」を望み、日米合同委員会などによって自衛隊を米軍の一部として戦場におくるために、何が何でも安保法案を可決成立させるよう自公政権に圧力を掛けているのである。

つまり、アメリカは軍事費を削減するためと、アメリカ軍の派兵を減らすために自衛隊をアメリカ軍の一部に組み入れようとしているのである。特に、日本の財務省、外務省がアメリカの言いなりで、霞が関の官僚群は親米派、従米派がほとんどで、各官庁には創価系のお役人が数多く採用されているのである。

【日本国憲法第12条・自由と権利】
憲法は国民に自由と権利を保つことを規定しているが、それは何もしないで保持できるものではない。しかし、戦後のアメリカが決めた教育基本法が功を奏していることから、若者の政治への無関心、選挙での投票への棄権、腐っても自民党、あなた任せの政治と選挙が原因となって、国民が選んだのが民主党政権の幻滅感もあって、今の自公政権を復権させてしまったのである。

その結果、国民の自由と権利が侵されつつあるのだ。自公連立政権の復権により、数多くの悪法を成立させて日本を滅亡に導いているのである。
・2度に渡る消費税増税(5%→8%→10%)・相続税増税・所得税増税
・住民税増税・株式売却益が10%→20%に倍増自動車税増税・固定資産税増税・贈与税 → 現在の最高税率55%・石油石炭税の増税→ガソリン代に上乗せ・社会保障費値上げ・診療報酬引き上げ・高速の平日割引(3割引)を廃止・TPP参加・配偶者控除廃止・残業代ゼロ・派遣労働法改悪・大企業優遇政策・外国に大金バラマキ・安保法案・・・等々。

そうさせたのも、国民がこれまで「長いものにはまかれろ」、「泣く子と地頭には勝てない」、「政府のやる事には間違いがない」などを実践してきた結果であろう。私を含めて自業自得と言えばそれまでであるが・・・。もっと、選挙によって候補者を厳選し、政治に参加する意識を高くもっていればこんな事にならなかったのではないかと思っているのである。

第12条 【自由、権利の保持の責任とその濫用の禁止】
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、 これを保持しなければならない。 又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、 常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
「解説」
憲法が保障する人権を保持するために必要な、国民の責務を定めています。
 本条は、国民にとっての倫理的あるいは精神的指針としての意味をもつにすぎず、 国民は自由や権利が侵害されないように努力し、また自分の自由や権利の濫用によって他人を不当に侵害してはならないという 当然のことを規定したもので、それ以上になんらかの具体的、法的義務を課したものではないとされています。

そんな訳で、安保法案のことを機会に皆が少しでも政治に関心を持ち、日本国の行方を憂い、デモや国会議員への直接請願などを続けて行かなければならないと思うし、惰眠をむさぼって平和ボケからの覚醒をし、戦争ができる日本にしない努力をして欲しいと思っている所である。自由と権利はだまっていては保持できないのである。国民の不断の努力(政治、選挙への関心)をもたなければ現在の様な政治情勢になってしまうのである。

2015年9月16日 (水)

秋の連休(19日から)を狙ってか、台風20号が発生させられました。

台風20号が発生したと気象庁が発表しました。19日からの連休でも狙っているのでしょうか。それにしても最近の台風の動きは自然の物ではありません。何か人工的な操作がなされているように思っております。栃木や茨城、福島や宮城の洪水も線状降水帯による異常なものでした。

●台風20号発生、シルバーウィークに日本列島へ影響する可能性も
http://bylines.news.yahoo.co.jp/sugieyuji/20150916-00049505/

★「人為的に大型台風、大型ハリケーンを起こして、 攻撃対象となる都市を攻撃する」気象兵器 (richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201509/article_125.html

★宇宙空間にある衛星を地上からミサイルで破壊できることは、中国が実証済みです。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201509/article_116.html

静止衛星軌道に国籍不明の大型気象衛星が居座って気象操作をしているというネットでの情報があります。それも極東上空を狙っていると言うことでした。米国の気象兵器ではないかと言われておりますが、今回の台風20号の動きを見ていればわかると思います。

太陽光発電衛星らしく、得られた電力をマイクロ波に変換して地上に送電するものですが、海水を熱したり、地上の空気を加熱、火山の火口を加熱したりすることが可能で、電子レンジと同じ原理を利用した軍事衛星のようであります。これで異常気象を起こしたり、台風を巨大化したりすることが可能なようであります。

台風のコースやエネルギーを自由に操作できれば、爆弾やミサイル攻撃をしなくても、目的の都市を台風で攻撃できることになります。強風や洪水、土砂崩れ、交通傷害をおこせば、経済の停滞、被害の回復のために経済的に膨大な負担を負わせることができます。

高気圧に包まれて快晴であります。岩木山が良く見えております。安保法案は強行採決される。

Dsc07089【天気】
今日は昨日に引き続き快晴で、気温は13℃、岩木山が綺麗に見えております。13日は最悪の天候でしたが、14日と15日と16日と3日連続で頂上が綺麗にみえておりました。朔日山の日は何だったんだろうと思う所であります。やはり、精進不足、拝み不足、修行不足だったのだろうか。それとも面当てなのでしょうか。分かるように教えて欲しいものです。sad

Dsc07087Dsc07088もう言うまい、一応頂上まで無事に登れたのだし、事故もなく帰宅できたのだから・・・。来年は一休みとなりますが、もし、行くとすれば岩木山の山頂ではなく、鳥海山であれば可能かも知りません。

【アマチュア無線】
このところ、開店休業でしたが昨日あたりから受信作業だけは行っております。7MHzとか10MHzのコンディションが良いようなので重点的に傍受したいと思っております。

【安保法案】
今日と明日が勝負でしょう。もし、参議院で野党の抵抗でダメでも、衆議院での再可決がありますから成立する事は確実になっております。それを促進させるために、アメリカと裏でつながっている北朝鮮に命令して、核開発の再開、弾道ミサイルの発射をやらせております。アベ政権が安保法案を可決できるように圧力を掛けているのが見え見えです。

◎北朝鮮ミサイル発射示唆で警戒 監視強化(NHK NEWSweb)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150916/k10010236251000.html

◎安保法案で与野党攻防 今夜にも最大のヤマ場に(NHK NEWSweb)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150916/k10010236241000.html

北朝鮮をイスラエルとアメリカが傀儡として存続させていることは常識となっており、核開発やミサイル技術はイスラエルの提供であるとも言われております。日本に圧力を掛けてミサイル防衛システムやオスプレイの押し売り、イージス艦の売りつけ、安全保障関連法案を成立させるために利用しております。

恐らく「安保法案」は可決成立するでしょう。この法案は憲法違反であることはまちがいありませんが、アメリカの要望で「自衛隊をアメリカ軍の手足」として使い、共同作戦をする必要があるために強行採決せざるを得ないのです。自民党そのものが敗戦後にCIAが立党させたのですから当然であります。

現在、日本政府が行っているすべての政策(政治)は、70年間も占領しているアメリカの命令、要望の基に行われているのです。そこの所を理解しておかないと、いくらデモをしようが国会へ請願しようが「柳に腕押し」なのです。

すなわち、占領された名目だけの独立国から、本当の独立を勝ち取るためには、アメリカの国家破綻を待つか、もう一度アメリカと戦争をして勝利しなければなりません。無血開城が一番なのでしょうが、中国とロシアとアメリカが日本を監視している現状では当分独立は望めません。

日本会議、自民党清和会、日米合同委員会、ジャパンハンドラー、CSIS、NSA、横田幕府、在日米軍等で日本が謀反を起こさないようにしっかりと抑え込んでおります。原爆の投下、東京空襲、非戦闘員の虐殺、各地方都市の空襲などの仕返しが怖いのであります。しかし、原爆投下の犯罪は永遠に時効はありません。

2015年9月15日 (火)

今日は高気圧に囲まれて秋晴れの天気であります。安保法案の強行採決が迫っております。

【天気】
今日は高気圧が上空にあり、晴れた良い天気であります。気温は20℃で秋らしい涼しさであります。環境放射線は参考値ですが、0.049μSv/hであります。13日は岩木山の朔日山でしたが、濃霧と風雨に祟られて頂上での「ご来光は無し」で「全身ずぶ濡れ」となりました。

しかし、翌日(14日)の朝は雲一つない快晴で岩木山の頂上が綺麗に見えておりました。これ見よがしの晴天でありましたが、私達に対する「岩木山の当て付け」みたいに感じました。

【朔日山(ついたちやま)は休止】
今回の岩木山の朔日山では、悪天候で散々な目にありました。また、体力の限界を感じてしまいましたので、津軽山岳信仰グループとして先達さんと話し合った結果、しばらくの間休止することにしました。

先達さんの足の関節痛が悪化したことやメンバーの高齢化を考えて、2015年以降のお山参詣と朔日山にはグループとしては参加しない事になります。しかし、体力があって健康なメンバーが個人的にお山参詣や朔日山などの行事に参加する事に関しては自由であります。

【津軽三十三観音参りも中止】
今年も3回に分けて観音参りをしましたが、先達さんの身体の不調で来年の津軽三十三観音参りは中止することになりました。メンバーのほとんどが高齢者となった今、体調不良の人が多くなったこともあり、しばらくは観音参りを中止して様子を見る事になった次第であります。

しかしながら、メンバーの中でも健康な人達は、個別に観音参りや朔日山に行く事は自由であります。従って、他のグループに加わって参拝することは何の問題もありません。その内、先達さんの健康が回復して参拝を再開することができると思います。しばらくは、休養を兼ねて毎年行って来た各種参拝の反省をしながら、次回に備えたいと思います。

【政治】
安保法案の強行採決が迫っておりますが、アメリカの命令でどうしても強行採決せざるを得ないようであります。なにしろ、似非独立国であり、アメリカの占領下にある訳ですから、アベ政権の自由にはならないのであります。国会前の反対デモなんかは無関係で自公連立政権で絶対多数の国会議員をもって再可決もあるのです。

それを見越してか、犬HK(日本放嘘狂会)は、連日、RDD方式による世論調査を行って、アベ政権の支持率アップの改ざんデータを報道している。また、政党支持率も調査して、自民党が多く支持されているようにデータをねつ造し、大本営発表を続けているのであります。
「RDD方式(乱数番号法、Random Digit Dialing)、コンピュータで乱数計算を基に電話番号を発生させて電話をかけて質問する。固定電話を対象として行われる調査方式である」

★安倍賤三きちがい内閣支持率上昇を偽装して、安保法案、強行採決へ!
(richardkoshimizu's blog)

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201509/article_114.html

◎安倍内閣「支持」43% 「不支持」39%(NHK NEWSWEB)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150914/k10010234051000.html

◎NHK世論調査 各党の支持率(NHK NEWSWEB)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150914/k10010234061000.html

RDD方式の調査では「固定電話を利用」するわけですから、日中は高齢者世帯や専業主婦家庭などが多くなると思います。若者は携帯電話がほとんどですから、調査対象が限定されて正確なデータが出ない恐れがあります。その上に、NHKはデータを改ざんして報道しますので誰も信用しておりません。

また、選挙速報にしても午後8時の開票直後に特定の立候補者の「当確」をだすのであります。出口調査と投票傾向をコンピュータで解析して発表していると言いますが、とても常識では考えられない事であります。それを「ムサシ」の選挙機械と不正選管、期日前投票の票の操作とも相まって、NHKが不正な当確をだす事は選挙民のほとんどがおかしいと思っております。

通常、選挙の当確は開票が進み次第、順次当確へと変わって行くのが自然なことであります。最後の最後まで当選が分からないのが常識なのであります。それが、如何に科学が発達し、スーパーコンピュータで処理したとしても、開票開始した途端に当確を出すのは不自然以外の何物でもありません。

2015年9月13日 (日)

2015年9月13日の津軽の岩木山の朔日山は、濃霧や風雨が強くてご来光は拝めませんでした。

Dscf992619月13日(日)は岩木山の朔日山(ついたちやま)でしたが、日本海にある低気圧から伸びる前線により大雨、濃霧、強風の内に終わり、ご来光は拝めませんでした。15回以上も登っておりますが、今年が一番きつかったのであります。
今回の岩木山の天気状況は日本の将来が暗たんたるものとなる事を暗示しているように感じました。2013年以来、3年連続濃霧と風雨に祟られて、岩木山はご来光を拝ませてくれませんでした


来年の朔日山は一度お休みしようかと思っております。五穀豊穣、家内安全、大願成就、厄病退散、世界平和と日本の平和などをお願いしてきましたが、お岩木山のご意志なのか簡単にはご来光を拝ませていただけません。私たちの精進、拝み方が足りないと言われればその通りですが、マイノリティとアメリカに支配されている日本の将来には期待できないと感じている所であります。think

70歳を超えると足腰が年々弱っておりますし、体力も低下、精神力の維持も長く続かなくなってきましたので、相撲の引退ではありませんが、この辺が潮時かなと思っているところであります。weep

昨日の朝、岩木山のお山参詣に出かけ、本日の午前三時に登頂を開始しましたが、悪天候の為に登山道は滑りやすく、雨風が強かった為に、雨合羽を着用しておりましたが、汗と浸み込む雨で全身がびっしょりと濡れてしまいました。おまけに、膝がガクガクで「膝」
が笑うと申しますが体力の限界を感じました。happy02

登山を開始から1時間半を掛けて頂上につきました。通常は30分から45分で頂上に到達するのですが、今回は悪天候のために時間がかかりました。ご来光を拝むために頂上には280名の参拝者がいたと聞きました。頂上が濃霧の状態にあった時間帯、下界では大雨が降ったいたと下山してから聞きました。

でも、一休みした後でもう一度「朔日山」に挑戦してみたいとは思っております。今回の悪天候が影響してやる気がなくなってしまいました。happy01

2015年9月10日 (木)

8日の異常に真っ赤な夕焼けは、洪水被害の前触れだったようだ。

Dsc07085天気は、曇り時々雨であり、気温は23℃である。台風18号は温帯低気圧になったものの、日本海で北へ20km/sで進んでいるがその影響の為に、筋状の雨雲が関東から東日本に停滞し、豪雨のために各地で洪水が発生している。10月8日の夕方に見た以上に真っ赤な夕焼けはこの洪水被害を暗示していたのであろう。

本日の環境放射線は参考値であるが、0.051μSv/hである。この後は筋状の雨雲が北日本にも移動してくるため、大雨に注意しなければならない。大雨特別警報が茨城、栃木両県に出ている。福島県でも豪雨の為、土砂災害警戒情報が出され、洪水被害が出はじめている。

特に会津地方は50年に一回の大雨が降ったとの事であった。そのため、洪水被害や浸水被害がでているとの事である。いずれにしても、被害の少なからん事を祈っている。また、被災された方々には心からお見舞い申し上げる次第である。

明日は、9・11(9月11日)となるがニューヨークの世界貿易センタービルがテロによって崩壊した日である。何も起きない事を祈っていたが、どうやら、日本の各地で洪水被害が多発する日になりそうである。しかし、考えられない気圧配置によってこんなに大雨が降るとは思ってもいなかった。地球温暖化による異常気象だと簡単に片付けて良いのだろうか、人工的な何かが悪さをしていないのだろうか。

私の深読みであれば良いのだが、この洪水被害の拡大が安全保障関連法案の国会審議ので難航と16日の強行採決への目隠しに利用されている様に思えてならないのである。正に日本版9・11洪水被害となりそうなのである。なんにしても、洪水被害を止める事が出来ない現在、被害が拡大せずに最小限に終わることを心から祈って止まない。

2015年9月 9日 (水)

台風18号の影響による雨雲で時々雨が降っております。昨日の夕焼けは異常に赤かった。

Dsc07083【天気】
台風18号の影響で曇り時々雨の天気であります。気温は19℃で環境放射線は参考値ですが、0.045μSv/hでありました。また、台風17号は三陸沖を通過して本土への上陸は無くなったようですが、幾ばくかの影響は有るでしょう。
(画像は、岩木山方向の夕焼けですが、異常な赤さがきになります)

Dsc07085昨日の夕焼けは異常に赤く、何かを予告している様な状況でした。地震なのか大雨による洪水なのかは分かりませんが、これまでにない夕焼けでありました。何も起こらないことを祈るばかりであります。

(めったに見る事がない夕焼けが発生しておりました)

【政治・経済】
政治は自民党の総裁選に隠れて、労働者派遣法を改悪して自公による多数での可決成立となりました。施行時期を遅らせた付帯決議を付けただけの大企業に有利な雇用条件を決めることが出来るものとなっております。ますます若者達の労働条件が悪化し、賃金格差が広がる事になるでしょう。 国民に不利なとんでもない法律ばかり制定してるアベ傀儡政権は、日本国と国民を極限まで痛めつける方針でいるのでしょう。

日本会議(マイノリティ団体)やとういつ狂会に弱みを握られている国会議員が多数となってしまった現在、自公連立政権がやりたい放題を岸信介(CIAの工作員)の孫であるアベ首相を筆頭にして暴れまわっています。 アメリカの占領国である日本国としては、「日本国の日本人による日本人のための政治」を可能にする努力が必要だとおもいます。

国会前で安保法制反対デモも必要ですが、直接、国家議員に請願することも大切だと思うのです。いくら、国会議事堂をとりかこんでも、現政権はトウイツ協会系、在日韓国・朝鮮系の国会議員ばかりですから、痛くもかゆくも感じません。いずれ、安全保障関連法案を強行採決する事でしょう。

2015年9月 8日 (火)

3D2HC(Mauritius)からの交信証をゲットしました。弘前城天守閣は曳屋が進み天守台から完全に下ろされました。

天気】
晴れたり曇った利の天気で、気温は16℃となっております。早朝はめっきり涼しくなってきました。庭では、コオロギや鈴虫などの虫の鳴き声が聴こえて、いよいよ秋らしくなってきました。環境放射線は参考値ですが、0.048μSv/hとなっておりました。12日からの岩木山のお山参詣と朔日山の準備に取り掛かっております。 

13日の朔日山はご来光を拝めるのだろうか。台風17号や18号が接近してきておりますから、天候の悪化が心配であります。2013年と昨年の朔日山ではご来光無でしたので、今年こそはと思っておりますがどうなることでしょうか。 

Img103【アマチュア無線】
昨日は航空便が1通届きました。NI5DX局がQSLマネジャーをしている3B8HC(Mauritius)からのQSLカードが入っておりました。21MHzのSSBと24MHzのCWで交信したものです。グリーンスタンプ2枚で直接請求したものであります。特にエンティティでのニューではありませんが、24MHzのCWがモードでNewとなりました。 

Dsc07074Dsc07075【弘前城天守閣の曳屋】
本日は天気が良かったので、自転車に乗って弘前公園まで行ってきました。天守閣は曳屋作業によって天守台から完全に移動しており、これまでの風景を見られなくなっておりました。本丸の地上に移動したので、これまでの威容を見る事ができません。 

Dsc07076Dsc07077下乗橋の上の何時もの定点から写す方向では、天守閣が写らなくなってしまいました。6年後に戻ってくると言う事ですが、それまでは下乗橋付近は殺風景なままとなります。なお、天守閣の内部は石垣の修理が完了するまで見る事ができません。 

Dsc07078Dsc07081【自民党総裁選】
野田さんが立候補を断念したことで、安倍総裁が再選されましたが無投票は有り得ないと思うのです。安倍総裁の派閥を含めて8派閥が、閣僚の椅子が欲しいために立候補を取りやめたのでしょうが、国民目線ではなく党利党略や派閥の利益だけを追求し、選挙での推薦取り消しが怖くて総裁選に立候補するのをあきらめたのだと思います。

Dsc07082しかし、色々な考え方あって良いはずですが、アベ政権下では自由に意見を言えない環境になっているのでしょう。正に、独裁政権を目指している安倍首相の独壇場になっているようです。この雰囲気は北朝鮮体制に酷似してきていると思うのです。やはり、宗主国のGHQやCIAが作らせた自民党だけあります。

★お人好し国民はそろそろ気付くべき、今の日本は米国戦争屋の完全属国に堕したことを:CIAのつくった自民党の一党独裁を許した国民の自業自得
(新ベンチャー革命)
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35102108.html
(一部引用開始)
ところで、戦後の自民党を起ち上げたのは、岸信介ですが、彼は米戦争屋CIAのエージェントです。この事実をすべての国民は知るべきです。
 ちなみに、CIAが自民党設立時に岸信介に提供した資金は、戦前の岸信介などが、麻薬密売などで稼いだ軍資金で入手した隠匿退蔵品の転売でつくったCIAの裏金と言われています。この隠匿退蔵品の摘発のため、GHQの命令でつくられたのが悪名高い東京地検特捜部です。だから彼ら東京地検特捜部は今でも、国民のための捜査機関ではなく、事実上、米戦争屋CIAの下請け機関です。
 さて、安倍氏の母は、CIAエージェントであった岸信介の娘であり、安倍氏が子供のころから、岸信介を尊敬するよう安倍氏を洗脳したはずです。米戦争屋CIAはそこまでわかった上で、安倍氏が米戦争屋の傀儡首相としてふさわしいとみなしているはずです。
(引用終了)

また、自民党総裁選が無投票となった陰には、今立候補しても国民が反対している安全保障関連法案の他にも、難問山積で総裁になったとしても短命でおわることが判っているために、各派閥はあえて立候補を見送って責任を安倍総裁に全て負わせて退陣させ、その次を狙っているのではないのでしょうか。石破氏なんぞは立候補して当然なはずですが、見送った所を見ればアベの後を狙っているのでしょう。 

いずれにしても、来年の参議院選挙までに全く新しい政党(野党)が出来てこないと、またまた自公が圧勝することになると思います。選管の不正と「ムサシ」と宗教団体の偽票書きで不正選挙がなされるからです。公明党と創価学会の意識の乖離、維新の党の分裂と民主党の関係、生活の党と山本太郎となかまたちの動向などが気になっております。 

既成政党ではもうダメだと思います。全く新しい政党でなければ議員の絶対多数を占める自民党には勝てないでしょう。既成政党で再編するのであれば、維新も民主も隠れ自民の議員が多いのでそれ以外の野党が集まって新党を作るのがベストだと思っています。

2015年9月 7日 (月)

本日は晴れ後曇りの天気である。いよいよ国政も世界情勢も風雲急を告げている。

朝方は晴れていたが、今は曇りの天気となっている。気温は15℃であるが、日中は25℃まで上昇するとの予報が出ている。環境放射線は参考値であるが、0.048μSv/hであった。庭のブドウが熟れ始めたので毎日少しずつ収穫している。甘味と酸味が適度であり、結構な味であった。品種は、インターネットで調べた所、マスカット・オブ・アレキサンドリアというものらしい。黒くならずに青いままである。

報道によると楢葉町への避難指示が解除されたと言う。除染して0.3μSv/h程度まで線量が下がったと言った所で、東電の福一原発事故で現在も放射能が放出されている訳であるから、いずれまた線量が増加するのではないのだろうか。また、インフラ(電気、ガス、水道)の整備、病院やスーパー、コンビニの整備、帰還した町民の仕事と交通網の整備、荒れ果てた我が家の修築と治安維持等々の問題が山積している。

インフラの整備や生活基盤の復旧に遅れが出ている現在、楢葉町へ帰還する町民は限られてくるであろう。特に子供たちの健康と避難先での親の仕事や子供の学校の問題等を考えると帰還をためらう保護者達が多数なのではないのか。政府や東電の責任逃れのための避難指定解除も良いのだが、町民が安心して生活できる様でなければ故郷で元の生活を始める事はできない。例え、僧侶が護摩を焚いたところで放射能は消える事がないのである。

さて、政治はマイノリティ達に乗っ取られているため、日本国民に不都合な方向に進んでいる。占領しているアメリカの言うがままにアベ政権が悪法ばかりを可決成立させているからである。国民の意志を無視して、労働者派遣法の改悪、安全保障関連法案を成立させようと必死である。10月からはマイナンバー制度を実施し、高齢者の資産を略奪しようとしている。介護保険料の値上げ、介護サービスの引き下げ、消費税は福祉目的に使うはずであるが、それを無視してさらに10%まで引き上げようとしている。

消費税が福祉目的税だと政府が言っていることは、まやかしであって国の赤字財政の穴埋めにも流用されている。従って、福祉に使われるのは極一部に限定されるために、消費税を上げ続けているのである。もちろん、一部のお金はアメリカへの上納金として納めるが、そのお金は中東での紛争に使われているのである。回りまわって日本国民の税金が中東紛争での軍事費としてアメリカ=イスラエルに流れているのである。

中東(シリア、リビア、チュニジア、エジプトなど)からの難民がヨーロッパ(ギリシャ、イタリア、ドイツ、フランスなど)へ大量に流入しているが、これは、ISIS(イスラム国)を裏で操っているイスラエルとアメリカが原因であろう。シリアをISISに攻撃させ、リビアやチュニジアやエジプトの政権を打倒し、傀儡政権をでっち上げて国民の生活を破壊し、罪のない人たちを虐殺していることで、膨大な難民が発生しているのである。

イスラエルとアメリカは、EUを混乱に陥れることで、中国+ロシアとEU+NATOを対立させ第三次世界大戦を勃発させようと企んでいるのである。

★ロスチャイルド・シオニストが画策する第3次世界大戦
(嘘八百のこの世界ブログ) ~デーヴィッド・アイク氏が語る~

http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-61.html
(一部引用)
デヴィッド・アイク氏が語る。ロスチャイルド・シオニスト(イルミナティの一組織であり、ロスチャイルドが作った秘密結社)と、一般のユダヤ人とは異なる。一般のユダヤ人(スファラディー系)は、イスラエル軍によるパレスチナ・ガザの大虐殺にも抗議していると。「ガザの大虐殺」や「9.11」や「オバマら彼らの傀儡を操って、イラク・イラン・シリアの攻撃」を画策している勢力は、アメリカ国民の1%にも満たないロスチャイルド・シオニストであると。ロスチャイルド・シオニストについてアイク氏が語っているブログと動画を紹介する。
(引用終了)

★シリア情勢と大イスラエル帝国妄想
(richardkoshimizu's blog)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201509/article_58.html

2015年9月 5日 (土)

本日からALL ASIAコンテスト電話部門が開催されている。当局は今年も傍受専門である。

Img098今日からオールアジア・DXコンテスト電話部門(All ASIA Contest Phone)が午前9時から開催されている。7日(月)09:00(JST)までだが、今年も参加していない。2012年のAAコンテスト電話部門でJA7エリア・シングルOP・ローパワー・10mバンドで第一位を取っているからである。

入賞するには、参加部門の隙間を選んで運用すると良い。マルチバンドのシングルOPでは競争相手が多くて勝ち目がないし、高齢者につき長時間運用が無理な事もあるからである。過去のAAコンテストの結果を見て、参加局が少ない部門に参戦すると入賞のチャンスが増えると思うのである。

毎年コンテストに参加する気力も体力も無くなった今、ただただ傍受しているだけである。CQ WW DXコンテスト、WPXコンテストなど、若かりし頃は色々なコンテストに参加したものであるが、このごろでは全く参加したいと言う気にならないのである。今年の夏のJASTAのSSTVコンテストにも参加しなかった。マンネリ化もあるのだろうがコンテストはしばらくお休み状態にある。sad

本日の岩木山、9月13日は岩木山の朔日山でお山参詣の行事がある。

Dsc07068【天気】
今朝は晴れているが、午後からは曇ってくるとの予報である。気温は21.5℃で環境放射線は参考値であるが、0.046μSv/hであった。朝晩は涼しくなっているのでタオルケット1枚では寒くなってきた。秋になったから食欲が出るのではないかと思っているのだが、夏バテが続いており、体調の維持が難しい。
(画像は本日の岩木山である)

Dsc07070【朔日山(ついたちやま)】
昨日は雨が降ったり止んだりの天気であったが、今朝は晴れていたので岩木山の頂上付近に雲があったが、それなりに良く見えていた。今月の13日が旧八月一日であるため、岩木山の朔日山(ついたちやま)となっている。いわゆるお山参詣の行事が行われる。朔日山に岩木山の頂上でご来光を拝むのを通例としている。

Dsc07072そのため、前日の9月12日(土)に赤倉山神社(種市)、巌鬼山神社(十腰内)、大石神社(大森)、赤倉神社(赤倉の沢)、黒瀧神社(湯段)の各神社に参拝してから、岩木スカイラインの八合目の駐車場に向かう。駐車場にある休憩所(IWAKI1962)で翌日の午前3時のリフトの運転開始まで待機するのである。

Dsc07073八合目からリフトに乗って九合目まで行き、そこから頂上を目指して登頂を開始するのである。2013年と2014年はご来光を拝むことが出来なかった。今年はどうなるか心配であるが、ご来光を拝めなくても雲の向こうには朝日が昇っているのだから、読経をして世界の平和と日本の平和、五穀豊穣と家内安全などを祈るのである。

今年の朔日山は日曜日になっており、頂上は相当の混雑が予想される。事故の内容に登山をしたいものである。標高1625mの霊峰岩木山であるが、あくまでも登山をして頂上を目指すのであるから、軽装だけは避けていただきたいものである。さらに、登山の前日は精進料理を食べ、肉やニンニク、卵や牛乳(乳製品全て)を食べないようにして登頂し、ご来光を拝んでほしいのである。

下山してからは、精進をやめ肉を食べ、牛乳を飲んでも結構である。私達は、中華そば(ラーメンなど)を食べるのを定番としている。朔日山が終わると今年の参拝は全て終了する。春の津軽三十三観音参り、津軽の北斗七星伝説7神社参拝、そして朔日山で締めくくるのである。

来年の春から津軽三十三観音参りを再開するが、メンバーも高齢化(70歳以上)になっており、いつまで参拝できるか分からない。しかし、元気に歩ける内は観音参りや朔日山には行きたいと思っている。

2015年9月 3日 (木)

弘前城天守閣の曳屋が始まった。明治の大修理以来100年振りの大修理である。

Dscf9853_1Dscf9856_1【天気】
本日は晴後曇りの天気で、気温は29℃と暑い日となっている。環境放射線は参考値であるが、0.048μSv/hであった。
天気が良いので弘前公園まで散歩に行ってきた。
弘前公園はさくら祭りが終わり、秋の紅葉までシーズンオフとなっている。それでも蓮池の蓮は花が終わって花托が目だっていたが、遅咲きの花を数輪見ることができた。

Dscf9858_1Dscf9860_1【弘前城天守閣の曳屋】
また、弘前城の天守閣は天守台や石垣が崩れかかっていることから、明治の大修理以来100年ぶりに平成の大修理をするため、天守閣を天守台から切り離して石垣の修理が行われている。

Dscf9861_1Dscf9864_1_2本日から重さ400トンもある天守閣を本丸の中ほどまで移動させる曳屋工事が開始された。私が行った時は50cm程度移動されていた。
天守の移動には重機が使用されており、油圧ジャッキで持ち上げているとの事であった。

★天守 そろ~り2m60cm/弘前城一次曳屋始まる (Web東奥)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2015/20150903005076.asp
(一部引用)
弘前城本丸石垣大改修に伴う天守の曳屋(ひきや)工事は3日、天守を水平移動する「一次曳屋」が行われ、レール上の作業台に載せられた高さ約14.4メートル、重さ約400トンの天守が、本丸内側の仮天守台に向かってゆっくりと動きはじめた。
Dscf9863_1一次曳屋は4日まで行われ、天守が約22.3メートル移動する。10月下旬までの曳屋工事中、天守は全体で約78.9メートル移動。元の場所に再び戻るのは2021年度の予定で、「下乗橋から眺める天守」などのこれまでの光景は、しばしのお別れとなる。
(引用終り)

2015年9月 1日 (火)

飛行船「スヌーピーJ号」が青森県弘前市上空を飛行しておりました!

Dscf98491Dscf98451飛行船「スヌーピーJ号」が青森県弘前市上空を飛行しておりました。

ゆっくりと弘前市上空を円を描くように飛行しておりました。

http://www.metlife.co.jp/brand/blimp/

Dscf98481Dscf98511昨年も「スヌーピーJ号」が飛んできましたが、今年も9月9日まで青森県の各市町村の上空を飛び回るとのことでした。メットライフ生命のコマーシャルが良く見えておりました。

本日は防災の日である。各家庭の非常持ち出し袋の点検をしましょう。

今日は晴れ時々曇りの天気で、気温は27℃となっている。環境放射線は参考値であるが、0.046~0.048μSv/hであった。今日は風がないので結構蒸し暑く感じている。9月に入ったが、本日は「防災の日」である。各地で防災訓練が実施されているようだ。特に地震の後の津波関係の避難訓練が多かったようである。

首都の直下型地震や東南海地震などが心配されている。駿河湾を中心とした地震は30年前から予告されていたが、いまだに発生していない。結局、地震予知は不可能だとの結論に達し、膨大な研究予算を無駄使いしてしまったのである。

しかし、関東大震災クラスや南海地震等は何時起きても不思議ではないような状況にある。その為の防災訓練は必要不可欠なものであるが、関係者以外は訓練に参加していないのが気になっている。最低限、各自の非常持ち出し袋の内容点検、無い方は備え付けが必要であろう。

「非常持ち出し袋」に収納する物品は「見る(懐中電灯)、聞く(ラジオ)、食べる(非常食、飲料水)」など、普段の生活を維持するために最低限必要なものを入れる。まずは災害初日を無事にしのぐことが重要である。最低限1日分の食糧を確保しておけば大丈夫だと思っている。できれば、軍手やロープ、薬品などを持ち出し袋に入れておけば安心である。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31