フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 予想通りだが、日本のロシア外交に宗主国のアメリカが苦言を呈している。 | トップページ | 3507kHzでツバル/T2GCが出ておりました。傾斜型アンテナの改修で飛びが良くなりました。 »

2015年9月24日 (木)

習近平国家主席がアメリカ訪問で国賓扱いだが、安保法を決めた偉大な安倍首相へはアメリカからお呼びがかからない。

【米・中・ロに利用されている日本】
習近平国家主席がアメリカを訪問して、経済外交を行っているが、ボーイング社から300機もの航空機を購入する契約をしたと言う。もともと、アメリカの巨額なドルを所持している中国であるから、アメリカも無視できないのである。もし、中国がドル売りをするればアメリカは直ちに国家破綻に追い込まれるのである。
 

★【驚き】米国と中国は蜜月関係だった!習近平氏の訪米、ボーイング社から300機を購入へ!米中の大企業トップが勢ぞろい(真実を探すブログ) http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8134.html  

★自衛隊が南スーダンで中国軍の警護をすることに!安保法案可決後の初派遣はまさかの中国支援!中国脅威論・・・(真実を探すブログ) http://saigaijyouhou.csom/blog-entry-8114.html 

アメリカは中国と表では敵対しているようだが、裏ではお互いに支え合っているのである。勿論、太平洋戦争では日本に対しての戦勝国同士であり、国連では敵国条項をに沿って、日本が武力行使すれば、予告なく攻撃できる仲間でもあるのだ。つまり、日本はアメリカと中国に騙されて、安保法案を可決成立させられてしまったのである。その最初の駆け付け警護の相手がアフリカの南スーダンに派遣されている中国軍だとは洒落にもならないではないか。 

【日本の分断統治】
アメリカは、属国の日本に対して「北朝鮮や中国脅威論」で洗脳し、アベ政権をあおる事によって安全保障関連法を可決させ、集団的自衛権行使を可能にすることでアメリカ軍の「パシリ・アッシー」として自衛隊を戦場に向かわせることが目的であったのだ。そのことで、日本は中国とアメリカによって本州の東京以北はアメリカ、以南は中国が占領することも否定できない状況になったのである。

国連の敵国条項を適用すれば、日本の自衛隊が尖閣諸島や南沙諸島で一発でも中国軍に攻撃を加えると、問答無用で中国軍が日本本土を攻撃できるのである。勿論、アメリカは干渉はしないで、適当なところで仲裁に入り中国と話し合って日本を南北に分断統治するように持って行く事も考えられるのだ。日本の経済力と技術力を温存したまま中国とアメリカが仲良く日本を治める事が可能なのである。

それが証拠に、憲法違反の安保法によって集団的自衛権行使を可能にした偉大なる「安倍晋三首相」にアメリカは会おうとしていない。これ見よがしに習近平国家主席と国賓として会っているのである。それはそうだろう、日本はアメリカが占領しているのだから、だまして自衛隊を利用できるようにした事で既に御用済みなのである。
 

中国(日中関係が不調・反日教育の強化)、アメリカ(日本の金のなる木の役目の終了、利用価値の低下)、ロシア(北方領土の話し合い拒否)などから、日本がこの3大国によって監視、利用されているだけなのである。いずれ、北海道がロシアの統治、東京以北がアメリカの統治、関西以南が中国の統治となってもおかしくはないのである。 

従って、似非独立国家の日本国の将来は真っ暗である。どうせなら、アメリカの第51州目となって日本州でいたほうが何かと便利で無難であろう。自衛隊は州兵で済むし、外交も防衛も経済もアメリカ任せで良いのである。なにも無理をして似非独立国でいる必要は全くないのである。残念ながら戦争に負け、アメリカにあらゆるものを吸い取られた「だしがら日本」の悲哀は永遠に続くのである。

民主党政権もダメ、自民党政権もダメ、国民はもう選択肢はないのである。全く新しい野党が出現し、選挙機械の「ムサシ」の追放による選挙を実施しなければ、国民が望む政権を作る事は出来ないのだ。ただ、隠れ自民党の共産党が野党共闘を言い出していることは歓迎すべきことである。野党が大同団結すればそれなりの与党に対して抵抗できるようになる。

ただし、全く新しい政党を作って、その党に現在の議員が参加しての選挙はしない方が良い。良い例が「生活の党」所属の議員の数多くが落選させられたし、自民党議員でも安倍様に文句を言う議員は落選させられてしまった事実が有る。「ムサシ」の威力を示すものである。

« 予想通りだが、日本のロシア外交に宗主国のアメリカが苦言を呈している。 | トップページ | 3507kHzでツバル/T2GCが出ておりました。傾斜型アンテナの改修で飛びが良くなりました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 予想通りだが、日本のロシア外交に宗主国のアメリカが苦言を呈している。 | トップページ | 3507kHzでツバル/T2GCが出ておりました。傾斜型アンテナの改修で飛びが良くなりました。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30