フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« H44GC(Solomon)とは4バンドで交信できております。 | トップページ | VK9NZと3502kHzの電信でQSOすることができました。 »

2016年9月30日 (金)

CY9C(St. Paul Is.)がLoTWでQSLとなり、DXCC PHONEは336/349であります。

【天気】
高気圧に覆われて、朝からよく晴れております。気温は、早朝が11℃で現在は22℃になっておりました。環境放射線は参考値ですが、0.040μSv/hでありました。朝晩は冷えるようになりましたので、体調管理に気を付けて頑張っております。9月も本日で最後であり、今年も残すところ3ヶ月となってしまいました。

光陰矢のごとしと申しますが、まったくその通りで72歳ともなるともっと早く時間が経過しているように思います。身辺整理でこれまで愛用してきた、船舶時計(無線室用)の防塵壁掛けクォーツ時計をヤフオクに出品しました。第一沈黙時間(赤)と第二沈黙時間(緑)が表示されたSEIKO社製のものです。

【アマチュア無線】
今朝はアンテナにカラスが止まって、やかましく鳴きつづけるので、起床して追い払ってきました。いつものカラスですが、弘前公園から岩木山方向に飛ぶ途中に休憩場所にしているようです。

午前五時半に悪カラスに起こされてしまったので、起きついでに3006kHzを傍受したところ、9A9A(Croatia)がCQをだしていたので、必死に呼びましたがカスリもしませんでした。その内にDXクラスタにアップされたので、パイルアップとなってしまいチョンでありました。

Ep708a007そこで、10144kHzをワッチしたところ、S79KBがRTTYで出ていたので1時間ほど呼んで交信できました。Newではありませんでしたので、QSL請求はOQRSのBureau経由としました。7MHzではCX7COが電信で出ておましたので交信しましたが、もちろんNewではありません。DXCC Challengeのための局数かせぎであります。

また、先月(8月)に運用されたCY9C(St.Paul)をLoTWにアップしておいたのですが、本日、14MHz/SSBでQSLとなりました。これでDXCC PHONEは、336/349となりましたので残すところ3エンティティで#1オーナーロールであります。CWの方は、316/319でオーナーロールまではまだまだしばらくかかります。DXCC Challengeは1083となりました。

« H44GC(Solomon)とは4バンドで交信できております。 | トップページ | VK9NZと3502kHzの電信でQSOすることができました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« H44GC(Solomon)とは4バンドで交信できております。 | トップページ | VK9NZと3502kHzの電信でQSOすることができました。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30