フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 今朝の80mはEUが良く聴こえていた。昔は、撤退=転戦、敗戦=終戦で、今は墜落=不時着、戦闘=衝突となっている。 | トップページ | 3.5MHzで交信したYL3CW(Latvia)のQSLカードをコンファームした。一日中穏やかな天気であった。 »

2016年12月17日 (土)

プーチン大統領の一人勝ち、共同経済協力をお土産に上機嫌で帰国した。

【天気】
気温は1.4℃でアメダスの観測による積雪量は27cmとなっている。朝から2回雪かきをした。散水融雪装置を稼働させて融雪に努めている。夕方までには融けてしまうと思っている。環境放射線の値は、参考値であるが、0.042μSv/hであった。年越しも近くなったので、正月の準備や年賀はがきの印刷をしなければならないと思っている。

【アマチュア無線】
今朝は、雪かき作業におわれ、アマチュア無線を運用することができなかった。後でDXクラスターを見たのだが、いつもの局がポストされていた。今後は早朝ではなく、夕方から深夜の時間帯でワッチしようと思っている。主にオセアニアが3.5MHz帯のDXハンティングの中心となる。現在、80エンティティを交信済みである。

今後は、80mバンドの交信証(QSLカード)のコンファームに努力したい。その分ダイレクトでの請求が多くなるため、グリーンスタンプとOQRSの使用が多くなると思う。Bureau経由のカードはなかなかコンファームできずにいる。ログを調査して古い交信データーでもカードをコンファームしていないDX局には直接請求をしている。

【プーチン VS アベ】
ロシアのプーチン大統領は昨日帰国したが、山口ではおいしい日本酒をいただき、東京では3000億円の経済協力をいただき、講道館で柔道を見てご機嫌で帰ったのである。私が言ったように、共同経済協力を得ることと、ビザなし渡航を推進することで終ってしまい、領土に関することは何の進展も無かったのである。

世界を相手に活躍しているプーチン大統領とアベ首相ではどだい相手にならないのである。柔道で言うと有段者と初心者以上に各が違うのである。アメリカに占領されている属国の日本政府の首相はアメリカの言いなりに動いているロボットでしかないのであり、自分の頭で考えてロシアと交渉してもアメリカがダメと言えば無に帰すのである。

北方領土はアメリカが日本に軍事基地を設置している限り、「返還」という2文字はありえないのである。もし、現状で北方4島を返還したら、在日米軍が基地を置くことになり、ロシアにとっては安全保障上極めて危険な事になってしまうのである。したがって、日米安保条約が破棄され、在日米軍基地がなくならない限り、北方領土の返還はありえないのである。

すなわち、アメリカから独立した日本にならなければ外交交渉は上手く行かないのである。横田幕府、日米合同委員会、日本会議などの命令で日本政府が動いていることはプーチンさんはとっくの昔に知っているのである。山口や東京へ遅れて到着したのも、南米でのAPEC会議の時、安倍首相が遅れてプーチン大統領に会ったため、そのお返しが今回行われた遅刻だと言う事である。

それと、プーチン大統領は世界から狙われていることを知っており、身の危険を感じていたのだと思うのである。元秘密警察に籍を置いていたプーチン大統領はその点でも情報収集をし、身の危険をできるだけ少なくするための計画的な遅刻だと思っている。しかし、講道館の柔道見学は定時であったと言う事である。

日本国民の窮状をよそに、世界中にお金をバラ撒いているアベ政権は世界の笑い者になっているのである。いずれの外交も海外での主要な会議も全て失敗し、蚊帳の外にされているのが今のアベ首相とその取り巻きなのである。ODAを始めとして経済支援で莫大な日本の予算が世界に配布されていはいるが、そのメリットは何も得られていないのである。日本の経済を困窮させる目的での海外援助なのであろう。

海外に気前よくバラ撒いている金を日本国内のインフラ、震災復興、年金支給、奨学資金、教育訓練などに回せば日本人の暮らしが良くなり、経済発展も可能となってくるのであるが、日本国をダメにし、日本人を抹殺しようとしている勢力のためにそうとはなっていないのが現状である。

マスコミは、北方領土の返還に期待を持たせたり、オスプレイの墜落を不時着と言ったり、南スーダンの戦闘を衝突と言っている内は国民のほとんどが信用しないであろう。特に今回のマスコミの報道姿勢を知った国民の目はいよいよ厳しくなることは間違いないのである。

それにプーチン大統領が記者会見の場でアメリカが原因で北方領土問題の解決を難しくしていると言ってくれたのである。これを聞いた日本国民は相当覚醒したことであろう。日本がアメリカから独立しない限り、領土問題は無しと言うのが当然なのである。

いま、新聞とテレビが全て無くなっても生活には全く困らないことは事実である。嘘ばかり報道して、本当の事を書けないメディアは消滅して当然なのである。存在価値が無いのである。北方領土の進展が全く無かった今回のプーチン訪日も、散々あおっておいて、今度は北方領土の返還は難しいと報道している。マスコミではなく「マスゴミ:升塵」と言われる所以である。

いずれにしても、日米安保条約の破棄、地位協定の破棄、在日米軍基地の撤去、不正選挙による自公政権の成立の打破をし、敗戦後72年間のアメリカの占領から脱出し、正真正銘の独立国家、法治国家、民主主義国家、自由主義国家になることができれば、自動的に北方領土問題も解決することにつながると思うのである。

そのためには、朝鮮半島の統一が必要となる。在日米軍は主に韓国の防衛のために日本に駐留しているのであるから・・・。アメリカから独立した後は、国連の敵国条項の削除と安保理の常任理事国になる必要があるし、ロシアと中国が連携して日本を攻撃してくることも考慮した外交が大切になってくる。

« 今朝の80mはEUが良く聴こえていた。昔は、撤退=転戦、敗戦=終戦で、今は墜落=不時着、戦闘=衝突となっている。 | トップページ | 3.5MHzで交信したYL3CW(Latvia)のQSLカードをコンファームした。一日中穏やかな天気であった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今朝の80mはEUが良く聴こえていた。昔は、撤退=転戦、敗戦=終戦で、今は墜落=不時着、戦闘=衝突となっている。 | トップページ | 3.5MHzで交信したYL3CW(Latvia)のQSLカードをコンファームした。一日中穏やかな天気であった。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31