フォト

ラベル

  • Log search for JA7BAL
      
  • 電波伝搬状況

  • 訪問者の国旗
    free counters

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 弘前は大雪である。アメダスの観測によると積雪深は80cmとなっている。 | トップページ | 今日も大雪である。積雪が76cmとなって雪かき作業に忙殺されている。 »

2017年1月30日 (月)

降雪量は一段落したが、連日の降雪のために雪かき作業で疲れが出ている。

【天気】
朝から小雪が絶え間なく降り続いている。湿った雪なので電線やアンテナに着雪している。気温はマイナス0.5℃である。アメダスによる積雪深は52cmとなっている。降雪量は少ないが一日中降るようであれば結構積もることになろう。環境放射線は参考値であるが、0.042μSv/hであった。

【アマチュア無線】
今朝も雪かき作業でアマチュア無線は運用しなかった。DXクラスターの情報を見ると1.8MHz帯が賑やかな様であるが、3.5MHz帯はほとんどレポートが無かった。A35シリーズが聴こえているが、3.5MHzには出てきていない。Lowバンドは、もっぱら「1.8MHz帯」だけのようである。3.5MHz帯のアンテナが無いのであろうか?

いずれにしても、3.5MHz帯は閑古鳥が鳴いている。1.8/7/10MHz帯は結構聞こえるのであるが3.5MHz帯だけは聴こえてこないのである。聴こえたとしても交信済みのエンティティばかりである。当局は、1.8MHz帯のアンテナが無いためにオンエアはできない。3.5MHzの傾斜型アンテナにカプラーで1.8MHz帯を乗せてはいるが全く飛ばないのである。

【トランプ旋風】
アメリカのトランプ大統領は、選挙での公約実現のために大統領令を盛んに出しているが、それをマスコミがこぞって批判している。マスコミの胴元が1%のオリガーキー達であるから仕方が無いが、もう少し素直な報道をして欲しいものである。日本やアメリカのマスコミの批判報道は、司令官が同じであるために内容も同じようになもので批判報道を行って
いる。

テロビ(テレビ)やラジオや新聞などのメディアも同じようにトランプ新大統領を批判、中傷し続けている。それだけ、これまでの既得権を守ろうとしている1%のユダ金達にとっては不都合な大統領となっているのである。トランプ氏への攻撃が激しいほどトランプ氏が裏社会の権力者に大きな影響を与えている事に繋がるのである。

また、この後で日本国内でもトランプ旋風が吹き荒れることになるだろう。TPPは駄目でも、二国間経済協定を改定して日本に圧力をかけてくることは間違いないと思うのである。自動車輸出などの貿易赤字の大きな分野への風当たりは相当強いものとなるであろうし、農産物や畜産物の輸入量の増加なども予想される。

「アメリカ・ファースト」とトランプ新アメリカ大統領が言った事は、アメリカ合衆国が一番ではなく、「アメリカ国民が最優先で第一」であると言う意味である。つまり、アメリカ国民の雇用機会を増やそうと言う事なのである。そのためには、工場の海外移転を規制し、アメリカの国民が生産している農産物や畜産物の輸出を増大させることが重要なのである。そのためには、競合する分野の輸入物資等に高い関税を掛け、国内の産業を保護することも大切になるのである。

日本に駐留する米軍の削減や日本側の負担増を言ってくることも確実であろう。これまでのように、アメリカ一辺倒、従米基調、アメリカ頼り、ジャパンハンドラーが出す要望書の通りの政治運営などが通用しなくなってくるのである。いまこそ、アメリカに言うべきことを言い、不都合な日米地位協定、安保条約の改定をし、該当しない事を指摘されたら反論して行かなければならない。

アベ偽首相が「訂正云云」を「ていせい・デンデン」と読んだようであるが、やはり純粋な日本人でない事からくるのであろうか。間違って読んだことにも気が付かないのであるからどうしようもないアベ首相と言わざるを得ない。その首相を守っている公明、自民の国会議員達のレベルもそんな程度なのであろう。

また、そのような議員達を選出した国民のレベルも同じようなものとなろう。ただ、国民の投票が不正選挙によって改ざんされて現在の議員達が当選しているのであれば論外となる。国民の民意を踏みにじってまで売国奴となり、日本国や日本の資産をアメリカに献上する事はもうこの辺で止めて欲しいものである。

トランプ大統領になっても日本の資産が奪われて行く事にはあまり変化がないと思われるが、少なくてもこれまでの方式とは同じようには行かないと思うのである。二国間の貿易赤字の是正、在日米軍の経費の負担増、円安誘導などの為替操作の禁止などに対する対策などは喫緊の課題である。アメリカに対してどのように向き合って行くかは、日本の将来にとっても重要な課題なのである。

もちろん、横田幕府、日米合同委員会、日本会議等の存在もあるが、これも少しは変わってくるものと想像される。日本国がアメリカの占領状態から少しでも脱却するためには、トランプ大統領が行う対日本政策がどのようなものとなるかは不明だが、その政策を利用して完全占領状態、属国、植民地的な現状から抜け出し、アメリカの同盟国として対等な立場で国際貢献をしていただきたいと思う所である。

« 弘前は大雪である。アメダスの観測によると積雪深は80cmとなっている。 | トップページ | 今日も大雪である。積雪が76cmとなって雪かき作業に忙殺されている。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 弘前は大雪である。アメダスの観測によると積雪深は80cmとなっている。 | トップページ | 今日も大雪である。積雪が76cmとなって雪かき作業に忙殺されている。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31