フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

9月も明日で終わり、10月に入るが衆議院の選挙一色になる。

【天気】
晴れのち時々雨の天気であった。雨が降ったり止んだりが続いている。気温は朝方が7℃で日中も15℃前後で肌寒い日となっている。9月も明日でおわり、10月に突入するが、日ごとに寒さが厳しくなって行くようである。北海道では初冠雪があったとの報道がなされていたが、今年の冬は早く到来するのであろうか。

10月は衆議院の選挙が実施されるが、希望の党の出現で政権交代の可能性が高くなってきた。この辺で安倍一強を打破しないと日本国は滅亡してしまうことになる。何でも良いから、自公政権を終わらせることが先決である。そのためには野党が団結して衆議院選挙に立ち向かわなければならないと思う。

ただ、希望の党も第二自民党と同じようなものであることは否定できない。小池都知事も日本会議メンバーであり、もともと自民党であったのだから、政権交代が起きても今の政権とは大きく違わないことになる。でも、安倍政権よりは少しはましであろうと思う所である。

アメリカに占領されている日本国であるから、今回の選挙もCIAやCSISが裏で糸を引いていることは間違いないであろう。アメリカにとっては、自民党と小池新党の「希望の党」が交互に政権を取り、アメリカのATM役とアッシー(パシリ)役を務めることになるように仕向けるに違いないのである。

出来れば、民進党の一部が「希望の党」に加わったとしても、残った党員で第三の新党を作って、選挙民の選択肢を広げて欲しいと思っている。10人程度でも第三極の勢力があれば政治の独走を少しは止めることができるのではないかと思う次第である。

【アマチュア無線】
次第に秋のコンディションになってきているようである。ローバンドも遠距離の局が聞こえて来るようになった。5T5OKは10MHzのCWで交信できたが、7MHzは駄目であった。すでにペディションは終わってしまったが次回を期待したいと思う。いずれにしても、3.5MHzが89エンティティで止まっているため、この秋のシーズンを利用して100を目指したい。

2017年9月22日 (金)

国連における日米の圧力演説に反発した北朝鮮は、太平洋上で水爆実験と言っている。

【天気】
今朝は高気圧に囲まれて快晴である。気温は早朝15℃で現在は24℃となっているが、湿度が45%なので快適である。9月20日の岩木山の朔日山は数分だがご来光を拝むことができたという。これで、山頂でのご来光を拝めたことは昨年に引き続き2年連続となる。

ただ、気になるのは「岩木山のご来光ツアー」に参加する人たちが前日に「BBQ」バーティーを開催し、肉やニンニクを鱈腹食べて登頂することには賛成できない。できれば、精進料理を食して欲しいものである。霊峰岩木山の朔日山には信仰の山でもあるから、身を清めて行って欲しいと思うものである。

【アマチュア無線】

現在、アフリカの5T5OK(モーリタニア)が出ているようであるが、当局には入感なしである。パワーが少ないので弱いのかもしれないが、毎日ワッチは続けている。A25(ボツワナ)はA25ALとA25BEと交信済みである。しかし、いずれの局もNEWではない。局数稼ぎと言った所である。

【国連演説と北朝鮮】
国連の演説で北朝鮮に対して「圧力で対応」と言っているのは、トランプ米大統領と日本国のあべ首相だけである。あべ首相は相当戦争が好きなようである。まぁ、アメリカに占領されている国であるから仕方がないことではあるが、もう少し空気を読んで欲しいものである。おまけに帰国次第に臨時国会で「衆議院の解散」を行うらしい。森友や加計学園問題隠しの解散だと受け取られ、自分の保身のための解散でもあろう。

世界の笑い者があべ首相であり、何でもYESの主体性のない政権でもある。このままだと日本国が北朝鮮との戦争に巻き込まれて滅亡してしまうことになる。アメリカが武力で北朝鮮を攻撃した場合、日本が無傷ではいられないし、膨大な人的、物的な被害を被ることになる。

できれば、圧力を加えながら、外交で問題を解決して欲しいものである。「北風と太陽」の童話があるが、北風(圧力)が強いほど北朝鮮は身を固め、頑なに敵対することになる。それを理由に攻撃するらしいが、武力攻撃だけは避けていただきたい。戦争になれば中国とロシアが参戦するだろうから、完全に第三次世界大戦となってしまうであろう。

アメリカの産軍関係者はどこかで戦争が起きて欲しいと思っているのであろう。その何処かが、極東の朝鮮半島または尖閣問題での戦争、南沙諸島問題での戦争などを想定しているに違いないのである。今のアメリカ経済を守って行く為には、何としても戦争が起きて欲しいのである。それが今回の米国と日本の国連での演説の中に見え隠れしている。

いずれにしても、アメリカを挑発している北朝鮮を米国がこのまま放置しておく訳がないのである。また、北は「太平洋上で水爆実験」をするぞと脅している現状ではなおさらである。私の考えだが、近いうちに必ずアメリカは「北朝鮮を武力攻撃」することになるのではないかと思っている。

そうなれば、韓国の平昌冬季オリンピックも2020年の東京オリンピックも開催不可能となるであろう。できることなら、国連で決めた圧力を実施し、話し合い(外交)での解決をして欲しいと思う次第である。

2017年9月15日 (金)

またまたJアラートが作動した。770km上空は宇宙空間であるからミサイルで迎撃することはできない。

【天気】
青森県の東海上にある低気圧の影響で、早朝まで雨が降っていたが今は晴れとなっている。台風18号が急激に北東方向に不自然に進路を変えた事で、日本列島を縦断するコースを取るようである。このままの方向で進めば青森県もコースの範囲に入ることになる。もし、直撃されればリンゴや稲に大きな被害が出ることになるだろう。

環境放射線は参考値であるが、0.040μSv/hであった。気温は私の温度計で19℃となっている。9月20日は岩木山の朔日山(お山参詣)であるが、その日までは台風18号が通過した後になるので行事は実施されるものと思っている。台風一過の晴天であることを祈っている所である。20日の早朝に岩木山の頂上で綺麗なご来光を拝めることを期待したい。

【アマチュア無線】
太陽フレアによる影響で電離層の状態が安定していない為か海外局で珍しい所は聞こえていなかった。それにしてもDXクラスターにはFT8モードのスポットが増えているが、当局にとっては全く関心が無いので参考にはなっていない。JT65よりは短時間で交信できるようだが、コンピュータのソフトウエアで自動的に送受信するのため、私の考えでは意味が無いとも思っている所である。

【Jアラート】
今朝も北朝鮮が弾道ミサイルを発射したため、Jアラートが発動されたのだが前回と同じパターンなので、またやったかと「オオカミ少年」みたいな感じとなった。また、TVはどこのチャネルも弾道ミサイル発射の関係を報道していた。マスコミや政府はやたら国民の危機感を煽っているように思えた。それにまたまた「日本上空、日本領空」を通過したと報道しているが、770km上空であれば「宇宙空間」であることを考慮すれば、「日本上空」は不適当な文言だと思うのである。

北朝鮮が弾道ミサイルを発射した時点から数分で日本上空の宇宙空間を通過するのであれば「Jアラート」を発令しても避難する時間が数分では意味が無いと思うのである。私の様な田舎住まいでは、建物の中に居ても木造モルタルの住宅では、避難していても被害を免れることは出来ないであろう。また、PAC3や日本現有の迎撃ミサイルでは770kmの宇宙空間を通過する弾道ミサイルを迎撃することは無理である。

日本の各テレビ局は、軍事アナリストや軍事評論家、北朝鮮に詳しい大学教授、自衛隊OBを総動員して同じ内容を再三言わせている。ミサイルの型や飛翔距離などをどうのこうのと予測しているが、いずれ北朝鮮が発表するのであるから、憶測でしかないことを公共の電波を使ってダラダラ、長々と論評することは止めて欲しいし、国民の危機感を煽ることも止めて欲しいものである。

この度も日本政府は「北朝鮮に対して厳重に抗議した」と毎回同じ内容の文言を発表しているが、北朝鮮側には何の効果もないのである。それこそ耳にタコができるぐらい聞いた文言である。わざわざ官房長官がテレビを通して言うまでもない内容だと思うのである。首相官邸のパフォーマンスでしかないと思う所でもある。

2017年9月12日 (火)

日本海にある低気圧の影響で雨が降り続いている。

【天気】
日本海にある低気圧とそこから延びる前線の影響で朝から雨が降っている。今日は一日中雨の予報となっている。外気温は、私の温度計で23℃である。環境放射線は参考値であるが、0.039μSv/hであった。

今日空間線量を見ると青森県の下北半島地域がいつもより線量が多いようであるが、日本海にある低気圧の前線による降雨の影響なのかも知れない。

Photo ★ただ今の空間線量|ホワイトフード (WHITEFOOD)
https://news.whitefood.co.jp/radiationmap/

【アマチュア無線】
宇宙天気ニュースによると、「9月11日0時半(世界時10日15時半)に太陽の西に沈んだ2673黒点群で、X8.2の大規模フレアが発生しました」「GOES衛星のX線データでは、6日に発生したX9.3に次ぐ規模のフレアになっていますが、 発生領域が太陽のこちら側にあれば、もう一段高い規模のフレアとして観測されたかもしれません」「太陽の第24活動周期の第一位、第二位の規模のフレアが、この一週間に連続して発生したことになります」と伝えている。

従って、本日は太陽からのフレアによって、電離層が不安定になるため、短波帯のアマチュア無線通信に少なからず影響があると思っている。当局はここ3日間、電波を発射せずに受信作業だけを行っている。電波の伝搬状況を把握するための受信はそれなりに楽しい。

2017年9月 8日 (金)

太陽で爆発があり、巨大フレアが発生したと言う。このフレアによる被害が発生しないことを祈る。

【天気】
今日は高気圧に囲まれているためか、晴れて良い天気である。気温は27℃であるが、室内は30℃になっているため、エアコンを使用している。朝晩は涼しいのであるが、日中は結構暑いのである。環境放射線は参考値であるが、0.037μSv/hであった。

宇宙天気情報センターによると、「2017年9月6日のX9.3フレアは、11年ぶりに発生した巨大フレアがであり、現在地球に向かって来ています。」とのことであった。本日(8日)の午後から地球に到達する予定となっていると言う。これによって、GPSや短波帯のアマチュア無線や人工衛星などに影響が出ると言われている。何も被害が無ければよいと思っている所である。

【アマチュア無線】
6日に太陽の爆発で巨大フレアが発生したため、地球では8日にデリンジャー現象(フレアと呼ばれる太陽の爆発現象により昼間側で電離圏D領域の電離が進んで短波帯の電波が吸収され通信ができなくなることがある)が発生するかもしれない。午後3時現在では、7MHz帯以下で国内通信が聞こえている。しかし、10MHz帯以上はノイズだらけで信号が聴こえなくなっている。

そろそろ、地磁気嵐やデリンジャー現象が発生してもおかしくはない状況にある。太陽フレアの影響で過去にカナダで大停電が起きたことがあった。今回はそんな被害が出ないように祈るばかりである。報道によれば本日の午後以降に北海道でもオーロラを見ることが出来るかもしれないと言う事であった。

また、フレアの影響なのかは知らないが、メキシコ南岸沖で7日午後11時49分(日本時間8日午後1時49分)、太平洋を震源とするマグニチュード(M)8.1の大地震は発生したという。日本への津波の有る無しに関しては気象庁が調査中とのことである。

【マスコミ報道】
このごろは、北朝鮮の弾道ミサイルの発射や核実験の報道でマスコミは「森友・加計問題」を隠している。一段落したと思ったら、今度は民進党の山尾志桜里議員の不倫問題を取り上げているのである。なぜ、森友や加計問題を報道しないのであろうか。官邸からの命令で報道したくてもできないようであるが、あまりにも見え見えの現政権擁護体制である。

「ペンは剣よりも強し」と言う言葉が死んでから久しく感じている。マスコミ村の住民は政権監視や評論することを避けているのである。それこそアベ政権に対する忖度(そんたく)なのであろう。しかし、このようなマスコミの姿勢が前の戦争に突入した原因となったことは記憶に新しい所である。NHKが今でも体制の権力に同調して「大本営発表」を続けている事は周知の事実であるが、現在のマスコミの姿勢には賛成することはできない。

2017年9月 4日 (月)

北朝鮮の核実験と地震波形について思う事。

【天気】
早朝に雨が降り、その後は曇り時々晴れの天気となっている。気温は22℃であり、日本海の高気圧の影響で過ごしやすい一日となるであろう。環境放射線は参考値であるが、0.038μSv/hであった。9月に入ったがもう4日も経過してしまった。前期高齢者にとっては、事件の経過が早く感じて戸惑っている所である。

庭のボイセンベリーは終わってしまったが、今年も沢山のジュースを飲むことができた。まだ、搾ったのが少し残っているし、冷凍保存した果実もあるのでしばらくは、ジュースを飲むことができるだろう。最近は朝晩の気温が10℃台なので肌寒く感じている。従って、タオルケット一枚では寒いため、毛布を一枚重ねて就寝している。

【アマチュア無線
昨日はオールアジアコンテストの電話部門が開催されていた。当局は、過去に10mバンドLowでJA7エリアのトップになっているので、あえて参加はしなかった。しかし、傍受しているとレポートの年齢が60代から80代までが多く、アマチュア無線家の老齢化が進んでいることを実感させられた。

JARLの正会員の70%高齢者だというし、土日に開催されたハムフェアに行って来たローカル局の話によると、老人ホームの集会のようであったとの事である。いずれ、アマチュア無線を趣味とする人たちが亡くなっていけば、会員数が減少してJARLは解散せざるを得ないことになろう。さりとて、若者が魅力を感じる趣味でもないから、若い人たちをJARL会員に誘っても焼け石に水である。

アマチュア無線制度をアメリカ並みにすること、正員の会費を5000円程度に値下げすること、JARL NEWSはWebのみにすること、アマチュア無線局局名録はCD化して会員以外も掲載すること、JARDがやっている無線局の保証認定業務をJARLに取り戻すことなどを実施できれば延命につながるであろう。

【北朝鮮の核実験】
昨日は北朝鮮が6回目の核実験を実施したとの報道でにぎやかであった。その実験を検出した地震波形はP波が無い、S波のみの波形だったそうである。其の波形は、3・11の東日本大震災の地震波形や熊本地震の地震波形、日本各地で発生している地震の地震波形とほとんど同じであったとの事である。

どうして気象庁やマスコミは、日本の最近発生している地震の地震波形について言及しないのであろうか。北朝鮮の核実験の地震波形と日本の地震の波形を比較検討すべきだと思うのは私だけであろうか。比較すると人工地震であることがわかってしまうから、特定の組織にとっては不都合があるからなのだろうか。

東日本大震災が人工地震である9コの証拠と東京で実行される可能性について
(災害列島ジャパン 自衛せよ!)

金融ユダヤ人の皆さん、イスラエル製の純粋水爆の実験を北朝鮮でやるのは、止めましょう。
(richardkoshimizu official website)

それに、在日米軍基地から北朝鮮の平壌に向けて、航空機が定期的に飛行しているという事も良く知られていることである。

横田基地と平壌を結ぶ定期便?があります
(ルロイ・ブラウンのブログ)

平壌の飛行場には米軍の飛行機が駐機しているのを見ることができるとの情報もある。まぁ~、いろいろと考えられるが、北朝鮮の脅威を煽ることで、アメリカが日本に武器を売りつけることに利用しているのではないか。日本政府が防衛費のアップと武器の輸入に役立てているではないかとの疑念が生じるのである。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

Solar-Terrestrial

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック