フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 今日で11月がおわり、明日からは師走となるが自宅周辺の雪は消えてしまっている。 | トップページ | FT8モードでは3573kHzで2000Hzを超える呼出はオフバンドになります。今朝は3cmの積雪がありました。 »

2017年12月 4日 (月)

12月に入りましたが悪天候が続いております。

【天気】
12月に入ってからは雨や雪ばかりの天気で、カラッと晴れた日がありません。気温は零下にはなりませんが、寒い日が続いております。11月に雪が降り積もったためか、12月に入ってからはパラパラと降る程度で積もることがありません。今朝も曇り空で時々小雨が降っております。環境放射線は参考値でありますが、0.038μSv/hでありました。

【アマチュア無線】
午前5時ころに起床して80mバンドをワッチしております。昨日はZA1WWと3.5MHzで交信できました。しかし、CT9/DL5AXXは取り逃がしてしまいました。今朝は、5B4AMMとHA6FQの2局と交信しました。ZA1WWは3505kHzで強力に聞こえており、JAを指定して交信しておりました。

3573kHzのFT8はOZやOEなどヨーロッパの奥まで見えておりましたが、呼べと応答なしで終わってしまいました。聴こえる時間が短いために多くの局が出ているため、混信を起こしているのでしょう。傾斜型アンテナに100Wの出力で頑張っておりますが、なかなかであります。

Dsc08255 【おもちゃの修理】
玩具を修理するときはテスター(回路試験器)を使用しますが、私の場合はどちらかと言うと、デジタルよりはアナログ方式のテスターを使用することが多いです。乾電池の電圧測定、抵抗の測定、配線の導通試験などは迅速に表示されるアナログ方式が便利であります。

ただ、デジタル方式にはトランジスターのhfeなどや周波数、コンデンサーの容量が測定できるものもあるので、両方を所持していると大変便利であります。

私は通常の修理には、指針による指示値が迅速に読めるアナログテスターを常用しておりますが、トランジスターなどの性能を試験する場合や抵抗の数値を細かく測る場合にはデジタルテスターを使用します。指示値が安定するまで少し時間がかかるのがデジタルテスターの不便な所です。

したがって、可能であればデジタルとアナログの両方のテスターを所持して修理にあたると良いと思います。つまり、状況によって使い分けるのがコツであります。

« 今日で11月がおわり、明日からは師走となるが自宅周辺の雪は消えてしまっている。 | トップページ | FT8モードでは3573kHzで2000Hzを超える呼出はオフバンドになります。今朝は3cmの積雪がありました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日で11月がおわり、明日からは師走となるが自宅周辺の雪は消えてしまっている。 | トップページ | FT8モードでは3573kHzで2000Hzを超える呼出はオフバンドになります。今朝は3cmの積雪がありました。 »

Solar-Terrestrial

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック