フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月30日 (木)

朝から雷雨となっている。岩木山の山麓(嶽地域)では嶽キミがシーズンとなっている。

【天気】
朝から雷が鳴り、雨が降り続いている。沿海州にある低気圧と青森県上空にある停滞前線の影響であろう。一時、大雨警報や洪水注意報が出ていたが、今は解除されている。気温は25℃で過ごしやすい気温である。環境放射線は参考値であるが、0.045μSv/hであった。

8月も明日までで、以後は9月に突入する。光陰矢の如し、少年老い易く学成り難しである。庭のボイセンベリーは完全に終わり、紫陽花の花も枯れだしている。いよいよ秋に向かってまっしぐらとなっている。お盆が過ぎると次は、岩木山のお山参詣となるが天候に恵まれるよう祈っている。

リンゴ園では、早生リンゴの収穫が始まっている。台風などの風水害や豪富による被害がほとんどなかったのでリンゴも米も豊作となっている。大変ありがたい事であるが、台風21号のコースが心配である。台風が青森県付近を通過すると農作物の被害が発生してしまうため、台風の進路がずれることを期待したい。
また、岩木山の山麓である嶽(だけ)温泉付近では、シーズンの「嶽キミ(嶽トウモロコシ)」が道端の販売店で売られている。ゆでた嶽キミは甘くて大変おいしい。寒暖の差が大きいので甘みが強くなっているという事であった。当局も関東エリアの親戚にLサイズの嶽キミ10本入れ、一箱約3000円(送料別)で発送してきた。


【アマチュア無線】

有明のビッグサイトで開催されていたハムフェアも盛会に終わったようだが、ほとんどが前期高齢者達であろう。JARLの会員が65歳以上が約7割を占めている現状では、老人クラブの展示会とならざるを得ないという事であろう。携帯電話やスマホに押されて、趣味の王様から転落したアマチュア無線は絶滅危惧種となってしまった。

後10年もすればJARLの存続が問題となってくるであろう。原因は会員数の減少と新規会員が増えないことであるが、若いアマチュア無線家を育成してこなかった事や会費が高額であることなども原因となっている。スマホがあれば携帯無線機などは不要であるし、アマチュア無線を楽しむためには、無線従事者免許証と無線局免許状が必要であることがネックとなって若手が増えないのだと思うのである。

また、めでたく新規にアマチュア無線局を開局したとしても、総務省への無線設備の変更、増設、取り換え、撤去などの申請や届が必要となっている。もっと簡単な手続きでアマチュア無線局を開局できるようにして欲しいものである。無線従事者免許証と同時にコールサイン(識別信号)を付与し、諸手続きも簡易化して欲しいと思っている。

そうしなければ、若者たちは面倒くさがってアマチュア無線には関心を持たなくなるであろう。スマホがあれば情報交換、情報取得、メールや電話等、すべてできるのであるから、あえて免許が必要なアマチュア無線をやろうとは思わない。おまけに、新スプリアス規定が出てきているため、ますますやりにくく成っているのが現状である。

2018年8月27日 (月)

TX5Tの7058kHzのFT8でのQSOがOKとなった。9月10日は岩木山の朔日山である。

Dscf5025_1 【天気】
朝から晴れたり曇ったりの天気である。気温は私の温度計で25℃となっている。環境放射線は参考値であるが、0.038μSv/hであった。今日は昨日よりは暑くないために過ごしやすい一日になりそうである。しかしながら、西日本や東日本では猛暑が続いているが、熱中症には十分注意したいものである。(画像は、岩木山神社前の広場の様子である)

Dscf5103_1 各地に大きな被害をもたらした、台風19号や台風20号は青森県付近を通過したが、幸いなことに風水害による被害が極めて少なくリンゴも米も豊作である。異常なほどに連続して5個も台風が発生したのだが、これからも同じようなコースで本土を狙う台風には十分注意していたいと思う所である。
(画像は、2016年の朔日山のご来光である)

Dscf5038 恒例の岩木山(標高:1625m)のお山参詣は、向山9月8日)、宵山(9月9日)、朔日山(9月10日)と3日間行われるが、今年は身内に不幸が有った為、朔日山には参拝しないことにしている。来年は岩木山の頂上でご来光を拝みたいと思っている。そして、津軽33観音参りも再開したいと考えている。観音参りは個人で巡拝する予定である。

Club_log_expedition_charts_tx5t 【アマチュア無線】
21日でQRTしたTX5T(Austral Island)の交信では、7058kHzのFT8が交信したのだが、Clublogのログサーチには載っていなかった。しかし、DXペディモードで「RR 73」を頂いていたので、LoTWにデータをアップした。その結果、次の日にはQSLになっていた。確認のためにClublogを見たらチェックが入っていた。

なぜ、最初はノットインザログであったものが、途中からOKになったかは知らない。おそらく、7メガのFT8でのQSOデータがそれまでアップされていなかったのではないかと思っている。つまり、アップデートの最終日以降でもデータのアップデートが行われているという事であろう。
何にしてもQSLになって良かったと思う次第である。

2018年8月23日 (木)

室内気温は35℃である。処暑ではあるが厳しい暑さとなっている。

Dsc08441 【天気】
午前中から30℃を超えている。午前10時ころからエアコンを使用して涼を取っている所である。今日は処暑であるが残暑が厳しい。環境放射線は参考値であるが、0.045μSv/hであった。20日までは朝晩涼しかったのだが、一昨日あたりから30℃~34℃となっている。前期高齢者としては体調維持に苦労している所である。

庭のボイセンベリーの実は終わり近づいて、収穫量が少なくなったがジュースにしたり、ジャムにしたりして食している。今年はこれで収穫を終わるが、また来年に期待したいと思っている。台風20号は四国の南方を日本に向けて進んでいるようだが、四国、西日本に上陸した後、日本海に抜けて青森県方向に来るようだ。要注意である。

【アマチュア無線】

この暑さでぐったりしている。20日以来、暑さに負けて開店休業状態になっている。従って、無線業務日誌も19日で止まったまま進んでいない。時々、14074kHzのFT8を傍受しているが、電波を出すことはしていない。TX5Tは過去にほとんどのバンドで交信済みであるが、21日頃にQRTしたようだ。18メガ帯のFT8やCWにでてきたら呼んでみたいと思っていたが次回に期待したい。

しかし、暑い・・・。

2018年8月20日 (月)

お盆が終わった途端、涼しい風が吹き出している。朝晩は肌寒いくらいである。

Dsc08438_2 【天気】
孫達が帰り、お盆が終わり、仏壇飾りも外し、元通りの仏壇に戻した。天気は晴れ時々曇りで、気温は28℃である。少し暑いため扇風機で涼を取っている。環境放射線は参考値であるが、0.045μSv/hであった。
(画像は、熟したボイセンベリーの実である)

Dsc08439_2 シベリア方面からの寒気が上空に入っているため、朝晩は肌寒さを感じている。タオルケット1枚では寒いので毛布を一枚追加して寝るようにしている。7月から8月初旬までの猛暑は何だったんだろうと思う所である。

また、台風19号と20号が日本を狙っている。20号は25日ころに北日本を通過するようである。暴風に注意が必要であろう。アンテナに被害が出ないようにと祈るしかない。

【アマチュア無線】

昨日は10128kHzのCWでTX5Tと交信し、10136kHzのFT8で2局(5B4VL,OE3GWC)と交信した。TX5Tは結構良く聞こえているため、時々呼んでは交信している。盆中は開店休業であったが、これからは少しずつ交信局数を増やしていきたいと思っている。

それと、ようやく、DXクラスターの50313kHzのSPOTが少なくなった。コンディションが低下したのであろうが大変結構なことである。時々、1行や2行見かけるが、そのうちゼロになるであろう。6mマンに取っては寂しい事なのだろうが、当局にとっては良い状況だと思っている。(^^;

2018年8月15日 (水)

8月15日は終戦記念日である。現在の政治は「いつか来た道」、大本営発表並みとなっている。

【終戦記念日に思う】
今年もまた「終戦記念日」がやってきた。もと船乗りであった当局としては、7月16日の「海の日」以来の掲載となる。本当は「敗戦記念日」と言うべきなのだろうが、「敗戦を終戦」、「占領軍を進駐軍」、「敗退を転戦」、「全滅を玉砕」と言い換えた大本営発表があり、最近では、自衛隊の「戦闘を武力衝突」と言い換えている日本国政府であれば、終戦記念日も「有り」なのであろう。

いずれにしても、310万人の戦没者(戦死者)の中で戦闘で戦死した兵士の数よりも、餓死、病気で死亡した兵士の数の方が多かったことは良く知られている。すなわち、軍需物資の船舶による輸送は、米軍の戦闘機や爆撃機および潜水艦の魚雷攻撃により撃沈され、武器弾薬や食料(物資)の供給が追い着かなかったのが原因なのである。そのため、船員の戦死者が軍人よりも多かったと言われている。

★戦没船を記録する会:戦争で沈んだ船と船員の記録を残そう
https://senbotusen.web.fc2.com/

★弘前の津軽衆 船乗りの発言集 ~戦争と船乗り~
http://ja7bal.la.coocan.jp/sensou.htm

日本軍が居たとしても食料不足により、「腹が減っては戦ができない」はもっともな事であったし、米軍と戦うにしても武器弾薬が不足して戦にならなかったのである。赤紙一枚で徴兵された兵士の命は軽いものであったし、戦時中の軍国教育で「生きて虜囚(りょしゅう)の辱(はずかしめ)を受けず」という事で洗脳されていたため、死ぬことを何とも思わなかったことが死者を増やす原因になったのである。

今日は敗戦後、73年目の敗戦(終戦)記念日となるが、当局が船舶通信士として10年間、外国航路の貨物船に乗船中、太平洋戦争での戦時体験(船舶輸送)を聞いた。それによると、戦時標準船という粗製乱造の船で輸送にあたり、護衛してくれる戦艦もが無い状態での航海であったと言う。これでは、米軍の潜水艦の餌食になるのは当然の事であった。

現在でも南太平洋や南シナ海、フィリピンの海底には多くの貨物船が乗組員の屍と共に沈んだままになっているのである。まさに、「海行かば 水漬く屍 山行かば 草生す屍 大君の 辺にこそ死なめ かへり見はせじ」の歌詞の如くなのである。

改めて、平和憲法を守り恒久平和を願い、戦争のない世界を作りたいと思うのである。そして、敗戦(終戦)記念日にあたり、心ならずも前の大戦で戦場に倒れた数多くの戦没者「兵士や軍属、民間人」の御霊に対して心からのご冥福を祈りたい。合掌!

2018年8月14日 (火)

お盆の行事で忙殺され、アマチュア無線どころではないのである。

【天気】
13日のお盆の入りから良い天気が続いたが、今日は曇り時々雨の天気となっている。気温は30℃で蒸し暑いため、エアコンを使用して涼を取っている。環境放射線は参考値であるが、0.038μSv/hであった。当局は長男であることから、ご先祖様の仏壇とお墓を守っている。

そのため、お盆のシーズンになると、仏壇の掃除や供物の準備、お寺さんへの挨拶と墓参のためと兄弟を迎える準備で忙殺されている。諺に「貧乏人の長男と金持ちの次男にはなるな」と言うのがある。全くその通りで貧乏人の長男としての苦労が多い事に呆れている所である。

【アマチュア無線】

帰省中の娘や兄弟の世話で忙しく、アマチュア無線は開店休業状態となっている。本日になって漸く自分の時間をとることができた。しかし、無線の運用は孫達の妨害(世話で忙しい)で出来ないでいる。海外と英語で交信せよとか、トランシーバーを滅茶苦茶にいじらせよ、などと交信どころではないのである。

孫たちはトランシーバーのダイヤルを回すと周波数表示が変化することが面白いようで、滅茶苦茶にいじっているのである。モードボタンを押すと音声が出ることに関心があるようで玩具のように扱うのである。最後は設定がくるってしまうために、トランシーバーの電源をコンセントから抜いておくようにしたのであった。

孫は目に入れても痛くないほど可愛いのだが、無線機をおもちゃ代わりにされたのではたまらないのである。その孫たちも今日の午後に帰ってしまった。急に静かになったのでホットしているが、一抹の寂しさもある。今晩も玄関先で迎え火を焚いてご先祖様をお迎えしたいと思う。

2018年8月 8日 (水)

今日は良い天気に恵まれている。空の青さは秋空を感じさせている。

Dsc08431 Dsc08432 【天気】
朝からよく晴れている。朝方は17℃で涼しかったが、午後から28℃まで上昇して暑くなっている。北東の風が少し強く吹いているため、体感温度が低く感じられてエアコンを使用するまでもなく、扇風機で十分涼しさを得ている。環境放射線は参考値であるが、0.045μSv/hであった。
(画像左:午後3時半頃の岩木山、画像右は同じ時間帯の三丁目児童公園)

Dsc08427 Dsc08428 台風13号が青森県の太平洋岸をかすめて行く進路予想が出ているが、できるだけ東寄りにコースを取って欲しいものである。台風による暴風が吹くとリンゴが落下し、田圃の稲が倒れて大きな被害を被ることになるからである。
(画像左:ボイセンベリーの実、画像右はハマナスの実)

Dsc08429 【アマチュア無線】
昨日は14MHzと21MHzのFT8で数局稼ぐことができた。FO/K5PI、MW0ZZK、EA3NP、IK7CMYの4局である。NEWは一つも無かったが、それなりに楽しむことができた。FO/K5PIは、14090kHzのDXpediモードでの交信であった。

Dsc08426 ようやくだが、本日のDXSCAPEには「50313kHz/FT8」のSPOTが見られなくなった。一時は自分のログブック代わりと自己顕示のためのスポットが蔓延していたので見苦しかったが、ひとまずは落ち着いたようで結構な事である。50MHz帯がシーズンオフになったのが原因であろう。これからは秋のコンディションに移り、短波帯がにぎやかになってくる。今後、50MHz帯が聞こえて交信したとしても無駄なスポットは止めていただきたいものである。

2018年8月 6日 (月)

昨日は深浦で1時間に90ミリの豪雨があり、弘前市も42ミリの降水量があった。

【天気】
昨日は前線を伴った低気圧の影響で、日本海側にある深浦町では1時間に90ミリの豪雨が降り、弘前市でも42ミリ、嶽温泉では61ミリの降水量があった。一時は洪水警報や大雨警報がだされたが、これによる被害は無かったようである。本日は朝方17℃で現在は21℃と涼しい日となっている。

お空の方は曇り空であるが、午後からは晴れる予報となっている。環境放射線は参考値であるが、0.036μSv/hであった。東日本や西日本では、本日も35℃を超す気温が続くようであるが、当地では20℃付近の気温で涼しい。熱中症の心配をすることが不要なだけありがたいと思っている。

また、今日は広島に原爆が落とされた日である。長崎も同じであるが、世界の平和と核廃絶が進むことを祈らざるを得ない。日本はアメリカの核の傘に守れていることから、政府の核廃絶と平和運動への取り組みが進まず、その動きが鈍い事は残念至極である。

【アマチュア無線】

今日は、バンド全体のコンディションを受信機で確認しただけで終わった。しばらくは受信だけの運用が続くものと思っている。コンディションの悪さもあるが、無線機類もたまには休ませないと、長く働いてくれないと思うからである。(^^;

2018年8月 3日 (金)

本日も30℃を超えております。弘前ねぷた祭りが開催されております。

【天気】
今日も30℃を超えております。正午頃までエアコンを使用せず、扇風機で頑張っておりましたが、とうとう午後1時過ぎにはエアコンを稼働させました。環境放射線は参考値ですが、0.045μSv/hでありました。このところ猛暑続きですが、異常気象、地球温暖化とは言え、そろそろ涼しくなって欲しいものです。

Dscf5001_2 当地では8月1日から「弘前ねぷた祭り」が8月7日まで開催されております。この祭りが終われば「秋風が吹く」と言われております。しかし、お盆がおわるまでは残暑が厳しいのではないかと思っております。毎日、ボイセンベリーを収穫してジュースにして飲んでおります。おかげさまで、熱中症にならずに済んでおります。

Screenshot_20180803_dxscape_web_clu 【アマチュア無線】

昨日も今日もDXクラスターは、50313kHzのFT8がスポットされて、似たような情報がオンパレードになっております。自慢げにSPOTしておりますが、当局から見れば何の参考にもなりません。ただ、自己顕示をしているとしか思えません。できるだけ、50313kHzのスポットは控えていただきたいと思っているのは、当局だけなのでしょうか。

ま、6mバンドが海外へ広く開ける事が少ないので、DXクラスターにスポットする心理は理解できます。しかし、ものには程度というものがあり、この程度なら妥当だろうという線があるでしょう。その線(レベル)を超えて大量にスポットされると見苦しい以外の何物でもありません。

【訂正】
弘前ねぷた祭りを7月1日から7日までと記載しておりましたが、暑さでボーとしたのかミスをしてしまいました。正確には8月1日から7日であります。訂正してお詫び申しあげます。小島様はじめ、数局からのコメントで判明しました。ご指摘まことにありがとうございました。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

Solar-Terrestrial

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック