フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« VK9/JK7LXU,VK9/JO7GVCの両局が10月9日よりVK9(Norfolk)から運用する。 | トップページ | 本日は外気温が16℃で寒くなっている。TO6OK(Mayotte)は、5バンドで交信できた。 »

2018年9月25日 (火)

昨日の十五夜は曇っていた為に中秋の名月を見ることが出来ませんでした。

Dsc08463 【天気】
今日は、晴れたり曇ったりの天気で、気温は17℃~23℃の範囲で過ごしやすい一日でした。環境放射線は参考値ですが、0.038μSv/hでありました。昨日の十五夜は曇っていたために名月を拝むことができませんでした。それでも、供物としてリンゴやナシやブドウ、団子などを上げ、ススキを飾って拝みました。

Dsc08465 お月さまを拝めませんでしが、雲の向こうに出ているであろう月に向かって手を合わせました。でも、人間が地球から月に行くためにはバンアレン帯(強力な放射能帯)を通過しなければなりませんが、人間を宇宙の放射線から防護するためには1m以上の厚さの鉛の壁が必要だと言われております。それでも安全だとは保障できないようです。

ですから、人間がバンアレン帯を通過して宇宙空間に飛び出すためには、それ相当の技術の確立が必要となります。しかし、現在の技術を持ってしてもバンアレン帯を影響なく人間が通過することは至難の技となっているのが現実だと思っております。

月や火星に行くためには、まだまだ強力な宇宙線(放射線)から防護する技術を無くして宇宙旅行はできないのが現状でありましょう。スペースシャトルや宇宙ステーションが周回している軌道は地上から400km程度の空間ですが、それ以上の宇宙空間まで人間が行くためにもう少し技術開発のための時間が必要となっております。

バンアレン帯を無事に通過できたとしても、それ以上の宇宙空間ではもっと強力な宇宙線が降り注いているのであります。人体に影響がない宇宙船の建造が急がれます。もちろん、地球から出発するのではなく、400km~600kmの宇宙ステーション軌道からの出発となる事でしょう。

中秋の名月は見られませんでしたが、前日に満月に近い月を眺めることができておりました。近い将来、人間が放射線に影響されないで月旅行や宇宙旅行ができる日は必ず来ることでしょうが、それまで当局は生きてはいないでありましょう。(^^;

Scanimg152 【アマチュア無線】
今日は、JARLからQSLカードが送られて来ました。目新しいエンティティはありませんでしたが、SWLからの受信レポートが結構な数、含まれておりました。LoTWでQSLになっている海外局からもPSE QSLというQSLカードがありましたので、当局からも返送することにしました。海外のSWL局とアマチュア局あてにJARL経由で私のQSLカードを送ることにします。

Scanimg153 そのために、QSLカードが不足してしまったので、近くのDIYショップに行って、インクジェット用のハガキを買ってきました。写真用紙でハガキサイズのものでしたが、表面は問題なく印刷できましたが、裏面はインクが滲んでしまいますので、別にシール用紙のA4版を買ってデータを印刷して貼り付けるようにしました。

« VK9/JK7LXU,VK9/JO7GVCの両局が10月9日よりVK9(Norfolk)から運用する。 | トップページ | 本日は外気温が16℃で寒くなっている。TO6OK(Mayotte)は、5バンドで交信できた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« VK9/JK7LXU,VK9/JO7GVCの両局が10月9日よりVK9(Norfolk)から運用する。 | トップページ | 本日は外気温が16℃で寒くなっている。TO6OK(Mayotte)は、5バンドで交信できた。 »

Solar-Terrestrial

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック