google-site-verification: google313d5575f023821d.html Polytechnic-Sato: 2018年10月
フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

VP6D(Ducie)の運用時間も24時間を切りました。相変わらずディジタルでの交信が多いようです。最後まで無事故で運用してください。

【天気】
北海道にある低気圧の影響か、雨が降って寒い一日となっております。気温は一桁でありまして4℃~5℃と言ったところであります。もちろん、暖房器具はフル活用しております。山では、降雪があり、八甲田山系の酸ヶ湯では4cmの積雪があったとのことでした。しかし、今日を境に気温が上がってくるとの予報がでております。環境放射線は参考値ですが、0.042μSv/hでありました。

【アマチュア無線】
VP6D(Ducie)も残すところ23時間を残すのみとなりました。CWでの運用が6割、SSBが2割、Digiが2割程度と言ったところです。なぜかSSBでの運用は短時間でありました。FT8やRTTYやCWは延々と運用しておりましたが、SSBはあっという間に終わってしまうのが特徴でありました。

でも、よく頑張ってサービスをしていただいたと思っております。この後は撤収作業が控えているようなので、最後まで事故なく、天候が荒れることなく、無事に撤収をしていただきたいと思っております。気が早いと思いますが、大変FBな交信まことにありがとうございました。VP6Dのメンバー各位のご安航をお祈りいたしております。m(_*_)m

2018年10月30日 (火)

VP6D(Ducie Island)での運用は残すところ2日となっております。当局はそれなりに交信できております。

【天気】
今日は朝方少し雨が降っておりましたが、現在は曇り空になっております。気温は私の温度計で10℃となっており、寒いので石油ストーブのお世話になっております。東日本上空に寒冷な空気が流れ込んで、西高東低の気圧配置になっているのが寒さの原因でしょう。

津軽の霊峰岩木山も28日に初冠雪しており、昨年より24日、平年より8日遅く、2007年以降では14年と並び2番目に遅い初冠雪となったと報道されておりました。里に雪が降るのはまだ先でしょうが、そう遠い日の事でもないと思っております。

30th_vp6d_online_log_2 【アマチュア無線】
昨日は21MHzのFT8でVP6Dと交信できました。これで160mと6mに関心が無いので、28MHzのFT8のみが残っております。SSBは14MHzと18MHzで交信できましたし、RTTYは10/14MHzで交信することができました。Ducie島での運用は残すところ2日程度ですが、機材の撤収作業を考えると31日までが交信の限度になるのではないかと思っています。
ローカル局からの情報によると、
Weds 31 Oct: Remove 6 m EME antenna and 160 antenna
Thursday 1 Nov: Begin tear down of CW and SSB camps, antennas, etc; Remove all non essential equipment from the island.
Friday 2 Nov: Remove sleeping tents and move all DX-pedition equipment to the Braveheart; Leave the island approx 15:00 (local); Depart Ducie 18:00 (local) after stowing all equipment on Braveheart.

とのことでした。31日まで全力で頑張る必要がありますね。

2018年10月29日 (月)

相変わらずVP6D(Ducie)を追いかけております。SSBで出ることが少ないので難儀しております。

【天気】
北海道の西側にある低気圧から伸びる寒冷前線の影響で雨が降っていたが、今は太陽が出て晴れています。西南西の風が5~6m/sで少々強く吹いております。気温は12℃で肌寒い日となっております。環境放射線は参考値ですが、0.050μSv/hでありました。

Screenshot_20181029_logsearch_oqrs 【アマチュア無線】
今朝まで、WW SSBコンテストが行われておりましたが、今年は、VP6D(Ducie)を追いかけていたので5局程度呼んで止めてしまいました。VP6Dの方は昨日、10131kHzのRTTYで交信でき、その後、3567kHzでもFT8による交信ができました。また、18130でSSBによるQSOができました。VP6D局は既に101,600局以上と交信しており、残すところ5日間となりましたが、驚異的な交信数になることでしょう。

Logging_for_vp6d_qso こちらは、SSBでの交信数が少ないので残る期間は18メガ以外のバンドで交信したいと思っております。160mや6mは興味が全くないので聴いてもおりません。もっぱら、80m~10mバンド専門であります。それでも5バンドDXCCアワードをゲットできておりますから、全く不便を感じておりません。

2018年10月26日 (金)

VP6D(Ducie Island)の80mバンドを3日間かけて追いかけ、漸く昨日午後にゲットできました。

【天気】
大変結構な秋空であります。朝晩はめっきり寒くなりましたので掛布団を使用するようになりました。気温は、私の温度計で早朝が9℃で、現在は16℃となっております。環境放射線は参考値ですが、0.035μSv/hでありました。津軽平野では紅葉が見ごろとなっております。田圃の稲刈りも終盤に近付いておりますし、リンゴの収穫も真っ最中であります。

そてに、ボチボチ冬用のタイヤに交換する話が出始めております。まだ早いのですが11月の中旬ころまでには交換したいと思っております。もちろん、冬支度でスカップや雪かき用のスノーダンプなどを取り出す作業や庭の木々の雪囲い作業もあります。

Ogging_for_vp6d_online_log 【アマチュア無線】
運用中のVP6D(Ducie)は3.5MHz~28MHzまでCWで交信することができました。FT8は7MHz/14MHzで交信しました。残るはSSBだけとなっております。まだ、8日間島に居るようなので何とかSSBで交信できるものと確信している所です。一番苦労したのは、80mバンドでした。3日間追いかけて、漸く昨日の午後5時40分に応答を得ることができました。

それまで、80mでVP6Dを呼んでもカスリもしませんでしたが、昨日は2コールで応答がありました。同じ設備で呼んでいてもこんなに違うものなのだろうかと戸惑っている所であります。やはり、BIGガン局が交信済みとなり、当局のようなリトルピストル級にも順番が回ってきたという事でしょう。ビッグパワーとビッグアンテナには敵いません。

まぁ、「結果が良ければ全てよし」ということであります。残すSSBモードを何とかクリヤしたいと思っております。

2018年10月23日 (火)

VP6D(Ducie Island)は順調に運用を続けています。当局は我慢しきれずに交信をしました。

【天気】
マイクのテストで言う「本日は晴天なり」であります。午後からは薄曇りとなりました。気温は朝方7℃でしたが現在は23℃になっております。午前中は石油ストーブで暖をとりましたが、正午過ぎには止めました。環境放射線は参考値ですが、0.048μSv/hでありました。朝晩めっきり冷え込むようになってきました。

弘前公園内の弘前城植物園を舞台に「弘前城菊と紅葉まつり」が行われております。期間は、

2018年10月19日(金)~11月11日(日)までとなっておりますので、観光がてら見学においでください。開催内容は弘前観光コンベンション協会のホームページに詳しく掲載されておりますのでご利用ください。

Screenshot_20181023_dxa3_real_time_ 【アマチュア無線】
Ducie島のVP6D局は順調に運用が続けられております。もう少しパイルアップが少なくなってから呼ぼうかと思っておりましたが、猫がネズミを見つけた時と同じようで本能的に呼んでしまいました。今日の午後からは80mバンドを狙って運用をしたいと思っております。

今のところ、40m~15mのCWと20mのFT8で交信することができております。問題は80mでしょう。どうなるか頑張って呼んでみたいと思っております。今のところ、FT8がモードでNewとなっております。大変なパイルアップが続いておりますが、できる範囲で呼んでみます。

ただ、VP6DはDXAを採用しており、リアルタイムで自分の交信を確認できますが、時々、完全に交信したのに、DXAに反映されないことが多発しております。オぺレーターのPCが原因ではなく、衛星通信回線に不都合があるのかも知りません。便利なDXAですが100%信用しないほうがよいのかも・・・。

2018年10月22日 (月)

高気圧に囲まれて素晴らしい秋空であります。Ducie島のVP6Dとはまだ交信しておりません。

【天気】
高気圧に囲まれているので良い天気であります。しかし、気温は早朝5℃程度でしたが、今は11℃まで上がってきました。それでも寒いのでストーブで暖を取っております。環境放射線は参考値ですが、0.044μSv/hでした。次第に寒さが厳しくなっておりますので、風邪をひかないように体調を管理しております。

庭の木々も緑が薄くなって葉が枯れ始めております。まだ、冬の準備はしておりませんが、今月の下旬ころになると雪囲いなどの作業を始めなけれならないでしょう。それと報道によれば台風26号がマリアナ諸島付近で発生したとのことですが、これまでと同じく青森県への影響は少ないものと思っております。

リンゴの販売価格は昨年よりも高値で推移しているそうです。ナシやブドウが台風などの影響で不作であった分だけリンゴの価格が上昇したとの事でした。コメなども同じ傾向となれば良いのですが、銘柄の競争が激しいので期待できないかも知りません。

Log_search_vp6dx 【アマチュア無線】
Ducie島からVP6D局が出ておりますが、まだ交信しておりません。20日と21日に4級アマチュア無線技士の養成講習会の管理者を担当していたので、無線をやる暇がありませんでした。

27名の受講生が全員受験をして無事に講習会を終了させる事が出来ました。全員の合格を祈っている次第であります。VP6D局は、これから参戦することになります。

Log_search_vp6dia できれば、VP6DのFT8と80mバンドでの交信ができれば良いと思っていますが、まだまだパイルアップが酷いので中日以降にと考えております。Ducieは過去に80mだけ残して交信済みであります。もちろん、CW/SSB/RTTYでも交信済みです。そのため、焦る必要がないだけストレスがありません。パイルアップがおさまる頃にボチボチ呼び始めることにしております。(^^;

2018年10月18日 (木)

いよいよ北風小僧が吹き出しました。霜注意報がでていたので早朝は冷えておりました。

【天気】
今日は朝からよく晴れております。早朝の気温は7.5℃でしたが、現在は16℃まで上昇しております。肌寒いので石油ストーブで暖を取っている所です。霜注意報がでておりましたので、深夜は冷え冷えとしておりました。環境放射線は参考値ですが、0.044μSv/hでありました。

アメダスの観測によると北北西の風が2.4m/sとなっております。いよいよ、北風小僧が暴れだす季節となってきました。高い山では紅葉が進んでおりますが、平野はこれからと言うと所であります。今月の下旬から本格的に紅葉が見られるようになると思います。

Zl7x 【アマチュア無線】

ZL7X(Chatham)局のFT8モードでの交信にトライしておりますが、7060kHzでのDXペディモードでは、相手局の送信周波数がランダムに変化するので中々「RR73」を受信することが出来ませんでした。こちらのコールは受信画面で赤の帯になって表示されるのですが、相手の受信周波数が変化するためなのでしょうか、「RR73」が得られませんでした。

そのため、続けて2時間も呼び続けましたがダメでした。しかし、本日になって、Clublogのログサーチを見たところ、7MHzのFT8は2回も交信していたことがわかりました。でも、10141KHzでのFT8、DXpediモードではZL7X局の送信周波数は変化がなく固定していたので、楽々と「RR73」を得ることができたました。なぜ、7060kHzではランダムにZL7X局の送信周波数が変化していたのか不思議でなりませんでした。

通常は、DXpediモードの時は、呼ぶ側が1000Hz以上で呼び、呼ばれる側が自分の周波数を固定して、呼び出した局の周波数を300Hzとか500Hzとかに強制的に変化させて交信するのが普通なのですが・・・。

いずれにしても、40mでのFT8がOKだったので良しとしましょう。まだまだ、私を含めて「WSJT-X」の操作には慣れていないこともあり、交信を完了させるまでトラブルが続くことになります。当局の設定は、File→Settings→Advancedとクリックし、FT8 DXpedition modeの欄の □Hound にチェック(☑)を入れております。ほかに何か設定する項目が有るのかどうかは分かりません。

2018年10月17日 (水)

VK9/JK7LXU局はノーフォーク島でのQSOデータをLoTWとe-QSLへアップロードしました。

【天気】
晴れたり曇ったりの天気であります。気温は早朝9℃でしたが現在は15℃まで上がってきました。もちろん、肌寒いので石油ストーブで暖を取っております。環境放射線は参考値でありますが、0.041μSv/hでありました。朝晩はめっきり寒くなりました。山沿いでは雪の便りが聞かれるようになりました。

台風24号の時も台風25号の時も津軽平野では、暴風雨による被害が最小限に済んだことでこの秋は、リンゴも米も大豊作となっております。少しずつ寒さが厳しくなってきますが、体調管理に気を付けて頑張りたいと思っております。

【アマチュア無線】

ノーフォークからAADXAのメンバー2名が帰国したので、このごろは、アメリカとニュージーランドのグループ(VK9QR、VK9PM、VK9BF、VK9EV)がFT8等や各バンドでアクティブにオンエアし始めております。当局も一度は呼んでみたいと思っている所です。

なお、VK9/JK7LXU局はLoTWとe-QSLに交信データをアップしておりますので、ご確認ください

2018年10月16日 (火)

ノーフォーク島でのDXバケーションを終えて、今朝、羽田空港に帰ってきました。

Lxu_haned 【アマチュア無線】
ノーフォーク島からシドニー空港、そして今朝、羽田空港に到着した両名は、自宅へ無事に帰還しております。荷物の整理やログの整理、不在中の雑務の処理などに追われております。まだ、VK9/NのQSLカードを作製していないので、これから注文するそうです。従って、QSLカードの発送は若干遅れることになります。(画像は、JK7LXU局と荷物であります)

Gvc_haneda W_ante アメリカのグループが持ち込んだアンテナの一部は、Force12社のものでブラボーという製品だったそうです。小型軽量というところでしょうか。VK9/JK7LXU局とVK9/JO7GVC局の運用はダイポールアンテナなどしたが、出力で50Wで十分交信できたとの事でした。(画像左は、JO7GVC局の荷物でアンテナ機材が重量オーバーであった。画像右はブラボーと言うアンテナです)

ご両名共に無線設備が重くて、航空料金以外に重量オーバーの料金を取られたのことで、今後は軽量化をはかる必要があると言っておりました。いずれにしても、事故もなく、大成功の裡にDXバケーションを終えたことは賞賛に値します。ご両名共に大変ご苦労様でした。

2018年10月15日 (月)

ノーフォーク島のでのDXバケーションが終了し、派遣隊の2名はシドニー空港に到着しました。

Vk9area 【アマチュア無線】
Norfolk島のDXバケーションは無事に終了し、派遣隊2名(VK9/JK7LXU局とVK9/JO7GVC局)は、現在、シドニー空港でトランジットしております。シドニー空港からは19:00JSTに羽田空港向けに出発します。明日の朝、羽田に到着予定であります。今回のノーフォーク島へのDXヴァケーションでは、シドニーとかブリスベーンなどの観光ができませんでしたが、次回は前後に観光の時間を設けたほうが良いと感じたとの事でした。(^^;

(画像は、ノーフォーク島の最高峰であるPITTE山でバックに裸島を見る画像であります)

Vk9andwzl ノーフォーク島を離島するときに、WとZLのメンバー(4名)が激励に訪れたそうです。お互いに同じ島でQSO中かぶったり、被せられたいしたようですが、無事に運用をおわって互いの頑張りを賞賛したようです。

AADXAのメンバー2名によるのVK9/NへのDXバケーションはこれにて終了ですが、今後も、別なエンティティでの運用を計画しております。たまには、「呼ぶ側より、呼ばれる側に立って見たい」と言うのがAADXAの方針であります。今回の運用に対して各局のご協力に感謝申し上げ、今回の報告に変えたいと思います。

(画像は、VK9/Nに滞在中のアメリカとニューランドのメンバーが激励に訪れた時のものであります)

Norfolk島でのVK9/JK7LXU局とVK9/JO7GVC局のDXバケーションの運用は終了しました。

【アマチュア無線】
本日、VK9/JK7LXU局とVK9/JO7GVC局は設備の撤収を完了させてQRTとなりました。現在、ノーフォーク島からシドニー向けの飛行機を待っているとのことです。なお、VK9/Nのアメリカのグループが早朝、お別れの挨拶にきたのでスタートが若干遅れたのことでした。シドニー空港に到着次第、続報を送ってくれるそうです。

今回のVK9/NへのDXバケーションでは、約1700局とQSOしたとの事でした。現地での詳細な報告は、11月10日のAADXA秋のミーティングで行う予定であります。ペディション期間中の各局のご協力に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

それと、最後の交信データをClublogにアップしましたのでご利用ください。
●VK9/JO7GVC  14日 13:48UTC
●VK9/JK7LXU  14日  01:55UTC
シドニーからの続報が入りましたら、また、このブログで報告いたします。

2018年10月14日 (日)

VK9/JK7LXU,VK9/JO7GVCの両局は15日に設備を撤収して帰国の準備に入る。

【アマチュア無線】
ノーフォーク島へのペディション(VK9/JK7LXU局とVK9/JO7GVC局)は、無線設備を10月15日中にすべて撤収し、帰国の準備に入るそうです。従って、交信可能なのは本日中に限られます。また、今日の15:00JSTからハイバンドの運用を実施するとのことでした。今日一杯が交信できるチャンスであります。

AADXAのメンバー2名が撤収した後は、19日頃までアメリカのグループが同島で運用しておりますので、VK9/N(Norfolk)との交信は可能であります。

2018年10月13日 (土)

AADXAメンバーのVK9/JK7LXU局とVK9/JO7GVC局は、できる限りの努力で運用を続けております。

【アマチュア無線】
今日は、「ですます調で)
残すところ2日となりましたが、ノーフォーク島の派遣隊は順調に交信数を稼いでおります。本日で総数900局と交信したとの事でありました。特記すべきは14MHzのCWでの日本からのドッグパイルには参った参ったとの事でありました。お呼びいただいた各局、まことにありがとうございました。(^^;

お互いに、譲り合っての交信をお願いいたします。日に一度、食料などの購入のために、中心街のWiFiが使えるポイントに移動して連絡を取ったり、データのアップロードをしております。食事はグアム島移動以来の伝統で自炊とのことでありました。残り少なくなりましたが、よろしくQSOのほどをお願い致します。

Scanimg157 私ごとになりますが、今日は菩提寺の晋山式があり、午後7時半に帰宅しましたので、アマチュア無線の運用はしておりません。明日からは、本格的にアマチュア無線の運用を再開したいと思っております。また、6月27日から運用したKH1/KH7Z(Baker Island)の航空便が届いており、QSLカードが入っておりました。80mのCWがバンドニューでした。

2018年10月12日 (金)

本日もVK9/JO7GVCとVK9/JK7LXUは、順調に運用を続けている。11日22:31UTCまでのデータを新しくアップした。

【アマチュア無線】
本日のVK9/N(Norfolk)からの連絡によると、順調に運用を続けているが、08:00~15:00JSTの間は各バンドとも死んだように静かであるとの事であった。その間は、食料の買い出しを兼ねて島内観光をして楽しんでいる。なお、今日の15:00JST以降にVK9/JO7GVC局が20mのCWでオンエアするとの事であった。

ただ、今回のCWの交信で困ったことは、JO7GVC局がコールサインを正確に受信しているのに、相手局が自局のコールサインを繰り返して応答して来る事であったという。どうか、よほど自分のコールサインが誤っていると思った以外は、自局のコールを繰り返して送信しないで欲しいとのQSPがあった。よろしくご協力をいただきたいと思う。そうでないと1局当たりの交信時間が長引き、多くの局にサービスできなくなるのである。

それと、VK9/JK7LXU局は、明日(13日)に21/28MHzでFT8を運用する予定との事である。聞こえていたら、よろしくお相手のほどをお願い申し上げる。なお、これまでの交信データをクラブログにアップしたとのことなのでご確認いただきたい。
VK9/JO7GVC:11th 22:31UTCまでのデータ
VK9/JK7LXU:11th 22:06UTCまでのデータ

以上であるが、まだ今日を含めて4日ほど滞在するので、これからも宜しくとのことであった。

2018年10月11日 (木)

Norfolk島のVK9/JK7LXUとVK9/JO7GVCは順調に運用中。ただ、FT8は携帯したPCの能力不足でDXpediモードに対応できない。

【アマチュア無線】
VK9/N派遣隊は順調に運用しているが、現地からの報告によるとハイバンドが開けないとのことで、VK9/JO7GVC局のCWでの活躍が出来ないでいるとのことであった。そのため、18MHz帯が一番コンディションが良いという事で、18100kHzでのFT8での運用がメインになっている。

また、FT8のDXペデションモードは持参したノートPCの処理能力が低い(マシンのパワー不足)ため、通常の交信でしか対応できないとの報告があった。従って、ノーマルモードでの運用が主体になるという。CWの運用はコンディションの開け具合見て、臨機応変に対応したいとの事であった。10MHz帯はそこそこのコンディションなので、本日の16:00JST頃にCWでオンエアするとの連絡があった。

なお、夜間のノーフォーク島では7MHz帯が常にノイズでSメーターの指針が7~9程度振れるため厳しい状況にあるとの事である。それと、アメリカグループ(VK9BF、VK9PM、VK9QR、VK9EV)が居るコテージを見学してきたが、彼らも楽しくやっていたという。自分たちも2人で楽しくやっているとの事であった。


以上であるが、FT8モードに関しての運用には色々なご意見があると思のだが、持参したPCの能力不足という事で、今回はノーマルモードでの交信をお願い致したい。m(_*_)m


なお、本日、Clublogへ新しいQSOデータをアップしたとの事なのでご利用いただきたい。

2018年10月10日 (水)

VK9/JO7GVCとVK9/JK7LXUは、本日から本格的な運用に入る。10日00:28~00:36UTCまでのデータはアップ済みである。

Log_search_vk9_jk7lxu 【アマチュア無線】
ノーフォーク島へ遠征中のVK9/JK7LXU局とVK9/JO7GVC局は昨日夕方より、アンテナと設備の動作状況確認のために試験運用を行ったので短時間の運用で失礼したとのことであった。本日から本格運用にはいるとの事である。アンテナ系に若干のトラブルがあるということであったが、何とか期間中は頑張るとのことである。

Log_search_vk9_jo7gvc また、一日一回、Clublogへ交信データをアップするとのQSPがあった。GVC局は10日の00:28UTCまでとLXU局が00:36UTCまでの交信データをアップ済みである。両名のご健闘を祈りたい。なお、FT8の運用に関しては慣れるまで少し時間がかかるようである。

2018年10月 9日 (火)

VK9/JK7LXU,VK9/JO7GVCの両局は無事にブリスベン空港に到着した。空港でアメリカのグループ4名と会ったそうである。

Vk9jk7lxu 【アマチュア無線】
昨日、羽田空港からブリスベン(Brisbane)空港へ向かっていた、VK9遠征隊は今日の朝に到着したとの連絡があった。持って行った無線装置等の通関で若干時間がかかったようであるが、無事にVK9/N行きの飛行機に搭乗できるとのことであった。

また、同じころNorfolk等からオンエアするアメリカのグループとブリスベン空港で会うことができたとの事である。ノーフォーク島からQRVは今夕になると思われるが、オンエアを期待して待ちたい。
(画像の左側の4名がアメリカのグループで右はJK7LXU局である。撮影はJO7GVC局が担当した。)

2018年10月 8日 (月)

台風一過の秋晴れで良い天気である。VK9/JK7LXUとVK9/JO7GVCが本日の夜、日本を出国する。

【天気】
台風一過の秋晴れの天気である。朝方は寒かったが、今は22℃まで気温が上がっている。津軽平野では台風25号の被害は軽微に終わった。五所川原で屋根が飛ばされたり、八戸市では一部に停電が発生したものの直ぐに復旧した。弘前市郊外のリンゴ園では2割程度のリンゴの落下があったものの、それ以外では予想したよりも落下が少なかった。

日本海で台風が温帯低気圧に変わったものの、暴風圏を持ったまま青森県に近づいてのだが、最大瞬間風速が34m/sの割には被害が少なかったのである。霊峰岩木山のご加護が有ったのであろう。毎年、お山参詣で岩木山に五穀豊穣を祈り、お山に対して崇敬の念をもっているから、その御利益が台風の被害を軽微で終わらせたこに繋がったのであろう。

マスコミが台風の勢力や暴風雨の誇大報道をする割に、青森県での被害が少なかった事はなによりであった。これではテレビ報道でのニュース性が失われ、報道回数が激減する事に繋がる訳である。台風24号の時に、NHKなどは24時間体制で台風の報道を行っていたが、同じ映像と同じ被害状況報告や避難状況などを何度も繰り返しているのを見てストレスを溜めるよりは良いのかもしれない。(^^;

【アマチュア無線】
昨晩は、T88WMが3507kHzで聞こえていたので、呼んでみたがなかなかゲット出来なかった。日曜日でもあったために呼ぶ局が多すぎた事が原因であろう。それでも、だれも呼ばなくなって相手がCQを出した所を狙って呼んだところ、応答を得ることができた。リトルピストルでは苦労することが多い。

また、本日、VK9へ行くJK7LXU局(石岡さん)とJO7GVC局(中西さん)は、弘前駅発11:36の列車で新青森から新幹線で羽田へ向う事になっている。両名のNorfolk島でのご活躍と道中のご無事を祈りたい。日本時間の明日の夕方からオンエアする予定なので、聞こえていたらよろしくQSOを願いたい。

2018年10月 7日 (日)

台風25号は温帯低気圧になったが、青森県に近づくとマスコミ報道が激減してしまうのである。

【天気】
台風25号は7日の午前3時ころに温帯低気圧に変わって午前5時ころから9時ころにかけて津軽海峡か北海道の太平洋岸に抜けて行った。弘前では午前5時ころに8.2m/sの風が吹いたのが一番強かった。最大瞬間風速は同じ時間帯に16.6m/sであった。そのため、思っていたよりもリンゴの落下は少なかった。

しかし、弘前地域は岩木山のお陰なのか、暴風はほかの地域よりも弱かった。他の地域の最大瞬間風速は、深浦町で32.9m/s、八戸市で34.9m/s、青森市では28.5m/s、五所川原では25.4m/sとなっている。しかし、台風が日本海に入ってからは、テレビの報道が激減してしまった。いつもの事であるが、青森県などは報道の対象には入っていないのであろう。

台風が九州、西日本、近畿、関東、北陸を通過中はNHKなどは同じ映像を何度も放映しながら延々と台風情報を垂れ流していたが、日本海に台風25号が入った途端、北日本方面での台風情報が激減してしまうのである。どう見ても差別でしかないと思っているのは、私だけなのであろうか。今でも「白河以北一山百文」(白河の関所より北の土地は、一山で百文にしかならない荒れ地ばかり)という侮蔑的な言われ方をされている。

戊辰戦争以来、新政府軍を率いる薩長土肥側が東北地方を卑下して用いたのが「白河以北一山百文」という事で、現在の政府も薩長土肥で構成されていることから、東北の人口の少ない地域では台風による被害が有っても無視されてしまうのであろう。本州最果ての陸奥(みちのく:みちのおく)だからなのであろうか?

無視や棄民と言えば、沖縄は今でも在日米軍の施設が70%もあり、戦争中は本土の防波堤として棄民されてしまったし、今でも辺野古への基地移設でトラブっている。前の戦争では満州国も棄民とされて多くの犠牲者が出たし、南方戦線では食料や武器弾薬不足で多くの将兵が餓死、病死してしまったのであった。

現在でも陸上自衛隊の海外派遣では、青森駐屯地の第9師団や大湊の海上自衛隊の艦船が海外派遣されている。しかも派遣先の危険度が高い時期に派遣されることが多いのも昔から変わっていない。前の戦争でも満州や南方の前線には東北の部隊が多く投入されたが、現在でも自衛隊や日本政府の考え方は変わっていない。

日本のマスコミは体制側べったりの御用放送局や新聞社になっているし、NHKなどは「大本営発表」を意識的に繰り返し、国民の意思に反した報道を続けている。第4次の内閣では安部友内閣となってしまったことで、この先が思いやられるのである。マスコミは人口の多い地域は台風の報道対象とするが、そこから外れた県は報道しないようにしているようである。

結局最後は、台風被害だろうが、地震被害だろうが、洪水、土砂災害だろうが、停電だろうが「自分の命は自分で守る」しかないし、自分で対策を取らなければならないのが現実である。どんな災害でも公的な支援や救助が来るのは三日後だと思って耐えるしかないのである。しかも、自助努力が求められているのであるが、個人の努力には限界がある。

Log_search_vk9xt 【アマチュア無線】
アマチュア無線は台風25号で暴風警報が県内全域に出されていたので、アンテナのローテーターを回せなっかたので運用することを止めた。幸い、アンテナ系に被害が無かったのが何よりであった。一応、台風対策として、タワーのステーや基礎部分の補強をし、傾斜型アンテナのステーの補強も行った。

現在オンエア中の、VK9XT(クリスマス島)とは80m/CW、30m/FT8、17m/CW/FT8で交信できている。まだ、温帯低気圧に変わった台風25号が北海道の東側を通過中であるが、時々強風が吹くのでアンテナを北に向けたまま固定している。アマチュア無線の運用は午後からになるであろう。

2018年10月 6日 (土)

台風25号が日本海を通って、青森県に向かって来ている。途中、温帯低気圧になるそうだが、勢力が弱まることを願っている。

【天気】
朝からどんよりと曇っている。秋雨前線が北上している事や台風25号の影響が有るのだろう。当地には7日の早朝に台風がやって来るとの予報である。日本海を青森県の方向に向かって来るようだが、このままの勢いで来ると暴風雨のために相当の被害が予想されるのである。秋の収穫時期なのだがリンゴの落下被害が心配である。

気温は私の温度計で21℃で肌寒さを感じる。また、環境放射線は参考値であるが、0.047μSv/hであった。台風25号は青森県に近づきながら温帯低気圧に変わる予報であるが暴風雨の程度はあまり変わらない様である。出来れば勢力が弱まってから来てほしいものである。

Photo 2018 【アマチュア無線】

10月8日は、メンバー2名がVK9/Nへ出発する事になっている。台風の影響は無いようなので8日夜に日本を出国し、16日の朝に帰国する計画には変更がないようである。VK9/JK7LXUとVK9/JO7GVCはNorfolk島で主にCWとFT8で運用する予定だとの事であった。昨日、AADXAの会報誌が来たので先月行われた壮行会の画像を転載する。
(画像左:AADXA事務局長からVK9/JO7GVCにドネーションを渡した。画像右:壮行会での記念撮影である)

2018年10月 4日 (木)

とうとう10月に突入してしまった。それなりにHF帯での交信は続けている。

【天気】
今朝は曇り空となっており、今にでも雨が降ってきそうな状況である。気温は私の温度計で23℃となっている。環境放射線は参考値であるが、0.037μSv/hであった。10月に入ったが台風が24号に引き続き、25号が日本海からやってきそうである。24号では青森県にはほとんど被害が無かったのだが、25号は無傷では終わらない様である。

太平洋岸を通過する台風は津軽地方では比較的被害が少ないのだが、日本海側を通過する場合は結構な影響を受けるようである。リンゴの落下が心配されているが、青森県に来るまでに台風が弱まることを期待したい。10月に入ってしまったが9月から台風騒ぎが続いているのは、何か理由があるのだろうか。自然現象としては不自然に感じてならないのは私だけなのだろうか。

【アマチュア無線】

この頃は、9X0Y(10メガ/FT8、9X0T(14メガ/CW)、ZD7BG(10メガ/FT8),VK9XT(18メガ/FT8)、ZD9CW(7メガ/CW)、3DA0AY(14メガ/FT8)などと交信できている。

まずまずであるが、TO6OKの80mは未交信となっているので、早起きしてCWかFT8でトライして見たいと思っている。それでも、5バンドDXCCのアワードを受領しているため、80mバンドでのエンティティを増やすことには固執していないのであまり力が入らないのが実情である。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

Solar-Terrestrial

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

最近のトラックバック