フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 相変わらずFT8での運用を行っている。太陽の黒点数がゼロの内は仕方が無いのであろうか。 | トップページ | ボイソンベリーの初収穫をした。ラズベリーは最後の収穫となった。 »

2019年7月15日 (月)

また「海の日」がやってきた。元船乗りとしてはいつもながら日本は、海運国ではなく海岸国だと思うのである。

【天気】
今日も良い天気で晴れている。気温は私の温度計で22℃である。南の地域では雨が降っているようだが当地では日照時間が十分に長くなっている。ただ、雨が少ないのが気になっている。これから夏場に向かって水不足にならないかが心配である。環境放射線は参考値であるが、0.045μSv/hであった。庭のラズベリーはぼつぼつ終わりをつげて、ボイセンベリーへと移りつつある。

Fujikawamaru1 【海の日】
今日は祝日の「海の日」である。日本は海運国ではなく、ただの海岸国だと言ってきたが、元船乗りとしては、本日もその思いがつよい。私の考えは「ホームページの弘前の津軽衆」に掲載しているので参考にしていただければ幸いである。

弘前の津軽衆  海の日(1)
http://ja7bal.la.coocan.jp/uminohi.htm

Setagawa 数週間前に、ペルシャ湾への出入口であるホルムズ海峡で、日本へ原油を運ぶタンカー(油槽船)がゲリラ的な集団(組織)から攻撃を受けたと報道されていたが、日本船籍のタンカーではなく、外国籍(リベリアやパナマ等)のタンカーで積み荷が日本向けであっただけなのである。いかにも日本の船舶が攻撃されたかのように報道されたが違和感を感じる次第である。

日本船籍ではない、外国船籍の傭船を日本の自衛隊の護衛艦が護衛することは不都合があって出来ない事である。ソマリア沖の護衛は「相手が海賊」だから問題はないのだが、ホルムズ海峡の場合は攻撃してくる組織は海賊ではないからである。もし、船籍が日本であれば自国の船舶を堂々と護衛できるのだが、それが外国船籍で乗組員も外国人の船舶を自衛隊の護衛艦が護衛することはできない。

アメリカがペルシャ湾を航行する船舶で自国船籍のものは自国で守れと言って、日本にも暗に護衛艦の派遣を要請してきているが、新しく法律を作らなければ対処できないであろう。現在の法律では自衛艦隊の派遣はできないのである。また、守ろうにも日本船籍の船舶(商船隊)がほとんど皆無の状態では、守りようにも護衛する船舶が見当たらないのであり、外国船籍が積んでいる日本向けの荷物(原油や貨物)の護衛はできかねるのである。

アメリカはペルシャ湾で有志連合を組織し、タンカーの護衛にあたると言うが、日本の現行法の中で当てはまる法律はない。短期的に緊急事態の時だけに限定すれば海上警備行動で対応できるのだろうが、この場合も武器の使用については、警察官職務執行法第7条(正当防衛・緊急避難)にしたがうことになる。

しかし、不都合があれば、特別措置法を制定する必要に迫られる。現在の国際平和支援法や周辺事態法では対応できないと思うのである。急ぐのであればソマリア沖に派遣されている海賊対策の護衛艦をホルムズ海峡までを守備範囲に含むとすれば可能になるかもしれないが、いずれにしても自衛艦を違法なく派遣するためには法律の改正や特別措置法の制定が必要となる。

【アマチュア無線】
昨日は14095kHzのRTTYでE44WEが出ていたので交信した。その後、深夜まで18MHz帯が開けていたのでTR8CAと9G2HOとFT8で交信することができた。ただ、ZD7MYを18100kHzで1時間以上呼び続けたがだめであった。同じ方向の9G2HOと18100kHz交信できているのにすぐ近くの「ZD7MY」と交信出来なかったのには納得が行かない。DXCCチャレンジはS52OWがカウントされたので1529まで進んでいる。

« 相変わらずFT8での運用を行っている。太陽の黒点数がゼロの内は仕方が無いのであろうか。 | トップページ | ボイソンベリーの初収穫をした。ラズベリーは最後の収穫となった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 相変わらずFT8での運用を行っている。太陽の黒点数がゼロの内は仕方が無いのであろうか。 | トップページ | ボイソンベリーの初収穫をした。ラズベリーは最後の収穫となった。 »

Solar-Terrestrial

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック