フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« 小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用が成功した。まことにおめでとうございます。 | トップページ | また「海の日」がやってきた。元船乗りとしてはいつもながら日本は、海運国ではなく海岸国だと思うのである。 »

2019年7月13日 (土)

相変わらずFT8での運用を行っている。太陽の黒点数がゼロの内は仕方が無いのであろうか。

【アマチュア無線】
昨日は、I0MOM(17m)とFT8で交信し、20mのFT8では、XE3RLB,GB19CWC,US2YW,V85T,HS0ZNT,3B8CW,EV1P等と交信できた。本日のLoTWでは、US2YWと3B8CwがQSLになっていた。黒点数は相変わらずゼロである。その割にはローバンドのコンディションが悪く、秋口まで駄目のようである。逆に、50MHzのレポートが盛んになっているのだ。

いずれにしても、CW/SSBのモードで運用する局がFT8に踊らされて激減してしまったことは間違いない。アマチュア無線界の運用方法が全世界的に変わってしまったという事であろう。おまけに、FT4が正式にリリースされれば、さらにこの傾向が強まるのではないかと思っている。

しかしながら、F1Dの範疇に入っているFT8,FT4をいちいち変更届をださなければ運用できないと言う不便さは解消して欲しいものである。総通の職員の仕事を増やすのが目的なのであれば別だが、煩わしい変更手続きはデジタルの一括処理で済ませるようにしていただきたいのである。また、新スプリアス対応がリニアアンプへ適用されるという事になると、またまた手続きと無駄な費用がかさんでくる。

最終的に、アマチュア無線を消滅させる方向であれば別だが、規制の緩和でアメリカ並みの包括免許制度を確立させて欲しいと思っている所である。繰り返して言うが、もっと簡易な手続きで楽しくアマチュア無線を楽しめる制度を作っていただき、趣味のアマチュア無線がスマホ並みに楽しめるようにして欲しいものである。

« 小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用が成功した。まことにおめでとうございます。 | トップページ | また「海の日」がやってきた。元船乗りとしてはいつもながら日本は、海運国ではなく海岸国だと思うのである。 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小惑星探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用が成功した。まことにおめでとうございます。 | トップページ | また「海の日」がやってきた。元船乗りとしてはいつもながら日本は、海運国ではなく海岸国だと思うのである。 »

Solar-Terrestrial

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック