google-site-verification: google313d5575f023821d.html いよいよFT4モードでの運用を14080kHzで開始した。そのため、GPS受信機によるPC内蔵時計の校正が必要になった。: Polytechnic-Sato
フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« JARLからQSLカードが送られてきた。 | トップページ | 今日も30℃以上の気温となっている。今回のCY9Cとはまだ交信できていない。 »

2019年7月30日 (火)

いよいよFT4モードでの運用を14080kHzで開始した。そのため、GPS受信機によるPC内蔵時計の校正が必要になった。

【天気】
今日も30℃を超えて猛暑となっている。そのため、エアコンで涼をとって体調を維持している所である。まだまだ30℃を超える日が続くらしいので要注意である。天気は晴れたり曇ったりしているが湿度が高いので少しでも体を動かすと汗が噴き出してくる。

【アマチュア無線】
いよいよ「FT4」モードでの運用を開始した。しかし、パソコンの内部時計がずれ易くDTが1秒を超えるとFT4は見なくなってしまう。そのたびにPCの時刻を校正していたのでは面倒くさい。そこでGPS受信機(USB対応)をヤフオクで落札し、GPS時計(GPS_Clock)のフリーソフトをインストールして内蔵時計の時刻を合わせるようにした。

Dsc08793 GPS受信機は、GPS/GLONASS(U-blox7)で、1300円で落札した。USBポートに差し込むとWindows10では、自動的にシリアルポートのCOM3が生成されるので、ソフトの設定をCOM3を指定して伝送速度を9600BPSにすることで利用できるようになる。GPS受信機が衛星をとらえると点滅が始まるので動作状況がわかるようになっている。

Gpsclock U-blox社のサイトに専用のソフトが有るので、それをダウンロードすればグーグルマップの利用でカーナビを楽しむことができる。GPS受信機があればインターネットの環境がなくてもPC内蔵の時計を自動的にUTCに合わせることができるので便利である。

また、DXCCチャレンジは1539局に達した。月の後半はFT4ばかりとなっている。コンテスト用だと聞いていたのだが、そうではなく通常の交信に大手を振って使用されているのである。FT8と交互に使用して運用することにしたい。

« JARLからQSLカードが送られてきた。 | トップページ | 今日も30℃以上の気温となっている。今回のCY9Cとはまだ交信できていない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JARLからQSLカードが送られてきた。 | トップページ | 今日も30℃以上の気温となっている。今回のCY9Cとはまだ交信できていない。 »

Solar-Terrestrial

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

最近のトラックバック