google-site-verification: google313d5575f023821d.html 日記・コラム・つぶやき: Polytechnic-Sato
フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年9月19日 (木)

C21WW(Nauru)を追いかけております。また、5T5PAの40m/FT8がQSLになっておりました。

【天気】
昨日から漸く涼しくなって、秋らしい青空が見えだしております。朝晩はめっき肌寒いほど気温が低くなってきました。あの猛暑は何だったのだろうと思ってしまいます。しかし、台風15号が千葉県に与えた被害は甚大なものでした。毎日、TV報道が行政や自衛隊の支援が後手後手だとか、東京電力の無策だとか、倒木の伐採は電力会社以外はできないとか、緊急な被害復旧に臨機応変に対応できないのが復旧を長引かせている原因だという事でした。

いつもの事ですが、縦割り行政の弊害、横の連携のなさ、法規制の弾力的な運用の無さ、被災者目線での復旧と支援の無さ、どれを取っても復旧に障害のある事ばかりであります。今後も災害があるとこんな事が多発することになります。これまで何十年も経験したことがない災害が普通に起きるようになるでしょう。今頃になって電線地中化、個人所有の森林管理費の補助、林業の活性化などと言っておりますが、すでに時は遅しの感がします。

【アマチュア無線】
現在オンエア中のC21WW(Nauru)を追いかけております。今の所、3.5~21MHzまでFT8やCW/SSBで交信できております。また、5T5PAの40m/FT8がOKになりましたので一安心です。2回も5T5PAか7074kHzで応答を得ておりましたが、なかなか「RR73」をもらえませんでした。そこで電子メールで状況を問え合わせてたのですが返事はきませんでした。

それでも、電子メールを送った後で3回の応答を7074kHzで得られたので、必死に応答したところ、なんと「ー24dB」で「RR73」が送られてきました。その後、ログサーチで確認したところ、めでたくOKになっておりました。メールの返信代わりだったのでしょうか。とにかくコンファーム出来たので良しとしておきましょう。(^^;

2019年9月13日 (金)

T30Lと7093kHzで交信できました。ついでに2本のASTATICのマイクロフォン(シルバーイーグルとD-104)の修理と改造をしました。

【天気】
漸く秋らしい天気となり、気温も朝方は私の温度計で14℃で肌寒く感じております。本日は十五夜だそうでが天気が良いので中秋の名月を見ることができると思います。でも、千葉県での停電が長引いていることを考えると名月に見惚れいられません。しかし、東電は「盗電・投電・倒電」なのですね。福島の第一原発の事故以来、「想定外」で処理しておりますが、体質は全然変わっていない様ですね。他の電力会社からの支援をうけて復旧作業を続けているようですが、電柱が倒れた数が多すぎで復旧が遅れているようです。

被災現場で配電線の復旧に全力を尽くしておられる人たちには心から感謝申し上げ、速やかな復旧がなされることを祈っております。しかし、千葉県はインフラのメンテナンスを怠っていたこともあるのでしょうが、ここまで台風の被害に弱かったとは思ってもいませんでした。ほとんど台風の被害が無かった県でもあったので油断していたのではないのでしょうか。

台風の進路にあった神奈川県、東京都、千葉県、茨城県などは、もう一度インフラの整備を見直す必要が有るのではないのでしょうか。東京オリンピックの時に同じような台風が粉とも限りませんから、早急な対策が急がれます。今回の台風15号の被害にあわれた人たちに心からお見舞い申し上げ、鉄道、電力、水道、交通の早急な復旧を祈っております。

Dsc08785_20190913113001 Dsc08794 【アマチュア無線】
昨日は、T30L(西キリバス)が7093kHzのSSBで聞こえていたので、アップ5kHzで呼んで交信しました。これで3.5~21MHzまで交信できたことになります。この辺で枡埋め作業は終わりたいところです。その後は、3573kHzのFT8でKZ1WとK5VWWと交信しました。アメリカの東岸が良く見えておりました。でも、相変わらずCW/SSBモードは静かな物でした。

Dsc08795 Dsc08796 今回のT30LをSSBで呼んだのですが、アスタテックのマイク(シルバーイーグル)では電波が出ませんでした。すぐに予備のハンドマイクで呼んで交信できましたが、いかにFT8ばかりで運用していたか、SSBを長期間運用していなかったを実感した次第です。早速、ASTATICマイクの底蓋をあけてみたところ、積層電池の006P(9V)が液漏れしており、電圧が極端に低下しておりました。

Dsc08797 Dsc08798 積層電池を取り換えたのですが、やはりSSBの電波が出ません。そこで、シグナルインジェクターでトランシーバー本体のマイクコネクターのマイク入力ピンに信号をいれると電波はでます。そこで、マイクの8ピンコネクターを分解して配線を確認したところ、マイクの配線が断線しておりました。配線をピンに半田付けしなおして修理完了でありました。

Dsc08800 他にもASTATICのマイク(T-UG8-D104)を持っており、押し入れに長期間放置しておいたものも念のために点検してみました。電波が出ますが音声をモニターするとマイクからの出力が小さく音声が歪んでおりました。マイクスタンドの底にあるボリュームを調整しても出力はかわりません。34年も使用したのでクリスタルエレメントがダメになっているようでした。積層電池(9V)は正常電圧でありました。

そこで、経年変化したクリスタルマイクを撤去してECM(コンデンサマイク)に入れ替えました。2.2kΩの抵抗を通して9Vを供給し、1μFのタンタルコンデンサで内臓のマイクアンプの入力側へ接続しました。それでも音声が良くなった割にはマイクアンプからの出力が小さいままでした。

そのために、トランジスターの劣化かと思い、2本の2SC945を2SC1815に交換しましたが変化がありません。念のためにアンプ回路の出力側のカップリング電解コンデンサーを調べたところ容量が抜けており、コンデンサーの役目をしていないことが判明しました。よって、新品の16V4.7μFの電界コンデンサーに交換したところ、正常に動作するようになりました。出力調整のVRも正常に調整できるようになりました。

この結果、いかにSSBに出ていなかったかが分かり、愕然としているところであります。FT8やFT4ばかり運用していると、こんなにまでマイクロフォンをおろそかにしてしまうのであります。大いに反省している所であります。

2019年9月 9日 (月)

今日の午前2時半ころにT30L(西キリバス)と3573kHzのFT8で交信できた。

【天気】
今朝は台風の影響もなく薄曇りとなっている。しかし、気温は30℃を超える予報がでており、熱中症に注意ということであった。午前9時には室内の気温が30℃を超えてしまったのでエアコンを使用して涼をとっている。連日の猛暑には疲れ気味である。昨日は、孫の小学校の運動会を見に行ってきたのだが、暑くて大変であった。そのため、学校側は熱中症対策のために、午後の運動会のプログラムをすべてキャンセルした。

【アマチュア無線】
昨日はオールアジアコンテストだったので各バンドで18局と交信した。傍受していると高齢者がほとんどであった。特に日本の局は当局(74歳)を含めて60~70歳台が多かった。アマチュア無線の高齢化が急速に進んでいるなと感じた。これだからハムフェアに行ってもご老人が多いわけが分かった次第である。JARLの会員の8割が高齢者であることも納得がいくのである。

昨晩は。3573kHzのFT8でT30L(西キリバス)と交信することができた。昨日の夜に1時間ほと粘っていたのだが、交信できなかったので深夜の2時半に起床して交信することができたのであった。T30はモードでNEWであった。ただし、同じに見えていたEX0QPはダメであった。

2019年9月 6日 (金)

昨日は30mバンドで稼ぐ事ができました。FT8でS92HP、CWでT6AA,5R8UIでした。

【天気
残暑厳しき日々が続いております。雨は、岩木山の朔日山以来降っておりませんが、30℃前後の気温がつづいている所であります。それでも朝夕は涼しくなっているので助かります。次第に「秋深し隣は何をする人ぞ」、「天高く馬肥ゆる秋」、「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」となって行くのでしょう。今日も30℃を超える暑さだとの予報がでており、熱中症にならないように体調維持に注意しなければなりません。

【アマチュア無線】
昨日も今日も4時半に起床して80mバンドをワッチしました。昨日の朝は、TR8CRが3573kHzで見えて降りましたので呼びましたがカスリもしませんでした。今朝は、S79KWが見えたのでよびましたがダメでした。ものすごい数の局がよんでおり、3573kHzはドッグパイル状態でした。ビッグガンがゲットしている中、これではダメと思い呼ぶのを止めました。(^^;

お空のコンディションはイマイチですが、秋のコンディションになっていることを実感しているところです。しかし、リトルピストルでは限界がありますから、無理をしないように運用しております。今朝はCWバンドの3508kHz付近を傍受しまたが、常連のJA7のOMさんがCQを連発しておりました。しかし、他にこれと言った局は聞こえておりませんでした。

昨日は、10136kHzのFT8でS92HPとQSOしましたが、すぐにLoTWでQSLになっておりました。その他は、T6AAや5R8UIと10MHzのCWで交信することが出来ました。EX0QP局とは、14/CW、40/30mのFT8で交信済みなのでOQRSでQSLを請求する予定でおります。

2019年8月26日 (月)

漸く秋らしくなってきました。アマチュア無線は開店休業状態であります。

【天気】
漸く、秋らしくなりました。朝晩は涼しく、肌寒く感じる日が多くなってきました。津軽地方の渇水も数日前の大雨で津軽ダムの水位が回復したため、20%の放水量の削減も解除となっております。水田ではもう水を必要としない状態まで稲が育っているので、津軽ダムの通常放水だけで十分となっております。

庭で育っていたラズベリーやブラックベリーは終わりとなり、また来年という事であります。搾ったブラックベリーのジュースはペットボトル(720ml)で2本保存しております。

【アマチュア無線】
今回は五所川原市で4アマの養成講習会が24日(土)と25日(日)にありましたので、養成講習会の管理者を担当してきました。そのため、アマチュア無線の方は両日運用の休止をしておりました。この養成講習会には18名の受講生がおりました。管理者として受講生全員の合格を祈っているところであります。10月には弘前市でも4アマ養成講習会が開催される予定となっておりますが、この講習会も当局が担当することになりそうであります。

今流行の「FT4」は8月23日に東北総通で受理されたので、今後は大いに電波を出そうとおもってります。その他に、新スプリアス対策として非対応の固定局の古いトランシーバーの撤去及び取替と新スプリアス対応のトランシーバーを増設しなければいけません。まだ、無線局免許状の有効期間が1年ほど残っておりますので、来年早々にでも変更作業を開始したいと思っております。

2019年8月19日 (月)

本日も33℃を超えてしまいました。連日の猛暑で体調維持が大変です。それでも16日はFT4で2局と交信しました。

【天気】
今日も猛暑となっております。台風10号の影響はほとんど無かったのですが、台風一過で秋風が吹くと思っておりました。しかし、自然はそうはいかにようで残暑、それも猛暑酷暑が続いております。この頃はエアコンのお世話になりっぱなしであります。熱中症にならないように水分や塩分をを補給しながらの体調維持を続けている所です。従って、昼食は定番の冷たいお茶漬けに鮭の塩焼きで水分と塩分を取っております。(^^;

勿論、庭で収穫したボイソンベリー(ブラックべりー)のジュースを炭酸水割りで飲みながら、ポリフェノールやアントシアニンを補給しております。もう少しで後期高齢者の仲間入りとなりますので、健康寿命を延ばすように日々努力している所です。

【アマチュア無線】
お盆で忙しい中、16日はFT4で4S7NCHとEH3FPTと交信しました。FT4は短時間で交信完了となります。特に出ている周波数は14080kHzであります。それ以外は珍しい海外局が聞こえてきませんので、受信作業の時間が長くなっております。

2019年8月16日 (金)

台風10号の影響で雨や風が強くなってきた。昨晩、TO5Mと10MHzのFT8で交信できた。

【天気】
台風10号の影響が出てきた。久しぶりに雨がふっている。この後は強風注意報がでているので、次第に風が強くなってくることであろう。雨は深夜から早朝にかけて大雨になりそうだ。渇水状態だから雨はいくら降っても良いのだが、強風には要注意である。台風被害が少ない事を祈るだけである。

【アマチュア無線】
昨日のよるTO5Mと10143kHzのFT8で交信することが出来た。30mバンドとモードでNewとなった。RR73が返ってこなかったが、QSO後にリアルタイムのログサーチで確認したところOKであった。これで未交信とならずに済むことになる。

2019年8月14日 (水)

お盆の行事で忙しく、アマチュア無線の運用は開店休業状態にある。

【天気】
台風10号の影響か、フェーン現象が発生して猛暑となっている。外気温は私の温度計で33.8℃となっている。お盆の真っ最中であるが、こんなに暑い日が続くとは思ってもいなかった。「ねぷた祭り」が終われば秋風が吹くと言われているが、なかなかそうはなっていないのである。この頃は寝不足ぎみであり、体調を維持するのが難しい日が続いている。

Scanimg243 【アマチュア無線】
TO5Mはいまだに交信できていない。30m/17mで欲しいのだが、全く聞こえてこないのである。過去に交信済みであるから、今回交信出来なくてもDXCCのカウントには影響がない。14メガの電信ではローカル局が交信したと言っていたが、当局は交信済みなので呼ぶことはしなかった。

まだ電波の伝搬は夏枯れ中のようで、コンディションの悪い日が続いているが、そろそろ秋のシーズンに移って欲しいものである。この分だとお盆過ぎまでアマチュア無線の運用は少ないままになるだろう。

2019年8月12日 (月)

暑い毎日が続いたままお盆に突入であります。TO5Mはコンディションが悪い為か聞こえてきません。

【天気】
本日も気温が29℃を超えて猛暑になっております。それでも朝晩は22℃程度に下がるので寝やすくなってきました。日中は相変わらずエアコンで涼をとっております。相変わらず雨は少なく降っても少量というところであり、渇水対策が続いたままであります。秋田県と北海道に雨が降っているのですが、雨雲は青森県を避けて通っているようであります。

後は台風10号の雨雲がたよりなのですが、これも確実なものではありません。とにかく雨雲レーダの画像をみても短時間ふるだけであり、それも少雨で終わってしまうのです。何時になったら十分な雨が降るのであろうか。こればかりは天の采配に任せるしかないと言ったところでありましょうか。

【アマチュア無線】
8月6日からアマチュア無線を運用しておりません。お盆の準備で忙しい毎日を送っております。TO5M(St. Pierre & Miquelon)が出ているようですが聞こえてきません。前回のCY9Cと同じ方位なのでおそらく無理でありましょう。過去に交信済みなので聞こえなくてもDXCCには無関係であります。今回は30m/17mで聞こえれば交信したいと思っております。

2019年8月 9日 (金)

昨晩は熱帯夜で気温が30℃から下がらなかった。津軽ダムは渇水となっている。

【天気】
昨晩は熱帯夜で午前2時頃でも30℃を下らなかった。エアコンを使用して室内を28℃に維持して寝たのだが首に汗をかいていた。いつまでこの猛暑が続くのだろうか。好天続きで少雨であったことから、西目屋村の津軽ダムも渇水対策を取って20%の放流制限を実施している。水位が下がった津軽ダムの湖底にあった、昔の目屋ダムの堰堤が見えるまでになっている。

そのため、農業用水確保のため、相馬ダムの緊急放流を岩木川に実施した。西日本や九州では豪雨災害がでているほど雨がふっている。しかし、青森県ではほとんど雨が降っていないのである。猛暑もさることながら、渇水も大きな問題となっている。本日もうだるような暑さである。

相馬ダム 緊急放流/岩木川流域 農業用水を確保 (Web東奥)
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/230695

【アマチュア無線】
この猛暑続きでアマチュア無線の運用には力が入らない。電離層のコンディションが悪い事もあるが、電波伝搬が悪く、夏枯れが続いているためもあって運用時間が短くなっている。7日はお盆に備えて先祖の墓掃除で運用無し、8日は屋内の戸の戸車の交換作業で運用無しであった。
6日は、14074kHzのFT8で3W3BとZS1SBWと交信した。DXCCチャレンジは1540まで進んだが、2000までは程遠い。

より以前の記事一覧

Solar-Terrestrial

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

最近のトラックバック