フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019年2月22日 (金)

T31EUがClublogにデータをアップしたので交信を確認することが出来た。

【天気】
朝から良い天気である。高気圧に囲まれているために朝方マイナスの気温であったが、現在は私の温度計でプラス7℃となっている。道路の雪も気温上昇につれて大幅に消えている。この後、降雪が無ければ昨年よりは積雪量が少ないことになる。アメダスの観測では積雪深は58cmとなっている。一時期80cm台であった。また、環境放射線は参考値であるが、0.043μSv/hとなっている。

Screenshot_20190222_club_log_log_se Screenshot_20190222_club_log_log__2 【アマチュア無線】

今日もXX9DとT31EUを追いかけている。今日で目標としているバンドとモードで交信できたので一段落している。XX9Dは2017年にも交信しているのだが、ダブらないように交信した。しかし、RTTYとFT8はモードは違うのであるが、ディジタルでは重複となる。

T31EUは、FT8で80mと40mバンドで交信したのだが、ノットインザログとなっている。確かに「RR73」を受け取っているのだが、もう少し様子を見ていたい。前のV84SAAの時もFT8が数日後に記載されていた記憶があるからである。

2019年2月20日 (水)

T31EUとXX9Dを追いかけている。天気は日本海の低気圧の影響で雨である。

【天気】
朝から小雨が降ったり止んだりしており、雪融けが進んでいる。気温はプラスの連続で5℃となった。久しぶりに一日中プラスの気温である。アメダスによる積雪深は大幅に減って66cmとなった。環境放射線は参考値であるが、0.041μSv/hである。日本海にある低気圧が東に進んで青森県に近づいているため、夕方頃から降雨量が増えそうである。

Scanimg183 【アマチュア無線】

昨晩は、XX9D(マカオ)やT31EU(中央キリバス)の80mバンドを傍受していたが、EU(ヨーロッパ)やNA(北米)の指定が長く呼ぶ機会がなかった。もう少し時間が経過すれば日本を相手にしてくれるのではないかと思っている。しかし、過去にT31Dで80mをゲット、XX9Dも同じである。

Scanimg184 また、T31EUを14080kHzで100WのF/Hモードで1時間ほど呼び続けたがダメであった。そこで仕方無くリニアアンプを使用して300Wの出力で呼んだところ直ちに「RR73」が返ってきた。つまり、ハイパワー競争をしないと容易にゲット出来ないのである。FT8の悪い面が出ているのだ。微弱な信号でも交信できる方式であるが、いかんせんFMの特性からは逃れられないのである。

さて、5バンドDXCCの楯をゲットして以来、アマチュア無線の運用に対するヤル気が半減してしまった。WASの「CW:残り5州」やWAZの「Digital:残りZone 37」を狙うことでヤル気をアップさせている所である。そして、相も変わらずFT8で局数を稼いでいる。CWやSSBでは局数を稼げないのが現状である。

今月号のCQ誌のDX欄(180ページ)に2019年のDXCCオーナーロールが掲載されていた。一応、7エリアではコール順でJA7BALがトップとなっている。PHONEも337でオーナーロールであるが、CWは326でオーナーロール入りまで後5エンティティ不足している。せいぜい頑張ってCWでもHRになりたいものである。

2019年2月18日 (月)

ARRL DX CWコンテストは無収穫であった。それにやたらと「599KW」が目立っていた。

【天気】
朝から良い天気である。気温もプラスの2℃から4℃まで上昇してきている。昨日までマイナスの気温が続いていたのでとても暖かく感じている。アメダスの観測では積雪深が73cmまで減少している。今日の暖かさで急激に雪融けが進む事であろう。環境放射線は参考値であるが、0.033μSv/hであった。

2日前まで連日降った雪で、自宅周辺が雪の壁になっていた為、急いで雪片付けを行い、ついでに屋根雪も半分ほど下ろした。その甲斐があって現在では屋根雪も含めて周辺の雪が気にならない程度に少なくなっている。このまま大雪が降らないで経過して欲しいものである。

【アマチュア無線】
昨日から今朝まで、ARRLのDX CWコンテストを傍受して、欲しい州を探していたのだが、全く収穫が無かった。LoTWのWASは5州不足している。そのため、IN、KS、ND、NJ、SCを狙っていたのだが空振りに終わった。いずれまたトライして見たいと思っている。傍受した州は、WA、OR,CO、CA、HI、RI、TX、AZ、NM、PA、MD、ID、VA、AR、UT、LA、WI、MNなどであった。

久しぶりにコンテストを傍受したのだが、やたらに「599KW」が多く聞こえていた。自慢したいのか、見栄を張りたいのかは分からないが、もう少し最小限のパワーで運用して欲しいものである。当局は599200でレポートを送った。別に500Wでもよいのだが、リニアアンプを使用せずベアフットで運用したためである。500Wが1kWになったところで電界強度は「ルート2倍:1.4倍」であるから大した変化はない。10kWであれば大きな変化を感じることになる。

(注)送信アンテナと受信アンテナが一定である場合、単に実効輻射電力を2倍にしても、電界強度は√2で1.4倍にしかならない。E=88√GP×h1×h2/λd^2

そんな訳で、他局はどう考えているかは知らないが、当局は500Wで十分であると思っている。何も見栄を張るために1000Wにする必要は無いとおもう所である。1kWになれば同軸は8Dクラス、バランは5kW以上の耐電力、タワーは地上高20m以上必要となり、諸経費も馬鹿にならないし、費用対効果を考えるとなおさらやる気が無くなるのである。終活もあって今の設備で十二分であるのだ。

2019年2月16日 (土)

漸く気温がプラスになってきた。V84SAA局は24/28MHzで未交信である。

【天気】
今日は朝から雪が降ったり止んだりしている。気温は私の温度計で0.6℃となっている。アメダスの観測では積雪深が81cm程度から76cmまで減少している。ほとんど湿った雪ですぐに融けてしまうのだが、雪かき作業は欠かせない所である。また、環境放射線は参考値であるが、0.040μSv/hであった。今日あたりから漸くプラスの気温になってきている。次第に春がやってくるのであろう。

Screenshot_20190216_club_log_log_se 【アマチュア無線】

SSBやCWでの運用に心がけているが、7対3の割合でFT8での運用になってしまっている。どだい、SSBやCWの周波数帯は閑古鳥がないているのである。閑古鳥が鳴いているバンドはまだ良いとして、閑古鳥が鳴かないバンドもあるのだ。(苦笑)

この頃は、もっぱらブルネイのV84SAA局を追いかけている。160mバンドから15mバンドまで交信しているが、24MHzや28MHzでの交信ができていない。どだいコンディションのせいでモニター画面に表示されることが無いのである。見えなければ交信も出来ないのである。18日頃まで運用しているようだが、それまでに当地でも24/28MHz帯でFT8が見えるようになって欲しい。

2019年2月12日 (火)

昨年10月に運用されたVP6D(Ducie Island)のQSLカードが航空便で到着した。

【天気】
毎日雪が降って積雪が80cmから86cmの間を行き来している。日に3回雪かきをするのは大変な重労働である。玄関前の雪を片付けて、勝手口の雪を片付けて玄関に戻るとまた同じような厚さで雪が降り積もっているのである。気温は私の温度計で零下5℃から7℃でプラスの気温になる事は無い状況にある。環境放射線は参考値であるが、0.041μSv/hとなっている。

前期高齢者にとっては雪かき作業は重労働であり、腰痛や筋肉痛が多発するのである。痛みは自分持ちだが、毎年のことながらなんとかならないものだろうかと思っている。除雪方法の改善や消雪装置への公的な補助が欲しいものである。この雪かき作業は3月下旬まて続くのである。

Scanimg180 【アマチュア無線】

2018年10月に運用された「VP6D Ducie Island」のQSLカードが航空便で到着した。80mから12mまで各種モードで交信できたエンティティであった。VP6DIAの時に結構交信していたが、80mバンドはVP6Dが初めてであった。しかし、既にLoTWでQSLになっているため、DXCCのカウントには影響がない。

あらためて、紙QSLをじっくりと眺めることが出来るのは大変良い事だと思っている。晩酌をしながら見るQSLカードは特別な感じがある。終活でアワードで使用したQSLカードをボツボツ処分しようかと思っているのだが、新しい分と珍しいQSLカードは少しだが枚数を制限して保存しておきたいと思っている所である。

夕方から1.8MHzをワッチしているが、1822kHzでV84SAAがCQをだしていた。UP1であるが結構な信号強度で入感していた。当局は既に交信済みであるため、傍受に専念していた。

2019年2月 4日 (月)

CWのエンドーズメントを出していたが、本日ARRLからクレジットスリップと325のステッカーが送られてきた。

【天気】
今朝から小雨が降り続いている。気温は私の温度計で+0.2℃であった。道路は雨がふったことでアイスバーン状態になっている。車の運転は要注意である。環境放射線は参考値であるが、0.048μSv/hであった。今日は立春であるがまだまだ春は遠いと言う感じである。自宅周辺の雪は市の排雪作業が実施されたため、大変綺麗に片付いている。

Dsc08599_2 【アマチュア無線】
本日はARRLにエンドーズメントしていた、CWのクレジットスリップが配達された。325のステッカーが同封されていた。CWは324/327となっている。オーナーロールには後7エンティティ必要である。CWのアワードに325のステッカーを貼り付けておいた。この後は、80mのエンドーズメントが返ってくるはずである。

Dsc08589 80mは115エンティティとなったが、これ以上は無理をしてまで増やそうとは思わないが、自然に増えて行く分に関しては別である。5バンドDXCCのPlaqueを受領して一段落しているため、しばらくはのんびりしたいと思っている。

2019年1月30日 (水)

80mバンドのFT8でZP5DBC(パラグアイ)と交信することができた。

【天気】
今日は晴れたり曇ったりの天気で降雪は無い。現在の気温は私の温度計で5℃であり、環境放射線は参考値であるが、0.038μSv/hであった。アメダスによる積雪深は63cmとなっている。昨日と今日は降雪がほとんどなかったので雪かきは軒下に溜まっている雪を処理した。もうすぐ2月に入るが、この月を無事に通過できれば雪の量が少なくて済むことになるのだが、どうもそうは行かないようである。

本日は午後6時半からアルバイト先での新年会がある。年に2回の顔合わせなのでせいぜい親交を深めて来たいと思っている。なお、5バンドDXCCの楯はまだ到着していない。今月は無理のようなので2月に期待しよう。(^^;

【アマチュア無線】

昨晩は南米パラグアイのZP5DBCとFT8で交信できた。H33J(パナマ)とも交信できたので、80mバンドは2エンティティ増えて合計115エンティティとなった。早朝の80mのCWは既に交信済みの局が多い。また、今朝は、9G5ARがFT8で出ていたそうであるが、起床して直ぐに外の雪を処理していたため交信出来なかった。


当局は80mバンドでオーナーロールを狙っていないため、若い頃みたいに早起きしてまでエンティティ稼ぎをする考えは全くない。来年は後期高齢者の仲間入りするのだが、無理して体調を崩すようなことはしたく無いのである。5バンドDXCCのアワードをゲットしてからは特に無理をしないようにしている。そんな訳でなりなりに各バンドでNewを稼ぎたいと思っている。


出来るだけFT8での運用をしないようにしているのだが、CWやSSBが聞こえていないため、ついついFT8モードに出てしまうのである。ほかのモードが聞こえなくてもFT8の周波数はどのバンドも賑やかである。

2019年1月28日 (月)

FT8モードでの運用回数を減らして、CWやSSBモードでの交信数を増やしたい。

【天気】
気温は私の温度計で氷点下5℃で、積雪深はアメダスの観測で63cmとなっている。ずいぶんと降ったものである。暖冬小雪との事であるが小雪が大雪になっているようだ。今朝は小雪がふっているが、日本海の低気圧の影響で荒れ模様の天気になるとの予報が出されている。環境放射線は参考値であるが、0.040μSv/hであった。

【アマチュア無線】

このごろ各バンドでFT8をワッチしているが、交信済みの局が増えてきた。微弱信号用だと言われているWSJT-XのFT8モードであるが、結局、弱肉強食の特性を持っているためにパワー競争となっている。これだと、PSKとかJT65の方がローパワーでも結構交信できる分だけ有利なのだが、交信時間が長いために敬遠されている。

もともと、微弱な信号でも復調できるとの歌い文句のFT8であるが、相手側の受信地点での電界強度の差て勝負がつくため、パワーとアンテナが大きいほど有利となるのである。従って、このごろではパワー競争による交信が目立ってきている。そのため、当局としてはFT8に関してはこれまでのように積極的には電波を出さないようにし、CWやSSBモードでの交信を増やすことにしている。

2019年1月27日 (日)

注文中の5バンドDXCCのPlaqueとPlate(30/17/12m)が9ケ月ぶりに発送されたが、まだ受け取ってはいない。

【天気】
今日は穏やかな天気ありました。気温は私の温度計で零下2℃です。また、環境放射線は参考値ですが、0.041μSv/hでありました。今日は早朝に数センチの降雪がありましたが、雪かき作業は30分程度で終えることができました。このまま、大雪にならずに経過して欲しいものであります。

本日は弘前おもちゃ病院の定期開院の日であります。弘前市社会福祉センターの2階で開催されましたが、15件の修理依頼がりました。私は足で蹴って動くおもちゃの自動車を修理しました。故障はスターターのスイッチ、警笛音のスイッチ、音楽のスイッチが押しても既定の動作をしないと言うものであります。

電源は単三2本であり、電圧は正常でありました。しかし、ワンチップCPUが各スイッチからの命令を受け取らないことを発見。CPUの周辺のパーツは正常でありましたが押しても既定の音が出てこないのであります。CPUの不良ということで処理させていただきました。

【アマチュア無線】

今日は雪かき作業のため、全く運用しておりません。ただただ、ARRLからの5バンドDXCCの楯とプレートの到着を待つばかりの状態にあります。・・・(^^;



2019年1月22日 (火)

H33J(Panama)と40mと80mのFT8で交信することができた。

【天気】
暖冬小雪が寒冬多雪のようで、連日の大雪である。アメダスの観測では69cmまでいったのだが、今日は61cmまで少なくなっている。2日続けて30cm程度の降雪があり、1日に3回も雪かき作業を行った。疲労困憊である。環境放射線は参考値だが、0.049μSv/hであった。

気温は朝方が私の温度計で零下2℃、現在は1℃となった。今日も朝から雪かき作業に追われている。いずれ、屋根雪も下ろさなければならないであろう。井戸水による融雪装置は毎日快調に働いてくれるので、雪の処理には困っていない。自作の融雪装置だが大変役立っていることに感謝したい。

Screenshot_20190122_club_log_expedi 【アマチュア無線】

昨日はFT8でH33J((Panama)と40mと80mで交信できた。その後、ZF2LC(Cayman)と40mのFT8で交信することができた。いずれもNEWであった。たまには、80mバンドも出てみるものである。いずれも、100Wにダイポールアンテナや傾斜型アンテナでの交信であった。さすがローパワーと弱小アンテナでもFT8の良い特性のお陰で交信できたのである。

しかし、ウオーターフォールを見ているとビッグパワーの局のゲット回数が多い事が分かる。各局がアンテナは別として100W程度のパワーで運用するようになれば、もっと効率よく交信が出来るようになるのではないかと思っている。いずれは、DX運用規範のようなルールがFT8にも必要になるときが来るものと思うのである。

より以前の記事一覧

Solar-Terrestrial

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のコメント

最近のトラックバック