フォト

JA7BAL Log serch

  • Click to Clublog for JA7BAL

管理しているサイト

無料ブログはココログ

« JARL経由のQSLカードが配達された。24枚の中には珍しい所も含まれていた。 | トップページ | ノーベル生理学・医学賞に北里大学の大村智特別栄誉教授が受賞しました。 »

2015年10月 5日 (月)

ひらかわフェスタ2015に平川おもちゃ病院が出張修理で出店しましたので応援に行ってきました。

Dsc07106【今日の天気】
今朝は曇っておりました。気温は12℃で環境放射線は参考値ですが、0.046μSv/hでありました。室内は17℃なので反射式の石油ストーブを点火して暖をとっております。いよいよ冬に向為の準備をボツボツ始めたいと思っております。井戸水利用の散水融雪装置の据え付け、雪片付け用のスコップやスノーダンプの準備、車の冬支度、庭の木々の雪対策と忙しくなります。

Dsc07110Dsc07109_2その内に家庭菜園の畑の整理もしなければなりません。雪が降る前に植え付けている作物の収穫と廃棄処理をして、来春も畑が使用できるようにしておくことも必要であります。ただし、現在借りている畑の持ち主が体調を崩しておりますから、来年借りられるかどうかは不明であります。

Dsc07126【平川おもちゃ病院への応援】
昨日は、3日から4日まで開催されている「地場産品&食育フェア ひらかわフェスタ2015」に平川おもちゃ病院が出張修理していますが、修理ドクターが足りないと言う事で応援に行ってきました。この催しは平川市の地場産品の地産地消と食育を目的に開催されておりました。昨日の人出は約3600名だったと聞いております。

Dsc07107Dsc07123私は、アンパンマンのクレーン遊びと新幹線のおもちゃを修理しました。クレーン遊びはバケットをあげるモーターとギアに問題があり、バケットが下がったままで停止する故障でした。制御基板を点検しましたが部品も基板にも異常が有りませんでした。しかし、故障とみられるギア機構は分解しても部品がない恐れがあるので、修理不能として処理しました。

Dsc07118Dsc07121新幹線のおもちゃは走行機構(直進、回転)のギアが異音を発生して、聞くに堪えない故障でありました。そこで、ギア機構を分解して点検したところ、モーターの軸に装着されているギアの位置がずれて、他の歯車と摩擦があり、そこが振動して異音を発生していることが判りました。

モーターに付いているギアの位置をずらして異音の発生を防止しました。後は、注油と清掃をして組み立てなおして、走行用のギア機構の修理を終えることができました。昨年と今年で2回応援に参加しましたが、可能であれば来年も参加したいと思っております。

【アマチュア無線】
昨日、ひらかわフェスタ2015から帰宅して、TX3T(Chesterfield Is.)のログサーチを見た所、当局が10月2日に交信した18MHzのデータが記載されておりませんでした。確かに交信したのですが、ログには無かったのであります。さっそく、18MHzで出ていたTX3X局と電信と電話で再度交信をしました。

その結果、漸くTX3X局のログに記載されるようになりました。ローカル局も14MHzで交信したのにノットインザログであったということで再交信しております。結構記載漏れが多いように感じております。後は、30mバンド以下を狙って交信したいと思っております。

また、S79SR(Seychelles)局が出ておりますが、20m以外は全てバンドニューとなりますのでトライしたいと思います。今は出てきたばかりでパイルアップが酷いので呼んでおりません。10月18日頃まで出ている様なのでその内に何とか交信できるかと思っている所です。

【TPP交渉】
本日のニュースでは、アメリカで行われているTPP交渉が大枠で決まりつつあると報道されておりますが、アメリカの私企業が貿易相手の政府や企業を一方的に裁判にかけて捌くことが出来る「SDI条項」の危険性には触れておりません。12か国での交渉ではりますが、目的はアメリカが日本を対象にしたものであり、日本を完全に植民地にするのがTPPなのであります。

国家破綻が近いアメリカは、交渉期間を2日間も延長しながら、妥結に漕ぎつけようと必死になっており、日本政府を裏から恫喝しながらの交渉であります。おそらく、似非アベ政権の甘利さんもアメリカの軍門に下る事になるでしょう。これで、マイナンバー制の実施と安保法制の実施、TPP妥結で完全にアメリカの奴隷となることが決まりました。

日本人がアメリカの愚民化政策に乗って、完全に思考が停止してしまい、自分の脳で判断することが出来なくなり、危機管理も不可能、平和ボケに徹してきた結果、いつの間にか「戦争が出来る日本、奴隷化政策が進行する日本、TPPによって社会システムが破壊される日本」になってしまったのです。

いまさら、マイナンバー制反対、安保法制反対、秘密保護法反対、原発再稼働反対と騒いでも後の祭りなのであります。自業自得といわれますが、正にその通りだと思っている今日この頃であります。敗戦後の日本占領政策を70年間一貫して実施してきたアメリカ側の完全勝利と言えるでありましょう。

今後は、アメリカを中心として、ロシアと中国の三国で日本を共同管理して行く事になるでしょう。勿論、日本国内はアメリカの下請けであるマイノリティ(在日朝鮮人、韓国人)系列の企業、国会議員(日本会議、清和会)、日米合同委委員会が中心となって治めて行きます。日本人はこれらの奴隷(パシリ)として生きて行かざるを得ません。嗚呼~残念無念!

« JARL経由のQSLカードが配達された。24枚の中には珍しい所も含まれていた。 | トップページ | ノーベル生理学・医学賞に北里大学の大村智特別栄誉教授が受賞しました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JARL経由のQSLカードが配達された。24枚の中には珍しい所も含まれていた。 | トップページ | ノーベル生理学・医学賞に北里大学の大村智特別栄誉教授が受賞しました。 »